『うん、何?』 ミラクル日記

古事記神話・スサノオノミコトによるヤマタノオロチ退治の舞台、島根県雲南市から日々、ミラクルな話題をお届けします!

2012年は区切りの年

2005年の3月に書き始めたブログも、なんと!足かけ7年になろうとしています。
その間、私の周りで起きた様々な出来事は、ほぼブログに書き留めておりますので、また機会があれば振り返りたいと思います。
書き始めたきっかけは、2012年12月23日に世界・人類が滅亡する・・・という噂を聞いたため、それまでの軌跡を残しておこうと思ったからでした。その日は古代マヤ暦の区切りの日。ここから新たな世界が始まると考えられています。
果たしてどんな新しい世界が来るのだろう? 自分なりに本を読んだり、世界で起こる様々な出来事に目を凝らしてきた結果、なんとなく未来が見えたような気がしてきました。
今、頭の中にあることをここに書けば、また、相当に議論を巻き起こすことになると思うので自粛します。
簡単に云えば、「気付いた人」は新しい世界に適応し、残念ながら「気付いていない人」は、相当に苦しく生きにくい世界になると思います。もう既に新しい世界に突入している部分がありますから、何らかの変化に気付いた人は多いと思います。ただ、その世界を生きるための心構えができていない人のほうが圧倒的に多いと思います。
2011年3月11日に起きた大震災の後、被災者以外の人でも生き方を変えた人は多いと思います。そういう人は恐らく大丈夫でしょう。
また、フェイスブックで知り合ったほとんどの友人も、きっと大丈夫だと思います。
私は予言者でもありませんし、イカサマ師でもありません。
ずーっと現場でさまざまな人と出会い、様々な出来事を体験した結果、上手く行く人とそうでない人を見ながら結論めいたような「ある法則」を見つけてしまいました。
その法則を、私は既に実践していますし、また私の友人たちにも、それとなく伝授しているところです。
ひよっとするとブログへの投稿が、これで最後になるかもしれません。
情報発信はフェイスブック上で行っておりますので、ご興味のある方は、
フェイスブックに登録していただき、↓
https://www.facebook.com/mutsuto.utsunomiya

友達リクエストをしていただければ幸いです。

本音を言いますと、ブログとフェイスブックの2本立てに手が廻らなくなってしまいました。
このブログのポリシーはフェイスブック上で引き継いでおります。

本当に多くの皆様にご覧いただき、またご指導、ご鞭撻いただきましたことに、心よりお礼申し上げます。
小さなミラクルは沢山起きました。しかし、まだ私の考えるビッグミラクルは起きておりませんので、その日が来るまで情報発信を続けたいと思います。

ありがとうございました。
そして、これからも宜しくお願いします。
2012年以降、素晴らしい世界が訪れますように!!!

パワフルスポット


出雲大社で最もパワーを感じるのはココ。勢溜まり ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

伊勢、熊野、出雲、そして雲南へ

日本中で雲南市の存在を知っている人は、圧倒的に少ないのが現実。知ってもらうための努力は当然しなければいけませんが、漠然と広く薄くPRしてもほとんど効果は無いでしょう。せっかく古事記1300年でヤマタノオロチ退治の舞台としてスポットライトを浴びているのですから、この風を利用しない手はないのです。

PC144080

PC144082

PC144081

賀集利樹さんの新刊本でもタップリ紹介されています。地道に着実に少しづつ、雲南市の存在が知られてきております。

穏やかな牛たち

木次乳業と云えば、知る人ぞ知る有機酪農先端企業。黄色いラベルのパスチャライズ牛乳は日本初の低温殺菌牛乳です。低温殺菌ですから良い成分を壊さない製法。また、搾乳する牛たちの健康管理にも力を注ぎ、先日お邪魔した日登牧場では、牛たちがのんびりと穏やかにFMラジオから流れる音楽を聞いていました。

PB203906

PB203905

PB203907

日登牧場の牛たちはブラウンスイスという山地放牧に適した種類。人懐っこくてカワイイ牛たちでした。

雲いづる神話の國出雲

長らくブログを続けていると、色んなことが起きますね〜。出雲市の商工会議所さんが主催されている「雲いづる神話の國出雲フォトコンテスト」というイベントが、なんとこのブログからヒントを得て生まれたそうです。

PC074053

PC074060

PC084077

PC084078

日本は明治維新から西欧化、戦争、高度経済成長、バブル・・・を経て、ようやく自らの歴史・風土を見直す流れになってきたようです。今朝の山陰中央新報一面コラムにあるように・・・、私は全ての地域振興はそこに住む人々が“自らの住む地域を知り尽くす”ことから始まると確信しています!

参拝増の証し

出雲大社の参道を歩き、正面から参拝する方が増えているためか、松と松に挟まれた参道中央部分が通行禁止となっていました。

PC074047

PC074048

駐車場位置の関係でこの参道を通らず、神社横から参拝する方が多いのが出雲大社。流れは徐々に正しい方向に向かっているようです。

大銀杏のある風景

掛合町松笠、明泉寺の大銀杏。先月の写真ですから既に枯れ木の状態ですが、これから間違いなくもっと有名になるでしょう。相当デカイです!

PB013815

PB013813

PB013814

PB013809

これから要注目です。

雲のおろち

雲が低く垂れ込め、山に絡み付くような光景は、まさにオロチのよう!

PC034036

PC034037

PC034039

PC034040

悠久の観光資源です!

日常の中の紅葉

ここのところ雲の広がる日が続く雲南市です。市内を車で廻っていると、紅葉がようやく里に下りてきた感じがします。今年は秋が暖かかったということですね。

PC024028

PC024025

PC024035

写真は全て吉田町内で撮ったものです。

奥出雲の紅葉名所

奥出雲町上阿井の櫻井家(可部屋集成館)周辺の紅葉は見事。このエリアでは随一ではないでしょうか。

PB253965

PB253987

PB253984

PB253980

とても癒されます。

池が消えた!

標高400Mくらい? 山王寺棚田の奥にあり、日本ため池百選の湧水池「沢池」。

P6292506

ブラックバス退治のため、全ての水が抜かれていました。

PB284012

更に、池の周囲を巡る遊歩道も整備中。来年の新緑シーズンいいかも!


委員長さま、ご指摘ありがとうございました。

鬼の舌震

場所は奥出雲町になりますが、圧倒的な景観と紅葉は素晴らしい!

PB253953

この巨岩群は、お姫様を慕って海から上ってきたワニ(サメ)を防いだものだと・・・神話が伝わっています。

PB253951

PB253964

PB253948

PB253946

今年の紅葉はピークを過ぎました。来年の新緑が楽しみです。

地元の若者たちが遊歩道の清掃をしている場面を目撃! 嬉しいですね!

正面から参拝

dcf88c71.jpg
八重垣神社から神魂神社へ繋がるはにわロードを、初めて歩いてみました。ゆっくり歩いて30分、いい運動・・・というかパワースポットウォーク! 結果的に神魂神社の参道を歩くことになりました。ご利益倍増?!

鳥居新調

fd960466.jpg
傷みが激しく、倒れないようにワイヤーで引っ張っていた、八口神社の鳥居が立派に新調されました! ここはヤマタノオロチの壺を祀った「印瀬の壺神さん」がブレイク中!なんです。ぜひ、ご参拝ください!

たたら製鉄御三家

田部家、絲原家、櫻井家といえば、奥出雲のたたら製鉄を支えた大家。江戸時代、奥出雲で生産された鉄は全国総生産量の七割とも八割とも・・・! こういう歴史的事実を、どうして学校で教えてくれなかったのか? せめて地元の子供たちには伝えたいもの!

PB253970

PB253968

PB253972

PB253976

築300年、櫻井家の本宅、庭園とも素晴らしい! 不昧公も絶賛した滝水は健在です。そして、奥出雲最高の紅葉スポットでもあるのです。

やっぱり雲の国

817018e9.jpg
温泉に入っても、紅葉見物に行っても、どうしても目に飛び込む雲! 出雲の国、冬の雲は特に面白い!

銀杏の国

まさに今、雲南市をドライブをしていると目に飛び込むのが銀杏の木。次々と黄金色に輝いております。

PB243934

PB243933

PB243936

PB243941

PB243944

銀杏は雲南市の木ですから、あちこちで輝いて当然ですが・・・!

ミラクルが当たり前に

a1ca7b91.jpg
出雲大社の古伝新嘗祭にいらっしゃった東京からの5人組。夕方までの時間、ヤマタタラノオロチツアーにご案内! ・・・そしたらなんと!数日前に雲南ツアーに参加されたYさんの友人と聞いてビックリ。最近こんな事が日常茶飯事になってきました。間違いなく、出雲の神様のお力です!!

本物が輝く時代

JAL国際線の機内誌で、わが雲南市が誇る伝統工芸である「斐伊川和紙」さんが紹介されました。『和紙』という大きな括りの中でチラチラと・・・。私は名刺に使っておりますが、持っている方は大事にしてください! 1000年以上もつみたいですから・・・!

PB013820

PB013821

上の「泥染め和紙」は、斐伊川和紙の意欲作!

PB013819

PB013822

最後の写真には、斐伊川和紙・井谷さんの「手」が写っています。

雲南ツアー

PB203901

去年は紅葉が綺麗だった記憶があります。今シーズンはイマイチかな〜と思っていましたが、ここへ来て挽回してきた感じがあります。紅葉は山から下ってきますから、これからが楽しみですね!

オロチツアー

0c0f420b.jpg
ヤマタノオロチ伝承地探訪ツアー、本年度の催行は終了いたしました! 来春の再会までオロチは冬眠です(笑)

いのちを養う食

f7b06523.jpg
JALグループの機内誌スカイワード11月号に、食の杜が紹介されています☆ 食べることの意味について、改めて考えてしまいますね!

島根の小京都

PB123877

PB123876

津和野町、太鼓谷稲成神社からの眺めです。久しぶりに訪れた島根西端の地ですが、観光客で賑わっていました。余裕がある限り行きたい所へ行く! 一度限りの人生ですから、心がけたいと思います!

棚田と大根

PB123871

柿木村、大井谷の棚田で見かけた大根干しの風景。こういう場面に出くわすと何とも言えない郷愁を感じてしまいます。歳をとったからなんでしょうか・・・。

出雲の異国情緒

461b5c76.jpg
あまりに天気が素晴らしく、普段は足を止めない場所に降りてみました。宍道湖の北岸、秋鹿の道の駅近くです。島根じゃないような景色☆を満喫!

日沈む国

3d590ad4.jpg
出雲の国、日没時に天使の梯子が現れる季節になってまいりました!

雲南ベストランチ

c6fa7a7d.jpg
やっぱり、どう考えても最高だと思います。こういう食事を提供してくれるお店があるといいな〜〜!

結婚が決まったら須我神社へ!

39dc05e9.jpg
そういうカップルが増えているようです。古事記を読む人が増えれば、当然起こる現象ですね!

大井谷の棚田

fa2f4a1c.jpg
島根県西部、石見の国へ来ております! 柿木村にある棚田は素晴らしいですよ〜!

難波のパワースポット

7da2a8a6.jpg
居心地が良く、離れがたい場所。そこはパワースポットなんです! イザナギがアワギハラで禊ぎをした時に生まれた三神と神功皇后をお祀りした住吉大社。1800年祭!
Recent Comments
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ