2017年07月25日

ニンテンドーSwitch 箱だけ販売の考察(メルカリ)

昨日、メルカリ関連で、ニンテンドーSwitchの箱だけ販売についての記事がありました。

Switchの「箱だけ」高額で販売 メルカリが対策、ユーザーに注意喚起



大人気の商品の箱だけを高額で販売という内容です。私自身も、ブランド品とかの箱だけを売ったことはありますが、常識的な価格でしたし、もちろん「箱だけです」と明記しました。なので、箱だけ販売に関してはトラブルはありません。ただ、今回の問題については大きく3つの点でえげつなさを感じるので書いてみたいと思います。

■それらしい値段に設定してある
まず、いかにも「本体と箱を販売しています」という値段設定がややこしさを生んだことは否定できないと思います。画像を見ると、34,000円。これなら普通は、本体の価格だろうと誰でも考えるでしょう。箱だけでこの値段だとは到底思えないからです。

■購入者の早い者勝ち心理をついている
メルカリの場合には、早い者勝ちで購入していくので、商品説明をじっくり読まずに購入手続を進めた可能性もあります。他の人に買われたら大変!という心理が強く働くと同時に、上記のような値段設定もあって、本体を売っていると勘違いをしてしまうのは当然だといえます。

■あまり読まない下の方に注意書きがある
通常、特に大切な注意書きは、商品説明の上の方に書きます。そうしないと、それを読まずに購入してしまうユーザーがいるからです。でも、今回の場合には、商品説明の下の方、しかも検索用のワードの中に紛れ込ませるように書かれています。検索用のワードが並んでいると、「あ、検索用ね」となってちゃんと読むユーザーはほぼ皆無だと思われるので、逆にそれを狙っている出品だといえます。
ちなみに、検索用のワードの羅列はメルカリの禁止行為になっています。

この件については、購入する側もかなり慎重に手続を進めなければならなかったといえますが、そもそも悪質な出品をすること自体が間違っているわけです。クレームが来ても「商品説明に書いてありますが?」と開き直ることもできてしまうし、確かに書いてあるので購入者は強く言えない部分もあるでしょう。

難しいのは、境界線かなと思います。今回は値段も値段だったし、話題の商品だったので取り上げられていますが、たぶん他にもギリギリの商品はあると思うのです。ちゃんと書いていると主張する出品者と、いやいやこれじゃわからないという購入者。落としどころを明確にしておかないと、また同じようなことが起きるのではないかと思います。

sakura_w at 10:06|PermalinkComments(0)ネットフリマ(メルカリ) 

2017年07月22日

ラクマは案外厳しい

先日、ラクマで購入した商品をキャンセルする自体になりました。購入して支払いもしたのですが、出品者からのコメントも発送もありません。何度か連絡をしましたが、それに対しても全く反応なし。ラクマにキャンセルを依頼できるタイミングになったので、即お願いをしました。

IMG_6831






























翌日には、キャンセルの手続が完了したという内容のメールがラクマから届き、これで一安心です。

ただ、メッセージの内容をみて、案外手厳しいなと思いました。というか、このくらいのペナルティは必要だと思うので、当然といえば当然です。

で、その内容は、出品者の出品物の取り下げ、新たな出品の制限です。

IMG_6839































実際、出品者のその他の商品を見ても、売り切れになっている物以外は削除されていました。いつまで制限をかけるのはわかりませんが、売る気がないのであれば、このままずっと出品できないようにしておくのも手だと思います。こういったトラブルが多発してくると、ラクマの仕事も増えるし評判が悪くなるからです。健全な取引をしようとしているユーザーがいる一方で、連絡も発送もしない出品者もいる。やっぱり、正当なペナルティは必要でしょう。



sakura_w at 15:16|PermalinkComments(0)

2017年07月19日

らくらくメルカリ便、ファミマで送れる快適さ

このところ、メルカリ カウルに出品していることもあって、らくらくメルカリ便を使うことが多くなっています。(本当は、ゆうゆうメルカリ便の方が安いけれど、ロッピー使えず)私の場合、ファミマから発送するのですが、非常に快適だなと感じたのでそのことを書きたいと思います。

私が住んでいるのが地方で車社会ということもあって、移動は基本車です。なので、発送するときも車で行くわけですが、一番気になるのが駐車場です。定形外郵便を使うときには郵便局に行きますが、実は、家から一番近い郵便局は駐車がけっこう不便なので、ちょっと離れた郵便局に行くことが多いのです。簡易郵便局なのであまり利用者が多くなく、駐車スペースも比較的広いためです。現在、ちょっと大きめの車に乗っているので、こういう点で気を使います。

一方、ファミマの場合には駐車スペースは非常に広いです。車社会の地方ならではかもしれませんが、トラックやダンプでも駐車できるほどなので、駐車場で困ることはありません。しかも大きな道路沿いだし、我が家からも一番近いのもメリットです。そんなわけで、このところメルカリに出品するときには、らくらくメルカリ便を選ぶことが多くなりました。

つまり、料金も大切ですが発送のしやすさも重要ということです。

もちろん、人ぞれぞれ環境が違うとは思うので一概には言えませんが、より快適に商品を送れる方法を選ぶことも大切だなと感じます。

sakura_w at 11:23|PermalinkComments(0)ネットフリマ(メルカリ) 

2017年07月17日

5ミリの攻防(らくらくメルカリ便)

メルカリでらくらくメルカリ便のネコポスを使うときには、厚みにちょっと注意が必要です。2.5センチなので、レターパックとかゆうパケットの3センチ感覚で梱包してしまうと、5ミリオーバーということになってしまうからです。

実は、私自身も先日ネコポスを使ったのですが、うっかりしていて3センチだと思っていたのです。そのため最初は紙袋で梱包したのですが、「あれ?」と思って確認したらやっぱり2.5センチ。3センチでギリギリの厚さだったので、2.5は無理だろうと思ってビニールの袋で梱包しなおしました。

IMG_6737


















紙袋は素材自体にそれなりの厚みがあるので、サイズギリギリのときにはビニールの袋がオススメです。とはいえ、ビニールの色とか厚みによって透けてしまうこともあるので、その点は要注意。

sakura_w at 09:39|PermalinkComments(0)ネットフリマ(メルカリ) 

2017年07月14日

ロッピー、早く復旧してくれ!

メルカリとヤフオク!が郵便局との提携によって新しい発送方法をリリースしたのもつかの間、数日後にはローソンからの発送ができなくなりました。システムトラブルらしいのですが、先月終わりに発生して、未だに復旧していません。これだけ時間がかかるのって、どれだけ甚大なトラブルなんだろうと感じます。


この間、メルカリではゆうゆうメルカリ便でゆうパケットで送るとポイントがもらえるキャンペーンをしていたりするのですが、ローソンで対応できないとけっこうキツイです。私の場合、近くに対応郵便局がないので、キャンペーンに参加することができません。。。

それに、いい加減復旧するだろうと思ってゆうゆうメルカリ便や、ヤフオク!のおてがる版を発送方法として選択していた商品でも、実際にはそれが使えない状況です。昨日も、ヤフオク!の方で落札された商品があったのですが、落札者はおてがる版(ゆうパック)を選択。なので、最初は通常のゆうパックで送ろうと思って、サイズ60に梱包しました。

IMG_6791

















が、多少ギュウギュウにはなりますが、レターパックで送れることが判明。落札者に発送方法を変更することを伝え、レターパックプラスで送ります。料金はゆうパックの方では480円ですが、レターパックに変更したので510円。差額は、私が負担します。

せっかく安い方法があっても使える郵便局が少ないし、システムが復旧する目処もたたない感じです。なので、メルカリでもヤフオク!でも郵便局の新しいサービスは設定できません。コンビニから発送できるのは便利なので、一刻も早い復旧を願いします。



sakura_w at 10:14|PermalinkComments(0)ネットフリマ(メルカリ) 

2017年07月12日

本日の梱包は楽勝。紙袋の重さ調節について

昨日メルカリで購入していただいた商品の発送準備で、朝から梱包作業をしました。先日も同じような状況だったと思いますが、本日の梱包は楽勝。ちなみに、発送方法は定形外郵便規格外です。

最初に梱包したときには、250グラムを5グラムほどオーバーしていたのですが、紙袋を使っていたので、すぐに減らすことができました。

IMG_6746


















方法は、上の部分を切り取るだけ。

IMG_6748

















実は、紙袋の上の部分は、持ち手がついていることもあって丈夫に作られています。厚手の紙が入っていたり、2重になっていたり。ということは、この部分はちょっと重さがあることになります。でも、逆に考えれば、ここを切り取ることで20グラム〜30グラム程度は減らすことができるというわけです。


IMG_6747

















結果、239グラムになりました。あとはガムテープで封をしてあて名ラベルを貼りますが、10グラム以上になることはないので、250グラム以内で送れます。料金は340円なり。



sakura_w at 09:40|PermalinkComments(0)ネットフリマ(メルカリ) 

2017年07月11日

メルカリの配送方法が、見やすくなってた

さっき、メルカリに出品をしたら、配送方法と料金が見やすくなってました。


IMG_6745































値段を比べたりするのにとても便利です。個人的には、宅急便コンパクトはほぼ使わないので、料金が曖昧。なので、これがあると、いちいち調べる必要がなくて助かります。こういったちょっとした親切さがニクいです、メルカリ。

sakura_w at 15:17|PermalinkComments(0)ネットフリマ(メルカリ) 

2017年07月10日

朝から2グラムの攻防(ヤフオク!の梱包に苦戦)

昨夜落札していただいた商品の梱包をしていたのですが、かなり苦戦しました。サイズが大きいとか重いとかではなくて、あと2グラム軽ければ送料が安くなるのに…というところで、悪戦苦闘。今回出品したのは送料を私が負担するようにしていたので、少しでも安く送るためにも梱包材を換えたりしました。ちなみに、定形外郵便で送る商品です。厚みがあるので規格外。ただ、重さによって340円になるのか、500円になるのかという微妙なところでした。


紙の袋だと重さがあるのでビニールの袋に変更です。しかも、余分なところを切り取りました。

IMG_6723

















封をしない状態でぴったり250グラム。これからガムテープで封をしてあて名ラベルを貼ることを考えると、2グラム〜3グラム軽くしたいところです。

IMG_6722

















若干、エアクッションを小さくしてみたのですが、ほぼ変わらず。しかも封をしたら251グラムになってしまいました。

IMG_6724

















まだあて名ラベルも貼っていないので、もはや250グラム未満にするのは難しいと判断しました。あと2グラム軽ければ340円で送れるのに…。



今回の梱包の工夫は、紙袋ではなくてビニールの袋を使うことでしょう。大きさによって20グラム〜50グラム違うので、きわどいときにはビニールの袋がオススメです。
あとは、重さを抑えて送料を安くしようと思っても、梱包はしっかりしないといけません。クッション材が必要ならちゃんと使うし、水濡れ対策も必要です。そういったことを怠ってしまうと、後々クレームがきたりするので、面倒です。返品なんて話になったら、せっかく落札されたのに意味がないので、送料が多少高くなっても、ちゃんとした梱包が求められます。



sakura_w at 09:20|PermalinkComments(0)ネットオークション 

2017年07月09日

ケース入りの生茶、どうやって売るかをシミュレーションしてみた

生茶、24本入りのケースをいただきました。これからの季節、水分補給とかに役立つし、冷やしていただくとけっこうなお味なので、ありがたい限りです。


IMG_6716


















早速冷蔵庫に入れようかと思ったのですが、ここでふと思うわけです。

もし売るとしたら、どうやる??

もはや職業病としか言いようがないのですが、ちょっと考えてみました。ポイントは4つです。

■値段
今回はメルカリとヤフオク!で見ていきますが、メルカリの方はケース売りが見あたりません。過去に買われて、削除されてたのかもしれませんが、今現在はお茶そのものではなくて、バーコートが出品されていました。キャンペーンの応募券です。

ヤフオク!には出品されていて、送料込みで2500円前後。送料別だと1800円〜2,000円くらいです。だいたい1本100円前後での取引という感じです。

■賞味期限
いくらペットボトル飲料といっても賞味期限は気になります。最初の段階では箱を開けるつもりがなかったのでどうやって確認するのか悩みました。ケースを見ると数字が書かれていて、恐らくこれが賞味期限関連の情報だと思いますが、不確かです。なので、箱を開けることにしました。

出品するときには、「賞味期限確認のため、一度箱を開けました」と書いておけば問題ありません。

賞味期限を確認したところ、やはりケースに書かれている最初の数字が賞味期限だと判明。今回の場合、2018年1月20日ということになります。

IMG_6717

















■梱包
先ほど、箱を開けるつもりがないと書いたのですが、それは、このままの状態でラベルを貼って送ろうと思ったからです。余計な梱包はしません。もちろん、商品説明に「特別梱包はしないで、ケースに直接ラベルを貼って送ります」と書いておきます。

■発送方法
今回の出品物で最もポイントになるのが発送方法だと思います。大きさがあり、加えて重さもあります。方法によっては思いのほか送料が高くなることもあるので、比較検討が必要になってきます。

<メルカリの場合>
メルカリではらくらくメルカリ便かゆうゆうメルカリ便のどちらかになってきます。全国一律なので、出品するときに送料がわかるので安心感があるからです。らくらくメルカリ便は、サイズと重さによって送料が異なります。今回は大きさをはかると90センチ、重さは15キロ未満でした。ということは重さの方で120サイズになり、送料は1000円です。

ゆうゆうメルカリ便はどうかというと、重さは関係ないので100サイズで送れます。送料は900円。100円安いことになりますが、ただ、現在ローソンで送れないのでけっこう問題です。私の場合、近くに対応郵便局がなくて…。復旧すればゆうゆうメルカリ便の900円で送ります。

<ヤフオク!の場合>
ヤフオク!にはおてがる版がありますけど、上記のようにローソンからの発送ができません。それに、メルカリとは違って全国一律の料金でないので、出品者としては送料無料にするのは難しいです。少なくとも、私は送料無料にはしません。もし沖縄とか北海道の方が落札したら、1520円もかかるからです。なのでスタート価格を安めに設定して、買う側に判断していただく形をとります。


という感じに、出品するとしたら?を考えてみました。実際に出品はしませんけど、こうやって考えていくとけっこうおもしろいかなと感じます。


sakura_w at 08:57|PermalinkComments(0)ネットオークション | ネットフリマ(メルカリ)

2017年07月07日

ヤフオク!の写真掲載がドラッグ&ドロップ可能になった(パソコンから)

さっき、ヤフオク!に出品しようと思っていつものようにタイトルとか商品説明を入力していたのですが、写真掲載のところで「ん?」となりました。

ドラッグ&ドロップが使えるようになったのです!

57











ずっとファイルから取り込むやり方だったので、もっと楽にならないかなと思っていた私。とうとう、できるようになりました。ドラッグ&ドロップ。


私は自宅で作業をするのがほとんどなので、パソコンから出品をします。なので、写真を動かすだけで掲載できるのはホントに楽。ヤフオク!もユーザーの使いやすさとかちゃんと考えてくれているんだなと、嬉しくなりました。ありがとう、ヤフオク!

sakura_w at 10:24|PermalinkComments(0)ネットオークション 

2017年07月06日

メルカリ カウルで本を出品してみた

メルカリの姉妹アプリである「メルカリ カウル」で本を出品してみました。今、バーコード出品キャンペーンをしていて、最大3,000ポイントがもらえるからです。定価未満で出品すれば、新作は40円分、新作以外は20円分のポイントゲットになります。これはやるしかないでしょう。

で、早速出品したので、やり方をざっと説明したいと思います。今回は、私の著書をサンプルにします。(出品はしません)まずは「出品」をタッチします。

IMG_6670
































そうするとバーコードを読み取る画面になるので、読み込ませます。何冊かやったのですが、時間がかかる本とすぐに読み込む本がありました。この違いって何??

IMG_6672































バーコードから商品情報がわかるので、タイトルや売れやすい価格まで教えてくれます。価格や商品の状態は変更可能。

IMG_6673






























実際の本の状態は、写真を撮って説明します。

IMG_6674































メルカリ カウルに表示されるのは本の表紙の画像なので、ダメージがわかりません。なので、出品物の写真を撮ることで汚れとか傷、書き込みなどを伝えるわけです。もちろん、商品説明も書きます。

すでに何冊か出品をしていますが、作業自体はとても楽だと感じました。何が楽かというと、タイトルを入力しなくていい点です。本のタイトルって長いし、英語表記をすることもあるので、けっこう面倒だなと感じます。特に私はタブレットでの入力が苦手なので、それをしなくていいというのは出品のハードルがほぼなくなります。なので、今の段階では特に不都合なく利用できているかなと思います。









sakura_w at 14:23|PermalinkComments(0)ネットフリマ(メルカリ) 

2017年07月05日

ヤフオク!で、おてがる版ではなくて、はこブーンで発送

昨日、はこブーンで商品を発送しました。この前ブログで書いたように、最後の発送となりそうです。すでに出品するときには、はこブーンの選択ができないようになっていたので、落札者の方に「おてがる版」を選んでいただいて、実際には違う方法で送るようにしました。送料が200円違うので、お互いに納得した上での変更です。

取引ナビ上ではおてがる版で進めるようになっていて、画面上では変更はできないようです。送料を連絡する段階でも、おてがる版のゆうパックでの計算になってしまったので、とりあえずその金額で落札者に連絡をしました。そして、メッセージで「おてがる版の送料になっていますが、決済時にはこブーンの送料に変更してください」とお願いし、無事に変更された金額でのお支払いをいただきました。

ここでちょっと不安になったのは、おてがる版が新しいサービスなので「発送しました」の通知を手動でできないのでは?ということです。もし順番通りに進まないとちゃんと入金されないとかだったら面倒だなと。でも、これに関しては問題ありませんでした。Yahoo!かんたん決済の方で、しっかり売上になっていましたし、発送の通知もできました。

今回、はこブーンを使っているのでファミマで発送をしますが、おてがる版ではないので、自動的に発送連絡はされません。じゃ、どこから?


実は、画面上の赤で囲った部分から、落札者に連絡ができます。

02
















問い合わせ番号や問い合わせ先なども入力できて、いつものように進めることができるというわけです。

14















発送連絡に関しては問題ありませんが、おてがる版から変更するときには、決済の金額(送料)の変更などがあります。これは落札者が行うので、出品者が気をつけることは、金額を正確に伝えることです。今回の場合、私が連絡をしたのは「780円から597円への変更」です。当然、「おてがる版での送料になっているので、変更をしてください」ということも伝えました。そうしないと、相手は「え?送料高いじゃん」ってなる可能性があるからです。

そういったやり取りはちょっと面倒かもしれませんが、私は嫌いではないです。だからこそ、ずっと続けているのだと思います。これはメルカリにも通ずるものがあって、メルカリの方こそやり取りが多いと感じます。今日もやり取りをしていますが、やっぱり相手のことを考えると、連絡がないのは不安だし。そんな理由でメッセージとかコメントをしています。


sakura_w at 10:48|PermalinkComments(0)ネットオークション 

2017年07月03日

はこブーン、これで最後かもしれない

はこブーンの配送申し込みが、今月の10日で終わりになります。個人的にかなりヘビーに利用していたので、このサービスが休止(事実上の廃止)になるのはすごく残念だし、不便さを感じてしまうと思います。サイズが大きくても軽ければ安く送れるというシステムは、ゆうパックや宅急便よりも利便性が高く、不用品を送る際には出品者にとっても落札者にとってもありがたいものでした。


配送申し込みの終了を前にして、ヤフオク!では「はこブーン」の選択肢が消えています。もし使うのであれば、他の方法を表示しておいて、商品説明にはこブーンでも送れることを書き、落札者との相談で利用するかどうかを決めるようになります。当然、申し込み締め切りまでに支払いが済んでいないといけないので、今の時点で出品するとギリギリかもしれません。


そんな中、私の方では「はこブーンはこれで最後だろう」と思われる商品が落札されました。

IMG_6633

















サイズは大きいのですが、2キログラム未満なのではこブーンが一番安い方法です。落札者とのやり取りで発送方法を決めて、現在支払い待ち。決済が済んだら手続に入ります。

実は今日も1個はこブーンで送ったのですが、同じ都道府県だったために送料は494円。定形外郵便だと500円になってしまう物なので、やっぱり送料の安さを感じました。

ヤフオク!では「おてがる版」として新しい発送方法を用意しましたが、サイズによって送料が決まります。そのため重さがポイントになる、はこブーンのメリットはありません。ちょっと重いものならはこブーンだな!と思って使い続けてきた私にとって、使えなくなる状況は大きなダメージになるような気がします。恐らく、多くのユーザーも感じていることでしょうから、はこブーンのシステムを取り入れた発送方法をリリースしてください!と切に願います。



sakura_w at 15:05|PermalinkComments(0)ネットオークション 

2017年07月01日

宅急便コンパクトのサイズ感(メルカリ ヤフオク!)

先日、メルカリで購入した物が、宅急便コンパクトで送られてきました。これまでけっこう色々な物を買っていますが、宅急便コンパクトは初めてのような気がします。私自身も、これを使って送ったことはありません。何せ箱代65円かかるし、送料も思ったほど安くないと感じていたからです。

でも、ここ最近は定形外郵便の値上げとか、ゆうゆうメルカリ便、ヤフオク!の「おてがる版」など発送方法が豊富になってきて、料金を比較する段階では宅急便コンパクトも視野に入りそうな予感です。

そもそも宅急便コンパクトとは何か?という話になりますが、ヤマト運輸のサービスのひとつで、ネコポスよりも大きく、宅急便よりも小さい荷物を送るときに便利な方法です。料金は送り先によって変化するので全国一律ではありません。たとえば関東→関東であれば594円で、若干高いなという印象です。でも、持込み割引によって100円安くなったり、ヤマトの営業所で送り状を作るなどをすると、さらに安くなります。ただ、どちらかというとコンビニに持ち込むかなと思うので、100円の割引の予感です、私の場合。

送れる荷物のサイズは、専用のボックスに入る物です。25センチ×20センチ、高さ5センチまでです。厚みが5センチまで対応するということは、レターパックライトとかクリックポスト、定形外郵便の規格である3センチよりも2センチ長いので、けっこう色々な物が入るかもしれません。3センチの壁ってけっこう厚くて、もうちょっと薄ければ…と思うこともしばしばだからです。

ただ、サイズを数字で言われてもよくわからないなと感じることも多くて、そんなわけで定形外郵便の規格内サイズのグッズを作ったりしたわけですが、今回の宅急便コンパクトも例外ではありません。「これ、ボックスに入るのかな」と判断が難しいときもあるはずです。そんなときに役立つのが、使用済みのボックスです。

IMG_6546


















空き箱をそのまま使えば、サイズ感はばっちりです。これに入ればいいわけだし。思わぬところで、ボックスが手に入って何気にラッキーだなと思いました。こういったサイズが明確な空き箱は保管しておくと、後々使えるはずです。宅急便の60サイズ、80サイズの箱とかもあるととっても便利なので、もし送られてきたら保管をオススメします。




sakura_w at 11:32|PermalinkComments(0)

2017年06月30日

物を一瞬で現金化できるCASHというアプリがあるそうです

Yahoo!ニュースを見ていたら、なんだか気になる記事がありました。

「目の前のアイテムが一瞬でキャッシュ(現金)に……」アプリCASHが物議


目の前の物を一瞬で現金化できる??

どういうことだろうと思って読んでみて最初に思ったのは、ZOZOTOWNのツケ払いみたいだということでした。基本的には、相手との信頼というか性善説が前提にあるわけですが、もしそうでなかったらどうなるのかなと。ZOZOTOWNの場合、ツケ払いができない人がけっこういるというニュースもあったくらいなので、CASHもそれに似た事態にならないとも限りません。


ヤフオク!やメルカリなどで不用品を売っている私としては、商品が査定したときの状態でなくなったときのことを考えてしまいます。たとえば、汚れたり壊れたりした場合です。ヤフオク!やメルカリでは出品したときの状態を保つのは基本中の基本で、それができないと再出品とか面倒なことになるし、価格も下げることになります。だからこそ、ちゃんと保管をしていますが、今回の場合、本当はちゃんと物を送ろうと思っていたのに、送れない。あるいは、査定金額ほどの価値がなくなってしまったら、差額分は??

私自身、的外れな部分を懸念しているような気がしないでもないですし、実際にまだ2ヶ月たっていないということでどれほどの人が利用して、ちゃんと物を送ったりお金を返すのかわかりません。この辺りは未知数です。もしかしたら、ものすごい革命的なアプリかもしれませんし、そうでないかもしれません。きっと2ヶ月後に良い悪いは別として何らかのニュースになっていると思うので、それを待とうと思います。


sakura_w at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月29日

ヤフオク!の「おてがる版」、残念感漂う

先日、メルカリが郵便局との提携によって「ゆうゆうメルカリ便」をリリースしました。それに引き続き、ヤフオク!でも「おてがる版」としてゆうパケットとゆうパックが使えるようになったわけですが、内容を見てちょっとがっかり。辛口ですみません。でも、言わせていただきます。中途半端感が拭いきれません。

53














ヤフオク!はフリマ出品もあってメルカリをガンガン意識しているのは明白なので、今回もメルカリとの比較になりますが、まずはゆうパケットの料金。メルカリは175円、ヤフオク!は205円。30円の違いがあります。メルカリは基本的に出品者が送料を負担し、ヤフオク!は落札者負担が多いという感覚の違いがあるかもしれませんが、いずれにせよ高いです。特に200円を超えてしまうのは、気持ち的にもちょっと…。仮に198円だったら、ここまで「うっ!」とは思わなかったかもしれません。

次にゆうパックを見ると、実はこちらの方が残念度は高いです。最初見たときには、「もしかして!」と思ったわけです。何にそう思ったのかというと、全国一律の料金だったら嬉しい!ということにです。メルカリの方はサイズに規制があるにせよ、全国一律の料金です。でも、ヤフオク!の方は、サイズと送り先との距離によって料金が変わります。

料金が全国一律か、そうでないかは非常に重要なポイントです。出品する側も、買う側も。安心感が違うというか、誰が買っても送料は同じということは、出品するときのスタート価格決定にも影響します。買う側も、出品者がどこに住んでいてもいいわけなので、送料云々で戸惑いがなくなるわけです。

もちろん、近場なら60サイズで480円という安さは魅力です。メルカリ便よりも安い価格なので、利用する価値はあるでしょう。一方で、それ以外の料金体制になってくると、やっぱり高いです。

ただし、考慮すべきはシステム手数料がTポイントで戻ってくるという点です。落札されたらしっかり引かれていますが、後で9%分は戻ってくるので、それを考えるとヤフオク!に出品した方がお得だと思います。メルカリは基本10%とられてしまうので。私の場合、Yahoo!ショッピングで買い物をするしヤフオク!で落札するのでTポイントで戻ってきても問題ないこともあって、ヤフオク!にも出品をしています。

どちらがお得なのか?という点では、そもそも会員費云々とかも絡んでくるので、一概には言えない部分かもしれません。Tポイントを使わない人にとっては、メルカリの方がいいってことになるかもしれませんし。ちなみに、出品の手間はメルカリもヤフオク!も大差ありません。

今回はヤフオク!の「おてがる版」について書いたのですが、もしかしたら今後料金改正とかあるかもしれません。とりあえずは、今のシステムで発送をしていくことになります。まだ「おてがる版」は使っていないので、使ってみたらまた書きたいと思います。

sakura_w at 11:53|PermalinkComments(0)

2017年06月28日

梅雨時期の発送。サランラップで防水しちゃおう

梅雨に入って、いつ雨が降ってもおかしくない状況の今、メルカリやヤフオク!の商品を送るときには、水濡れ対策は必須です。紙でできている商品はもちろんですが、洋服や雑貨なども、いつも以上にしっかりと対策とっておく必要があります。先日も、メルカリの購入者から「雨が降りますので、防水お願いします!」とコメントがきたので、気にする人は本当に気にするのだと思います。反面、出品者としてもしっかりと対策をとって、無事に商品が届くようにしないといけません。

水濡れ対策としては、ビニールの袋に入れるのが一番楽で簡単な方法です。私の場合、しまむらの袋を再利用することがけっこうあります。ビニールだし、大きさも丁度いいからです。ユニクロも比較的使いやすくていいのですが、しまむらと比べて若干ビニールが厚手です。なので、一番最初に商品を入れるというよりは、外側の袋として使うことが多いと自分では感じています。

さて、大物の防水は袋に入れればいいのですが、小物の場合、袋のサイズが合わないこともあります。たとえばカード類です。商品自体は定型郵便で送れるサイズなので、無駄に大きくしてしまうと、料金が高くなってしまいます。なので、できるだけジャストサイズで防水したいわけです。そこで使うのが、ラップです。

IMG_6547



















商品をラップで包んでしまえば、サイズが合わないということもありません。重さも厚みもほぼないので、料金も上がらないので、非常に便利な梱包グッズなのです。ラップはどのご家庭にもあるものだと思うので、わざわざ買う必要もなく余計なお金を使わずにすむというのもメリットです。これからの季節、梱包にはちょっとした工夫が必要になりますが、発想しだいでとっても楽に送れてしまうというわけです。








sakura_w at 09:49|PermalinkComments(0)ネットオークション | ネットフリマ(メルカリ)

2017年06月27日

ゆうゆうメルカリ便を、なんとしても使いたい。けど…。

現在、メルカリでは、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットを使うと、25ポイントが戻ってくるというキャンペーンをしています。7月25日までなで、時間的には余裕があります。この先、ガンガン使いたいと思っている私ですが、キャンペーン前に3つ送ってしまっていて…。75ポイントもらい損ねました(泣)


00













しかも、今は出品するとくじ引きができるキャンペーンもしているので、なんだかキャンペーン三昧な様子です。出品者としては嬉しいし、いつも以上に出品する物を探す目つきが変わっているような気が自分でもします。現在のベストは、出品をしてくじを引き、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットで送ることなので、今日も3つ出品したのですが、サイズが微妙…。ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットがギリギリ使えるかどうかという商品もあります。

自作のグッズではエアクッションに包んだ状態でちょっと強引に通せるくらいでした。もともと定形外郵便に対応させるために作ったものですが、ゆうパケットも定形外郵便も厚み3センチがボーダーラインなので、両方に使えてしまいます。(非常に便利、作って良かったです)

IMG_6541































外側を梱包すると、厳しいかもしれません。だったらエアクッションをやめればという話になるのですが、商品にダメージがあるとまずいので、クッション材は外せません。そうなると、メルカリ便のゆうパケットは使なさそうなので、ゆうパック(600円)か?と思う反面、レターパックプラス(510円)の方が安いぞと考えたりもします。料金とか便利さ、ポイントバックとか複雑に絡んでくるので、発送方法で悩むことが多くなるかもしれないなと強く感じます。

ただ、大切なのは商品を安全に届けてもらうことなので、送料節約で雑に梱包したりすると後で面倒なことになります。そのあたりは、多少高くてもクレームがないようにした方が気持ち的にもいいと思います。







sakura_w at 10:53|PermalinkComments(0)ネットフリマ(メルカリ) 

2017年06月26日

メルカリのクーポンとかポイントの主婦的使い道

現在、メルカリでは出品するとくじ引きができることもあって、毎日出品をしています。なぜ、一度に出品をしないのかというと、くじ引きが1日3回までだから。どうせ出品するなら、くじ引きができた方がいいので、あえて数日にわけています。自分でも、なかなかセコいことをしているなと感じますが、メルカリで150ポイントはけっこう大きいので、明日もやります。

IMG_6533
































で、先日メルカリで購入をしたら、5%オフのクーポンがもらえました。全員がもらえるわけではないのでしょうけれど、購入の感謝のしるしみたいな感じです。有効期限は今月いっぱい。くじ引きのポイントも期限があるので、早めに使わないといけません。

そうなると問題になるのが「何を買うか?」です。

いくらクーポンで5%オフになって、ポイントもあるからといって、特別な物を買うのは気が引けます。結局、売上金から多少なり足さないと買えないし、そもそもものすごく必要な物でない限り、高いモノを買おうとも思いません。食べ物にしようかとも考えたのですが、地元のスーパーで買った方が安いし…。

娘にクーポンがあることを言うと、スクイーズってヤツを一生懸命検索してました。当然ながら、母としてはそれを買うわけにはいきません。あとは、お弁当にも使えるサーモスのスープジャーも候補になったのですが、一度試してみてから買おうかなと。妹が持っているので、とりあえず借りて試してみてからに決定。

そんな感じに悩んだあげく、やっぱり日常的に使うもの、いずれ買うことになるものにしました。娘の洗顔フォームです。毎日使うものだし、なくなれば買うことになるので、無駄にはなりません。もちろん娘には

ね〜、今使ってる洗顔、ちょうしいい?これからも使う?

と確認しましたけど。幸いお気に入りのようで、しばらくは使うそうです。


そういった諸々の判断材料があって、やっと購入しました。5%オフのクーポン、400ポイントを使って。我ながら、主婦的というか、ケチというか、もっと違う物を買えばいいのにって思いますけど、やっぱり買えない私でした。






sakura_w at 13:41|PermalinkComments(0)ネットフリマ(メルカリ) 

2017年06月24日

ゆうゆうメルカリ便の匿名配送、実は完全ではない

昨日、ゆうゆうメルカリ便で発送をしてみました。近くの郵便局は対応していなかったので、ローソンにて。リリースされて間もないので、店員さんも少々戸惑いぎみでしたが、無事に手続完了です。

で、控えをもらったときに「あれ?」と思ったことが…。

送り先の都道府県が表示されているのです。郵便番号の下2桁は*マークになっているのですが、詳しくはわかりません。郵便番号がある程度わかると、都道府県も見えてくるので、だったら公開してしまおうということで記載されているのかもしれません。

IMG_6519

















らくらくメルカリ便では、郵便番号も都道府県も記載されないので、この辺りの「匿名性」の扱いがヤマト運輸と郵便局ではちょっと違うのかもしれません。









sakura_w at 09:31|PermalinkComments(0)ネットフリマ(メルカリ)