サイン&撮影会
  11月8日(土) 13:00~
  開催場所:ビデオボーイ湖山店
  住所:鳥取県鳥取市湖山町東5-206
  お問い合わせ先:0857-28-8220

  11月8日(土) 17:00~
  開催場所:ビデオボーイ湖山店
  住所:鳥取県鳥取市湖山町東5-206
  お問い合わせ先:0857-28-8220

  11月9日(日) 11:00~
  開催場所:ブックメイト老松店
  住所:岡山県倉敷市老松町5-1-13
  お問い合わせ先:086-430-6655
  URL:公式HPへ

  11月9日(日) 16:00~
  開催場所:ブックメイト円山店
  住所:岡山県岡山市中区円山145
  お問い合わせ先:086-206-3200
  URL:公式HPへ

Japan Adult Expo2014
  11月14日(金)15日(土)
  開催場所:ディファ有明
  URL:公式HPへ

紗倉まな 2015年カレンダーイベント
  11月15日(土) 12:00~
  開催場所:書泉グランデ
  URL:公式HPへ

サイン&撮影会
  11月23日(日) 14:00~
  開催場所:遊楽聴
  住所:静岡県浜松市中区高丘東1-3-21
  お問い合わせ先:053-430-6060
  URL:公式HPへ

SEXY♡J発足記念!ちょっと早いクリスマスカジュアルライブ
  12月7日(日)
  開催場所:ラドンナ原宿
  住所:東京都渋谷区神宮前4-28-21 ハーモニー原宿地下1F
  お問い合わせ先:03-5775-6775
  URL:公式HPへ

2014年10月31日


以前も告知した「2015年版紗倉まなカレンダー」なのですが…。

2014-10-31-18-12-39

なんと!こちらの壁掛けカレンダーをHMVさんでご購入頂くと、今なら限定特典として直筆サイン入り生写真がつくそうです@ 'o' @!

2014-10-30-14-33-33

卓上カレンダーも同時に発売されています😊



ご購入予定だった方も、「なかなか買いに行けないな」と思われていた方も、HMV さんでしか手に入らないお得な特典ですので、この機会に是非お立ち寄りくださいませ…✨





2015年も一緒に過ごせたら嬉しいですˉ\( ̸ ๑ˋ· ̭ ·ˊ๑ )\_







そしてそして。
改めまして…11月のイベント告知になります。



▼11/8(土)鳥取イベント:
ビデオボーイ湖山店様 13:00-&17:00-


▼11/9(日)岡山イベント:
ブックメイト老松店様 11:00-
ブックメイト円山店様 16:00-


▼11/14(金)アダルトエキスポ2014


▼11/15(土)2015年版紗倉まなカレンダー発売イベント:書泉グランデ様 7F 12:00-


▼11/23(日)静岡イベント:
遊楽聴 様 14:00-








今回は告知ばかりになってしまって申し訳ないのですが、カレンダー そしてイベント、どうかよろしくお願いしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ







2014-08-29-00-28-14
まなてぃー






まなsakura_mana at 20:20コメント(0)トラックバック(0) 

2014年10月26日


友達とも遊ばす、バラエティ番組もあまり見ない私。案の定、話題もノリも微妙についていけないんですよね。←



と、そこで。



世間に置いていかれそうなこの焦燥感を和らげたい!という気持ちも込めて、毎週五本以上の映画を鑑賞するようになりました_(:3」∠)_←





そうはいっても、不思議なことに。まとめて映画を借りてまとめて鑑賞すると、洋画なんて特に(私の苦手な横文字なので)タイトル名もあやふやになってしまって。更には内容もどこか記憶の奥底に追いやられてしまったりして。




美味しい料理も早食いしたら何を食べたのかわからなくなるのと同じで、これからは丁寧に一本ずつ消化しよう…と最近意気込み直しまして、鑑賞していたわけです(ΦωΦ)





そんな中で、友達にオススメされたとある映画が予想以上に物凄く面白くて、皆様に紹介したくなってしまいました。
それが、マルコヴィッチの穴 という作品。







マルコヴィッチの穴。

(面白かった!と興奮して話すとついオチを言ってしまいがちなので、慎重に感想を述べたいと思います_(:3」∠)_笑)






タイトルにもなっているマルコヴィッチというのは俳優さんの名前で(以下マル)、オフィス内にある小さなドアを開くと、なんとマルの脳内に繋がる通路がある という奇妙なお話なのです。



人の脳内に入り込む。

初めはマルの脳内に短時間しかいれなかったのに、どんどんとマルの本質にまで侵略して、マルではなくなっていくんです。


愛する者に愛してもらいたいが為に、知名度のある人(マル)にすがって偽りの自分を売りつける。そんな切ないメインストーリーも含まれています。





あり得ないような不思議な話なのについ惹き込まれてしまうのは、私の心の中にも大きな変身願望があるからなのでしょうか。。。変に自分に置き換えて観てしまうシーンが多々ありました。



見返す回数に伴って違う見え方になる、そんな深い映画のような気もして 時間が出来たら再度見てみたいなと思ってしまいました😊





便乗して、「まなヴィッチの穴」…とつい口に出しそうになってしまうけど…(喝)

私が言うとただのAVタイトルみたいになってしまいますね_(:3」∠)_笑
(ちょっとSODさんに提案してみようかな…。)





皆様も良かったらマルコヴィッチの穴、鑑賞してみてくださいね😊




2014-10-22-21-46-25

まなヴィッチ!リラックマヴィッチ!_(:3」∠)_








…さて!
話は変わって、11月のイベントの告知をさせて頂こうと思います♪




2014-10-26-17-17-15

…はい、横着するな って話ですよね(ΦωΦ)笑 ごめんなさい_(:3」∠)_







まず11/8 11/9は、鳥取•岡山にてイベントを開催させていただきます。



▼11/8(土)鳥取イベント
ビデオボーイ湖山店様
•第一部13:00-
•第二部17:00-
2014-10-26-11-21-15

▼11/9(日)岡山イベント
ブックメイト老松店様•11:00-
ブックメイト円山店様•16:00-





そして、アダルトエキスポ2014というイベントにも参加させて頂きます(*^^*)

▼11/14(金)
2014-10-26-11-21-32





そしてそして、2015年カレンダー発売イベント(ΦωΦ)

▼11/15(土)書泉グランデ7F|12:00-
2014-10-15-13-08-49



静岡にも行っちゃいます♪ピューン

▼11/23(日)静岡イベント
遊楽聴 様 •14:00-
2014-10-15-19-25-36






お時間ありましたら、
ぜひ、ぜひ。

遊びに来てくださいね(ΦωΦ)
よろしくお願い致します。






それでは…♪





まなてぃー

まなsakura_mana at 17:38コメント(43)トラックバック(0) 

2014年10月20日


2014-10-19-10-51-24

沖縄イベントからの帰路、飛行機の中でうとうとと寝ているとこんな夢を見ました。




ーーーーーーーーーーー

私が住んでいる家の近くに、木でできた遊具がたくさん置かれているテーマパークがありました。その名もアンデルセン公園。アルバムを辿っても何度もそこの風景が登場するほど、頻繁に遊びに行っている場所でもありました。




その日は休日で、
父と一緒にアンデルセン公園へ。



少し肌寒かった記憶があります。
ぽかぽかとした日差しが温かくて、まさに外にでて遊ぶにはもってこいのお天気でした。




穴が何個も開かれた木が並列になって、なんという言葉が適しているのかがわからない形状の遊具で一人戯れていた時のこと。



角からふらっと、小さな男の子が現れました。



私もその当時は小さな女の子でしたが、そんな私よりも小さな、3歳くらいの男の子でした。




一人っ子の私にとって、自分よりも”小さな何か”と言うのはとてつもなく奇妙に感じて、


同じ人間だけど、人間じゃない。
意味も無く叫んだり唐突に泣き喚いたり、地面に落ちているものを拾ったり、よくわからない。どうしてなんだろう、どうしてそんな風にわけもなく人を見つめたりするんだろう? と、


「まなちゃん、何様?」といわれてしまうかもしれませんが、当時はそんな「小さい不思議な生物」としてじっと見てしてしまう癖がありました。(私の方が奇妙ですね)




気まぐれに描いた曲線を辿っている様に、テチテチと危なげに歩くその子を見て、ふと 妙な感情が込み上げてきました。




「なんだろう、この子を、ちょっと叩いてみたい。」



何故こんな風に思い至ったのかは今になっても分からないのですが、

無性に、目の前をふわふわと歩き回るこの小さな生命体に手を出したい。と思ってしまったのです。





5歳の時の私は、ぽんぽんっと、跳ね返ってきたボールをまた弾ませるように、目の前にいる男の子の頭をたたいてしまいました。





ぽかんと数秒私を見つめた後、事の状況を把握したのか、わあああああああああああああああああんと泣き出す男の子。(当然です)





そんな男の子を見て、私は「どうして大して痛くもないだろうに泣くんだろう。」と、


更に頭をぽんぽんっと、再び叩きつづけてしまいました。(Sの性癖があったとしても、最低です)





そしてそんな一部始終を、事もあろうにその子の母親に見られていたのです。




「あ ん た、な ん て こ と す る の !?!?!?!?!?!?!?」





と、ものすごい勢いで男の子を擁護しに戻ってきた男の子の母親。(そしてタジタジとする私。)




小さな子には強気な私も、大人が関わってきた途端 一気に怖くなってしまいました。



犯罪に手を出してしまったような、そこに法が纏わりついてしまったような、

自分のしたことがとてつもなく悪い事なのだと察したのです。





公園にいる他の大人の目が、「あの子はすごい悪い子よ」と見てくるように感じて、世界中のみんなが敵になってしまったような、そんな感覚に陥って逃げ出したくなりました。






暫くして、この出来事を何も知らなかった父(車に荷物を置きに行っていました)

「さて、帰ろうか」と呼びかけてもらっても、鼓動は早まるばかり。




好奇心が動機になり、ちょっとした優越感に浸って何の罪もない男の子を二度もたたいた自分。





そう、これは、私が「うまれてはじめて罪悪感を覚えた日」の出来事でもあります。



記憶の断片として残っていたものが夢の中できれいに結合されて、「戒めの書」を読み聞かせるようにこうして思い出させてくれました。(何とも嫌な思い出でもあるのですが)





「この気持ちを罪悪感という言葉で説明するのだ」
と知ったのは小学校に上がってぐらいのことで、

「矛盾」とか「揚げ足をとる」とか「Gスポット」とか、そんな言葉を覚え始めたくらいの時期でもありました。(喝)





ただ「得体の知らない恐怖」をこうして「罪悪感」という言葉にできたときに、物凄い安心感を得た事も 同時に強く覚えています。


辞書に載るほどの言葉になるということは、誰かも同じような感情を味わった ということなんだ、私だけじゃないんだ。なんだアハハ~だなんて。(あっけらかんと まあ。)










ーーーーーーーーーーー


と、ここで




------------ごごおおおおおおおおおおおおおおお




飛行機の轟音で目覚めた私。




「あ、もう東京着いたかな?」だなんてアナウンスを待っていたら、沖縄空港を離陸したばかりでした。(こういう時、夢の時空間ってすごいなって改めて思いますよね)




落胆し、
一瞬の罪悪感を拭ってもう一眠り。






そう思ったら。

後ろの座席からは小さな男の子の泣きわめく声。





わあああぁあぁああああぁん。




あの時と、似たような泣き声で。







やはり、ずっとこうして付き纏われているんでしょうか。





「うまれてはじめての罪悪感」は一生消えることが無さそうです。






まなsakura_mana at 15:45コメント(54)トラックバック(0) 
プロフィール
紗倉まな
生年月日:
1993年3月23日21歳

サイズ:
身長:160cm
B89(F-65)/W58/H89

血液型:B型
趣味:
工場ウォッチング

特技:
測量,英語,ドイツ語

性格:
負けず嫌い、のんびり屋
livedoor プロフィール
記事検索
カテゴリ別アーカイブ