佐倉葉ウェブ文化研究室の作業報告書

佐倉葉ウェブ文化研究室(旧:WebsiteMAP βVersion)』の作業日記。
こんなのを書いてます↓
個人ニュースサイト史」「テキストサイトの歴史」「登録型ウェブ日記リンク集の動乱
自己顕示欲充足システムに飲み込まれる登山者と事故の危険性 ~インターネットの普及による山行への影響について『ヤマレコ』を事例にして~


ウェブログに見る日米個人サイトコミュニティ事情

Grip Blog

あい's EYE

Grip 報道メディア設立 企画書(公開用)

自民党が“ブロガー記者会見”

民主党本部で食べたりしゃべったりしたことを淡々と記録してくるよ

泉あいさんに渡した「みんなのニュース」案の全文と解説

対極にあるジャーナリストとブロガー
 「ジャーナリスト」は、自分が絶対的に正義という立場からものを言う。自分は社会正義を実現するための社会の木鐸であり、悪を追及し、悪事を暴き、疑惑を暴くのがジャーナリストとしての立場である。だから、いかなる陣営にも買収されるようなことがあってはならない。

 しかし、「ブロガー」はそうではない。ジャーナリストではないライターにもそういう要素はあるが、自分が正義なのではなく、「世間はどうか知らないが自分はこう思う」を主張するだけなのである。それが「正しい」かどうかは別である。自分の立場からはこう発言するが、判断は読者にお任せします、それがブロガーである。

 つまり、ジャーナリストは自分が正しいという主張である。「市民」や「パブリック」を冠するジャーナリズム系ブログが多いが、これは民主主義的な「正義」(つまり、大衆の意見こそが正しく、政府はそれを聴け、という正義感)のあらわれに他ならないと思われる。

 一方、ブロガーは自分の考え、あるいは体験したことをとにかく表現する。

 「正義」という立場から発言することと、「自分の視点」という立場から表現すること、この二つには大きな違いがある。
 かつてブロゴスフィア(ブログ界)と呼ばれたものは、今なら「Web 2.0型言論界」とでも言うべきであろうか。これが新しいジャーナリズムを生み出すという期待は以前にもあったし、今もそのように考えている人は多いだろう。

 しかし、その「新しいジャーナリズム」は、今までの「ジャーナリズム」とは違うものになるはずだ、ということを見落としている人が多いように思われる。

 ブロゴスフィアは多くの人たちのブログでの意見が議論を生み、多くのブログで扱われることによって、新たな世論や見解を生み出していくものと期待された。実際には有益な議論よりも「炎上」が目立つようだが、それはさておき、Web 2.0型の意見交換は、あくまでも「それぞれの人の視点」で語られた「それぞれの意見」を集約したものである。

 一方、旧来型のジャーナリズムはそうではない。そこには「ジャーナリストが正義と考える見方や"事実"」が前提として存在している。いわば一方的に見解を伝えるのでなければ、ジャーナリストは自らの立場を貫けなくなってしまう。単なる事実誤認の訂正であればまだしも、ブログのコメントやトラックバックで自分の主張する正義をコロコロ変えていては、ジャーナリストにはなれない。

 あるいは、ジャーナリストは、世論が見逃している事実を突き止めるところに意味があるとも考える。Web 2.0は世論の集大成であるが、そこで見逃される事実を掘り起こすジャーナリストは、世論に埋もれていてはいけない。

 ここでWeb2.0とそれ以前のスタイル、言い換えれば「双方向」と「一方向」の情報発信の違いについて、私は決して優劣を論じるつもりはない。むしろ、目的に応じて使い分けるべきだと思っている。たとえばウェブマーケティングにおいて、双方向のクチコミサイトと、メーカーの一方的プレスリリースは、両方が必要なのであって、一方だけがよいとか悪いといったものではない。それぞれ特質・性質の違いがあるということである。

 ジャーナリズムは一方的である。ブロゴスフィアは双方向的である。だから、

泉あいさんに渡した「みんなのニュース」案の全文と解説 [絵文録ことのは]2006/12/09
 双方向型のジャーナリズムを志向する泉さんに対して、私は、ジャーナリズムそのものを双方向型にすることはよくないと考えた。だから、ニュースサイト全体は「双方向」的なものであっても、必ず「一方的部分」、つまり記者による独自取材記事発信を行なうように提案したわけである。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

 先々週に公開した「Flash動画史」ですが、沢山のアクセスがありました。今の時代にウェブ1.0時代の内容で、正直ここまで見てもらえるとは思っていませんでした。作ってよかったという感じですね。

 さて、これからの予定です。

 まず行うのは「個人サイトを中心としたインターネットの歴史(1984年~2003年)」のリニューアル。このページは2007年に制作して2008年に更新したのが最後。だから15年前!。更新していない理由は、このページはボツ扱いだったからです。
 このページは、まだサイトにコンテンツが少なくて、年表くらいしか無かった頃に作った物。"ウェブ上で起きた事を年表ほど細かくない形式で広くサラッと紹介したページを作ってみました"、という物でした。
 その後「テキストサイトの歴史」「個人ニュースサイト史」と作っていったので、このページはボツにしました。でも未だにアクセスがあるんですよねえ。たまにリンク貼られますし。だからこのページを作り直そうかなと。
 ただ、作業は結構大変なんですよね。このページはHTML5化していない。スマホで見たらレイアウトが崩れてて見れたもんじゃない。だからHTML5化+レスポンシブウェブデザインへの変更から始めないといけない。これがめんどい。
 あと、内容がね。作ったのは15年前。まだ知識量が少ない頃に作ったページですから色々イマイチで。だから全面書き直しになるでしょう。でもコンセプトは変えない予定でいます。つまりウェブ上で起きた事を年表ほど細かくない形式で広くサラッと紹介したページ。

 次に、「個人サイトが多めなインターネットの歴史年表」の更新。これは項目追加を少し行うだけ。一日で終わる作業。

 あと、ウェブ文化とは全然関係のない、かつ大したことのないサイトを一つ作ろうと思っています。WordPressを最近少し勉強したので試しにサイトを構築してみようと。ただ、ハンドルネームSakuraba(佐倉葉)としての制作ではないかもしれないので、ブログやTwitterでのお知らせはしないかもしれません。

 で、大型ページの制作は再来年かな。ネタはほぼ決めましたがまだ秘密です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 宣言通り、Flash動画史を公開しました。


 公開したのは昨日。Twitterで告知したので、ブログでの告知は一日遅れ。Twitterで告知するとブログで書くことなくなっちゃうんだよね。で、こちらでは何を書こうかなと思い。

■https://twitter.com/underdefinition/status/1680431377089699841

佐倉葉さんの「FLASH動画史」の良いところは、当時"仲良しフラッシュ板村"を構成していた職人さんやFLASHニュースサイトの人達の多くはその後それぞれの理由で口を開かず、Fla板民の私怨にまみれた散発的な書き込みしかなかったMUZOの功罪を、きっちり資料積み上げて総括されたところだと思います。


 FLASH紅白・MUZOの運営陣についての評価やイベントの盛衰を書けたのは私だからですね。当時のFlash界隈にいたメインどころの職人や動画を紹介していたサイトの人なら書けないと思う。特に、イベントに出て相手と面識があったり、少しでも仕事の繋がりを持った事のある人はまず遠慮して書かないでしょう。

 ここを気にしなくていいのが私の強み。

 実はこれ、私は普段から意識して活動していて。私のウェブ活動は昔から完全な一本独鈷。どこかの界隈にいるわけではない。そして、私のTwitterのつぶやきを見ればわかるけど、フォロワーの多い人やかつての有名ハンドルネームにへりくだったり、彼らからおこぼれをもらうようなツイートや活動は一切しない。また、ウェブ文化史を書く事で直接的にも間接的にも仕事や金銭授受が発生しない。

 だから、他人の顔をうかがわなくてすみ、自分が書くべきだと判断した事を書ける。これが私のウェブ文化史を書く上での強みですね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ