2016年11月

2016年11月30日

ものすごい久し振り過ぎて・・・思い出せ・・・

今日はいろいろ忙しい一日だったと思うんだけど・・・全然そっちとは関係ない事を・・・。

ものすごい、ものすごい、ものすごい久し振りにいじったよ!!!

半ばやり方を忘れてたよ・・・(アホ)

しかし覚えてるもんだね〜〜。

それなりに。



お話アップしました〜〜〜〜〜〜。



ね〜〜〜忘れてたでしょ〜〜〜(笑)

そんな事もやってたんだよね〜〜〜。

書かなくなると書けなくなるもんで、かなり久し振りで自分でも大丈夫か?って感じなんですが・・・。

そしてやっぱりこういう時ばっかり・・・って言われそうなんですが、何かね、ちょっと仕事が暇すぎてね(笑)

まぁ、明日からそんな事言ってられなくなるんですけど(苦)

そんな訳でものすご〜〜〜〜く久し振りに妄想いたしました。

お誕生日にも何にもできなかったしね・・・。

ちょっと遅れちゃったけど・・・ってそういう内容ではないんだけど(苦)

お時間のある時に楽しんでいただければと・・・。

そしてちょっと感想なんかいただけちゃったら飛び上がって喜んじゃいます(笑)

ほら〜〜〜褒められたら上っちゃうから(笑)



ここ最近、レポ以外何も書いてないんだけど、実は結構いろいろバタバタしておりまして、実はちょっとご報告が・・・。

大したことではないんだけど・・・



もったいぶるなって?(笑)

結婚・・・










しませんよ(笑)


妊娠・・・







想像なら四六時中してますよ(アホ)



いやいや、そう言う事ではなくてですね、実は1月からストレッチのクラスを持つ事になりまして・・・。

イントラとして。

今年の4月からヨガの講座に参加させていただいて、いろいろ勉強させていただいたんですが、その結果と言うんですかね。

クラスを持つにあたっていろいろ思うところもあって、ヨガを学ばせてもらったんだけれど、自分的にはヨガの哲学はとっても良く解るし、その思考、生き方なんかは大いに賛同できるだけど、じゃあ、身体の部分ではどうかって言うところがちょっと自分の中に落としきらなくて、やっぱり自分はこの先ヨガを一番に考えてやっていこうとは思えなかったんだよね。

早い段階でイントラデビューする話をいただいてはいたんだけれど、私の中でそこがクリアにならなくて夏頃からずっと話し合いをしてきたんだよね。

だって私、ヨガほとんどやってないし(笑)

教えるからにはちゃんと自分が理解してないと無理でしょ。

と言ってもストレッチの事にすごく詳しい訳でもないんだけれど、ヨガをやってみたいと思ってもちょっとハードルが高いと思ってる人とかね、身体が固いからとかさ。

運動したいけどいきなりは・・・って思ってる人かにちょっとリラックスしてもらえる時間が持てたらいいなと思って。

それでちょっと身体を動かす事を楽しいと思ってもらえたら、他の先生のやってるヨガのクラスに進んで行ってもらえたらいいなって。

その入り口みたいな事が出来たらいいなって考えてます。

そのプレで10日にレッスンをするんだけど、まだ全然メニューを組み立ててないんだよね。

やる事もだし、流す曲とか、いろいろ考えなきゃいけない事はたくさんあって、結構バタバタなんです。

やること以上に情報も詰め込んでおかないといけないし。

前にダンスのイントラはやったけど、それより難しいかも。

1時間のクラスなんだけど、1時間ストレッチで埋めるって結構・・・。

でも結構ストレッチって解ってるようで解ってない事もあったりするので、そういうのを一緒に楽しみながら自分の身体と対話してもらえたらいいなって思ってます。

頑張ります。

そのうちきちんとお知らせ出来るようだったらこちらでもお知らせしたいと思います。

求めていただける場所があるなら、出来うる限りお応えできたらと思います。



なんかたまに真面目な事を言ってしまった(笑)

そんな事もあって、ちょっとバタバタしておりました。

いや、まだまだ継続中ですが。

始まっちゃえばね、もうやるしかないからいいんだけど、その前がいろいろ大変なんだよね。

スタジオ自体も立ち上げのスタジオなので、いろいろ手探り状態で、みんな一生懸命頑張っているので、少しでも力になれたらいいな。

でも楽しんでやりますよ。

だって音楽は大ちゃんでそろえようと思ってるし(笑)

他の人は使わないから、絶対に(笑)

自分のクラスの色を作ってくれるひとつの要素でもあるので、やっぱり自分が心地良く感じるもので・・・ね。

はてさてどんなクラスになるのやら・・・。



ちょっと近況報告でした・・・。

大丈夫、access優先だから!!!!!!!!(爆笑)

だってクラスのスケジュール決める時に土日の打診を受けたけど、そこは無理!!って言ったからね(笑)

ライブ始まったらめちゃめちゃ代行立てまくりになるじゃん!!

そんなの生徒さんに申し訳ない。

そしてきっと自分の性格からして、代行を立ててもライブを諦めてもどっちに転んでも思い悩んで、ストレスになるもん。

中途半端な気持ちになるのはいかんよね。

生徒さんがいたらきっとそっちを優先してしまう自分が解ってるから、そしてライブに行かない選択をした事をしょうがないと思っても諦められないからさ。

だったらストレスのない選択をするしかないよね。

なので平日の仕事終わってからダッシュって言う、またしてもハードなスケジュールだけど、そっちの方がストレスが少ないわ。

とは言え、平日でもライブがかぶったらそっちを優先しますから!!って心の中では決めている。

まぁ、今後その比重が変わるかも知れないけど。

なので何にも変わりません。

ここもこんな感じで細々とやっていくつもりです。

ヨガの事とかもね、考え方とか、楽しく生きていくヒントになる事もあると思うので、そのうち話せたらいいな。


なんかダラダラ話してしまった。

実はね、今日もちょっとイラッとした事があったりしてね、なかなか前途多難です(笑)

でもここに来ていろいろ話してる間にちょっと整理できた。

私らしく、頑張ります。



はぁ・・・今日は早く寝ようと思ったのに、またこんな時間・・・。

明日めちゃめちゃ忙しいのに・・・。

アホだね〜〜〜(笑)


という訳で、HP更新しましたよ〜〜。

レポも今年中に更新したいな・・・。

放置しすぎだよね、スマンです(苦)






sakurajun9tion at 01:14|PermalinkComments(2) ブログ・HP | 独り言

2016年11月28日

けしからん奴らが愛おしい!!!

そして、そして、これを書かねば!!!!!!!!!

24時間!!!!!!!!!!!!!!!!

シングルリリース記念のニコ生特番ですよ!!!!!!!!!


デビュー前夜から24時間ぶっ通しで行われたこの企画。

ホントに毎回毎回ニコ生様には頭が下がります。

過去のライブ映像やPVをみんなでワイワイ言いながら見られるって、ライブとはまた違った楽しみですよね。

今回のライブ映像はミニクラ以降だったけど・・・。

でもニコ生入ったのそこからだっけ?

オペコネとか見たいなぁ・・・。

カウントダウンとか、ニコ生やったよね?

アレはもう封印なのか???

ホントはライブ映像も全部見たかったんだけど、その時間を割いて仙台レポを書いておりました・・・(苦)

なので見たのはラストの2人が出たところだけ。

あとは前日寝る前にちょっと春ツアーだったかな??を見ながら寝落ちしました。

メガクラの網タイツ・・・。

過去のリリース特番も流れるかな?って期待してたけど、そこは今回はなし。

まぁ、ツアー中ですし、少しでも過去のツアーを見て、行ってみようかなって思ってくれる人が出てくればね。

リリース特番とライブではあまりにもギャップが(笑)

が、我々としては楽しみなのは俄然リリース特番の方。

今回はどんな企画よ♪♪♪ってかなり楽しみにしておりました。

すごろくもジョイトレもタライも神だったなぁ〜〜(笑)

この企画の度に伝説を残してくれる2人ですから、今回もねぇ。





そして、やっぱりこの2人は常に過去を越えていく!!!!!!!!!!!!!(感涙)





今回の企画は神経衰弱で24syncってものなんだけど、スタジオいっぱいに広げられたカードには過去のシングル曲のタイトルが。

これを神経衰弱でどんどんあてていくというもの。

ただし、カードの中には曲名ではなく指令カードが含まれていて、それをやらなければいけないと。

もうね、最初からグダグダの状態で、毎度のことながら時間内に終わらないだろ・・・って(笑)

今回もやっぱりな展開でしたよ。

そして伝説がどんどん生まれるのです!!!!!!!!

つか、タイムシフトいつ見たらいいんだ???

アレ、1回で全部って無理だろ・・・。

時間をたっぷりとって見ないと、勿体なさすぎる!!!!!!!!

という事で、記憶に残った伝説を叫んでいこう!!!!!!!

まずは・・・

大ちゃん、お題カード引きすぎ問題(笑)

しかもオネェ言葉で懺悔を、結局何回引いたんだ???

この引きの強さが神だわ〜〜〜。

しかしそんなものは序盤、ほんのお遊びですよ。

順調に曲名カードを引いていたヒロが弾いたお題カードはスクワット20回と初恋の人の名前を言うもの。

初恋の人の名前はもう有名な話ですよ。

銀の鈴幼稚園の先生ですよね。

体操しててパンツ見えてときめいたって言うアレですよ。

「そう言って、逃げる!!」

って本人言ってたけど、初めて自分が男を感じた瞬間らしい。

このお題はのちに大ちゃんも引くんだけど、大ちゃんも幼稚園の先生は解るって言ってた。

でも同じのはダメってヒロに言われ、幼稚園で手を繋いだおまたちゃんですと。

小さい頃って男女で並んで手を繋いだりするじゃない?

その時手を繋いだ子らしいです。

そしてヒロのスクワットは、もはやスクワットじゃないだろ・・・。

その魅惑の腰つきは、完全に!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

今回の司会も前回に引き続き壮口さんで、ヒロはバラエティに出てスキルが上がったと(笑)

もうね、何かを吹っ切りましたからね、この人(笑)

ホント、お強い腰で・・・。

しかし、そんな事もほんの序盤。

ファンからしてみたらいつもの事なのでございます。

その後も全く曲名カードが揃わないまま、どんどんお題を消化。

大ちゃんもスクワットやったけど、何かおじいちゃん・・・って感じだし(笑)

そしてやってきた衝撃の1発目!!!!!!

大ちゃんが引き当てたきゅうりをエロく食べる!!!!!

「コレ、自分が恥ずかしがってたら見てるみんなも恥ずかしいよね。」

って言って、意を決してするんだけど、それ、ちくわ再びじゃん!!!!!!!!!!

つか、何で髪を耳に掻き上げながら????

それはいつも邪魔だからそうしちゃうの???

日頃の癖って恐ろしいね〜〜〜〜(^-^)♪


しかしこれも前回ちくわを見てる私達には物が変わっただけの事。

その後、引き当てた衝撃2発目!!!

最悪、男に抱かれるなら誰ならいいかっていうお題に、即答!!

「貴水博之♪」

解ってたけど解ってたけど!!!!!!!

嬉しそうに言うな!!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)


もうね、この辺からホントにおかしくなってきてますから。

つかね、ヒロ、どうやら鼻風邪引いたみたいで、ずっと鼻をぐしゅぐしゅしてるんだけど、それすらも可愛い!!

愛おしいのです!!!!!!!!!!!!!(変態)

結構ヒロ、鼻風邪ひいてること多いよね。

疲れが出ると出やすいっぽい。

そんなヒロが引き当てた衝撃3発目!!

さっきの大ちゃんの引き当てたきゅうり!!!!!!!!

これはもちろん待ってました!!だよね(笑)

前回もアイスをめちゃめちゃエロく食べてましたけど、今回はきゅうり。

どんな表情を見せてくださるのか!!!!!!!!!

そしてやっぱり期待を裏切らない男!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ヤバいヤバいヤバい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

マジでヤバいから!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

唇で、舌できゅうりを弄び、先端から、今度は側面に!!!!!

その時の視線がめちゃめちゃエロいんだけれども!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

半開きの唇の奥で蠢く舌が〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!

つか、こんな事しながら視線合わせてこられたらイッちゃいますよね???

もう、薄い本が現実になってきた!!!!!!!!!!!!!!!!!(アホ)


どうやらヒロは横から行くのが好きらしいことが判明!

前回のアイスの時も若干横からだったよね???

今回のキュウリは完全に横から。

その後も舌を出してレロレロしてるのをとうとう耐え切れなくなった大ちゃんがスパン!!と叩き、強制終了。

「ウチのボーカルに何させるんですか!!」

って言ってたけど、自分との事をいろいろ思い出したって事ですか???

これ以上、みんなに教えないでって事ですか????(アホ)

そうか〜〜あんなふうにされてるんだね〜〜〜(違う)


でもね、同じキュウリなのにね、2人とも全然違うんだよね。

大ちゃんはさ、完全に下からなんだよね。

見上げながらというか自分が仰け反る感じで咥えるんだけど、ヒロは上から。

自分が覆いかぶさるようにして咥えるんだよね。

これって、やっぱりそう言う事???

こういうのってさ〜〜〜出るよね??

自分のやり方って言うか、なんていうか。

その違いを感じて、何か余計にリアルに・・・。

これから見る方はちょっとその辺も見てみて。

とにかくここまでやってくれたヒロ、天晴なんだけど(笑)

もうね、この衝撃がデカすぎて、他のことほとんど覚えてないんだよね(アホ)

そして衝撃4発目。

もしかしたらこの辺の時系列は全部ごちゃごちゃなんだけど、やっぱりこっちも来ました、男性に抱かれるとしたら。

「大ちゃんに決まってるじゃないですかっ!!」

とカメラによって宣言するヒロに、隠し切れない笑みを噛み殺す大介さんが(笑)

いやいや、いいんだよ。

嬉しいんだよね。

そう言ってもらえて嬉しいんだよね。

何かホントに良かったねって心から思えたわ・・・(アホ)

だってさ、大ちゃんって結構健気だよね?

心の一番深い部分にヒロを住まわせているのに、そんな素振りは見せようとしないって言うかさ。

でもダダ漏れなんだけど(爆笑)

本人が一生懸命そうしてるのも解ってるからさ〜〜。

だってヒロといる時の声のトーンとか、明らかに違うじゃない。

そういうのきっと気付いてないんだろうな〜〜。

ファンはみんな大ちゃんの幸せを願っているよ。ウンウン。

結局時間内で全然組がつくれなかった二人。

ここでも完全ぬるま湯でとにかく組を作ってくれと言う番組スタッフの思いが(笑)

手を繋ぎながらならいくらでもカードを開けていいと。

50手前のオッサン2人が手を繋いで一生懸命カードをめくる姿を、こんなにあったかい気持ちで見守るなんて・・・。

最終的にはプレミアム会員の時間にいよいよ恋人繋ぎに!!!!!!

この時ヒロが何も言わなくても下側に手を出してくるって言うのがさ!!!!

ダーリン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


そして恋人繋ぎした瞬間にすぐに組が出来ていくって言うのも、この2人の奇跡だよね〜〜〜。

最後は大ちゃんの大好きな夢の国のターキーを美味しくいただいてご満悦な大ちゃんなのでした。

ホントに良かった。

こんな衝撃連発に脳みそ持って行かれてますけれども、春ツアーの日程が発表になりました。

詳しくはオフィを。

大ちゃん、自分の部活から休みなしで春ツアーだよ・・・。

ヒィ〜〜〜〜!!!!!!!

そしてもう一つ、24syncがワールドプロレスだっけ?のタイアップになったよ。

12月と1月に流れるらしい。



とにかく特番、どうもありがとう!!

2人が出るとグダグダで、司会の方には大変迷惑をおかけしてしまうけど、是非是非これからもよろしくお願いいたします!!!!!!!!!!

多分ね、タイムシフト見たらもっといろいろ言いたい事も出て来るとは思うけど、かなり先のことになりそうなので・・・。

取りあえず。

あぁ〜〜ヒロのキュウリを夢に見たいわ〜〜(アホ)

苦しい事もこれを思い出せば乗り越えられそうです。

ありがとうヒロ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)



取りあえずは、こんな時間で、明日起きられるのか???

月末に突入するのに睡眠時間が・・・。

仕事中に撃沈しそうです(アホ)

おやすみなさ〜〜い・・・。








sakurajun9tion at 02:46|PermalinkComments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | レポ・新着情報

イクゼ!!東北!! その3

頑張りますよ、頑張りますよ・・・。

他にも書きたい事はたくさんあるんだよ!!!

昨日のあのニコ生とかニコ生とかニコ生とかっっっ!!!!!!!

つか、何か今日なのか?

ギアスのイベントにaccessがサプライズで出たらしいじゃないの。

瞳ノ翼歌ったらしい。

ギアスもまた新シリーズが始まるのかな?

どうかご縁がありますように・・・。

そんな訳でどんどん駆け足で行きますよ〜〜〜。




という訳でちょっと休憩からアンコール。

2人もお召し替えで登場です。

2人ともツアーTを自慢げに見せて、何故か初日からやってますが、そのTシャツをくっつけるように胸と胸を合わせるんだよね。

あれ、何の意味があるんだ?

同期って事か???

まぁ、意味なんかなくたって、そう言う事はどんどんやっていただいていいんですけど。

が、本日はその時にTシャツの裾を持ってたからなのかな?

大ちゃんとヒロの手がガチってぶつかったんだよね。

マイクごと。ゴンって音がしてた。

そしたらすかさずヒロが、

「大事な手が、大事な手が。」


って謝っていると、その手をさすりながら、

「もう弾けない・・・。」

って項垂れる大ちゃん。

その後も悲劇のヒロインぶって見せる大ちゃんに、ヒロが自分の指を唇に持って行き、その手で大ちゃんの指を!!!

するとヒロが、多分、唾つけておけば治る的な事だったんだろうと思うんだけど、その様がチュウしておまじないをするような・・・。

しかもそれがさも当然のように!!!!!!!!!!!!


瞬く間の出来事に客席から狂気の雄叫びが(笑)

殺傷力高すぎる・・・。

おばあちゃんがやってくれるような行為だけど、アナタがやると途端に意味が・・・(笑)

イケメンってズルい・・・。

そんな事をさらっとしておいて、何事もなかったように、

「どうもありがと〜〜!!!」

とか言ってMCを始めようとするんだから!!!!!!

そうですかそうですか、2人にとっては大した事ない事なんですね、そんなもの。

もっと意味深な事いっぱいしてるって事なんですね、えぇえぇ。

それならば日常のひとこま、仕方がない。

という事で普通にMCスタート。

「今日、ヤバいね。」

ってこの盛り上がりを喜んでくれている2人。

「今日、リリパですからね。」

「リリパ。」

「リリパって何の略ですか?」

って大ちゃんがヒロに聞くと会場からリリースパーティーって声が先に上がり、どうやら大ちゃん的にはヒロがなんていうのか聞きたかったらしく・・・。

「みんな先に言っちゃうから、あ〜〜あ、って感じ。」

「あ、そっか。リリパ・・・リリースパピコ、ね。」

「リリースパピコ???」

「はい、すぺった!!」

必死に拾った結果の事故です(笑)

という事でニューシングルのリリース宣言も。

「みんな聴いてくれました?」

「もういろいろ解析出来た?」

「ね。あれ、絶対カラオケでたら、みんな絶対歌って欲しいんだけど、すっごい難しいから!アハハハハ。」

「(笑)多分、僕歌えない。ヒロじゃないと歌えない。」

「いや〜〜〜ホントにねぇ〜〜〜難しいからね〜。」

「でもどこが難しい?」

「やっぱりね、1番のサビが終わって、次、ドンって一回下がるんだけど、下がり方が、リズムの感じがまた変わって下がってるから、リズムの取り方を、こう、変えなきゃいけないんだよね。」

「作っててね、ヒロなら大丈夫だと思ったんだけど。」

って完全にノロケです。

まぁ、この信頼感!!!さすが長年連れ添った夫婦でございますよ(感涙)

そしてそれに応えるダンナもね〜〜〜〜。

ホントになんて素晴らしいダンナなんでしょうか!!!!!!!!!(感涙)

確かね、8分音符と8分音符の3連がとかって言ってた。

スマン、音楽全く詳しくないので、正しいことがよくわからんです・・・(苦)

でも何となくニュアンスで・・・。

「多分右手と左手で弾こうと思ったら無理な・・・リズムの取り方なんだけど。」

って言ってた。

「1番は平気でしょ?」

「ま、1番は優しめ・・・。」

「2番になるとハードルあがるんだ。」

「あがるね。」

「是非トライしてみて、カラオケ。」

「レコーディングの時エンジニアの人が、アレ?これ、リズムの確認の仕方がちょっと解らないんですけどって。ね。だからすごいよ。」

確かネオでも言ってたよね?

ニコ生だっけ??

多分他でも言ってるはずだから、詳しくはそっちを・・・。

そんな挑戦的な事が24周年でも出来るって言う事が凄いよねってヒロも言ってた。

大ちゃんも攻めの姿勢でいられるのは聴いてくれるみんながいてくれるからだと・・・。

いやいや、こちらこそ、毎回毎回、これ以上のものはないなって思うのに、毎回毎回、そのさらに上を越えていくって言う奇跡を体感させていただいて・・・ありがたい事です。

だって、24syncのさらに・・・って想像出来ないでしょ?

もうこんな曲以上のものはないよって今は思うんだけどね〜〜。

ここのところシングルのさらにキタ!!加減が凄いよね。

大ちゃんの頭の中、どうなってるんだろうか。

そしてそれに歌を乗せて行かれるヒロの凄さもね。

歌えないうたなんてないって思ってるよね、きっと、大ちゃん。

そしてそう思わせるだけの力があるって言うのが、やっぱり稀有な2人だよね。

そんな感じで、これからもよろしくお願いしますって2人でご挨拶したんだけど、その時、ヒロがピシッと胸を張ってて、それを見た大ちゃんが、

「何気に何かイラッとする事してるんだよね。」

「いやいや、シャキッとしないと。ちゃんとした話なんだからね。シャキッと。」

ってさらに胸を張るのをうんざりした、でも愛おしそうな目で見ておりました(笑)

そしてヒロが、

「僕はね、最近季節がね、」

って話し始めると大ちゃんがニヤニヤしながら、

「来た来た・・・。」

ってヒロの話を楽しんでおりました。

「あの〜〜冬になった方が、何故かプールに行くんだよね。オレ。何でなんだろう?そういうの、オレだけかな?夏はあんまり泳ぎたくないんだよね。」

「じゃあ聞いてみればいいじゃん。冬に泳ぎたい人〜〜〜。」

ハ〜〜〜イ!!!!!

私は解る!!!!

冬のが泳ぎたくなるよ!!!

多分寒くて身体が固まってるのを自分で自覚するからなんだろうけど、水の中に入るとほぐれる感じがするんだよね。

力入れてたら浮かないし。

会場の中にもチラホラと手が挙がり、

「あ、いるんだね。オレの他にも特異な人がいるんだね。」

「残念ですねぇ〜〜〜。」

って大ちゃん、ホントに興味なさそうだったわ(笑)

でも一応どうしてそう思うのかを聞く大ちゃん。

「夏は、ホラ、何にもしなくても汗をかくじゃん。普通に歩いたりとか、何かする度に。冬はあんまり汗をかかないから、」

「乾燥してるしね。」

「うん。何かね、潤うし、」

「水分補給!!プールの水はオレのモノ!!」

「そそそ。で、何か上がった後、汗もかいてるし、その後サウナも入るし、何か、いいんだよね!」

とキメるヒロに会場からFu〜〜〜〜!!!って声が上がり、

「そうやってヒューヒュー言うから、調子に乗るんだよ。」

「大ちゃんはヒューヒュー言われて怒るけど、オレはヒューヒューって言われたらもっとアガルからね。」

そう言われたらもっと言うでしょ?(笑)

そしてさらにアガったヒロはもちろんニコニコ笑顔でご満悦。

そんなヒロを横目で見ながら、

「もう何を話してたのか忘れちゃいましたけどね。」

「雑談ですっ!!」

コレ、ウケた。

という訳で軌道修正。

改めてニューシングルの話に。

A盤X盤S盤と3枚出てるからって話を。

「ジャケットもなんか・・・こうなって、こうなって・・・。」

とA盤のジャケ写の事を(笑)

「アレは何なんですかね?」

「アレは、・・・何なんですかって、大ちゃん。」

「え?ダメ??」

「アレは、デザイナーさんが、ま、僕はX盤が好きですけれども。」

「(笑)僕も、解る。」

って何故か握手する2人。

「こう言うふうになってるのってさ、アレ?みんなはどうかな?どう思う?」

って会場に(笑)

「ね、気になるでしょ〜〜?帰りに手に取ってって。」

新手の販促です(笑)

結果、

「多分、要するに、最初で最後の事ですから。ね?」

「いや、解んないよ〜〜。スッゲェ好評でさ、左右逆とか、上半分下半分とか。」

「アハハハハハハ。手が半分とかね。段々いろんなとこが半分になってく。」

「それがaccess!!」

「そう!新しい事への挑戦ですから。」

いや、そんな挑戦はしなくても・・・。

つか、2人とも気に入ってないって事が笑える。

それぞれ別のカップリングが入ってるからって話をして、

「カッコいいヒロのシャウトがいっぱい聴ける。」

「大ちゃんの手弾きが凄いですからね。」

って言うと会場からまたヒュ〜〜って声が上がり、それを聞いたヒロが、

「アガっちゃうぞ、また。」

って背伸びしながら両手を広げておりました。

そして会話は映画の話に。

「君の名は?」

「え?大ちゃん君の名はまだ見てないの?」

「見た。」

「あ、見たね。あれ?みんな見ました?」


スマン、見てないです・・・。

「すごい大人気なんでしょ?世界的大人気。」

ってヒロが勢い込んで話そうとすると大ちゃんが、

「気を付けないとポロッとね、言っちゃうから。」

ってヒロを(笑)

さすがよく解っていらっしゃる。

「そっか、ネタバレしちゃいけないんだもんね。大ちゃんはどう思ったかって事。あれを見て。世界的に大ヒット。200億円ですからね。」

「一番僕思ったの、言っていい?効果音がデカイ。」

「効果音・・・。」

「効果音がすっごい、アニメがこう動く時に、カシャカシャカシャって。」

「あ〜〜確かにね。解る解る解る。」

「だから、リアルなのかな?アニメにしてはすごく生々しい音が入ってるから。そんな印象があったけど。あとは・・・何なんでしょう?アレは。」

「出た!!毒舌大介!!」

「ちょ、ちょっと待って、ちょっと、」

「でもね、でも、」

「僕だけディスってるふうにするのやめてよ。」

「いや、オレも言うよ。」

この辺のやり取り面白かった。

効果音に意識が持って行かれる大ちゃんは、やっぱりさすがだなって思ったわ。

音に対してホントに敏感なんだよね。

だけど内容に関しては(笑)

きっと楽屋とかオフの時とかにもこんな感じで話してるんだろうなって感じで、見てて楽しかったんだよね。

そして毒舌大介に続きヒロの感想。

「オレもね、オレも見たんだけど、見た感想は、ふぅ〜〜ん!良かったね!!

なんかそんな感じ?」


って言って2人してまた握手してた。

「でもオレはね、一番、このくらいのネタバレはいいでしょ?このくらいは。」

「いいよいいよ。」

「あの映画で一番可愛いと思ったのは、オレは三葉の妹ね。」

映画を見てないのでさっぱりなんだが、ヒロがモノマネしておりました。

「ごはん!!」

それをやった後に、

「あ、言っちゃった。」

って反省するヒロに、

「そのくらい大丈夫よ。」

って笑ってみてる大ちゃん。

「やっぱ入れ替わってさ、男と女がね、絶対最初に気になんのソコだよね!」

ものすっごい力説しておりましたよ、貴水さん(笑)

「オレだって自分におっぱいついたら、もう、そんな朝だけじゃないでしょ、触るの。」

って言いながら自らの乳を揉む仕草(爆笑)

つか、随分たわわな方を想像されているようですが、女人にはいろいろあるのでございますよ。

そう理想道理の乳が手に入ると思うなよ!!(笑)

「そんなの間違いないでしょ!!」

とさらに揉み揉みするヒロに会場からFu〜〜〜〜って声が上がり、

「そこ、Fu〜〜じゃないでしょ!」

って言っておりました(笑)

そして大ちゃんが、

「じゃあ、今日、男性、結構姿が見えますけど、どこ触る?」

会場に聞くなっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

しかし、会場の中からしっかり声が上がり、

「お・・・ぱ?オパイ。」

「オパイ、オパイ。」

「オパイ。」

と小学生レベルの事で盛り上がっておりました(アホ)

「でも女性だってさ、それはそうでしょ?だって。

男になったらさ、アレ?何か、なんか、アタシ、重い、みたいな。」


重いって(笑)

自分のが重いからって〜〜〜(笑)

重くない人もいるんですよ〜〜〜きっと(笑)

さんざんそんな話をしておいて、

「こういう話はやめましょう!!」

と急に風紀委員のようになるヒロ(笑)

「そうだよ〜。小さなお友達もいるんだから。」

と窘める大ちゃん。

「でも夢があるじゃない。こういう話は。だって絶対ない事だからね。」

ときれいにオチを付けたところでまともに映画の話に。

「なんかいいとこどりをしたようなね。今までの映画のね。」

「あと何か、結末と言うよりは空想の余韻のままみたいなね。幻想的なアートと思えばいいのかな?」

「あとやっぱ曲じゃない?♪ぜんぜんぜんぜんぜんぜんぜんぜん。」

全部『ぜん』にしやがった(笑)

「アレ前世の事を歌ってるんでしょ?前世でも会いたかったって言う事?♪ぜんぜんぜんぜんぜんぜんぜんぜん。」

「僕らね、結構勝手に解釈してますからね。気を付けないと。全然違う話だったりね。」

うん・・・2人の説明じゃ、全く解らなかったよ・・・。

「あと何だっけ?シン・ゴジラ。」

「シン・ゴジラね。大ちゃんが面白いって言うから、行きましたよ、パッと。あのMX4Dの。」

「椅子が動くやつ。」

「実は数日前、朝パッと早く起きて、朝一で一人で行ったのね。すごい良い事があったの。MX4Dにしてるでしょ?アレの中に、今冬だから乾燥してるじゃん、ゴジラ出て来るじゃん。ピシャーっと蒸気出るからね。オレは蒸気で顔こうしたからね!!」

ってその蒸気を顔を潤すためにピタピタと肌に密着させたそうな・・・。

何やってんだよ、アンタ・・・。

「アレ、いいよ。」

「水でお肌が。じゃあ、ずーっとこうしてるんだ。ゴジラ出て来るの。」

って蒸気が出て来るところに顔を近づける仕草をする大ちゃんが(笑)

「すごいよね、あのMX4Dって。あの水はちゃんと消毒してるんだろうか?」

「ちょっと思った。」

「気になるよね?」

「どういうとこの水なんだろう。」

いや、お肌に潤いを与えるための水でない事は確かですが・・・。

「あれ、ちゃんと入れ替えてるんでしょうね?」

あの〜・・・そもそもの用途が違うので、パックする様な方には・・・(笑)

その後もシン・ゴジラの事について。

「僕はそんな批判的な人間じゃないですから、」

「え!?」

「アハハハハハ。」

「ちょっと、僕はシン・ゴジラ大好きだもん。」

毒舌大介をチクリといじるヒロでした(笑)

その後会場にも見た人チェックをして、感想を聞いた後に、

「君の名はとどっちが面白かった?」

なんて聞いてました。

結局答えはちゃんと出てなかったけど。

「じゃあ、大ちゃん、シン・ゴジラのどこが面白かった?内容的なもの?視覚的なもの?」

「えっと・・・だいぶ前に見たから、今思い出してるんですけど、あの、第一形態が可愛かった。蒲田に来た。」

「あ!目がおっきいやつね。」

「そうそう。ちょっと可愛い。」

「あ〜〜解る気がする。」

「ちょっと怖いんだけどね。一瞬ガッカリした。え〜〜今回ゴジラってこれなの?って。あんまり話すとネタバレになっちゃうんだけどね。」

「でもなんかリアリティがあったって事だよね、きっと。」

「そそそ。なんか知ってる地名とかもあって。」

「東京の街がそのまんま映されてね。ゴジラ、ホントにそのまんま来たからね。」

「僕らのアレにするか!シン・ビートとかにすればいいか。ゴジラみたいに。」

ってまた大ちゃんが訳の解らない事を言い出して、それを必死に拾おうとするヒロなんだけど・・・。

「すっごいゴメン。拾えなくてゴメン。」

ってどうにもお手上げなのにも関わらず、さらにそのネタで引っ張る大ちゃん。

「今の失敗。じゃあね、逆にシン・く・・・シンク・ゴジラ・・・。」

「うん、もうね、話題変えよう。」

サイコーすぎるわ!!!!!!!!!

ヒロ、早々にあえて拾わず(笑)

「シンク・ゴジラ!シンク・ゴジラ!!」

「シンク・ゴジラね、いいよ。」

「スッゲェさ、今、会場が寒いって解るんですけど。」

「いいよ。シンク・ゴジラ。大丈夫大丈夫。キーボード、バーッてやったら水蒸気がバーッて出てこうするんでしょ?」

ってまたしてもその水蒸気でお肌を潤すヒロ。

そしてやっぱり早々に話題を進めようとするんだが・・・

「優しいよね、ちゃんと拾って膨らませてくれてさ。感動してんだけど。」

「そりゃあもちろんですよ。当たり前じゃないですか。」

頼もしいダンナです。

そんな訳で見てない人は是非見てみてくださいと、ネタバレしちゃうからこれ以上は話せないよって言ってました。

しかし、そんなヒロのまとめにも、

「今日さ、僕らの話聞いて、見たいって思った人、あんまいないよ。」

確かに・・・。

さらに内容がよく解らなくなったわ・・・。

「じゃあ、シン・ゴジラ、オレは優良化ってつけるとしたら、まぁ、良かな。」

「え!うそ、僕、優。」

「だって、オレちょっとね、眠くなったもん。会議長いな!!」

短気過ぎる(爆笑)

「でもアレがね、日本を象徴する、あの、談合、ね。」

とか言ってました。

この辺で軌道修正して、ちゃんと告知。

リリースの事と、リリース特番のニコ生もやるよってことを言っておりました。

そして本日フューチャーしたアルバムの話題に。

「今回フューチャーしたアルバムはリッピンゴースト。なんか一瞬もう、ライブの終盤戦のような盛り上がりで、結構テンション上がったんですけれども。」

「アレはハイテンションにならざるを得ない曲ですから。でもすごい久々にやったんですけど。」

という事でリッピンの思い出。

「アレは調度、音楽を聴く環境が変わる過渡期で、」

という事でCDからiPhoneとかに取り込んで音楽を携帯する時代に変わって来ていた時の事。

その取り込む作業の事をリッピングと言っていて、その言葉を使ったと話しておりました。

「でも、ホント思い返してみれば結構前なんだね。」

「何年前?」

「もう10年経つでしょ?」

って2人が言ってると会場から、13年前〜〜ってすぐに返って来て、それを聞いた大ちゃん、

「ウィキペディアみたい。お前ら。」

って言っておりました。

13年前という言葉にしみじみとする2人。

「あっという間だぁ・・・。」

「ねぇ。まだちょっと小学校とか行ってた感じだよね?」

「ホントだよね。やっと中学生になれて、僕らね。」

とかまた年齢の話が(笑)

そんな中でヒロが

「ホントだわね。」

とかボーっとしてて言ってて、それに突っ込んだ大ちゃん。

なんか2人でだわねだわね言ってました。

そしてやっぱりヒロにも聞くのです。

「なんかリッピンゴーストの思い出は?」

「リッピングゴーストは・・・とにかく結構レコーディング中、永遠とカンヅメだった記憶があるんだよね。」

「どこに?スタジオ?」

「家に。まぁ、家だね。ずーっと詩を書いてたから、何か覚えてるね。朝方まで詩を書いて、そのままレコーディング行って、また帰って来て直して、そんな事を繰り返してたらもう1か月くらい経ってた。」

「結構あの頃の時期ってアルバムに集中してレコーディングするっていう感じでやってたもんね。」

「そう。それだけに、もう、フォーカスあててたからね。ん?フォーカス??」

この発言を聞いて大ちゃんがめちゃめちゃ笑ってて、それにつられるようにヒロも笑い出して、

「ヒロ、ちょいちょい可笑しい。英会話スクール行ってるからって。」

って突然英語が出て来ることが、多分2人の会話の中で頻発してるんだろうね。

そんな日常が垣間見れたり♪

そして大ちゃんの思い出。

「あのーギターを弾くのがちょっと面白くなって来ちゃってた時で、結構ライブなんかでも、」

「あ!解る!!赤いギターだよね。」

「そ!!」

「その時に、僕は覚えてる。シーちゃんも赤いギターじゃないですか。シーちゃんが、大ちゃんが赤いギターを弾いた時に、ちょっと目が点になってた。」

「シーちゃんに、コード何?コード何?って聞いてた。」

「アハハハハ。ね。あ、でも大ちゃんギター弾き始めたのあの頃からだ。」

「そう。結構曲の中でね、ギターのリフを弾いてる曲なんかもあったりして、そこからこう、今に・・・繋がっている感じですね。」

「うん。」

「やっぱり繋がってるのはね。」

「うん。」

ってヒロは大ちゃんの話を聞いてたんだけど、大ちゃんが次第に言葉をごにょごにょ。

そして変な間。

「そのさ、目でさ、オレに助けを求めるの(笑)」

そう言って笑い出したヒロに、何か大ちゃんの甘えた空気が♪

「ね、可愛いね、大ちゃん、やっぱね。」

やっぱねって何!!って思いましたよ。

やっぱねって事はやっぱりって納得したって事で、常々そうじゃないかな〜〜って思ってるって事ですよね???

改めて再認識したって事ですよね???

もうさ、この付き合いたてを24年間保ってるっていうのが、まさに奇跡ですよ!!!!!!!!!

普通、慣れますよね?

それが全く色褪せることなく、こうして今も・・・って、常に新鮮な驚きに満ちているんですね〜〜〜。

あぁ〜〜羨ましい!!!!!

ヒロは大ちゃんのやる事がホントに可愛らしいなって思ってるんだよね。

なんか口調とか声のトーンがホントに優しいというか、甘いというか。

多分本人は気付いてないよな。コレ。

そこがまたイイ!!!!!!!!!!!!!!!

そんなヒロに照れたのか、照れ隠しの様に、Fu〜〜って言う会場に

「ここはFu〜〜じゃなくていいの!!」

ってプリプリして見せました(笑)

も〜〜解ってる、解ってるって〜〜♪♪♪

という訳で締めのトークに。

今後もツアー続くのでよろしくと。

そしてバンドメンバーを紹介。

まずはしばちゃん。

一言って言われ、

「みなさん、盛り上がってますか?

でも、多分、僕のが盛り上がってます。負けないよ。」

って言ってくれました。

ヒロソロ以降、結構喋るようになったよね、しばちゃん。

そして次はシーちゃん。

「大ちゃん、シーちゃんにも一言。」

とさっきは自分のマイクをしばちゃんに渡したのに、今度は大ちゃんを行かせるヒロ。

こういうとこ、ダンナ感あるんだよな〜〜〜。

言われてシーちゃんの方へスタスタと歩いて行った大ちゃん。

そのままシーちゃんを通り越して、さらに袖の方へ。

「あぁ!行き過ぎた!!」

大ちゃんとのマイクの攻防があり、マイクを受け取ったシーちゃん。

「そうね、真っ直ぐ立ち位置に行けばいいんだよね。」

「いやいや、シーちゃんタイムですから。」

と話す事を促すヒロに笑いながらも、

「ロック調に言うと、仙台、お前らのケツを蹴り上げに来たぜって感じなんですけど、あまりそれは僕の趣味じゃない。どっちかっていうと、お尻をなでなでしに来たよって。」

「要するに最近、欲求不満なんですね。」

「いえいえ、常に、常に。」

「永遠のロッカーだからね、永遠のロッカーだから。」

とヒロに言われ、落ち着くかと思ったら、

「ヒロと大ちゃんがなでなでしてくれるんで。」

といきなり謎の発言。

これにはヒロもえ???って意味不明な顔してたし、大ちゃんは多分何となく意味を解ってて、それでわざと何それ?みたいな顔しておりました。

まぁ、シーちゃんの真意がどこにあるかは解らないけど、オタはそういう解釈した人も少なくないでしょうね〜〜〜。

そんな感じでシーちゃんの挨拶が終わると、大ちゃんがシーちゃんのお尻をなでなでしておりました。

こんなカオスの状態から、まだまだイケますか!と始まり、もうひと盛り上がりするぜ!!のWe’llへ。

この曲は、ほっこりするんだよね。

決してスローなテンポの曲じゃないんだけど、なんだろうね?あったかい感じって言うの???

会場が一つになる感じがするよね。

舞浜でいきなりレコーディング(笑)したこの曲からもう4年経ったんだね。

早いなぁ。

それなのに、まだ頭の中にはヒロが歌った仮歌の方が鮮明に残ってるわ。

そして、

「今日はみんなどうもありがとう!!!ラストイクゼ〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!」

という事でとうとうラストのルクア。

燃え尽きるぞ〜〜〜!!!!!!!!!!!!!

ヒロも大ちゃんも走る走る。

そして本日のギンギン。

下手センターにいるヒロの方へ大ちゃんが歩いて行って、歌いながらそれを見てたヒロ。

多分大ちゃんのパワー、やるぞ!!っていう意気込みが凄すぎたのか、その前に歌いながら笑い始めちゃって、2人して全力ギンギン。

大ちゃんは力こぶ出るくらいに力強いギンギンで、ヒロは両手をあげてニョッキとギンギンしてました。

完全に歌放棄(笑)

その後もホントに楽しそうに2人とも笑顔でステージを走り回ってくれて。

こっちも無意識に笑顔になっちゃうよね。

この日はヒロがジャスチューアクセスのとこの振りを真似してくれました。

だけど最初のところがよく解らないらしく、何とか帳尻を合わせるようにアクセスで両手を上げる(笑)

それもめちゃめちゃ背筋伸ばしてだから、めっちゃ可愛い!!!!

それを何度もやってくれて、ホント楽しかった!!!!!!!!

もちろんHey!!Hey!!もステージセンターでやってくれて、その後シャウトしまくり。

大ちゃんもショルキーをガンガン叩く勢いで弾いてくれたりして。

めちゃめちゃ盛り上がって、ヒロのジャンプで終了しました。

その後はメンバーを迎えてのご挨拶。

そして2人でちょこっとトーク

「リリース日万歳!!!」

ってリリース祭りをしたりして、

「すごかったね、大ちゃん。今日もね。」

「いや〜あの、こうやって長く活動して来て、こうやって音楽を待ってて、楽しみにしてくれているみんながいてくれる事、ホントに今、幸せです。ホントにどうもありがとう。」

って大ちゃんが。

「今日はね、仙台に来たんですけど、思ってた事があって、こういうね、楽しい事って身の回りにたくさんあるけど、やっぱり1人1人、個人個人、自分の中で辛い事だったり、重い事だったり、感じる事があると思います。5年前、震災で、個人と違った大きな心の痛手みたいなものが凄くあったと思うんですけど、そういう気持ちって、日本あげてみんなで共有出来てるんじゃないかなって僕は思っていて、僕はこういう、まぁ、僕らにしか出来ない事ももちろんありますけど、こうやって音楽を通してみんなの気持ちを嬉しい事ももちろん、辛い事も哀しい事も一緒に共有できる場があるって言う事はすごく嬉しいし、これからもこういう場所を大切に守っていきたいなと思いました。」

こんな話をしてくれたんだけど、今にして思えば大ちゃん自身が辛い思いをしてたんだよね。

ジョンジョンの事で。

手足が動かなくなったって連絡を貰ってNYから飛んで帰って来て看病してたんだよね。

快方に向かっているらしいけれど、ジョン君も歳が歳だからね。

早く元気になって欲しいです。ホントに。

多分その事もヒロは知っていて、いろんな意味で支えてくれてるんだろうな。

ヒロにとってもジョンジョンは始めて小さい頃から一緒にいたワンちゃんだからね。

だって2人の子供だもん。

本当にジョンジョン、元気になってね!!

そんな思いをしていた大ちゃんが、

「僕ら、みんなの事好きなんで。」

「そうそう。一番大事ですよ。」

「そうじゃなきゃ、来ませんからね。」

「そうですよ。もちろん!!」

「みんないい笑顔だね。サイコーだね。ありがと!!」

そんな事を言ってくれた大ちゃんが一番いい笑顔だったよ!!

「次は・・・。」

「大阪ですね。」

「大阪も、来ちゃいな、さい!」

ハ〜〜〜イ!!

結構な人が手をあげて、

「すごい!こんなに手が挙がってる!!」

「もっと手が挙がってもいいんじゃない?」

「そうだね。」

「もうひと押し、先生。」

「えぇ〜〜〜今なら!!」

ってジャパネットタカミが(笑)

そして恒例の、

「じゃあ、大阪来れないっていう人、手をあげてもらってもいいですか。

じゃあ、端から詳しく何でこれないのかを。えぇえぇ。

じゃあ、ちょっと迷ってる方、います?今日見て。」


「今日見て、迷ってるって、切ないじゃん。」

「違う違う。今日見て、行かなかったはずなんだけど行こうかなって思った方、いらっしゃるかなって。」

って言うと手がいくつか上がり、

「その方達は何でか理由を言わなくていいから、大阪来てください!!」

さすが、宣伝部長!!!!!!(笑)

そしてラストはホントにありがとうって言ってくれて、

「チュッチュ!!!」

って大ちゃんが。

そしてはけていく大ちゃんを追ってヒロも。

「またすぐ逢おうね!!

帰り気をつけてね!!

愛してるぜ!!」


と言ってはけていきました。



さて、この後はハイタッチですよ!!!

これがまた大変。

本当に泊りにしてよかった。

かなりバタバタでしたよ。

まぁ、最終には本人達も乗って帰るので、帰れないわけじゃないんだろうけど、さくらは東京から先がね〜〜・・・。

田舎者なんで・・・。

という訳でゆっくりハイタッチへ。

このハイタッチの列が会場の外に列を作ってて、一気に東北の極寒の地へ。

ホントめっちゃ寒かった。

だって一番の冷え込みですよ。

東京では雪が・・・なんて言ってる時ですよ。

仙台でもチラリと雪が降ったらしいけど、それほど長い間じゃなかったみたいで、舞った程度だったみたい。

その寒さの中に・・・。

しかし心はポカポカ♪

ほどなくハイタッチが開始され、やっぱりハイタッチは流れが速い。

ハイタッチ会場はまた会場の中に戻り、ホールの外に衝立を立てて、そこで行われました。

ホントに一瞬なんだけど、大ちゃんは一生懸命話を聞いてくれるんだよね。

じっと目を見てくれるって言うかさ。

やっぱりこういうのも慣れてくるもんで、ちょっとまともにモノが言えるようになりました(笑)

最初の頃はアワワワワってなって終わってたけど。

大ちゃんには楽しかったです〜〜みたいな事を言ったら、

「どぉもありがとぉ。」

ってにっこりしてくれました。

ヒロはだいぶ意識が保てるようになってきたというか(笑)

魂はそれなりに残っていました(爆笑)

「全通します!」

って言ったら

「お!ありがと!!」

って言ってくれました。

隣の林さんが髪の毛切ってて、短いのも可愛いな〜〜って思ったんだけど。

そっちの方に気を取られてしまって、ヒロちゃん、スマン・・・。

ホントに一瞬のハイタッチだったけど、やっぱりこうして間近で2人を見れるのって嬉しいね。

ハイタッチすると、大ちゃんを好きになるわ〜〜。

ホント優しい!!!!!!!!!!

次は中野でハイタッチ♪♪♪

今年最後のお触りだな・・・。



こんな感じで駆け足で???

いや、全然駆け足じゃないけど仙台でした〜〜。

そうそう!!書き忘れていた事を。

新曲の24sync、1回目のBメロに移る前だったかな?

大ちゃんがものすごい勢いで手をグルグル回すらしい。

キャッチのあのサビ前みたいなやつね。

毎回やるかどうかは謎だけど、キャッチよりもすごい勢いで回してたらしく、Rさんが笑っておりました。

もちろんその瞬間ヒロを見てたので全然見てないですけども(アホ)

ヒロは考える人みたいにうずくまってます、その瞬間(笑)

次こそは見てみよう!!!!!



お泊りだったので、ゆっくりこの日はセリ鍋を食べに行きましたよ〜〜♪♪

そこのお店の接客がマジですごい!!!!!!!

あんなに気持ちイイ接客を久し振りに受けました。

もちろん食べ物もめちゃめちゃ美味しい!!!!!!

ついつい楽しみすぎた・・・って思ったけど、全部食べてるし(笑)

翌日は再び正宗さまに会いに行きましたよ。

今回はガイドさんをお願いしたので、ホントにいろいろ教えてくださって、めっちゃ寒かったけど、楽しかった!!

八幡宮にも行って、かなり仙台を満喫してきました。

仙台、本当に良いところです。

また来たいな〜〜〜。

という訳で仙台レポでした〜〜〜〜。







sakurajun9tion at 01:24|PermalinkComments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

2016年11月26日

イクゼ!!東北!! その2

という訳で続きです。

2人の出演まで時間が迫ってきているが、みなさんお待ちかねのアレを書かねば!!!

それまでに終わるかな・・・。

ホントはその前にお風呂も入りたかったけど、そこはもう諦めた・・・。

2人が出るまでに終わるか、いざ勝負!!(アホ)



2人がはけて行ったステージではほどなくaccessチャンネルが始まります。

それまでのわずかの隙にメモに補足の殴り書きをする(笑)

始まったaccessチャンネル、OPはいつもと同じやつ。

寒いから始まってお着替えして、仲間を読んで、レッツゴーですよ。

そして本日分、

「次は堂くん。」

ともりお先生を指名するルイージ。

今度のアスレチックはなんて説明したらいいんだ???

丸太が逆向きの滑り台状態に組み合わされていて、その丸太にロープのわっかがいくつも付けらていて、そこに足をかけてその丸太の山を越えていくっていう感じの物。

そのロープの長さが一定じゃないので、足をかけるところがさらに不安定になっていると。

「次コレ。」

「これさぁ、難しそうだよ。」

「ちょっとさぁ、エッチな感じもするね。」

って言ってたけど、何を見てエッチなんだ???

盛り上がって突き出てるからか???

解らんよ、大介・・・(苦)

そしてもくもくとチャレンジするもりお先生。

「意外と・・・。」

と苦戦しながら進んで行く姿を見て、

「再び、地味〜〜な絵になってる!!」

「生まれたての小鹿みたいだぞ。」

って爆笑してるけど

「え?そうやって行くの?」

「あってるあってるあってる。」

ってアスレチックの説明を熟読するヒロ。

どうやら大ちゃんは丸太の上をずりあがって行くことを想像していた模様。

だからエッチだとか言ってたんだね。

またお股が・・・って事ですね。

じゃあその下にぶら下げられたロープの存在は???って事ですよ。

そんな瞬間にカメラからオフられていたもりお先生の悲鳴が(笑)

「ウワァッ。」

結構大変そうです(笑)

そんな事もありましたが、何とかもりお先生クリア。

「お〜〜〜すごい!!行った行った!!」

と拍手喝采なのであります。

「マリオ行こう!!出来た人、2点貰えます。2点!」

って言う事で大ちゃんからチャレンジ。

初っ端から丸太に跨って登ろうとする大ちゃんに、

「おっと、そう行く。」

って見守っていたヒロ。

もちろんずり上がって行くのには限界があるわけですよ。

そもそも足がつかなくなったら腕の力だけで上に上がって行かなきゃいけないわけで、いくら腕力のある大ちゃんでも・・・。

と思ってるとやっぱり。

早々に丸太から降りる。

「やり直しだ、マリオ!!」

って言われ最初っから仕切り直し。

今度は通常通りのロープに足をかけるやり方で。

しかし登り始めた大ちゃん、あまりの不安定さに、

「ウェエ!?何これ。」

「結局そうやって登っていくしかないんだよ。」

そう言われて、必死に次のロープへ足を繰り出そうとするんだけど、これがなかなか。

半ば丸太にしがみつき、そうなると必然的にバランスが取れなくなり、足が前方にグインと上がってしまい、状態がくの字に曲がってしまうのでお尻がプリンとカメラに剥き出しに(笑)

にっちもさっちもいかなくなり、再び諦めて地面に降りる大ちゃん。

「ちょっと待って。」

「マリオ、ここがワニの居る池だったら食われてるよ!!」

そんな事を言われても既に丸太にしがみついているだけで疲労困憊の大ちゃん。

「マリオ!!」

って愛するダンナに応援してもらっても丸太とロープを見つめたまま。

「ちょっと、やって、やってみて。」

「やるやる。」

という事で疲労困憊のマリオを残し、今度はヒロが挑戦。

「あ〜〜ムズイ!!ホントに行かないから。」

ってヒロを見ると、最初に足をかけた時はさすがに不安定だった。

「あぶねっ!!」

って一瞬ぐらつくがすぐにバランスを取り戻す。

「ルイージは行くよ。ホラ。」

って次々と足を運んでいく姿に、

「なんでぇ!?」

マリオ、打ちのめされる(笑)

だけど途中でロープが長いところがあるんだけど、そこに来るとやっぱりちょっとバランスを崩して、

「でもホント危ない。」

「でしょ!!」

やっと認めてもらえたこの難しさに喜ぶ大ちゃんだったけど・・・

「まぁまぁ危ないコレ。」

「手袋ない方がいいんじゃないの?」

「これね・・・。堂、頑張ったね。」

って言いながらも進んで行くヒロ。

そして頂上に辿り着き、丸太の上に乗り上げて一言。

「これね、多分ね、マリオ、無理だと思う。」

ドキッパリ!!!!!!!(爆笑)

「でも出来たね。」

「出来たけど、これね、大ちゃん、あ!!マリオ、マリオには難しいわ。

マリオ、マリオ、ここはなかった事にしよう!!」


降りてきたヒロがあっさり(笑)

それを聞いた大ちゃん、

「でも、やりたい・・・。」

「やるの?」

「も1回だけ、やる。」

「結構難しいよ、コレ。」

「もう1回だけやっていい?」

「いいよ。」

と言いつつ既にいつ何があってもいいように大ちゃんの後方に回りスタンバるヒロ(笑)

「今度、こっちの足から行く。」

とさっきと逆足からスタートする大ちゃん。

しかし、結果は・・・。

お尻プリン再び(笑)

するとダーリン、スススと近づいて来て、



「マリオ、マリオ、人生には、挫折が必要だから。」



アハハハハハハハ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

お尻プリンなマリオに諭しておりました。

「次頑張ろう。」

ひとつぐらい平気だとさらに諭し、ようやく諦めたご様子のマリオでございました(笑)

機嫌を取り戻して次へ向かうところでカットが変わり、前回の火おこしの後らしいです。

イスにぐったりとした様子で腰掛けるヒロと、その横で椅子にぐったりと寝そべってるオッサンが(笑)

魂半分抜けかかってます(笑)

「今の、疲れたね・・・。」

「一番しんどかった・・・。」

とか話しておりました。

そんなダメオヤジたちの姿からまたカットが変わり、どうやら飯盒炊飯をやるようです。

それを見たヒロ、

「それ、火おこすところから始めないよね?」

よっぽどトラウマのようです(笑)

今回はガスで炊くと言う事を確認し、ホッと一安心のヒロ。

隣で器をカチャカチャやってる大ちゃんに、

「こっからですよ!!ここからですよ!!」

って。

「何なら、すごいの来たよ。」

「何?」

「米が生だよ。」

「ホントだ。」

いやいや、その入れ物が来た時点で生でしょう(笑)

お米を受け取った大ちゃん、

「いいですか〜〜北海道産、ななつぼし。」

と品名を。

「ヒロは自炊とかしてんの?」

「してるしてる。オレは玄米から、精米して、」

「僕、言っていい?自炊した記憶をたどると、小学校4年生の時の家庭科の授業で、ご飯と青菜炒めをやって以来、炊いた事ない。」

「炊いた事ない・・・。」

ヒロ、一瞬、マジかみたいな顔しておりました。

多分やってない事は知ってただろうけど、小学校4年がラストだったとは・・・って顔だったわ。

40年位前ですね、炊いたの。

「じゃあ、これを2杯入れて、とぎに行こう。」

「いいよ。」

って何でもやりたがりの大ちゃん、「1杯、2杯・・・。」って楽しそうにお米をよそってました。

「さぁ、ご飯作りが始まってますよ。こちらでは。」

「やっぱさぁ、身体動かした後は美味しいごはん、食べたいじゃない?」

「そうだね。栄養付けないとね。お腹空いたよ〜〜〜。」

って言う事で水道にGO。

2人して並んでしゃがんでお米をとぎ始めます。

「お米とぎはさぁ、ちっちゃい頃お手伝いでしたよね。」

「米は今でもといでるよ、僕はだって。」

「そうなんだ。」

いやいや、自炊してますから、この人。

さっき言ってましたよね?玄米から精米するって。

きっと意味わかってなかったな(笑)

さすがにヒロは慣れてるな。手つきが良いです。

つか、やっぱりこの人、所作がキレイだな〜〜〜。

「あんまり強くとぐと、胚芽がなくなっちゃうからね。」

「栄養があるとこね。」

って話をしながらサクサクとといでいくヒロ。

「オッケーなんじゃないの?このくらいで。」

「こんな色でいいの?もうちょい?」

「あれ???結構、結構白いね。」

「やってもやっても白いの。」

「結構、オレよりといでたよね?」

「うん。」

不思議がる大ちゃんと、大ちゃんの白い飯盒を見つめるヒロ。

「あ!アレだ。流す時に水結構いっぱいで流した?」

「あ、じゃあ、流しきってないんだ。」

って納得した後、急に立ち上がる大ちゃん。

膝をピーン、背筋もピーンと固まった身体を伸ばしておりました。

それを見て笑うヒロ。

「え?」

「アハハハハ。なるほどね。やっぱりね。座ってるとね。

だから昔の人は大変だったね〜。」


「そうだよ。」

「ご飯作るのに1日がかりだもん。」

そんな2人の後ろに腰の高さの水道でお米をといでいるもりお先生の姿が(笑)

多分、アレそうだったと思うんだよね。

カットが変わると網の上にはヒロと大ちゃん、そしてもりおさんがやった飯盒が並んでいます。

「いや〜〜きっと美味しいよ〜〜。こう言うふうに作ったご飯は。」

「ね〜〜。ホント美味しそうだね、出来上がったら。」

「うん。」

「出来上がれば、の話だね。」

「ホントだよ。」

という事で今度は無事、簡単なガスで飯盒を炊き始めた2人。

あとは下がガリガリに焦げなければね・・・。

という感じでまたまたカットが変わるとカレーが出来上がっておりますよ。

そしてどうやらご飯も炊けたようす。

「カレーもいい具合に。まぁどっちが美味しいかって言ったら、こっちの方に決まってるんですけど。」

と自分の飯盒を指す大ちゃん。

いよいよオープンです。

「先程炊いたご飯、オープンしたいと思います。」

まずはもりお先生のから。

綺麗なご飯〜〜〜。

2人ともそれを見て期待を膨らませます。

「じゃあ、オープン!」

って2人揃って開けると・・・

「おぉ〜〜〜すげぇ!!!すげぇ!!!!」

ってすっごい興奮してる大ちゃん。

「これはみんなきれいに出来てる。」

「みんな満点!!」

って言いながら2人でハイタッチ。

「ちゃんとご飯になってる。ちょっと感動・・・。」

って自分のといだご飯をしみじみと見つめる大ちゃん。

そりゃあ40年ぶりに自分で炊いたご飯ですからね。

良かった良かった。

そんな感じでまたまたカットが変わるといつものエンディング。

バーベキューのシーンですね。

1曲ライブとかポジション変わる?とかの話で終了です。

はぁ〜〜〜今日も笑った。

という事でここから後半戦。

まずはHungから。

衣装チェンジしてオスカルヒロが登場だわ〜〜〜。

この衣装、結構好きなんだよね〜〜♪♪♪

そしてHungではちょっと面白いことが(笑)

どうやらやっぱりイヤモニの調子が良くないんだろうな。

大ちゃんもしきりに音あげてって上手にサインを送ってたみたいなんだけど、それは全く見てなかったのね。

だってヒロばっかり見てたから。

あとでRさんから聞いた。

私が見てたのはヒロ。

1コーラス目が終わって、一瞬ブレイクがあるじゃない?

その瞬間に左肩を半身引いて正面からは左耳が見えないように身体を傾けたところで、たおやかに耳をトンって触って、まるで振り付けの様に左の人差し指を上へ。

この一連の流れが流れるようで、たおやかなサインにちょっと笑った。

いつもだったら、結構激しめに、というかちゃんと解るようになんだろうけど、はっきりトントンってイヤモニの近くを指して指も2回くらいあげてってサインするじゃない?

視線もそっちに向けて。

それがこの曲調だからなのか、まるで振り付けの様に、鮮やかに美しくサインを出しておりました。

これは端っこだから見えたんだろうな。

多分正面の人は解らなかったに違いない。

でも歌声はそんな事を微塵も感じさせない美しいものでしたよ。

どちらかと言うと今日のは包み込むようなHungだった。

そしてそこからのトライアゲイン。

ここでは大ちゃんのピアノを堪能します。

そしてサビからのピョコピョコも(笑)

まったりした後は早っ!!って思うダウトラ。

これが来るともう終わりが近い〜〜って哀しくなるわ。

ダウトラではもちろんサビのツインボーカルですよ。

センターに大ちゃん用のスタンドマイクも用意されて、大ちゃんもショルキーです。

ヒロの唇プレイにウットリしていて私は見てなかったんだけど、2コーラス目のサビ、大ちゃんが慌てて走り込んで来てからのコーラスだったらしいです。

Rさんが笑っておった。

ちょっと気合が入りすぎて放浪しすぎたんですかね?(笑)

ダウトラはさ、サビ頭に2人がバッと両手を広げるのがシンクするとカッコいいよね〜〜〜。

大抵1コーラス目にそれがあって、2コーラス目は大ちゃんが片手を上にあげるんだよね。

それはそれでカッコいいんだけど。

で、曲と曲の間、ヒロは一旦いつもヒロテーブルに戻ってお水飲んだり汗ふいたりするんだけど、この衣装の時、そのタイミングで後ろの白いシャツの後ろ側をきちんと直すんだよね。

手をあげたりするとどうしても上がって来ちゃって、赤いジャケットの中に隠れちゃうのね。

それをちゃんと元の位置に戻して・・・って動きをするんだけど、この辺まではシャツのしっぽを見つけられたんだけど、この後からシャツが完全に中に入りすぎて、見つけられずに必死に探す手を見るのが楽しかった(笑)

始まったジュエリーで、さくらのテンションが上がったよ!!

こっちだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2002verじゃない!!!!!!!!!!!!!

わっほい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これはムンシャイダンス!!から始まるやつだ!!!!!!

初日のかつしかと同じ!!!!!!!


既にそれが解ってテンション上がってるところに、ヒロの可愛いイヤンイヤンダンスとか、間奏のシャウトとか、もう嫌でも盛り上がるでしょう!!!!!!!!

そして待ってましたの♪ムンシャイデン!!!!

そうそう!!!これがいいの!!!!!!!!!!!!!!!!!!

楽しすぎる!!!!!!!!!!!!!!!!!!


そして気になるムンライプレイは1,2回目はステージの端と端。

普通に振り返るってやつです。

そして間奏挟んでの3回目は接近エリア。

首を傾けて、おでこコツンな状態でニコニコしてる、ここ最近よくやるやつです。

そして4回目はちょっと離れたところで2人揃って片膝ついてセニョリータポーズ。

ムンライプレイ、最近はおとなしいよね。

まぁ、それ以外のところで・・・って、全体的に最近はおとなしいな。

そういうのばっかりを期待してるわけではないんですけど。

それよりかは2人が本当に信頼しきってる素の部分とかを見れた方が嬉しかったりね。

そんなところから文句なしで盛り上がるバーチカル。

大ちゃんのキックもかなり気合入ってました。

ヒロの歌声も!!!!!!!!

やっぱりこの曲サイコーだわ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

つか、最近の曲のクオリティが半端ない・・・。

マジで先駆者だよね、いろんな意味で。

それでも満足しない2人の作り出した24syncもきっと10年、20年経ってやっと時代が追い付いてくるのかな・・・と思ったり。

そしてとうとう本編ラストdive

取りあえず一旦意識を失いましょう(笑)

ショルキーで攻めてくる大ちゃんが、私達の前くらいで客席にショルキーを触らせてたけど、もちろん見えるけど手が届く距離ではないんだよなぁ〜。

最前、いいなぁ〜〜。

ヒロのシャウトもスゴイ気合で、とにかく2人も一旦ここで燃え尽きるよね。

こっちもそれに負けじとパワー全開です。

大ちゃんがタオルの代わりにお尻をフリフリしてくれたりして、それを目の前で見たわ。

あざといって解っててもやられるな、アレ・・・。

そしてヒロのシャウトでdiveは終了。

「サンキュー!!仙台!!!」

そう言って、客席にちょっと答えて、割と早めにはけていきました。





そんな訳で一旦切ります。

やっぱりラストまではいけなかった・・・。

アンコール残しか・・・。

これからニコ生に移動します〜〜〜。

続きはまたいずれ・・・。








sakurajun9tion at 20:33|PermalinkComments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

イクゼ!!東北!!

24時間の真っ最中ですが・・・今日しか書く時間がないんだよ!!!!!!!!!!

ライブ見たい気持ちも多々あるけど、こっちをやるぞ!!!!!!!

あぁ、網タイツ!!!!!!!!!!!!!!!(泣)




という訳で行ってまいりました、仙台!!!!!!!!!

前日?に地震もあったり、そもそも一般でかなり前の方の席が買える!!ってファンを震撼させた仙台。

一体何処まで埋まったのか・・・かなり不安もありました。

まぁ、その恩恵なのか、かなり前の方でした。

しかし、安定の端っこ!!!!!!!

もうね、ホントに正面って何???

この日はライブ前にハイタッチ券つきのCD販売があったんだけど、これがかなり押してましてね・・・。

物販開始が30分遅れたのね。

どうやら特典のポスターが巻かれていなかったらしい。

現場で必死にポスターを丸めている光景が。

売り子さんも2人しかいなくて、遅々として進まないのです。

なのでさくら達も物販中にCDが買えず、そのまま入場列にしていただいたおかげで何とか開演前にCDが買えました。

良かった良かった。

しかし、次の中野に参加される方、ポスター対策をしておいた方がいいかと・・・。

結構・・・(苦)

折ってしまえば問題はないんですけど、折るって・・・ね。

そんな感じでワタワタしたまま開演。

既に今日がリッピンだって事は解っていたので、来る新幹線の中でRさんとリッピンを聴いてきたんだけど、そこで1曲目はリアルだよねなんて話もしておりました。

そして笑ったのが、アンドロイドはやらないだろ、つか、やらなくていいってRさんが言ってたのに(笑)

多分みんなやると思うけど、セトリの予想をしてたんだよね。

で、バラード2曲やるでしょ?キスマイやるでしょ?ビッグタウン聴きたいでしょ?(笑)なんて話をしてて、やってるけどきっとビュウやるよねって。

オズワンも聞きたいけど、きっと曲調被ってるからなぁ〜なんて話をしてて、私達の間ではバラード2曲とキスマイ、ビッグタウン、ビュウって流れだろうって勝手に(笑)

私はアンドロイドも聴きたいな〜〜って思ってたけど、やっぱり盛り上げるためにコレだよなって納得してたんだけどね。

まさかの(笑)

まぁまぁ、その話はおいおい。

取りあえずここで本日のセトリをいったん整理しますね。



REAL AT NIGHT〜眠れぬ夜の向こうに〜

Winter Ring Affair

GLAMLOID〜ghost night〜

瞳ノ翼

Missnig 4 seasons

ANOTHER DAY

White Lights

FLY HIGH, FLY AWAY〜IN-COMER ANDROID〜

KISS MY -a- SOUL

VIEW

24SYNC

Lovin' you

Toy Box In The Morning

  AXSチャンネル

Hung Me For The Distance 〜絆された愛の果てに〜

TRY AGAIN(S Version)

Doubt&Trust〜ダウト&トラスト〜

JEWELRY ANGEL

MOONSHINE DANCE

Vertical Innocence

永遠dive

<アンコール>

We’ll

LOOK-A-HEAD





こんな感じのラインナップ。

本日はもうお分かりの通り、リッピンです。


そしてOPの映像が流れ、2人が登場!!

大ちゃんショルキー持ってない!!!!

そして流れた、やっぱりリアル!!!!!!!!


ここは、2人でやっぱりねって顔を見合わせましたよ。

会場はね、頑張ったと思う。

でも正直淋しかった。

もうちょっと埋まってて欲しかった。

1階席は後ろの4列くらいは完全に人がいなくて、2階席はサイドの1列目に2人ずつくらい人がいるのみ。

あとはガラガラでした。

せめて2階席も2列くらい埋まってくれてたら・・・。

もうね、ファンとして切なくて切なくて・・・。

こんな状態の会場を2人に見せるのは心苦しいというか・・・。

まぁ、一般で通路より前の席が買えたあの状況から考えると、よくここまで埋まったって思うけど、でもやっぱり切ないよね・・・。

多分ここにいたみんな、それを感じていたと思うんだよね。

だからOPが始まって2人が現れた時の歓声が!!!

そうだよ!!

みんな思いはひとつだよ!!!!!!

席が埋まらない分は私達の熱量で埋めればいいんだ!!!!!!

2人に切ない思いをさせちゃいけない!!!!!!!


そんな思いがあったのか、みんながいつも以上に熱烈な声援を。

なのでものすごい盛り上がりで2人を迎えたのであります。

きっと2人にもチケットの販売状況は伝わっていたはずで、そういう意味でも2人の気合が違った。

そういうのがいい感じに影響し合ってなのか、最初っからかなり飛ばし気味のテンションです。

リアルでお互いに今日はやっぱりリッピンねって確認した後は、WRAですよ。

ここでのヒロの気合が凄かった!!!!!!!!

もうね、カッコよすぎるでしょ!!!!!!!!!!!

手振りが大きくなってきてはいたけど、この日のコートプレイは、マジでカッコよかった!!!!!!!!

そしてお揃いのリング!!!!!!!

この日は大ちゃんも!!!!!

しかしヒロは小指なんだけど、大ちゃんは結婚会見(笑)

ヒロも結婚会見がいいけど・・・見た目的にはピンキーでいいです。

ヒロが小指立てる仕草、いいよね♪

そして抱きしめる振りからの目の前で手を開くやつ。

コレ、この日は胸の前くらいで、前回の時の方がカッコよかった。

♪抱きしめる闇のとこね。

ぎゅっとマイクスタンド事自分を抱きしめてそのクロスした手を顔前まで上げて左右に開いて行くんだけど、この日は胸前くらいで終わってしまった・・・。

あれ、カッコよかったのに・・・。

まぁ、この日はコートプレイがカッコよかったから!!

♪盾になってのところで両手で自分のコートをパサッて払って、裾をなびかせるんだけど、あぁ〜〜〜も〜〜〜カッコいい!!!!!!!!!!!!

これ以外にも何回かやってくれました、コートプレイ。

ホントヒロってこういうの様になるよね〜〜〜(ウットリ)

そして燃えるようなWRAからグラムロイド!!!!!!!

この日も両手で振りをやってくれた!!!!

やっぱり両手の方がカッコイイ!!!!!!!!!!!

キメキメのバンパイア顔で振りをやってたのに・・・


ヒロ!!!!!!!!!!!!!(爆笑)


手振りを間違えて、あっ!!って顔になるヒロが可愛い(笑)

手をあげた後十字を切るように横に切るじゃない?

その横に切るのを忘れてそのまま前から降ろし始めてみんなが横に切ってるのを見て、あっ!!間違えた!!って(笑)

完全に顔に出てました(笑)

そしてくしゃっと笑うんだから!!!

もうね、可愛い!!!!!!!!!!!!!!!

さっきまでのキメキメバンパイアが♪

この日は割ときっちり振りをやってたかな。

サビのところもさ、左右にガオガオするじゃない?

その前にもちゃんと前に向いて手をスタンバってる。

割とコレ、省略される事あるんだけど、この日はちゃんとやってました。

そしていつもよりちょっと間があってからの瞳。

暗転の中、スタンドマイクを持って前に出て来るヒロがカッコイイ!!!!!!

大ちゃんもショルキーで前に来るからね。

瞳はさ、まぁダウトラもそうなんだけど、2人のシンクロ率がね。

サビの頭とか、2人で揃って手を開いたりするとそれだけで、あぁ・・・って感動するよね。

これがaccess!!て思ったりする。

その瞬間、2人から明るいオーラが溢れるような感じなんだよね。

特に瞳は。

神々しいわ。

しかし、この日の瞳、ラストのサビに入るところ、大ちゃんが入り間違えたのね。

今回の間奏のアレンジ、間違えやすいんだよ。

もう1回待たないといけないんだけど、その手前で入れる感じのアレンジなんだよね。

そこで大ちゃんが、「♪おさえ・・・」って歌い出して、ヒロがえっ!?って顔して大ちゃんを見たのと大ちゃんが間違えたって気付くのがほぼ同時だった。

今度は大ちゃんが、あっ!!って顔して横目でヒロをチラリ(笑)

会場からはクスクスと笑い声が。

半分固まってる大ちゃんをフォローするかのように、ヒロが拳をあげて会場を煽って、その後も大ちゃんにタイミングを教えるように、ずっとリズムを取りながら大ちゃんを見てて、ここだよ!!って感じに頷いて歌い出すヒロ(笑)

大ちゃんもちゃんと歌い始めたのを確認して、正面を向いてました。

どんだけ過保護よ(笑)

でもこれがaccessなんだな〜〜〜。

そんな瞳からMissing4〜。

ここでは大ちゃんのリズム取りを見てしまうよね。

サビのラストのところね。

♪君を感じたらとかのとこで、ポンポンポンって指をあげてって、最後にシャって切ったりするじゃない?

あれは見ちゃうよね〜〜。

この曲はほっこりするね〜〜。

そんな感じでファーストブロックが終了。

ここで軽くMCを挟んで・・・

「今夜はこのアルバムを・・・。」

「さっそく聞いてください。」

と始まったアナザーデイ。

ステキバラードが続きますよ〜〜〜。

この日の大ちゃんのピアノが良かったのよ!!

美しい!!!!!!!!!!

やっぱり大ちゃんのピアノはいいよね〜〜〜。

単に好みの問題かもしれないけど。

やるとは解ってたけど、こっちが先か〜〜って思ったわ。

そして待ってました!!のホワイトライツ!!!!!

この曲、好き〜〜〜〜。

そしてやっぱり美しい!!!!

大ちゃんがクリスマスっぽく、キラキラした音を足してくれてて、それがまたあったかくてね。

あぁ〜〜コレ、クリスマスに聴きたかったわ〜〜って思ったり。

でも、この日の仙台、めちゃめちゃ寒かったから、調度いいかも♪

そして間奏の中にジングルベルを差し込んでくれたりして、もう!!!!!

先取りしすぎ♪と思いながら嬉しかった!!!

ステキなクリスマスが迎えられそう♪

もちろんヒロの歌声は文句なく、甘いのです〜〜〜♪♪♪


差し出す指先が美しかったり、そっと開く瞼が優しかったり。

もう!!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

しかし、この日はどうもイヤモニの調子が良くなかったのか、途中で上手袖に音あげて!!ってサインを送ってました。

とにかくウットリして終わったホワイトライツ。

さぁ、次はなんだ!キスマイ来るか!?って思ってたら・・・


アハハハハハハハハ!!!!!!!!!!!!!


隣のRさんの顔!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

アンドロイドキタ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!(笑)

久し振りだ!!!!!

私は嫌いじゃないからいいけど。

だっていつのツアーだっけ?いきなり♪アンドロイアンドロイアンドロイから始まったカッコいいのがあったじゃん!!

この曲はアレンジで結構変わると思うんだよね。

だから楽しみな曲ではあるんだけど。

でもこれで何か1曲はこぼれる事が決定したよね。

キスマイ、オズワン、ビッグタウンの中からさ。

その事にはちょっとがっかり。

じゃあ残りはキスマイとビッグタウンかな〜って。

しかし、このアンドロイド、なかなか面白かった。

ヒロが・・・

お前、それ、壊れたロボットだろ(爆笑)


多分本人的にはアンドロイドのつもり。

だけど、どう見ても背中にネジがついてるロボットだろ(笑)

いいとこ、やっとネジが取り外し可能になったタイプだな。

ぎこちないロボット歩きをしながら歌うヒロがアホすぎて可愛い!!!!!!!!!!!!!

キョトキョトしちゃうのも可愛い!!!!!!!!!!!


ここでは大ちゃんもギターだったかな?でセンターステージに。

サビのところでアンドロイドコーラスをしておりました。

下手側センターにスタンドマイクが出てたよ。

そして間奏ですよ。

マイクから離れてやっと上手に。

2コーラス目ラストでギターをギュイーンと鳴らしたまま、固まる大ちゃん。

アレ??

最初は客席をただ見てるだけかと思ってたんだけど、これが小節が変わるところで首だけ上手に。

その後もちょっとだけ動いてピタッと止まってを繰り返して、う・・・美しい!!!!!!!!!!!

これぞアンドロイド!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ステージ用に作られたメイクのおかげもあって、ホントにホントに陶器の様になってるじゃないですか。

ハッキリ言って人間味がないわけですよ、この人、こう言う事すると。

何て精密なアンドロイド!!!!!

調度自分達の前でやってくれたから、ホントに美しくてため息が出るわ〜〜。

あっち側で壊れてる昭和のロボットとは違います(笑)

その様子に客席からはため息のような歓声が上がり、大ちゃんが動くたびに大きなどよめきが。

それに気付いたヒロもラストで大ちゃんの様に止まってみたけど、すぐに歌が始まり、やっぱりアンドロイドにはなりきれませんでした(笑)

ラストはヒロが大ちゃんのところに行って、後ろから抱き付き、アンドロイドの部分だけを自分のマイクを差し出して大ちゃんに歌わせるって言う、なんとも微笑ましい光景が(ウットリ)

本家アンドロイドと昭和のロボットが仲良くニコニコしているのが可愛らしいのです。

しかし・・・ヒロ、アンドロイド、もうちょっと認識を・・・。

それはそれで愛おしいんですけれども。

そして待ってました!!キスマイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

たまらん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

無条件にアガル!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ヒロも飛び蹴りしてくれたりします。

好きじゃ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

この曲好きじゃ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そして1コーラス目が過ぎ・・・ポジションをチェンジする2コーラス目。

大ちゃんが上手側に来たのを機に、ヒロが下手側に歩いて行くんだけど・・・

スマン、大ちゃん、今、貴方を見ている場合じゃない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ホントに目の前に大ちゃん来てるのに、完全に側頭部を見せてすみません。

しかし!!!!!!!!

下手側に歩いて行ったヒロ、さっきのアンドロイドで大ちゃんが使っていたスタンドマイクに!!!!!!!

ヒィィィィィィィィィ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

エロい!!!エロい!!!!!!!エロい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

しゃがみ込んで、そのスタンドマイクに腰を擦り付けて上下に!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

それ、大ちゃんの・・・だいちゃんの・・・って思うと余計に卑猥!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

まさに決めた場面でイッテくれました(感涙)


その後のシャウトと喘ぎの中間のようなイキまくった声をあげてくださり・・・。

キスマイ、最高すぎる・・・。

もっとやってくれ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ラストのサビ前も飛び蹴りしてくれて、それを見たRさんが吹き出しておった。

イイじゃんイイじゃん、ちょっと不格好だったけど、いいじゃん!!!

パッションです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そしてラストは「ウゥッ・・・。」ってイキ終わった声を残してキスマイは終了したのです。

とにかくエロかった事しか覚えてない(アホ)

オスのヒロが拝める貴重な1曲でございます。

そして放心状態の耳に届いたのはビュウ。

あぁ・・・これか・・・。

ビッグタウン、聴きたかった・・・。

オズワンは諦めてたけど、ビッグタウンを待ってた自分としてはビュウかよ・・・って気持ちでした。申し訳ない・・・。

いい曲なんだよ!!いい曲なんだけど・・・。

ビュウ・・・結構やるじゃん・・・。

ビッグタウン、やってくれてもいいじゃん・・・。

ヒロ〜〜〜って叫びたかったよ・・・。

そんな事を思って申し訳ありません・・・。

でも多分同じようにがっかりした人は他にもいると思われ・・・。

そして、

「それじゃあ、一気に、最新の曲にいっちゃいますか!!大ちゃん。

だって今日は?

今日は?最新シングルのリリース日!!」


という事で24sync

アガル〜〜〜〜!!!!!!!!

そしてチェケ1,2の瞬間に目が合ってしまい、その事にビックリしてチェケ1,2出来なかった・・・(チーン)

多分ヒロはこっちに歌って欲しかったよね?

1,2言って欲しかったんだよね・・・。

解ってたけど、ヒロがカッと見て来るから、おぉ!!ってなって、出遅れた・・・。

スマン、ヒロ・・・。不甲斐ないファンでスマン・・・(泣)

アルバムで聴くのとまた違う熱量で、この曲、やっぱりライブで聴くと3曲分裂なんだよね。

CDで聴くとビックリするくらいまとまってるのに・・・。

パフォーマンスがガラリと変わるからかな?

謎だわ。

そして一転してのラビンユー。

さっきの24syncからこっちの気持ちに急に切り替えなきゃいけないから大変なんだよね。

暗転の中でヒロが左手を胸の前に当てて、気持ちを落ち着けるようにゆっくり上下に動かしてたのが印象的でした。

そうやって気持ちを作ってるんだね。

この日のラビンユーは力強かった。

2コーラス目の♪僕でいようとかがホントに力強くてね。

泣くわ、こんな事言われたら。

大ちゃんも今日は割と高音のピアノで、低音をあんまり使わなかった。

多分ヒロの声が太く響いてたからなのかな〜〜って勝手に想像。

そういうのを瞬時に感じで音にしてくれるのがいいよね。

そして

「ライブではなかなかやらないですが、僕と、大ちゃんの、出逢いの大切な曲なので。」

と始まったToy Box

何かね、この日のToy Boxを聴いてふと思ったんだけど・・・。

もしかしてヒロ、当時をトレースしてる???

声がね、割と喉を補足して高音に偏って歌ってるような気がしてね。

今のヒロならもっと喉を開いた状態で歌ってもいいのにな・・・って思ったんだよね。

気のせいかもしれないけど、そんな風に感じて、ヒロもこの曲を歌いながら当時の事を思い出してるのかなとか。

まぁ、この曲を聴くと必然的にそういう歌い方になってしまうのかも知れないけど。

そう言うふうに大切にしてるのかなって思って、それにまたジーンと感動してしまったりしてね。

2コーラス目からゆっくり立ち上がって、その後ゆっくりと大ちゃんのそばに行くのもさ、遠い過去への邂逅なのかなとか。

ヒロが大ちゃんの奏でるメロディーを本当に優しい眼差しで見守っていてね。

終わった後大ちゃんがヒロの肩をポンって叩いて、Good!!って指をして見せると、初日と同じようにヒロはカッコつけてシンセに頬杖ついて(笑)

それを見た大ちゃんが、えっ!?って仰け反った後、2人して顔を見合わせて笑ってた。

こんな空気感を持って迎えられる25周年で良かったね。

Rさんとも話してたんだけどさ、いろんなバンドやユニットがあってもホントに仲良いのってこんなに長く続いてるとさ・・・。

でも、ふとした時に、さっき話してたとか、この前言ってたねとか、そういう言葉が頻繁に出るのって、普段から会話してるからだよねって。

音楽のみのビジネス的な感じじゃないのは嬉しいねって。

多分あの2人のそういう空気を感じるからこそ、みんな喜んで沼にはまっていくんだろうね(笑)

おいでよ、accessの沼へ(笑)




そんな感じで、前半ブロックが終了です〜〜〜。

一旦切ります〜〜〜。











sakurajun9tion at 16:38|PermalinkComments(4) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

2016年11月24日

バイバイ、仙台…

今、帰りの新幹線新幹線です。

帰りたくない。

本当に帰りたくない。

なんだか夢のような2日間で切ない気持ちでいっぱいのさくらです。

昨日はもちろん、今日もまたお城と八幡宮に行ってきましたよ。

今回はお城はガイドさんをお願いしてので本当によくわかったし、楽しかった❗

こんな寒い中、みっちり2時間近く案内してくれたガイドさんには感謝しかありませんm(__)m

伊達様が本当に大好きなんだなって伝わってきて、こっちも嬉しくなっちゃうと言うか。

説明してもらうとより深く解って楽しめるし、気付かないことも教えてもらえるので時間があるならお願いしてみるといいかも。

ただ皆さん熱量に溢れた方々ですので、予定の時間はゆうに超えますので(笑)

でもそういう気持ちが嬉しいですよね。

人に何かを伝える事って、最終的にはその人の熱量に左右されて行くものだと思うのです。

ガイドさんに限らず、先生だったり、もちろんアーティストだったり。

その伝えたい何かが共感出来るかどうかで好きとか好い人だったとかが決まって来るんだろうなって思います。

そういう意味でもものすごく勉強になりました。

人を魅了する話し方、それはやっぱりその人から溢れるエネルギーの量なのかなって改めて…。


仙台は2回目だったけど、本当にいい思い出しかない。

また来たい、仙台❗

ぜひ皆さんも機会がある方は…。



って仙台の回し者か?(笑)

でも食べ物美味しすぎて確実に胃袋大きくなります(笑)

今回もよく食べた〜。

ほぼ食べてばっかり(笑)

ライヴ、あと何本やってくれたらこの分消費していただけるのかしら…(^_^;)

頑張って身体も動かします。

はぁ、新幹線、速いな…。

雪が降ったらしい東京、どんな感じなのかしら。

それが今は恐ろしいと思うさくらなのでした。

今日はゆっくりお風呂に入ろう🎵







sakurajun9tion at 19:52|PermalinkComments(2) 独り言 | ヒロ王子・プリンス大ちゃん

テンションMAX❗

興奮さめやらずで眠れないのか、ただ単に休みだわぁーい🎵になっているのか…

全く睡魔が訪れません…

こりゃ明日が思いやられるな…。

せっかく6時間以上眠れる❗って思ったのに…。

結局睡眠時間は変わらないようです(アホ)

もうヒロもあのお家でベッドに入って眠っているわよね。

どんなかっこうして寝てるんだろ。

そして思い出されるヒロソロパンフのあの写真…。




ますます眠れね〜〜〜❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤



こんなことを繰り返しております…(^_^;)

ライブのあとはこれだからいかん。

関東は雪、降ってるのかな?

明日出勤じゃなくて良かったなー(笑)

仙台、いい思い出ばっかり🎵





sakurajun9tion at 04:34|PermalinkComments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | レポ・新着情報

2016年11月23日

思いはひとつ!

仙台〜😆❤🎵

何でみんな来ないの〜

勿体ない❗

本日は1曲目がリアルアットナイト

日替りは

アナザーデイ

ホワイトライツ

アンドロイド

キスマイ

びゅうでした。

大ちゃんの出とちあり、二人の対照的な仕上がり具合のアンドロイドあり、ヒロの卑猥な腰つきあり❤❤❤❤❤❤❤


盛り上がりました\(^o^)/

でも、1階席の後ろと2階席はガラガラ…

切なかった。

だからなのかみんなの思いはひとつ


盛り上げよう❗


仙台、楽しかったよ🎵







sakurajun9tion at 21:20|PermalinkComments(2) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

仙台うぇい❗

仙台、向かってますよ〜

バタバタしてる間に仙台ですよ〜。

なんか私の1日、どこか削られてんじゃないの⁉ってくらいに時間があっという間に過ぎてるんですけど…

気付いたらまた月末…

やることてんこ盛り〜\(^o^)/


そんなわけでリッピン聴きながら仙台向かってます。

再びの地、仙台❗❗❗❗❗

そしてまた泊まっちゃうんです\(^o^)/

だってハイタッチしたら帰れないんだもん。

田舎者なんだもん…。

でも寒いんでしょ?

寒いのに城とか行くんだぜ〜(笑)

吹きっさらしじゃないか〜い(笑)

今回はRさんが初仙台。

そんなこともあってじゃあ泊まるかと。

今年はめちゃめちゃ旅行してますな〜。

今日もアツいライブになりますように。

行かれる方、楽しみましょうね🎵





sakurajun9tion at 11:36|PermalinkComments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん 

2016年11月21日

ソロソロマジでいかねば・・・

なんだよ!!こっちはいいんだよ!!そうじゃねーだろ!!

って声が聞こえてきそうですが・・・(苦)

もうね、マジでメモがどうやっても思い出せない状態に陥り始めているので、こっちを先に行かせてくれ・・・(泣)

そんな訳でかなり端折って、かなりテキトーなレポになりそうだが許しておくれよ・・・。

つか、お前がさっさと書かねーのがいけないんだろって声がやっぱり何処からか聞こえそうなんですが・・・。

せめて、せめて新曲の感想と、メンバーの想いなんかを残しておけたらと思い・・・。

頑張ります・・・。



という訳で今更のヒロソロ追加(笑)

行ってまいりましたのZepp ダイバーシティ―ですよ。

思えばスタートはZepp Tokyoだったわよね。

マジで帰ってきました東京!!ですよ。

本日の席はやっぱり安定の下手サイド(笑)

もう完全に馴染んだ場所であります(笑)

やっぱり広い!!!!!

今まで地方の狭い濃密な空間を味わってきたから、そういう意味では広くて何だか少し淋しいような・・・。

でもヒロは大きいところでやりたいんだもんね。うんうん。

まぁ空間が大きいとやっぱり見せ方も変わってくるわけで、ですよね・・・って思ったヒロのパフォーマンス。

ラストって言う気持ちもあるし、この空間に届けるっていう意識の持って行き方って言うのもあるので何が正解っていうものじゃないんだけど、大きい場所でやるパフォーマンスになっていて、濃密な空間を懐かしんだのでした。

これはこれでヒロの大きさとかも感じられていいんだけどね。

やっぱりさ、濃密なあの内輪感満載なライブも楽しいんだよね。

ホラ、accessでは全くと言っていいほど接近エリアに近づけていただけないもので(泣)

狭い会場なら必然的に後ろでも距離が近い!!!(笑)

そんなこんなで始まりました、本日のラストライブ。

どうやらメモによると2曲目投げちゅーと書いてあるので、FELL THIS LOVEの時に投げちゅーをしたようです・・・。

ね、もうね、こんな感じなんですよ、アタシのメモ書き(アホ)

つかね、やっぱりこの日はみんなラストだって言う思いもあるし、今までヒロと一緒に回ってきた全通猛者も気合入りまくってるし(笑)

最初っからすごいテンションだったんだよね。

なんたってもう解ってるからさ、客席の方が(笑)

ヒロが手拍子を要求する前から手拍子してますから(笑)

そのくらいもう馴染んだセトリなんですよ。

でもそれが逆に楽しかったりね。

これがなくなっちゃうのか・・・って思うと淋しい気持ちでいっぱいなんだけど、悔いのないように踊り狂いますよ。

本当に幸せな1ヵ月だったわ・・・。

そんな感じで、どんどん進み、まずは1曲目の本日の日替わり曲。

結局教えてをもう二度と聞く事はなく(泣)この日はヴァージンラバーでした。

まぁ、好きですけれども。

ヒロがエロチックさを醸し出す曲なので。

でも初めの頃しかやらなかった教えてをもしかしたら今日は聴けるかな〜〜もう1回聴きたいな〜〜〜ってほんのちょっと思ってたので、残念な気持ちもあったり・・・。

ヒロソロはね、ホントにいい曲多すぎ!!!

だから結局のところ何が聴けても満足だったりするんだけど(笑)

そんな感じでヴァージンラバーの後は、

「みんなこの曲知ってるよね!!」

って始まるI&I

優しい気持ちになるんだよね〜〜この曲。

本当にヒロのすべてが詰まったようなあったかい曲です。

そして、次の日替わり曲・・・。

一体何が・・・って、何だかいつもよりちょっと間を取って始まったのはNew Days!!!!!!!

キタ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

拳を振り上げろ〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これももちろん大好きなんで、嬉しいんだけど、Get Sunも聴きたかった!!!!!!!!

そんな事思ってると、マジか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

キタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

Get Sunキタ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

おサルの山キタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!

好き好き好き!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

テンション上がる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ヒロ大好きだ〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ヒロもテンション振り切ってシャウトしてくれたりして、I&Iが優しいヒロのすべてだとしたら、この曲はヒロの中でふつふつと脈打ってる闘争心と言うか、戦う精神みたいなものを表してるような気がするのね。

自分らしくいる事の戦いって言うのかな?

これを聞くと、自分も頑張らないとねって思うわ。

まさにラスト!!スペシャルだわ〜〜〜♪♪♪

そしてここからラストのおしゃべりタイム。

客席のヒロを呼ぶ声に、

「何かちょっとちっちゃいような気がするな。」

とか言ってこっちを煽ってくれたりして。

もう喉が枯れるまで叫ぶよ!!って思ったわ。

そのくらいこの1ヶ月ヒロを愛しまくってきたわ。

つか、別にこの1ヵ月だけじゃないけど(笑)

そのくらい濃密な時間を過ごしてきたんですよね、ホント。お互いに。

そして、

「はい、僕は忘れませんよ、忘れませんよ。最初に言う事を忘れませんよ。みなさん、座りますか。」

ってこの日は早々に着席。

1か月前から始まったこのツアーはみんなのお蔭で盛り上がったって感謝の言葉もあり。

「6年ぶりのツアーなんで、ほんとにね、みんなの期待に何とか沿えるようにですね、日々、全部で今日合わせて7本だったんですけど、内容的にはね、特にバンドのみんなはね、もう半年くらいやったツアーのね、中身なんじゃないかって言うくらい、毎回中身をね、僕の独断と偏見でね、ライブの当日にね、今日はあの曲やりたいって。」

当日言ってたんだ・・・ってビックリしたわ。

確かに仙台の時は駅にあるNewDaysを見てやる!!って決めてたようだけど、まさかそれが毎回だったとは・・・。

マジでバンドのみんなお疲れ様です・・・。

これについて会場からおののきの声が上がると、

「いやいや、何でオレがそれを言うかっていうと、みんな上手いから!!!

これだってね、新人バンドとかだったら言えないからね。その日に言っても、一瞬曇った顔するんですけど、ね?それでもやっぱね、バッとみんな弾いてくれるんで。」


って曇った顔させてんのか!!!!!(笑)

でもそんな事を全く感じさせないライブだったよね、毎回。

ヒロはそんな自分のわがままを聴いてくれたメンバーにはとっても感謝しているようでした。

確かに新人バンドには出来ない事だわな。

技術的な面ももちろんだろうけど、経験知的な事もね。

その日にいきなりコレやってって資料渡されて、いきなりプレゼンする様なもんでしょ?

もちろんそんなことやるんだ〜〜的な他部署の話のようなノリで聞こえて来てたりはするかもしれないけどって言うレベルだよね。

マジでプロフェッショナルだわね。ありがたや〜〜〜。

そしてやっぱり

「一言ずつ行きましょうよ。」

って事で

「どうも〜〜お世話になっておりま〜〜す。西川響でございま〜〜す。」

と響さんから。

「毎回そのFu〜〜!!が何Fu〜〜だか解らないままここまで来てしまいましたけれども、ありがとうございます。」

もうね、響さんのこのキャラ、たまらなく好きだわ〜〜。

毎回このメンバー紹介が楽しくてね〜〜〜。

そして最終日と言う事で響さんもぶっちゃけます(笑)

「みなさん、自己紹介、してますか?してませんよね?そうなんですよ。自己紹介、滅多にしません。それを毎回毎回、我々、このステージ上で貴水さんに強要されるという。

強要されてたんかい(笑)

もうね、響さん、サイコーすぎる(笑)

「もしかしたら全公演、見ていらっしゃる方も中にはいらっしゃると思うんですが、我々の自己紹介スキルは、一切上がっておりません。多分これからも。」

これにはヒロも爆笑しておりました。

そして響さんが話してくれた事。

何でもとある音楽プロデューサーだったかな?が自分の事を一言で表せなくてはいけないって言う事を言っていたようで、

「一言で、表すならば・・・・・根暗です。

この音声拡声装置を使ってホールの皆様に『根暗です』って宣言するのもいかがなものかと思いますが、根暗だけだと恐らく足りないので、あと・・・楽観的です。根暗で、楽観的、どんな人でしょう。多分きっと影の方でグフフって笑っているんでしょう。そんなキャラでございます。」

とご挨拶しておりました。

「もうね、こうやって根暗根暗って言うでしょ?ホントにきれいな奥さんがいらっしゃいましてね、このツアー中に10周年の結婚記念日を迎えまして。でもその記念日の夜には、広島にまでね、奥さん来てくれたのに、その日の晩はみんなでご飯を食べてね、その夜何にもしなかった!!

その後はどうですか?その後はどうですか?」

ヒロ・・・マジで好きだな(笑)

「いや、その後もですね、日々忙しく過ごしておりまして、スイマセン。この場を持って謝罪させていただきたいと思います。」

って響さんがぺこりとすると、

「じゃあ、今夜!!(^-^)」

そんなにさせたいのか!!!!!!(爆笑)

これには無言で微笑む響さん。

そして会場からも何故か頑張ってって応援コールが(笑)

「あ、ありがとうございます。ただ、正直言いますと、今日、妻ここに来ておりますので、ちょっと端折っていただいて・・・。」

とカットを要求する響さん。

するとヒロが、

「奥さん!!今日は寝かせませんよっっ!!!!!」

何故お前が(笑)

そんな感じで次はしばちゃん。

「僕、真面目なので真面目な話を。」

と話してくれたしばちゃん。

「accessでは、貴水君とはそこそこ長いお付き合いになりますけれども、ソロではこれだけ長くツアーを回るって言うのは今回が初めてで、accessとはまた違った貴水君を、再認識したというか、改めて知ったという感じで、改めて、すごいエンターテイナーなんだなって言うのを、」

って言うとヒロが前に来て腰を回しておりましたが、お前のエンターテイナーはそこか??って思ったわ(笑)

まぁ、ソコなんですけれども(笑)

そんな感じでヒロの新たな面を知って、生粋のエンターテイナーな部分を再確認したというしばちゃん。

そんなヒロに応えようと今日までバンドのメンバーと一緒に頑張って来ましたと、苦笑してました(笑)

ヒロの無茶振りにも耐え・・・って事ですね(笑)

「今日は、ここですべてのエネルギーを出し切って、終わった後に美味しいお酒を飲みたいと思いますんで、みなさんも今日はすべてここで出し切ってください。」

とおっしゃってくださいました。

美味しいお酒、飲めたかな〜〜♪♪♪

ヒロもしばちゃんには新曲も作ってもらってって言ってたけど、

「今日はさ、しばちゃんにも何か見せてもらいたいよね。何かね。ライブ終わるまでにさ。もし出来たら。ホラ、ずっと前に出てこれてないからさ。」

とどうやらもりお先生がピアニカでお立ち台に乗ったけど、しばちゃんはドラムセットから動けないからって事なんだろうなって思ってたんだよね、この時は。

ブラスバンドの太鼓でも下げるのか?って思ってたけど、まさかあんな事がこの後待っていようとは(笑)

そしてシーちゃん。

「今回のツアーは、楽しかったね。あの、ヒロが凄くわがままを言って、バンドが上手いって話をしましたけれども、そんな事ないんだよね。すごく、ポジティブなヒロの一面をこのツアーで見せてもらう事が出来て、まぁ、それにすごく感化されたメンバーって事ですかね?」

ってヒロを伺うと

「真面目かっっ!!!!!」

「なんかしゃべろうと思ってたけど、忘れちゃったねぇ?なんだっけねぇ?」

本日もマイペースなシーちゃん、

「うん、後でね。後でまた。何か声に張りがないでしょ?声出してからでいいかな?頑張って演奏中に声出すから。」

って言う事で早々にマイクを戻しておりました(笑)

「やっぱ、ロッカーは夜から声出るからね。調度アンコールくらいに元気出るね。」

「アンコール前くらい。」

「じゃあ、みんながもし、アンコールコールしてくれそうになったら、アンコールの前に5分間しゃべる!!」

いきなりトークショーですか(笑)

そしてラストはもりお先生。

「何か、今日、みんな終わりっぽくて。」

「なんかさ、やっぱりこう・・・込み上げるものが多少はあるんじゃない?短くてもさ。」

「響君のトークがちょっとこなれてる感じが、やらしい。」

「そう!響君、意外と起承転結まで長く喋ってるからね。」

自己紹介スキル上がってますよ!!!!!(笑)

そしてもりお先生から漏れたこの一言、

「今日は、嫌でも長くなるんで。」

え??それって、曲は削らないってこと???

そうなんです。

追加で新曲3曲やるって言ってたけど、じゃあどこかの曲、削るのかな・・・って思ってたんだよね。

今までやってた新曲2曲を削って新たな3曲を入れるのかな・・・とか。

それなのに既に日替わり曲を追加してきたし、今まで削った曲はないし、しかもこの日はハイタッチあるし。

一体どうなるんだろう・・・って思ってたんだよね。

どう考えても時間が足りないでしょ?

それがこのもりお先生の一言で、もしかして・・・もしかして・・・って希望が!!

「昨日だって、もりおくんとは、僕の記憶が正しければ、3時過ぎくらいまで連絡とってたからね。」

「取ってた。その後ちょっと気を失って、」

「そうそう(笑)」

「で、2時間くらい寝たら、LINEが来てた。」

どんだけもりお先生を追い詰めてんだ、ヒロ・・・。

「でもホントもりお君には頑張ってもらってね、今回ね。もう、こんなにいい人いないですよ。

やだって言わないんだから。」

「確かに。」

「アハハハハ。」

そのやだって言わないところにヒロはつけ込んでるわけですね(笑)

しかしもりおさんも相当なドMだった。

「ハードルが高ければ高いほど燃えるタイプなの。」

「イイネっっ!!オレ、そういう人が好き!!」

「出来ないでしょ?って言われると、ううん、出来るって。」

「イイネっ!!」

「いたでしょ?小学校の友達とかにいたでしょ?」

「解る解る!!あの、出来ないって認めない奴ね。」

「出来ないでしょ?って言われると、やるよって。って事で頑張りました、今日も。」

という事で何かアクシデントがない限りはこの後披露できるでしょうと。

約束の3曲ですね♪

そんな素敵なメンバーと今日をラストでちょっとしばらくは・・・って話をしながら、このまま次はaccessモードに突入します!と宣言したヒロ。

「今回のソロツアーは全部で7本だったんですけど・・・。」

って話してる時に急に思い出したヒロ。

「あ!!今日、あの隆一河村が、ね?Zepp Tokyoでライブ、やってるらしくて。それをちょっと聞いてね、さっきちょっとメールを送ろうかなって思ったんだけど、5時前だったから、あ、隆一君、もうやってるかな?って思って、ちょっと送らなかったんだけどね。」

これには会場からえぇ〜〜・・・って残念がる声が。

これを聞いてヒロ、

「あ、じゃあ、後で送りますよ。ね?

例えば、今日は隆一君のライブと迷ったんだけど、こっち来たっていう人は?」

って聞くと、なんと会場に・・・

「いたーーーー!!!!!!」

これにはヒロも笑ってお礼を言っていました。

「そうですよ。ね。Zepp Tokyoではヤンが歌い、ダイバーシティ―ではオーベルシュタインが歌う。」

って言ってあのオベスタイルで深々とお辞儀をしてくださいました♪♪♪

「ホントにね、あの銀河英雄伝説ではホントに勉強させていただく舞台でもありましたんで、ホントにね、隆一君とはホントにね、ま、戦友・・・っていうか、そんなような感覚がありましてね。実は僕、ゴルフ行く時に使ってるドライバーをね、隆一君から貰ったドライバーでやってるんですよ。隆一君、僕にドライバーをくれた時に、これは、貴水さんに、合うと思って、選んだんですよ、ね?なんで解んの???って。

でもそれでやってみたら、ホントに前よりもスコアが上がって、やっぱりああいう気遣いがね。やっぱり、プリンスなんでしょう!」

とステキな偶然の話も。

そしてツアーを振り返るトークも。

そこであがるのはやっぱりあの広島での出来事。

「やっぱり今回はツアーを成功させたいなって気持ちがあったんで、あんまり夜とかね、飲みに行ったりとかしないで、ちょっとご飯とかもバンドのみんなにごめんね、今日はマッサージ行くからとか、鍼行くからとか言ってあんまり遊んだりしなかったんですけど、そのおかげでね、広島の優勝パレード?優勝、アーケード、ハイタッチ?に、遭遇出来て、僕はね、ま、広島の事あんまりよく知らなかったんですけど、優勝してバーッて紛れ込んで、あたかも20年来広島ファンみたいに、やってね、ちょっとTwitterにあげたら、ファンの皆さんに、何で知らない人にハイタッチするのにライブでハイタッチしないんだ!!っていうね。なので、今日やりますよっ!!!」

ホントはどこの会場でもやれれば良かったけど、途中からそういう話が浮上してきたからごめんなさいと言うヒロ。

そしてやっぱり思い付きのこの男、

「もし、次回、またツアーをする事が出来たとしたら、・・・あ、止めておこうね、こういう中途半端な事はね。また自分で自分の首を絞める事になるからね。今日も、もりおくんと3曲作るの、ホントにどれだけ大変だったかっっ!!!!(笑)」

ヒロ、ホントに何でも思った事、口から出過ぎだもんね(笑)

まぁきっとそれがヒロには必要なのかも知れないんだけど。

そうやって自分を追い込んでいくことが更なるパフォーマンスになるっていう感じなんだろうね。

そして広島の次は大阪。

広島の熱を引きずったままの大阪でまさかのアウェイ感(笑)

この日も大阪の人チェックをして、

「結構いますね。ね!野球の話しちゃいけないんだって。」

って(笑)

大阪でもイベンターさんに広島優勝話をしていいかって確認をしたヒロ。

「大阪と広島は兄弟みたいなもんですから。仲間ですから。

ホントですか!?

喋ったんですよ。

シーン・・・・・ダメじゃん。」


兄弟ではなかったようです(笑)

その後もツアーを振り返り、

「結構長かったような、実際短いんですけれども、内容が充実してたんで、結構濃いツアーが出来たんじゃないかなって。」

そして今日だけ来た人をチェック。

手が挙がった事に、

「えっと、それは何でだ?」

と、太陽の国の皇子は追加だけでは許しません(笑)

「例えば、じゃあ、全通してくれたって言う人は?」

ハ〜〜〜イ!!!!!!!!!

「すごい!!次回の時もよろしくね♪」

皇子・・・その微笑み、ズルい(アホ)

今回のツアーでは結構みんなとキャッチボールをしながら出来たと話すヒロ。

そうやって、みんながこういうものがやりたいんじゃないか、こういう気持ちなんじゃないかって言う事でセトリを変えたり、新曲の創作に入ったりが出来たと。

そしてヒロが今後の展開を。

「さっき、しばちゃんがエンターテイナーって言ってくれたじゃないですか。だから、僕、これからね、音楽をダンスビートに乗せて、ちょっとこう、踊ったりとかね、そういうね、ダンサーとかね。」

って言うと一気にざわつく会場(笑)

「ホラ!!おかしいだろ!!アーティストはだいたいダンサー従えるだろ!!何でオレにはノーダンサー!!」

ノーダンサーウケるわ(笑)

「時には!!曲によっては!!ね?ターンして、サササッって。」

それでもざわつく会場に、

「ちょ、な〜んでそれがダメなの!?な〜んでいつも、いらないっ!!って手紙がいっぱい来んだろ?ね?不思議でしょうがないんだけど。」

このヒロの言葉に、会場から、ヒロだけでいい〜〜〜って声が大量に上がり、

「みんなさ、もっと視野を広げようよ。ね?人生いろいろ経験だからね。だからちょっと、だから、あの、ちょっ、やらしてよっっっ!!!!!!!!」

アハハハハハハハハハハ!!!!!!!!!!!!!!

どんだけ従えたいんだ(笑)

このヒロの懇願に、会場からちょっとだけいいよ〜〜って声が上がり、でも同じくらいえぇ〜〜って声も上がり(笑)

「ね?だから、そうでしょ?ちょっとずつ、ちょっとずつ。

ん?なんかエロいな。」

とか言っておりました。

今後のヒロの動向に注目ですわ。

ダンサー、出るのかね〜〜〜。

個人的には別にいいんだけど、いても。

全曲ダンサーがいるのはちょっとね〜〜って思うけど、何曲かだったら全然。

accessっでもガッツリ踊るのとか結構好きだしね。closetとか、キーペとかやったじゃない?

バイエンバージョンのシルバーハートとかさ。あのくらいならね。

ただ、見るところがいっぱいありすぎて困るんだよね〜〜〜(笑)

ヒロも見たい!!ダンサーも見たい!!ってなっちゃう。

で、ダンサーがいらないなって思うのは、ヒロのフリーな感じがなくなるのは勿体ないなって。

ヒロの中から溢れて来るアクションとか、やっぱり振りが決まってるとそういうのは出来なくなるじゃない?

それは勿体ないなって思うんだよね。

だから曲によっては・・・って事ならね。

だってさ、それこそ?とか教えてのところに決められた振りが付いたら勿体ないじゃない。

あれだってまぁ決まった振りがあるようなもんだけど、その時々のヒロの気持ちによってだいぶ違うじゃない?

そういうのが見たいんだよね〜〜。

それが奪われるんだったらダンサーはいらないって思っちゃう。

ただ振りが決まってる事でカッコよくなる曲もあるし、そういうのものは華麗に踊るヒロを見たいって思うわ。

どうなるのかは今後のヒロのさじ加減だわね。

何にしても楽しめるとは思うけど。

あぁ〜〜もっと目が欲しい!!!!!!!!!!!

そんな訳でこの日も今のみんなと分かち合いたいという事でやさしい罠。

あぁ・・・これも聴きおさめか・・・。

大好きなんだけどな・・・。

この日はなんと、ラストの喘ぎがなかった!!!!!!!!!!!!!!!(号泣)

コレ、良かったのに!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

何で?なんで?もう聴きおさめなのに〜〜〜〜〜〜(泣)


そんなところばっかり気に掛けててスイマセン(アホ)

そしてここでもスペシャルが!!!!

暗転の中運ばれてきたのはギターではなく・・・

風〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

キタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!

1回しか聴けなかった幻の風!!!!!!!

追加でやってくれるなんて、ステキ過ぎる!!!!!!!!!!!!!!!!!


この曲も好きだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

ジャンベだっけ?を叩くヒロがカッコいんだよね。

そしてあのPVも思い出して、さらにね。

ヒロはホントに風のような人だよね。

そして今度こそギターが運ばれてきて、ヒロが何度も確かめるように弦を鳴らして、不意に始まったBe yourself

こっちか!!

イイね。コレ、始まりがいいんだよね。

ヒロがつぶやくように始まるのがいいなって思うんだわ。

ヒロがギター弾くの、結構好きなんだよね、私。

ギターだけじゃなくて、楽器弾くの、好きだわ。

さっきのジャンベもそうだし、やさしい罠でマラカスやったり、あと今回はなかったけど、タンバリンとかさ。

きらいじゃないのよね。

ヒロの気持ちがそこに表れるものとか、見てて楽しいし、やっぱりどこかちょっと新鮮だったりするのかな?

そんな感じです。




ざざっと駆け足で、取りあえず前半。

いや、今日はこれで前半でいいのか???

ホントは仙台の前に終わらせたかったけど、無理だわ・・・。

実はいろいろ新しい動きなんかもあったりして、なかなかこっちに来れないんだよね・・・。

それについてもまた近々ご報告出来たら・・・と思います。

とは言ってもそれについて何かしてるかって言ったら、そういうわけじゃないんだけど、単に身体が空かなくなったって言うのかな?

これからいろいろ準備しなきゃいけない事も急ピッチでやらなきゃならないんだけど・・・。

まぁまぁその辺はおいおい・・・。

取りあえず、前半でした〜〜〜。









sakurajun9tion at 00:16|PermalinkComments(2) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
livedoor 天気