2013年08月25日

とうとう言っちゃいました、公式(笑)

とうとう今年の夏も終わってしまいましたが・・・抜け殻ですが・・・。

ツアーファイナルのレポなんて悲しすぎて書けないのでしばらくは終わってないことにして(アホ)

その前に赤坂サカスの件を書きますよ。

去年の反省を生かしたのか、早くからの整理券配布に色めき立つファンなんだが・・・

さくら達もそれとな〜〜く早目に行ったものの・・・

 

やっぱりか!!!!!!!!!!!!!

 

TBS社員の出社に紛れながら向かったウルトラマン前には既に列が・・・。

どうやら並び始めは始発なのか?

20番目くらいだったのかな?にいた友人は始発で来たと言っていたから、恐らく赤坂からの距離の問題もあるのだろう。

始発・・・過去にはやった事ありますが、今はそこまでの情熱を傾けられてないというのも正直なところ・・・(苦)

つか、さすがに老体には厳しくなってまいりましたよ・・・(泣)

そんな訳でさくら達も列に並んだんだけど、去年のあの炎天下の事を考えると今年はとっても楽でした。

と言うのも日もそんなに照らないし、何となく曇り空。

風もそこそこあったので熱中症の心配もそんなにはなかったかも。

そういう意味では良かったな〜と。

でもこれ多分日中1回配布を切って正解だったのかも。

日中はやっぱりちょっと日も出てたし、早目の配布で何となくその一番暑いさなかを回避できたのはありがたかったですよ。

そんな訳で11時早々には整理券とCDを購入しホッと一安心。

が、ここから再集合の18時30分まで長いな〜〜〜(笑)

とは言え炎天下で並んでいる事を考えれば涼しい室内でね、良かった。

と言うわけでさくら達も早々に赤坂を離脱。

空いてる時間に今回は夏らしい事をしてきましたよ。

まぁ、それはおいおい・・・。

と言うわけで再び集まった18時30分。

今度はだいぶ日も落ちて蒸してはいたものの上からの照り付けは回避された感じ。

18時半からの整理券再配布にも結構並んでいて、どうやらトータル500以上だったらしいけど・・・。

前回に比べてエリアが少なく、しかも全面フラットなのでこれは結構しんどいな〜〜と・・・(苦)

そんな中始まった入場列。

さくら達は結局ヒロ側の端の方になりました。

既にセンターは人がいっぱいだったからね。

正面から見たいけれど、そもそも見えないんじゃ意味がないので人の少なそうな所へ。

入場はしたもののここから待つ事30分以上。

どんどん埋まってくるスペースにまだ入れるのか?と思っていたら、スタッフからまだあと100人入れるからもう少し詰めてくださいと・・・。

む〜〜〜ん、凄まじい・・・。

イベントスペースにはジョイトレがエンドレスで流れてます。

そして開始時間5分くらい前だったかな?ふと後ろにある大きなヴィジョンを見るとそこにイベントタイトルが。

あそこに映し出されるのね。

むしろあそこを見た方が良く見えたりして・・・。

とは言え、やっぱり生の方がいいに決まってます!!!!!

下手側のテントのところに司会のお姉さんがいらっしゃって、アレって去年と同じ人だよね??なんて話をしたりして。

そんな訳でいよいよイベントスタートです!!!!!!

ジョイトレがひときわ大きくかかり、現れたのは司会のお姉さん。

やっぱり去年と同じ人だった!!!!!!!!!

この人面白いんだよね〜〜〜(笑)

「顔崩れてないですよ〜〜みなさんきっちり作り直してきたんですね〜。」

なんてまた笑かしてくれました。

そしてそんなお姉さんの口から今日はトークコーナーを少し入れてなんて話が出て一気に盛り上がる。

それと面白かったのが注意事項の時に

「こちらで、メンズが必死の形相で柵を抑えております。決して柵を前に押さないように・・・。」

と(笑)

やっぱりこの人面白いわ〜〜〜。

という事で2人を招き入れたんだけど、だ・・・大ちゃん(笑)

パネルの隙間から顔をちょこんと覗かせてそこから手を振る仕草が可愛らしい!!!!!!!

そんなこっちの様子をニヤリと見た後、登場した大ちゃん。

そしてその後からヒロもにこやかな笑顔で登場してくれました〜〜。

あぁぁぁ〜〜〜カッコいい!!!!!!!!!!!!!!!!

大ちゃんの衣装は全く覚えてないんですけど(酷)

ヒロは黒の袖が肘くらいまでしかないジャケットにグレーのなんかよく解んないプリントの入ったTシャツ。

そして黒のサルエルパンツだったよ。

足が脛の部分出てた!!!!!!!

そして腰にはこれまたよく解んないけど、海賊みたいに布きれ巻いてた(笑)

ベルトとしてね。

ステージに出てくると集まったファンを見てニコニコしてました。

そんな感じでこんにちわ〜〜と挨拶が入り、ここからトークコーナースタートです。

そんな中大ちゃんが、

「今日は早くから来てくれた人もいるみたいなんでね、たっぷり、倍返しで。」

「なるほど!!」

「さすが!!」

「TBSですから。」

半沢見てんのか(笑)

こういう大ちゃんのサービス精神はホントすごいよね。

リサーチしてくるって言うかさ、プロだわ。

と、そんな大ちゃんが視界のお姉さんの恰好を見て涼しそうですねと。

「なんかいつ見てもビシッときめられてるじゃないですか。こういうイメージがすごくあって、あの〜夏でもブーツなんですか。」

とヒロの足元を見て(笑)

するとヒロ、笑いながら

「まぁ、この後、きっと酷い事になるんだろうなって言うね。」

その通りです!!!!!!!!!!!!!!(笑)

だからもっと脱いでくればいいのに、なんでこの男はわざわざ暑苦しそうなものを着てくるんでしょうか?

まぁ、その辺は大ちゃんだって同じくらい暑苦しい恰好なんだけど、汗はダラダラしてても涼しそうな顔してるよね、大ちゃんって。

大ちゃんはこのイベントをエレクトリック盆踊り大会みたいに楽しんでもらえればって言ってた。

この辺ですでにヒロは自分の恰好に後悔し始めている様子で、司会のお姉さんと大ちゃんがやり取りしてる間に上の照明を見て目を細めた後、

「あちぃ・・・。」

ってぼそっと(笑)

それがめちゃめちゃ可愛かった!!!!!!!!!!!

もちろんそれを目にしたファンからはクスクス笑いが。

その後も早くも流れてきた汗がどうやら目に入ったのか、何度も目をシパシパさせて、結局それでもらちが明かなくて、最終的にはタオルを手にして汗を拭いてた。

ヒロ、ホント汗かきだもんね〜。

新陳代謝がいいんだよ、やっぱり。

まぁ、ステージの上は照明が凄いので結構あついんだよね。

温度で測ったら確実に1,2度は違うんじゃないかな。

まぁ、照明の数にもよるけど。

そんなヒロが暑さと格闘してる間にも話題は新曲ジョイトレの事に。

「曲作りで苦労された点とか、ここがポイントだって言うところは。」

との質問に大ちゃんがいつものトークでお答え。

「この春に永遠diveって言う、すごい暑苦しい・・・。」

「ステキな曲ですよ、ステキな曲ですよ。」

なんだよ、そのフォロー(笑)

こんな事も言いながらすらすらと答える大ちゃん。

「貴水さんは詩を付けるにあたってのポイントは。」

真顔で、

「はい、永遠diveの話ですよね。」

オイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

もう既に暑さで脳みそがやられた様子です。

思わず司会のお姉さんも

「いやいやいやいや、ジョイトレイン。」

「ジョイトレイン。」

やっと今回なんで呼ばれたのか理解したらしいヒロ。バツの悪さを埋めるように、

「イェ〜〜〜〜イ!!!!!」

勘弁してやってください、この男、こういうやつなんです(笑)

てか、大ちゃん、シンセに寄りかかって爆笑してるだけで事の成り行きを面白がってますから。

そしてヒロもいつも通りの説明を。

あのステキな世界へ連れてくよって話ね。

すると司会のお姉さんがヒロに

「それじゃあ、今夜はこの赤坂に集まった皆さんをステキな世界へ連れて行っていただいて・・・。」

とヒロに同意を求めたんだけど、またしてもボーっとしてたヒロ、心ここにあらずな感じでただ相槌を打っただけ(笑)

「あれ???」

と司会のお姉さんがその反応の薄さに肩透かしをあったような状態になってると、やっと意識を取り戻したのか、

「あ、ですよ!!イェ〜〜〜〜イ!!!!」

オイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(爆笑)

この天然男、どうにかしてください。

つか、大ちゃん、これすら面白がって見てたから。

そして意識を飛ばしてた事を反省したのか必死に受け答えするヒロ。

詩が先ですか?曲が先ですか?って言う質問に大ちゃんが答えると

「それに合わせて、じゃあ貴水さんが、バリバリもりもり、どうしようかな〜って考えながら。」

このお姉さんの発言にヒロが鳩が豆鉄砲食らったような表情で一瞬固まってた(笑)

「もりもり書くの?」

「たけやまさん、テキトーな脚色しますね。」

と大ちゃんにも。

「バリバリもりもりって・・・僕らギンギンですよ。」

っていつものギンギントークを繰り広げようとしていた大ちゃんを無視して次の話題に進もうとするお姉さん

「ちょっと、聞いてますぅ?」

アハハハハハハハ!!!!!!!!!

「ギンギンで僕ら作ってますから。」

「・・・え?そういうノリで本当に作ってらっしゃるんですか?」

と今度はお姉さんが目が点に(笑)

グダグダになった雰囲気を結局ヒロの

「たけやまさんです!!!」

の一言で修正(笑)

そんなお姉さんが笑って行ってくださったのが、

「accessのファンのみなさんって、ホントにとってもあたたかくて、私が出て来てもみなさんホントにあたたかく迎えてくださるんですよ。それはきっとお二方がいつもいつも皆さんに優しさをこう・・・与えてくださってるんで、きっとね。」

それを受けて大ちゃんも今年21年目になるけど、ここまでやってこれたのはみんながあたたかくいてくれたからって話をして

「みなさん、これからも優しくね♪」

なんて可愛らしいポーズを取っておった。

そんなところから20周年のDVDの販促に。

「いつ、リリースなんですか?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・」

答えられない2人に会場からブーイングが。

「え〜?なんでそこでえ〜〜なの?」

そりゃ、え〜〜〜〜????でしょ。

「そういうのはそこに書いてある日にちを言っていただいてね。」

「確か9月くらいまでに予約してね。なんかね。」

ヒロも記憶が曖昧(笑)

「私が言っても良いですか?」

「はい、是非是非。」

大ちゃん!!!!!!!(笑)

という事でリリース日を発表したら、ねぇ〜〜そりゃあ忘れちゃいけない日じゃないですか。

そりゃあ、ブーイングくらっても文句ないでしょ(笑)

そんな話をしてると今まで我慢してたのか、はたまた今ので一気に来たのか、

「あっつい。」

と大ちゃんが汗をぬぐうしぐさを。

これを受けてやっとヒロも暑いって口に出して言えた様子。

いや、あなたの場合さっきから身体がずっと物語ってましたけども(笑)

するとお姉さん、またしてもものすごい質問を

「まさかとは思いますけど、この猛暑の中、普段着もそういうジャケットとか、常に着てらっしゃるんですか?」

「いえ、これ、パジャマですから。」

ハイ??????????????????????????

「え?パジャマでステージ上がっちゃってるんですか?」

「テキトーな事言っちゃってね〜〜(笑)」

そんなテキトー発言もさらっと受け流し、暑さには強いのかと言う質問が。

「意外と好きですね。夏はね。」

「貴水さんも?」

「僕は、調度いいのが良いですね。今日はちょっと黒いの着てきちゃったんでね。」

「もう日も落ちてるから大丈夫だよ。」

なんて会話をしつつ・・・やっぱりここでも言いたかった大ちゃんのフクロウ自慢(笑)

もちろんフクロウを飼ったなんて言ったらビックリしますよ、お姉さん。

口笛ふいたら飛んでくるようになったと、バカ親自慢も入ったところで、

「フクロウって、コミュニケーション取れるんですか?」

「すっごい賢くて、ここに餌があるかどうかもじっと見極めてる。」

なんて自分からフクロウ話を振ったのに

「そんな話しに来たんじゃないんだ、今日は。」

と一応自重してみたり(笑)

話をヒロに振られると

「僕は・・・ライブの為に、日夜身体を鍛えてます。」

「どうやって鍛えてるんですか?」

「どうやって!?」

またしてもきょとんとしてるヒロ。

ホントにこの日のヒロはいい感じに素の部分が出てたよ。

さすがお姉さんの変化球な質問!!!!!!!

この質問に大ちゃんまでが

「いや、そこ大事ですよぉ〜。」

なんて言い出して、後に引けなくなったヒロ

「いや・・・器具で・・・。」

この答えに勝手にエロい事考えてニマニマしてた事は秘密です(変態)

「後は大ちゃんは、生き物を飼うのが上手だと思うんですけど、僕は、あの、車好きなんで、車乗りまわったりとか、たまにゴルフ行ったりとか。」

「海水浴とか、プールとかは。」

「それは今回はちょっと、行ってないですね。」

「今回はって事は行ってもいいかな〜って言う気持ちは。」

「海行くと、僕すぐ真っ黒になっちゃうんで。はい・・・。まぁ、黒くてもいいんですけどね。昔真っ黒だったんですけどね、僕。」

「いや、焼かないように、美白に拘っていらっしゃるのかなって。」

その通りです!!!!!!!!!!!!!(笑)

「いや、それは一応・・・。最近はそういう風潮ですからね。あの、ゴルフ行く時も、マイケル並みに真っ白になるんで。」

「本気にされますよ、みなさん。」

「いや、ホントにほんとに。意外とミュージサン・・・」

「今、ミュージサンって言った?」

かみまみた!!!!!!!!!!!!!!(笑)

この時のヒロのやっちゃった!って顔がめちゃめちゃ可愛かった!!!!!!!!

「ミュージシャンの方たちも意外とみんな持ってますから、日焼け止め。みんな塗ってやってますから。これ、それぞれのファンの子達が見たら幻滅するんだろうなって思いながら。」

そんな事で幻滅したりはしないですよ、えぇえぇ。

むしろそんなヒロも愛でていける自信がありますよ!!!!!!!!!!

「やっぱり最近はみなさん気にされるんですかね?浅倉さんはどうですか?日焼け。」

「僕は全然いないんで、昼間。夜行性なんで、」

「あ、フクロウと戯れる・・・。」

「フクロウともそう言った意味じゃ気が合うし、犬の散歩も夜中?夜中3時くらいに夜風に当たりながら。」

「じゃあ、ご自宅、素敵なワンダーランドになっていらっしゃるんですね。」

「もう動物王国みたいになってきちゃって。」

なんて話をしてるとヒロが急に思い出したかのように

「あ!!そうだ、大ちゃん、メール送ってくれたもんね。ほんっとにめっちゃくちゃ可愛い!」

「え??何がですか?何がですか?」

お姉さん取り残される(笑)

「うちのフクロウをね。まだ直接見てないんで。」

「ホントにぬいぐるみみたい。すっごい可愛かった。」

ヒロがめちゃめちゃ興奮してた。

ホントにこれは相当興味ある感じだね。

早く見に行けばいいのに。

用事なんて必要ないのにね〜〜〜。

「癒されるんですね。」

「癒すって言うか、尽くすのが、タイプなのかも。」

えぇぇぇぇぇぇっぇ???????????????????

「何で?なんでぇ〜〜?ちょっと待てお前ら。何?えぇぇ〜〜〜って。」

これをニヤニヤ笑いながら見てるヒロ。

すると今度はひやかしの声が(笑)

 

 

「僕はもう、ずっとヒロに尽くしてきてるんだから!!」

 

 

 

出た〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ついに正式発表キタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

もちろん会場は大盛り上がり。

するとお姉さん、ここぞとばかりに援護射撃!!!!

「貴水さん、どうですか。」

 

 

 

 

 

 

「オレはずっと大ちゃんをお姫様扱いしてるじゃないか。」

 

 

 

 

 

ギャァァァァアァァァァァァァァァァァァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

さすが公式が最大手!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

しかもナイトポーズ付き!!!!!!!

さすがに跪きまでは出来なかったけど、スッと伸ばしたその手がめちゃめちゃナイトだったよ!!!!!!!!!!!!!!!

 

つか、お姫様扱いって!!!!!!!!!

やっぱりだったのか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

「なんだよぉ、お姫様扱いって・・・。」

何て言いながら顔がにやけてますぜ、浅倉さんよぉ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

会場はまさしくカオスと化した。

つか、今になって冷静に考えたら・・・これを赤坂の街に響かせたって事だよな・・・。

ヒィィィィィィィィ〜〜〜〜〜〜〜〜なんつー恐ろしい事を!!!!!!!!!!!!!!!!!

そんな危険な愚を犯しても証明して見せたかったという事か?

この真実の想いはもう隠せないという事か?

リアルスキャンダラスじゃないか!!!!!!!!!!!!!!!!!!

しかし、そんな状況をもさらりとかわしてくださるお姉さん

「ステキですね、尽くし合いのお2人っていう事で。」

まぁこの場合これしか言いようがないわな・・・。

お姉さん、こんな2人とファンですみません・・・。

そんな感じで軽くツアーファイナルのお知らせもして、いよいよライブですかね。

「今日はフリーライブという事で、ただで見せてもらえちゃうんですからね〜。」

「・・・はい。もうこの暑さに若干やられ始めてるって言うね。」

若干どころじゃなさそうだけど、ヒロ(笑)

「じゃあ、そろそろライブに行った方がよさそうですよね。」

「いや、まだ全然大丈夫ですよ、話してても。」

「暑そうだから早い方がいいかな〜なんて。」

と言ってくださったのだが、大ちゃんがお姉さんの夏の予定なんて聞き始め、何とお姉さん、このイベント期間中、ずっとこのステージに立ってるらしい。

ほぼ小学生の夏休み期間だった。

「おぉ!!素晴らしい!!じゃあ今日の感じ、どうですか?いつもいらっしゃった感じ。」

「だから、もうね、びっくりしたんです。お客様お1人お1人がホントにあたたかく迎えてくださって。普通ね、音楽が鳴りまして照明がつくと、ご本人様達が登場されるんじゃないかってふっと息をのむんですよ。で、わぁ〜〜って声が上がって、私が出ていくとあぁ・・・って、言われるんです!!必ず!!

でも、去年もいたね、この人!って言う、あたたかさが。ねぇ。」

その通りです!!!!!!!!!!!

いろんな女性司会者の方も見てきましたが、この人の好感度は高いよ。

「なので私も皆さんに尽くしたいなって気持ちでいっぱいです。」

「尽くし合い。」

「なるほど、今日、ここは尽くし合いがテーマの場所なんだ。」

こんな感じで上手い事まとめてましたが、さっきの発言は既に公式です。

そんな感じで軽くこのイベントに出展してるお店の事なんかもご紹介。

何故なら今回の整理券、このイベント内で100円券として利用できるからなんです。

「焼きそばとか食べたいですよね〜こういうイベントの時は。」

って大ちゃんがお店を見渡すとさっそく焼きそば屋さんを発見。

「あ!!焼きそば!イェ〜イってやってる、お店の人が。」

ってみんなでそのお店を見ると店員さん男性2名が手を振っていた。

「ビール派ですか?なんかワインとかブランデーとかを、こうクルクル回してそうなイメージですけど。」

なんてお酒の好みも引き出しつつ、2人してシャンパンなんて。

「僕はシャンパンか、ワインか・・・。」

「いいですね。イメージが崩れないあたりが。」

だって伝説のホストですから(笑)

そして話題は食べ物にも。

夏のスタミナをつけるのに何か食べてるものは?って言う質問に即答した大ちゃん。

「肉!!」

いや、アナタの場合それはスタミナとかそういう問題じゃありませんから。

それをまたあたたかいまなざしで見つめるヒロ。

も〜〜〜尽くし愛、存分に拝ませていただいております!!!!!

そんな大ちゃんのご要望にお応えするべくお肉関係のお店も多数出店しているそうな。

ヒロは最近は魚を食べてると。鮭とか。

「鯛、どうですか?」

「鯛、大好き。」

って半ば誘導尋問のようでしたが、鯛めしがあると(笑)

この鯛に反応した大ちゃん

「めでたい!!」

もちろん微妙な空気の流れる会場(笑)

「イェ〜〜〜〜イ!!」

またしてもヒロの強引な力技(笑)

「ごめん、今、我慢できなかった・・・。」

とシンセに打ちひしがれる大ちゃん(笑)

大丈夫、ナイトがどうにかしてくれるよ(笑)

と言うわけでいよいよライブですよ。

まずはこの曲からジョイトレ。

赤坂の街に響き渡るヒロの美声。

そして歌い始めたヒロが、どんどん上手に。

ウガァァァァ〜〜〜〜近い!!!!!!!!!!!!!!!!!!

しかもイベント何がいいってさ〜〜〜エコーがかからないんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

ヒロの生声!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

誤魔化しのきかないその歌声にウットリしますよ。

もちろん普通にしゃべってる時よりかは若干かけてあるんだろうけど、そりゃあ歌う用のマイクじゃないですから、しかもミキサーだって簡易的なものですから、全然かかり具合が違うんですよ!!!!!!!!

あぁ、麗しいヒロの歌声!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

しかもステージの上であついって感じにジャケットをバタバタとさせながら歌うヒロの可愛らしさよ。

もう早くジャケットを脱げ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ヒロが客席を結構見てくれて、それも嬉しかったけど、その暑さと戦ってる尖った唇とか、たまに見せるへばった顔とか、もう可愛すぎて死にそうです!!!!!!!!!!

そして続く2曲目はやっぱりWe'll

これはねホントに圧巻だったよ。

赤坂の街にみんなのコーラスがかなり響いていた。

この辺から微妙にヒロが暑さの為なのかキレはじめ・・・。

シンセを弾く大ちゃんに寄りかかりに行ったりと、程よいイチャこらも発揮。

ホントね、サビのところのコーラスはびっくりするほど大きくて、これは初めてこれを聞いた通りがかりの人はびっくりするんじゃなかろうかと。

そしてやっぱり暑さのためか、ヒロ、2コーラス目だったかな?サビのところのラップの歌詞が抜ける(笑)

そしてその事をヤベッ!!って顔をして、ちょっと待ってって感じに手のひらを前にかざしてみたりして。

次のセンテンスからやっと歌い始めたよ。

そんなところも可愛いな〜なんて。

そしてこの失敗が暑さの限界を感じさせたのか、次の曲永遠diveがかかると上着を脱いだ!!!!!!!!!!!!!!!!

待ってました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そして露わになるその二の腕!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

あぁ、あの大好きな筋肉が!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そうなんです!!!!!!!!!!!!

ジャケットの中で袖がたくし上がっていたのかTシャツの袖がまるでフレンチのようになっててね、そのままで良かったのに、ヒロったら袖出しちゃったのよ・・・。

そしてこの永遠ではヒロがめちゃめちゃ壊れてた。

とにかくタオルをグルグル回してピョンピョン飛んで、あのアメリカンクラッカーみたいなハチャメチャジャンプも幾度となく炸裂。

顔もみゅって唇尖らせてクシャってしたり、とにかくキレまくってた。

もちろんシャウトも。

最後の最後までシャウトしてキレまくってたったの3曲でライブは終了。

これで終わり!?って気になったけど、仕方がない。

今日はトークで思わぬ収穫があったからね。

「どうもありがと〜〜〜。これは気持ちいわ〜〜。」

って大ちゃんが言うと

「サウナだな、こりゃ。」

とヒロが汗を豪快に手でぬぐいながら言ってた。

「みんなの顔もいい感じで。」

「この続きは、10倍返しにして明後日、中野サンプラザで。」

「待ってるよ!!」

「お前ら絶対来いよな。」

「もしかしたら今日、画面を見ているみなさん、待ってます。」

とヴィジョンのカメラにアピール。

「みんなおいでよ。そのビルにいる方たちもきっと見てたでしょ。」

と前のビルを指さしてみたりして(笑)

「お仕事お疲れ様〜〜〜。24日来てね〜〜〜。」

「待ってますよ〜〜〜。」

「焼きそば屋さんも24日来てね〜〜。焼きそば屋さん、タオル回してたんだよ。」

「あぁそうだよね。ありがとうございます。後で大ちゃんが焼きそば100個くらい買っていきます。」

焼きそば屋さんタオルをグルグル回して答えてました。

何ともいい雰囲気だったわ〜。

「全部食べちゃってね〜。明後日こんなになっちゃって。」

ってものすごい巨体を表現する大ちゃんにヒロも爆笑。

そんな感じでありがとうを繰り返してここで一旦2人ははけて行きました。

代わりにお姉さんが登場し、この後の段取りを説明。

ここでも

「みなさん汗だくになったのに、お化粧が崩れてない!!」

とか

「お化粧を直すなら今ですよ〜〜〜。」

とか面白い事を言いながら説明。

そんな最中にも後ろではハイタッチの準備が。

そして準備が整って出てきたヒロのTシャツが(笑)

既にグレーの色合いが変わってる(笑)

さっき歌ってた時はここまで酷くなかったのに、一旦休憩したら一気に汗が吹き出してきたんだろうね。

ホントに裾の方だけがかろうじて元の色を残してるだけで、あとはグレーが変わってます。

ハイタッチはあっという間だったけど、ヒロ、大ちゃんの順番でした。

ヒロもだいぶ子供にも慣れたみたいでちゃんと目線を合わせて腰を落としてた。

その腰の落とし方ががに股で可愛いんだよね。

大ちゃんの対応はまさしくミッキーのようだった(笑)

あんなにニコニコし続けられるってやっぱりすごいよ。

ヒロは結構頑張ってたけど、微妙に意識が飛んでた様子(笑)

まぁ、それがヒロのヒロたる所以だ。

ヒロに何言おう!!なんてドギマギしてたんだけど、行かなきゃダメよねって事で中間くらいでいよいよハイタッチに。

はぅ〜〜〜〜〜〜近づいてきた〜〜〜〜。

結局・・・

「ダンス教えてください!!すっごいカッコいいです!!」

って言ったら、ヒロが

「おぉ!!」

って嬉しそうに笑ってくれた♪♪♪

でもヒロが必死のこっちの言う事聞こうとしてくれてる姿にもう惚れ惚れしたよ〜〜〜(感涙)

あのちょっと顔を斜めに傾げる感じ?

あのヒロが超絶好きです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

もうこの時点で真っ白になってたさくら、大ちゃんには何にも考えたなかったから

「追加行きます!!」

って言ったら大ちゃんの方から

「うん。待ってる、明後日ね!!」

って目を見て言われた!!!!!!!!!!!!!!!!!

大ちゃん、可愛い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

心臓バクバクしたまま柵を抜けて終わるまで見届けようと思ってぐるりと回って後方に。

そしたらスタッフの人がこちらは通路になりますのでご覧になる方は中に入ってくださいって言われたの。

え?入っていいの???

って事で前に行ったら、センターの柵のところが空いてて、ここの方が見えるじゃん!って事で策のところにいたの。

そしたらスタッフの人がその柵を順次前に動かしてて、どんどんどんどんヒロとの距離が近づいて行くのですよ!!!!!!!!!

つか、むしろこっちの方がゆっくりじっくり見れるじゃないの!!!!!!!!!!

さっきのライブではあんまり見れなかったからやっと見れてオイシイ!!!!!!!!!!

するとその柵の前をハイタッチ待ちの友人が通過。

さくらさん乙女返りしてたの見ましたって言われ・・・。

羞恥プレイじゃ・・・(泣)

そうなんだよね〜〜、自分はさ、意識がヒロにしか向いてないけどその瞬間を後ろからは見られてるんだよね・・・。

なんつー羞恥プレイなんだ・・・。

悔しいのでそんな友人のハイタッチ現場も目撃してやった(笑)

すると友人が通過した後もヒロだけが何やらぶつぶつ言ってて、何だったんだろう?って思ったら、どうやら友人が「この夏は恋しましたか?」って質問をしたらしい。

それに対してヒロはしばし考え、友人が流されるままに大ちゃんの方へ移動してる瞬間に、

「みんなと・・・恋・・・したよ。」

と答えたそうな(笑)

やっと導き出した答えがこれ???(笑)

さすが脳内蕩けてるけど伝説のホストはいう事が違うわ(笑)

しかし、それを聞くべき友人は既に大ちゃんの方へ(笑)

もうちょっと早く、答えてあげてください、ヒロ・・・。

それがたとえ用意されていた答えだったとしても・・・そこはせめてホストらしく、目を見て答えてあげて!!!!(笑)

そんなこんなでハイタッチもすべて終了し、最後の最後に2人からご挨拶。

「今日はみんなありがと〜〜。」

「愛してるよ〜〜またね〜〜〜。」

最後の最後まで手を振ってステージを後にしたんですが、ここからもう一度チャンス!!!

テントからTBS本社へ歩いて行く瞬間を見ましょうって事で押し寄せてるたくさんの人の後ろからヒロを見ました。

ヒロは両手を上げて手を振りながら歩いて行きました。

あぁ〜〜可愛い!!!!!!!!!!!!!!!

そんな感じで怒涛の赤坂イベントは終了したのです。

はぁ〜〜〜今年も大変だったけど楽しかったな〜〜〜。

 

 

何ともテキトーなレポですまないが特筆すべき公式発表はこういう状況でした。

まるで当然のように言う2人がステキでしたが、アレを聞いたTBS社員はなんと思った事だろうか・・・。

御二方、何ならTBSの非常階段でリアルスキャブルやっちゃってください(笑)

そしてTBSのその取材力でDVD販売してくださったら相当な利益が生まれるかと・・・。

如何でしょう?(アホ)

 

 

 

 

 

 



sakurajun9tion at 19:00│Comments(4) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

この記事へのコメント

1. Posted by むつき   2013年08月25日 20:00
ありがと〜う!!
赤坂サカスレポ待ってたよ!!(笑)その公式発表の全貌を知りたかったよ!!そして堪能したよ!!(笑)
なんだろう…この二人やっぱオモシロイ!!
いつもいつもホントありがとう〜。
遠くにいても、こんな風にして二人の活動を近く感じられるのは本当にシアワセです♪

ってかヒロ可愛すぎる(笑)。
2. Posted by さくら→むつきさん   2013年08月26日 01:11
はってたな〜〜〜(笑)
とうとう公式発表しちゃいましたよ!!!
もう何だってこんなに可笑しいんだろうかこの人達(笑)
少しでも会場の空気が伝わってくれてたら嬉しいです。
今度じっくり話そうね〜〜(ニヤリ)
ヒロを愛でる会ですから(笑)
3. Posted by マユミ   2013年08月27日 22:52
ライブじゃないのにこんなに書いてもらえて嬉しいです(* ´ ▽ ` *)ノ 
想像力全開で読ませていただきました!!

あ〜羨ましいですわ!!トーク中の天然ヒロが見たかった・・・(笑)
4. Posted by さくら→マユミさま   2013年08月31日 17:11
想像力全開で妄想してください(笑)
ホントにヒロの「あつい・・・」な表情は可愛らしかったですよ。
一生懸命頑張ろうとしてる感じとか。
明らかにめげてるんですけども(笑)
司会のお姉さんもなかなかの突っ込み加減で、やっぱりヒロって突っ込まれて何ぼだなと思いました(笑)
愛すべきヘタレ皇子です(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
Archives
livedoor 天気