2011年07月02日

お兄ちゃんも頑張るよ!!メンタメ〜その2

すっごい間があいてしまった・・・。

申し訳ない。

あっと言う間に1週間が過ぎてたよ〜〜〜(泣)

そんな訳で生殺しからのスタートだよ!!!(笑)

もう記憶がヤバイ・・・。

 

 

瞳の翼で登場した我らがダーリンヒロ!!!!!!!!!!!!

高みセンターからの登場です!!!!!!

曲は『?』

去年のヒロソロライブの時のバージョン。ちょっと速いやつね。

このバージョンは楽しくて好きだわ〜。

あっと言う間に会場を熱気で包んでヒロワールド炸裂!!!!!!!!

もちろん「アハン」もやってくれたし、「ちょっとした」のところで声が裏返ったり(笑)

サビラストでのあのうねうねしながら高音にあげていくのもあり!

これだってもちろん手つき!!!!!!!!!!!!!

ステージを所狭しと動き回って会場にもいろいろアクション。

途中で「カモン!!」とか言いながら煽ってみたりと、この時気付いたけど、ヒロってやっぱりすごい。

今までのアーティストはみんな若い、デビューしてからの年数がそんなに経ってないから自分達がパフォーマンスするのに必死で会場をあんまり見てなかったんだよね。

見てなかったわけじゃないんだけど、こっちにかけてこなかったって言うか、会場を巻き込んで・・・って言うような感じじゃなかったんだよね。

もちろんいろんなアーティストが集まってるからファンだってその人を始めてみる人だっているわけで、会場の熱気だって贔屓のアーティストの時意外は若干下がり気味なわけだよね。

そんな中で一緒に楽しもうよ!ってしたのはヒロだけだったような気がする。

上手く言えないんだけど、決して他のアーティストがそれをしてないわけじゃないんだよね。

だけど、親切じゃないって言うのかな・・・。

そのアーティストによって決まった手振りとかあるじゃない?

それを初めての人は解らない。

でもアーティストの方はもうみんな解ってるよねって感じで進めて行く。

ヒロはそういう所の勘所がものすごくいい気がした。

全部をガイドするわけじゃないけど、ところどころみんなも一緒にこうやって見てって感じに本人がしてくれる。

そうするとステージを見てる人も何となく同じノリになれる。

そこに誘うように「カモン!」とか言ってくれたらやっぱりノリやすいのかな〜なんて思った。

これは長年やってきた勘とか余裕みたいなものから生まれるんだろうな〜って思った。

そう考えるとさすがの貫禄だったよ。

伊達に長くやってないよね。

もちろんこれは個人的な見解だし、他のファンの方から見たら全然そんなことなかったって思われるかもしれないけど、これはさ〜〜惚れた欲目?(笑)

そんな感じでアップテンポの「?」が終ると早速ご挨拶MC

「どうも始めましてこんにちわ!貴水博之です!!」

舞台前に立ってご挨拶したかと思ったらそのままいきなりセニョリータポーズ!!

「ご指名ありがとうございます!!」

ホストか〜〜〜〜〜〜〜(爆笑)

アホだ、この男(笑)

そんなヒロ、笑いながら

「今日はホントに、もちろん僕の事を知らない人もたくさんいらっしゃると思うんですが、え〜〜今日、こうして、僕と出会えたのも、何かの縁だと思うので、」

そう言って会場を見渡した後、

「もしかしたら、一生の付き合いになるかもしれないし。」

デタ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ホストタカミの殺し文句〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

これには会場が大盛り上がり。

そんな反応に逆に照れ臭くなったのか

「もしかしたら、あの、ね・・・なんか、あの、青いスーツの・・・誰!?って思ってる人もね、それはそれで、僕、あの、全部愛しますんで、どうぞよろしくお願いします!!」

バカヤロー〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!

イイ男過ぎる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

完全ホストタカミ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

このスケコマシが!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

もちろん会場からはファンの微妙な笑い声と共に歓声が。

そうですよ、ファンは慣れてますよ。

アンタがいろんなところで他の女をたらしこんでいることに!!!!!!!!!!!!

ヒロファンって、寛容な人が多いな〜〜〜(笑)

ま、そんなホストな会話だけじゃいかんと思ったのか、少し真面目なお話も。

「今日はね、本当に最終日、千秋楽と言うことで、呼んでいただいて、ホントに、もう一度言いますが、」

そう言ってまたしても

「ご指名ありがとうございます!!」

セニョリータポーズ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

やっぱりコイツ腐ってもホストだ(笑)

その後最後まで頑張りますんでよろしく!って挨拶をして次なる曲、目を覚ませへ。

この時上の青いジャケットを脱ぎました〜。

その下は前側が黒、後ろ側がピンクのベスト。

これは携帯メールで確認が出来るあの衣装ですよ。

身軽になったヒロ。まさかのアゲアゲな曲2連荘。

この辺が一般向けにはいいのか?

ま、こういうイベントだからな。

目を覚ませは振りが楽しいよね。

ちゃんとシャワー浴びてくれたり、小指をぶつけてくれたり、ドアを開けてくれたりとヒロも楽しそう。

ただ今回は座りのイベントだったからゆったりした気持ちでこの曲が聴けた。

いつもはこれでもか!!って言うくらいジャンプ指令が出るからな(笑)

そんなので?と目を覚ませを立て続けにやられるとあっと言う間に汗だくだわ。

ヒロもそういう意味ではちょっと余裕があったのかな?

大抵ライブの時は後半に来る曲だからその時点で体力がね。

今回はこの2曲だけだから余裕が(笑)

ちょっとジャンプしてたけど、周りが座ってるから淋しそうだった。

もちろんラストのナナナ〜の手振りとか、Hey連荘とかもやってくれてすっごい楽しかったよ〜〜。

ヒロも余裕のあるシャウトで(笑)

まだまだいけるよね!!もっともっと濡れちゃってくれますか!!と言いたかった(アホ)

そんな目を覚ませが終るとあっと言う間にはけていくヒロ。

そのヒロがはけるのと同時にモニターにはメンタメの説明?ビデオみたいなのが。

今回のメンタメの企画概要とかが流れてた。

いろんなところにプロモーションに行ったけど、男ばっかりでまるで男子校の修学旅行みたいだったって。

そんなビデオが終るとモニターには「メンタメ学園」の文字。

そしてまたしても会場の中通路に出演者が。

みんな学生服〜〜〜〜ブレザー。

「センパァ〜〜イ」と甲高い声を出して加藤和樹にまとわりついていたのはハニエルのKYOHEI

加藤和樹はここでもどうやらそういうキャラらしく、シャツの上からブレザーを羽織っただけのいでたち。

ヤンキーなのか・・・?

「テキーラ」とか何とか言いながらKYOHEIが加藤君に飲み物を差し出したのは・・・おいしい牛乳・・・。

何だ、このコネタ・・・。

SHU-I以外のメンツがぞろぞろと通路から始業のチャイムと共にステージに上がっていく。

先生役はココア男のうちの1人だった。

すまん、名前が解らん・・・。

ステージ上には既にイスが並べられてて、教卓の前がハニエルの2人、その後ろが前側に加藤君、そしてもう1人、3列目が空席があって、後2人、4列目に3人って配置だったような・・・。

そんな感じで授業が開始です。

先生役の人にいろいろ突っ込まれながら・・・甲高い声を出してたのは誰だとか、先輩ってことはダブってんのか、とか、加藤君の着方に

「加藤、お前は初日以来その着方だけど、カッコイイと思ってんのか」とか。

「中のシャツとかがダセーぞ。」とか言われてた。

そんな加藤君のシャツは赤のギンガムチェックのシャツだったんだけど、その下が・・・黒のスケスケ・・・。

なんだそれ・・・。

周りからも指摘があって、その黒のシースルーを見せると「涼しそう〜〜〜」とか言われてた(笑)

今流行のクールビズ????(笑)

そんな感じで授業開始です。

ハニエル弁天丸の号令で挨拶。

が、これがダラダラしてて何度もやり直しをさせられる。

まさに男子校なノリ(笑)

今日の授業はいきなり抜き打ちテスト。

「今日のテストは、決めポーズ」

「決めポォ〜ズゥ〜〜〜〜?」

こんなグダグダなやり取りが繰り広げられる。

まぁ、ようはどんな時でもカッコイイキメポーズを決めてファンを虜に出来るかっていうお題なんだが、今日のシチュエーションは激しいロックナンバーの後のファンに向けてのキメポーズ。

最初の挑戦者はココア男。

ブーイングの出る中、勝手に音楽がスタート。

が・・・どんなポーズを決めたのか全く記憶にない・・・(アホ)

てことはたいした事はしてなかったんだろうな。

そんな感じで怒った先生は

「ここはね、強力な助っ人を呼びましょう!!」

もしかして・・・?

「今日の強力な転校生です。じゃあ、転校生、入ってきて!!!」

そう言われて登場したのが・・・

 

学ランヒロ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

「おはようございます!」

「じゃあ挨拶して。」

「ハイ!!皆さんこんにちは、貴水博之です。」

さっきの青いパンツはそのままで、ベストも多分脱いでたと思う。

白のガラTシャツの上に学ラン。

何故かヒロだけ学ラン。

他の人はみんなブレザーだったんだよ。

これは世代の差なのか・・・?

でも学ランの方が嬉しい!!!!

ブレザーは別にいろんな衣装で妄想が簡単だけど、学ランはやっぱり生で見たいわ〜〜(変態)

もちろん前はボタン全開です。

そんなボタンを挨拶しながら第4ボタンだけ閉めたヒロ。

すると先生から

「見よ、この落ち着いたいでたち。」

とお褒めのお言葉を頂いたのに・・・

「あ、いや、疲れた、疲れちゃっただけです。」

オイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

「えぇ!?あの、ちゃんとさっきの曲から休憩取ったつもりです。」

「そうですよね。大丈夫です、大丈夫です。」

あの2曲でバテバテ・・・って・・・。さすが最年長者(爆笑)

ま、そんな感じでとりあえず席についてって事になって

「じゃあ昼と同じに。」

と90度ターンも鮮やかにキビキビした動きで席に着いたヒロ。

が、席についてどうもやっぱり落ち着きが悪かったのか、早速さっき閉めたはずのボタンを開けていた(笑)

きつかったのね・・・うんうん。

そんなヒロの行動に周りからは

「全然落ち着いてないと思いますよ。」

との声が。

そうです、そのとおりです!!!!!!!!

「めんどくせ〜な。」

誰かが言った言葉にみんな納得。

すると先生が

「先生だからあえて言わせていただきます。

貴水、めんどくせー。」

それを言われたヒロ、チラリと先生を見ると

「あ、ホントごめんなさいごめんなさい。もう二度と言いません!!」

と平謝り。

これにはヒロも大爆笑。

「2人だと、あのさっき楽屋に来てくれた時もね。」

とヒロが裏の顔を暴露。

ものすごい低姿勢に挨拶をするマネをして先生が慌ててそれよりも低くなってた(笑)

「あ、やめてください!オレ、一応、アウトロー、ロックなんで。」

「あぁあぁ(笑)」

面白すぎる。

バツが悪くなったのかとっとと授業を開始する先生。

その間、ヒロは机の上に置かれてたノートでパタパタと自分を仰いでた。

あぁ〜こういう学生いるよな〜〜〜。

なんかホントにまんまだな〜〜って思ってなんか嬉しかったよ。

一応他の人のやることにも気を配りながら、それでもヒロの一番の意識は熱い・・・ってことだったんだろうな〜。若干ぽへ〜〜〜っとしてた。

ま、これがヒロ仕様って言えばそうなんだけど。

で、次に槍玉に上がったのがTRIPLANE。

すると片方の人が馬のかぶりものを出してきた。

先生も思わず

「お前そんなもの出してきたら抜き打ちじゃないのがばれるだろ!!」

とか言ってた。

この馬のかぶりものにヒロもちょっと笑ってたよ。

この人たちも何をやったのか覚えてない・・・。

すまん・・・。

で、次に当てられたのはハニエル。

どうやら今までは当てられずにそのままスルーされてたみたいなんだけど、いきなり当てられて二人ともビックリしてた。

これは多分段取りにはなかったみたいでヒロも笑ってた。

基本こういうことの好きな男だからね。

するとハニエルの2人は慌ててその場で打ち合わせ。

これがヒロの斜め前くらいでその様子をヒロはノートうちわをパタパタやりながらニマニマ見てたよ。

ホント人がこういう状況になるのが好きな人だ。

やっぱり金髪の相方だな〜(笑)

慌てた2人はKYOHEIのメガネを弁天丸がかけるという、ただそれだけ。

「ちょっとは考えろよ・・・。」

と言ってる間に後ろの方で馬がオレンジの風船をもぐもぐしてた。

それに気付いた先生が

「馬!!!!!アグレッシブにも程があるだろ!!」

と注意。

ヒロも同じ並びにいた馬を見て笑ってた。

そんな感じで何も出来なかったハニエルに

「こんな満杯の銀座で恥ずかしいぞ!それこそ2chだぞ!」

って言ってた。

そこから2chトーク(笑)

「2chにビビリすぎ!!」

とか誰か言われてたな。

そんな中でも馬はもぐもぐとし続け・・・

「先生!馬の風船が止まりません!」

と(笑)

すると先生が

「お前な〜悪目立ちって言葉もあるんだぞ!この後、貴水さんもいるんだから。」

と怒られていた(笑)

そんな先生のセリフにヒロは馬を見ながら笑ってるだけだったけど。

大丈夫、あんまり考えてないから、この男。

しかしこのメンタメ学園では他の方がいかにヒロを敬ってると言うか・・・そういうのが感じられてちょっと嬉しかった。

だってそれこそ今時の若い人なんかからしてみたら何する人ぞ・・・って感じなのにね。

やっぱりこういう世界芸歴が物を言うのね・・・とは思いつつ。

そんな中でも過去共演してたハニエルとかは割りとフランクで、加藤和樹君は元々からちょっと憧れの眼差しがあったみたいだし。

だけど今日初対面の方とかは本当にヒロの事、すごいアーティストって感じに接してて、なんかこっちの方がこそばゆくなる感じ。

ヒロは割りと誰にでもフランクだからそういう意味では男の人も憧れる先輩って感じなのかな?

ま、冷静に考えればこんだけ浮き沈みの激しい芸能の世界でなんとな〜〜〜く生き残ってるって事はすごいことなんだよね。

ホントに仕事なんてないから。

ひとつの仕事をすることがどれだけ大変な事なのか、その事を考えると新人の方がその事を身に沁みて知ってるわけだし、その中でこれだけ長い間続けてるってことは・・・って思うのよね。

ヒロの場合、本人にそういう強烈なこだわりのオーラが出てないからあんまり気付かれないけど、あの大ちゃんをしてずっと一緒にやって行きたい人って思わせるものがあるってことだもんね。

それこそ大ちゃんなんていろんな人をプロデュースしていろんな人を見てるわけだからその辺はシビアに考えてると思うんだよね。

その大ちゃんがヒロはすごいって言うんだし、自分の戻るべき場所って思ってるって事は、大ちゃんの欲求を全部満たしてくれる人って事よね。

それがもしかしたらヒロのこだわりなのかも知れないけど。

あぁ〜やっぱりヒロはスゴイ奴だな〜〜〜。

う〜ん、話が脱線してしまった。

そんな感じで馬をいじり倒した後、確かこの辺でヒロの靴の話が・・・。

この日、ヒロは白のエナメルの靴を履いてたんだよね。

それを見た先生だったかな?がその靴がカッコイイって言って、どこで・・・?って聞いたら

「いや、衣装さんが用意してくれた。」

て(笑)

「素直でよろしい!」

とか言われてた。

そんな感じで次は加藤君になったんだけど・・・。

これはさすがだわ。

前半はものすごいカッコつけてそのまま高みに階段を上っていったのね。

で、曲終り・・・。

 

 

カエルバランス!?(爆笑)

 

 

ものすごい地味!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そんなのわざわざ高みに上って行ってやることか!?

しばらくそのポーズをしてた後、まるで何事もなかったかのように降りてきた。

しかし先生はかなりツボだったらしく、腹がよじれるくらい笑ってた。

激しく歌い終わった後に、カエルバランス。

腕が微妙にプルプルしてるとかそんな事を言ってたよ。

「個人的にはすごく好きだけど、ここでやっぱりお手本を・・・。」

ととうとうヒロに振られることに。

「いやいやいや、先生。今のアレを見た後に、出来ないですよ。」

とヒロが敗北宣言をすると

「普通に考えたらアレはおかしいんで。一般的じゃないんで。」

と言われ、

「じゃあ、じゃあ、今ちょっと僕、疲れちゃったんでぇ〜。」

またか!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

「決めポーズの後のセリフで行きます。」

と新たな展開。

そんな訳でヒロの番です!!!!!

音楽がかかり、軽いヒロダンスが。

そしてエンディング、一度ポーズを決めた後、クルット回って客席に

 

「愛してるの?」

 

アハハハハハハハハ〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!

何故に疑問系!?

会場からは爆笑と、ブーイングが。

するとまたしてもヒロ、セニョリータポーズで

「ご指名ありがとうございます!!」

逃げるな〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

「疑問系!?疑問系?愛してるの?嘘でしょ?」

先生もビックリ(笑)

「一生懸命歌った後、たまに不安になるんだよ。今のよかった!?って」

とヒロ。

これには同じアーティスト、共感してました。

やっぱりそういう時もあるよね〜。

そんな感じで授業は終了。

「みんなね、貴水くんを見習って、ね、みんな貴水くんに聞きなさい。」

と言うと一斉にみんながよろしくお願いしま〜〜すと。

そして目の前に座ってた加藤君に

「授業料高いよ♪」

「え!?取るんですか!?」

このやり取りどこかで・・・(笑)

そんな事をしてると会場からは先生もって声があがり、それを察知したヒロが

「先生もね。」

と言ってた。

で、結局先生もやる事になり・・・。

だがグダグダ・・・。

本人も今のはないわ〜〜って思ったのか決めポーズをした後に両手でバッテンを作って逃げました(笑)

そんな感じでメンタメ学園は終了。

本日の掃除当番2人を残してみんな解散!!って事になりました。

で、ここからがいろんなコラボレーションのコーナーに。

残された二人を皮切りにいろんなナンバーが披露されました。

 

・・・ってな感じでいったん切りまっせ〜〜〜。

この続きは・・・いつになることやら・・・。

本日、これより萌えるネオだもんな〜〜〜。

 

 



sakurajun9tion at 17:11│Comments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
Archives
livedoor 天気