2009年11月17日

ネオは熱いよ!!!!!!!!!!!!!その3

さぁ・・・今日も睡眠時間を削っていきますかね(アホ)

だって!!!!!だって!!!!!!!!!

みんな待ってるんでしょ????

何か滞ってるんでしょ?配信!!!!

流れる前に書かないと意味ないじゃん!!!!!!!!!!!!

 

・・・・変な闘志を燃やしてるアホな輩が1人・・・。

確実に明日起きれないだろうなぁ〜・・・(遠い目)

いいのさ、もう、どうなったって!!!!!!!!!!!!!!(アホ)

そんなわけで行きますよ!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

切ない『ありがとう』の曲明け・・・。

ホントこの曲、何度聴いても泣くわ・・・(泣)

ヒロの声がだって・・・犯罪だわ、マジで・・・。

「11月18日発売になります。」

とCDの宣伝に余念のない大ちゃん(笑)

「あの、いきなり今聞いた方、この人どうしちゃったのかな〜って。」

「(笑)いきなり哀しくなっちゃいましたね〜オレ。」

「何かテープが・・・絡まっちゃったんですかって。」

「あはは・・・。」

「これは〜〜あの、ミュージカルのホントの最後の最後の。」

「えぇ。」

「シーンでね。ジョージの切ない・・・こう・・・思いを。」

「チャーリーが死んじゃったぁ。」

「死んでない。」

「死んで・・・ないですね。」

「・・・殺さないで下さい。勝手に。」

「えぇ。・・・まぁ、いなくなっちゃった。」

「チャーリーがいなくなってしまった事に気付いて、まぁ、ちょっとこう・・・ある意味・・・狂気的に・・・。」

「そうそう。」

「なんかこう・・・ね、いってしまう。泣きながら歌い上げるシーンのライブ版なので。」

「えぇえぇ。ラストのラストですね。」

「はい。」

「楽しい曲ももちろんあります!!」

「あります。もちろんね。楽しい曲の方が多い。」

「オレが今、とっても哀しくなってきちゃった、またぁ〜。」

大ちゃん爆笑。

「またぁ、精魂尽き果ててしまって。」

「尽き果ててしまいましたよ。」

「さ、そんなわけでですね〜是非、これも聞いてほしいのもありますけど。」

「えぇ。」

「今月、11月のテーマ、まぁ秋ですのでね、食欲の秋というところから掛け合わせて、オススメの簡単感嘆レシピを。」

「カンタンカンタンレシピ・・・?」

「イージーと、ビックリの。」

「おわぁ〜なるほどね。」

「まぁ、レシピを、皆さんからお手紙もらってるんですが、今日はせっかくゲストでヒロが来てるんで、貴水博之ぃ〜簡単感嘆レシピ。」

「オレが簡単感嘆レシピって・・・みんな多分そうだと思うけど〜。」

「うん。」

「何か冷蔵庫にホラ、残りもんが〜あったりだとか〜たまねぎとか、ピーマンとか、人参とか。」

「えぇ?あんの?冷蔵庫。」

「なんか知らないけどぉ〜自分で、何か・・・小パーティーとかやってさ、」

小パーティ???

「あん(←恐らく「うん」なんだが「あん」に聞こえる(笑)この相槌をかなり打つ(笑)」

「みんなでやってさ。」

「あん。」

「残っちゃった時とかあるんだよね。」

「あん、あん。」

「そ〜いう時に限りぃ〜。」

「あん。」

「総てを刻んでピラフにして食べる。」

「なるほどね。全部入れちゃえみたいな。」

「全部入れちゃう。えぇ。」

「そ・・・れは・・・簡単なんですか?」

「簡単ですよ。」

ヒロ、即答。

「全部・・・全部・・・全部、みじん切りにして。」

「ピラフってどうやって作るんですか?」

衝撃発言キタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

「みじん切りにして・・・?」

「みじん切りにして、あの玉子はぐわぁぁ〜〜って混ぜて、あの〜〜置いとく。」

「とき玉子にして。」

「で、先に卵やき・・・あの・・・がちゃがちゃがちゃ〜ってやるわけですよ。」

「何を?がちゃがちゃがちゃ?」

「(笑)玉子を。」

「はぁ?置いといてって言ってたじゃん、それ今。」

若干切れ気味なDA(笑)

ヒロ、思わず苦笑。

「置いとか・・・。」

「玉子置いとかないじゃんさぁ!!」

「オレは、玉子をまず混ぜて。」

「混ぜて。・・・・玉子を?」

「フライパンにばぁ〜〜〜って入れて、がちゃがちゃがちゃってやって。」

「がちゃがちゃがちゃってやって。それから?」

「で、ボールに戻すと。」

「あ!ぐちゅぐちゅってやって、一回戻すと。」

「うん。」

「で、置いとくんだ。」

「置いとく。置いとく。で、あの〜〜。」

「またみじん切りにしておくんだ。」

「みじん切りにしておいた〜、あの〜〜・・・たまねぎ、ピーマン、・・・人参が一番最初だね、固いから。」

「ハンハン、くわし・・・。」

「人参、たまねぎ、ピーマン入れて。」

「ある種、あの〜アベちゃんより詳しい。」

「あ、ホント?で、じゃぁ〜〜ってやって。」

「主婦、頑張ってますけどねぇ。」

「それで、あの〜・・・玉子入れて、ご飯・・・入れて。」

「あん。入れて。」

「ぐわぁっと混ぜて。」

「ぐわぁっと。で、味付けは?」

「僕は醤油ですね。」

「醤油味。和風ピラフ。」

「ささっと入れて。ぐわっと。」

「うん、それさ、さっきピラフって言いましたけど・・・。」

「えぇえぇ。」

「チャー・・・ハンじゃないかって言う噂が・・・。」

「・・・そぉ〜・・・いう事ですね。」

「ありますけどもね。」

「そーゆー事!!ちゃむはんですね。」

「ま、しょうゆを入れるだけにしょーゆー事。」

オヤジギャク出た〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

2人とも失笑。

「ちゃむはんですね。」

「熱いです。めっちゃ暑いんだよ・・・おなか鳴っちゃった。ぐ〜って。」

「でもね、オレ、結構上手だよ。」

何のアピールだ!貴水博之!!!!!!!!!!!!!

嫁に来いか?????????

それとも嫁に貰ってくれか??????????

大ちゃんに不自由な思いはさせないよってか?????

オレの味噌汁を一生飲んでくれか??????????(アホ)

味噌汁じゃ・・・断られそうだ(爆笑)

「母親の、母親の・・・。」

何かをしきりに言おうとするヒロ。

「じゃ、今度ご馳走してよ。」

さらりとプロポーズにOKが出ました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

「母親のお父さんがコックだったから。」

「あ!そ〜なんだ。」

「その血が少し・・・混ざってる。いや、少しじゃないか(笑)ちゃんと入ってると思うんだけど〜。」

「やっぱさ、料理も遺伝なのかな?上手いとかそーゆーの。」

「ってかね、料理はオレはスピードだと思う。スピード。」

「・・・そういうの聞いた事ない。料理はスピードだ!!って。」

「オレ、結構、チャーハン作るのすっごい速いから。バァァァーって。」

「せっかちだからじゃない。」

「せっかちだから。」

「待てないんだよね。」

「なんかね、時間かけすぎるとね、べしゃべしゃになってくるんだよね。食べ物が。」

「おうおう。」

「そうそう。」

「新鮮なうちにもう。」

「新鮮なうちに。サカサカサカって。」

「ね。ご馳走してよ、今度。食べたことないよ、ヒロのご飯。」

ぎゃぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜おねだりキタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!

てか、なんちゅ〜会話だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

「いいよ。いいよ。ちゃむはん。」

「ちゃむはん。醤油味でね。」

「醤油味で。」

「え〜じゃあ、そんなわけでみなさん・・・。」

〆ようとしてるところにまたしても・・・。

「大ちゃんもじゃあ、何か一個くらい。」

思わず失笑する大ちゃん。

「何?大ちゃんは。」

「なんも作れないもん、だって。」

「じゃあ、お肉を・・・お肉を・・・。」

「生まれてこのかた、」

「買ってくれればいいや。ステーキ。」

「あ、ステーキね。牛肉のおいしいやつとぉ〜、お湯ためとけば、しゃぶしゃぶ出来るもんね。」

「そうそうそう。あ、いいね。」

「ん。・・・お湯、ためとけばってお風呂じゃないんだからさ(笑)

まぁ、いいや。じゃ、今度ご飯会しよ。」

「ねぇ!」

「手作り。」

「そうだ。やってみよう。」

ポキャス再び!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

プライベートポキャスか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

「どうした!」

ってまた男前が嫁を気遣うのか!!!!!!!!!!!!!!

いや〜〜〜ん、萌えるわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(アホ)

是非、その場に!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(真剣)

って・・・大ちゃん・・・しゃぶしゃぶ・・・昆布くらい入れようよ・・・だし、入れないつもりかしら・・・。

「ま、そんな訳でしてね、皆さんも参考になったんじゃないかと。」

「なったかな?料理のスキルが。」

「ね。血が入ってると。

あ〜そんなわけでですね、あ〜だって(笑)2009年、あと2ヶ月になってしまいましたけどもね〜。」

「はやいなぁ〜。」

「今年2009年、ヒロにとってはどんな年だったかと。」

「いやぁ〜・・・今年もなんかあっという間だったね〜。」

「ね〜〜。」

「もう?もう?」

とここでお手紙。ヒロ宛てです。

今年中にやっておきたい事はありますか?というもの。

「あの〜・・・まぁまぁちょっと私事になりますとぉ〜。」

「わたくしごとで(笑)」

「えぇ、まぁ、ちょっと・・・あのね、あの〜〜。」

「(笑)何、その言いにくそうな。」

「いろんな意味での楽曲なんかもね、ちょっとづつ・・・こう、やっていきたいな〜みたいなね。」

「あの〜〜お知らせとか、そーゆーところなんかも。」

「あ、はい。」

「12月〜・・・何かあるんだよねぇ〜。」

さすが嫁!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

「おしらせは・・・。」

とここでクリスマスイベントの告知をするヒロ。

「今年も横浜ブリッツで。」

ん???去年はブリッツではなかったけど???(笑)

「横浜、いいですね〜。クリスマスのね〜」

それは・・・この前の横浜デートを思い出しての発言ですか???(ニヤリ)

それとも去年、横浜で何かがあったのか???(ニヤリ)

ホテルのスィートに泊まってたのか?????

誰かさんと誰かさんがぁ〜〜(変態)

って・・・勝手にデートにしてるが・・・薬膳の相手は・・・ヒロでしょ???

ってか横浜っていったら、ヒロでしょ?????

他の奴と行ってるなんて許さね〜ぞ、コラ!!!!!!!!!!!!!(笑)

「チャーハン、出ませんか?」

「ちゃむはんも・・・やっちゃおうかな!」

「(笑)ね、クリスマスのひと時を・・・。僕調度アレだよ、ディナーショー23日にね、やってるんで。えぇ、そこでも楽しんで。コレ、25日はヒロの。」

「あぁ〜そうですね〜〜いいですね〜〜。連続でね。」

「ね。」

「大ちゃんはじゃあ〜〜しゃぶしゃぶで。」

「しゃぶしゃぶ出すかぁ!」

「えぇ。」

「ちょ・・・っと、予算的に辛いかなぁ〜。しゃぶしゃぶは。」

ヒロ、大爆笑。

「それぐらいやろうよ〜。」

大ちゃんも思わず笑ってます。

「いいよね〜〜。なんかピアノで演奏してんのに、みんなこう、お湯ん中。みんな大忙しでさ。色変わっちゃった、色変わっちゃったみたいな。しゃぶしゃぶ。

まぁ、そんなね、クリスマス、音楽で楽しんでくれたらいいな〜と。」

「えぇ。」

「あと、またミュージカル・・・。」

そこまでチェック済みか!!嫁!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

「ミュージカルね。今度ロックミュージカルという事で。え〜〜〜っと・・・来年ですね。」

と来年のミュージカルの告知も。

「何と言うお芝居ですか?」

「キング・オブ・ザ・ブルーというね。」

「青の・・・王様ですか。」

「(笑)そういう事・・・で・・・えぇ。まだ〜・・・リハーサル入ってないんで。」

「えぇ。」

「アレなんですけど。僕はねぇ・・・鬼!!

「え!?」

「鬼役ですね。」

「鬼ですか。」

「あの、男連中はね、ほぼ、あの、鬼の神に、扮する。まぁ、人間の神もいるらしいんですけど。」

「うんうん。」

「なんかそんなこんなでねぇ、いろいろ大変みたいですよ。」

「大変ですか。」

「えぇ、大変ですよ。」

「まぁ、頑張って。見に行きますよ。」

「是非是非。」

「はい、そんなミュージカルなんかもあるんで、楽しみにしててほしいと思います。」

って、お前もな!!!!!!!!!!!!!!!

見に行くって言ったよな????????

見に行くって言ったよな!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ってここでもう1曲。

「これは・・・解りやすいかな。あの声聞きたいでしょ?あの紫吹さんの。」

「うん!」

「どんな声?」

「♪こ〜の〜世〜は〜ですね。サイコー。」

「聞きたいな〜と思いますね。」

という事でチャーリーからもう1曲。

『チャーリーについて』

カーテンコールバージョンです。

劇中のものじゃないやつね。

出だしは紫吹さんが歌って、次からはみんなで歌うやつ。

思わずヒロの声をたどってしまう自分(アホ)

しかし、紫吹さんの声、いいな〜〜〜。

マジでこの世はサイコーだ!!!!!!!!!!!!!!!!!

この曲は大ちゃんのキラキラサウンドがほんと〜〜に炸裂しまくってるからね〜〜。

浅倉節炸裂のゴキゲンなナンバーです。

この曲終わりでCMです。

 

 

 

やっとここまで辿り着いた〜〜〜〜(号泣)

一旦切ります〜〜〜。

やっと・・・40分



sakurajun9tion at 02:40│Comments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | レポ・新着情報

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
Archives
livedoor 天気