今日も契約更改の話ストヤノフの復帰と山崎の怪我

2010年01月09日

佐藤昭大の移籍について

佐藤昭大の鹿島への期限付き移籍が発表されました。

そして中林の鳥栖からの完全移籍も、

佐藤昭大選手の期限付き移籍について(サンフ公式HP 10.01.09)

中林洋次選手 サガン鳥栖より完全移籍のお知らせ


佐藤は、年末に、複数年契約の2年目で、年俸は現状維持の1000万円という契約更改が発表された後、
年明けに、即、他チームへ期限付き移籍、そしてライバルの中林の完全移籍というイレギュラーな扱いとなりましたが、

これは当然のことながら、西川の移籍により、押し出される形になったということですよね。

これまでマスコミで発表されたGKの契約・年俸をここに掲げると
西川3000万円(3年契約)、中林700万円(2年契約)、下田1500万円(1年契約)、佐藤昭1000万円(1年契約)。

こうして並べてみると、佐藤昭の1000万円があまりにコスト・パフォーマンスが悪いのは、明らか。

昨年、複数年契約を締結していたため、チームとしてもやむを得ず1000万円で契約更改したが、西川の移籍、そして中林の完全移籍が成立すれば、使う機会はおそらくないし、コストも割高ということだったのではと推測します。

佐藤について言えば、下田の怪我により、レギュラーに定着するチャンスがあったはずです(1000万円の複数年契約はチームの期待の表れ)が、チームの信頼を勝ち得ることができませんでした。

鹿島に行っても、曽ケ端という乗り越えがたい壁が立ちはだかっており、佐藤の出番が回ってくるのか疑問です。
残念ですが、これがプロの世界の厳しさということでしょう。


sakurai_k at 19:07│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日も契約更改の話ストヤノフの復帰と山崎の怪我