はじめに


                              このブログは非公式な二次元創作、及びネタバレを含むライブレポなどを記載しています。
                                    あくまでも個人の主観によって書かれたものである事をご了承ください。
                              こちらに記載のあることに関して嫌悪感を抱かれましたら速やかに記憶を消去してください。
                               関係者の方などに迷惑のかからないよう、良識を持って閲覧していただきたく思います。
                                         こちらのブログから公式へ飛ぶのはお止めください。
      またTwitter、Facebook、Mixiなどでこちらのブログタイトル、アドレス、内容に関する記載をするのはお止めください。こちらは管理人のHPについても同様です。
                 管理人自身、こちらのブログ及びHPが特殊である事は重々承知しています。個人の楽しみとして閲覧していただければ幸いです。

2022年06月19日

30年目の達観・・・ その2

というわけで続きです。

盛大な拍手の中、登場したお2人。

ここからグダグダトークの始まりです。

と思ったら挨拶をした後、要塞にいろんなグッズを運び込んできた大ちゃん。

するとうちわだったのかな?何かがヒラッと落ちてそれを拾おうと屈んだ大ちゃん、微妙な格好のまま一瞬止まりました。

「なんか、今、フッてやったらここがバンって外れたかも。」

ってどうやらパンツにつけてた送信機だったのかな?が外れちゃったっぽい大ちゃん。

そのまま舞台袖のスタッフのところにぽてぽてと歩いて行くと、その後ろ姿にめちゃめちゃイケボが、

「オレが直してあげようと思ったのに。」

何故そこイケボ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

すぐにイチャコラしたがるヒロってサイコーじゃないですか!!!!!!!!!!!!!!!!


その間も大ちゃんは袖のスタッフのところに腰を突き出してみてもらってるような感じで、

「ちょっと喋ってて。」

って時間稼ぎをお願いする大ちゃん。

エロい雰囲気で大ちゃんを誘惑しようとしていたヒロなんだけど、すぐに笑っちゃって、

「そこで実況中継してくれる?」

って何故か大ちゃんの様子を知りたがる。

大ちゃんもスタッフじゃなくてヒロにちょっと見てってしてもらえばよかったのにね〜〜〜。

まぁ、機材のことだからスタッフって思ったんだろうし、ステージ上でするようなことじゃないからって言うことなんだろうけど、そういうところも見たいんですっっっ!!!!!!!!!!

そのまま大ちゃんのセッティングを待つという時間が流れ、事なきを得た大ちゃんがステージに戻ってくるとトーク再開になりました。

戻ってきた大ちゃんが、

「(パンツが落ちて)新聞に載ったら大変だからね。」

って言うと、

「まぁ新聞には出ないな。」

って大ちゃんの様子を見てあっさり。

なのにヒロは出す?って聞かれると

「オレは、出したら新聞載っちゃうから。」

なんでだ!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

サイズか!!!サイズなのか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)


のっけからシモに走っている(笑)

そんな感じで通常の流れに戻り、みんなにありがとうって挨拶をして、いきなり販促。

「何故なら、多めに作りました。」

とボイスキーフックを何としても売りたいご様子。

この日はちょっとだけ音声も聞かせてくれて、当然のように「いい声」と褒める大ちゃん。

大ちゃん、ヒロボイスだけ収集して自作で作ってそうで怖いわ〜〜〜。

そして早速30のエピソード。

「さすがに30のエピソード、なくなってきました。それでね、再利用しようかな〜ってちょっとだけ思ったんですけれども、先にそれ言ってもいい?」

ってことで再利用エピソードを。

どうやら新幹線ののぞみが30周年らしく、名古屋の帰りに700Sっていう車両に乗ったらすごくラグジュアリーだったと。

「で、浅倉大介のことなので、Sになると何がすごいんだろうって調べたわけです。」

で、大ちゃんが調べて解ったこと。

Sの車両は床下に大量にバッテリーが積まれていて、それが災害の時とか電気の供給がなくなってもそのバッテリーが使えるようで、トンネルの途中の時なんかは外に出るまでそのバッテリーで走ってくれるそうな。

「すごくない?」

って大ちゃんが話してると、

「それは・・・余談でしょ?」

ヒロが(笑)

じゃあということでヒロも、

「僕も余談でひとついい?僕もね、なかなかネタがなくなってきたんですよ。でも僕は今回ゼラティン頼みで。」

ってゼラティン話に持っていこうとすると

「えぇ!?」

って大ちゃんが、ティンに反応(笑)

そんなヒロの余談話。

ゼラティンボールを作っているが、なかなかネタとして変化がないので、

「探しましたよ、ネタを。そしたら売ってました。金箔。

これには大ちゃんも失笑。

「金箔ティンボール・・・?なんだか全然わかんない。」

「金箔をちょっと取り寄せてるんですけれども、これから作るんですけれども、僕は、金のボールを作りたいと思います。金のボール!!」

と何故か決めポーズ。

大ちゃん、呆れてるのかツボなのかずっと笑ってるし。

「ちゃんと『の』入れましたからね。」

って変なところ律儀なヒロ(笑)

というわけで仕切りなおして本題に。

大ちゃんが用意した30話は、

「明日、暑くなるって聞いて、ここ、大阪、北区の最高気温が、」

って話しだすと会場からどうやら北区ではない様子。

「え!?北区じゃないの???」

って大ちゃんも意見を求めるんだけど、もちろん喋れないわけで

「教えてもらえな〜い。」

って。

とりあえずここ、なんばハッチのって言い換えて話そうとすると

「♪飛べ〜飛べ〜ハッチ みつばちハッチ〜〜。」

といきなり歌いだすヒロ。

「結構怖いんだよね。」

って話がさらに脱線。

「それも知ってる。でもさ、もう一個なかった?・・・みつばちマーヤっていう可愛いの。」

「あった!!あったね、ちょっと可愛いの。」

って昭和話で盛り上がり、結局大ちゃんの30話は明日のなんばハッチの最高気温が30度ということでした。

「じゃあ僕もサクッとね。

僕、健康食にしてますから、僕だいたい朝、昼までご飯食べないんですよ。大体アーモンドを食べるんですね。」


「ハムスターになっちゃいますよ。」

「そうなの?」


「あれはヒマワリの種だっけ?」

って大ちゃんがそこからの発想でまた昭和アニメの曲を口ずさんだんだけど、それに対してヒロが

「まいっちんぐ!!」

って返し、さらにみつばちハッチのメロディのまま

「♪年代がバ〜レる。」

って歌いだして

「なんで僕らこんなに年代に縛られてんの?もうね、頭の中が昭和・・・。」

「いいのよ、30周年なんだから。」

「いいよね?そうだよね?思い出してるんだもん、一生懸命ね。」

って謎の納得の仕方をしてました。

結局ヒロの30話は

「僕が毎日食べているアーモンド、GI値30!!!」

「GI値って何だろうって人いるよね。」

って大ちゃんが言うとヒロが優しく説明してくれて、要は数値が低いほど食後血糖値が上がりづらいらしい。

その後もアーモンドはタンパク質とかなんとかかんとか・・・

「みーんな入ってますからね!おすすめです!!」

と身体にいいんですと力説していました。

そんな30話からちょっと真面目なお話も。

去年に比べたら席も空けずにたくさんの人に来てもらってホントに嬉しいというようなことを言っていました。

そんな大ちゃんが

「テンション上がってさタンバリン叩くとさ、なんで音ならないんだろうって見たらここ(タンバリンのシンバル部分)持ってる時あるのね。」

ってタンバリンを持って実践すると

「そこ、切っちゃうよ。」

って大切な大ちゃんの手を心配するシーンも。

「ちょっと30の話とは関係ないんだけどさ、通天閣にスライダーが出来たの。誰か行った人います?」

って会場にアンケートを。

数名いたみたいで大ちゃんがどうでした?って聞いたら、

「喋れませんからね。」

とバッサリ切って捨てたヒロ(笑)

調べてみたら結構な感じだったね。

外が見えたりするみたいで、なかなかスリリングな感じでした。

大ちゃんはやってみたいらしく、

「じゃあ今度大ちゃんにレポートしてもらいましょうかね。」

って言われてました。

そんな話もありつつ、楽しかったね〜とここまでを振り返る。

「もうここ終わった後は、ちょっとやっておしまいだよ。」

とMCが終わったらもう曲やって終わりなのが2人も淋しいご様子で。

「みんなもえ〜〜って感じだよね。」

「いや、オレらもえ〜〜〜だよ。」

って言って淋しさを表現してってことで会場から一斉にプヒプヒ音が。

「可愛い!可愛いねぇ〜。

家ね、犬がいるでしょ?犬のおもちゃが、まさにこういう音が鳴るんですよ。なんかね、ふと、ライブしてるのを思い出すみたいなね。足元でベルカが(プヒプヒ)ってすると、あぁ〜〜〜って。」


って作業中にもこの音でライブの時の空間を思い出しているようです。

「オレなんかさ、いつもこれ、リュックに入れてるとさ、帰る時タクシーで『ぴふぉ』、座る時に『ぴふぉ』って。」

可愛い。

タクシーの運転手さん、何の音だと思うだろうね。

そんな話からいつもの真面目な話に。

音を奏でることが楽しい事ばかりじゃないって話ですね。

この日もヒロからのお話もありました。

そんな真面目トークの後、ふと気づいたのか、急に距離を取るヒロ。

「あれ?このくらいは大丈夫なんだよね?これくらいいいよね?だって背中くっつけてる。」

って微妙に距離感を変えるヒロに、

「ねぇ、なんか解んないけどさ、気を付けつつ。」

ってほぼほぼコロナ前と同じくらいの距離感まで近づいてくれました。

「もうちょっと聞いてく?」

ってことでラストに・・・。

この日も新曲だった。

前に聴いた時よりも前奏が長くなってた気がする。

先にやった新曲のメロディが頭にしっかりついてた気がしたけど、前もついてたのかな?

興奮で覚えてない・・・。

同じモチーフで違う曲にしてくれてるのいいよね。

こっちの方がより20th Sincerely味が強い。

とにかくどっちも早くちゃんとした形で手にしたいな〜〜。

今年あたり出さないのかな?アルバム。

そんなしっとりした曲の後、ラストのドラマメ。

早くも夏が終わってしまう(笑)

2人ともニコニコの笑顔で会場に手振りをしてくれて、そんな2人を見てるとこっちまで笑顔になっちゃうよね。

ラストはヒロのシャウトと大ちゃんのギュインギュインが。

そして

「サンキュートウ、大阪!!!」

ヒロ、言い間違えた!!!!!!!

って思ったんだけど、コレ、ヒロがのちに記録用を見返して言い間違えてないですって言ってたので、おそらく

『thank you to 大阪』って言ったのかしら???

多分多くの人が言い間違えたって思ったってことは発音してたんだろうなと。

でもヒロは言い間違えしてないって言うことは認識の違いなんだろうなと。

ヒロも律儀に答えてくれるところが、優しいねぇ〜〜。

というか、Twitterめっちゃ見てるじゃん!!!(笑)

迂闊なこと言えね〜〜〜〜〜

まぁTwitterに関して言えば自分の意図しないところでも簡単に繋がってしまうものだから、本当に気を付けないとねって思うけど。

かといってブログが安全かというとそんなことはもちろんないんだけど。

なんにしてもネットに書き込むっていうのはそういうことですよね。

話が脱線してしまった。

そんな感じでラストまで駆け抜けてくれた2人。

揃って前に出てきてご挨拶。

その後大ちゃんがドゥンドゥンを手に取って

「大阪、ぷひ〜、ぷひ。」

って鳴らして

「おおきに!」

って可愛らしくいってくださいました。

この日だったかな?はける時に大ちゃんがちょっと躓いたの。

コードかなんかに少し足を取られたみたいな感じだったような・・・。

記憶違いかも。

ラストはヒロの怒涛の

「サンキュー!どうもありがとう!!

帰り、気をつけて帰ってね!!

愛してるぜ!!」


をいただいて終了となりました。

会場からは温かい拍手が。

こういうところがホント素敵だな〜と思うわけです。

はぁ〜〜大阪終わっちゃったよ〜〜。

私の今年のエレナイもこれにて終了です。




この日はね、実は土曜日だったのでちょっと足を延ばして、京都にお泊り。

久し振りの旅行気分も味わいました!!

久し振りに旅行らしきものをしたよ〜〜。

早くみんなが楽しめる時が来るといいね。







sakurajun9tion at 18:28|PermalinkComments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

30年目の達観・・・

もう1か月も前のことになりつつありますが、いまさらな大阪レポですよ。

というか、メモが何を書いているのやら・・・(苦)

そんなわけでかなり駆け足になると思われますがご了承ください。

さくら的にはラストのエレナイ。

どうぞあの衣装でお願いします!!!!!!!!!と祈りを込めた大阪(アホ)

だって見納めしたいじゃないですか〜〜〜〜。

今回初めてヒロサイドで今日こそ心置きなくガン見するぞ!!と気合を入れたわけです。

前回の豊洲は近すぎて視線をたどられるんじゃないかと若干不安(アホ)

いや、いつも変なところばっかり見ているわけじゃないんですよ!!

ただ、ねぇ・・・。

見たいところってあるじゃないですか(変態)

そんなわけで程よく距離もあり、こっちの視線を辿られない距離ってことで安心していろいろガン見したわけでございます。

着席してこれでドゥンドゥンも叩き納めか・・・となんだかちょっと感慨深く・・・。

そして暗転の後、アレ?ヒロの衣装・・・

一瞬嫌な予感がよぎりましたが、あざ――――――っス!!!!!!!!!!!

ワンピ衣装だ!!!!!!!!!!!!!!!!!

ヒロちゃんがワンピじゃない方の衣装の組み合わせで出てきたので一瞬ヒヤリとしました。

今日初めて参加するお友達もいたので、是非あの大ちゃんを拝んでいただきたかった!!!!!

思わずお隣の方と無言で頷きあってしまいました(アホ)

ところが・・・この日のライブはなんだ、あの達観した20th Sincerelyのような空気感は!!!!!!!!!!

いつものようにイチャコラしないんだよ!!!!!!!!!!


それなのに視線で語り合うというか、気配で寄り添うというか、お互いを見る目がめっちゃ優しくて、これぞ30年の愛情って感じなのよ!!!!!!!!

いや、良いんですよ、そういう空気感も。

さすが長年連れ添った夫婦って感じで、互いのすべてを受け入れ、愛してる感じもまた良きなんだけどさ!!!!!!!!

ここのところ他の会場でヒロのお触りが徐々にヒートアップしているっていうのを見ていたのでそういう意味でも今日は何をしてくれるんだろうって思ってたのよ。

そしたら、すべてを許しあい包み込む20th Sincerelyなのよ。

お休みしてる場合じゃないのよ!!!!!!!!!!!!!(アホ)

あの肩を寄せ合って瞳を閉じてる感じとでも言いましょうかね。

良いけど、いいけどぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜〜〜

そればっかりを期待してるわけじゃないんだけど、やっぱり仲良しが見られると嬉しいわけですよ。

瞳で会話するのはファニコンでも見させていただいているので、せめてライブでは2人が思う存分に仲良くしてほしいのよ〜〜〜〜〜。

はい、取り乱しました、すみません。

まぁ、この日の2人がそういう気持ちでそういう空気感だったんだなと言うのは尊いなぁ〜と思うんだけどね。

だってさ、一緒にいるっていつもイチャイチャしてるばっかりじゃないと思うし、そういうどこか深いところの繋がりみたいなものって絶対必要だと思うのよね。

そういうのがある意味駄々洩れしていたわけで、喜ばしいことではあるんですよ。えぇえぇ。

だからこその30年なわけですから。

いや〜〜ホントに普通の夫婦に置き換えてみても30年ですよ。

結婚4,5年で子供を産んだとしたらもう成人してるんですよ。

そりゃあこういう空気感にもなりますよ。

まぁこの日は落ち着いた信頼感たっぷりな2人をご堪能ください。

そんな感じで始まった1曲目、awakeで早速その兆しは。

2コーラス目のBメロだったかな?

完全にヒロの声だけにする大ちゃんのアレンジに、ホントこの人、ヒロのこと大好きだよねって思ったわけです。

ヒロの声の一番いいところとかも解ってるし、どんなタイミングで何をしたって絶対大丈夫っていう信頼感がなせる業ですよ。

この日は結構ヒロの声だけにするところもあったような気がするな。

そして2曲目に移る時、若干大ちゃんのソロっぽくなるんだけど、その瞬間に大ちゃんが会場をめっちゃ煽って、欲しがってました(笑)

もっと盛り上がれ〜〜〜ってする時の大ちゃんってホント男らしいよね。

そんなわけであっという間にご挨拶MCです。

しょっぱなからプヒプヒさせる大ちゃんに笑っちゃうヒロがね。

ホント微笑ましい表情で見るよね〜〜〜。

いつものようにご挨拶をして、すっかり夏日和だよね〜なんて話をした後に、大ちゃんが語彙を見つけられなかったのか、はたまたヒロもしゃべりなよだったのか、ヒロを伺うと

「ね!ばっちりだよね!」

ってヒロがその間を埋めて、再び大ちゃんを見た後、

「うん!」

「うん!」


って2人揃って両手をグーにして頑張るぞーって感じに頷きあってる姿が!!!!!!!!

なんだ、この可愛いの!!!!!!!!!!!!

そんな感じでこの日は解りあってる感が・・・。

そしてそのままビーヌードへ。

大ちゃんもショルキーで前に出てきます。

この日は大ちゃんがヒロをすごい待ってって、視線をちらちらヒロに向けるんだよね。

そして多分いつものタイミングでヒロは大ちゃんに近づいて背中合わせになったんだよね。

で、ヒロって背中合わせになった後、ちょっと大ちゃんの方を伺うじゃない?

その瞬間はシレっとした顔してるのに、ヒロの視線が外れた途端にニコって破顔するの、なんなの!!!!!!!!!!!!!!

めっちゃ幸せそうな顔すんのよね〜〜〜〜〜。

大ちゃん、ホントヒロが好きなの駄々洩れだよね。可愛い!!!!!!!!!!!

本人、絶対客席に向かって楽しいよアピールのつもりかもしれんが、こっちには全くそう見てませんよ(笑)

良いんです!あなたはそれでいいんです!!!!!!!!!

ビーヌードの後のミスティはホント、このアレンジ、良いよね〜〜〜〜。

ここでも確かヒロの声だけにしていたような・・・。

とにかくヒロの歌声は何処をとっても美しいので大ちゃんが音を全部絞ってヒロの声を聴きたい気持ちも十分に解りますよ。

そしてジュエリーと続き、冒頭のイントロで大ちゃんがめちゃめちゃ男らしい顔をして見せるアゲルー。

ヒロも一気にセクシーモードになるのよね〜〜〜。

この日も膝つきでグラインドをしてくださったヒロのエロいこと!!!!!!!!!!

ヒロってホント空気感を作るのがうまいよね〜〜〜。

エロさと爽やかさと可愛さの振り幅よ!!!!!!!!!!!!!!

アゲルーでめっちゃピンクな雰囲気でセクシーに踊り倒したせいなのか、次の夢見に移る時、直前までお水スタンドでジュリセンで自分を仰いでて、始まる瞬間にマイクをバッと取って歌いだしてました。

こういうところもカッコいい!!!!!!!!!!!!

歌いだした瞬間にさっきのエロさは何処へ??って感じの爽やかさで。

ホントいろんな表情を見せてくれるのがたまらんよね〜〜〜〜〜。

この夢見ではこの日、一番のイチャコラだったんではなかろうか?

2コーラス目でシンセからヒロを伺ってた大ちゃんのもとにヒロが歩いて行って、シンセ越しにめっちゃ近距離に。

そのまま頭が触れ合うんじゃないかってくらいのところで2人でニコニコしながら歌って、しばらくすると大ちゃんがGood!!って感じに親指立ててご機嫌な笑顔だったのよ。

それを見たヒロも笑顔で離れていくという。

2人で内緒話してるような雰囲気で、あの瞬間は世界には2人しかいなかったよね。

これぞaccessライブの醍醐味(笑)

客席が置いてかれる感じがね〜〜〜。

やっぱりこうじゃなくっちゃね♪

その後も大ちゃんはヒロが正面向いてるのをいいことにヒロにパンチする振りをしてみたり、とにかく幸せオーラ全開でした。

そしてこの曲の時、実は忍者が(笑)

通路を猛ダッシュしていく林さんの姿が(笑)

もうね、本当に毎回毎回頭が下がりますが、ライブ中、林さん、本当にいろんなところからヒロを撮ってくれてるんだよね。

で、この夢見の時、通路を低姿勢で猛ダッシュして最前列前に滑り込むと、一瞬後ろを向いてペコリと頭を下げてからヒロを激写(笑)

もうね〜〜林さんの人の好さが滲み出てたよ。

座りだし、みんなの視線の邪魔になったらいけないと思っているんだろうけど、これが結構な低姿勢でね、そのまま猛烈なスピードで一気に最前列まで駆け抜けていく姿はまさに忍者さながらでしたよ。

もともとスタンディングの時とかもそうだけど、ホントに視界の邪魔にならないようにめちゃめちゃ気を配ってくれるんだよね。

下手すると会場スタッフがお客さんを誘導する時よりも気を使ってくれている。

こっちはさ、ステージにしか気を配ってないから、最初風が通り過ぎるみたいな感じなのよ(笑)

で、見ると林さん、みたいな。

ホント素敵なマネージャーさんですよ。

そんな感じでステージとは別に繰り広げられる全力パフォーマンス(笑)

林さん、サイコー過ぎます!!!!!!!!!!!!!!

こうやって会報は作られていくんだなぁ・・・。

そんな感じでホワホワした夢見の後はこれまた一気にモードチェンジのスタートライバル。

この日の前奏は大ちゃんがかなり厳しい顔で厳かな空気が流れました。

ヒロがマイクスタンドを持ってくる仕草も本当になにかに敗れた人なのか、さまよう人なのか、とにかくマイクを持ってくると言うそれだけで空気感をガラリと変えてくれるのです。

が、この日気になったのはヒロのスタンス。

めちゃめちゃ中腰のように膝を曲げて右足重心なんですけれども・・・。

すごい足がXになってる・・・。

もともとそういう感じではあるんだけど、こんなにだったっけ????

曲の世界観のせいかもしれないけど、めちゃめちゃ気になってそこばっかり見てしまった・・・。

好きな曲なのに〜〜〜〜〜!!!!!!!!

そんなわけでここでMC

「なんか気持ちが遠くに行ってしまってですね、ここに戻ってくるのに少々時間がかかってしまいました。」

とスタートライバルの世界からの帰還を語ってくれる大ちゃん。

というわけでセッションレクチャーのお時間です。

「今回どうしようっか。大阪。

結構数字が入っているのでパターンを決めてたんですけど、大阪はそんなないんですよ。」


とどうやらネタを探すのも大変なご様子。

「今日、なんばハッチじゃん。8じゃないですか。これを解き明かそうと。」

「解き明かしちゃうの?」

「なんでハッチなのか。推測1としては、なんばの『ば』」

ということでとりあえずは8らしいです。

が、ここで大ちゃんが8鳴らしたんだけど、

「そんなに速くない。」

って訂正してゆっくりで叩き直したらこれまた倍に取ってるような遅さで、

「えぇ???」

って2人で混乱してました(笑)

「なんばの『ば』は波なので。」

と手で波の様子を表すことに。

「なんかちょっと演歌みたい。」

「演歌じゃない、かっこいい。ニューウェーブだから。」

「ニューウェーブなんだ。」

ってヒロも笑ってました。

「で、あと2小節あるんで、推測2としては、建物の入り口がハッチっぽい。」

「基地とか、ハッチね。」

ということでここでとんでもない事が(笑)

「1,2,3,4,5,6,7,8 ウィーン。」

って両手を上下に開ける仕草を。

「おっと、またパクリか。もしかして?♪Heart on wave〜〜。」

とあの有名なWinkのあの曲を(笑)

大ちゃんも笑いながら何度もウィーンってしてて、

「結構好きでした。」

と(笑)

「で、ウィーンってやるんだけど、違うだろうと、今日大阪なんで、『なんでやねん』と。」

どうやらウィーンのWinkポーズの後に突っ込みを入れるようで(笑)

「1,2,3,4,5,6,7,8 ウィーン、なんでやねんっ!」

と2人で決まった振りをやってくれるんだが・・・カオスや(笑)

結果この日のセッションは

1,2,3,4,5,6,7,8

波波波波

1,2,3,4,5,6,7,8

ウィーン、なんでやねんっ!

って感じになりました。

う〜〜ん。カオス。

だが、やってみると

「いいよ、いいよ。」

「いいんじゃない?いけるんじゃない?もう1回くらい練習しておこうか。」

って練習するんだけど、

「ハッチのところ(ウィーン)は恥ずかしがらないでください。」

と大介先生からのご指導が(笑)

「もうね、心の中でウィーンって言っちゃっていいくらい。」

「Winkのみなさん、すみません、お借りします。」

ってヒロが空に向かって了承を取ったりして、

「リスペクトですからね。」

って大ちゃんも。

グダグダしてきたところで、

「行くか!行こう!!Let’s Try!!!」

とヒロが半ば笑いながら強制突入。

曲が始まると大ちゃんはリズムのところ以外のところで音を絞って客席がちゃんとやるのをガン見して、そのたびに一人で爆笑してました。

ヒロもなんでやねんっ!のところがどんどんオーバーになって行ったりして、とにかくカオスだけど楽しい(笑)

こういうセッションも後半になると難易度というかネタがなくなってきてとんでも案件が飛び出してくるから楽しいんだよね。

終始クスクス笑いに包まれたPINK JUNKTIONでした。

そしてビッグタウンと続き、爽やかに駆け抜けて次の曲はどっちだ!!

出来ればハーマイが聴きたいが、I singも聞きたいのだ〜〜〜。

TRY AGAINきた〜〜〜〜〜!!!!!!!

ハーマイ確定です!!!!!!!!!!

あぁ・・・でもI sing聴きたかったなぁ・・・

希望としてはI sing、ハーマイにしていただけたら・・・。

そしてもはや新曲とは思えない新曲(笑)

イントロ聞いて、待ってました!これこれ!!ってなるって、どんだけ新曲に馴染んでるんだよ・・・。

初日から大ちゃんも言ってたけど、やっぱりシンクビートが細胞レベルで宿ってるんですかね?

あっという間に馴染んでしまった・・・。

しかし、やはり歌詞が気になる〜〜〜。

ヒロの伝えたいメッセージをもっとちゃんと知りたいよ〜〜〜。

早く歌詞カードプリーズ!!!!!!!!!

そして大好きハーマイ!!!!!!!!!!!

やっぱりこの曲、サイコーなんですよっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


メロディもそうだし、歌詞も空気感も全てがゾクゾクしますなぁ〜〜〜〜。

そしてこの時の大ちゃんの容赦ないアレンジというか、割とこの曲の時ってヒロの歌声と戦わせるようなアレンジするじゃない?

そういうのもゾクゾクするひとつの要因だったりするのかもね。

共存しながらも安定しないって言うかさ、それがホントにこの2人の姿勢そのもののような気がするよ。

とにかくいろんな意味でサイコーなんですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そして次の曲・・・

ひゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

シーメデ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


いやいや、結構このgrand museの冒頭にシーメデを入れるのはやってたんだけど、こんなにも随所に入れてくれてるの初めてじゃない???

冒頭部分もどちらかというと混ぜてるくらいの感覚で、こんなにもはっきりシーメデがっつりで始まったのって・・・。

とにかくシーメデは私にとっても特別な曲なのでめちゃめちゃ嬉しいし感動する!!!!!!!!!!

多分、シーメデを聞かなかったらこんなにがっつりはまってなかったと思うわ。

デリプラもそうだけどコンセプトに弱い・・・。

この日は間奏のところでもかなりシーメデで、grand museのもとの音に大ちゃんが手弾きでシーメデを足してくれてて、今まで大ちゃんの神アレンジはいろいろ聞いてきたけど、これはかなり上位に来るのではなかろうか。

これだからこの2人のライブは何度も行きたくなっちゃうのよね。

こうやってどんどん進化していく。

またさ、シレっとこういうことやってくれちゃう大ちゃんが憎いじゃないの!!!

まさに30年やってきて、みんながその曲に愛着を持ってるからこそ伝わることだよね。

そして次はmissing4

これはホント初々しい感じがして好きだわ〜。

さて、ここから怒涛の3連発!!

まずはエレナイ!!!

これを聴くとエレナイ来た!!って気持ちに一気に持って行ってくれる、やっぱり欠かせない曲だよね。

これを一番最初に聞いた時の感動というか、キターーー!!!!って気持ちをずっとつなげてくれる曲だよね。

ここでも大ちゃんがめちゃめちゃ大ちゃんが音をミューとして、ヒロのコーラスだけにしたりして、とにかくテンション上がる。

そして大ちゃんがヒロのモノマネして、それをヒロに気付かれてないのを見てガッツポーズしたりして。

これの前の公演でヒロが大ちゃんのモノマネしてプンスカしてたみたいだから、その仕返しだったのかな?

もう可愛いなぁ〜〜〜。

さらにテンション上げていきます、ソウル!!!!!!!!!!!!!!!

もう無条件でテンション上がるこのイントロ!!!!!!!!!!

疾走感がたまらないよね。

しかしこの日はここで可愛いやらかしが(笑)

大ちゃん、多分めちゃめちゃテンション上がってたんだろうね。

間奏のところ、ホントはショルキーで前に出るはずだったのに、それを忘れてて要塞でガンガン弾きまくり。

間奏になってから、ハッと気づいたようで、慌ててスタッフさんのところへ行ってショルキーをかけてもらい、そこからショルキーで演奏。

大ちゃんも思わず笑いながら「やべぇ忘れてた!!」って弾きながら喋ってる感じだった。

結構長い間、口がパクパク動いてた。

そんな忘れてた自分にも爆笑しながらそれでもサイコーの演奏をしてくれる大ちゃんなのでした。

こういうのも楽しくていいよね。

久し振りに焦った大ちゃんを見たかも。

そしてラスト曲、dive

ショルキーでそのまま弾きまくる大ちゃんと、これでもかって感じにエネルギッシュに弾けてくれるヒロ。

早くこの曲で「カモン、大介!」が言えるようになるといいなぁ〜。

しかしこの日はあの例のところでのお尻ぺんぺんはなく・・・。

というか近寄りもしなかったのよ。

2人してニコニコしてるだけで、もう2人的には満たされてたのかもしれんが・・・。

まぁ大ちゃんがバシバシ叩き始めるタイミングも遅かったっていうのもあるんだろうけど。

この日は割とショルキー弾きまくってたからなぁ。

あの可愛いのが見られるかなぁ〜〜って思ってたのでちょっぴり残念でした。

しかし、この後はける時、正面に向かって2人で挨拶した後、大ちゃんが今日はサービスが少ないと思ったのか、ロンTの裾をガバッと持ち上げて中の短パンまでがっつり見せてくれました。

それはそれは男らしい、潔さで(笑)

それを見ていたヒロ、自分もはける時に一旦立ち止まってシャツの裾をぴらっとめくってくれたんだけど、もちろん大ちゃんのように何かが御開帳されるわけはなく・・・。

本人もいまいちと思ったのか、むーん・・・な顔をしてその後、笑いながらはけていきました。

そうなんですよ。この日、大ちゃんあんまりピラピラしなかった・・・。

1回下手側だったのかな?でめくって見せてたみたいなんだけど、あとは特にショルキー弾いてる時にピラピラさせることもなく、ヒロとくっついた時に見せるでもなく・・・。

ただかなり足上げてキックしたりしてたのでそのライン上にいた人はがっつり見えてたと思いますが。

あとは上手前方で膝立ちして長いこと弾いてたからそのラインの人はかなりガン見できたのでは・・・。

ただ正面だと角度的な問題でサービスショットが少なかったのは事実。

それを思ってなのか、最後にサービスしてくれたんだとしたら、やっぱりこの人あざとすぎる(笑)

まぁ需要と供給のバランスをよく解っていらっしゃるというか、さすがです、大介さん・・・。

そんな感じで本編は終了しました。



一旦切ります。



















sakurajun9tion at 16:28|PermalinkComments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

2022年06月12日

エレナイ完走おめでとう!!

オーラスまで終わったよ〜〜〜。

仙台行きたかったよ〜〜〜〜。

こんな時間にこんばんわ???さくらです。

今年もエレナイが終わってしまった。

まぁ今日のファニコンの様子を見ると、配信ありますね( ̄ー ̄)ニヤリ って感じですけど。

いつだろうね〜〜〜。

いろいろ予定があったりするので被らないといいな〜〜〜。

そんな仙台に行けない淋しさを埋めるために本日いろいろ予定を入れたのですが・・・。

初めてドライヘッドスパなるものに行ってきましたよ。

普通のヘッドスパは髪の毛切る時にやってもらったことあるけど、ドライってどうなの???って思ったんだけど、最近眼精疲労が酷くて、ちょっとでもよくなれば・・・みたいな気持ちで行ってまいりました。

うん、普通にマッサージみたいなもんだね。

でもすっきりしました!!

多分ね、パソコンなんですよね〜〜〜。

そろそろ本格的に眼鏡を作るべきなのか・・・。

微妙なんだよな〜〜〜と思いつつ今に至る。

ブルーライトカットだっけ?あれを付けたらいいのでは?と今日、整体の先生にも言われ・・・う〜〜〜ん・・・どうしようかな〜〜〜。

それなら合わせて度付きにした方がいいのかな〜〜でもな〜〜〜みたいな。

眼鏡すると目の悪さが進行するって聞いたことがあって、それで悩んでいる。

あれってホントなのかな???

そして眼鏡を作ったことがないので、どんなフレームがいいのか全く分からず・・・。

だれか〜〜〜見立てて〜〜〜〜〜。

そんな感じで多分まだしばらくうだうだしてそうですけれども・・・。



そんな話は置いておいて、エレナイ完走記念と言ってはなんですが、


お話アップしました〜〜〜!!!!!!!!!!!!


久し振りに書いたぜ!!!!!

というのもね、大阪がさ、なんか達観してたのよ。イチャコラ。

それを見て、う〜〜〜ん・・・って思って、それで書いたっていうのもあって。

まぁ楽しんでいただければ。

ホントに今、書きあがりほやほやで、アップ作業が終わったところなんですよ。

こんな時間まで何やってんだよ・・・って話なんだけど。

ホントは先週書きあげたかったんだけど、上がらず・・・。

でもエレナイオーラスにあげられたからいいか!


そしてお知らせしていた通販も本日いっぱいでございます。

今年は記念日にも頑張って出したいな〜と思っています。

まだ何も手を付けてないけど(苦)

HPを見ていただければもうお解りかと思いますが、再録本もあとちょっとですね。

奇しくも30thにこうしてお祭りっぽく出来てるのも何かの縁でしょうかねぇ〜〜〜。

我ながらよくこんなに書いてるな(笑)


なんだか界隈がちょっとゴタついていた模様ですが、そういうものともさくらはずいぶん遠くなったなぁ〜と。

今はTwitterが主流でこうしてブログを書く人もほとんどいなくなったので、ある意味自由になったかなぁと思っています。

SNSは便利だと思うし、楽しいツールだとは思うけど、人それぞれ温度感も使い方も考え方も違うものだからね。

自分の常識は相手の常識じゃないんだなぁと改めて。

便利だからこそ、みんなが気軽に使えるようになってしまった弊害もあるのかなと思ったりもします。

本当にスルースキルが問われる時代になったなぁ。

メンタルよわよわなので、危うきには近寄らずですわ。



そんなことは置いておいて・・・。

今年もシャクヤク月間が終わりを迎えました。

去年からお花を飾る生活を始めて、出会って好きになった花の一つがシャクヤクなんですよ。

シャクヤクは結構手間がかかって、咲かなかったりもするし、咲き始めると本当にあっという間に大輪のお花を咲かせてくれるのでお家にいられるからこそ楽しめるお花だなぁと思います。

去年はね、まだよく解らなくて、咲かせてあげられないお花もたくさんあって、負け越してたんだけど、今年はかなり咲いてくれました!!!!

ホント、どれだけ買ったかなぁ・・・。

1か月中に11,2本買ったかも。

咲かなかったのは3本。

最初に買ってきたサラベルとバンカヒルが途中まで咲いて終わっちゃって、悔しいからリベンジしたのよ。

そしたらバンカヒルは咲いたんだけど、サラベルは結局同じくらいまで膨らんで終わってしまった・・・。

なんでじゃ〜〜〜〜!!!!!!!!!!

シャクヤクはいろんな種類があって、それぞれ花びらも違うし、味わいがあっていいです。

今年買った中で好きになったのは白妙と富士。

白妙は真っ白なお花で、富士はピンクなんだけど、咲き方がこんもりしてるの。

_20220516_011805_20220525_160148


























これだとちょっと解らないね。

こっちはルーズベルトと富士。

ルーズベルトも可愛かったよ。

_20220528_010423








ルーズベルトは写真だとちょっと白っぽく見えるけど薄ピンクなの。


_20220528_010508


これはリベンジしたバンカヒル。

きれいに開いてくれました。

ホントはちょっと濃いめのピンク。







_20220602_134450_20220606_025855













これもふたつとも品種が違うの。

夕映と吉水。

シャクヤクはホントにちょっとの間しか出回らないから、この時期、すごい買ってしまうのよね(笑)

手間のかかるところも含めて愛しいお花です。

毎日、明日は咲くかな〜まだかな〜〜ってワクワクさせてくれる。

まだいろいろな品種があるので来年もまた楽しみたいと思います。



ヤバイ、夜が明ける・・・。

そんなわけでダラダラとお喋りしちゃいましたが、取り合えずは無事に春ツアーが終えられてよかったですね!

今年は秋冬、あるよね?

それもファニコンで発表かな〜〜〜。

それとも配信の時まで引っ張るのかな〜〜〜。

30th、この2年間、2人もいろいろ我慢してきたと思うし、お祝いもしたいし、とにかく2人が楽しんでくれる1年になったらいいなぁ〜。

私達は、2人が幸せならそれでいい!!!!!!

ファンのためと思ってくれるなら、お2人が楽しく幸せでいてください!!!!!!!

そしてたま〜〜に仲良しのおこぼれをいただけたら、それだけで生きていけます(アホ)








sakurajun9tion at 04:15|PermalinkComments(0) ブログ・HP | 独り言

2022年06月05日

つらつらと・・・

本日、福岡。

誕プレ贈呈式はまた別に・・・ということで配信か?配信なのか??と心ときめかせているさくらです。こんばんわ。

まぁ、おそらくファニコンだろうけど・・・。

ヒロ誕も慌ただしく過ぎていき、大ちゃんの可愛い『ヒロ ハピバ』のインスタにほっこりしながら、私も飲みましたスタバのメロン。

何なのよ、可愛いのよ、いちいち!!!!!!!!

とまぁ、そんな感じで萌え転がっております。

久し振りにヒロ誕もあったことだしってことでお話でも・・・と書き始めたはいいものの、終わらねーーーーーーー。

あ、誕生日とは全く関係ない話なんですけど(苦)

そんなわけでちょっと先になるかもですが、頑張って書きます。気長にお待ちくださいませ。

というのもちょっとまた新しいことに着手することになりまして、テスト的にね。

そっちのネタも考えなきゃいけないって感じなのです。

ダンスの方でね、ちょっとしたnote的なものをやろうかと。

まだどんな形にするかも含めて検討中なんですが、ありていに言えば妄想の仕方みたいなものを(笑)

表現って何ぞやみたいなことなんですけど、ここ最近、どういうふうに想像を広げたらいいのっていう質問をいろんな方からいただいたりしていて、そんなに需要があるのかと。

もちろん私の妄想の仕方がすべてではないけど、考えるきっかけ、とっかかりみたいなものにしてもらえたら・・・っていう観点からちょっと考えてみようかなと。

ワークショップ的なものを、って話があったんだけど、なかなかみんなの時間が合わなくて、それなら読み物でもある程度まではいけるんじゃないかっていうのが事の発端。

もちろんそれを身体にどう反映するかみたいなところはまた考えなきゃいけないんだろうけど。

まだ話が漠然としすぎてて、どこから手を付けたらいいのかって感じなんですが、自分の勉強のためにも少し頑張ってみようかと。

そんなわけでここ最近、そっちのプロット作りなんかもしたりして・・・って感じなのです。

何やってるんだろうね、ホント(笑)

そんなことを考えたのも今の仕事でちょっとそういうジャンルのお手伝いをしているからっていうのもあるんだけど、ホントにライターさんは尊敬します。

どうやったらあんなに簡潔にレポートが作れるんだろうか。

私はただダラダラとになってしまうわ・・・(苦)

でもこれでまた新しい世界の扉が開いたらいいな〜〜〜♪

それもこれもヒロのポジティブなやってみよう精神に感化されたっていうのもあるけど。

ホント、ヒロの存在は大きいなぁ。

あ、もちろんレポも忘れてないですよ。ちゃんと書きます。

実は大阪行ってきました(笑)

書き始めたお話はそんなところからの着想で・・・。

はてさてどう転がるやら・・・。

今年は30周年yearなのでもうちょっとしっかりお話も書けたらいいなとは思っています。

現在再録本の受付中ですが、記念日にもちゃんと出したいと思っているので、そっちの準備もしなきゃ・・・みたいな。

なんだかんだ欲張りすぎですね(苦)

どうかな〜〜どこまで出来るかなぁ〜。

だってあっという間に6月だし、こんなペースで今年もあっという間に年末なんだろうね。

ホントビックリするわ。


そんなこんなでちょっとおしゃべりに来ました〜。

今日はちゃんとご飯食べよう・・・。

そんなわけでまた〜〜〜〜。






sakurajun9tion at 20:48|PermalinkComments(0) 独り言 

2022年06月03日

通販のお知らせ

先にもちょろっとお知らせしておりましたが、今年も行います!

再録本の新刊出します!

今回の通販期間は

2022年5月21日(土)〜2022年6月12日(日)24時までです。

今回の再録本は2012年〜2013年までのもの、232ページです。

過去のものも再販いたします。

ご希望の方は下記のリンクから詳細をご確認の上、申込フォームへお進みください。


こちらから



毎度の事ですが、こっそり行っている事ですので、くれぐれもご本人、関係者の方の目に触れることのないように・・・

同志の方のみでニヤリと楽しんでいただければと思います。

通販中の進捗、通販の速報などは下記のツイッターでお知らせしています。

よろしければチェックしてみてください。

LO:2:REATH
@LO2REATH_infor


またお楽しみいただければ嬉しいです。







sakurajun9tion at 00:00|PermalinkComments(0) 駄作 | ブログ・HP

2022年05月22日

極寒耐久ライブ その2

というわけでアンコールです。

本日そろそろ札幌が開場する感じかぁ・・・。

いいなぁ・・・。

こちらは豊洲のままですが、頑張ります・・・(泣)



というわけでツアーTにお着換えして、生足も封印してのご登場。

喋り始めたのも束の間、大ちゃんがもぞもぞし始めて、どうやら後ろから回してるイヤモニのコードがうまくセットされていなかったみたいで、余裕分がなかったみたいなのね。

なので引っ張られた状態で顔を前に倒せない。

「ちょっと短すぎちゃったのね。」

「これじゃ前向けない。ちょっと喋ってて。」

って舞台袖に歩いて行くとスタッフさんに後ろ見て〜って。

「いいよ、みんなで見てる。」

って大ちゃん待ち。

こんなのも2人のライブならではの楽しさだね。

というわけでこの日は早速30の話題。

「結構適当ですね。」

「いいんだよ。適当だから。」

「そーだよね。」

「うん。多少適当な方がね、良いふうに転がる時もあれば、ただのグダグダになる時もある。」

「だから今日はシモに頼らないようにしないと。」

「いや、オレは良いんだよ?」

「いっか!」

「(苦笑)行きたいの?」

やっぱりシモ発祥は大ちゃんであることが判明しました(笑)

ということで今日は大ちゃんから。

今日はみんなここまで何で来た?って話から、

「僕が乗ってた頃はまだ営団地下鉄って言ってたんですけど、有楽町線。僕は実はホントに豊洲は良く通ってたんですよ。なぁんでだ!」

「なぁんでだ!なぁ〜〜んでだぁ!」

ってヒロが子供みたいに言ったのめっちゃ可愛かったのよ。

大ちゃんの答えは有楽町線で豊洲を通り、新木場まで行くとJR京葉線に乗り継ぎが出来るからで、

「そこから2駅だっけ?行くと、舞浜があるんですよ。」

「あぁ〜〜〜そっか!なるほどね。」

とヒロも納得。

それが何で30??と思っていたら、

「皆さん、地下鉄って最初乗った時、いくらだった?子供の時。ま、世代がばれますけど、僕は浅草から上野まで乗った時、30円でした。」

ということで地下鉄を思い出したらしく、

「すごくない?子供の時、30円だよ?大人で60円。」

「確かに確かに、あったかも60円。」

ってヒロも遠い記憶をよみがえらせていると、

「あったよね?よかった〜同じ年で。」

「違うけどね。」

とどさくさに紛れて同い年にしようとしているのを聞き逃さないヒロなのでした。

が、やっぱりそんなに安かったっけ?と疑問に思っていたらしいヒロ、

「僕でも埼玉だけど、もうちょっと高かったような気がするな〜。」

「ねぇ、埼玉って地下鉄あるの?」

「埼玉は地下鉄ないですよね。僕は大体、西武新宿線か西武池袋線で、バスに乗って帰るんだけど、バスがね、60円以上した気がする。」

と世代の差をアピールしてました(笑)

そんな安かったんだ・・・、100円以下の記憶が・・・世代がバレるのでこれ以上は言いませんが(笑)

そして次はヒロの話。

「こないだ、スタッフ間で、ちょっとアプリをやってみようって話になって、」

「マッチング?」

とすぐに食いつく大ちゃん(笑)

「やってみたいけど、やったことないからね。」

って話を進めようとすると乙女大介が発動し、

「どうする?ヒロが来ちゃったら。」

と何とも嬉しそうに・・・(笑)

そんなヒロが試したのはカメラを向けると何歳に見えるかっていうのを判定してくれるアプリ。

「そしたら私、なんと・・・36歳!!!!」

と得意げにポーズを決めてました。

これがヒロの『30』代の話らしく、

「それで、うちのスタッフ、林さん、41歳。勝ちましたね。」

とおにぎりさんのことまで暴露し、

「ちょっと、林さんのホントを知らないもん。」

「彼女は僕のね・・・1個くらい下ですから、実際は。」

とまさかのカメラが入っているところで実年齢をバラされるという・・・(苦)

そういうところだぞ!!貴水博之!!!!!!!!!!(爆笑)

絶対終わった後、怒られてるだろうな〜〜〜。

美容の力はすごいですね〜なんて大ちゃんにも言われ、

「それで、あれですよ、大ちゃん。僕、今回のツアーでゼラチン話、してるじゃないですか。」

「気をつけてよ。」

とまたしてもシモへ誘導尋問しそうな大ちゃんに笑いつつ、

「ゼラチンって調べたら、関節とかにいいらしい。コラーゲン。だからオレ、これからもゼラチンを使おうと思って、粉ゼラチンを1キロ買いました。」

アホか(爆笑)

ホント、極端なんだよね〜〜〜〜、この人(笑)

大ちゃんも1キロってさ・・・ってどのくらいの量なのか疑問に思っていましたが、軽い業者だよね。

そしてゼラチンにご執心なヒロ、

「ゼラチンって英語でなんて言うか、知ってる?」

「え!?ゼラチン自体が英語じゃないの?ちょっと待って、ゼラチンって元は?」

「ゼラチンは日本語っぽい言い方で、」

ってたっぷりためた後、

「ヂェラティン。」

と得意げに・・・。

「言い方の癖が強いんですけど・・・。」

と呆れ顔で言った後、ふと、

「癖が強い。」

と千鳥のモノマネをして言ってくださいました。多分ヒロ、解ってない(笑)

そんな感じで30の話はおしまい。

最近はみんなが話を聞いてくれるのがありがたいと言う大ちゃん。

「だって趣味の話とかしてても、あーハイハイ、って。」

とスルーされているご様子で、ライブだとみんなが必死に自分たちの話を聞いてくれるのが嬉しいらしいです。

だからいつだって日常を垂れ流してくれていいんだよ???

そんなわけで大ちゃん、まだまだ話します。

「最近ね、面白かったっていうか、びっくりしたっていうか、」

ということで話し始めたのが、入浴剤の話。

お風呂にいい香りのオレンジ色になる入浴剤を入れたんだそうな。

「入れたんだけど、お湯とか足していくと段々薄くなるじゃないですか。そこでもうちょっとなんか・・・。」

とどうやらいい香りや入浴剤使ってます感を味わいたかったらしく、

「そうだ、味変してみようって。」

入浴剤で果たして味変というのかどうかは疑問だが、もう一つお気に入りの入浴剤を加えたんだそうな。

「濃い青になる、それも大好きなんだけど、それ入れたら途中で匂い変出来んじゃん!って、入れました。どうなったと思う?

赤系のやつに濃い青を入れたら、ただの黒!もうね、ホントにね、泥水に入ってるみたいな色。」


「いいじゃん、流行ってるじゃん、今、泥のやつとかって。」

とあくまでもポジティブすぎる提案をするヒロに、

「そっか!」

と騙される大ちゃんなのでした(笑)

この後はインフォメーションをして、恒例のアンケートを取り、真面目なお話もしたりして。

この日はヒロも真面目なお話をしてくれました。

「ホントに明るいだけの毎日じゃないのはよく解ってます。皆さんもいろいろあるでしょうけれども、そういう時だからこそ、自分がやれることって何なんだろうなって思って、やっぱステージ上でほんの一瞬でも、1ミリでもみんなが明るい気持ちになってくれるように自分がね、出来ることをやろうって痛感してますんで、ちょっと大げさな言い方になっちゃうかもしれないんですけど、自分の人生をかけてこれからもね、皆さんがちょっとでも明るい気持ちになってもらえるようなパフォーマンスをしていけたらなと思ってますんで、皆さん応援よろしくお願いいたします。」

とこんなふうなことをおっしゃっていました。

こういうの聞くと、やっぱり嬉しいよね。

ヒロの前向きな姿勢に力を貰ったりしてるのは確かだし、ヒロの存在が原動力になっていることももちろんあるしね。

そんな話をしている間に気付いたら2人の距離がすごく近くなってて、それに急に気付いたのか、

「このくらいの距離は良いんだよね?」

とかって確認とってたりして、

「今日、本番中に、い〜けないって(diveのバックハグの件)思ったからね。」

「ほっとくとくっついてますからね。」

何!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

サラッと今、なんつった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




ホットクト、クッツイテマスカラネ・・・。



そーですか、そーですか、無意識なんですね〜〜〜。

求めあう引力ですね〜〜〜〜(アホ)

それじゃあもうしょうがない!!!!!!!!!!!!!!

というわけで

「もうちょっと音、聴いてきますか。」

ということでラスト2曲へ。

が・・・アレ???

ここからLovin' youにどう繋がるの???

え???えぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

新曲!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

この曲がどういう扱いになるのかちょっと不明なので、多くは語りませんが、もしかしたらLovin' youみたいにライブだけでやる特別な曲にするかもしれないのでね。

でもまだ未完成なの?それともこの尺で終わり???っていうくらいあっという間だった。

でも音も歌詞もちゃんとついてて、当たり前だけど、歌詞は日本語と英語が半々って感じだったかな?

穏やかな、イメージとしては20th Sincerelyとかが近いかな。

歌詞の内容もはっきり全部が解ったわけじゃないけど、Lovin' youの大人版みたいな感じだった。

これぞ30年連れ添ったからこそ伝えたいメッセージなのか!!と深読みできるくらいにはラブレターでした。

これの詳細も求む!!って感じ。

盤にして出してくれるのかな?どうなんだろう。

2人ともこれについては詳しくコメントもしなかったし、曲が終わった後も、大ちゃんが優しそうに頷いて見せただけで、すぐにラストのドラマメに行ってしまった。

全部が終わった後に、

「今日はまた、新しいメロディが・・・。」

「そうですね。」

ってそんな感じだった。

その新曲のドキドキに引っ張られたまま気づいたらドラマメが終わってたみたいな感じでした(アホ)

もう何回か、じっくりこの曲を味わいたいです!!!!!

答えは配信の時に解るのかな?

流してくれたらそういうことだし、流れなかったらライブ限定ってことだよね?

でも片やLovin' youで流さない曲だから・・・だからカメラ入る豊洲では違う曲をやったのかな?とか、今でももやもやしている。

とにかく素敵な曲であったことは確かです!!!!!!!!!!!!!!!

はぁ〜〜〜気になる〜〜〜〜〜〜。


そんなわけで、これだけ素敵なライブの内容だったのに、終わった後の感想が「寒かった・・・」なのは残念でならん。

明らかにアゲルー以降室温下がってたし、ヒロちゃん余裕な感じだったし。

お2人はライト浴びて、動き回って、暑いのは解りますが・・・こちらは3時間近く冷蔵庫の中に入れられたような気持ちでございました。

終わってトイレに寄った時の手洗いのお湯の温かかったこと(泣)

身体の芯まで冷え切ってしまったので、お風呂につかるまで末端に体温が戻りませんでした。

過去最高に寒いライブでした・・・(笑)

詳しい内容は配信を待ってくだされ・・・って、あるよね?配信(笑)














sakurajun9tion at 18:13|PermalinkComments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

極寒耐久ライブ

あっという間に5月も半分過ぎて、私の時間は何処へ・・・なさくらです。

こちらも滞っておりまして、申し訳ないです。

頑張っていきますよ〜〜〜。


というわけで豊洲です。

この日はね、今回ツアーで一番いい席だったので、かなり期待して向かったわけですよ。

が・・・!!!!!!!!!!


寒すぎて死んだ・・・。


ライブが終わった後の感想が「寒い・・・。」の一択って何よ(笑)

会場は完全にヒロちゃん温度になっておりまして、それってステージに近い前方だけかと思ったら後ろの方の席の方でもそう言ってらっしゃる方がいたので会場全体が冷蔵庫状態だったんだなと・・・。

だって!!ヒロちゃん、汗かいてないもん!!!!!!!!!!!!!!!!

大体、2,3曲後には顔にも汗かいててタオルで頻繁に拭ったりする姿を目にするんですが、今回、全然涼しい顔してんですもん!!!!!!!!!!!!!

もちろん薄っすらとはかいてますけど、いつものあの流れる感じじゃないんですよ!!!!!!!

この日はカメラが入っておりまして、おそらく美しいお姿を崩したくなかったのだろうことは理解できますが・・・


寒すぎだよ!!!!!!!!!!!(号泣)


そんなわけで記憶が遭難者ぐらい曖昧なんですが、そこはいずれ配信されるだろうことを祈って・・・。

この日はもちろん期待するのはまずは大ちゃんの衣装!!!!!!!!!

横浜2日目での落胆。

折角一番の接近エリアで拝謁できるのだから、頼みますっっっ!!!!!!!!!!!!!!

生足カモン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


暗転になってヒロが先頭で出てきた瞬間にガッツポーズしたよね(アホ)

だってヒロの衣装が横浜初日と同じだったから。

これならきっと大ちゃんも!!!!!

ありがとうございますっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!

生足確定!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)


思わず隣のRさんと頷きあったよね(アホ)

というわけでカメラにも収まることだし、心置きなくピンポイントで視姦させていただこうかと・・・(変態)

この日は割と大ちゃんが音数を絞ってヒロの声を聞かせてたようなイメージが強かったかな?

エレナイってなんとなくのイメージだけど、初日から数回は割と大ちゃんもアレンジ軽めで、とはいっても神の所業ですから普通ではないんだけど、音もまんべんなく入ってて・・・みたいな感じなんだけど、そこから音を絞ってヒロの声にフューチャーする期間があって、ラストに近づくにつれてアレンジがゴリゴリになってヒロと対決みたいな感じになる気がする。

後半に向かうにしたがって大ちゃんが容赦なくなるというか・・・。

時々ホントにビックリするような音をぶつけられながらそれでもヒロが歌ってるみたいなことあるもんね。

ホント、テッカンじゃないけど、エレナイの芯はヒロの歌声なんだろうな〜。

それがあるから成立してるというか。

アレ、だって大ちゃんのアレンジだけ聞いたら何の曲か全く解らない部分、絶対たくさんあるよね。

そんな感じでこの日もかなりせめてるアレンジを聞かせてくれた大介さん。

大ちゃんってホント客席の反応をよく見てるというか、それを見てニヤニヤ楽しんでる部分があるよね。

まぁそういう姿を見るとこっちも楽しいし嬉しくなるんだけど。

そんな感じでAwake、We’llと2曲披露したところでご挨拶。

いつもの感じでご挨拶してプヒプヒを鳴らしてみたりして、通常運転です。

が、この日、確か30周年の話になった時に、大ちゃんが30thを

「さんじゅっ・・・す。」

と言い出して。

何故に「30」だけ日本語(笑)

言った後に自分でもおかしいと思ったのか、?な顔をして、

「サーティース!さんじゅっすってなんだよ。」

って自分に突っ込んでました。

そして

「今日は、カメラが・・・チラホラ見えますけど。」

「みんな気にしないで盛り上がってね。オレらちょっと気になるけど。」

ってヒロが素直なことを言うと大ちゃんが苦笑しておりました。

そんなわけで

「思いっきり懐かしい曲、やろっか。」

ってことで始まったBe Nude。

さぁ、ここからショルキー生足のターンですよ!!!!!!!

ヒロちゃん、あんまり見てなくてごめんね。

だって、だってさ!!!!!!!!!!!!わかるでしょ?

惜しげなく見せてくださる生足を近距離で堪能。

大ちゃんって結構筋肉質というか、筋張ってるんだよね。

で、ショルキーを腰に乗っけるようにしてのけ反って演奏するじゃないですか、見えますよね、中まで。

この席、サイコー過ぎる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

またさ、大ちゃんがサービスなのか何なのか、ステージの前っ面ギリギリまで来てくれるからさ〜〜〜。

これが1メートルでも後ろに下がってたらあそこまで覗けなかっただろうな〜〜〜。

カメラさん、下からのアングル、撮ってないかな〜〜〜。

めくらなくても中のショーパンが見えるって、なかなかじゃないですか?

そんな生足を堪能した後はヒロちゃんのエロエロを堪能しようということでミスティ。

ホントこのアレンジ、いいよね〜〜〜〜。

今の2人にあってるっていうか、大人な感じだよね。

これだってもう30年近く前の曲なのに、まだまだ進化してるからね。

そしてまだまだ続く懐かしメドレー。

こちらは割と原曲の雰囲気を残してくれているジュエリー。

2人で指さしあったりして、そういうところのこれこれ!っていう安定感もやっぱり捨てがたい。

この辺ではね、ヒロちゃんも若干汗かいてて、寒いながらもちょっとましになってきたかな?って思ったのよ。

そして次のアゲルーで・・・一回ヒロちゃん、はけるじゃないですか。

アナタ、絶対冷房強くして!!って言ったでしょ!!!!!!!!!!!!!!!

アゲルーの時はこっちも手振りで動いてたからちょっとあったまったかも!って思ってたのに、そのあと、さらに冷蔵庫温度が増してる!!!!!!!!!!!!!

この日のアゲルーの冒頭部分は確か、大ちゃんが結構シンセを弾いてくれてた気がする。

そしてここで初めて気づく、大ちゃんの叩いてるスティックの先、オレンジ色のテープが巻いてある!!!

もしかすると暗転中にも掴みやすくするためのチッコウかもしれないけど、それなら持ち手の方に付けるよね?

だからそういうデザインなのか、もしくはそこにセンサーみたいなものがついてるのか、その辺は機材に詳しくないので全く解らないんだけど。

こういうところが発見できるのも接近エリアならではの楽しみ方。

こういうことはホントにそうそうあることじゃないので、視界の限界に迫る勢いでガン見しますよね(アホ)

そうそう、大ちゃんのシャツの柄も全然ウサギじゃなかった(笑)

やっぱりこういうのも近くないと解らないことよね。私、野鳥しないので。

そしてこのアゲルーではニコ生カメラのすご技を!!!!!!!!!!!!

ニコ生だよね?カメラ(笑)

この曲の途中でヒロが跪いて腰振ってくれるんですけど、それをすかさずキャッチしたカメラさん。

ヒロが座るのと同時に、距離を詰めて下からあおりで股間からパーンアップしてくれていた!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

どうかその映像が採用されていますように!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


つか、このカメラさんたちも我々ファンによほど鍛えられたのだな・・・。

ニコ生配信するようになってどのくらい?

下手したら10年近くになるんじゃなかろうか?最初はUstreamだったからね。

そんな裏側も見れたりして、ライブとは別のところでも楽しめた(笑)

この日はね、カメラさんの映像が気になってね〜〜〜。

カメラさん、舞台下に一人と、下手袖に一人、上手にいたかな???

あとは後ろと中通路くらいのところに左右に一人ずつって感じだったのかな?

おそらくだけど、下手カメラは割と大ちゃんより、要塞が近いからね、舞台下はヒロを追ってることが多くて、舞台下のカメラさんにはカメラの上側におそらく下手のカメラさんが撮ってる映像が小さなモニターで映ってて、それを見ながら被らないように撮ってるみたいなのね。

そういうのも見えるからさ、そっちも気になっちゃって、とにかく目が忙しい(アホ)

こういう感じにしていつものあの配信用の映像が出来てるんだなぁ〜って思った。

まぁ良いところはカメラさんも抑えたいところってことで、割と視界をカメラさんにさえぎられてしまうこともあったりするので、見えない分そのモニターをガン見してしまうという裏事情もあったりするんだけど(笑)

そんな感じなので、おそらくカメラさんもファンの見たいところは優先して抑えるようにしてくれてるんだろうけど、なんせ舞台下のカメラさんは一人なので2人が同時に楽しいことしてるとどちらかしか抑えられないわけで・・・。

まぁそういうところは後方の若干引いたカメラにお任せなんだろうけど。

夢見でもね、大ちゃんが要塞から見えないくらいまでしゃがんでジャンプしたり、ジャンプしてくるかと思ったら横からチョコンって顔出したり、そんな可愛いことをしてくれてたんだけど、多分その瞬間、舞台下カメラさんはヒロを撮ってたような気がするわ。

下手カメラさんに期待したいところだが、角度的にあれは正面カメラじゃないとなぁ・・・。

早く配信で確認したいところです。

って、配信あるなんて一言も言われてないけど(爆笑)

そんな夢見の後はこれまたムーディーでヒロが美しいスタートライバル。

ここは照明もホントに美しくて、ヒロの指先まで美しくて・・・。

大ちゃんも厳かな感じでね。

割とこの日は弾いてた気がするな〜〜。もう記憶がいろんなものと混ざってきてしまっているけど(苦)

やっぱりこの曲は弾く割合が多い方が個人的には好み。

メロディがいいからね〜〜〜。

そんなわけでプヒプヒからのセッションコーナーです。

この日も大ちゃんが手、痛くない?って聞いてくれて、

「こっち(syncドゥンドゥン)の方がソフトだからね。」

って言った後に、

「ソフト(syncドゥンドゥン)がいいか、ハード(タンバリン)がいいか。

そういう話じゃないか。」


ってヒロの方に(笑)

どうしても下に行かせたいんですね〜〜〜。

「いいんだよ、いいんだよ、そのくらいは大丈夫だよ。」

って2人して笑ってました。

この日も会場にプヒプヒさせてっておねだりされて、その音を聞いてヒロはたまらなく可愛い顔をしてらっしゃいました。

ホント、可愛いなっっこのヤロウ!!!なんだね。

せがまれてる気持ちになっちゃうんだね〜〜〜。

確か大ちゃんがその音を聞いて夏の日の夕暮れの虫の声って言ってた。

この日も大ちゃん先生のレクチャーがあり、

「今日ね、何にしようか、悩んだんだよ。豊洲だから〜、10?4?

でも多いかなって思って、それでいろいろ考えたの。ここ、江東区だと思って〜、5と10と9。もっと多いじゃん!って。なのでやっぱり豊洲にします。」

ということで本日のお題は『豊洲』に決定。

とよ、までは皆さんご想像の通りです。10、4と続きます。

「で、次が問題の『す』なんだけど、これつぶした後に、膨らむ時がなんか『すぅ〜〜〜』ってイメージがあるので、4小節目はスーにしたいんだけど、その前に潰さなければいけません。」

ということで3小節目ラストに潰しておかなければいけないと。

と→10

よ→4 終わりに潰しておいてからの・・・

す→スーーーー

になりました。

これにはヒロも

「難しいね。」

ということでいざ練習。

浅倉先生のご指導の下やってみると、

「そっか、スーが難しいね。スーの前に潰しとくんだね。」

とヒロも真剣顔。

この後も何回か練習を繰り返して、ヒロも理解してきたところで、

「あの、ぴゃぁ、スーーーーーーでいいの?」

「え?」

「ぴゃぁ(潰す時の音)、スーーーーーー。」

「そう、ぴゃぁは鳴っちゃってしょうがない。」

「ぴゃぁいいって、ぴゃぁ。」

って客席にも教えるヒロ。

このやり取り、めっちゃ面白かった。

なんか2人とも『ぴゃぁ』がお気に召したようで(笑)

そんな感じでどんどん難易度が上がり始めたセッションコーナー。

「行きますか?もういいよね?」

「みんな大丈夫だよね。もう、慣れてるから、いろんなことに。だって。もう、ついてこれるから。」

って、それはヒロを含めみんなが大ちゃんの無茶振りに慣れているということでよろしいでしょうか?(笑)

そんな感じで始まった本日のセッション。

始まってヒロが勢いよくカウントをかけて、いざ!!って始めたら大ちゃんが首を傾げて、そのあと笑いだしちゃって、

「あっと??」

大ちゃんが音を止めて、

「初の、ストォーーーーーーップ!!」

「テンポが全然違ったね(笑)」

「違ったね、違ったね。」

というわけでテンポを再確認して再チャレンジ。

2人の掛け声もあって、今度はうまくいきました。

ヒロがすっごい楽しそうに

「ぴゃぁ、スーーーーー。」

って言ってて、大ちゃんもそこで音を絞って会場のスーーーーを聞いて笑ったり、お2人も楽しそうで、どんどん難易度は上がってるけど、このカオス具合が楽しい!!!!

そして再びの生足タイム、ビッグタウンです。

もちろん確信犯の大ちゃんが、見せつけるようにワンピの裾を持ってピラピラさせてみせたりして、本当にごちそうさまですっっっ!!!!!!!!!!!!

してやったりの顔してるんだもんね〜〜大ちゃん(笑)

まんまと踊らされてるけど、まぁ、いっか!!!!!

そして本日の日替わりは一体!!!!!!!!!

出来ればハーマイが聴きたいのだ!!!!!!!!!!!!!!!

待つことしばし・・・TRY AGAINキターーーーーーー!!!!!!ハーマイ確定!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そして続く新曲。

大ちゃんと一緒にダンッ!!ってやろうって思うのに、いつも始まる前には忘れてる(アホ)

そのくらいこの曲の雰囲気がほんわかで、ヒロの歌声にすべてを持っていかれているわけです。

早く、歌詞〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そして待ってましたのハーマイ。

やっぱりこの曲、好きだわ〜〜〜〜。

なんだかんだ、テーマ性のある曲が好きなんだなと思う。

ハーマイの後はしばらく穏やかな曲が続きます。

そしてラスト3曲、エレナイからのラストスパート。

エレナイではまた大ちゃんがニヤニヤしながらつまみを絞って、ヒロの声だけを聞かせてくれたりして、ヒロも一気にエネルギーを放出するようにエロオーラ全開!!!!!!

やっぱりこの曲、楽しいですっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そしてそのまま大好きソウルへ!!!!!!!!!!!!!!!!!!


この流れ、サイコー過ぎません?????

ぶっ飛んだままdiveへ突入!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

大ちゃんもショルキーで荒ぶってくださります。

生足も見納め、もちろんガン見です(変態)

そしてこのdiveでは多分みんな待ち構えている、いつ2人の接近エリアが見られるのか、今日はどんな接近エリアなのか。

そんな本日の接近エリア、ステージ中央、やや上手寄りでいつものように中腰で弾いてた大ちゃんにヒロが寄りかかるように背中合わせに。

そのまま大ちゃんは片膝ついて、しばらくそのまま。

ここでヒロがバックハグしようと後ろから手を回そうとして、ダメだよね〜〜のお約束で諦めると、この日はそれを下から確認してた大ちゃんが、

「なんだ、こねーのか?アァン???」

な目つきでヒロをガン見(爆笑)

そのあと自分も破顔して笑ってその場から立ち去っていきました。

コレ、マジでカメラに収めててほしい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これが本当にエレナイの時にポッ♡な顔をしてた乙女ちゃんかと思うくらいの男らしさでした(笑)

こういう大ちゃんの実は待ってる感じがいいよね〜〜〜。

ホント、早くイチャコラさせてあげたいです。

その後もラストのところで大ちゃんが要塞の外からバンバン新機材を叩いているのを見たヒロが、近寄って行ってお尻をポンって軽く叩いたり、ちょっとずつ通常のスキンシップが戻ってきている微笑ましさにこの2年、ホントに長かったと・・・。

まだまだ完全に・・・って訳にはいかないけど、少なくとも2人が気兼ねなく楽しめるライブが速くやってくることを願います。

そして、生足最終ラウンドの大ちゃんは、上手側でがっつり御開帳していた模様。

ライブが終わった後Rさんが教えてくれた。

もちろん私はヒロを見ていて目撃できず・・・だったのですが(苦)

カメラさん、頼みます!!!!!!!!!!!!!!!!

そして大ちゃんのショーパンはadidasだったことががっつりと見て取れたそうで・・・

「ロゴ、見えたよ。」

って報告してくださいました(笑)


そんな感じで本編は終了し、2人ははけていきました。










sakurajun9tion at 16:28|PermalinkComments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

2022年05月15日

じわじわ接近エリア その2

というわけでアンコール。

横浜、パイプ椅子がめっちゃお尻痛い・・・(泣)

他の会場も同じパイプ椅子だと思うのに、なんで???

そんなことは置いといて、アンコールです。

ステージに出てきた2人、客席でまだおトイレから帰ってきてる途中の人を見つけ、

「足元暗いから気を付けてね。」

「焦らないでいいからね。」

とかって優しい言葉をかけてくれました。

こういうのも2人の人柄というか、自分が言われた方だったらお待たせしてすみません・・・ってなるけど(笑)

そしてこの日も

「手、大丈夫?痛くない?まだ壊れちゃったり・・・なんてことはないよね?」

って手とドゥンドゥンの心配をしてくださいました。

みんながプヒプヒさせると、

「壊れてないよね。これ、壊れないよね、多分。」

ってヒロがドゥンドゥンをプヒプヒさせてると

「まぁセロテープ貼ったりとか、何回かツアー参加される方はガムテで補強したりとか。」

って結構乱暴なことをおっしゃってました(笑)

そして30周年のロゴを見て、

「すごいね。リアルに凄くない?」

「だってさ、考えてみてください。人間でも30ってなかなかじゃない?中年?」

とかって言い始め、

「20歳とかって結構あっという間に来ますけど、30ってさ、人生の・・・。」

「うん。」

「え?」

とヒロに答えを求める大ちゃん。

「なんだよ、自分で言いだしたんじゃん。」

と言いつつ優しくフォローしてくれるヒロ。

「30っていうのは確かに、なんかのこう、節目だよね。」

「そういうことだよ!」

って・・・このバランス、サイコーじゃないですか???

30年応援してくれてありがとうと一度客席に言った後、やっぱり言いますよね。

「そして、30年こうして、高い高いお声を出してくださる貴水さんもね、」

「いやいやいや(苦笑)」

「感謝しますよ。」

「大ちゃんの素晴らしいサウンドにね。」

「いやいやいや。」

ハイ、ワンセットです(笑)

「今日来てくださった皆さんの中には僕たちのこんなになった時代を知ってくださってる方もいらっしゃれば、」

とデビュー当時の初々しく横揺れする仕草をオーバーにして見せる大ちゃんに、

「こんなになってませんけどね。」

と即否定のヒロ(笑)

それに2人して爆笑したりして、お互い20代前半ですからね〜〜〜

大ちゃん、髪の毛ふわふわだったし、まだ茶色かったし。

あの頃は大ちゃんがこんなドSな女王様になるとは思ってなかったよ(笑)

そんなわけで今回のツアーのコンセプトのお話。

「改めてさ、accessの曲ってシンプルに素晴らしい曲ばっかりだなって思いましたよね。」

と30年を振り返るヒロ。

「だってさ、旅立ったら、もう、みんなのものだもん。」

「もちろんもちろん。」

「あの、大切にね、その・・・育っててくださった・・・。」

「いや、ホントにそうだよ。水を与えてくださった。」

って2人して曲を大切にしてくれてありがとうな視線で客席を見てくださいました。

そんな話をすると突然大ちゃんが、

「みんな、中華街行きました?来る時。

絶対行ったでしょ。なんかシュウマイの匂いするもん。」


「それはオレ達が食ったんだよね。アハハハ。」

「そうです。」

「弁当ね。」

ってこの日のご飯が崎陽軒だったことが判明。

「あれね。お馴染みのね。あれ、なんで冷めても美味しいんだろうね。」

「なんでだろうね。」

「だからきっと人気があるんだろうね、お弁当としてね。」

そんな大ちゃん、期間限定で出てた『おむすびシュウマイ』っていうお弁当が欲しかったらしく・・・

「崎陽軒ってさ、普通ご飯が入ってるじゃん。あそこにおむすびが、4つくらい入ってるの。崎陽軒の弁当ってチャーハンのお弁当もあるんだよね?そのチャーハンのおにぎりが入って、シュウマイも入ってて・・・。」

って熱く語ってたんですが・・・

「期間限定、つい、何日か前に終わっちゃった。」

「終わっちゃったんだ。」

「買えなかったの。食べた人、いる?」

と会場に振ると、1人いらっしゃって、

「美味しかった?」

って聞いてました。

崎陽軒で落ち着いてしまって、横浜ネタがなくなったのか、

「横浜ねぇ・・・♪横浜〜。」

とヒロが五木ひろしさんの曲を歌いだし、

「知らない方もいるかもしれませんからね。」

「今のモノマネを知らない人。」

って会場に聞くとやっぱりいらっしゃいました。

「ほら、いるって。」

とジェネレーションギャップを感じる大ちゃん。

「僕たちだってどちらかというと清水アキラさんのモノマネで、」

ってヒロが動きこみのモノマネをし始めて・・・

「♪よこは・・・ダメだね、危ないね。」

って自重してました(笑)

だよね〜〜〜この後、いけないよね〜〜〜(笑)

そんなヒロに大ちゃんが、

「ヒロはさ、昭和のモノマネ、うまいよね。最近の人達でなんか出来るのあるの?」

「えぇ〜〜〜〜〜!!!!」

ってマスオさんのような驚き方をして、

「ヒカキンが出来るとか、そういうのないの?」

「見たことはあるけど・・・。」

ってちょっとやって見せて、

「よく解んないんだよ。」

っていうヒロの隣で大満足で笑う大ちゃん。

「似てる!なんか。」

幸せそうで何よりです。

そんなヒロ疑問に思ってたらしく、

「オレさ、よく解んないんだけど、ヒカキンさんがさ、あんなに登録者数多いのが、1千万人くらいでしょ?1千万人だよ!?1千万人だよ!?」

って繰り返し言ってると

「ヒロが数字言うと高田社長にしか聞こえない。」

って言いだしたり。

「ヒロもやればいいじゃん。ヒロキンみたいな。」

って言った後、自分で思い出したのか、

「ヒロキン・・・(笑)」

ってクスクス笑ってたら

「また言うか?」

「知らないよ。」

「ゼラチン作るか?また。」

って下に行きそうになって2人してニヤニヤ笑ってました。

そんなヒロ、YouTubeとかは始める止められない、止め時が解らなくなると言っていて、

「みんな見たいですか?僕らのYouTube。」

と会場に。

そりゃあもちろんみたいですよ。何なら日常垂れ流してくれたらもう・・・(ニヤリ)

「やんない、やんないけど、アレやったら、毎日やんなきゃなんない。」

「だってすごいんだもん。コンテンツをさ〜作って、撮って、編集して載せたら、また撮ってでしょ?」

「そうだよ。寝る暇ないんだよ。」

「ちょっと空くと皆さん、別のチャンネルに行っちゃったりするんだもんね〜。

ヒロとか無理だよね。せっかちだしね。」


「そうだね。オレはどっちかって言うとファンの子の誰かの意見で、『ヒロ、ストーリーズ載せて』って言うので、」

「ヒロとかは逆にみんなドンドン言った方がいいんじゃない?」

って大ちゃんが客席に。

「いや〜〜〜もう、加減が解んなくなっちゃうからね。YouTubeもだから、行くとこまで行っちゃうかもしんないよ?」

「いいんじゃない?」

「そうなると昨日のMCなんてどこ吹く風になっちゃうよ。」

っていうヒロの発言に大ちゃんは爆笑して、

「そしたら僕は、知らない人の振りするから。」

って1人だけまともな振りをしておりましたが、大体吹っ掛けるの大ちゃんだよね???

そんなトークが行き過ぎたと思ったのか、

「話を戻すと・・・。」

と言い出した大ちゃんが

「シュウマイは、」

って言いだすと客席がざわつく(笑)

「そこまで戻んのかって、今、心の声が聞こえた。」

って言いながら、それでも話したかったみたいな大ちゃん。

どうやら今、シュウマイがキテいるらしい。

「ちょっと前は餃子が、宇都宮が流行って、その後は浜松餃子が流行ってみたいなことがあったじゃない?今度ね、シュウマイは冷凍する技術がすごいらしくて、」

ってその冷凍技術の高さで美味しいシュウマイが増えたことが流行り始めたきっかけらしい。

そんなこともあって、横浜ばんざーいって言うことでした。

するとヒロがちょっと疑問

「大ちゃんはさ、シュウマイのグリーンピースは大丈夫なの?」

と好き嫌いを把握してるダンナが。

「あ〜〜・・・とね、気付かないうちに食べてる。だって1個だもんね。」

「あれ、なんでなんだろうね?1個、ポチョーンって。」

「今日のさ、お弁当、グリーンピース、乗ってなくなかった?」

ってお弁当のシュウマイを思い出す2人。

「そういえば乗ってなかったかもね、ポチョーンって。」

って2人が話してるとどうやら客席に詳しい方がいらっしゃったようで、一生懸命ジェスチャーで説明。

「中に入ってるの?埋もれちゃって、陥没なんだ。」

って言った後に、これは下か!って思ったのか、取り繕うとしたヒロ、シュウマイをシュークリームと言い間違え、

「取り繕ってる姿が、とてもシュークリームで解りました。」

と大ちゃんにも苦笑される始末。

「でもほら、埋まってるってことだよね。」

ってヒロが正しく訂正したら、そっちの方が大ちゃんのツボに入ったみたいで、顔を背けて笑ってました。

そしてここで大ちゃんのプチクイズ。

「あのグリーンピースは、なんで乗ってるんでしょうか。」

「大ちゃんは知ってるんだね?」

「うん。5歳は知ってるよ。え〜っと、介ちゃんは知ってるよ。」

出た〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

しかし、ヒロは何のことだか全く解ってなかった様子。

そりゃあそうですよね。大ちゃんの部活ではおなじみの介ちゃん。

大ちゃんが大好きなチコちゃんをもじって部活内でだけやってることだから、ヒロは見たことないもんね。

これには客席から思わず歓声とクスクス笑い声が。

1人ポカーンなヒロ。

「????知ってるのね?」

「知ってるよ。」

って大ちゃんが自分の顔の前にドゥンドゥンを持ってきて、ちょっと声を出したんだけど、もちろん地声なわけで・・・。

「コレ、どうしたらいいんだろう。」

っていつもは機材を使って音声変えてるからね。

そして若干高めの声で

「ショートケーキを真似したから〜。」

「へぇーーーーーそうなんだ!!!」

って、驚いたヒロの声のが高かった(笑)

介ちゃんの解説によると、シュウマイを作った当時、ショートケーキが流行っており、そのショートケーキの上にイチゴがひとつ乗ってるのを見て、そういうふうにしたら流行るんじゃないかと。

それでシュウマイの上にグリーンピースをワンポイント乗せることが決まったそうな。

「じゃあ、なんかにポチョンって乗せればいいんだね、とりあえず。」

って変な納得の仕方をしたヒロ、

「じゃあ今度、このTシャツの上にもポチョンって。」

って胸にひとつではなく、2つ乗せる仕草をして・・・

会場から漏れるクスクス笑いに

「誰も買わねーわ。」

「印刷ミスだと思われるよ。」

って言ってました。

そしてこれだけさんざん喋った後に、いよいよ30にまつわる話(笑)

「30にまつわる楽しい話を、まだこれから繰り広げようとしております。」

と大ちゃんも(笑)

どっちから行く?って話をしてヒロが自分からいこうかって言うと、

「ヒロが先に話して僕のつまんなかったらヤダな。」

ってすごいわがままな呟きをしておりましたがこの日はヒロから。

「大ちゃんごめんね、オレは、30周年から始めた話になっちゃうんだけど、」

「いいよいいよ。30にまつわる話なら。」

ってわちゃわちゃやった後、

30周年から・・・。」

ってことさら30を強調して話し始めたヒロに、

「声量ズルいよ。」

ごもっとも!!(爆笑)

ヒロの30の話は

「今までと同じ鍛え方じゃ、持たないって気付いたのね、ライブ。だから、最近ちょっと体幹トレーニングを、それこそYouTubeで流行ってる人とかのを見て、約30分間やってるんですよ。」

と30にまつわる話を。

ここでもヒロのみんなにお勧め発言が出て、その説明の最中に

「普通に今まで『ダンベル』でやってたんだけど、」

ってこの『ダンベル』の言い方が頭高だったのね。

音の高さを表すと『 ̄  ̄|_ _』こんな感じ。

それを聞いた大ちゃんが、

「え?アクセント、変くない?ダンベル(平板ーーーー)じゃない?」

そう言われたヒロ、大ちゃんが言ったのと自分が言ったのと何回か繰り返して

「ごめんね、なんかあだ名みたいになっちゃったね。」

って謝ったら、

「なんかキャンプ用品(おそらくモンベルのこと)みたい。前にもこの話、したね。」

ってここぞとばかりに大ちゃんが畳みかけたもんだから、

「あなただって『イチゴ』っておかしいじゃない。」

アハハハハハハハ!!!!!!!!!!!!

めっちゃウケた。

返り討ちされた大ちゃん、ぐうの音も出ずに笑ってました。

こういうやり取り、ホントいいわ〜〜〜〜。

いつもはヒロが割と大ちゃんのこと優しくフォローするのに、時々こうやっていじってくれるのが大ちゃんてきにも私達的にも美味しい!!!

ヒロはその辺の勘所がいいよね〜〜〜。

そしていじった後はちゃんと笑いに変えてくれるし。

さりげなく謝ってくれるしね。

ホントいいダンナだわ。

そんなヒロ、ダンベルでやってても表面的な筋肉しかつかないような気がすると。

「体幹でいろんなポージングを30分間やり始めたら、結構胸の筋肉がね、ぶわって。」

って胸を張って見せるヒロを見て大ちゃんもホントだって感じに。

確かに今回のツアー始まってから、ヒロの胸筋いい感じ♪って思ってたんだよね。

体幹のおかげだったのね。

「うわっ!結構ある!なんも入れてないでしょ?」

「シリコンは、入れてません。」

「すごいじゃん!」

って大ちゃんも嬉しそうだった。

そして身をもってよかったことはすぐにお勧めするヒロ

「だから皆さんもぜひ、30分間。」

って言うと

「ヒロが動画で撮影してくれればみんなやるよねぇ〜。」

さすが大ちゃん!!

もちろん大ちゃんもヒロを見て頑張るってことですよね?

そんなヒロ、続けていられるのはヒロが見ている動画の人が

「すっごいキツくなるのよ、1分間くらい同じ態勢で。でもその時にね、

『きつくてもあなたがこのサイトに来たのは、その素晴らしい身体を手に入れたくて始めたはずです。だから最後まで頑張りましょう!』

はぁい!!!って頑張るんだから。」


動画に返事するヒロちゃん、可愛すぎるだろ・・・。

ぜひ、隠しカメラを!!!!!!!!!!!!!!!!

「その説明してくれるさ、お姉さんは可愛いんですか?」

「それ、お兄さんなんだけどね。」

ヒロが頑張るのはすべてお姉さんの動画だと思っている大ちゃん(笑)

「僕はてっきりね、そういうお姉さんが説明してる・・・。」

「うん、それはまた別の機会だから(^-^) 」

とあっさり(笑)

というわけで次は大ちゃん。

大ちゃんはベルカちゃんにまつわる話。

「最近スタッフによく言われるんですけど、ベルカ太った?とか言われるんですけど、でも変わってないんですけど、大体病院行って測ると、30キロなんですよ。」

「あ、そんな軽いんだ。へぇ〜〜〜。」

ってヒロも。

「きっと美味しいもの食べてるんでしょうね。」

「てか、変わってないんですけど、なんだろ、毛の感じなのかな?」

「毛の感じで変わるの?」

「だって、この前しばらくあってなかった人に会わせたら、森三中みたいって。うちの可愛いベルカをだよ!?」

って言ってから森三中の方も可愛らしいですけどねと大人発言をしておりました(笑)

「でも運動いっぱいしてるでしょ?ベルカちゃん。走り回ったり。」

「ちょっとね、ここんとこお留守番が多いんですよ、ツアーとかなっちゃうと。」

って愛娘の太った話には敏感な大ちゃんでした。

そんなこんなでまとめMCに入って、新曲に関する事とか、ファニコンの宣伝とかしてました。

新曲に関してこんなことも言ってました。

「新曲を作った時に、すごくhappyっていうよりか、明日が少しでも良くなって、皆さんが希望をもって迎えられる明日になってくれたらいいなっていう思いを込めて作ってみたんで。」

と言ってました。

そして思い出したようにライブ中に立ちたいかな〜っていうアンケートを取ってました。

この日もずっと座ってたいって人がチラホラいて、

「いいんですよね、血流滞っても。」

ってヒロが言ってました(笑)

これはホントにいろんな事情があるよね。

もちろん私も座って聴きたいって思うところがないわけじゃないし、MCとか座って聞けたらちゃんと表情も後ろでも見えるし、曲もバラードとかだったら座って存分に味わいたいって思ったりもするしね。

あとはここ最近自分が怪我続きだったりするので、座りがマストだとありがたいっていうのもある。

今回も初日とかは結構状態的に良くなかったから座りで助かったし。

ずっと立ってるのがしんどい人もいるだろうし、そうなると立つのOKだと何も見えないで終わっちゃうしね。

これは本当に難しい問題だよね。

「今回は座ってだけど、上半身はいい運動になってるんじゃないんですか?」

って大ちゃんは言ってましたが・・・こんなものは運動のうちに入りません(笑)

ていうか、それなら去年の1席空きの方がいい運動だったわ。

やっぱり隣がぎっちりだと気を遣うし、身動きも取りづらいからね。

手をあげるのも一応制限があるし、それはまぁ立ちでも同じだけど。

なので私的には運動のうちには入らないかな。

むしろ制限がある分、一部分しか動かさないからヒロじゃないけど血流が(笑)

身体が固まって終わるっていうのもあるしね。

でもステージからそういうふうに見えてるっていうのは良いね!

気持ちは伝わっててほしいしね。

そんな感じでダラダラと話してたんだけど、

「終わる?」

って大ちゃんがあまりにもダラダラだったことに気が引けたのか、

「いや、いいよ。もっと喋ってもいいよ。今日終わったら、しばらくまたね、すこーし空きますからね。」

「すこーしって、子供みたいだね。」

ってカレンダーを頭の中に思い描いたのか、

「来週だよね?」

「まぁ1週間じゃないけど、そのくらい。」

はいはい、ヒロには1週間が長く感じられるんですよね。サイコーじゃないですか!!!!!!!

もっと会ってたいのにってことですよね〜〜♪♪♪


「何しようか?」

「1週間?」

「うん。」

「いいよぉ〜なんでもぉ〜。」

コレ、めちゃめちゃ可愛かったのよ!!!!!!!!!

子供みたいな言い方するヒロと、1週間の間にも予定を詰め込みたいっていうこの感じがね!!!!

めっちゃナチュラルに甘い空気でした(*´▽`*)

そんな空気に会場からも幸せのため息のようにプヒプヒ音が・・・。

「これがね〜せがまれてるみたいな感じで、可愛いんだよね〜〜。」

ってヒロがくしゃりと笑うと、大ちゃんが必死にプヒプヒさせてせがんでました(笑)

そこで急に大ちゃんが、

「スケーターズワルツに聞こえない?」

ってプヒプヒで奏でてみせて、ヒロも何それ?って言ってたのに大ちゃんが鳴らし始めたらすぐに

「あぁ!うん、うん。」

ってメロディが解ったみたい。

確かに上手かった、大ちゃん。

「曲が解ったとこがすごいよね。」

「解った?」

「解った解った。」

「じゃあ、次回までに皆さん、練習しておいてくださーい。」

ということでMCはおしまいになりました。

シーンとした中で始まるLovin' you

この日は穏やかな空気で、ちょっとスローに感じた。

この曲は2コーラス目のアレンジが結構毎回大幅に違って、1コーラス目は静かなトーンで大体、音数もそこまでじゃなく・・・って感じで進むんだけど、2コーラス目がその日のテンションでかなり違う。

ホント、どれだけ大ちゃんの中には音が溢れてるんだろうなって思う。

もちろんヒロの歌い方もその日のテンションで全然違うから、お互いの相互作用で歌い方や音数が変わっていくんだろうけど。

だからいつだって同じ音はないんだよね。

もちろんその日のステージのテンションもあるだろうけど、そのステージに向かう前の日常での関係性とかも少なからずあるのかな〜なんて思ってしまう。

やっぱりすごい2人だなぁ〜〜〜。

そんな余韻から一気に引き上げられるラスト、ドラマメ。

この日はめちゃめちゃカッコいい!!って思ったのが、♪ホントの君は何が欲しいの部分、大ちゃんがいきなり音を絞ってヒロの声だけになったんだよね。

コレ、めっちゃカッコいい!!!って思った。

なにこれ!!大ちゃんのメッセージ!?ってまたまた勘ぐりする変態です。

ラストはヒロもめちゃめちゃシャウトしてた。

段々大ちゃんとのせめぎあいが激しくなってまいりました〜〜〜♪

ラストは2人揃ってご挨拶して、大ちゃんが会場にハートマークをしてみせるのを見てヒロもやってみたりとか、ホント、2人とも楽しそうで。

ラストはもちろんヒロの

「愛してるぜ!!」

の声をいただいてこの日の公演は終了となりました。

はぁ〜〜〜楽しかった!!!!!

横浜は柱があるから2人も結構気にしてくれて、ちょいちょい、柱の後ろの人に手を振ってみせたりしてました。

ホント優しい2人。

ベイホは柱もあるし、駅からも遠いしで・・・(苦)

なんかもっといい感じの会場があればいいのにね。

なんにしてもグダグダでいっぱい喋ってくれた横浜2日目でした。





本日のセトリはこちら


Awake

We’ll

Be Nude

MISTY HEARTBREAK

JEWELRY ANGEL

AGAINST THE RULES

夢を見たいから

Star Tribal

PINK JUNKTION

BREAK THROUGH THE BIG TOWN

TRY AGAIN → I Sing Every Shine For You

新曲

Heart Mining → Stand By

grand muse

Missing 4 seasons

ELECTLIC☆NIGHT

SOUL DYNAMITE

永遠dive

<アンコール>

Lovin’ you

DRASTIC MERMAID











sakurajun9tion at 21:00|PermalinkComments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

じわじわ接近エリア

さてさて横浜2日目、行きますよ〜〜。

まだ横浜かよって感じですが(苦)

横浜2日目は調度段差のところで視界が♪

そんなわけで気になる細かいところを見てやるぜ!!って意気込んでいたのも束の間・・・。


衣装が!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

鉄壁のガード・・・(号泣)



最初に出てきたヒロの衣装が違ったので、もしかして・・・と思ったら、やっぱり大ちゃんの衣装がワンピじゃなくなってる・・・。

2Daysあるあるなんだけど・・・洗濯間に合わなかったのね・・・。

それにしてもなんて色気のない衣装なんだ・・・。

アンコールの時に履いてた英語の文字が入ったゆったり目のパンツという、生足のかけらもない衣装ですよ・・・。

ショックのあまり上、何着てたか全く覚えてないんだよ・・・。

ヒロちゃんも衣装変わってたけど、シャツの柄が変わってパンツの色が変わったくらいかな。

基本的なフォルムは変わってないのでまぁ・・・って感じです。

とにかくこの時の落胆具合と言ったら・・・。

いや、それがすべてじゃないんですけどね、すべてじゃないんですけどっっっ!!!!

とはいえやっとクリアな視界で2人を拝めたので嬉しかったです。

とりあえずショックの1曲目、Awakeが終わって2曲目We'llに入るところ、ちょっとだけ大ちゃんがソロっぽく導入部分を弾くんだけど、この日はなんかちょっと長い??って思ったんだよね。

すごくきれいなピアノのメロディだった。

こういうのもやっぱりエレナイならではだよね。

もちろん聞き比べたわけじゃないし、自分の体感なんだけど、その時の状況とか、もしかしたらテンポのせいでそう感じるのかもしれないけど。

そしてこのWe'llでは大ちゃんがOne Heartのところで♡を作ってくれるのが可愛いんだけど、この日はそのあとチュッって小さく投げキッスしてて、あざとい・・・って思ったわ(笑)

こういうのもホント大ちゃんとヒロじゃ、全く受け取り方が違うのが(笑)

ヒロも投げキッスするけど、可愛いっていう感じじゃないもんね。

ヒロのはカッコいい!!大ちゃんのは可愛い♪

そんなWe'llが終わると会場からは一気にプヒプヒコールが(笑)

思わず会場もクスクス笑っちゃうくらい。

そんな歓声の代わりのプヒプヒに

「のっけから可愛いね。」

ってご満悦なヒロちゃん。

ここでご挨拶です。

「まだ、外明るいもんね、こんにちわ〜!」

ってこんにちわって挨拶をする大ちゃんに

「よじめまして。」

って言いだすヒロ。

よじめまして?????

「何?それ、今の。」

「4時開演でしょ?4時めまして。」

「普段は何?5時めましてって言ってんの?」

「普段は5時めまして。」

って言うと気に入ったのか

「4時めまして〜どうも〜。」

って(笑)

いつものご挨拶の流れで30周年で・・・みたいな話をして、

「今日も、こういうので(syncドゥンドゥン)ぶんぶんに回して、ゴリゴリに盛り上がっていってほしいなって思いまチュッ!」

「アハハ、思いまチュッ!」

ってヒロも真似っこ。

こういうのホント可愛いわ〜〜〜。

懐かしい曲を懐かしい感じでってことで始まったBe Nude

ショルキーを受け取った大ちゃんがセンターに出てきます。

あぁ・・・衣装が・・・(泣)

この曲では歌ってるヒロに大ちゃんが近づいて行って背中合わせに。

そのまま大ちゃんの方からヒロにもたれてかかって、左側からのぞき込むように顔を傾けて、ヒロを下からのぞき込んだのね。

それに気付いたヒロ、ちょびっと大ちゃんに身体を預ける程度に体重をかけて、逆側から大ちゃんを覗き込んだのよ。

この時完全に背中同士がぴったり合わさってて、おそらく体温と重さをめちゃめちゃ感じたんだろうね。

大ちゃんがめちゃめちゃ嬉しそうな顔でクシャって破顔してた。

こういうところですよ!!!!!!!!!!!!

ホント幸せそうなんだよね〜〜、大ちゃん。

ヒロが大好きが駄々洩れしてて、見てるこっちが良かったねぇ〜って頷いてしまう(アホ)

ヒロもさ、そういう時あるけど、ヒロの場合は全開の笑顔になるじゃん。

大ちゃんははにかむような感じなんだよね。

そういうところも対照的な2人というか、とにかく2人のライブは好きが溢れてるんだよね〜〜〜。

大人ミスティ、ジュエリーと続いて、ヒロが一旦はけて始まるアゲルー

この日も大ちゃんは荒ぶっておりました。

やっぱり2日続けて聞いたからなのか、変えてるところとかがよく解る。

この日は割とシンセで導入部分を弾いてた。

新機材をバンバン鳴らす時もあるし、ホントにその日の気分なんだなぁ〜って思う。

先日のテッカンさんのレポでもあったけど、これをリアルにこの瞬間に鳴らしてる音っていうのを忘れてるよね。

あまりにも2人が当たり前にやっちゃうから。

他のライブによく行く人に話しても全く伝わらなかったから、やっぱりすごいことなんだよね。

私たち、そういうところの感覚がマヒしてる(笑)

この日のアゲルーでは大ちゃんが客席に向けて小首をかしげて見せたりして、めちゃめちゃあざとかった。

そしてヒロも♪イキたいのなら〜からずっと跪いて身体をくねらせて踊りながら歌ってくれて、めちゃめちゃセクシー!!!!!!!!!!!

あぁ〜〜眼福!


アゲルーはさ、間奏のところ?大ちゃんが声に合わせて\( 'ω')/って手をあげるのが楽しくて、一緒にやっちゃうよね(笑)

ライブ3本目ともなると段々落ち着いてきて、見るべきポイントが解ってくるからそのタイミングを逃さず見るんだけど、これもそのひとつ。

たまにヒロも大ちゃんを見て同じように手をあげたりしてるから油断は出来なんだけど(笑)

そして続く夢見。

この日は大ちゃんが面白くって(笑)

サビのところさ、ヒロは手を横振りにして客席もみんなそれに合わせて横振りにするんだけどさ、大ちゃん、この日はテンションあがっちゃってたのかな、NBSの時みたいにジャンプして、あ!間違えた!!って感じに慌てて横振りにするの(笑)

それがさ〜何度もあって、大ちゃん自身も笑っちゃってさ。

なんかすごい、あったかい空間で楽しかったなぁ〜〜〜。

そんな夢見から一気にテンションの変わるスタートライバル。

さっきの可愛い人はどこへ???って感じに厳かなアーティストの顔になる大ちゃん。

その様子を後ろ向きでドリンクスタンドのところへ戻って汗を拭いて水分補給して・・・ってしてるヒロなんだけど、いつも大体真っ直ぐ後ろを向いてることの方が多いんだけど、この日はなんかちょっと肩越しに大ちゃんの様子を伺ってた。

耳をそばだててるって感じ?

その姿がなんかすごく繋がってる感というか、ヒロの愛を感じたというか、とにかく自分的にはツボだったんだよね。

そういう何気ないところで相手のことを気にかけてる感じというか、そういうのを見れた時にふわ〜〜っっ!!ってなっちゃうのよ(アホ)

それこそ、はける時のナチュラルなエスコートとかもそうだけど、2人の日常の距離感みたいなものを感じるというかさ。

全く見てない時は見てない時で信頼感みたいなものを感じるので、要は何だって美味しくいただけるんですけれども(アホ)

この日はこのヒロのシルエットにやられました。

そしてそこから曲の冒頭でヒロがスタンドマイクを持って前に出てくるんだけど、それがまた!!!!!!!!

気だるげでさ〜〜〜良いのよ〜〜〜〜〜(ウットリ)

ホントにそのしぐさひとつで曲の世界観を作り出すの、ホントすごいと思うわ。

この日はその外にも間奏のところでヒロが手を胸に当てて項垂れるような仕草をしてくれたり、そこから音に合わせて拳を振り下ろしてみせたりしてかっこよかったのよ!!!!!!!!

こういうのもヒロのその日の気分で自然に身体が動いちゃうんだなっていうのがさ〜〜。

そういう瞬間にトキメクよね。

そんなスタートライバルのあとはお待ちかね?みんなでセッションのコーナーです。

客席も一斉にプヒプヒさせて、それを見てた大ちゃんがめちゃめちゃ暴力的に(笑)プヒプヒさせてたら

「今日も潰しますね〜〜。」

ってヒロも笑ってた。

「コレ、ツアー終わる頃にどうなっちゃってるんだろうね。トラちゃんね。」

って急に可愛い可愛いをし始める大ちゃん。

いや、アナタ、もう遅いですから(笑)

「これさ、曲終わった後に、しーんとした後にこれが鳴ったら可愛いって昨日言ったじゃない?

昨日も僕、ちゃんとチェックしました。ライブ。そしたら曲終わって、後ろ向いてたんですけど、」


ってプヒプヒさせてその後に

「多分大ちゃんが、」

って私たちは見慣れてるけど、大ちゃんが客席に向かって音鳴らすの終わりだよ〜の合図をするのあるじゃないですか、アレをヒロは初めて見たんだろうね。

その仕草をやって、

「そのあと、プ〜〜〜・・・ってなって静かになりました。」

って笑ってました。

「いや、ホント、皆さんのその場の対応の速さには日ごろから感謝申し上げます。ほんとにありがとうござます。」

って大ちゃんも言ってった。

まぁ訓練されてますから、我々(笑)

「去年がさ、結構皆さんをタンバリニストに育ててさ、今年はタンバリンに加えて、どれだけパーカッションを・・・そのうちこう、銅鑼とか、」

「中華街だけにね。席、3つくらい必要かもね。」

「3つで足りるかな?」

なんて今後もセッションは規模を拡大していくようです(笑)

つーか、持ちきれないよね・・・。

というわけで本日のお題(笑)

「昨日は昨日でね、大ちゃん、まぁまぁの・・・ちょっと難しいけどやりがいがあるみたいなね?」

「昨日はどんな感じだったんですか?」

「昨日は横浜だったんで、4,5,8、ウン、ウン、ワン、ヨイショッ!!」

って合ってるんだか合ってないんだかって感じに説明するヒロに爆笑の大ちゃん。

こういうヒロの適当なとこ、ホント大ちゃん、好きだよね〜〜〜〜。

「今日は同じじゃつまらないので〜。」

「おっ!!変えますね!!」

「変えますよ〜。

何しようって思ってさ、数字が入ってるところって・・・昨日お風呂に入りながら、明日は何にしようかなって出来たのが、」


「できた!」

大ちゃん、お風呂に入りながら考えてるの、可愛くないですか?

まぁ一番何もすることがない時間だからそういうの考えるのにはうってつけの時間なのかもだけど、大ちゃんがお風呂につかりながらそういうの考えてるっていうの想像するだけで可愛すぎる・・・。

いや、実際はシャワーキャップ付けたり、お肌が桃色に上気したりなんてことはない、50を過ぎたおっさんなんですけれども(笑)

そんな大ちゃんがリズム打ちのために見つけたキーワード。

「新山下3丁目、ここですね。」

「あ、駅なの?そういう?あ、場所の名前ね。新山下3丁目っていうんだ。ここね。」

と、普段車移動しかしないヒロちゃんはそんなことを言っておりましたが、

「山下が多いんですよ、横浜は。」

「確かに、山下公園とかね。」

「高速走ってくるとさ、いっぱいあるんだよ、山下的なやつがさ。」

とこれまた大ちゃんも大雑把なことを言っておりました。

「山Pだらけだね。」

とヒロがまたしても訳わからんことを言い始め、

「痩せちゃったの、なんかネットで見たんですけどね。」

「え、オレ、それ知らない。」

「ホント?」

ってしばし雑談。

完全日常空間で客席置いてけぼりなところがサイコーです!!!!!

話がそれちゃったと脱線を認めた後、再び本日のお題トークへ。

新山下から何かと思ったらしいんですが、ちょっと難しかったらしく、

「そんな時にふと、降ってきました!」

「降ってきた!!」

「横浜と言えば、僕たち、ジャケット撮ったじゃないですか。」

「えー・・・なんのやつだろう???」

覚えてないんか、ヒロ・・・。

おそらく客席の全員が思っただろう。大ちゃんは横浜デート覚えてたのにね〜〜〜。

「なぁ〜んだ!」

ってクイズを出す大ちゃんにきょどるヒロ。

これは答えないと彼女怒らすやつですよ(笑)

そんなヒロの視線は答えを求めて客席をさまよい、声を出せない客席ではみんなが必死に走る真似を。

「ほら、みんながヒロにヒントを出してくれてる。ほら。」

って大ちゃんの方が先に気づき、やっとヒロも、

「あ!!ランナー!!Dream Runner!!」

って無事彼女の怒りに触れずに済みました(笑)

「めちゃくちゃ暑かったよね、撮影の日ね。」

「そう!正解正解。」

「カンカン照りですよ。」

そうそう、あのジャケ写、ホントに暑そうだよね〜。

まぁ曲のアツさと相まっていい感じなんじゃないかと思いますが。

そんなわけで大ちゃんがヒントを得たのは大さん橋。

「『おお』は数字にするのが難しいので、」

ということで

おお→プヒ〜〜〜

さん→3回

ば→8回

し→4回

になりました。

しかも8回4回は連続で。

「えぇ!?一気に行くんだ、そこまで。」

「そ!空けた方がいい?」

って8回やった後に休符を入れて4回に行くのを試す大ちゃん。

「空けるの難しいでしょ?ここは1,2,3,4,5,6,7,8,1,2,3,4,ウン、ウン。」

「OK。」

「覚えた?うん、って言った人、うそでしょ、絶対。」

っていうことで練習タイム。

アククラの本気が(笑)

「すげぇ!!!」

「お、いいじゃん!いいじゃん、みんな。」

「シンクビートを聞いて育って30年!」

「あれから30年!ってなってきちゃったね、段々ね。」

ってことで前半部分は完璧になった。

「で、サビは、長い音符で、」

ってプヒ〜〜〜、プヒ〜〜〜〜ってやって見せる大ちゃんに

「それが解りづらいんだよね。結構長いんだね。」

って確認してると、

「なんか文句ある?」

「ないよ、ないよ。」

尻に敷かれまくってるヒロ(爆笑)

しかしヒロもやっぱり解りづらいと思ってたんだなって。

そんなわけでセッション曲、Pink Junktion

もちろん途中で完全に音を絞ったりして客席の出来るかチェックをする大ちゃん先生も(笑)

歌がないところではヒロも必死に大ちゃん先生にやってますアピールしてました。

途中、ホントにヒロの歌声だけにしたりして、長いこと客席の音に耳を傾けたりして、どんどん大ちゃん先生のチェックが厳しくなっていく(笑)

そんなセッション曲のあとはビッグタウン。

一気にテンション上げた後、アレ??いつもと音が・・・と思っていたら、日替わり来た!!!!!!!!!

TRY AGAINがI Singに変わった!!!!!!!!!

好き〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

この曲、優しい感じでいいよね〜〜〜。

そしてヒロが本当に切々と歌い上げてくれるのが・・・。

やっぱりね、accessはバラード秀逸なのよ!!!!!!!!!!!!

ホント、いい曲多すぎて困る〜〜〜。

そこからの新曲、なんかドラマがあってよかったわ〜〜〜。

そしてこの新曲、割と小節ごとにアタック音が入ってるんだけど、そこで大ちゃんがダンッ!って感じに手をビシッ振り上げてくれるのがカッコいいです。

曲のイメージは柔らかいキラキラ系なんだけどね。

あぁ〜〜〜早く完パケ欲しい!!!!!!!!!!!!

英語詩、知りたいです〜〜〜〜。

そしてもうメロディは完璧♪

これがaccessを聞いて育って・・・ってことなんですね(笑)

そして新しい音です〜っていうコメントのあと、流れた音が違う!!

こっちも日替わりか!!!!!!!!!!!

ハーマイからスタンバイにチェンジ!!!

あ〜〜〜ハーマイ、聴きたかった!!!!!!!!!

が、この曲のメッセージも今の時代に合うよね。

しかし、ホントにイントロドンなんだよな〜〜〜。

もともと壮大な感じになってるけど、ゆったりと進む厳かな感じで、ハーマイとはまた違った未来へ向けたメッセージが詰まった感じでした。

こういうのをこうしたタイミングでメッセージとして届けてくれる2人の気持ちがね。

音で伝わるものってやっぱりたくさんあるよね。

アレンジがカッコいいな〜〜って思ったのを覚えてます。

客席が静まるのを待って始まったグランミューズ。

だけど、冒頭の部分にシーメデが!!!!!!!!!!!

さりげなくシーメデのメロディで始まりそこからグランミューズに繋げる大ちゃん、天才過ぎる!!!!!!!!!!(感涙)


シーメデはさくらにとっては特別な曲なんだよね〜〜。

この組曲を聞いて、最初大ちゃんよりだったんだから。

そうなんですよ、入りは大ちゃんからだったんですよ〜〜。

今ではヒロにメロメロですが。

なので大ちゃんの作る音にはやっぱりやられるんだよね〜〜〜。

2人のキャラクターを知ったのは音の後、しばらく経ってからだから。

最初ラジオか何かを聞いた時に、声のトーンが逆だと思った(笑)

まさか大ちゃんの方が低いなんて思わなかったのよ、そのビジュアルから。

今では全く違和感ないけど、最初はびっくりしたなぁ・・・いい思い出です(笑)

さてさて、ここから徐々にラストに向けてあげていきますよ〜〜〜。

missing4、エレナイと続きます。

やっぱりエレナイ聴くと、キタ〜〜〜〜!!!!!!!!って感じになるよね。

この日は1コーラス目、大ちゃんがかなり音を絞ってリズムのみにしてた部分が多くて、ヒロの色気のある声が響いて、すごいクールでかっこよかった!!!!!!!!

やっぱり一番のヒロフェチはやることが違うわ〜〜〜〜。

そして待ってましたのソウル!!!!!!!!!!!

好きじゃ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

大ちゃんもショルキーに持ち替えてセンターへ。

ソウルでは背中合わせが!!!!!!!!!!

センターで中腰になってる大ちゃんのところへ行って背中合わせでもたれかかるヒロ。

そのまま片膝をついてしゃがむ大ちゃんの首に手を回そうとして、半分くらいかな?回したところで、ダメだよね〜〜〜って感じに手を戻して笑ってました。

ぎゅってしたいんだよね!!!知ってる!!!!!!!!!!

やっぱりヒロはこういう時、全開の笑顔なんだよね。

ヒロの愛しさが溢れる瞬間だわ〜〜〜。

そしてラストのdive

ヒロもテンション上がりまくってたのか、飛行機みたく両手を広げて自分の徘徊スペースをくるくる走り回ってました。

めっちゃ可愛いんですけれどもっっっ!!!!!!!!!!!!

そんなヒロの傍らで、大ちゃんはサビのところだったかな?リズムに合わせて片足をぴょんぴょん後ろに跳ね上げてました。

こちらはあざと可愛い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

あとね、後半の何の曲だったかな〜〜〜、この辺全然記憶がないんだけど、大ちゃん、必ずベルカモデルにチューするんだよね。

それが毎回どんどん小悪魔になってて(笑)

初日は普通にチュッってしてたのに、どんどんチューしてる時間も長くなってるし、その前後も、客席にニヤニヤ視線向けたり、ドヤってみたり、確信犯なんですよね〜〜〜。

大ちゃんのこういうところ、ホント見習いたいくらいだわ・・・負けてる(苦)

そんなぶちあがった本編ラストの後、2人ははけていきました。



はい、一旦切ります〜〜〜〜。















sakurajun9tion at 17:28|PermalinkComments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

2022年05月08日

レポを書けというのに・・・

今頃広島はホクホクなのよね・・・と思いつつお留守番のさくらです。こんばんわ。

GWもラストってことで、今日こそレポを!!と思ったのに、いろいろやることが重なって、結果違うことをやってしまった・・・(アホ)

まずはお知らせ!!!!

今年の再録本、もろもろスケジュール決まりました!!!

発行日、6/3 ヒロちゃん誕生日です!

通販受付期間は5/21〜6/12までです。

今回は2012〜2013年の再録になります。

詳細はHPからご確認くださいませ。

今年も何とか目途がたってよかったよ・・・。


そんな感じで無事スケジュールがたったわけなんだけど、それのメンテナンスなどなどをしていたら気づいてしまった・・・。


私、レポ、全然更新してなくない???


そうなんですよ、HPのreportのページ、全然更新してないじゃんってことで少し見てみるかと見たら・・・なんと2016年から何にもやってなかった(死)

先日お友達とも話してたんだけど、この曲、いつ以来だっけ?みたいなことを調べようにもこれでは全く履歴が呼び出せん!!!!

ってことで通販ページを更新するついでにと言っては何ですが、reportページの更新をしたんだが・・・

私、レポ、書いてないんか・・・。

書いたつもりが全く書いてないものとかが結構あって、おそらくメモをがっつり書いてそこで満足していたようで・・・(苦)

そんなメモも、年末の大掃除で書いてるから大丈夫!って全部捨ててるし(アホ)

一番驚いたのが、25thの苗場を全く書いてないこと・・・。

あの時は個人的にいろいろあったので絶対書いてる!って思ったのに、どんなにブログを漁っても全く出てこない・・・(死)

あのアホなブログを全部読み返すという苦行を強いられました・・・。

タグはちゃんとつけよう・・・(泣)

今だから言うけど、苗場、最前だったんだよぉぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜(号泣)

お2人が会場練り歩きする時、足をかすめたんだよぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!

目の前で、目の前でスパダリのエスコートを見たんだよぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!

なんでそれを残してない!自分!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(号泣)

あの訳わからん冒頭の小芝居も何故に残しておかなかった・・・。

今こそ求むDVD!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

25thのあの時期は調度靭帯やっちゃったときでねぇ・・・(笑)

何としてもまともに靴が履けるようにならないと!!って必死だったよね(アホ)

その前の舞浜の時もだったけど。

ライブ以外は足にやさしい靴にして、ライブの時だけちゃんとした靴を持って行った切ない記憶。

まぁいろいろありますわよ。


そんな感じで、結構書いてないことが判明したレポですが、何とか解るところだけリンクをかけたりして更新しました。

だってヒロソロも2018年だったかな?書いてないってどういうことよ!

絶対書いてるはずなのに・・・。

もしかして書き途中で下書きのままなのかな・・・。

もう探せない・・・(泣)

今後は気を付けます・・・。

そんなことをしてこんな時間なんです・・・。

これだったらレポ書けたかも・・・まぁきっと途中までになってたことは間違いないけど・・・。

あんなアホみたいなレポですが、めちゃめちゃ時間かかってるんですよ・・・。

もっと頭の中をちゃんと整理できるようになりたい・・・。


明日からまた仕事かと思うと憂鬱でしかないんですが、まぁお2人へのお布施のためと思って頑張ります。

通販の件はまた日にちが近くなったらお知らせします。


とりあえず、行ってしまったな、GWは・・・(遠い目)

もう1回29日に戻ってくれていいんだけどなぁ・・・。







sakurajun9tion at 21:47|PermalinkComments(0) ブログ・HP 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives