2012年03月

2012年03月30日

鳥取と島根

鳥取島根、島根鳥取…どちらが右でどちらが左か。
鳥取砂丘はもちろん鳥取にあるのだけど、足立美術館と出雲大社がどちらにあるのか、ぼんやりと混同して、行くまでわかっていませんでした…鳥取と島根県民の皆様申し訳ありません(>д<)

私は旅先であまりおみやげ物を買わないのですが、今回の鳥取島根旅行ではいろいろ買い込んでしまいましたよ。
島根鳥取おみやげ

○鳥取みやげ
鬼太郎キャラメル いちご・二十世紀梨味
鬼太郎二十世紀梨ガム
長芋せんべい
日本海の蟹甲羅粉末入りスパイスソルト
乾燥めかぶ
パリパリわかめそのままスナック
○島根みやげ
宍道湖(しんじこ)のシジミ佃煮 ゆず味・しょうが味
どじょうパイ
ひるぜん(蒜山)やきそば(B級グルメ大会で有名になった、味噌味のやきそばおいしい~)

楽しい食べ物がいろいろありました。
鳥取砂丘には二十世紀梨のお酒、お酢などがあって、飲んでみたかったですが、重たいのであきらめました(´・ω・`)ショボ

ツアーでは鳥取県米子市のお菓子の壽城(ことぶきじょう)に立ち寄りました。
写真を見た父が「どこのお城に行ったんだ?」と聞くほど立派です。
お菓子の壽城

お父さんよく見て、開口部がアルミサッシだよ。

歴史的に茶道が盛んな城下町だったため、製菓も有名なのですね。城内は全部のお菓子を味見し放題で選びやすいです。

これは鳥取のホテルで売っていた、どじょうすくいの安来節で有名な島根名物どじょうのパイ←だから鳥取と島根を混同するじゃないの(゚д゚)
そしてこのパッケージって…まるで某うなぎパイ。いいの!?大丈夫!?
どじょうパイ
普通においしいです。

鳥取島根鳥取島根…

出雲大社門前のおみやげ屋さんで、鷹の爪団の吉田君を発見。
島根の吉田君

「島根に来たなら買うでしょ。」って、
「島根を日本の首都にする。」と書かれたストラップです。
買わなかったよ吉田君ごめんなさい…買えばよかったかな…

隣のお蕎麦屋さんで出雲そばを食べました。
出雲そば
素朴で味わい深い風味がおいしかったです。

鳥取砂丘と壽城が鳥取、足立美術館と出雲大社が島根にあります。やっとわかりました。よしっ

sakura_dou at 22:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0) お出かけ・イベント | もぐもぐ(^~^)

2012年03月28日

出雲大社

さて 鳥取島根旅行の続き、日曜の午後は出雲大社へ行きました。

ただいま60年に一度の大遷宮なう(←)なので、神様は御仮殿におわします。
参拝者のご祈祷は御仮殿で行われるはずですが、この日はなぜか神楽殿で行われました。
激安ツアーなのに、神主さんと巫女さんによる正式なご祈祷をしていただけて、母も参拝3回目にして初めてだと喜んでおりました。

神楽殿↓

出雲大社神楽殿
一般的に神社での参拝は二礼二拍手一礼ですが、出雲大社では二礼四拍手一礼です。おもしろい。

神楽殿の注連縄(しめなわ)が一番太いです。
出雲大社注連縄

どーん。

鳥取砂丘・足立美術館・出雲大社をめぐるシブいツアーですが、ツアー26人の中にうら若きハタチそこそこの女子4人グループが参加していました。出雲大社が縁結びの神様・パワースポットだからでしょうか。

出雲大社御朱印
出雲のご朱印。こんなのだったよーとご朱印コレクターの友人たち(約3名)にお見せしようと買ってみました。
私自身はご朱印にはまったらムキになって、かえって煩悩に悩まされそうなので、10代の頃にコレクションするのをやめましたよ(´・ω・`)

この旗、見るとはなしに見たことがある方が多いと思います。
出雲大社国旗
NHKの放送終了前にテレビ画面に映し出される国旗は、ここ出雲大社の、この旗なのだそうです。
なんと畳25枚分の大きさ、重さ25キロ。
午前中は雨が降っていて掲揚されていませんでしたが、私たちが行く頃には晴れて、ちょうど掲揚され青空にはためいておりました。よいものが見られてすがすがしかったです。


こんな場所こそ着物で参拝したいものですが、ちょっと玉砂利が歩きにくいです。
京都の神社仏閣なども、細かい砂利がジャコジャコして草履が傷みますね(´・ω・`)
男性の雪駄なら歩きやすそうですが、着物の女性はどの履物が一番いいの?。




さくら堂ブログに来てくださってありがとう(*u_u)
「読んだよ!」のしるしに、
両方クリック↓していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへにほんブログ村に参加しています。

sakura_dou at 20:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) お出かけ・イベント 

今日のコーディネート・変わり大島にちりめん帯

島根の話の途中ですが
今日は着付けの師匠のお宅へうかがう日でしたので、コーディネート記録をはさみます。

変わり大島・グレーちりめん帯 前

同じ着物の、前回の着付け↓
大島・組紐帯前

前回は、衿を直角~鈍角に合わせたい方向けを意識しましたが、
今回は先生が「大島は鋭角にシュッとしてたほうがいいわよ」とおっしゃるのでシュッと着付けてみました。

いつも帯や小物をいくつか取り替えられるように持って行き、これでいいですかとうかがうので、教室の日は先生好みのコーディネートということになります。
先生はアラウンド80でいらっしゃいます。
変わり大島・グレーちりめん帯 後ろ

「絶対こう!」という価値や好みの基準をお持ちなので、「そう思うでしょう?」と問われたら「そうですね」と答えます。
先生のおっしゃることはもっともですが、若い人や時代の流れは違ってきているところもあって、私はどちらも良いと思…いますが極力言いません(´ω`)
変わり大島・グレーちりめん帯 横

先生のお好みに合わせるのも、敬意のあらわしどころ、そうなのねと認めることなのだろうと思います。

着物とは、相手の方や場所への思いを形式であらわす性質が強い衣服ですね。
ルールに縛られるあまり、街を自由に闊歩する人にとやかく言うのは着物ばなれの原因にもなっていかがなものかと思いますが・・・
私は着物が相手の気持ちを優先して形にあらわすものであると聞いて素敵だと思ったし、ルールや誰かの思いに縛られるのも、面白くて嫌いじゃないです。


着物・帯ともに過去記録に掲載あり、使い回しですー。

sakura_dou at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 小紋・着物 

2012年03月27日

足立美術館

母とふたり、週末 静岡から鳥取島根旅行。
日曜は、朝一番に足立美術館へ行きました。
こちらの庭園は
2008年フランスの旅行ガイド『ギッド・ブルー・ジャポン(ブルーガイド)』で三ツ星、
2009年ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでも三ツ星、
米国の日本庭園専門誌「Sukiya Living(数奇屋リビング)/ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」全国850ヶ所以上の名所旧跡を対象に実施した日本庭園ランキングにおいて、2011年までに9年連続日本一と認められています。

私のつたないケイタイ写真の腕で、どこをどうやって写してレポートしたらいいのでしょうか・・・
足立美術館庭園1
館内にはたくさんの庭園があり、どれだけ写真を載せてもお伝えしきれないと思います。どこを見ても美しいのですが、私ではどうにも写真に写し取れません。
一幅の絵の庭
四季折々に美しいというのですから、一度だけでは全貌を見切れないのが悔しい。
足立美術館2
館内にカフェがふたつ、茶室がふたつあります。庭園を眺めながらほぅっとリラックスする時間も確保しました。
足立美術館カフェ

ツアーの見学時間はたったの2時間。美術館なのでお庭だけでなく日本画や陶芸、工芸などももちろん見られるのですが
大観vs栖鳳
うおお 今回の特別展は「横山大観VS竹内栖鳳」ですよ!同じ画題のふたりの作品をいちいち左右に並べて見比べることができる展覧会でした。それも数組ではなく、いっぱい(数え切れなかった・・・)。
私は特に栖鳳が好きです。こんなにまとめてたくさん見られるとは思いもよらなくて大興奮でした。
併設展では、大観の名品がずらずら並んでいるお部屋、そのほかに安田靫彦、関雪、玉堂、春草などなどなどの日本画、それから平櫛田中、魯山人など工芸・・・全部が大作や超一級の名品
ばかり
な・の・に 見るものが多すぎ、駆け足で流さなければ時間が足りません(´;ω;`)
この先5年くらいは日本美術の展覧会には行かなくても済みそうなくらい、鼻血が出そうな密度の美術館です。

足立美術館の足立さんて何者なんだろう。
ざっくり調べただけでは、裸一貫で事業に成功した人物としかわかりませんでした。美術コレクションと庭園のクオリティーから察するに、それだけでは説明のつかない大人物だと思いました。
足立さんすごいよ足立さん。素晴らしい庭園と美術館をありがとう(´;ω;`)

今回の旅行は、静岡からずいぶん遠方だしアラウンド70の母も一緒の団体ツアーなので、着物は断念しました。
近かったら、あるいは着物仲間と個人的な旅行だったら、ぜひ着物で行きたい場所です。

足立美術館の次は、出雲大社の記録です。






さくら堂ブログに来てくださってありがとう(*u_u)
「読んだよ!」のしるしに、
両方クリック↓していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへにほんブログ村に参加しています。

sakura_dou at 01:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0) お出かけ・イベント 

2012年03月24日

鳥取砂丘

写真はあまり詳しくないですが、唯一好きと名前が言える植田正治
植田正治砂丘モード

代表作・砂丘モードシリーズ
ソフトバンクのCMで「鳥取はまだ糸電話」というシーンの元ネタです。

私が好きなのはこのタイプじゃなくて、子供や田舎の風景の写真なのですが
この方の醸し出すムードは、写真界ではワールドワイドに「UEDA-CHO(植田調)」と呼ばれているそうです。

今日は母と鳥取砂丘に来ています。
母とふたりで旅行など、約20年ぶりです。
スマホ砂丘モード


ぷらっとこだまツアーで丸一日かけてたった一時間の見学時間。静岡から鳥取砂丘は遠いなあ。
今日の移動範囲に、日本建築学会賞を受賞した植田正治記念館があるはずですが、ツアーなので自由に行かれません。残念。

母と私はミラクルな晴れ女です。
今日も絶望的な土砂降りの合間、バスを降りる瞬間に雨があがり、バスに戻った瞬間にまた土砂降り(゚д゚)
雨あがりで砂丘の砂が舞い上がらないという大きな利点も!
私は持参した傘を一度もひらきませんでしたが、母はこの悪天候の中、自分の晴れ女力を信じて傘すら持ってきていなかったという…もはや神がかっています。

靴に砂が入らないように、
売店で長靴を貸してもらえます。
鳥取砂丘長靴


ものすごい強風で冷たい!(>д<)
一時間も見ていられませんでした。
鳥取砂丘

見ろ!人がゴミのようだ…(ムスカ)といった感じのスケール感ですが、スマホカメラ×私→うまく写せませんね。

このブログの「ドコイク?」では、着物を着て行く場所がないとおっしゃる方に、どこへでも着て行ったらいいと思う!という提案をしているつもりですが、
鳥取砂丘は乾いていたら服の中も毛穴も鼻の穴も、ものすごい砂だらけになるそうなので、
今回は着物でお出掛けおすすめできません…

sakura_dou at 15:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0) お出かけ・イベント 
記事検索
最新コメント