劇団さくら文鳥

   趣味ブログ٩( 'ω' )و

協力プレイとソロプレイのゴールシーン第五弾

ゴール後のパフォーマンスのやり方がイマイチわかってないのでウロウロしてます・・・w

WS029347









ハローハロー









WS029355
でもアイツのお腹って

カブトムシの裏側みたいになってますよ・・・?

WS029359
所属しているLSマスターを発見(′∀`)

WS029360
チーフはお札のベッドに寝てますからね

WS029361
'`,、'`,、(´ω`) '`,、'`,、

WS029362
猛省してくださいね・・・

WS029364
福田メロンと間違えた('A`)

あの野郎、時々詳しいからめんどくさい・・・。

WS029366
ヒール量が上がるならわかるけど・・・


続きを読む


弾いていて気持ちが乗るギターって基本的に私は安い方のギターなんです。

安い男なんです。

どういうわけなのか分からないですけど、とにかく良いなって思う。

それでいざ録音してみると音のレンジが浅いんですよ・・・。

それでやっぱり高い方のギターは深みがあるんです。

IMG_4231
シーガルは指で弾くとボディ全体が振動して響いてる感覚もあるし、

耳に入ってくる音は癖のない純朴な木の音がする。

どの音域でも出しゃばることがなくて、これぞアコギという音。

なのに録音を聞くとやっすいギターの音なんですよ。

あれ〜?

IMG_4290
LL-TAは全面ポリ塗装でこのモデルはLLシリーズの実売8万円ランクのアコギなのですが、

ピックでジャカジャカするととにかく元気が良い。

ただ弱く感情的な音にしたくても勢いよく出てしまうという感じはあります。

でもこのストロークした時の元気の良さは持ってる中で1番だと思う。

しかし録音を聞いてみると全然が付くほどにチープな音になってる。

IMG_4289
一番駄目っぽく感じるJ-45が一番アコギっぽい音を出すんです

それにLJ36AREも同様に録音するとレンジの広さを痛感する。

ギターって抱えて弾くわけですけど、基本的に自分の耳に届いてる音と、

弾いてもらって正面で聞く音と違うんですよね。

つまり録音なんてしないし、人前で弾かないっていうのなら安いので良いってことね。

↑このページのトップヘ