2013年11月04日

ジェットで来たんやで〜♪その4

・・・終わらせるでぇ・・・。

もうほんとに終わらせるでぇ・・・。

結局舞台も千秋楽になってしまいましたよ。

今頃木月様と霧都の出逢いのシーンでしょうよ。

まぁ、アップするのは舞台が終わる頃でしょうけれども・・・(苦)

ってか、それまでに終わるかな・・・。

と言うわけでいい加減終わらせたいので行ってみよ〜〜〜。

 

 

 

 

 

運命の対決、その日ですよ。

監督と女優が空港に降り立った。

まずはビビットからおもてなし対決。

と、出てきたのは藤山、悠矢親子。

ここもね、漫才なんだけど、ユカイ様が歌ってくれたりと日替わりです。

そしてラストには

「貴方の後ろにオーラが見えます。」

って変な声で言ってみたりします。

これね、三輪さんの物まねらしいんだけど、全然解らん(笑)

1日の日は、

「わしの友達にダイヤモンド☆ユカイって奴がいるんや。」

って切り出して散々宣伝してた(笑)

アルバム、ディナーショーとマジアピールです(笑)

決め言葉は「ギラッチ。」

喜んでいるように見えた監督たちだが、

「僕達日本語解らないんだけど、なんて言ってたの?」

と。

結局何の意味もなかった。

そんな時に現れたダンシング接客の面々。

ここでまたしてもかっこよく踊ってくれるんだけど、いや〜〜松下君、マジでうまいよ。

全然別格。

途中からは女優を引っ張り出してのダンスになるんだけど、女優役の人はダンサーさんなので一気に雰囲気が変わるね。

別に他の人だって言うほど下手な訳じゃないんだけど、つか、バニラのメンツの方が下手な人多いんだけど、松下君が別格なんだろうね。

そしてこのダンシング接客をめちゃめちゃ喜んだ監督はいろいろ質問をしたかったんだが、影規達も韓国語が解らず、質問は日本語でお願いしますと言って監督達を怒らせてしまう。

そこへ登場した木月様率いるバニラの面々。

「それでは是非、バニラへお越しください。クラブバニラは真心接客。ホスト達があなたを、韓国語で甘く酔わせます。」

と始まった冬ソナっチックなメロディー。

ここから木月様オンステージですよ(笑)

「クラブバニラです。ここからは字幕付きでお楽しみください。」

と言っていきなり韓国語でしゃべりだす木月様。

もちろん字幕出てます。

が、申し訳ないが私、このシーン字幕全く見てません!!

つか、見てる暇がないんです!!!!

この辺はまだ余裕があったけど、この後の内容を詳しくは説明できないのであしからず。

ここではようこそ的な挨拶をしていましたよ。

そしていきなり歌い出す木月様。

ここは日本語でした。

「♪貴方の笑顔の為ならば、僕はなんだってする。ゲストに尽くすのがホスト。」

こんな様な内容です。

で、ここで歌いながら階段を下りてくるんだけど、隠し持っていたストール登場。

ヨン様です!!!!!!!!!(笑)

ヒロは水色?のストールを巻きだします。

もちろん他のホストも全員ストールを巻いてヨン様へ。

そしてそのまま歌いながら下のフロアまで降りて来て、木月様の歌のラストのところで胸から出したメガネを、メガネを、メガネを・・・・

 

かけた〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

ギャァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

メガネヒロ、キタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ヨン様スタイル完成です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

めっちゃかっこいい!!!!!!!!!

やってる事アホだだけどめっちゃカッコいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!

どうやらこの瞬間に他のホスト達もみんなメガネまでかけてヨン様スタイルになっていた模様。

はい、全く見てません(笑)

会場からは爆笑と拍手が。

そしてそのまま下手前にスタンバった木月様。

ここからは他のホストがいろんな女優たちを韓国語で口説くシーンが続くんだけど、これもまた見てません。

何故なら、下手に入った木月様、そこで踊り出したのです!!!!!!!

手を胸の前で組んで横揺れ8カウント、手を顔の横で開いて横揺れ8カウント、そして何かを求めるように手を交互に挙げて8カウント。

これをずっと繰り返してるんだけど、その姿がめっちゃ可愛いの!!!!!!!!!

そりゃあもう、他なんか見てる余裕ないでしょ。

しかもあのヒロですからね、横揺れが滑らかなんですよ!!!!!!!!

エロくはない。

あの腰づかいではないけど、優雅な横揺れですよ。

何だろう、あのアホな事をやってるのにどこか品位が漂うのは(笑)

もうね、ずっとヒロしか見てなかったから全然気づかなかったんだけど、ラストの日は心を鬼にして他を一瞬だけちらっと見たのね。

そしたらどうやらセリフをしゃべってない人はみんなこの踊りをしてた模様。

ヒロだけじゃなかったのね。

そのくらいヒロ以外見てない自分って・・・。

初日だったかな?

ヒロの横でセリフを言う人たちがいるんだけど、その人が女優をお姫様抱っこするのね。

その足が正面を向いて優雅に踊っていた木月様にぶつかったらしくて、一瞬おっとって顔になってたのもまた可愛かった。

って言うか、そのに誰がいたのかすら全然記憶にない、正しくは見てない自分(アホ)

多分ホスト全員が女優たちを口説いたんだろうね。

ラストは木月様まで!!!!!!!

って、字幕を見てないから何言ってるか解らないけど(笑)

右手を差し出して女優の手を取り、詰め寄りながら口説く姿は、もう言葉が解らなくても昇天ものです。

何だって無駄にカッコいいんだろうか、あの男は!!!!!!!!!!!!

口説きながらセンターへ入ってきた木月様、するとその横には霧都が、有名監督に韓国語でアピール。

この監督がちょっとオカマっぽいんだよね。

で、霧都が口説いてるその逆サイドから木月様も華麗にエスコートなんてするもんだから、監督もメロメロ。

罪作りな男だよ、マジで。

するとラストは甘王が、

「甘王、ヤッポジマ〜〜!!(多分なめんなよ〜って事だったと・・・例によって字幕見てません)」

するとみんなも一緒に

「甘王、ヤッポジマ〜〜!!」

これを何回か繰り返してましたよ。

これ甘王が言うのをまねして言うんだけど、その度に木月様も決め顔で言うもんだからもう!!!!!!!!!!

そして霧都が監督にこれがバニラの真心接客です的な事を韓国語で言うと、感激した監督は木月様に思いのたけをべらべらとしゃべるんだけど、それを聞いている木月様が何とも優しい目でね〜〜〜。

きっと金髪にもあんな目、してんだろうな〜〜このヤロー!!!!!!!!!!!!

そしてとうとう監督の口から勝者はバニラだという事が告げられると、木月様も大喜び。

ホスト達とハイタッチしたり抱き合ったりするんだけど、ここね、もうホントに年齢を感じさせない一体感。

つか、ヒロが可愛すぎるからいかんのだ。

1日の日は片足あげてバンザ〜〜イって感じに喜んでたよ(笑)

すると藤山が腹立つと言って帰って行くんだけど、そのタイミングで木月様、メガネ取っちゃうんだよね〜・・・。

ストールはヨン様巻きからただ垂らすのに変更です。

ヤバい、これもかなりいい男。

てか、ヒロってホントにブルー系、似合うよね。

そして勝利を手にした霧都に影規がおめでとうと。

3度目はないぞと笑う。

と、ここで監督から新たな発表が。

この映画のライバルのホスト役を一人、決めたいという事。

はい、来ました〜〜ランキングのお時間ですよ〜〜〜。

ざわめくホストの面々。

俺にもチャンスがあるって事かよって感じにわたわたしてると、それを見守っている木月様はいろんなホストの背中を叩いて頷いたりと、みんなを励ましてくれてます。

この辺の優しさがね〜〜。

ここはマジでリアルだからさ。

お芝居の一環なんだけど、これからリアルにその日のランキングが発表になるからさ、ヒロもみんなに頑張れ!!って感じになるんだろうね。

で、ランキング発表に移る前にヒロは退場するんだけど、ここでも必ず最後に霧都の背中を励ますようにポンポンと叩いてから退場するのよ。

も〜〜〜木月様ったら!!!!!!!!!

舞台上にはホスト14名と、ランキングのメモを貰った甘王だけが残ります。

ランキングは1位から7位、呼ばれなかった人が本当の死神7確定です。

と言うわけで7位から発表されます。

発表されるとその人はセンターに出て来てお辞儀をします。

そしてスタッフがトトトと走って来て順位の書かれたバッチを渡します。

順々にランキングが発表されていき・・・

これね、1日の日はかなり番狂わせがあったのか、3位になった翔君は

「お前、大丈夫か?もう泣いてんの?」

と甘王に言われていた。

多分こんな上位に初めてなったのかも。

そしてこの日は

「今日のNo.1ホストは!!」

って甘王が言った後、ヒロ君の隣の人がヒロ君の手をさっとあげさせたんだよね。

そしてヒロ君も自分がNo.1になったみたいにピョンピョン飛んでみせて。

それを見た会場から早くも拍手が(笑)

「やったぁ!!」

ってヒロ君も言ったりして。

それを見ていた甘王が笑いながら、

「ヒロ、お前、今日は13番や。」

ってランキングを発表したんだよね。

そしたらヒロ君、驚いた顔して、

「ウソ!!」

って。

周りもえ!?って顔してたから、多分ホントにダントツでびりなんだろうね・・・。

この日はさくらもヒロ君につぎ込んだので(笑)ちょっとは力になれたかな。

神7にさせてあげられなくてごめんね・・・。

そしてそんな驚くヒロ君をよそにさらに甘王

「14番龍我や。」

とランキングを発表。

すると龍我君項垂れて言わなくても・・・ってなってた。

そうだよね・・・。

って、これを見て、裏では完全に全部の順位をみんなが見てるんだな〜と思った。

エグイはな・・・。

そんな訳で1位が発表され、ここからレビューですよ。

ホスト達が順位ごとに決められたポジションにつき、死神7は後ろに一列、1位がセンターに、2位から7位はサイドに半分ずつ。

,判颪れたでっかい中開の板が現れ、そこへNo.1だけが入り、衣装チェンジ。

白のスーツに宝塚でおなじみのあの背負う羽ですよ。

これをまとって再び登場です。

そこでNO.1だけが歌います。

曲のタイトルは解らんが、No.1のメインテーマなのか?

てかね、自分ここの振り覚えてもうた・・・。

そしてこの曲が終わると「愛をなめんなよ〜。」って言う曲?

ここでは神輿が客席中通路から現れてそれにNo.1が乗り、会場前を練り歩きます。

今度はNo.1は、兜を付けます。

2位から7位はそれぞれの順位の書かれた旗指物を渡され、No.1の神輿の後に続きます。

そして死神7は死神7と書かれたランニングを・・・。

哀しすぎる・・・。

神輿に乗ったNo.1はそこからカラーボールを投げるんだけど、アレって何か入ってたのかな???

初日は神輿の後、壇上に戻って来てから投げてたんだけど、時間的都合か、次からは神輿に既にボールが仕込んであって、乗った瞬間からポイポイ投げてました。

そしてNo.1の「出陣〜〜」って掛け声で2位から7位までのホストが客席を駆け回ってくれるんだよね。

1日は通路だったので、めっちゃ頑張ってたんだけど、咲夜くんが走って来てくれたから期待してたんだけど、誰だったかな?違う通路から上がってきた別のホストと二人でハイタッチとかしてて、こっちには見向きもしてくれなかった・・・。

目の前だったのに!!!!!

そんな咲夜くんに振られた後、隣の通路から駆け上がってくる山本君を発見。

一瞬反対側へ曲がろうとしてたんだけど、誰かとぶつかって方向チェンジ。

コッチに走って来てくれた!!!

良し!!と思って手を出したが・・・速いよ!!!!!!!!!!!!!!

何であんなに俊敏なんだ!!!!!!!!!!!

やっぱり若いからか?

とにかくものすごい勢いで駆け抜けて行って、触れませんでした・・・。

アレがヒロだったら絶対あんなに速くないはず。

ホントね、びっくりするぐらい速かったよ。

ステージに上がるには両脇?上下センターあたりに階段があるんだけど、この日の山本君は走って行って、階段のないところから横向きに飛び乗ったの。

これめっちゃかっこよかった!!!!!!!!!!

さすが若いって違うね(笑)

そして舞台に戻ったNo.1は刀を渡され左右から出てくるホスト以外のキャストとチャンバラします。

もちろんヒロも出ます。

ヒロは上手から。

ここでもヒロ、楽しそうだし(笑)

ヒロは毎回、一回切り込んで霧都に払われ、刀を飛ばし、真剣白羽どりをしようとするんだけど、「アレ???」ってタイミングが合わず頭かち割られてます(笑)

そのまま霧都に切り付けられ、あれ〜〜って感じにその場をどきます。

そしてどいた後、落とした刀をヒロってまた順番待ちって感じ。

出てきた人はそのまま左右に待機してて、その後も順番でグルグル霧都とチャンバラします。

もうね、ヒロ、マジで楽しそう。

そして可愛い。

やられた〜〜って感じにくるくる回るんだよね。

そしてはけて行く時もなんか一人だけ遅いし(笑)

初日はラストに一人だけ残っちゃって、刀を頭上でクルクル回しながら中腰でスタタタタってはけて行ったの。

もうね、アホすぎて可愛い!!!!!!!!!!!!!

そしてそんなチャンバラが終わると、ホストは順位ごとに決められたポジションにつき、センターにシャンパンタワーが出てきます。

そこにNo.1、そして左右にハの字がたに2位から7位、舞台前っ面に死神7と並び、セリが上がって行き階段状になって行きます。

ラストはNo.1が一言言って、レビューは終了。

舞台は暗転しますが、頭上のモニターに本日のランキングが7位から映し出されます。

そして話のト書きのようなものが現れ、その後の展開に。

バニラを辞める霧都の独白から入り、舞台はバニラへ。

希が木月の店へやってくる。

「お客様、ご指名は。」

「貴方。」

そして理代さんも、相変わらず辛口コメントのホストぶった切りを書いている。

ビビットは閉店が決まった。

ホストが全員辞めて立ち行かなくなったらしい。

ここで初めて木月のホストらしい一面が。

希を接客する木月の姿がね〜〜〜。

さすがナチュラルホストだわ(笑)

何ですか、あの全然普通ですけど何か的な雰囲気は!!!!!!!!!!

さすが20年越えで金髪をエスコートしてきた男は違うよ(笑)

店の感想を聞く木月に希はバニラは歌舞伎町No.1のホストクラブだと答える。

その答えに目頭を熱くする木月。

「貴方がいつかこの店に来た時に、素敵な店だと思ってもらえる、その一心で今までやってきました。」

そう答える木月。

結局この2人、そういう事なのね〜〜。

ホントヒロって一度別れないと解らない男だな〜〜(笑)

まさか、ここ、当て書きって事はあるまいな・・・鈴木おさむ恐ろしや・・・。

そして最大のキュンキュンポイント!!!

帰ろうとする希を見送る木月なんだが・・・

「轟様、いや・・・希。」

ギャァァァァァァッァァァァァァァ〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!

いきなり男に変わったよ〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これね、1日の日の席が調度希ラインでね〜〜。

もうマジでヤバかった。

はい、私、希ですって言いたいくらいヤバかった(アホ)

つか、あんな人畜無害そうなオーナースタイルから一気に男に変わるその落差がたまりません!!!!

で、その後にはまたしれっとオーナー然として

「ありがとうございました。」

って言うのよ。

もちろんそこにはいろんな意味のありがとうが込められていて、男の部分もあるんだけど、それをぐっと穏やかにオーナーの顔に戻るって言うのが、もう!!!!!!!!!!!!!

バカ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

一瞬垣間見せる男の顔に伝説の神髄を見ましたよ!!!!!!!

何だってこんなにいい男なんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

あの一言で、プライベートでは・・・って想像させるだけの何かがあるのよ!!!!!!!!!!

クソォ〜〜〜〜!!!あんなふうに金髪は呼ばれてるのか!!!!!!!!!!!

って、金髪の前では大抵犬っころみたいだがな(笑)

でもそれがある一瞬に男になるのか〜・・・ムフフフ♪♪♪

とにかくしんみりしたシーンなのに、心臓バクバクです(アホ)

そんな希がバニラを出るとそこには影規が。

再びNo.1を目指して旅立つと。

そしてビビットの面々も。

それぞれが自分の道を目指して再び別れて行く。

そして店を辞める霧都。

「これが今月の売り上げだ。」

と残りの120万を手渡され、

「木月さん、本当にありがとうございました。」

それを見守る優しい眼差しの木月。

するとバニラの面々が霧都を見送りにやってくる。

「みなさん、短い間でしたけど、本当にありがとうございました。」

そう言って頭を下げる霧都に、木月が肩を叩き一言。

そしてそのままみんな去って行くんだが・・・。

ここの一言が(笑)

毎回ヒロのアドリブです(笑)

初日は確か、

「またな。」

だったかな?

26日の日は

「頑張れよ。」

だったと思う。

で、次に続く甘王が木月の真似をして木月に殴られるって言うオチだったんだよね。

それが多分ヒロのアドリブ魂に火をつけたらしく、いつからか甘王に対しての振りに変わったらしい。

この日も

「それじゃあ、今日は、甘王が人生で2番目に大切な事を教えてくれるぞ。」

って(笑)

もちろん直前にいきなりこんな事言われるわけで、こっちも瞬発力で返すしかなく。

「・・・生きろ。」

それを聞いてさぁいくぞって感じに手をあげる木月。

そしてバニラの面々はみんなはけて行くんだよね。

なんかここ、2日?3日?の公演では甘王にやり返されたらしいね。

「木月が一番大切な事を教えてくれるぞ。」

って言われて木月様、ズズイと前に出て

「もちろん・・・愛だ。」

って答えたらしい。

見たかった・・・。

一方ビビットでは藤山と悠矢だけが残っていた。

もうやだと言い出す悠矢。

こんなものと藤山の持っているヨウキャク百技伝を奪おうとすると、藤山に怒られ、そこで初めて本当の事が明かされる。

実は悠矢は藤山の子供ではなく、大甘王の子供だった。

藤山は大甘王から悠矢の教育係としてつけられた男だった。

そのため跡取りとして大甘王の意思とでも言うべきヨウキャク百技伝を悠矢に教え込まそうとしていたのだった。

が、そんなヨウキャク百技伝がいつの間にかなくなっていた。

慌てる藤山。

実はそれを盗んだのは流星。

流星は咲夜に言われこの本を盗んでいた。

咲夜結構腹黒いです(笑)

咲夜はこの本をもとにNo.1ホストになり、一花咲かせようとしていた。

咲夜はこの本をもって故郷の福岡へ姿をくらます事に。

それについていく同郷の流星。

一方病院に辿り着いた霧都。

何故かベッドには藁。

そこに甘王から電話が

「お前の兄ちゃん、おらんやろ。」

何と霧都のお兄さんは病院を抜け出して福岡でホストをやってるらしい。

愕然とし、困惑する霧都。

全く持って不可解なオチだが、

「以上〜〜〜〜!!!舞台版私のホストちゃん、クラブバニラVSクラブビビット編は、ここまで〜〜。第2章、決闘、福岡中洲編に続く〜〜〜〜!!!!!!かも〜〜〜。」

って事で本編は終了です〜〜。

ここからカーテンコール。

キャストが次々と出て来てご挨拶。

1日のヒロファンの多さにマジでビビった・・・。

ほとんどヒロファンじゃないの・・・ってくらいいた。

そしてラストまたメインテーマ?を歌います。

そして後ろで微妙に踊るヒロ。

笑顔で可愛いんだよね〜〜。

隣の希さんとたまになんか話したりして。

26日の日かな?拍手しながらお辞儀してたの(笑)

木月様ったらチャーミング(笑)

ここで太客ランキングの発表があって、舞台は終了です。

 

 

 

と言うわけで、1日に行われたアフタートークの模様をもうちょっとだけ・・・。

お時間のある方はお付き合いください(笑)

次へ、続く〜〜〜〜!!!!かも(笑)

 

 

 

 



sakurajun9tion at 15:21│Comments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | Hiro's 舞台

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
Archives
livedoor 天気