2006年07月06日

「タイヨウのうた」

「タイヨウの歌」太陽が沈んでから日が昇るまで。
それが少女に与えられた限られた時間。
暗闇の中で歌を歌い、恋をし、死を迎えるその瞬間まで精一杯生きた彼女の、澄んだ歌声に思い切り泣いてください・・・



これはヤラれましたね・・・(泣)
ここまで号泣するとは思っていませんでした!

“XP”。
その病名だけは何となく聞き覚えがあったのですが、歳をとるにつれて神経障害が現れてくるとは知りませんでした。

いつもは簡単に弾けていたギターのコードが、ある日突然弾けなくなってしまう。
必死にそのコードを鳴らし続ける彼女の恐怖が、痛いほど伝わってきました。

夜明けと共に眠りにつく少女と、早朝のサーフィンへと向かう少年がわずかに共有する朝のひと時。
少女は毎朝窓辺から、その太陽の様な少年を見つめ、そして恋をした。


小学校以来男の子と会話をしたことがない彼女の猛烈で衝撃的な告白は結構面白かったです。
「好きなバナナ」らへんが特に(笑)

初めて彼が聞くストリートライブの場面では、自分も一緒にその輪の中に入って彼女の歌を聞いてる様な感覚に陥りました。
やっぱり自分が書いた歌を自分のギターで歌っているからこそ出せる臨場感ですよねー。
これがドラマ版の沢尻エリカだと、ギターは別撮りとかになるのかな〜。
なんか残念(-_-;)

16歳って設定にも全然無理が無い幼顔と笑顔で、本当にYUIは可愛いですね!!
そして、顔をくしゃくしゃにして一生懸命歌う姿がまた可愛いんです!
でも、踏み切りでほっぺをつねられてた顔が一番可愛かったかな〜。

そして、初めてのキス。

観ながらすごくドキドキしてしまいました(笑)
いいなー、10代か〜・・・f^−^

親友のメガネっ娘もいいキャラで、ちょっと鈴木杏っぽい雰囲気が私は好きでしたよ。
これから人気が出てきてくれると嬉しいですね(^−^)

演技が下手とかいろいろ言われてましたが、素朴な純粋さが出ていて私的には全然気になりませんでした。
むしろ好感度が上がったくらいです。

まだ観てない人にはぜひ観に行って欲しい作品です!

「タイヨウの歌」公式サイト 関連サイト

「タイヨウの歌」「タイヨウの歌」

「タイヨウの歌」




「blogランキング」

ポチっと一押しお願いします☆

sakura777makky at 20:59│Comments(6)TrackBack(24)clip!  ●「た」行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ボディ・ブロー『タイヨウのうた』  [ この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!! ]   2006年07月07日 20:50
映画『タイヨウのうた』全国2万人泣き祭り大試写会で 『タイヨウのうた』を見てきた。 会場にはお客さんが3分の2くらい。 今回の募集方法に問題があったのだろう。 まあ座席数以上に当選させて通路に座らされるより 数段ましですが。 メールで当選の案内は悪くないが...
2. タイヨウのうた  [ 色即是空日記+α ]   2006年07月07日 21:16
試写会行ってきました。  難病モノって嫌いなんですがね、、、いかにも泣かせようとするのが。 これは違いますね!!!  たしかに彼女は病気なんだけれど、無理に泣かせようとしていない。  むしろ生の喜び、輝きが眩しかったです。
3. シネマ日記 タイヨウのうた  [ skywave blog ]   2006年07月07日 21:30
難病ものですが、お涙頂戴の厚かましいシーンやセリフがすくなく、静かに二人の愛が進んでいくのが、好ましい。 夜はすべてを包み、すべてを洗い流す。明日の朝日に出会うため。
4. タイヨウのうた/YUI、塚本高史、岸谷五朗、通山愛里  [ カノンな日々 ]   2006年07月07日 21:54
5 映画としては小粒で素朴なんですが、わりと序盤から心の琴線にふれてくるもんですから、ウルウルきちゃって、涙注意報に警戒するまでもなく、早々と泣けてしまいました。作品がどうこうというよりも個人的なツボがとても多い物語だったんですね。主人公の薫にも孝治にも素直....
5. タイヨウのうた  [ ぼくと、師匠と・・・明日へ  DAO ]   2006年07月07日 22:08
映画『タイヨウのうた』初日なので ぼくの観たLastの回も満席!! もう見事なくらい直球!! ど真ん中!!の映画です。 ここまで真っ直ぐに創られると気持ちいいですね!!ホント!! 「世界の中心・・・」は映画としての仕掛けがほど度々に効果をあげ 物...
6. タイヨウのうた  [ きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/ ]   2006年07月07日 22:53
初めて何が上映されるか観るまでわからないという モニター試写会に当たって観た作品! 塚本高史出演と聞いて観たかった作品だったので かなり早くに観ることが出来て嬉しさ倍増…☆ 「タイヨウのうた」2006年公開・邦画 監督/小泉徳宏 脚本・原作/坂東賢治 ...
7. YUI for 雨音 薫「Good-bye days」  [ 時流を聴く ]   2006年07月07日 22:54
YUIが主演する映画『タイヨウのうた』の主題歌「Good-bye days」を購入。 『タイヨウのうた』の製作に名を連ねるヤフーが、Yahoo!動画でビデオクリップをフル配信中(無料)です。 『タイヨ
8. タイヨウのうた(この思い歌として光ある世界に届けたい)  [ オールマイティにコメンテート ]   2006年07月07日 23:22
5 「タイヨウのうた」は海辺で暮らす少女が太陽の紫外線を浴びると死んでしまうXP(色素性乾皮症)の神経病を抱えながらも歌を路上で歌い、好きになった彼氏と親友と両親に囲まれながら生きたストーリーである。この病気と共に考えながら観る映画として何ができるのか?を考....
9. 「 タイヨウのうた 」  [ MoonDreamWorks ]   2006年07月07日 23:54
監督 : 小泉徳宏 出演 : YUI / 塚本高史 / 岸谷五朗      公式HP:http://www.taiyonouta.jp/ やばい!すごくやばいです、凄く良かったですこの映画。まったくノーマークで期待しないで観に行ってこんなに感動したのは、同じように天使のような歌声の映...
10. 映画 「タイヨウのうた」  [ ようこそMr.G ]   2006年07月08日 00:23
映画 「タイヨウのうた」 を観ました。 太陽にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気の少女と 彼女に出会った少年との切ないラブ・ストーリーでした。 またしても難病モノかよ、って思う方が多いでしょうが これが思いのほかよく出来た作品で、心地よい余韻...
11. そして彼女は歌を残して・・・  [ CINECHANの映画感想 ]   2006年07月08日 01:12
129「タイヨウのうた」(日本)  この作品の予告編はもうかなり前から観ており、YUIが歌う「Good-bye days」も耳に残り、この曲を聴けば、胸がジーンときてしまう。  この頃の純愛映画と呼ばれるものには男女どちらかが不治の病だったりすることが多い。これも「セカ...
12. 感想/タイヨウのうた(試写)&YUI for 雨音 薫  [ APRIL FOOLS ]   2006年07月08日 01:22
難病、純愛、別離、ってゆー「セカチュー」的キーワードだけ聞くと「無理無理、パスします」と拒否反応出したいとこだしょーが、ちょい待ちな。意外にいいぜ、この映画。食わず嫌いはノンノン。 『タイヨウのうた』 てことで、にゃんだかものすごい勢いで盛り上げにかか...
13. タイヨウのうた  [ 映画評論家人生 ]   2006年07月08日 02:29
アポロシネマ8 私ごとだが、このところ、とても体の調子が悪い。金曜日、土曜日、日曜日と休みをいただいたが、金曜日、土曜日は一日中、ワンルームの部屋でぼーっと過ごした。私が休日に表に出て行かないのは、
14. タイヨウのうた  [ Akira's VOICE ]   2006年07月08日 10:13
ピュアな歌声が心に響き,じんわりと感動。 だけど,お涙頂戴の場面も幾つかあって少し興醒め。 良い映画なのに,そこだけ残念。
15. タイヨウのうた・オンライン試写会にて。  [ ペパーミントの魔術師 ]   2006年07月08日 10:59
太陽の光にあたることができないXPと言う病気を抱えた少女 雨音薫は、いつも部屋の窓から見下ろすバス停で サーフィン仲間とはしゃいでる少年孝治を見つめていた。 夜しか外にでることができない薫は 路上ライヴへと出かけた先で偶然彼を見かけ 一気にしどろもどろの畳み掛け...
16. タイヨウのうた  [ 独身anの30後半ってこんな? ]   2006年07月08日 19:01
『タイヨウのうた.』  『若すぎるかな?』と思いつつ出かけた試写会だったけど、
17. タイヨウのうた / A SONG TO THE SUN  [ きょうのあしあと ]   2006年07月08日 22:42
「彼女は、タイヨウに帰っていった。        僕の心に歌を残して。」 監督:小泉徳宏 脚本:坂東賢治 出演:YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、田中聡元、小柳友、ふせえり、小林隆、マギー、山崎一 公式HP:http://www.taiyonouta.jp/ 鑑賞:T...
18. タイヨウのうた  [ ★過去発〜現在経由〜未来行☆ ]   2006年07月09日 23:44
YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、田中聡元、小柳友、ふせえり、 小林隆、マギー、山崎一他出演。 原作/脚本、坂東賢治。監督、小泉徳宏。 あらすじ YUIの演じる雨音薫(16歳)は、XP(色素性乾皮症)という病気で太陽の陽射しを浴びることの....
19. 映画:タイヨウのうた 試写会  [ 駒吉の日記 ]   2006年07月10日 10:22
タイヨウのうた 試写会@新宿明治安田生命ホール 「夜だけ会おうよ。太陽が沈んだら迎えに行くよ」 「GOAL!(駒吉レビュー )」と並んでめちゃめちゃ試写会が多い本作、こんなに試写会だらけで大丈夫なんでしょうか。本日、350席くらいのホールは6割くらいだったか...
20. 【劇場鑑賞68】タイヨウのうた "Live Life Love"(A Song to the Sun)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年07月10日 19:52
4 大切なもの 歌 家族 そして 彼 限られた時間を 歌と生きた少女の物語 太陽にあたると 死んでしまう 彼女はタイヨウに帰っていった 僕の心に歌を残して 『私、生き生きて生きまくるんだから!』
21. 『タイヨウのうた』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2006年07月11日 12:57
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]    06/17公開  (公式サイト)(公式感想ブログ) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] 満足度[:...
22. 『タイヨウのうた』 2回目  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2006年07月11日 12:57
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:][:ハート:]    06/17公開  (公式サイト)(公式感想ブログ) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのク...
23. タイヨウのうた  [ It's a Wonderful Life ]   2006年07月11日 19:59
夜に車を運転してて何気にラジオをつけると、 丁度この映画のライブ付き試写会?の模様をオンエアしていて、 主人公を演じるYUIの生歌が流れてきました。 本人の作詞・作曲らしいそれは、なかなか耳に入ってくるいい曲。 前に劇場で予告観た時に興味も沸いてた...
24. 「タイヨウのうた」  [ Tokyo Sea Side ]   2006年08月19日 16:57
YUIの歌声は申し分なかった!儚げで、でも力強く一生懸命歌ってる姿は、病気と闘いながら生きる主人公・薫そのものでした。そしてこの映画は何と言っても自然なセリフがとても生きている。キレイごとじゃなくて、その辺に転がってそうな会話で、だからこそとてもリアルで...

この記事へのコメント

1. Posted by ヒメ   2006年07月07日 14:46
初めまして記事みましたよ〜ヒマな時でいいので良かったら見に来てください
2. Posted by an   2006年07月07日 23:01
はじめまして。
TBありがとうございました。
『タイヨウのうた』は涙や病気を前面に出す映画ではなく、
いつまでも観客に余韻をのこさせる
良い作品だと思います。
ドラマはどうかな。。。
an
3. Posted by 冨田弘嗣   2006年07月08日 02:32
 トラックバック、ありがとうございます。感謝します。
 本作は、やわらかな空気の流れる秀作でした。ぎこちない主演女優のぎこちない演技が、逆に効果的。こういう効果は、はじめてでした。
 読ませてもらい、ありがとうございました。  冨田弘嗣
4. Posted by たいむ   2006年07月08日 18:16
TBありがとうございました。
ココログの調子が悪く、お返しできなくてごめんなさい。

素朴で純粋。
すべてにおいて嫌味なのところがすごくよかったです。
5. Posted by こーいち   2006年07月11日 13:07
マッキー☆さん、こんにちは♪
TBとコメントありがとうございました!

これはヤラれちゃいますよね!
すごく微笑ましくて優しさに溢れてました。
僕もYUIの好感度は上がりましたよ。
あの初々しさが逆に、今まで同年代の子と
コミュニケーション取れなかった背景を
表わしているように観えました。
かなりお気に入りの映画です☆
6. Posted by 冨田弘嗣   2006年07月12日 05:57
私の愚筆にコメントをのこしていただき、ありがとうございました。本作はテレビになるのですね。あわててテレビ化するのでしょうか。だとしたら、脚本を書く、練る時間がなかつたのではないかと思います。私はテレビドラマをあまり観ないのでよくわからないのですが・・・。安易にテレビ化して、映画の印象を変えてしまわないようにしてほしいと思う一人です。  冨田弘嗣

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
カウンター
Amazonライブリンク