2008年04月

2008年04月24日

春は新作?




5e5e1891.jpgアナスタシアと食用チューリップ  
 なんとなく縁取りが黒いピザって感じで写っていますが、なんと生地になっているのはピーマンです。しかも黒ピーマン。その名をアナスタシアブラック! 
 通常のピーマンに比べてアントシアニン(ポリフェノール)が多い、どこかからかしっかりピーマンの味が追っかけてくるのだけど、緑に比べると子供達には食べやすい味かもしれない。手前の赤いカルパッチョ風に仕立ててあるのが、アナスタシアレッドといって、通常のピーマンよりもリコピンが多い、味はパプリカに似てピーマンの味もありという、、、説明が難しい味わい。真ん中にこんもりと盛られて写っているのがアナスタシアグリーンと。少々淡いグリーンですがしっかりピーマンの味で通常のピーマンよりもビタミンCが多い、、、らしい。
  まぁ、ストレスの多い現代社会を乗り切るにはこの3色のアナスタシアは必要でしょう。7d7d2a49.jpg どれも食べてみましたが一番に美味しかったのはアナスタシアレッドのピュレをいれたシャンパン。なんと5杯もお変わりしてしまいました。
 アンチエイジングのDr.澤井氏(神戸クリニック)が栄養の解説、台湾出身と仰っていましたがとっても気のつく良い先生。最近ね、こういう集まりに行くと椅子に深々と座って偉そうにしているDr.が多いというのに、列席者に料理を取り分けてあげたり、シャンパンを運んで下さったり、、、主催者よりも気遣いをしてくれる先生でした。 先生、お疲れ様でした、ありがとう!
 このアナスタシアという3色のピーマン達はこれから旬を迎えるそうで、まだ、店頭に出しているスーパーは少ないようですが、これから夏にかけてドンドン出荷されるそうです。まずは生でかじる!?いえ、サラダにしてみては如何でしょう。加熱するよりは栄養の損失が少なくて、特に夏に向かってドンドン紫外線の害が増えてしまいますから、ちょっと気にして食べたい食材。アナスタシア(ロシア人名)、文中にたくさん書きましたが覚えました〜?
       ab72d867.jpg           さて、この真っ赤なチューリップ。実は食用です。花びらもおしべもめしべも食べられるのです。たまたま今月はイタリアンをお教えしたのでカルパッチョに添えて生徒さん達に召し上がって頂きました。
 チコリの苦味を抜いた食感と味、といえばわかるでしょうか!? すっごく美味しいとは言えませんが、サラダやカルパッチョなど冷たい料理の彩りには面白いと思います。
 そうそう、20日にフジテレビの収録をして来ました。放送日はまだ決まっていませんが、「スーパーニュース」の中の5時台のコーナーです。
最近、食品の安全が問われて安心して食べられるものを手早く食卓に、というので、なんと3人の達人がそれぞれ5分間で3品作るというもの。関西のテレビチャンピオン出身の料理研究家さん(チャンピオンになられた時、なんと私が番組の構成に入って指導をしていたので顔見知りなの)と若手和食の板前さん、と私。関西の研究家さんは5分で出来る家庭的な料理フランス風で楽々5分で仕上げ。さすが3分料理選手権の覇者! 和食の板前さんは鰹のタタキなど簡単に出来るけど余所行き風和食。 で、なぜか私が家庭でよく残るメニューを使っての3品。
 リハーサルを2回させて頂いたのですが、私は馬鹿ですねぇ、手間のかかるメニューばかり提案してしまっていて、他の方のように切るだけとかミキサーで混ぜるだけとかが1品もない。 1回目は6分40秒、2回目のリハはしゃべり入りで7分20秒、、、担当ディレクターが心配そうに「先生、4つ盛を2つ盛にしていいですよ」「何か変えられる手順はありますか?」って。 私ね、こう見えて、けっこう強気なの、って、見たまんまでしょうか? 2分くらいなんとかなる、簡単な料理ばかり作っても焦っている姿がないと視聴者がつまんない、、、5分休憩を頂いて、今年初めて知恵を絞ったかなぁ。なんと、本番では4分45秒!!!  なせばなる、でした。
が、放送はきっと髪を振り乱し、手先は小麦粉で赤頭巾ちゃんの狼の手してるかもぉ、、、。放送日が決まったら、すぐにお知らせしますね!!
 



sakuraho at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レシピ 

2008年04月14日

桜とのお別れ


be923d11.jpg桜が散って  
川面に出来た花筏。
地上20階から見ているとまるでピンク色の絵の具を流したようで、思わずシャメしてしまいました。江戸川公園から市谷の土手から、、、あっちこっちの川沿いの桜、街路樹の桜が風に乗って川面に落ち、わんさかわんさか神田川に流れこんで来て、この写真は朝の風景なのですがこの夜には川面を埋め尽くしてしまいました。
 先月下旬から花が大好きな母が上京していたので、今年の桜はいつもよりたくさん愛でる事が出来ました。今月76歳になった母は年齢的にも膝や腰の痛みを抱え、歩行が困難なのに、筋肉を落としてはいけないとお医者様の言いつけを守って運動を欠かさず、トボトボながら桜を見にお散歩。桜並木が近くにあったことを感謝しました。
 母は私の作るケーキが大好きで中でもシフォンケーキにぞっこんで、「ふわふわとシコシコっとした感触が忘れられない」らしくて、以前、ケーキ屋さんに頼んだらしいのね、でも、少しパサパサしてふんわり感がなくて、甘いだけだからと市販のケーキは食べなくなってしまって、何気に催促入ったのだけどほんの少し残っていた(そう、先日のまるでアワビがのっかったような桜のケーキやバナナケーキ)をまずはこれを平らげてからと午後のティータイムに出したら、とんでもなく気に入ってしまって、シフォンケーキを焼こうとしたらチーズケーキで良いですよ、、、と。 
 a1c6a895.jpgあらま、また1つお気に入りを作ってしまったようで、ではでは、先日は1枚の葉だったからアワビかなまこかスフィンクス状態になったので、今度は2枚のっけてみましたら、母は(ハハハ)!アワビが2個のっかった感じぃ!? 
 まぁ、想定内だったので小笑いで終わりましたが、味はすっごく美味しいの。桜の香りがプンプン漂って、紅茶がとっても良く似合う、、、っていうのに、母はカプチーノを所望。 東京でしか飲めないから、なんて言われたら泣けちゃうじゃないですか!!娘としてはシャカシャカとポンピングして右手の二の腕プルプルさせながら作るしかない、、、っと。
 母が滞在した3週間の内、殆ど毎日ポンピングしていたので、右手の二の腕は去年のお引越しの時同様の力こぶが出来、少々マッチョになりました。むささびのような、振袖のような二の腕よりはマシですが、兵庫県豊岡市の喫茶店経営者様〜ぁ、どうかどうかカプチーノをメニューに加えてくださいませ。母はマシンで作った雑な泡は嫌いで、ポンピングして作る濃厚な泡が大好きで、泡のアートなんかしなくて良いですから、シナモンを少し多めに振りかけて、、、。
2002年春、ほんの少し母思いの娘に変身した桜甫でした!




sakuraho at 12:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レシピ 

2008年04月02日

春本番!




88b75bbf.jpg桜が咲きました! 
 昨年5月にお引越しをして、旧事務所近くの江戸川橋公園の桜はちょっと遠いなぁ、、、としょんぼり。
仕方がないから千鳥が淵か市谷の土手の桜にしようかと思っていたら、なんとこのマンションのまん前の神田川沿いに桜並木がありました! 
やっぱり桜は良いですね〜、、、HPにも書きましたが、年に一度のこの感動は他に変えるものがなく、うまく表現出来ないけど心が洗われるというか奪われるというか、、、心を一度真っ白に出来るような気がしてしまうのは私だけ? 
友人、知人、ファンの方からこの季節になると桜柄、桜の形、花びらのもの、、、などたくさんのグッズが届きます、どれもこれも素敵で可愛くって、桜甫という名前に感謝。 今度、グッズをご紹介しますね! この日は曇っていたので空が白くて感動的に写ってくれませんでしたが、近くに行くと江戸川橋に比べるとかなり小ぶりな桜でも魅了されてしまいました、ちょっとお散歩のつもりがしっかり花見、、、まっ、いっか。 94e993a0.jpg
ズル〜っと並んだ桜、あと数日で花びらが舞うようになってしまうのですね。この川は市谷の土手の川と江戸川橋の川とが合流しているので、水面には両方から桜の花びらが集まって小さな筏が出来てきました。花筏、花じゅうたん、花冷え、、、桜は幸せな花だと思います。
 平安の時代から春になると待ち焦がれられ、愛でられ、人々の笑顔に包まれて、詩に読まれ、グッズにもなり、花の代表のように表現され、、、
昔から桜の柄のお着物はぜいたく品で庶民には手が出ない、、、桜の季節にしか着られないからだそうですが、一度は着てみたいものです。薄紅色に桜の刺繍が施された付け下げをずっと探しているのですがなかなか見つからない。帯も清楚な色にしたいなぁ、、、と思いつつ、これもなかなか発見出来ない。昔、宇野千代さんが80歳のお誕生日に召された桜の振袖はチャーミングな千代さんにとても似合って、80歳まで生きる事が出来たら是非ともと思えるほどの着こなしでした。 
さてさて、お花見もして満開の桜を見て、次は桜を食べましょう、、、ということで、d3f48b3b.jpg先月来、大評判になった桜甫本舗『男前チーズケーキ』シリーズ。プラリネ、イチゴ、みかん、バナナと大好評で、桜の季節限定 桜のチーズケーキを試作してみあました、、、失敗です!! 
味はとっても良いのだけど、食べる人毎に感動的な声も頂戴するのですが、なんともこの見栄え!まるでクレオパトラかスフィンクスの目のようにくっきりはっきりと葉の形にくぼみが出来てしまって、チーズケーキの上にあわびがのっかっているような感じ。見栄えだけもう一度試作してみないと、、、です。 
あっという間の桜週間! 北へ移動しますか、散る桜にもう一度感動しますか?東京の桜を見逃した方は筑波山がおススメです。 山に登れば上るほど桜が沿道の桜がつぼみになっていくのですが、降りるときが感動的。一部咲きに始まって下に下りると満開の情景ですから、サンルーフ車でお出かけになると、狭い道では両側の桜の枝でドームが出来ていますから、もっとも〜っとお花見を満喫出来ますよ〜!!



sakuraho at 16:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レシピ