2010年07月30日

テンション高いぜ!!!!イチャコララジオ(笑)その3

そんなわけで頑張って少しでも先へ進もう!!!!!!!!

ネオ!!!!!!!!!!!!

だって今週末にもネオ来ちゃうもんね。

 

ってな訳で続きですよ〜〜〜〜。

 

 

 

さ、CMあけ。

メッセージの紹介。

ニューシングルの3曲ともカラーが違うけどステキというお手紙。

自分も宣伝活動頑張るのでラジオでもいっぱいかけてくださいと言うもの。

「はい、ありがたいですね。」

「今回は3曲は、ホントバラエティーですね、このシングルは。」

「ですね。」

「うん。バラエティーは、あの・・・お笑いのバラエティーじゃないよ。」

「今一瞬そう思った(笑)」

「あはは。」

「今大ちゃんが真面目な話すんのかな?って思って。」

「多岐に渡っているバラエティー。」

「ねぇ!ですよ〜。」

「この書いてくれてる通り、すごく1曲目のHigher than dark skyはまぁあの、この2010年の夏に聞いて欲しい、」

「うん。」

「気持ちの良い、」

「うん。」

「エレポップですね。accessっぽいね。コーラスワーク、凝りましたね〜。」

「これだって・・・十何本入れたね、コーラスねぇ。」

「入れすぎだよぉ。」

お前がいれたんだろーが!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

「ほんとだよ、大ちゃん。」

若干うんざりか???(笑)

「でもね、その入れると響きが、どんどんどんどん倍音がね、増えていってね。」

「あははは。」

苦笑(笑)

「だってさぁ、夜中にさぁ、『ヒロぉ、そこの1オクターブ上は出るか』って、その高い音に対して、1オクターブ上出すの!?みたいなさぁ。」

「あはははは。」

「も、出したけどさぁ。」

声も裏返るくらいの主張(笑)ご苦労様です(笑)

それなのに嫁は憚る事なくダンナ自慢(笑)

「だって、なかなかぁ、」

「あははは。」

「悪いけどぉ〜、あの〜・・・貴水博之さんのように音域が広いんですよ、この人は。」

「あははは。」

「普通は、男の人って・・・限られてる音域なんだけどぉ〜、」

「えぇ。」

「もしかするとオクターブ上も出ちゃう、下も出ちゃうって言う幅広い音域の持ち主なのでぇ。」

「さすがに今回は僕も、一瞬頭が『???』って出たけど。あ?え?1オクターブ上ぇ???みたいな。」

「あははは。」

笑い事じゃないですよ、浅倉さん。

「でもそんなコーラスワークを凝ってね、とても温かい響きが出てる曲が、Higher than dark skyですね。」

「えぇ。」

「そしてアオイナミ!!これはまた全然違う、アンビエント・・・エレクトロ・・・ミュージック。ねぇ。」

「これは、まぁ・・・ま、一言で言っちゃうと切ないね。」

「ね。」

「感じの曲なんですが。」

「去年の夏に、えっと〜〜ライブがあって、」

「はい。」

「その時にピアノ1本でヒロが、ね、」

「えぇ。」

「歌って。ライブでは。これB盤の方に入ってますねぇ。シングルのね。」

「ハイ。」

「そっちが原型になって、2010年の夏に合わせた。」

「うん。」

「なんかこれも〜まぁ、2010年のアンビエントエレクトロみたいな感じ。」

「うん。なんかだから〜・・・ちょっとこう、なんていうんですか、音のね。」

「うん。」

「あの〜何て言うんですか、使い方もね、今までにないような、感じですよね。」

「だんだんだんだん、」

「よく聞いてるとね。」

「だんだんだんだん気付かないのに景色が変わっていくんですよ。ま、これ、写真撮り出したって言うのもあるのかもしれないんですけど、」

「えぇ。」

「あの〜例えばぁ、朝焼けの瞬間、夕焼けの瞬間ってホントにもう、刻一秒一秒に色がどんどんどんどん変わって行って、気付くと、色が変わっていたみたいなのを、音楽でちょっと描写してみようかななんて思いまして〜」

「うんうんうんうん。」

「で、最初の1音目からだんだんだんだんいろんなリズムが出てきたり、低音が出てきたり、声の、音色も変わっていくの。」

「そう!!だんだん変わってってるもんねぇ。」

「ミックスやってて、そそそ。じわじわじわじわ変わってって、最後は結構あたたか〜い、厚みのある音に変わっていくんでぇ〜、まぁ、聞いて・・・くれれば多分解ると思うんだけど、もし解んなかったら曲の頭と最後の方だけ聞き比べれば、」

「あははは。」

「こんなに音圧が違うのか〜って。」

「ねぇ。」

「ね。」

「えぇ。ですよ。」

「はい。」

「じっくり楽しんで欲しいですね。」

「アオイナミね。そして!ソウルダイナマイトは爆発を思い出させると書いてありますが。」

「えぇ。これはもう3曲の中でも、一番ね、まぁ勢いのある曲なんで。」

「ま、access〜の中では王道な。」

「えぇ。」

「テンションですね。」

「そうですね。ま、熱い気持ちの中でも、こう、クールに進んで行こうよみたいなね、曲になってるんで。」

「えぇ。これ、面白いところはですねぇ〜パッと聞き〜なんかサビから始まったな〜なんて思うんですけど、サビじゃな〜いんですよ、あそこね〜。」

「実はねぇ!」

「Bメロ、なんだよねぇ〜。」

「Bメロなんですよね〜。これがまたねぇ〜。」

「結構珍しい。僕〜何曲かあるんですけど、Bメロから始まる曲って。」

「うんうんうん。」

「何となくねぇ、Bメロ、から・・・はじ・・・作っちゃったの。」

「作っちゃったね〜大ちゃんツクッチャッタねぇ〜。」

「作っちゃった。」

「大ちゃんツクッチャッチャッチャッチャたね〜〜。」

「つくっちゃったつくっちゃったつくっちゃったにょ〜。」

どうした!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

「そんな構成なので。」

「えぇ。」

「まぁ、なんか爆発しそうなサビなんだけど、サビは1コーラス目の、ところまで聞けない。」

「結構盛り上がる中でも、こうクールに進んで行く感じだね。」

「えぇ。」

「えぇえぇえぇ。」

「間奏もステキだしね〜貴水さんも、こう、爆発してますねぇ〜。」

「えぇえぇ。」

「はい。」

「ですね。」

とまぁメールを元に3曲解説をしてくれたんだが、次のメール。

ライブや舞台なんかでたくさん差し入れを貰うと思うが、印象に残ったもの、貰って嬉しいものは何ですかというもの。

「やっぱりヒロ的には車とかipadとかが嬉しいのでしょうか?と。」

「そりゃ嬉しいですよ!!車ねぇ〜、貰えたら。」

「うん。」

「大ちゃんねぇ〜。」

「いやいやいや、何何何。」

「あははは。」

出ました!!!!!!!!!!

お得意のおねだり!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

「これ違うよ、僕じゃないよ、これ。」

「あ、そうか。」

ちょっと残念そうだが、こうして徐々に大ちゃんに洗脳していくんだな〜〜〜。

抜け目ないぞ〜〜〜(笑)

「あ、でもね、プレゼントはアレじゃない?大ちゃんどう?オレ、結構普段使う〜、例えば入浴剤とかさ〜そういうの嬉しかったりしない?」

「普段使う〜。」

「買いには行かないから、あんまり。」

「後〜僕ねぇ、何気に、あのぉ〜〜・・・嬉しかったの、ワンコのぉ・・・ぬいぐるみのおもちゃとかね。」

「あ、だからそういうね。」

「結構ああいうのってさ、すぐ壊れ・・・壊しちゃうけど、」

「そそそ。」

同意!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

さすが家族!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

「あぁこういうのあるとワンコにお土産・・・。」

「いいよね。」

「お土産って言うと変だけどね。お家で待っててさ。あげる〜とかってそういうのもあったりしますけどもね〜。」

すっかり子供の面倒を見るパパの状態だ、ヒロ(感涙)

お父さんとお母さんはお仕事してくるからいい子で待ってるんだよ!って感じですかね〜〜。

そして戦利品のおもちゃ(笑)

今度ヒロに息子のジョンにあげてくださいっておもちゃあげようかしら(笑)

そして次のお手紙。

「これ、ヒロいるから、聞いてください・・・。」

「ん。」

「聞いてください!私久しぶりに好きな人が出来ました。」

「何っっっ!!!!!」

「・・・ん?」

「良い事だね。」

「いい事でしょ?」

ウケル。怒られてるから(笑)

「4年前に学校を卒業し、就職して1年目にそれらしい人が出来たのですが、」

「それらしいってどれらしいだっっっ!!!!!!!!!!」

どこの頑固オヤジだ!!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

絶対コイツの娘になるのは大変だ。

ちゃぶ台ひっくり返しそうだ。

自分のオイタは棚上げして、デキ婚なんてしようもんなら大変だと思うぞ〜(笑)

メールの内容は今好きな人がいるがまだ思いは伝えておらず、自分磨きを頑張っていると。

「accessの2人は恋をした時、何か自分を磨いたりしますか?それとも本来の自分を見て欲しいと、特に何もしないですか?私は今、ダイエットに励んでいます(笑)」

「(笑)解りやすいですね。」

とまぁ、アドバイスが欲しいというもの。

ってか、この2人に聞くのが間違ってますよ。

だってありのままじゃん(笑)

ってか、作ってるのさえバレてるじゃん(笑)

金髪に裏の顔がある事だって充分知ってるだろうし、ヘタレが実は古風な亭主関白なのも知ってると思うぞ(笑)

「これはでもアレですよね〜。相性の問題ですからね〜。」

「ッハハハ!!!!」

身も蓋もない事を!!!!!!!!!!!!!!!

いくら自分達の相性が抜群だからって!!!!!!!!!!!!!!!!!!

「(笑)でもそう思わない?こう、今さ、こうやってさ、アドバイスしてもさ、」

「うん。」

「その男性が、どういう女性が好きでぇ、」

「そ。」

「この女性もどういうタイプなのかをまず解んないとね〜。」

「うん。後はねぇ〜このホラ、相手〜・・・にさ、合った自分になれるようにっていうのもありますけども、あんまりそこは無理しない方がいいですよね。やっぱりね。」

「あ!ムリしすぎると〜。」

「そ!」

「後でしわ寄せ来ますからね。」

「そう!!」

「アタシャそんなタイプじゃねンだよ!!なんて後で言われてもね。」

「あははは。やっぱお互い、す・・・素直に、」

「うん。」

「ピュアなまんま・・・。」

「相手を思いやれる〜!」

「うん。」

「気持ちに素直になれた時が、お互いがこう、上手く行く時じゃないですかね。」

「(泣)な・・・なんていいこと・・・。」

「違うか。」

「も一回やり直してくるよ、僕。」

「あははは。」

大変身につまされるお言葉です、貴水さん(感涙)

そうか〜〜〜そうやって今の2人があるんだね〜〜〜〜〜。

お互い素直になったって事ですよね〜。

ありのままの自分を見せて、そして通じ合った何かですよ。

まさにアオイナミ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

「自然と相手を思いやりたい!!みたいなね。」

今のお気持ちです!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

「そ!」

「気持ちに、なれ・・・」

「何かあるよね、そういうね。」

「なりあえればいいよね。」

「で、お互いにさ、そういう心の余裕が、ピタッとそういう波動が合うと。」

「そこは相性だからね。」

さすが説得力があるね〜〜〜〜。

身をもって体験してる人の言葉は重みが違うぜ!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

「でも自分磨きは良い事ですから。なんにつけ、続けてください。」

「はい。ダイエット頑張ってください。」

「ダイエットも、しすぎないでね。」

「そうだよね。え〜いろいろ質問のお手紙も・・・」

という事で次なるメールに。

 

 

って中途半端でスマンが、今日はここまで・・・(泣)

次は・・・いつになることやら・・・(苦)

仕事よりしんどいぜ(笑)

 

 



sakurajun9tion at 00:57│Comments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | レポ・新着情報

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
Archives
livedoor 天気