2015年11月

2015年11月27日

知的障害者対象料理教室



1a021cda.jpg東日本大震災で
各地にボランティアに伺った時に
一番気になったのは、
知的障害者の方々はその時、
どうされていたか でした。

地震ということを認知出来ていない方もいらっしゃいますから、
市町村のご担当者に伺いましたが、殆ど追跡されていませんでした。

2e5efab4.jpg東京では職場から帰宅指示が出て、
送迎バスの中では地震を喜んでいる姿も
あったとか。
一人の青年が普段からお母様に
レトルトカレーの食べ方を教えられていて、
交通が寸断されて明け方まで帰って来られなかったお母様を待ちながら、
自分で教えられた通りに実践して、
カレーを食べて飢えを凌いでいたと聞き、
自分で料理を作れるようになって貰おう と2年前に思い立ちました。
区の主催の知的障害者対象のお料理教室を
幾つか見学に行きましたが、
多くのお教室では、栄養は考えられておらず、
ただただ簡単に出来るもので、
カロリーがとんでもなく高いお料理でした。

中でも一番に疑ったのは、
知的障害者の生活習慣病罹患率が高いとわかっているのに、
脂肪分を使い放題のカレー、
油とマヨネーズをたくさん使ったコールスローにスィーツで、
f54aaaf4.jpgカレーのご飯はお代わり自由 という、
区の予算の無駄使いでは? と思えるほど
障害者の健康を無視したお教室も
ありました。
確かに栄養士の資格のない
料理研究家さんがお教えになっていたので、
カロリーや塩分計算などはされていなくて当たり前なのですが、
区には管理栄養士がおり、
栄養計算などお茶の子さいさいのはずなのに、、、。
嘆かわしくなり、あちこちにお声掛けをしていたら、
お仕事関連の方々のお助けを頂けることになり、
ようやく開催することが出来ました。
 
f9e78f51.jpg知的障害のある方は
練り練りが得意な方もいらっしゃるので、
ハンバーグ生地を分量通りに作れば、
美味しくなる というレシピでこねて頂き、
丁度のコネ具合を見ていただいたり、

途中で飽きたりしないように少しゲーム性を入れたり、
これからの季節に
雪だるまのロールキャベツだったら、
楽しみにながら作ってくれるかな? と。
本当は雪だるまなので、ホワイトソースにしたかったのですが、
摂取カロリーが気になりますので、
身体に優しい栄養のトマトで仕上げました。
 
お野菜がたくさん召し上がれるように、
味付けを濃くしなくても、
香りで召し上がれるように、
調味料が難しくないように、旨味がたっぷりの缶詰と合わせたサラダや
焼き海苔をたっぷりと使った鶏ご飯、
玉ねぎを軽く炒めるだけなのに
旨味とコクが濃厚になる玉ねぎのスープを覚えて頂きました。
 
うちの子が玉ねぎをうれしそうに切ってます!
千切りは出来ないと思っていたのに、出来ました!
海苔はご飯に混ぜたらお団子に固まるのに、
しっかりと全体に混ぜられました!など、、、
付き添いのお母様たちにも目からウロコの情報を盛り込んで、
楽しく美味しく完成で〜っす!
 
11c22485.jpgこの日はお教えしながら、
ダウン症、自閉症など知的障害の
特徴的な違いや
こだわりなども勉強させて頂きました。

食べることが命に繋がること、
もっともっと楽しく学んで頂ける工夫をして、
2回目の開催に挑みたいと思います。

今回のこのお教室は「のんびる」という本にも掲載されます。
私にしか出来ないこと、また、ひとつ見つけましたっ!

ご参加頂いた皆様、ご協力下さった皆様、
引率をして下さった施設の先生達、
私のアシちゃんたち、、、 ありがとうございました。



sakuraho at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レシピ 

2015年11月20日

カタログのお仕事


9acae4db.jpgレギュラーのカタログのお仕事をしました。

このスタッフはいつも和気藹々としていて、
私が撮影当日に頭で思い浮かべた仮のレシピで
撮影用の料理を作り、
その味を見て微調整をしていくので、
気持ちを穏やかに出来るよう気遣ってくださっているのか
とても空気がやわらいでやり易いのです。

生徒さん達に「先生はたくさんお仕事されているから、
試作をしてレシピ作って、撮影をして、、、となると、
とっても大変ですね」 と、よく聞かれるのですが、
私ね、介護食や治療食などの開発をしている時は
試作をすることがありますが、
雑誌、カタログ、番組など、どれも試作をしないのです。

どういう料理が良いのか、まず頭の中で組み立てて、
和洋中などに分類をして、煮る、炒める、蒸すなどの調理方法で
分類が出来て、メインの食材が決まったら、
頭の中で味を思い描いてレシピを作っていくので、
本番で作る料理でもって、微調整をすれば出来上がり。

5ea24b53.jpgでも、殆どは手直しがないのです。

だから、お料理コンテストの審査員をする時も
応募されたレシピを読めば、
味がわかるので、意図にあった作品かどうか
がわかるので、後は上位者だけで、
最終審査に作って頂いて手際などを
見せていただいているのです。

板前さんもシェフも料理学校の先生も
きっと同じだと思うのに、
あまりによく聞かれるので、
「普通は試作しないのよ」 と答えると
皆さん、不思議そうな顔。

どうやら試作をしないとレシピが書けなかったり、
コンテスト時の選別が出来ない方が
紹介されている番組があったそうなんです。

もしかしたら、若い先生で、料理歴が短いのかも? 
 
0507a9a2.jpg最近、少々頸の調子が悪くて、
エプロンをかけると肩こりや頭痛になるので、
なるべく肩に負担がないエプロンや
エプロンドレスにしているのですが、
このデニム生地はオールシーズン使えるので
とても重宝しています。
しかも体型をばっちり隠してくれますからね〜♪

色違いも買っておけば良かったと思う今日この頃。
このタイプの桜甫エプロンを作ろうとしていますので、
エプロン業者をご存知の方は
info@sakuraho.com まで、お知らせください。
そろそろ、ピンク色の割烹着の在庫がなくなって来ましたので
少々、急ぎ目で作りたいと思っています。
 
d28f329d.jpg今回も8品を撮影しましたが、
撮っていただいている時には次の料理の
制作にかかっていますので、
気を抜くと写真を忘れてしまって、
とほほ、今回は2品だけです。

1月号の撮影でしたが、すぐに節分になりますので、
最終週に恵方巻きを入れて頂きました。
七福神に因んで7種類の具を用意しましたが、
普通の具ではなくて、カタログで売られている材料で作っていますから、
とってもヘルシーな恵方巻きになりました。
 
下の写真はつみれ汁です。
カタログの会社からの指定食材が、イワシのすり身でしたので、
一年で一番寒い時期に嬉しい味わいにしてみました。

生姜の味わいとおだしとイワシのおだしの相乗効果を期待した味に
仕上げてみましたが、いかがでしょ?



sakuraho at 18:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レシピ 

2015年11月15日

めだかの学校通信


今月はカナダポークのタイアップレッスンを兼ねておりますので、
おうちで簡単に出来る年末年始に嬉しいおもてなし料理を習って頂きました。
 
4ee5496b.jpg柔らかジューシー低温ローストポーク は、
表面に焦げ目をつけるだけで
後はお鍋の中に放っておけば出来上がりなので、
生徒さん達はびっくり。

えっ、それだけ? オーブンは使わないの? 
と驚き、
食べて、またびっくり。 すごぉ〜く柔らかいのです。
せんせ〜、何これ、超美味しい〜! の声、多々。

カナダポークが美味しいの? お料理方法で美味しいの?
さぁ、どっちでしょう?
詳細はキッチンライフの中山桜甫のページいありますよ。
 
2498cf39.jpg牡蠣のコキーユは
オーソドックスなお料理ですが、
貝の殻を使っているものをコキーユと言います。

器が耐熱容器でしたら、
グラタンという名前でしょうか?
牡蠣を程よく仕上げるためのちょっとした工夫をして、
ほうれん草を敷いて、牡蠣をのせて、ホワイトソースをかけて
焼いたら出来上がりという、
とっても簡単なメニューなんですが、
チーズをたっぷり入れているので、新たな牡蠣料理かも?
絶対に失敗しないホワイトソース!は、
 
b2bfbe52.jpg貴婦人のミネストローネ って、
ちょっと気取ってネーミング。

どこが貴婦人かというと、
素材の旨味を前面にうんとだして、
はんなりと上品な味わいに仕上げているのです。

それに、通常のミネストローネは賽の目切りで作りますが
こうして、おっきく切って、ポトフのように煮込むと、
それぞれの旨味が融合して、想像以上に美味しく出来るのです。
 
ba02241a.jpgリンゴのジェラシー は、焼きリンゴ。
すご〜く簡単なのに、
手の混んだ焼きリンゴよりも美味しくって、
生徒さんは大喜び。

なんでなにが違うの? あれあれれ? 
もう1つ食べた〜い! と
今月も賑やかに和やかな試食タイム。
 
ふふ、私はそんな時、心の中でガッツポーズしているのです。
今月残る5教室はすべて満席で、キャンセル待ちの日もありますので、
増設検討中です。
受講を希望されます方は、info@sakuraho.com へご連絡ください。
 



sakuraho at 10:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レシピ 

2015年11月07日

第27回創立記念チャリティパーティ


83557558.jpgお客様80名、お手伝いくださる方々を
合わせて90名近い方が集まってくださって
床が抜けてしまうのでは、と
心配しながらの開催となりました。
 
創立記念パーティは、
陰日向になって支えて下さっている皆様に
恩返しをする日なので、私がすべてお料理を手作りします。

5d7d537f.jpgまた、毎年、お誕生日の贈り物を頂戴しているのに、
贈ってくださる方へ返礼が出来ていないので
感謝をお料理に変えて、お作りします。
 
この日も20品ほど準備をしていたのですが、
3品が仕上げられず、
ビールやお酒の補充が間に合わず、
楽しんでいただけたでしょうか? 
お忙しい中、わざわざ、来て下さっているので、
そればかりが心配です。
 
f47ca1dc.jpg番組で仲良くして頂いている香坂さんと
山内さんとハイポーズ!

お忙しい中、駆けつけてくださり、
ありがとうございました。

普段、お世話になっているお仕事関係の方々、
また、以前お世話になって、そのまま交流が続いている方々、
お教室の生徒さん達、
ゴルフ仲間、番組出演者、番組で知り合って以来、
お友達のようにお付き合いくださるタレントさん達、、、
今年も無事、開催することが出来ました。
 
af9fb657.jpgお集まり頂き、ありがとうございました。

谷川真理ちゃんはご近所さんでもあり、
私は真理ちゃんの気さくな性格が大好き。

機会あれば、お仕事をお願いしています。
 
お料理がもう少し、順調に出せるように準備しなくてはいけないと反省。
 
6cc2a972.jpg番組で紹介したご家庭にあると便利な
グッズをマックンが紹介して下さいました。
じゃんけんゲームで争奪戦。
マックンはさすがに商品説明も上手く、
場の雰囲気を掴むのが上手っ!
アチコチにお仕事でひっぱりだこの人気の秘密は
こういうマックンの温かい性格にあるのでしょうね。

盛り上げてくださってありがとうございました。
 ddbf2902.jpg
 山口良一さんが出張の帰りに
ちょこっとお土産を持って参加して下さいました。

マックンとは以前にお仕事をされていたそうで、
世の中は狭いというか、
繋がっているというか、、、山口さんはラジオの
生放送が毎日4時半からあるので、ホントにちょい顔出しでしたが、
お忙しいのに、わざわざお越し頂いて、深謝。

12月にある中野での舞台、必ずや馳せ参じます。
山口さんのおしゃべりの間合い、泣き笑いのタイミング、、、
いつも心くすぐられて、魅力的な舞台です。 

f416019a.jpg番組でご一緒させていただいた
Kバレーの宮尾さんから、
素敵な素敵なお花を頂戴しました。

番組プロデューサーの取り計らいで
ディナーショーにもお招き頂き、
ただそれだけなのに、とっても嬉しいサプライズ! 

参加された女性達はこのお花の前で、写真撮影に忙しいようでした。
ダンサーとしての完成度の高さに加え、
この優しさが女性を虜にするのでしょうね〜。

5dcfe823.jpg朝早くからキッチンスタジオに集まって、
準備をお手伝いくださった皆さん。

本当にありがとうございました。

出来上がったお料理を召し上がって
いただけなかったのがとても残念ですが、
打ち上げをしますので、是非是非、ご参加下さいね。

たくさんの人達に助けられ、見守られて、27年間も
料理研究家を続けて来られました。
これからも、新たな分野に乗り出して、挑戦を続けます。
末永く、お付き合い下さいね。

27年間、ありがとうございました。
明日、8日に28年目が始まります。
また、来年、開催出来ます様、頑張ります。
変わらずにお付き合い、くださいね。

                            中山桜甫  謝
 



sakuraho at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レシピ