2017親守詩

親守詩とは、「絆」を感じることです。


娘が初めて歩いたときに、ある人が言いました。

「あと10年もしたら、パパを汚いものあつかいするようになりますよ。でも、さらに20年もしたら、パパの最大の理解者となります。」

おそらく彼の実体験である、この話しを聞いたときに、私は、それって絆なんだな、と思いました。

ちなみに、まだ、私は汚いものあつかいはされていませんが(笑)。


さて、今日の親守詩の作品は全て、思わず笑いだしてしまうものや、つい涙腺が緩んでしまうようなもの等、実に素晴らしいものばかり。

例えば、


□千葉県知事賞

パパかえる わたしを見ると メロメロだ (小2)
それまでパパは いつもヘロヘロ (父)

□実行委員長賞

父母に もらった笑顔 いつ返そう (小4)
生まれる前から 返却中 (両親)


子どもに詩を送られた親は、親としての感動を噛みしめるとともに、自分が子供だったころを思い出し、それぞれの親へ思いを追体験するのだと思います。

そして、今詩を送った子供たちが、今度は詩を送られる側になったとき、彼らは、改めて、親である保護者の皆さんへの思いを噛みしめ、感謝の念を抱くことでしょう。

これこそ、「絆」なのです。


親守詩千葉県大会も4回目、参加者数も年々増えてきています。
これは、「絆」が喪失したと言われる現在こそ、親守詩が求められている証左と言えるのではないでしょうか?


ところで、親守詩大会の裏方の教員の皆さんは、勤務時間外にも関わらず、それこそ、休日を返上し、企画運営にご尽力されております。

末尾ながら、TOSSの若い教員の皆様のご尽力に、深く敬意と感謝を申し上げます。

                   (平成29年(2017年)11月12日 蘇我コミュニティーセンターにて記す)

親守詩