第2節 対神戸 2-1 今季初勝利

2010年03月21日

湘南戦 3-1 連勝!

ダイジェストでしか、映像を見ていませんが、サンフレッチェが終始、試合を支配して勝ったようです。

これまで流れの中からの得点が少なかったが、ここにきて、ストヤノフ・山岸・寿人のホットラインがつながったことは、非常に大きな収穫でした。

湘南は、開幕前の順位予想では、サッカーマガジン、サッカーダイジェストともに、最下位でJ2
降格を予想されているチーム。
J2のときから、大きな補強もなく(FWの新居くらいか)選手層が薄い上に、中心選手であるアジエルが欠場しているため、攻撃があまり機能していない。

前節の横浜戦では、守備陣がサイドから相手に思うように崩され、3-0の大敗。
特に、臼井が欠場した右サイドバックは、横浜の山瀬にチンチンにされていました。
このチームには確実に勝っておかなければと、真剣に思いましたよ。

湘南は昨日の試合で、右サイドの臼井、さらにボランチの田村も復帰し、
横浜戦よりはチームの形ができてきたようですが、左サイドの島村が山岸に裏をとられ、前半のうちに2失点。攻撃だけでなく、守備、特にサイドのディフェンスも課題が残る内容でした。

一方、広島は、2アシスト、1得点で、山岸がついにブレイクしたかという試合結果ですが、湘南のディフェンスが相手ですから、まだ分かりません。
私には、ストヤノフのコンディションが上がってきていることの方が、心強いと感じました。

リーグ戦の次節(4/3)は、開幕戦で、この湘南と引き分けた山形が相手です。
湘南には、格の違いを見せて勝ったサンフレッチェ。
ACLの影響で厳しい日程が続きますが、広島のパスサッカーを山形に見せつけて、J1アウェー3連勝でいきたいものですね。

最後に、元広島の中山元気は、J2の札幌を解雇され、今シーズンから湘南に移籍しています。
開幕から、ベンチ入りはしていますが、いまだに出場の機会はありません。
昨日は、22歳の新人FW三平が後半から出場し、ストヤノフのファールを誘いPKを奪うなど、結果を出したことから、ますます出場の機会が遠ざかったのかなと思われます。
頑張れ。元気。


sakurai_k at 06:31│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ネネ星人   2010年03月21日 23:03
イリアンのふぁうるは高山の誤審ネ

ミツヒラってのがイリアンめがけて思いっきりぶつかってきたネ

転んだネ

PKネ

しかもふぁうる?の場所はPAの外だったネ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第2節 対神戸 2-1 今季初勝利