2014年02月16日

拝謁してまいりました

行ってきましたよ。激突。

取り敢えず、今日の席、油断できん席でビビった…。

そして閣下に撃ち抜かれた♪

ヤバい、閣下がかっこよすぎる(*> U <*)

つか、今回閣下のみを見たと言っても過言ではない。

閣下の「ファイエル!!」の破壊力にマジでヒャァ!!ってなった。

もうこの閣下に会えないなんて考えられない(ノд<。)゜。

閣下〜〜〜〜!!

自分がやっぱりラインハルト様を激烈に愛していることを痛感した舞台だった。

そして以外にもムライにトキメク!!

ムライがいたよ〜!!

大澄さんも良かったけど今回のムライがかなりムライ!!

オチャメなムライ!!

でもちゃんとムライ!!

やるな〜って唸ったわ。

あとはやっぱり同盟宴会部長の中川ポプランの存在感。

あの人の存在感は半端ない。

ちゃんと泣かせて笑わせてくれたわ。

残念だったのはやっぱりロイとユリアンかな…。

ユリアンのあの可愛さはなかなか難しいものがあるのかね。

悪くはなかったけど、いまいちもの足りず。

単に好みの問題かも知れんが。

存在感が希薄な気がしてならんです。

そしてロイは…う〜ん…。

脚本の問題も多分にあるんだろうけど、とにかく暑苦しい…。

野心前面にギラギラし過ぎてちっともスマートじゃない。

ロイの複雑さが全く描かれておらず…。

反逆しますよフラグが半端ない(笑)

期待していたルビンスキーの出番はあまりにもあっさり。

ケッセルリンクミカシュンの死に様は見事だった。

やっぱり増澤さんの胡散臭さはたまらなく好きだ(笑)

マリネスク伊藤氏は今回はオチャメなオジチャンだったよ。

この人も安心するね〜。

あ、ヒルダも♪

やっぱりこの人が自分にとってはベスト。

女らしさを前面に出さないのがいいわ〜

フレデリカも可愛さ満点♪

今回は両陣営共にラブ展開があったけど、これもまた対照的でよいわ〜。

オベの御意の回数が格段に減っていて残念だ。

そもそも出番、言うほどないしな。

とは言え舞台上では常に閣下の傍らにいて、お前寝てんのか?つー感じの細目で睨みをきかせている(笑)

この二人の佇まいは安定感がありすぎる(笑)

そんな舞台だったんだがカーテンコールではうって変わって和やかムード♪

みんなが肩を組んで歌うところで、センターからじわじわと肩を組始めたんだけど、一番上手側のマシュンゴが気付かず、真面目に正面を向いて歌ってた。

隣のミカシュンがマシュンゴ〜って感じに何度も伺ってるのに気付かず(笑)

その波がだんだん伝わってムライくらいまで4、5人がマシュンゴをチラミ(笑)

が、マシュンゴ気付かず(笑)

それを見てた客席の私達もマシュンゴ〜って気付かせようとすると舞台上の役者も一緒になってマシュンゴに熱視線(笑)

結局ミカシュンがマシュンゴをつついてやっと気付いたマシュンゴとも仲良く肩を組めましたとさ(笑)

あの瞬間の演者と客席の一体感(笑)

あとは今回はフレデリカとめちゃめちゃ見つめあいました(笑)

見つめあったまま歌っちゃいました。

前回はヤン提督だったんだが…何故に同盟の人ばっかり…。

例のソロの部分、閣下の心細そうな歌声もだいぶ自信を持てたようで。

それでも必ずヒロがお兄ちゃんな感じに見守ってるのが微笑ましい。

ホントに仲がいいです。

2度目のカーテンコールでみんながわらわら自由に出てきた時、何故か1人だけ2列目に加わる閣下。

あなた主役ですよ〜って思ってたら出てきたヒロがまみんをキョロキョロ探して、あ!って感じに指差して笑ってた。

仲良しすぎる(*´∀`*)

みんなで手を繋いでお辞儀の時、下手からポプラン、オベ、ミッターって並びになってて、ポプランがお辞儀をした時に手をめちゃめちゃ後ろに挙げてて、それに乗っかったヒロがさらに垂直くらいに手を挙げてて、隣のミッターが技かけられたみたいになって痛がっていた(笑)

それを見てニヤニヤしているオベの可愛さ♪

カーテンコール、今回はぞろぞろと全員出揃ってから端から何人かずつ前に出てお辞儀という感じになってたんだけど、出てくる時、下手の人は上手から、上手の人は下手から出て交差して行くんだけど、その時閣下、ハイタッチしてた。

それに続くオベヒロもハイタッチ。

何だろう、和むわ〜〜〜。

とにかく芝居を離れた後の閣下が可愛すぎる!!!!!!!!

アレは反則ですわ。

で、列に並んだあと、順々にお辞儀をして行く時に隣同士に並んだヒロとまみんがまたしても仲良くニコニコしておった。

ヒロがまみんのお尻をポンと叩いたりして、まみんがなんですか、もぉ〜って感じに笑ったりして、この主従、可愛すぎる!!!!!!!!!!

あとバラバラ出てきた後のカーテンコールで中川さんとヒロがたたえ合ってるのも微笑ましい。

なんたって両陣営の宴会部長ですからね(笑)

この2人が揃ってると安心して宴会部分が楽しめる(笑)

今回の歌のところでも日替わりの掛け声らしく、本日はユリアンだった。

ビバ、デモクラシー!の掛け声。

そこからの大合唱はやっぱり圧巻ですな。

そしてもちろん響くヒロの高音(笑)

サーチンも男性陣の2コーラス目はホントに豪華すぎるしね。

ミュージシャン2人にミュージカル俳優なんてそりゃあまみんも気の毒に(笑)

 

 

取りあえずキャストに関してはこんな感じですかね。

あ、シェーンコップは・・・やっぱり岩永さんが自分的には好みでした。

今回の方も悪くはないんですけど、年齢的には今回の方がはまってるんですけど・・・やっぱり男としての色気が・・・岩永さんの方が自分好み・・・。

とは言え、お芝居的には最後のヤンをたきつけるシーンなんかはイメージ通りで全く不満もないんですが・・・。

岩永さんで見たかったですわ・・・。

いや、岩永さんのも見たかったですわ。

欲張りなんですよ、えぇえぇ。

 

 

今回、あんまり感想らしきものが出てないのはそういう事だったのね・・・と思うような感じで、一言で言うと感想を言えるような出来ではないというのが本音かしら(苦)

これが最終章だなんて・・・。

全然前篇の方が盛り上がってましたよ・・・って感じだった、申し訳ないけど・・・。

問題のキャストについてですが、はなから期待もしてなきゃ出来るだけ脳内から削除出来ますようにって願っていたからなのか、言うほど出番もなかったので腹立たしくて話がぶち壊しって感じにまではならなかったわ。

まぁ、完全に見てませんでしたし、記憶からソッコー削除してましたけど(笑)

とは言え、新たに加入した2人に関しては気にはならなかったし、きちんと空気を繋いでいた感じはしました。

問題の2人ですが、今回に関してはミッタはかなり頑張ってた。

ビッテン具合はまだまだ拭えなかったけど、それでも帝国の空気をぶち壊してお話にならないって感じではなかったし、まぁ及第点、許容範囲ぎりぎりだとは思うけど、双璧感も出そうとしているのは解った。

今回に限ってはロイのキャラ設定が微妙な台本だったって事もあって、なんだかミッタがひたすらロイを心配しまくってましたが(笑)

それが良い感じに双璧感につながったのかも知れないね。

カーテンコールの時でも周りの方との輪を気にかけてる様子も見えたし、前回のようにふんぞり返ってって感じじゃなかったので、ヒロもまみんと同じように接してるように見えた。

ちゃんと帝国軍の一員になってた感じはしたかな。

が、もう一方の人は・・・やっぱり勘違いも甚だしいのね・・・。

この人、やっぱり根本的にダメなんだろうな。

今回もセリフは聞き取れず。

こっちがそれに慣れたのか、それとも脳内削除機能が向上したのか(笑)

脚本的にも重要な事はしゃべらせてない感じだったしね。

最初の方は戦術の事とかもしゃべるセリフがあったけど、後半に行けばいくほどモブの1人となり下がって行った・・・。

今回のお話にアッテンは存在しなかったわ。

そういう意味では無理に重要な事を大量にしゃべらせないようにした脚本に感謝だけど、アレは明らかにアッテンではなかったな・・・。

まぁ、アッテンは存在しなかったんだねって折り合いがつけられるからそれはそれでいいか〜みたいな。

脳内で別のアッテンがきちんと艦隊を率いておりましたよ、えぇえぇ。

そっちの方がよっぽど幸せでした。

アンサンブルのうちの1人くらいの比重でしかなかったわ、申し訳ないけど。

脚本に関してはね・・・まぁいろいろと・・・アレはないわな・・・って感じではあった。

演出もって感じかな。

正直、初見でアレはきついと思うわ。

話が全然繋がってないから。

小説読んで理解してそれから脳内補完しながら見る舞台って言うのが正直なところ。

激突ってタイトルなのに肝心の激突部分が全く激突してないし・・・。

いらないシーンをぶった切ったらもうちょっとそっちに尺を裂けたはずなのにな〜(遠い目)

話を知ってる自分ですら、え!?もうそこ!?って思う展開だったって事は全く知らない人にしてみたらこれって何?の次元だったに違いない。

これから見る方は何かしらの予備知識を入れて行った方がいいと思われます・・・。

それってどうなの・・・?とは思うけど・・・。

一応開演前には前回同様、アンサンブルの方がロビーなどで説明してるので早目に行ってそれを聞いておいた方がいいかも知れん。

それでもハテナが飛ぶこと間違いなしだけど・・・(苦)

取りあえず閣下の美しいファイエルを拝んでいただければ(笑)

あぁ〜〜閣下、カッコいい!!!!!!!!!

閣下に見下された瞬間は最高に幸せでした(アホ)

 

そんな感じでかる〜〜く感想でした。

あくまでも個人的主観なのでね。

 

あ、そうそう、本日の昼の回に来れなかった方は他の日の公演に振り返る事が出来るらしいよ。

詳しくはHPに載ってるのかな?

もしチケットあったけど、雪のせいで行かれなかったよ〜〜って方がいらっしゃったら問い合わせてみてくださいませ。

 




sakurajun9tion at 03:07│Comments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | Hiro's 舞台

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
Archives
livedoor 天気