痛てっ! 盛田は、全治3カ月!!専門家の予想は当たるのか?

2010年03月07日

開幕 清水戦 悔しい引き分け

幸先よくPKで先制し、後半、よく相手の攻撃をしのぎ続けたけれど
最後にロスタイムで失点、あと1分我慢できればという残念な結果でした。

盛田がいれば、別の結果になっていたかもと考えさせられます。
大前のマークには、誰もついていなかったということなので、結果は同じかもしれませんが。

後半の流れは、明らかに「盛田さんお願いします。」という展開でした。
李や高柳では、試合の流れを変えるような力はないが、盛田ならヘディングの強さで、相手の攻めを弾き返すという仕事ができたのに・・・

結果は、残念でしたけれど、冷静に考えれば、今のサンフのチームコンディションで、清水とここまでやれたのは、「よし」としなければいけませんね。

青山、山崎、盛田と、故障者が戻ってくるまでは、我慢の試合が続くと思います。

ACL、Jリーグの開幕2試合では、流れの中での失点はなく。DFはよくやっている。
故障明けの森脇、ストヤノフは、よく頑張っている。
課題は、セットプレーからの失点が続いていること。これは選手もよく分かっていると思うから、きっちりマークを確認して、対策を講じてほしい。

あとは、オフェンス陣の奮起を期待します。2試合でPKからの1点だけというのは、あまりに寂しい。


sakurai_k at 07:16│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
痛てっ! 盛田は、全治3カ月!!専門家の予想は当たるのか?