工房関連

2019年01月13日

バイスに革を貼りました。

あれよあれよで、1月も中旬....

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

1月は、お店に卸す商品を作りながら、雑用をボチボチといった感じです。

20190113
今回は作業台のフロントバイスに革を貼り付けました。

昨年、試しに切れ端を貼って使ってみたのですが、挟んだモノがズレずに固定され、すこぶる調子が良かったのです。
それで今回、きっちりと貼りました。
革は某家具メーカーの工場でもらってきました。
ソファーとか作る時に出る切れ端を無料で頂けるのです。
色とか選べないですが贅沢は言えません。

型紙作って、穴を開けて両面テープでベッタリ貼り付けました。
挟んだ材も傷つかないし、良いと思います。

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 23:33|PermalinkComments(0)clip! |

2018年12月20日

Wストーブ

20181220

12月に入って、寒さも一段と増しましたねぇ。
今年から石油ストーブに加え、石油ファンヒーターを導入しました。
と言うか、自宅のファンヒーターを新しく買い替えたので、お古を持ってきたのです。

朝一は、2台を稼動させていち早く活動温度まで上げる作戦です。
15℃くらいになったら、石油ストーブを消してファンヒーターだけにします。
ファンヒーターは、設定温度になると弱火運転してくれるので、灯油の減りも緩やかです。

お陰で、今年は焼き芋が出来ない...(笑)

試験的にお古のファンヒーターを使ってみたのですが、良い様ならこれが壊れたら、もう少し能力のあるファンヒーターを導入しようかと目論んでします。
2006年製のシャープのファンヒーターが何時まで使えるのか?

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 23:08|PermalinkComments(2)clip! |

2018年01月14日

作業場の入り口引戸

年末に作っていた工房の入り口引戸がやっと完成しました。

20180114

パッと見ツインカーボポリカに見えますが、ちゃんとガラスです。
調子に乗って「青庭製作所」のカッティングシートも貼りました。

入居当時から気なっていたボロボロの引戸...

やっと普通になった。

でも...

扉の色、失敗した。
屋外設置なので何らかの屋外用塗料を塗らないとすぐダメになると思い、今回塗ったのがリボス社のタヤエクステリア(パイン)。

なるべく自然な感じが良かったので、薄めの色にしたのですが、

むっちゃオレンジ!

以前、同じリボス社のカルデットでオーク色を試した事があるのですが、これは結構自然な感じでした。

しかしタヤエクステリアはかなり色目がきつい!
すごく胡散臭い色になってしまいました。
耐候性を求めると、どうしてもこんな感じになってしまうのかなぁ。

また何時か、やる気になったら塗り替えしようと思う。

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 22:30|PermalinkComments(2)clip! |

2017年12月31日

工房の引戸を製作中

いよいよ2017年もあと一日で終わり。
そんな中、工房の引戸を作っています。
今付いている引戸は、かなり年季が入ってボロボロ。
工房を借りた当初から作り替える予定でしたが、あれよあれよで1年5カ月が過ぎてしました。

20171230
何処かで思い切って作らないと、何時まで経っても出来ないので、新しい年を気持ちよく迎えるために、重い腰を上げました。

材料は、安く調達してきたパイン材です。
その他、カギ、戸車、取っ手など部品はそろえてあります。

と言いながら、ガラスの注文が間に合わず、年内には完成しないことが判明。
結局完成は1月の中旬かな?


更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 00:26|PermalinkComments(0)clip! |

2017年08月26日

テーブルソー刃口板の更新

20170826
昨年作った刃口板はホワイトウッドを使用したので、柔らかくこの一年弱で大分消耗しました。

なので今回は、ハードメープルで作り直しました。
何で作っても結局消耗してしまうそうですが、ホワイトウッドよりは長持ちするでしょう。

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 23:45|PermalinkComments(0)clip! |

2017年06月27日

作業机にバイスを取り付けました。

201706271
昨年の夏に製作した作業机です。
これにバイスを取り付けます。

取り付けるバイスは、KQLAFTTOOLSで販売されている、自作用 Bench Front Viseです。

201706272
まず、作業台の天板を取り外し、両側面を手押しカンナで削り、平面を出します。
これがかなり重かった。 
40kg位有るのではないかな? 腰が逝きそうでした。

201706273
両側に、2×4材をさらに1本づつ接着しました。
(写真は天板裏側が上になっています。)

バイスを取り付ける位置には、ジョー(口板)を取り付けるため切り欠きがあります。(右奥)

201706275
そして、こんな感じで取り付けました。
(作業に集中すると写真を撮り忘れる...)

このバイスを取り寄せると、モノだけ送ってきて、説明書の類は一切入っていません。
何となくは解るのですが、YouTubeに同型のバイスの取り付け動画がありましたので、埋め込んでおきます。



バイスのジョー(口板)は樫木の方が良いので、メイプル材を使用。

201706276

ハンドルバーは別売りなので、木工旋盤で適当な端材を加工して作りました。

201706274
ついでなので、天板全面を鉋掛けして一皮削り奇麗にしました。

この後、オイルを塗って作業終了。
半日ぐらいで、ささっと終わらすつもりが1日半かかってしまいました。
机両側に材を追加したので幅が688から745へ広くなりました。
ちなみに、バイス取り付けた方の反対側は、2×材を貼らなくても問題ないのですが、見た目のバランスを考えて... 
あと、テールバイスも取り付けたいのですが、当分先の話かな。


更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 12:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip! |

2017年06月06日

スライド丸鋸台の上の整理

スライド丸鋸ステーションの台の上が...
20170606_01
完全に物置き場と化しています。

スライド丸鋸を使う時は、台の上のモノをイチイチ退かさなくてはなりません。
このスペースを整理整頓するために、棚を作ることにて...
20170606_02

出来たのがコレ。

12mmの針葉樹合板を2枚貼りつけて使っています。
DIY工作でチャチャっと組み立て。
棚板は重さが掛かるので、一応大入れにして横からコースレッドで打ち付けています。
その他も接着剤は使わずコースレッドで打ち付けただけ。

高さ94cm 幅130cmの大きさです。

20170606_03
取り合えず詰め込んで片付いた様な気になりました。

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 21:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip! |

2017年02月05日

工房用 

20170205_1
以前に脚の角度を間違えてドリルしたスツールの座面を、勿体ないので捨てずに置いておいたのですが、なかなか使い道が無い。

意外と目に付いて邪魔だったので、素直にスツールを組むことにしました。
工房で使う椅子が、もう1個くらい欲しいと思っていたので丁度よい。
座面はブラックチェリーだったのですが、脚は端材が沢山有るタモで製作しました。
この組み合わせは、少しカワイイかも?

もう少し脚を細くした方がカッコイイかな?
座面は小さめ240Φです。

夕方になると、西日が工房の奥まで差し込んで来ます。
こうなると、どうにも集中力が切れて、作業終了的な雰囲気になってしまします。
カーテンでも付けて遮りたいと思うこの頃です。

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! |

2017年01月25日

集塵ネットワーク 基本配管が出来ました。

年末から少しずつ行っていた集塵用の配管。
基本的な配管が終わりました。
20170125_04
集塵機は、スポークシェーブの1.5HP集塵機です。
以前はオフコの1HPの機種を使用していましたが、工房が広くなる時に能力不足は必須と思い、ヤフオクで中古購入しました。
1.5HPですが、能力は2倍くらい吸うんじゃないか思うほどパワフルです。
しかし、騒音は2倍以上五月蝿いです。
当初、三相電源の大型集塵機も考えましたが、動力の基本料金が跳ね上がるので見送りました。


中央に置いてある自動カンナには天吊りで配管しました。
2m脚立に登って小屋裏の構造を確認して、強度のあるところに金具を木ネジで固定してあります。
そこで、前回の記事の集塵フードです。
20170125_05
この状態。
それを...
20170125_02
こんな感じに。
貧相だったのでラッカースプレーで黒く塗装しました。
20170125_01
純正品以上の収まりの良さです。w

窓側の配管は、手押しカンナとルーターテーブルに繋がっています。
奥の壁は、サンダー、糸鋸関連で1分岐。

20170125_03
北側壁の配管は奥から、木工旋盤用、バンドソー用、テーブルソー用、スライド丸鋸用と分岐を設けています。

旋盤やスライド丸鋸には、未だ繋がっていません。
ホースの径の問題もあるし、木工旋盤とかは集塵機を回しながら作業してもあまり意味が無いので、結局終わってから掃除するといった感じなので...

台もでき、集塵の配管も整理出来て、だいぶスッキリしました。


更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 22:31|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip! |

2017年01月20日

OutfeedTableを作りました。

20170120_1
テーブルソーに、アウトフィードテーブルを作りました。

テーブルソーの刃から向こうのスペースは意外と狭いと言うか、短いので切った後の材の保持が不安定になります。
特に長さのある材の縦挽きや、幅広材の横挽きの時が恐いです。
なので、切った後も同じ高さで保持できるように、奥行き側にテーブルを置く様ですが、それをアウトフィードテーブルと言うらしいです。

テーブル上の溝は、マイタースロットのスロットルバーの逃げ場なので、それ自体に精度とかはなく、広目に掘ってあります。
20170120_3


20170120_2
普通に4本脚で作っても良かったのですが、先日作ったスライド丸鋸の台の収納とかち合うので、2本脚で作って見ました。
もちろん、スライド丸鋸のテーブルは312mm幅(スライド丸鋸の最大能力値)の材はカット出来る様にお互いのテーブルの間隔を取ってあります。

台下の貫は、小さいクランプを掛けるのにちょうど良い感じに... 

今年になってから、比較的暇だったので、工房の台ばかり作っていました。orz
そろそろ、春に向けて準備していかなくては... 1月ももう20日になってしまいました。



更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 02:54|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip! |

2017年01月13日

スライド丸鋸ステーション 第1段階完成

右、中央、左の三つの台は、脚同士を木ネジで固定しています。
3台合わせて幅2800位です。

20170112_1
フェンスは40×36のタモ材で作りました。
何より真っ直ぐでないと都合が悪いので、手押しカンナでキッチリ面を出し、製材してあります。
上部にメジャーテープを貼る為に深さが1mmに満たない程度の溝を付け、そこに固定用のネジ穴を開けてあります。
20170112_3
メジャーテープを貼ってしまえばネジ穴は隠れます。

丸鋸のフェンスに、アルミ角材をクランプで固定して、それに沿わせてフェンスを固定。
アルミの角材でも、力が加わるとしなるので、慎重に位置決めしました。

厳密な精度は怪しいですが主な用途は荒木取りで、最終カットはテーブルソーを使うので良しとします。

20170112_2

テーブルソーで、長尺幅広材を切断する時に干渉するので、右側のフェンスはテーブルソーのテーブル面より僅かに低くなるように高さを30mmにしてあります。

左右の台の下は、取りあえず端材のベニヤを渡して荷物置きに....
真ん中の台の下には、いまだ使う事がある自作テーブルソーの収納場所になっています。

一応この状態で使って行き、折を見てフェンスの奥に棚を、台の下に抽斗を作ろうと思っています。
あと、集塵も...

何時になるかは、不明です。


【追記】---------------------------------------------

20170115_3
スライド丸鋸の定盤と左右の台との高さは、脚の下に敷いた板の厚みで調整しています。

20170115_1
20170115_2
左右の天板は、スライド丸鋸を目一杯振っても干渉しないようカットしてあります。


更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 04:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! |

2017年01月09日

スライド丸鋸ステーションを製作中

スライド丸鋸用のカット台とでも言いますか、新年よりそう言うモノを作っています。
外国では多くの方が製作している様で、YouTubeで「miter saw station」で検索すれば色々と出てきます。

20170109
ウチの工房で使っているのはマキタの10型スライド丸鋸LS-1014です。
それなりに場所を取るので、今までは必要な時だけ引っ張り出して使っていたのですが、やはり使い勝手が悪い。
前々から専用台を作ろうと思いながら、配置場所や構造など色々考え悩んでいました。
しかしやっと重い腰を上げることにしました。
予算と時間の関係で、何段階かに分けて徐々に作り足して行くことにします。
まず第一段階は、長尺の材を簡単にセットしカット出来る様に、左右にスライド丸鋸の定盤と同じ高さにテーブルを作ります。

以前作った台にスライド丸鋸を置き、左右の台を新設しました。
今回も2×4材と下地合板を使用して作っています。
スライド丸鋸は奥行きが有るので、壁が10cm下がっているトコロに設置。
左側の台が奥行き65cmで右側の台が73.5cmです。

写真は、取りあえず脚が組上がって、天板を乗せてスライド丸鋸が干渉しないように天板を整形したところです。
あとは、平面が出てるか調整して固定。
フェンスの設置が第一段階ですが....

フェンスはどうしようかなぁ。

更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! |

2016年12月29日

新しい木工旋盤の台が出来ました。

20161229_1
予定通り、合板2枚重ねで貼り付けた天板を乗せ、台が完成しました。

置いてみると結構ギリギリ....
もう10cm広くても良かったかも。

旋盤の主軸の高さが、肘の高さくらいになるのが良いと何処かで見たので、台の高さは650mmで今までの台より70mm低くしました。
今まで旋盤仕事をしていると、腰が痛くなっていましたが、改善されるだろうか?
20161229_2
台の下部分のスペースが勿体ないので、何れ写真の様に抽斗を、ベニヤで作ってぶち込みたい。

旋盤を置く位置も、東側から北側に移動して、今までの台には糸鋸盤やらベルトサンダーやらを設置。
これでほとんどの機械が、台の上に乗った。

やっと地べた座り込み作業から解放される...予定デス

20161229_3


更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! |

2016年12月28日

木工旋盤の台を新たに製作しているトコロ。

木工旋盤を置いている台は、2013年に作ったモノですが...

旋盤も入れ替わり、延長ベッドも取り付けたので、新たに作り直す事にしました。
工房内の配置で、台と機械の並べ替えをするので、その関係でもあります。
20161227
延長ベッドを取り付けた状態で置く為に、幅が1500mmの設計にしてあります。

また、旋盤の台はゴツイ方が大きなもを回した時など安定が良いので、脚は70mm角です。
材料は、相変わらずお財布に優しいSPF材。
今回の材は、一段と節が多くて面倒でした。

天板は、下地合板の2枚重ねで使う予定。
今日は最後の接着をしたので、あとは天板を乗せて固定すれば完成です。


更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! |

2016年12月23日

続、集塵ホースの配管

20161223_1
前回作ったパーツをコースレッドで壁に固定して、裏面の溝にナイロンバンドを通して集塵管を固定します。
軽いものなら、管の上に置いても大丈夫なくらいしかり留まっています。

ナイロンバンドは、30cmより長いものは値段が高くなるので、30cmのバンドを2本連結して使っています。

集塵管は、「ボイド管」の名称でホームセンターで売られていた紙製の管を使用しました。
カットも簡単だし、チーズやゲート等のプラスチックパーツにもピッタリ。
2mで500円程度です。
(ストレート継ぎ手のみ、大きく入らないので、切り目を入れて差し込んでいます。)

20161223_2
こんな感じに配管してます。
反対側の壁に、手押しと自動カンナ用にもう一回線配管しています。
ボイド管は内側に凸凹がないので、木屑の通りも良い様です。
ゲートを閉めていれば10m位配管をのばしても、吸引力は余り変わらない感じです。 


更新の励みになりますので、クリックお願いします!
人気ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村



sakura249 at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! |
Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile
aobaロゴ20150410
 

青庭製作所(アオバセイサクショ)

HP
https://www.aoba-seisakusho.com/

address
岡山県都窪郡早島町前潟278-2

mail
aoba_main@yahoo.co.jp


IG_Glyph_Fill

Recent Comments
おすすめ書籍