2008年10月25日

道中記!!!!

はい〜〜〜〜。

昨日、途中までだった舞台の感想、今日こそ最後までいくよ〜〜〜〜!!!!!!!

では、スタート!!!!!!!!!!!!

 

さてさて、残すところ最後の件だけになってまいりましたが、今までのアドリブ合戦が嘘のように、シリアスな展開に。

締めるところは締めてきますよ〜〜〜〜。

後半の笑いはお民さんと都鳥の下男?になるのかな?下っ端?伊賀蔵が担当。

後はグッとシリアス度合いが増して、緊迫感が生まれます。

都鳥の裏切りにあった石松、刀傷を受けて逃げるところを駆けつけた梅ヒロに助けられるんだけど、ここでのヒロの太刀裁き、立ち回りが鮮やかなほど奇麗!!!!!!!!!!!!!

右近さんたちの見せる力強さはないけれど、スマートで、いかにもモテそうな太刀裁き。

思わず見惚れちゃったよ〜〜〜〜〜。

ほんの一瞬、助けるためだけにする立ち回りだったけど、コレはかなり見物でしたね〜〜〜。

みんな右近さんを見てただろうけどさ(笑)

兄貴達を欺くために自らに刀傷を負わせるところなんて、見ててこっちが痛くなっちゃうよ。

ヒロってこういうのホント似合うよね。

生身の感情を出していく役の方がいいのかな。

だけど、どこか品が良いんだよね。源氏にしても、今回の梅吉にしてもさ。

いろんな役を見てきたけど、育ちの良さが滲み出るよね〜〜〜〜(笑)

どんなに汚い事してても、どこか凛としたものがあるって言うか、惚れた欲目かもしれないけどさ(笑)

今回だって、ラストの方は結構な啖呵を切ったりするんだけど、やっぱり品が良い。

それが良いかどうかは別として、今回みたいな役柄にはあってるのかも知れないね。

兄2人との対比を出すためにも、あのぐらいの違いがあった方が、妾の子っぽいよね(笑)

しかも母親は芸人だしね。

そんなこんなで石松を逃がす件は緊迫の連続。

そん中、お民さんは会場を爆笑の渦に(笑)

追いかけてきた都鳥達に威勢のいい啖呵を切ったりするんだけど、その『都鳥』の言葉の前に必ずバカとか何かをつける。しかも強調して(笑)

コレには都鳥の兄貴達も苦笑。

舞台の上で何度も下を向いて笑ってたよ。

それでもシレッと何度も『バカ都鳥』と連発するお民さんに、みんな大笑い。

悪党一味が舞台をはけていく時も、一人残った都鳥の長兄に「おや、まだいたのかい!とっとと消えな!!」とか言っちゃう(笑)

どっちが悪党なんだか・・・・っていう口ぶり(笑)

も〜〜〜お民さん最高でした!!!!!!!!!!

そして話もいよいよ大詰め。

とうとうここでいろんな事実が明らかになったりと、石松と梅吉の意外な接点が解ったりするんだけど、梅ヒロの悲壮な様子に会場からは鼻をすする音が・・・。

最後に歌う追分は本当に哀しいくらい澄んだ声でした。

マイクで拾わないこの歌が一番奇麗に聞こえた。

登場の時の追分はマイクを通していて、若干エコーがきいてるし、舟歌もマイクを通しちゃう。

2幕目の通路から登場する時もマイクを通してたみたいだし、ヒロの声は生がきれいなのにね。

この歌にはジ〜〜〜ンときちゃいましたよ。

最後の絶叫は心を打つものがありました。

ヒロがステキな役者として、こんなステキな舞台に立ってくれた事を心から感謝します。

 

そしてカーテンコール。

この日はトータル3回!!!!!!!!!!!!!

1回目は普通に舞台上で何人かづつ出てくる通常パターン。

そして鳴り止まない拍手に2回目のカーテンコール。

ここまでの間が長かったし、もしや????と思っていたら、明かりのついた舞台はもぬけの殻。

そして・・・・。

会場後方から二手に分かれて全キャストが降りてきました!!!!!!!!

やっぱりやったか!!!!!!!!!!!!!!!

正直、楽日くらいはやるだろうと思っていたから、そんなに驚きもしなかったけど、そんなことより、ヒロがどっちかが最重要課題(笑)

もうこの次点で立ち上がりましたよ(アホ)

ヒロは下手側の通路、最後尾で登場。

近い!!!!近い!!!!!!!!!!

必死にヒロを呼びまくり!!!!!!!!!!!!(アホ)

だって、呼んだら絶対見てくれる距離だもん!!!!!!!!!!!

そして、舞台に上がって行き、キャストが会場に手を振る中、ヒロは両手でVサイン!!!!!!

も〜〜〜可愛いんだから〜〜〜〜〜〜。

幕が下りるギリギリに満面の笑みでやってくれました。

そして、このくらいじゃ収まらない熱気に、三度カーテンコール。

今度は右近さんの計らいで1列目の人だけ、端から交互に一人づつご挨拶。

お民さんが殴るマネをして見たり、伊賀蔵が鼻血を大量にたらしたままヒロのマネをして恰好つけてみたり、もう無法地帯(笑)

なんと笑也さんがムーンウォークなんか披露してくれたりと、ホントにスペシャルなカーテンコール。

ヒロも笑顔全開で手を振ったりしてくれたよ。

会場からはヒロコールが。

年配のお客さんはビックリしたんじゃないかな(笑)

 

何はともあれ、立派に今回の舞台も終えたヒロ。

また一段と男前度が上がりましたね(笑)

ファンとしてはホントに鼻が高くなる感じでした。

いろんなところでいろんな方にヒロの良さを知ってもらえるって、なんだか嬉しいよね。

ホント、岡本さんありがとう!!!!!!!!

またヒロの事呼んでね(笑)

そして何より、ヒロ、お疲れ!!!!!!!!!!!!!

次は役柄じゃない、生身のヒロを感じさせてね!!!!!!!!!!

クリスマスまで待てないよ!!!!!!!!!!!!

 



 

 

さて・・・・ここからは裏ブログ(笑)

真っ当なレポだけで終わるわけがないじゃないですか!!!!!!!

だって、3列目ですよ????

ね〜〜〜〜。

皆さん、それを期待してるでしょ????(ニヤリ)

 

 

もちろん、見ましたとも!!!!!!

えぇ!!!!!!!!!!!!

 

とにかく、ヒロ、脚細!!!!!!!!!!!!!!!!

出演者の中でも一番細かったんじゃなかろうか・・・・。

ホントにありえないくらい足首が細いの!!!!!!!!!!!!

そしてすねげ!!!!!!!!!!

見えた見えた!!!!!!!!!!!!!!!

脚の甲まで見えたよ!!!!!!!!!

細いけど男の人の足だよね〜〜〜〜(ウットリ)

ヒロの脚に関しては、ソロ始めたときにかなり半ズボンでしたから、見慣れてるとは思ってたんだけど、甘かった・・・・。

今回は太ももまで見えるというオプション付き!!!!!!!!!!!!!

太ももまで細いじゃないのさ!!!!!!!!!!!!

しかし、筋肉はちゃんと付いてる!!!!!!!!!!!!!!

もうね、座った時に見える内腿の筋肉の筋にやられまくり!!!!!!!!!!!!

あの腿にしゃぶりつきたい!!!!!!!!!!!!!!!!!

すっげ〜〜〜好みの脚!!!!!!!!!!!!!!

そんなに剛毛な感じでもなく、かといって薄すぎない、しかし、内腿はすべすべ!!!!!!!!!!!

コレってやばいよ!!!!!!!!!!!!!

脚だけでイケるよ!!!!!!!!!!!!!!!!(変態)

 

しかもね、他の役者さんよりも隠し気味なのよ。それがまた究極のチラリズム!!!!!!!!!!!!

もしや嫁に習ったんじゃね〜〜のか????って言うくらい、絶妙な覗かせ加減!!!!!!!!!!!

もう悶絶しまくりです!!!!!!!!!!!!!!(アホ)

 

 

そして今回のもうひとつのチェックポイント。

股間!!!!!!!!!!!!!!!

ガッツリ見ました!!!!!!!!!!!!!!(変態)

前日の公演に行ったRさんからその大きさの検証を聞いてはいたけど・・・・。

ホントだ!!!!!!!!!!!!!!

コレって別に何か詰めてるわけじゃないんですよね???????

そしてコレは通常時ですか?????????

それとも・・・・・。

ガッツリ見えてる右近さんと比較しても・・・・うん。

さすが使用頻度高い博之さんの一物!!!!!!!!!!!!!!

日々成長ですか??????????(アホ)

最初の茶店でのシーンの時は今回の席では若干斜め。

初日はコレの時、ドストライクだったんだよね。

しかし、今回は旅から帰ってきた都鳥の家のシーンが・・・・。

ドストライク!!!!!!!!!!!!!!!!!

神様どうもありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

しかもこのシーン、比較的会話が長くて、ヒロの動きが多くない。

コレはじっくり鑑賞できますよ!!!!!!!!!!!!!!

しかも旅支度のままだから座っただけで当然のようにご開帳!!!!!!!!!!!!!

あぁ・・・・アソコにいつも金髪が・・・・・・(ウットリ)

考えただけで、舞台とは関係なくテンションあがります(アホ)

思わずスタンディングオベーションしたいくらいだよ!!!!!!!!!!!!(アホ)

多分私の視線を辿った人がいたら、ホントにすみません。しばらくほっといてくださいねって感じだったと思うよ(死)

 

とにかく凝視するように見てましたよ。

白いステテコ?みたいなの履いてるんだけど、コレの奥が気になって仕方がない。

本来はさらしみたいなの巻くんだよね?その奥はどうなってるの?????

普通に下着は履いてるの?

でも白だと結構透けるよね?????

しかもそんな下着のラインっぽいのは見えなかったような気が・・・・(変態)

履いてるとしたら、色写りしない色できっとラインが出てないって事は、ボクサータイプっぽいやつって事だよね???

まさか、履いてない!!!なんてことはないもんね・・・。

う〜〜〜ん、どうなってるんだろう・・・・。

 

 

いや、こんな事真剣に考えるような事でもないんですけどね(苦)

 

 

そして・・・・

今回ヒロのサービスはまだまだ終わらない!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

ティクビ見えた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(変態)

 

 

 

期待していた通り、胸を肌蹴てるヒロ!!!!!!!!!!!!!

さすが3列目!!!!!!!!!!!!!!!

きちっと見えた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(変態)

も〜〜〜ね、一気にテンション上がったよ!!!!!!!!!!!!!!!!!(アホ)

正面向きだとギリギリのところで見えないんだよね〜〜〜。

かなり惜しいところまで見えてたのに!!!!!って何度も舌打ちしつつ・・・・(笑)

それが横に45°向くと・・・・。

 

うふふ〜〜〜(変態)

 

ティクビてぃくび

 

特に下手に向いてる時はかなり見えましたね〜〜〜〜〜。

物凄い興奮!!!!!!!!!!!!!

話と全く関係ないところで興奮!!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

 

ちゃんとね、ぷくってしてた

可愛い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

立ってる???

ねぇ、コレって立ってるのか????????

 

もう一点集中で、話が頭に入ってこないくらい凝視!!!!!!!!!!!!(変態)

 

こちらも内腿とセットでしゃぶりつきたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!(死)

 

コレを大ちゃんがコロコロしてるのね〜とか、もうホントに申し訳ないくらい話には関係ない妄想に捕らわれる(アホ)

今でもあのがっしりとした胸板のところにぷくっと突き出たソレが頭の中から離れません!!!!!

いや、離す気なんてサラサラないんだけどね(爆笑)

 

 

ヒロの場合は写真とかで充分に見てるはずなのに、やっぱり生の威力はすごいね〜〜〜〜〜。

ホントに昇天するかと思ったよ・・・・(アホ)

 

も〜〜〜ますますヒロが好きになっちゃった(変態)

 

他にも正座して頭を下げてる時のお尻のラインが可愛かったり、揃えた指が奇麗だったり、とにかく満喫させてもらった今回の舞台。

変態的にはたまらないオプションがついていましたよ(アホ)

どうやらカメラも入っていたようだし、何らかの形で手元に入ると良いんだけど。

DVDにしてくれないかしら・・・。

ヒロの生脚をコマ送りできちっと確認したいよ(変態)

 

次の舞台は下僕、もとい、召使ですね。

どんなSMを見せてくれるのか(ニヤリ)

ぶってぶたれてでしたっけ??????

その煽りだけでも期待が・・・(ニヤリ)

 

とにかくいろんな意味で、お疲れヒロ。

カーテンコールの時のあの笑顔、忘れないよ。

って言うか、追分の時にあったあの目線が一番ヤバかったけど(アホ)

おそらく、ヒロの中ではオカシイ奴として認識されてるかも知れんな・・・・。

でも、例えそんなでもヒロの記憶に残ってるなら本望です(感涙)

 

・・・・・う〜〜〜ん、どうだろう・・・(苦)

乙女として心に残りたいところだが・・・・一連の行動を顧みるに・・・・無理だろうな(爆笑)

 

 



sakurajun9tion at 04:21│Comments(4) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | Hiro's 舞台

この記事へのコメント

1. Posted by ゆっちゃ   2008年10月25日 04:57
舞台おつです



ヒロのびーちく見れんかったが股○はばっちし見ましたからね(ニヤリ)



しばらくはこれて生きていけそうですな(笑)
2. Posted by うさこ   2008年10月25日 12:12
エロれぽ最高!

太ももから中心へと舐めまわすといいよ!!
なんなら跡まで付けちゃって、後で金髪に『ナニこれ?』って責められてるヒロ(笑)
そこまでエロ妄想による物語が作られております。

3. Posted by さくら→ゆっちゃさん   2008年10月25日 23:01
おつです〜〜〜〜。

股間は見ましたか!!!!!(笑)

脳内で何度もリピートさせてくださいね(笑)
4. Posted by さくら→うさこさん   2008年10月25日 23:04
妄想話、サイコー!!!!!!!!!!!

是非
怒られてるヒロを(ニヤリ)
若干放置プレイを食らわされてるヒロを(笑)

その為にも中心部分まで舐めまわさないとダメね〜〜〜(笑)
それじゃあ、心置きなく(アホ)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
Archives
livedoor 天気