2008年06月15日

第20節 対福岡戦1−1 事故のような引き分け

日曜日の夜です。明日からまた仕事です。ふぅ〜。

というのに、今日の試合開始時刻は、なんと19:00キックオフ。試合が21:00前に終わって、帰宅すると22:00です。
風呂に入って、それから、このブログを更新して、後は寝るだけ。明日から、また一週間が始まります。

気温が高くなると、選手の負担を考えて、試合開始時刻が遅くなることは理解しているつもりだけれど、まだ6月だし、実際に、今日の他会場の開始時刻は、13:00開始が3会場、16:00開始が3会場です。

こんなバカな試合日程を組んでいるのは、サンフだけ。21:00頃に終了するような試合に、小さな子供を連れた、親子が試合を観に行こうとするだろうか?
それでなくとも、明日が月曜日ということを考えると、気分が重くなる。福岡のサポーターも帰宅が大変だと思うよ。(御苦労さまです。これに懲りずに、また広島におこしください。)

7月のホームゲームですら、18:00開始にしているのに、何故、今日は19:00開始なの?
この1時間の差は、バカにならないよ。わざわざ、営業成績を悪くするような日程を組んだ奴は誰だ。頭を使って仕事をしろ(怒)。と、試合の感想を述べる前に、苦言を呈しておきます。(もしかしたら、TV放映か何かの都合があったのかもしれませんが)

さて、試合ですが、前半、負傷で欠場した森脇の位置に結城を入れた以外は、いつものメンバーだけど、この結城のところが機能せず、左サイドの服部、槙野が、再三、相手陣内を切り裂き、チャンスを量産するのとは対照的に、ハンジェ、結城の右サイドは、足元にパスするだけの、まったりとしたボール回しで、チームのリズムを狂わせる。

左サイドからの攻撃で、ポストに2回も当たったり、相手の守備を崩すことができていただけに、右サイドからも、もっと効果的な攻撃ができていれば、楽な試合展開になったのにと残念に思う。

そのことは、次のペトロヴィッチの試合後のコメントが全てを物語っていると思う。

Q:後半のシステム変更の意図は?
「正直、ケガでいない選手のことを言うのは好きではないが、森脇がどれほど重要な選手か、誰もが再認識したと思います。前半、結城が右サイドを上がっていましたが、彼にとってそれは、得意なプレーではない。結城は、他の場面ではいいプレーを見せてくれていたが。そこで、槙野を右サイドに持っていって、後ろから数的優位をつくろうとしました。福岡のような形をつくられると、後ろから数的優位をつくることが重要になります」

ということで、後半は、ハンジェを下げて、柏木を入れることで、中国新聞が予想していたような4バックにシステムを変更しました。

<a href="http://www.chugoku-np.co.jp/Sanfre/Sw200806150072.html">新布陣で攻め多彩 15日、地元で福岡戦(中国新聞 08.6.15)

相手の大久保とGK木寺が一対一になるような場面をつくられたりしたので、まだまだ不慣れなシステムだとは思いますが。攻撃に変化を生みだすという意味では、有効なのではと感じました。

少なくとも、結城の使い道としては、4バックのセンターの位置しかないということが、今日の試合ではっきりした。

さて、試合ですが、ポストに2回もボールが当たるという不運や、相手の粘り強い守りもあって、後半30分になっても点がとれなかったため、久保を投入して、均衡を打開しようとした、その時です。
後半31分、相手のミスにつけ込んで、高萩がうまくゴールを決めてくれました。

これで1−0として、残り15分という微妙な残り時間。
守って逃げきるのか、2点目を取りに行くのか。後半32分ペトロヴィッチ判断は、用意していた久保をそのまま投入する。これが今日の試合の分岐点。

1点を失って、このまま負けるよりも、追加点を取られるリスクを冒しても、なんとか同点にしようと前ががりに攻めてくる福岡に対し、サンフの側は、この久保の投入を、ピッチ上の選手も、そしてスタジアムの観客も「まだ、まだ攻めろー」というメッセージと受け取ったため、互いに攻め合いになってしまい、結果、ロスタイムに事故のようなミドルシュートを決められて、みすみす勝点2を失ってしまった。

願わくば、勢いづく相手をいなし、試合をスローダウンさせながら、うまく試合終了までもってきて、勝点3をもらいたかった。後半30分過ぎに1点差でリードしている場面で、どのような選手交代を行うのか、どのように試合終了までもってくるのか。今後の反省材料にしてもらいたい。

しかし、今日の久保はひどかったなぁ。ボールは収まらない。ハイボールを競り合っても負ける。残り10分なのに、相手ボールを全力で追わず。試合の流れを福岡に持っていかれた。
相手にリードされている場面や、同点の試合で勝ち越しの得点がほしいときは久保かもしれないが、1点差という試合で久保を投入するのは考えものですな。

いゃあ〜、もったいない試合でした。


sakurai_k at 23:30│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by すみすみ   2008年06月16日 12:47
事故の様な・・ですか?昨日の試合はゴールに嫌われドローで良かったですな・・。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字