さくらえびのナイショの話♪

DQ内でしたドレアを纏めています

昨日に引き続き旧ブログからの再掲載になります。


一部抜粋と続きの1話分を纏めてい再編集をしています。


こんにちはさくらえびです。



今回は今年の2月分に掲載した記事をお送りします。
丁度バレンタインイベントの最中の記事なのでイベントを絡ませてあります。


お暇な時にでもご覧ください。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
いつもお小遣いをくれる優しいイッドおじいちゃんと口は悪いけどお金持ちのアラグネおばさん。
今日も二人に挨拶をしに行きました。



不況の煽りか出し渋る時もあるけど、そこは粘り強く(しつこくとも言う)何度も通ってお小遣いをGET!

001


そして、今日はまだ時間があるため他の知り合いにも挨拶へ行く事に、、、




おじいちゃんの兄弟でレストランを経営されているそうで、きっとお金持ちなんだろうと期待に胸が膨らみます。
もう十分膨らんでいるだろうと言う突っ込みは無しです。



鬱蒼とした森の奥にそのレストランはありました。



出迎えてくれたのは料理長 ジウギスさん



従業員2名と大きなフォークを持ってのお出迎え。



「やあ、良く来たね。イッドから話は聞いているよ。ゆっくりしていきなさい」



「は、はい。ありがとうございます。」
(なんか雰囲気のあるお店。これは期待していいのかな?)」



「ところでイッドの話だと小さな女の子だって聞いてたんだけど、、、」


「あ、あれは人間の時の姿で何時もはオーガなんです(′∀`)」


「なんだ、そうなのか。期待したのに、、で、注文は?料金は貰うよ」



(!!!何?急に態度が変ったけど、私なにかした?)
「あ、あの~、すみません。急用ができたので失礼します」



その日は結局自腹で美味しい水(聖水)飲んで帰って来ました。
後日聞いた話だと、ジウギスさんはケチで有名だそうです。



そして後日、、、



またいつもの様におじいちゃんに挨拶に伺います。もはや日課です。



「おじい様、ご機嫌いかがですか?」

003


「やあ、えびちゃん良くきたね。そうだ、前に紹介したジウギスがお前さんに頼みがあるって言っておったぞ。」

004




「あのケチな料理長 ジウギスさんが何の用だろう?取りあえず話だけでも聞いてみようかな?電話してみるか。」



「もしもしジウギスさ~ん。用事ってなんですか?私もこう見えても忙しいんですけど~?」


「ああ、さくらえびちゃん。実はちょっと店が忙しくって手伝ってほしいんだけど?」


「お店の手伝い?嫌ですよ。遠いし。大体忙しいって最近はピラミッドとかの人気で客足が途絶えてるってもっぱの評判ですよ。


「い、いや、ほら今バレンタインの時期だろ?ウチでもバレンタインイベントやっていて人手が足りないんだよ。頼むよ。バイト代もはずむよ。」


「そんな事言って、前にジウギスさんのお店に行ったとき水しか飲ませてもらえなかったじゃないですか。しかも自腹ですよ!お水でお金取るなんて聞いたことないですよ!」


「い、いや~。今回は本当に。それに、ほら、ウチの制服かわいいんだよ。今、巷でみんな来ているだろ?あれ、もともとウチの制服なんだよ。」


「え!?だってあれって天才パティシエ ミローレさん の所の制服でしょ?」


「あ、ああ。ミローレ君ね。彼ももともとは私の弟子だったんだよ。だから、ウチの制服使わせてあげてるんだ。」


「ええ!そうだったんですか!しらなかった~。ジウギスさんって本当はすごい人だったんですね。分かりました。お手伝いします。制服はもう持っているので早速行きますね~。」

005



「よろしく頼むよ。あ、そうそう。オーガの姿じゃなくて人間の姿で来てねあっちのがかわいいから。」



「はぁ?かわいいって、あのおっさんロリコン? だから前に行った時にあんな態度だったんだ、、、行くって言っちゃったし、仕方がない人間でいくしかないわね、、、」


006



「あそこ遠いから嫌なんだよな~。めんどくさいな~。」

007



「ジウギスさん、来ましたよ~。何を手伝えばいいんですか?」



「おお、さくらえびちゃん可愛いね~。最高だよ~。待ってたよ~。やっぱり女の子は小さくないとね~。せっかくだから店にいて欲しいんだけど、なにせ忙しくてね。悪いけどさっそく配達に行ってくれないか?」

008



「は、配達?制服全然関係ないじゃないですか?



「そんなことないよ。ウチは配達時でも制服着用が義務なんだ。じゃあ、頼んだよ。私は寝るから。」


009


「はぁ?寝る?忙しいんじゃないの?しかもお酒くさっ!なんなのこの人?バイト代本当に払ってくれるのかしら?」



「ホント、無茶苦茶なんだから、、、。えっと、配達先は大工のギーグハンマーさんか。と言う事は魔法の迷宮ね。さっさとすませちゃいましょ。」


「そういえば、何を配達すればいいのかな?ん、これかな?」


010


「なに、このデカイチョコレート。確かにギーグさんって巨漢で有名だけど、こんなの食べるの?」




「しかし、ギーグさんって言えば妻子もちじゃなかったかな?しかも男の人がバレンタインデーにチョコレート買うって?もう、いろいろ考えてもバカらしいから早く終わらせよ。




「、、、、ギーグさ~ん。お届けもので~す。チョコレートお持ちしました~」

011





「おお、待ってたぞ。わしは甘いものに目がなくてな~。だか、この時期だと外では買いづらくていけね~。なんで、旧友のジウギスに頼んでおいたのよ。さあ、よこしな!」


012



お酒くさっ!なに?なんでこの人まで昼真っからお酒飲んでるわけ?と、とにかく届けましたからね!さよならっ!」





「ジウギスさーん。届けてきましたよ~。早くバイト代ください」

013


「あ、店長なら酔っ払って寝てしまいましたよ。だから、今日はもう閉店です。



「!!!」


014



「こんな店、潰れてなくなればいいんだ!


019






「ほんっっっとに無駄な時間をすごしたわっ!!帰ろう!!」

015




「でも、、、ミローレさんの師匠みたいな事言ってたな、、、本当ならミローレさんに迷惑かかっちゃうかな、、、」



「そうだ。今イベント期間中だし、直接聞いてこよ。本当だったら誤らないと。」



「せっかくだから制服に着替えなおして、、緊張するな~」

016



「ミローレさん、こんにちは(わー、本物。かっこい~~)」



「おや?どうしました?今はもう結果発表の時期なのでカカオはいりませんよ?」


017


「実は、かくかくしかじかでミローレさんにご迷惑かかったんじゃないかなと、、、」



「はぁ。私に師匠なんていませんよ。それにジウギスって人、そもそも強ボスですよね?



「へぇ?なに?師匠じゃないの?騙されたのね、、、。もう、あの人のお店には絶対行かないでおこ、、、、疲れた、、、」


018




おしまい 

以前アメブロさんで書いていたブログの一部をこちらに転載しようと思い立ちました。

基本的にネタ系のものですが、修正、加筆もして再掲載していく予定です。

今後、ネタ系を続けていく上の布石になるかと思ったのでw



こんにちは、さくらえびです。



以下、再掲載になります。よかったらご覧ください~。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


最近色々欲しいものがあってゴールドが幾らあっても足りないわ~。
討伐だけだと時間も掛かるし面倒だし、、、


仕方ないけどおばさまにご挨拶に行こうかな~。



面倒だけどお小遣いを貰えるので我慢しないと、、、




「おばさま、こんばんは~。ご機嫌いかがですか?」


0031



「あら、この子またきたの?暇ね~。いい人いるんでしょ?
こんのなところで油売っないで、早く結婚でもしなさいよ~。

イッドさんも早くあんたの子供の顔が見たいってボヤいてたわよ~」



0032




(会うなりいきなり、、、痛恨より痛いかも、、、)
「そんな~。いい人なんていませんよ~。」


0033



だ、ダメだ、、、勝てる気がしない。
あのおばちゃん、とんでもない所をついてくるわね。一旦退却。


先におじいちゃんの所はへ行こう。


「おじいちゃん、こんばんは~。お元気たですか?」





「ああ、えびちゃんか。アラグネさんから聞いたよ。恋人いるんだって?
子供の顔が見れる日も遠くないかな?」


0034





   そ、そんな急には、、、」
(あのオバハン余計なことを、、、)

0035




「きょ、今日はもう帰ります、、、」


 まさか、戦わずに負けるなんて。
しかし、どうしよう。今のままだと勝ち目もないし、、、


0036




そうだ!子供の顔を見せればいいのね。
簡単はじゃないw
私が本気だせば楽勝よw





















「おばさま、こんばんは~。」













0037












「、、、あんた、馬鹿?
子供顔が見たいって、あんたが子供になるって意味じゃないの。
そんなんだからいつまでたっても独り者なんだよ」


0032





「!!!!!」




あ~、 もう頭きた!」

















0038





0039




「初めからこうすれば良かったのよね、、」






おしまい 

すでに一週間近くたってしまいましたが、6月7日に 「オガこをめでるブログ」さゆこさん主催の「オガコレ2014」が開催されました。

3265b717





沢山の観客のみなさん、ツイッターでの宣伝にリツイート頂けた方々、モデルの方々、お手伝いいただいたスタッフの皆様、そしてなにより、このイベントを主催していただいた さゆこさん。


皆様に支えられ本当に楽しいイベントになりました。心からお礼申し上げます。



ありがとうございました!!!!!



そもそも、このイベントは私の「イベント用の衣装って沢山あるな~。全部揃えたらどうなるかな?」と軽い気持ちで考えたことから始まっています。


そこで、この事をツイッターでさゆこさんにお話したところ、やりましょう!と快く引きうけていただけることになりました。


準備を進めていくうちに衣装の量の多さにまず驚きました。
今回は30着でしたが、省いた衣装も入れるとそれ以上になります。
さゆこさんのブログでモデルさんを募集して頂けることにはなりましたが、正直集まるかどうかとても不安でした。



しかし、そんな心配をよそに予定していた全ての衣装にモデルさんの募集があったのは奇跡だと思います。
特に職人衣装は獲得も難しく 調理にいたっては出たばかり。無くても仕方が無いと思っていたぐらいですが、皆様のご協力もあり全ての衣装が集結!勇者様も現れてくれましたw



イベントの計画はほとんどさゆこさんが考えていただいたので、私はほとんどノータッチです。
申し訳ないです (´Д⊂)



イベント告知後にリハーサルが行われスタッフと数名のモデルさん達と簡単に当日の流れを進めていき、この段階でも「おお~」と思えるほどでした。 これは当日はどうなるのだろう?そう思いリハーサルは終了しVUをまたぎいよいよ「オガコレ2014」の当日に!

20140605-0025_157754698
↑リハのためオガこ集合

20140605-0030_157756645
↑並んでみます

20140605-0031_157756862
↑当日の立ち位置合わせ


当日はVUで出典されたロイヤルで行こうと決めていたので福引で手に入らなかった体以外はバザーで購入。急いでカラーリングもして会場へ向かいます。
さゆこさんも合わせてロイヤルにしていただけました。

20140606-0035_157942041
↑この日の為にドレスアップ!


20140607-2204_158373396
↑さゆこさんのロイヤルも素敵です!



開園30分前にはすでに何人も集まっていただけており、改めてこのイベントの大きさを実感しました。

20140607-2203_158372902
↑PCですらこの表示




開演時間が迫るにつれて増えていく観客の数、集まるモデルさん。緊張は最高まで高まってきます!吐き出すモデルさんも続出w私もお腹痛くて仕方ありませんでしたw

20140607-2149_158367241

20140607-2149_158367288

20140607-2149_158367326

20140607-2152_158368348

20140607-2152_158368405

↑順番待ちのモデルさん達




鳴り響く拍手、やまらぬ白チャ、飛び交ういいね、表示限界数を最大にしている私のPCですら少し前しか観客が表示できないほどの人が沢山集まっていただけました。



そしてさゆこさんの挨拶とともに、いよいよ「オガコレ2014」が始まりました!


先頭のモデルさんが出てくるのに合わせ5時間かけて考えたコメントを必死に打ち込んでいきます。定型文にするには多すぎたので当日手打ちですw


始まってからはコメントに必死でほとんど何をやっていたか覚えていませんw


さゆこさんの司会の声とモデルさんの登場にあわせてタイミングを見計らいながらコメントを打ち込むのに必死だったので、いいねをいただいたり挨拶していただいた方もいらっしゃった様ですが反応できずに申し訳ありまsんでした。



写真を撮っている暇がないのは想像できたので、全て動画に収めておきましのであとで確認しておきます。
(一部スクリーンショットの画像を使用していますので、観客の方のお名前にモザイク処理を入れています)
名称未設定 2

名称未設定 3

名称未設定 5

名称未設定 6

名称未設定4
↑続々と登場するモデルさん。文字を打つのに必死でしたw



想定していた時間をオーバーしてしまいましたが、全衣装30名のモデルさんがそれぞれアピールをし第一部は終了です。




続いて第二部の、さゆこさんのイラストをかけたドルボートレースへと突入します。



フライングスタートというアクシデントもありましたが、合図で一斉にに駆け出すモデルさん達。それだけでも圧巻です!


名称未設定 7
↑すごいの一言



私はルーラで一足先に折り返し地点の野営地で待ち構えます。スタッフ用チャットルームで実況してもらいながらモデルさん達の到着を待ちます。

名称未設定 8
↑野営地の若干手前で待っていました


1位のモデルさんが到着し次々といいねが飛び交います。こんなに沢山のオガこからいいねをも貰えるのは役得ですw


全員の到着を確認しヴェリナードへ急いで戻ると直ぐに1位のモデルさんが入ってきてゴール!!
最後の選手が誰かすでに分からない状態ですが、全員もどってきて記念撮影になります。



初めはモデルさんとスタッフのみでの撮影。


ずらりと並んだオガこ達。本当にすごい!圧巻の一言です。よくこれだけの衣装が集まったと我ながら関心しました。

20140608-0006_158434780


20140608-0010_158437325


20140608-0008_158435971


20140608-0007_158435321


20140608-0007_158435251


20140608-0006_158435133
↑モデルさんとスタッフだけで記念撮影




しばらくして観客の方も交えての記念撮影。もう、表示できないくらいの人でごった返します。

20140608-0014_158439194


20140608-0011_158437531
↑みなさんとも





そして、オガこが集まると、、、、


こうなりますねw

20140608-0018_158441442

20140608-0019_158441905



20140608-0020_158442390



20140608-0020_158442491


20140608-0021_158442691


20140608-0021_158442849
↑最初に脱ぎだしたのはさゆこさんだそうです。さすがw



その後色々な方とお話したり交流することも出来、新しいフレさんも出来ました。

20140608-0031_158447471

20140608-0039_158450849


20140608-0058_158458491



20140608-0055_158457112
↑楽しい団欒のひと時



さゆこさんの閉会の言葉で会は占められましたが、沢山の方がまだ残り余韻を楽しんでいました。
私も最後まで居たかったのですが、体力が持たなかったのでお先に失礼させていただくことに。

20140608-0116_158465203
↑おまけですw着替えてる途中で偶然できたドレスアップ。


沢山の励ましやお礼の言葉など頂き感無量です。ツイッターでも沢山ツイートで楽しかったと言っていただき、主催に交えていただけて本当に嬉しく思います。
ブログでは語りつくせない思いでいっぱいです。


参加、ご協力頂けた全ての方に感謝をこめて、


ありがとうございました。


20140504-0940_150238464



もっと沢山書きたい事はありますが、全部書くと1日では足りないのでこの辺でw


おしまい








 

このページのトップヘ