2014年03月

2014年03月30日

3月のお教室内容


afab2084.jpg3月は順番でいくと洋食の月で、
生徒さんからはお魚料理がしたい 
という希望が多かったので、
春らしいアクアパッツアァにしました。

メバルは別名「春告げ魚」と言いますから、
この季節からは旬を迎えます。

アクアパッツァというのは日本語に訳すと「水煮」ということ。
なので、料理方法はとっても簡単なんです。
お出しも要らない、調味料も塩、胡椒だけの
本当に簡単で味わいも良いので、本当に病みつきになってしまうかも。

お教室は毎月2週目3週目で計9回
(一般教室、個人レッスン)開催するのですが、
3月は生徒さんの申し込みが多くて、11回になりました。
(つまり私は11回同じメニューを食べたということですね〜^^;;)
 
37e6bde6.jpgそのアクアパッツァのスープが美味しいので、
そのスープを使ってパスタを作ります。

お好みの太さや種類で良いのですが、
私は細いパスタが好きなので、
1.4mmのものを使いました。
アクアパッツァのスープを取り置いて、
アーリオオーリオペペロンチーニと同じプロセスで
作ったパスタにスープを染み込ませるだけなのですが、
皆さん、簡単すぎて驚かれていました。

今回は乾麺を使ったので、おうちでパスタをゆでるときと比較して、
美味しく作るポイントに
気付かれていたようで、
おうちでも誉められましたと復習された生徒さんからの
嬉しい便り。
 
b407446f.jpgキュウリやセロリ、新玉ねぎと鶏ムネ肉を
混ぜたものをたっぷりとくり抜いたトマトの中に
詰めました、
かかっているドレッシングはトマトによく合うように
ブレンドしたものですから、、
おうちで定番になること間違いなし!
 新玉ねぎは薄く切って、水にさらさないで、30分空気にさらしてから
混ぜるようにして下さいね〜!
 
66d43c18.jpg最後にマチェドニアと言って、
混ぜるという意味だそうですが、
この季節のフルーツをふんだんに混ぜて、
レモン汁とマラスキーノをたっぷりとかけて
風味をつけたフルーツサラダみたいなものでしょうか。

マラスキーノはあまり耳慣れないかもしれませんが、
マラスカ産のブラックチェリーのリキュールです。
香りがね、さくらんぼの香りなので、ほ〜ら想像しただけで春っぽいでしょ?
 
アクアパッツァとパスタを週末に作ったら、
家族が驚いてたくさん食べてくれました、とか、
彼氏に誉められて、先生の料理は大好評です、とか、
ホームパーティで大評判になりました、とかとか、、、

嬉しいなぁ、料理研究家冥利に尽きる料理教室の
後報告でした。

来月も美味しいを考えますね〜^^v
 
 



sakuraho at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レシピ 

2014年03月24日

ようやく春らしくなりました。


90a1423f.jpg保健福祉大学とのコラボでの
未病を治す健康料理の撮影をしました。

学生さんと教員の方と私の料理を
数点ずつをひとつのまとめにするべく、
大急ぎで撮影したのですが、
生憎、空は曇りで天然光があまり反映されず、
少々暗い写真になってしまいました^^;
e7cc2bc6.jpg和・洋・中の3パターンを栄養とカロリーを
計算してメニューにしています。
といっても、私の作る料理はいかに栄養を
上手に摂取出来るか ということや
食材の組み合わせや加熱温度、時間などを
駆使して、
食べる一口の栄養を上げる、
いわゆる調理栄養学を組み込んだもの。
美味しいだけに特化するのではなくて、
美味しくて健康に導いてくれる料理 といえば
わかり安いでしょうか?
 
食材の栄養は組み合わせ、加熱温度、調理方法などで
大きく変わってしまうのは
よく知られていますが、
どうすれば良いのかは、まだまだあまり浸透していませんね。
私が栄養学を勉強していた頃は調理栄養学が
カリキュラムにありましたので、
年配の栄養士さんたちにもう少し頑張って頂いて、
テキストを作れたら良いですね。
 
8b7789b2.jpgマリリン会(私がお世話になっている番組の
制作側と出演者側が一緒に集う
持ち寄りパーティ^^v)
を開催しました。 

いつもは6〜10姪くらいで開催するのですが、
今回は、出演者の方のお別れ会を
兼ねていたので、
私の手料理はなくて、制作会社の方が
すべてケータリングで用意してくださいました。94d83506.jpg

番組の仕事の時には、皆、それぞれの
持ち場というか、キャラというかがありますので、
地があまり出ていない時があるのですが、
このマリリン会の時は、
ほぼ、プライベートですから、ほとんど 地!

皆さん、ほがらかで楽しいひとときとなりました。
最後の写真はまるで、女子会!? 
やっぱり私の顔はおっきわね〜!!
 



sakuraho at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月20日

ドタバタの3月


408ef2f6.jpg今月はとんでもなくスケジュールが過密で、
しかも、決まっていたスケジュールが
二転三転してしまったのものですから、
番組にも出られないわ、
1日に三階四階立てで仕事しているわ、、、で、
未だに息つく暇もなく働いております。

なんて、Blogを更新できなかった言い訳ですね〜^^;;
 
8532c284.jpg中旬には、金沢国際ホテルと
伊勢崎市文化会館で講演会もして来ました。
金沢に到着した時は晴れていましたが、
一夜明けると雪景色。

金沢の道はあちこちで、道の中央や端から地下水が放水され、
道にはまったく雪が積もらないので、
地元の友人のお見舞いも食事会も、ちっとも遅刻なく、
スムーズに進行!

少しの雪でも交通が止まってしまう東京と大違い!!4b75e5f8.jpg

講演を終えて、帰る頃には雪は溶けてまた、快晴。

なんとも不思議な降り方をしてくれた金沢でしたが、
しっかりと金沢料理も堪能。
帰る前に有名なお寿司も頂いて、
空港では『松井選手のお母さんのカレー』なるものをお土産にして、
同行者が居なかったことを良いことに、少々、足と羽を延ばして来ました。

金沢の5日後、高崎に向かう途中で富士山が見えました。80570a29.jpg
写真ではわかりづらいですよね? 

しっかりと「高崎富士」といわれるものを見て、
おのぼりさん!?的に、パシャパシャと写メしました。
金沢と比べて、急に春になったような気がしました。
アンチエイジングと健康に役立つ栄養学などを
1時間しっかりとお話をして来ました。
 
地方出張の合間にお教室を11クラスして、
そのまた、合間に保健福祉大学の昨年度の未病を防ぐ料理の撮影をして、
(こちらの料理などは来週、ご報告しますね)、
またまた、その間に原稿の締め切りと格闘しています。
 
母が上京して来ます23日までにすべての締め切りが来てしまうので、
しっちゃかめっちゃか、あたふた、ドタバタの毎日です^^v。

って、原稿の締め切りを過ぎてしまった言い訳ですね〜!!
ゴメンナサイ。
 



sakuraho at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レシピ 

2014年03月10日

花菜ガーデン ありがとうございました。


b36a2bb2.jpg2年間、合計16回のお教室で、平塚に通いました。

めだかの学校料理教室でも人気のレシピに
平塚のお野菜をふんだんに使って、
食べる一口一口が食べない人よりも
健康になれる役立つ料理であるように、
栄養士の頭をフルに使って、カリキュラムを作りました。
 
a47a7abb.jpg3月2日の最後のお教室では、迷いに迷って、
小籠包、牡蠣のサクサク揚げ、
トマトと卵とえのきの中華スープ、中華おこわ 
をお教えしました。

2年間あっと言う間に過ぎてしまいました。
毎回、休まずに来てくださった生徒さんも居てくださり、
どうしても外せない予定が入ってしまっても、
遅刻や早退をして参加して下さり、
本当にありがとうございました。
 
小籠包は作るのが始めてで、色々な形になりましたが、
何とか包んで美味しく召し上がってくださいました。
自分で作れるんだぁ、、、という言葉が一番多かったですね。
 
3393fb82.jpg牡蠣のサクサク揚げは少し揚げすぎのチームも
ありましたが、
サクサクさに驚かれて、
ケチャップソースとの相性も評判で、
早速、試してみたいと仰って頂いたり、
難しいと思っていたけど、
自分でもサクサクに出来ました と喜んで頂いて、
平塚のトマトは加熱しても美味しく、
これからの季節には新種のポモロンも出荷され、
食卓をにぎわせてくれることを願って作ったメニューもあり、
中華おこわは竹の皮に包んであるおこわの中身だけの
ご飯仕立てなのですが、
これも、試食が足りないほどの人気となり、
最後のお料理教室をにぎわせてくれる料理となりました。
 
毎月、平塚に来ることが習慣になっていたので、
花菜ガーデンののどかな景色を目に焼き付けて、
富士見台から富士山があいにく見えませんでしたが、
裾野を広げて歓迎してくれるかのような大山の姿も目に焼き付けて、
いつも県の方々にお手入れをして頂いた『桜甫ファーム』も
知的障害者の方でも作れる野菜の作り方を教えてくれましたから、
まずまず成功! 
すっかり冬場は県の方にお世話になってしまったファームで
ブロッコリーを
収穫させて頂きました(高橋さんに深謝)。
 
a93dd1a4.jpg農家の方が作ってくださった花束、プロ級でしょ?

常連の生徒さん達に囲まれて、
涙がこぼれてしまいました。
お世話になった方々の笑顔を胸に焼き付けて
帰路につきました(草野さん、井澤さんに深謝)。
 
平塚、とてもお野菜がおいしい所です。

いつも仕入れていた『あさつゆ広場』は、スーパーのお野菜よりも免疫力が高く、
5日で萎えるきゅうりで比較すると10日ほど鮮度を失いません。
今の季節ですと、お勧めはちぢみほうれん草、長ネギ、大根、
白菜、イチゴでしょうか。

からし菜も美味しくて、さとじまんというお米が進む進む。
もう少ししたら、湘南ゴールドいうかんきつ類も出るでしょう。
そうそう、イチゴなら『やよい姫』がお勧め!

あまりに新鮮で立派なお野菜ばかりなので、
毎回、実家の母へもダンボールに詰め込んで送るほど、、、
平塚の農家さん、ありがとうございました。
美味しい美味しい平塚とお別れです。
 
皆さんも神奈川県に行ったら、是非、足を延ばしてみてくださいな。
春と秋のバラの季節も素晴らしいけど、
月山に咲く季節の花々も可愛らしくて素敵ですよ。

また、伺える時がありますように、祈りつつ、、、皆様に深謝。
 



sakuraho at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レシピ 

2014年03月03日

アンコウを食べよう会


1c411dc4.jpg今年も3月1日に恒例
「アンコウを食べよう会」!を開催しました。

春の訪れと共に、アンコウが北の海に
行ってしまいますので、
冬とのお別れのためにアンコウを愛でようというのがこの会の趣旨で
15年前の発足時は10人限定で行っていましたが、それでは納まりきらず
この10年くらいは15名に絞って開催をしています。

が、今年はインフルエンザが2人、風邪が1人、
ご家族がノロウィルスとわかったりで
4名欠席となってしまいましたが、
お酒の力って不思議ですね。
初めてあった方でも、古くからのお友達のようでした。77e90084.jpg
 
築地から朝、運ばれたアンコウは、
大雑把に分類されているのですが、
皮も内臓もヌルヌルしていて、捌くのが大変。

アシスタントに引っ張ってもらったり、
ハサミを使ったり、
また、骨を包丁で切りますので、
刃こぼれ覚悟で大格闘します。
 
この会では、毎年、私が決めたドレスコードがあります。
といっても、色なのですが、
今年は繁栄の『緑』の洋服かアクセサリーを
身に着けてくると決めました。

私の緑はまずは髪のおリボン、アイライン、
マスカラまで緑にしていたのですが、
あまり気付かれませんでした^^;;。

そんなこともあろうかと靴下も緑だったのですが、
靴下緑組は他にいて、その方の方がブラジルの黄色と緑だったものですから、
派手さで負けてしまいました。
fc8837c3.jpg 
持ち寄りの一品を携えて持参した方々の一部と記念撮影。
ふふ、食べることに一所懸命で、
写真を撮っているのに気付かない人もいたりして、
少人数ですから、和気藹々と、、、いえ、
大爆笑も続いたりする会なのです。
 
55715908.jpgアンコウの唐揚げ、アンコウの骨バーベキュー、
しょうゆ味アンコウ鍋、
キムチアンコウ鍋と
新鮮な肝の美味しさも堪能出来て、
病院長も代表取締役も平社員も
み〜んな無礼講で鍋の中の肝の取り合いに
なっていました^^;

で、アンコウ鍋のおかわりをするのに、こんなに列が出来てしまったのでした〜!
 
次の日は5時起きで平塚花菜ガーデンのお料理教室だというのに、
夜中まで楽しい会は続いたのでした〜!
まっ、年に一度のことだから、いっか!!



sakuraho at 16:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レシピ