2009年06月06日

ヒロイベ!!!!!!初日その3

さてさてお待たせしました!!!!!!!

続き行きますよ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!

 

 

今日はラブテレフォンから。

ヒロからのお達しで、携帯の電源を入れる。と言っても私なんか入れっぱなしだったけど(笑)

みんな一斉に携帯を取り出す様は、いつぞやのaccessツアーのようだ(笑)

そんなヒロ、ピンスポの中で、

「こっから僕は動いちゃいけないんですかね?」

変な質問(笑)

さすがグダグダ王貴水!!!!!!!!!!!!

まぁ、ヒロのこの言葉にステージが明るくなりましたよ。

はれてピンスポから抜け出せました(笑)

で、真面目に携帯の電源を切っていた方は慌てて入れているわけだけど、圏外になっちゃうらしくて・・・。

最近のホールは電波が入らないようになってるからね。

そんなわけで会場の扉が開け放たれました。こうすると入るみたい。

しかし、続く圏外の声。

「出逢いってさ、縁だから〜圏外だったら〜・・・残念賞。」

納得出来るか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

もちろん会場内からはブーイングが。

「ダメか。解った解った。まだ圏外?」

優しい40男ヒロはちょびっと待ってくれました。

まぁ、私は最初からギンギンでしたけどね(アホ)

で、早速くじ引きタイム。

ところが・・・・最初の人

「携帯番号、書いてございません。」

えぇぇ?????????

ヒロとは話したくないって事か???????

そんな恥さらしはいやって事ですか???????

確かに結構な羞恥プレイだとは思うが・・・(苦)

そんなメッセージカードを見たヒロ。その人の名前を呼んでいました。

で、仕方ないから次の人。

今度は大丈夫みたい。

「お名前・・・番号・・・090。」

えぇぇぇぇぇぇ????????????????

「最後まで言わないって。」

その後2桁だけ言って電話をかけ始めるヒロ。

が、グダグダ再来!!!!!!!!!!!!

「って、その前に、みんなと記念撮影しなくちゃいけなかったんだ。」

段取り悪!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

スピーカー用のコードとか繋いであるのに、それを取って写メを取ろうとするヒロ。

どうやら携帯サイトに載せるらしいよ。

「じゃあちょっとみんな、中の方へ寄ってくれる?」

ハイ、お約束です(爆笑)

ホント、やる事金髪と変わらないよね〜〜〜〜。

これぞ愛し合ってる証!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

よ!!似たもの夫婦!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

「ハイポーズ!!」

パシャリ!!!!!

撮れました。が、なんか気に入らなかったらしく、

「なんかさ〜手、上げるとかなんとか・・・。」

ってもう一度撮りなおす事に。

「ハイポーズ。」

ピロリロリ〜〜〜ン

ん?????????

なんか音がさっきと違いますけども?????

会場内も微妙な空気。

「ん?何?これ。」

携帯を覗き込むヒロ。

「REC・・・録画になってる、これ。」

やっぱりか!!!!!!!!!!!!!!!!!

「動画になってる、これ。」

アホ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

今の音はそうじゃないかと思ったよ。きっとみんなそう思ってたんだよ。

ホントやってくれるよね〜〜〜〜、この男、外さないから!!!!!!!!!!!!(爆笑)

「え???何でか解らない・・・。これは・・・。」

携帯を弄繰り回すヒロ。

「ん・・・?動画でいっか。動画、載せれるよね?え〜と?????しゅ〜〜りょ〜〜〜。」

動画を終了させたヒロ。それでも訳が解らず

「何で動画になっちゃたんだろ。」

それはあなたがしたからです!!!!!!!!!!(笑)

どうももう一度写メを撮りたい様子のヒロ。でも自分ではどうすることも出来ず・・・。

「いっか。動画撮ったし。」

あっさり終了です!!!!!!!!!!(爆笑)

しかし、サイト側としてはそうは行かない、まぁ、大人の事情がありますよ。

舞台袖から舞台監督さんが登場です(笑)

無言で携帯を受け取り操作をしてるところを覗き込むヒロ。

完全に素の状態でした(笑)

そこでふと気がついたのか、

「舞台監督の○○さんで〜〜す。」

と紹介。

・・・・ことごとく名前を忘れている、申し訳ない・・・(苦)

直してもらってもう一度撮影。今度はちゃんと出来たみたい。

「撮れた!!!」

嬉しそう。

で、ここで重要な事に気付く・・・。もしくは舞台監督さんに耳打ちされたか????

「そうだ、早くやらなきゃいけないんだ。やる事いっぱいあるんだ。いくよ!!」

と慌ててラブテレフォンに取り掛かるヒロ。

「そうだ、オレが進行しなくちゃいけなかったんだ。」

天然!!!!!!!!!!!!!!!!

大人の余裕なんて微塵も感じられません!!!!!!!!!!!!(爆笑)

やっぱりアンタはいくつになってもグダグダのままですよ(笑)

あ〜〜〜ソコが愛しい!!!!!!!!!!!(病気)

で、気を取り直して電話を・・・。

鳴った!!!!!!!!!!

出た!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

会場がどこどこ???ってなっていると、その方は立ち上がってくれました。

優しい!!!!!!!!!

が・・・・思いっきりハウってます・・・。

ホワンホワンしてて聞き取りづらい(苦)

さぁ、ヒロのマジ口説きGO!!!!!!!!!!!!!!!

「じゃあ、今度よかったら・・・デートしませんか?」

する〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

低音の声で攻めてくるヒロにドキドキしたいところなんだが・・・

「ハウり過ぎだね、これ(笑)」

そう、とにかくハウっちゃって、そっちのほうがおかしい(笑)

って言うか、そんな中でマジ口説きしてるヒロがおかしい!!!!!!(爆笑)

そして、その後ちょこっとお話をして、最後に

「じゃあ、後で、改めて電話してもいいですか?」

してくれ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

何百回でもしてくれ!!!!!!!!!!!!!!!!!

あぁ〜〜羨ましすぎる!!!!!!!!!!!!!!!

で、何回も念を押すように

「後でまた電話しますからね。」

と繰り返すヒロ。

それに「ホントですか?」とその人が返すと・・・

「オレはたまにしか嘘はつかないよ!!」

って何故かキメ顔(笑)

それが嘘くせ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

で、最後にまた「後で電話するね。」って繰り返し、一人目は終了。

切った直後・・・・

「まぁ、ぶっちゃけ、こんな近いんだけどね!!」

その通りです!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

で、もう一人。また電話番号を途中まで言って・・・。

鳴った!!!!!!!!!!

が、何回かコールが続く。

「ちょっと、出ないとかやめてよ。」

って言ってると出た!!!!!!!!!!!!!!

どうも信じられなかったらしく、出るのが遅れた様子。

で、ヒロの唐突な質問。

「彼氏いるんですか?」

これにその人は

「ヒロが・・・。」

会場から笑いと拍手が。するとヒロがいきなり方向チェンジ

「あのさ、この間話したじゃん。ちょっと距離を置こうって。

それは僕のせいじゃないよ、君だって悪いところ、あるだろ?ちょっと距離を置いてもう一度見つめなおそうって。

・・・話について来てない感じだよね?」

くそ〜〜〜〜!!!!!こういう小芝居、いくらでもついていくのに!!!!!!!!

「じゃあさぁ、解った。この電話、仲直りの電話にしよう。

またお付き合い、続けようか。」

言われて〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!

はいって答えると、

「じゃあ、いいんだね。ほんとに僕でいいんだね!!」

って念を押すヒロ。それに「もちろんです。」って答えると・・・

「ハウり過ぎててヤダ!!」

アホ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

こんなラブテレフォン、やばいよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

たまらん!!!!!!!!!!!!!!

何故、私にかけてくれないんだ!!!!!!!!

小芝居大歓迎!!!!!!!!!!!!!!!!

むしろこっちからしかけるぞ!!!!!!!!!!!!(アホ)

 

こんな感じで本日のラブテレフォンは終了。

ここで進行をチェックするヒロ。

「うん、これ、終ったねぇ?問題なく・・・。」

どうやら段取りを忘れているらしいヒロ。

そんな時に後ろのスクリーンに“質問コーナー”と。それを見て慌てて

「そうだ!!質問コーナー!!!」

グダグダです。

やっぱりグダグダです。

進行を確認してもグダグダです(爆笑)

さっき集めたアンケートの中から3人の質問に答えようというもの。

これは事前にスタッフがチェックして選んであるらしい。

「まぁ、答えられないものには答えませんけど(笑)」

ソコを答えろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

本日一つ目!!!!!!!!

思わずヒロも爆笑!!!!!

「今日のパーマ、何パーマですか?」

パーマキタ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

これはやっぱり突っ込まずにはいられないでしょ。

しかし、恐ろしい事にスクリーンに映し出されたアンケート用紙、そのまま誕生日メッセージも名前もペンネームまでもが見えてますけど!!!!!!!!!!!!!!!!

迂闊な事、書けね〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!

こんな形で出てくるとは思わなかったから、正直度肝抜かれましたよ・・・。

そんな感じで早速質問に答えるヒロ。

「ぶっちゃけ今日のパーマ、どうですかね?」

客席に振ってるよ(苦)

まぁ、いろいろ出ますわな。

「イケテルって言うのは聞こえた、ありがと。他は?」

都合のいいことしか聞こえんのか!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

「大丈夫?今、首をかしげた人が何人かいる。」

みんな心の中では傾げてますけど!!!!!!!!!!!!!(笑)

会場を見回して・・・・

「サザエという言葉は出てこない。そこはクリアしてる????セーフ?????セーフ、セーフ???

じゃあセーフという事で、『セーフパーマ』です!!」

ギリギリって事ですよ、貴水さん!!!!!!!!!!!!(笑)

で、2問目、スリーサイズを測って教えてくださいって言うもの。

おぉ〜〜〜〜スリーサイズとな!!!!!!!

しかしここでも・・・・

「私は美容師なのですが、今日のパーマは、って、パーマの事ばっかりかよ!!!!!!!!」

爆笑です。

あなたの代名詞ですから!!!!!

どうぞ大切にしてあげてください、パーマ(笑)

今度カットさせてくださいって書いてあった。

「えぇ?スリーサイズ測るの???」

ってヒロがいうと、さっきの舞台監督さんがメジャーを片手に(笑)

タキシードの上を脱いでバストから。

ここで微妙にメジャーの位置をなおすヒロ。前の方の子に、ここであってる???って確認しながらメジャーの位置をずらしてる。

その間も舞台監督さんは真剣にサイズを・・・。

ちょこちょこと動かして、どうやらアレは乳首の上を通ってるんじゃなかろうか(ニヤリ)というところで

「バスト・・・90。」

おぉ〜〜〜結構がっしりですね(ウットリ)

「女の子だったらねぇ、90って。」

なんて微妙に気になることも言いながら、次はウエスト。

「なんかさぁ、オレ、女の子の気持ちが解ってきた!!だってウエスト測るのに洋服があるもん、これ〜〜〜。」

ってサッシュベルトを指差すヒロ。

確かにこれでは正確な数字は出ないですよね〜〜〜。

会場も思わず納得。

「ね!」

ヒロも納得ってなっていると、もちろんあがりますよ、「脱いで!!」の声(笑)

会場が一体になった瞬間!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

脱げコールと手拍子(笑)

微妙に脱ぐ振りをしながら、笑うヒロを置き去りに、舞台監督さんはさっさと採寸(笑)

そのメジャーのメモリを差し出して・・・

「ウソォ!?これ、ほんとに?ほんとにウエスト80?」

えぇ???そんなにはないだろ。

「・・・まぁ、いいや、洋服の上だから・・・。ホントはこんなにないのに!!!」

悔しそうなヒロでした(笑)

そうだよね〜〜〜これじゃあ・・・ね・・・。

で、気を取り直してヒップに。そこでもまた、

「これだって、洋服はいてるんだもん!!」

と言い訳を先に(笑)

案の定・・・

「91・・・一緒だね、胸囲と。」

数字だけ聞くと、樽だな・・・・(泣)

「なんかウエストが納得いかないけど。」

と最後までごねていたが・・・だったら脱げって言うの!!!!!!!!!!!!

そんなわけでラストの質問。

“質問ぢゃなくてお願いがあります。”の文字に

「質問ぢゃのぢゃは“ち”に点々じゃなくて“し”に点々です!!」

貴水先生チェック入りました〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

お願いはゴルフのスイングを生で見せて欲しいというもの。

おぉ〜〜これはいい!!!!!!!!!!!!!

ヒロも別にこれはいいよって。

でもこの前のクリスマスイベの時にやってる人って言うのがすごく少なかった事を根に持ってるらしく、

「いなかったじゃん。始めた人いる?」

って会場に

この前よりかは増えてたようで

「結構増えたね。」

と満足気。

今、100を切れるか切れないかってところらしいよ。ゴルフの魅力を語るヒロ。でも実は・・・

「何でこんなに話してるかっていうとね、今、クラブを取りに言ってるんだよね。」

えぇぇ??????

あるのか???????

持ってきたって言うのか?????????

驚きです・・・。

「もう一個質問行こうか?」

なんてヒロが気を使ってると、上手側のお客さんがヒロにクラブが来た事を伝え

「ちょっとぉ、オレより先に見ないよぉ〜。」

って苦笑いしてクラブを取りに行きました(笑)

持ってきてくれのはアイアンだったかな。

きれいなスイングで、ちゃんと遠くまで飛んだ振りもしてくれました。その後で腰痛の振りまで(笑)

ほんとに芸が細かい(笑)

で、おまけでもうひとつ質問に行く事に。

「明日で40歳になるヒロですが、30代最後の時間に・・・。」

ん??????

良く読め、ヒロ!!!!!!!!!!

もちろんみんなからチェックが入る(笑)

そうそう、よ〜〜く見て。

気付いた(笑)

「明日で40歳になるヒロですが、30代最後の瞬間に、叫びたい事はなんですか?感情を込めて言ってください。」

真剣に考えるヒロ。しばらく間があきます。

で、結局ヒロが出した答えは、

「ステキな30代をどうもありがとう!!」

いろんな人に囲まれてステキな時間だったらしいよ。

よかったよかった。

思えば30になった時はあなたの消息は不明でしたよね(苦)

そんなところからまたaccessとして大ちゃんと共に歩む人生が始まったわけで・・・。

ステキな30代だったよね。

 

って、まぁ、こんな感じで質問コーナーも終了です。

 

「さぁ、エレノア、満足してくれたかな?」

って言う事で、今度はHIRO散歩。

フィルムで楽しみましょうです。

 

てな訳で、ここでまた一旦切ります〜〜〜〜。

なげ〜〜な、オイ・・・。

まだ1日目ですけど?????(苦)

 

 



sakurajun9tion at 23:04│Comments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
Archives
livedoor 天気