DIY−その他

2018年12月28日

DA17 エブリイ 灰皿をドリンクホルダーへ換装

長距離移動の時、お茶を飲んだりコーヒーを買ったり、はたまた炭酸飲料も欲しくなったりで、ドリンクホルダーが足りない!という経験をしました。w

そこで、タバコを吸わない僕は、不要なエブリイの灰皿をドリンクホルダーへ換装することにしました。

いろいろWebで調べて、ラパン(HE22S)用のドリンクホルダーが使える様なので取り寄せ。
このタイプのドリンクホルダーはヤフオクでは殆ど見つからず。
見つかっても、新品とさほど変わらないので、モノタロウで注文。
20181227_1

品番は、73840-85K00 (奥)と73830-85K01-P4Z (手前) の2種です。

ただ、73840-85K00の方に少し手を加えないと取付できません。
20181227_2
ケース下側の出っ張り(写真では上側)が干渉するので、削り取ります。

20181227_3
こんな感じ。
ベルトサンダーで削り落としました。
Webでは、はんだごてで溶かして取ったという方もいました。
20181227_4
あと、奥のネジ穴の両脇、受け側の金具の折返し部分が嵌るようにスリットを入れます。

以上の加工で、取付出来る様になります。

20181227_6
灰皿を取り外し、同じようにビス3本で取付。
違和感なしに出来ました。

20181227_5
まるで最初からそうだったかの様な収まりです。

ただ...

20181227_7

500mlのペットボトルを置くと、ATのシフトレバーは【D】より下には下ろせないし、この状態でペットボトルを抜き差しするのは、すこし危ない気がします。

エブリイはドリンクホルダーが他にもあるので、あくまでストックの置き場的な使い方。
また、缶ジュースやボトルガムの置き場所ですね。

購入は楽天でも売ってましたが、モノタロウの方が送料も無料になるので良いかな?
久しぶりに、ブログらしいネタでした。w

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 00:08|PermalinkComments(0)clip! |

2018年08月19日

車中泊での簡易シンク

イベントに出展する場合、基本車中泊をします。
車内で料理とかするわけではないのですが、ちょっとしたシンクがあればと思うことがあります。

そこで、こんな物を買いました。
値段は400円以下とリーズナブル。
20180819_1

ペットボトルジョウゴと言うものです。
本来は、ペットボトルにお米などを入れて保存容器として使う時に、入れやすいよう飲み口に付けるもの。
20180819_2

2Lのペットボトルに付けるとこんな感じ。

これをシンク代わりに使います。
基本、歯磨きの時に口を濯いだり、歯ブラシを洗ったりする程度なので、この大きさで事足ります。
キャンピングカーのシンクでは、清水タンクにキレイな水を入れ電動ポンプで蛇口から水が出るようになっているのですが、清水タンクの代わりに2Lペットボトルの水かお茶を使い。
シンク&排水タンクとして、ペットボトルジョウゴと空の2Lペットボトルを使います。
清水タンクが2Lなので、排水タンクも2Lで溢れることは無いはずです。

とはいえ、歯磨きだけなら3・4日使っても余裕でした。
ペットボトルなので、使い捨てに出来るし、行き帰りは荷物が満載なので、固定式のシンクの様に場所を取らなくて便利です。

ただ、汚い水が見えるので何かしらの目隠しはした方が...

20180819_3

ジョーゴ部分は、逆さまにして蓋をすれば漏れることは無いので、使わないときはこの状態で置いてます。

これで、寝る前にわざわざトイレまで歯磨きに行かなくてすみます。

注意点として、使用中に倒して中身をまき散らすと大惨事なので、何らかの固定器具を思案中です。

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 21:54|PermalinkComments(0)clip! |

2018年06月20日

軽バン 荷室改造? 後編

20180620_1
前回コンパネを敷いてフラットにした荷台に、イレクターで脚を組み、さらにコンパネを敷きました。
脚の高さは、脚下に20cmの空間が出来る様に設定しました。
上段のコンパネには、荷物が飛び出さない様、淵に20mm幅に切ったコンパネを張っています。

空荷での車中泊、ここに寝袋を広げ寝ることになります。
前回の記事の最初の写真の仕様だと、空荷でのベッドスペースが微妙だったので、その問題はこれでクリアーされました。


20180620_2
荷物を積むとこうなります。
下段に什器を積み、上段にプラコンテナを積みます。
更にプラコンテナの上に、什器の棚板を敷いてベッドスペースを作っています。
写真では、スツールが真ん中に転がっていますが、これを右側のテントの上にゴムバンドで固定することで、幅70cm以上が確保できました。
上に置いた棚板は、動いて窓ガラスを突き破ると怖いので、荷締めベルト2本で固定しています。

実際、ここにベッドマット&寝袋を敷いて新潟に遠征しましたが、常設状態で移動でき、後ろの視界も十分確保出来ているので、すこぶる快適でした。
強いて問題を上げれば、荷積み状態での窓の目隠しが面倒なことです。
今は、吸盤で張り付けるシェードを使っていますが、常設のカーテンの方が手軽で良いと思いました。

今後は、什器をもっと乗せやすい形に変更していければ、より効率的な荷積みが出来ると思います。

お知恵をお貸しいただいた、クラフト作家仲間の皆さん。
有り難うございました。


更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 22:31|PermalinkComments(2)clip! |

2018年06月03日

軽バン 荷室改造? 前編

今年から軽の1BOXであるエブリイに乗り換え、クラフトフェア―に出店しているわけですが...

エブリイ購入前に荷室の広さなど確認して、今までのMPVに乗せていた荷物は乗せることが可能であると判断したのですが、少し違っていました。
現実はカタログに記載されている数値より有効範囲は大分狭い感じです。

それに、イベントに持って行く荷物がだんだん増えていく傾向にありますし。
今後は、かなり遠くまで遠征することを視野にいれているので、荷物を積んだままでも横になれるスペースを確保したいと考えているのです。

201806033
それでコレ。
山口アーツ&クラフツに行くときに積み込んだトコロ。
これに、あとスツール3脚乗せました。
購入前に自分なりに考えていた配置で、取り合えず組んだのですが、ぎゅうぎゅうです。
後ろが見えにくく運転が少し怖かったです。

なので、もう少し何とかならないかと思い、再度荷室の変更をしようと思ったわけです。
201806031

これが、空の状態。
Joinターボは、後席を畳んでもフラットにならないので、速攻外しました。
取り合えず、ベニヤを敷いてフラットな床にします。

201806032

塗装合板2枚で製作。
ボディーの形状に合わせてカットしてあります。
微妙な高さの違いは、合板の裏面に適当な木片を張り付け調整してあります。
三条クラフトフェアに向けて忙しいのに、これで半日掛かってしまった...

続きはまた今度。

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 22:37|PermalinkComments(0)clip! |

2016年10月06日

コールマンのスツール リメイク

20161005_1
もう10年位前に購入した、コールマンのミニアルミピクニックセットのスツールをリメイク。
アルミ座面だと寒い時にお尻が冷たいので、取りあえず1脚木製に交換しました。

無垢のフローリング材(楢)の半端から、材料を取りました。

座面は裏面をリベットで留めてあるので、ドリルで頭を飛ばして取り外し。
同じ所に、木ネジで固定しました。

20161005_2
きっちり同じサイズで作ったので、テーブルへの収納も今まで通り出来ます。

仕上げはオスモのクリアーオイルを塗りましたが、室内家具用だった... まっ いいか。
少し重くなったのが難点かな?


更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 06:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! |

2014年08月23日

製作室のフローリングを張り替え No4

フローリング張りも、終盤は段々慣れて来て、幾らかキレイに早く作業が進みましたが、結局張るだけで4日?

最後の2列目は、斜めにビス打ちにくくかなり苦戦しました。
最後の一列は、テーブルソーで縦挽きして幅を調整しました。
結局最後の列は、接着剤を多めに付けて張り、乾燥まで重しを乗せておきました。
大丈夫そうですが、今後板が動いたりしたらどうなるやら...

無垢板って、基本夏の高い湿度で膨張して、冬の乾燥で収縮するハズですよね...
1年間は様子見です。


フローリング張替_11
無塗装のフローリングだったので、サンダーで表面を研磨ごオイルを塗りました。

木工で使っているリボス社のアルドボスが、床もOKとのことなので、コレを使用しました。

フローリング張替_12
オイル乾燥後、幅木を、ケースング釘で取付。

以前の物をそのまま使用しました。

部屋の荷物を戻すのにまた1日掛かって、結局9日から20日まで床張りをしていたことになります。
途中作業の出来ない日時も有りましたが、夏休みの半分近く費やしてしまいました。


気になる費用ですが、約67000円ほど掛かりました。
垂木増やしたのは余計ですし、フローリングを合板の物を使えば値段を抑えられるし、オイル代も浮きます。

今後、他の部屋も自分で張り替えるかは考え物ですが、良い経験が出来たと思います。
また、一階へ伝わる音(振動)は、かなり改善されたようです。(嫁談)

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 01:16|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip! |

2014年08月17日

製作室のフローリングを張り替え No3

作業開始から、もう1週間も経ってしまったのにもかかわらず、出来上がっていません。

ベニヤ板の捨て張りは、時間は掛かったけども、問題無く終わりました。
最初にフローリングの板が敷いてあった所に、同じ厚さの合板突っ込んで釘を打つだけですので。


...で、やっとフローリング板を並べて固定していくわけですが、これがまた難航してます。
まず、固定ですが、最初固定にはフロアー釘を使おうと思っていました。
しかし、これがなかなか上手く打ち込めない!

普通に打ち込むとフローリングが割れてしまいます。
なので、面倒ですがドリルで下穴を開けてから打ち込んでいたのですが、最後の7mm程度がどうにも失敗する確率が高いのです。
最後は、釘締めとかポンチとかで釘を打ち込みますが、螺旋状のフロアー釘は、打ち込み抵抗も大きく最後の最後で曲がってしまう事が....  おまけに、抜こうと思っても全然抜けない!

話にならないので、床用のタンドリビスを使う事にしました。
このビスだと、下穴も要らないので、結果的にかなり楽で早い作業が出来ます。
(そうは言ってもプロの使うエアネイルだと一瞬で釘を打ち込めるのに...)

フローリング張替_05
今回、フローリング板は、無垢のオーク(楢)を使いました...が、ホームセンターで売っていた安物を使ったせいか、真っ直ぐじゃない。(無垢フローリングとはそう言う物なのか?)

普通に2枚合わせても隙間が空いているところと詰まっているところとが有ったりで大苦戦。
最初の方は、対応も上手く出来ず隙間だらけです。
(この時点で合板のフローリングにすれば良かったと少し後悔)

結局、1枚1枚当たりのを見ながら鉋で削って調整する方法が一番効率的だと言う事で落ち着きましたが、それでもなかなか均一に貼れてないです。

諦めました。
前向きに考えれば、「土足で入るカフェのようで味がある」といった感じです。

ちなみに、僕はこの 「味がある」 という言葉が嫌いです。

あと面倒な場所は、入り口枠の部分の仕舞い方なのですが...
フローリング張替_06
この部分...
フローリング張替_07
フローリングの厚さ分を鑿で欠き取ります。
フローリング張替_08
材をあてがって、切り取る部分を決めます。
フローリング張替_09
手鋸で、不要な部分を切り取ります。
フローリング張替_10
で、差し込むとこの通り!
ピッタリでした。
もし上手く行かなかったら、ここから手鑿での修正をするつもりでしたが、枠部分を余裕を持って欠き取っていたので、難なく収まりました。

と、こんな感じで貼って行き、今日終わった時点で、あと2割ほど残っています。

学校に放置してあるウォールナットの天板もあるので、さっさとコレ終わらせてテーブル作りをしなくては...と焦っています。

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 23:50|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip! |

2014年08月11日

製作室のフローリングを張り替え No2

はじめる前は、2日もあれば出来るのではないか思っていましたが、全然甘かったです。

古いフローリングを剥がすのが、なかなか手間です。

それと、急遽根太を増やす事にしました。
電動工具は、重い物もあるので、用心のためです。

通常は303mmピッチで根太が渡してあるのですが、間に一本入れて約150mmピッチに。
ホームセンターで、米松垂木 60×45×2000の材を買って来て使い、接着剤を付けてN75の丸釘で固定しました。

これなら床が抜ける事は無いでしょう。

フローリング張替_04
今日は、嫁が夜勤なので昼に寝ている関係であまり時間が取れませんでした。

今日終わった時点で、捨て張りが約半分出来たところです。
捨て張りのベニヤは、N50の丸釘を外側が15cm間隔、中側が20cm間隔で打ってるのですが、これが結構キツイ。

大工さんの様にエアネイルが有れば楽なのでしょうね。

なんか、金槌で手にマメが出来そうです。

つづく。

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 22:37|PermalinkComments(9)TrackBack(0)clip! |

2014年08月09日

製作室のフローリングを張り替え No1

以前から気になっていた、2階の自室の床。

我が家の床は、根太の上に直張りで12mmの合板フローリング材が張ってある安普請です。
その合板の接着が接がれ、フカフカたわんでいるのです。

この部屋は、作業部屋に充てているので、結構重量のある電動工具なども置かれ、流石に不安になっていました。
フローリング張替_01
広さは、3m×3.5mの長方形の部屋です。

色々モノが多いので、先ずは隣の部屋に運び出しです。
フローリング張替_02

部屋にあったモノの2/3程度は運び出しました。
集塵機と自作テーブルソーも、作業に使うと思い残してあります。

フローリング張替_03
取りあえず、フローリングの一部を丸ノコで切って剥がしてみました。

本当に、12mm板の下は1階の天井。
これでは、2階の音がダイレクトに1階に響いても仕方ないですね。

今日はホームセンターに、捨て張り用の針葉樹合板と、防音対策用にグラスウールを買いに行きました。
本来、捨て張りの上に防振マットなど敷くようですが、これが結構な値段なのです。
それに防振マットはそれ自体が重いので、そこで重量が嵩むより、電動工具を増やしたいという邪念が...
その代替え案として、安価で軽いグラスウールを1階の天井に敷いて、多少の防音対策とすることにしました。

つづく。





更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! |

2014年07月22日

鉈の柄の付け替え 

鉈の柄03
友人から、鉈の柄が壊れたので付け替えて欲しいと....

「付け替え」  正確には、「新しい柄を製作して付け替え」

これが木工といえるかどうか?
出来ない事もないかと思い、引き受けました。

鉈の柄01
最初の柄は、樫だと思うのですが、樫は持ってないので楢で製作しました。

鉈の柄04

鉈の柄02
目釘は、65mmの鉄釘を打ち込んで、余分をカットした後に金床に置いてハンマーで打ちカシメました。

最近、手道具を使うせいか、デザインの指向が和風に傾いてるような?

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 04:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip! |

2013年01月14日

キッチンの抽斗修理

キッチン抽斗01システムキッチンの抽斗の一つが壊れてしまいました。

抽斗の奥側の板が外れてしまいます。








キッチン抽斗修理00この角の部分、ビスとか木組みとか金具とか一切無く、外側に貼ってある白いフィルムと、僅かに接着剤の痕があるだけの作りでした。


システムキッチンって何十万円もするくせに、貧弱な作りです。

キッチン抽斗修理01
反対側の角も、僅かに繋がっているだけだったので、両方の角を貼り直します。





キッチン抽斗修理02
タイトボンドを塗って、元通りに組みます。

キッチン抽斗修理03
そしてクランプで固定。
接着剤の乾燥を待ちます。

キッチン抽斗修理04接着剤だけでも、しっかりクランプすれば、かなりの強度が出ますが、念のため補強に隠し釘を打ちました。





キッチン抽斗修理05釘の頭を飛ばして修理完了です。
白い化粧板なので、釘の痕は目立ちますが、抽斗に納めてしまえば見えないし。






更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 21:14|PermalinkComments(4)clip! |

2012年12月09日

脱衣所が水浸しに!

脱衣所洪水01
一昨日の金曜日、岡山市内でも最低気温が氷点下と冷え込んだ日でした。

そんな寒い中、脱衣所に入ってみると床に水たまりが!!
(((( ;゚д゚)))

取りあえず、タオルを持って水を吸い取りましたが、結構広範囲に濡れていました。
洗濯機の下はもちろん、洗面台の下や中まで...

頭の中を色々な事が掛け巡りました。
以前に洗濯機の水漏れで同じ様な事があったので、真っ先に洗濯機を疑いました。
買ってから来年で10年なので、「遂に逝ったか・・・」なんて思ってカカクコムで洗濯機の値段調べたり....(笑)

でも、冷静に考えて色々調べました。
まず...
脱衣所洪水02
洗面台の下、水栓の元の部分から水漏れを確認。
ここが原因で、洗面台の中まで濡れていたですね。

さらに...
脱衣所洪水05
洗濯機の水を取る蛇口からも水漏れ。

脱衣所は湿気対策のため窓を少し開けていたので、今朝の寒さで水道管の圧力が上がって弱っていた所から水漏れしたのではないかと推測されます。

とにかく直さないと。
でも、こんな事で業者は呼びません!

脱衣所洪水04
まず洗面台の下です。
初めに屋外の水道のバルブを閉めて水が出ない事を確認してから、漏れている部品を外し、ホームセンターに現物を持っていって同じパッキンを購入してきました。
古い物と交換して、元通り組み直せば出来上がりです。
(写真左側の三角パッキンだけで良いのですが、ついでなのでコマの方も交換しました。)
パッキンは複数個はいって合計300円くらいでした。

蛇口の頭の部分を回すレンチが、結構大きめなので普通の家庭には無いと思いますが、確か100均にも置いてあった様に記憶します。

次に洗濯機の蛇口ですが、同様にパッキン交換だけで良いのですが今回は、蛇口を洗濯機用の水栓に交換する事にしました。
脱衣所洪水06
楽天で購入。
このタイプは、万が一洗濯機のホースが抜けても自動で水が止まる仕組みになっています。
以前から交換を考えていたので、今回踏み切りました。

脱衣所洪水07
こちらは、同様に水を止めてから、蛇口を回して外して付け替えるだけ。

付け方の参考にしたページは...
http://www.sunrefre.jp/faucet/diy/single/index.html
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=GFz2DDAHpxs

蛇口が取れなくて焦りました。 
動画では専用の工具を使っていますが、僕はモーターレンチで代用して何とか外せました。

あとは、テープ巻いてねじ込んで作業終了です。
ちなみに洗濯機は、その後洗濯しても漏れはありませんでした。

それから、その他の箇所も水漏れは収まりました。



更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 16:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip! |

2012年12月04日

ガスレンジ下の収納に棚追加

年末の大掃除の前に、収納の整理。
台所のシステムキッチン、ガスレンジ下の収納に棚を追加します。
ガスレンジ下の棚01
写真の棚受けダボを取り付けて、その上に棚板を乗せます。

このダボはオスとメスがあって、初めにメスを側板に埋め込んで、そこにオスを取り付けるタイプ。

まず、メスを埋め込む下穴を開けなくてはいけません。
ガスレンジ下の棚07

確実に同じ高さに穴を開けるために、簡単な治具を作ります。
端材のベニヤ板の、底板からの高さ21cm、背板からの距離5cmを測ってボール盤(垂直)で穴を開けます。
穴のサイズは、8mmダボを打ち込むために7.5mmのドリルを使いました。
これが穴の位置とドリルのある程度垂直なガイドになります。

ガスレンジ下の棚027.5mmのドリルに、深さの目印にマスキングテープを付けます。





7.5mmのドリルは木工用を持ってないので、鉄工用で代用。
深さは、ベニヤの厚さ+メスダボの長さです。

ガスレンジ下の棚06
奥側の穴は奥の角にベニヤを当てて、穴を開けます。

ガスレンジ下の棚05
手前の穴は、奥から35cmの所に開けるので、30cmのスペーサーを挟んで穴を開けます。

ガスレンジ下の棚03
反対側の壁にも同様に穴を開けて、ダボを取り付ければ簡単確実に同じ高さになります。

ガスレンジ下の棚04
予算の関係上、棚板は拾ってきた針葉樹合板で作りました。(笑)

今まで、ここにしか入らないホットプレートを入れていたのですが、上部の空間が無駄と言うか、強引に色々突っ込んでいたのが、やっと片づきました。

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 22:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip! |

2012年11月05日

ブリキジョーロの修理 

ハンダ溶接01
庭で散水に使っているジョーロの先が壊れてしまいました。
安物なので溶接も貧弱なのは容易に想像できます。

しかし、この部分を例えばプラスチックの物を代わりに買って来て使うなんてダサイ事は出来ません。
そんな事するぐらいならジョーロごと買い換えます!

でも、これ修理出来ます。
中学校の時、男子は技術家庭科で金属加工習ったでしょ?

ウチの学校は、ブリキで書類ケース作らされましたよ。

その時に習得したスキル! 「ハンダ溶接」

ハンダ溶接02
本当はもっとパワーのあるハンダゴテを使うんですけど、我が家に有るのは30Wのモノ。

取りあえず引っ付けば良いし、取れたら取れたで何回でも修理すれば....(笑)

たしか、溶接の場合は、対象物も熱くならないと引っ付かないって先生言ってたなぁ〜
とか思い出しながらグルッと一周ハンダ付けをしました。
(なのでパワーのあるハンダゴテの方が良い)


ハンダ溶接03

...で、修理完了!
見てくれを気にしなければ、結構簡単に出来ます。

強度もちゃんと有ります。

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 15:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! |

2012年11月01日

ハマル!

最近、日常生活は至って普通で、ブログネタが無いので木工ばかりで申し訳ありません。

ちなみに ももは元気です。 うめは歳のせいか足腰が少し弱って来た感があります。

蟻桟

これ蟻桟(ありざん)って言います。吸い付き桟とも言いますが、木の板は気温湿度等で反ってしまします。
それを防ぐための「反り止め」の役目をします。

今まで、こんなコトするような場面に出会わなかったのですが、今度依頼されたモノには反り止めが必要だったので、蟻桟を使って見る事にしました。
写真はテストピースです。

※作っているモノは都合により公開できません

昔の大工さんはカンナやノミで掘ったらしいですが、現代っ子の私はトリマーテーブルで加工しました。(^^;)
こう言った木組みはピッタリはまると本当に嬉しくなります。

「あがる〜♪」 って感じで...

なんか自分が凄く上手くなった気分になります。(笑)

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 22:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! |
Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile
aobaロゴ20150410
 

青庭製作所(アオバセイサクショ)

HP
https://www.aoba-seisakusho.com/

address
岡山県都窪郡早島町前潟278-2

mail
aoba_main@yahoo.co.jp


IG_Glyph_Fill

Recent Comments
おすすめ書籍