李漢宰と来季契約せず!!山岸がレンタル移籍

2009年12月06日

2009 最終戦 勝利! 4位確定

前節 浦和に勝って、残留を決めた京都と、4位という順位がかかっているホーム最終戦のサンフレッチェとの対戦。

両チームの現在の力とモチベーションの違いから言えば、4-1という試合結果は順当なもの。

相手監督の試合後のコメントにもあるとおり、京都の側に緊張感というものが欠けていたという印象を受けた。
例えば、2点目のCKからの盛田のゴールなど。
身長189僂寮硬弔法∩瓦誰もマークをつけておらず、フリーでヘディングさせていた。

そういう意味で、ストヤノフ、ミキッチ、青山など、主力を怪我で欠いていても、楽に勝たせていただきました。御馳走さまという内容のゲームでした。

前回(6月27日)の対戦では、相手のラッキーなシュート(シュートがDFに当たってコースが変わった)によって、先制されたため試合のリズムを崩し。
守りを固め、カウンターを狙う京都のサッカーに、まんまとやられた悔しい敗戦だった。

先に点をとられるとやっかいな相手だが、今回の対戦では、前半8分にディフェンスの裏に抜けだしたハンジェが放ったボレーシュートのこぼれ球を、寿人が決めた。

42分の盛田のゴールもハンジェのコーナーキックからのゴールだった。
この試合を最後に、チームを離れるハンジェの活躍で、最後まで落ち着いて試合を進めることができた。

さて、これで4位が確定し、天皇杯の結果しだいではACLへの参加もという状況になったが、個人的な意見を言わせてもらえば、「まだ、やめといた方がいいのじゃないの」というのが正直な気持ちだ。

今シーズン、ナビスコ杯で予選敗退し、他のチームよりも楽な試合日程でも、これだけ怪我人が出た。

来シーズン、J1のチームでは一番西寄りに位置し、それでなくとも移動距離が長く、選手の消耗が激しいチーム。それに加えて中東への遠征などの試合日程がはいっても大丈夫なの?

一気に世界との戦いというよりも、まず足元を固めてから。

4位確定、ACL出場へと、盛り上がる世間の声に反し、あくまでも心配性の私なのでした。


sakurai_k at 05:51│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
李漢宰と来季契約せず!!山岸がレンタル移籍