2014年05月11日

打ちあげちゃうよ〜 その2

今日も頑張りますよ、えぇえぇ。

なんか久し振りにめちゃめちゃ打ってますよ(笑)

むしろこれが仕事みたいな・・・(苦)

そんな訳で昨日の続きをね。

それじゃあ、行ってみましょうか〜。

 

 

そして次のメールはヒロに。

「ヒロはパーマ似合うんで、自信持ってください。あははは。なんだ意味が解んないな。」

「Sなメーッセジですね。」

「あ〜なるほどね。」

いや、今回、パーマか???パーマなのか???ってくらいかなり巻いてたもんね。

私も知らなかったら騙されたよ、きっと。

まぁ、ホントにパーマも度が過ぎなければ似合うんで、自信持ってくださいって感じだけど。

この人の場合、突き抜けちゃうからね〜〜何事も(笑)

「気が向いたらかけるぜぇい。」

「僕、かけちゃったりしてね。解んなくなっちゃって、アラ〜〜〜???みたいな。」

「アハハハハ。」

「夏のツアーで。」

いや、アナタ、パーマよりも植毛を・・・(泣)

そういう意味でのアラ〜〜???ならいくらでも大歓迎なんですけど。

もうさ、みんな解ってるから、増やそうよ。

増えたね、増えたねって思っててもみんなあたたかい目で見守ってくれるから。

むしろ喜んで応援するから。

だってさ、ライブ後半とかスクリーンに映った時に結構ヒヤッとする事ありますよ。

だから最近帽子を多用してるんだろうけど、その帽子だってみんなファッションよりもそう言う意味なんだな〜〜ってうっすら思ってるんだから、もうここは観念して、堂々とやったらいいよ。

そう言うドSっぷりを見せたらいいよ。

マジで切実・・・。

次のメールはトライアゲインの事。

「これはもう、ホントに、あの〜〜素晴らしいバージョンをね、また大ちゃんに作ってもらって。」

「こ〜〜れはね、ある種『S』なアレンジだよ。」

「ね。」

「だってもともとミディアムのさぁ、すごいしっとりした曲なのにさ。EDMであんなに、チャラッチャラにしましたからね。」

「そうだよね。えぇ。最初はだから僕、トライアゲインをちょっと歌いたいんだって、なんかそのままスルーされちゃいそうな感じもあったんだけどね。あははは。」

「あははは。」

「でもちゃんと大ちゃん、リハーサル始まったら、」

「そう。アレ、なんで?」

「作って来てくれたから。」

「何で思いついたの?トライアゲイン。」

「やっぱトライアゲインのメッセージが、すごく今、歌いたかったんだよね。少しだから、こう・・・アップ目な気持ちで。それをミーティングの時、大ちゃんに言ったんだけど、ふ〜〜〜んって(笑)」

「だ、だ、だぁ〜〜ってさ。」

「あはははははは。」

「まぁいい。今日打ちあげスペシャルだから。だってトライアゲインを速くしちゃったらさ、ちょっとギャグになっちゃってもいけないって、」

「あ、大ちゃんなら大丈夫ですよ〜。」

「で、いろいろ悩んで、僕ん中でもちょっと考えさせて欲しいな〜って。」

「そうだよね。」

「なんやかんや結構時間かけたよ、アレ。」

「結構大ちゃん時間かけたよね。」

「形にするの。」

「えぇ。」

「で、気付いたら、結局原曲よりもテンポが遅かったんですけどね、アレね。」

「うん。」

「うん。」

「そそ。いい感じですよ。」

「ね、どうだった?パッと聞いて。」

「あのね、何故か、何故かじゃないかも知れないんだけど、すごく歌いやすいんだよね、あの曲。」

「あ、ホント。」

「あのアレンジ。」

「うん。」

「キーもやっぱり、トライアゲインって特に高い方じゃない。何だけど、すごく歌いやすかった。」

「あ、ホント。」

「うん。」

「さ、その、トライアゲインもですね、さっきちょっと言いました7/9リリースのニューシングルに、」

「数日後に歌入れしたいと思います。はい。」

「そうだよね、覚えてるうちに。」

「はい。」

「このテンションの『S』モードのうちに歌っておきたいですよ。」

「そうですよ。はい。だから集中力がそのまんま続いてますよ。」

仲良しだな〜〜。

こういう裏話も聴けると嬉しいよね。

前はさ、なんかヒロの意見ってどこにあるの???って思う部分もあったんだけど、最近はこうしてヒロ発信の事もたくさん見えてきて、ヒロが遠慮なく大ちゃんにいろいろリクエスト出してる様が微笑ましいというか。

前だってそうだったのかも知れないんだけど、ことサウンドの事に関しては大ちゃんにお任せな感じがしてて、それこそヒロがこういう歌いいなっていう事の方が珍しいというかね。

だからコースターの裏にいきなり音符書いたとかそういう事がものすごく特別な気がしてたんだけど、実際はこうしてちゃんとお互いにやりたい事言ったりしてるのよねって言うのが解ると嬉しいものですよ。

まぁ、2人のユニットだからもちろん前からだってこんな事はたくさんあったんだろうけど、今まではそう言うのが見えなかったからね。

ここ最近本当に2人のこういう雰囲気がいいな〜って思うんだよね。

多分ヒロの性格的な問題なのかも知れないんだけど、どうしても大ちゃんを立ててるので、何でも大ちゃん主導に見えちゃうんだよね。

実際は大ちゃんだって相当ヒロに影響を受けてるんだろうけど。

何と言うか、大ちゃんもこの頃甘え方が上手くなったのかな?

それだけヒロが頼れる男になったって言うのも大きいんだろうけど〜〜♪

やっぱり結局はどんだけイイ男なのよって話(笑)

そんな訳で次のメール。

リアルタイムね〜〜〜。

羽衣みたいにってホント天女ですからね(笑)

そんなメールから次の曲、もちろんリアルタイムです。

この曲、ホントいい曲なんだよね。

私も大好きなんだけど、ホントに稀にしかやってくれないからさ・・・。

でも今回のツアーで証明されたけど、これからはこういう曲も歌っていくべきです!!!!!!!

もちろんこうして昔の原曲を聴いてもヒロのエロさっていうのは滲み出てるんだけど、やっぱり若いというか、どこか青いというか・・・。

でも皆さんも目撃したと思いますが、今のヒロがこの曲で魅せたあの妖艶さ!!!!!!!!!!!!

今こそ、歌うべきなんですよ!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

同じ歌詞なのに、そこに込められる想いがよりリアルに、よりセクシャルになってるじゃありませんか!!!!!!!!!!!!!!!!!

あの全身から放たれたエロ光線。

この曲を最初に聴いた時に想像出来ましたか?

もちろん当時だって当時なりのエロさはあったけど、ここまで濃密なエロを醸し出せるようになるなんて!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

マジであの瞬間、空気が変わったもんね。

歌声や表現方法ももちろんだけど、あのパフォーマンス!!!!!!!!!!!!!

何と言うか、余裕のようなものが。

こっちを弄んでる感が半端ない。

ホント、最近思うんだけど、今のヒロは自分からは行かないよね。

何と言うか、誘っておいてスッと引くというか、その絶妙なタイミングがヤバいんですよ。

昔はさ、押しの一手みたいな感じで、ついて来いみたいな感じだったんだけど、若い頃はそういうのが強引でいい!!!なんて思ってたし、どこかしらきっと攫われたい欲求みたいなのがあるんだろうね、そこに見事にはまってたんだよ、ヒロは。

だけどやっぱりそれなりに歳も取ってくるとさ、ただただ突っ走るだけって言うのは疲れてしまうじゃないですか。

純粋じゃなくなったのかも知れないけど、駆け引きのようなものがたまらなくゾクゾクする感じなんですよ。

そこをまた見事についてくるんですよ、この男は!!!!!!!!!!!!!!!

一体、誰がこの男をこんなイイ男にしたんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

そしてこのタイミングでこの歌をあんなアレンジで歌わせる大ちゃんの凄さ!!!!!!!!!!!!!!!

ホント、良く見てるし、よく解ってるし、よく操ってるとしか言いようがない。

絶対、今、歌わせるべき!!ってところを外さないよね〜〜〜。

何年か前も、あと全曲ライブの時ももちろんこの歌は歌ったわけだけど、その時はこんなにエロくなかった。

もちろんこの曲の持つエロさみたいなものは十分に発揮しておりましたが、こんなに弄ぶようなエロさを放たれたのは今回のツアーが最強だったわ。

それもこれもあのアレンジのせいなのかも知れないけど。

そう考えるとやっぱりすごいな〜〜大ちゃんは。

愛ゆえなんですかね?

つか、むしろこれをシングルに入れて欲しかったわ・・・。

戯言は置いといて、曲明け〜〜〜。

「この曲も2014、Sバージョンでやりましたけれども、」

「うん。」

「これはね僕、リアレンジしてる時に、なんか気持ちいいコード進行の繰り返しのリフレインみたいなのが見つかって、このまんま歌入っちゃったら良いだろうな〜って思って、ちょっと原曲とは違うコードのまんま入ってくんだよね。」

「そうだよね。」

「そ。」

「ちょっと不思議な感じで入るのが、妖艶で、またいい。」

「そ。」

「そうだよね。」

「そそそ。その辺も気付いてくれてたら嬉しいな〜なんて思いますけれども。」

そりゃあもう・・・。

ごちそうさまです!!!!ってな感じですよ。

と言う訳で次のメール。

花道を下から見た事はあるかと言うもの。

「ま、僕ら上にいますけどね。」

「そうだね。僕達自身を見る事はあんま出来ないもんね。」

「出来ないもんね。じゃあ、今度お互いにやってみようか。」

「やってみよう。」

「リハーサルの時にね。ヒロ、ちょっと上乗ってみてって。」

「なるほど、なるほど。」

上、乗ってみてって・・・。

もっと至近距離で上乗ったり乗られたりしてるくせに〜〜〜。

ライトがキラキラじゃなくて、汗がキラキラなんでしょうが(変態)

そっちの方が絶対美しいに決まってる!!!!!!!!!!!!!!!

いいな〜〜〜特設ステージ(アホ)

次のメールです。

「素直に、よく、大ちゃんは拍が取れるな〜とか(笑)拍が取れるって、僕を誰だと思ってるんですか。あはははは。可笑しいね。そしてヒロは、良く、キーを保って歌えるな〜とか、」

「あははは。オレを誰だと思ってんだって。」

「そ、誰だと思ってるんだってね。」

なんかここのやり取り可愛らしいわ♪

その他メールをちょっと紹介して、攻めたかいがあったね〜なんて話もしておりました。

ラストの東京では新しい機材を投入し、まだ日本で3台しかない機材をさっそくライブで使ってやったと自信気な大ちゃんでした。

そして川柳での感想も・・・。

ヒロが笑いながら紹介。

「読みます。

駆け寄るも 神々しさに 足すくむ」

「あははははは。」

何故か爆笑する大ちゃん。

判定を聞き次のメールに。

「ここはあげとかないと」

とか言ってるヒロ・・・。

次のメールではあの『S』のサインに集まりますって事が言われ、

「だからもう、夏大変だね、みんな集まっちゃって。」

「あははは。」

「ホントに。」

「来てほしいよ、ホントに〜。」

「ねぇ。」

もちろん全通予定ですけども、何か???

すると次のメールが、初日の新潟に参加して、その後たまらずに全通したというもの。

「ここは拍手ですよ。よろしい。」

と言って2人で手を叩いてますけど、

「こんなドMな私達に、何かドSなご褒美をください。」

「なるほど。じゃあもう、夏も全通させてあげるご褒美をあげようっていうね。あははは。」

「と言う訳で、来週の土曜日、チケット一般発売です。ご褒美です。」

「ご褒美です。」

と告知ですよ。

「ドMなみなさ〜ん。」

「ドMなんだから。もうひたすらドMなんだから。」

スイマセン、ドMですから。

言われなくてもドMですから。

と言う訳で次の曲、永遠dive

この曲も好きよね〜2人とも。

私的にはこれの前のソウルでライブが終わってるので(笑)

決して嫌いじゃないんだけど、タオルが苦手なので、やっぱり若干テンションが落ちてしまうのは否めない・・・。

そしてタオルを回すと視界が・・・。

多分そっちの方が自分的にはダメなんだろうな・・・。

結構イチャこらするじゃないですか、この曲も。

なのですべてをガン見してたいんです。

その為には視界を確保したいんです(アホ)

・・・一体何をしに行ってるんだって言われそうですね・・・解ってます。

でも曲を聴いてても、勝手に脳内でヒロのシャウトが再生(笑)

何にしてもヒロが気持ちよく歌ってくれることが一番ステキな事なので、そういう意味ではこの曲はヒロもはっちゃけてくれるので好きですよ。

シャウトもカッコいいしね。

あ、今大ちゃんがお尻振ったの再生された(笑)

アホかって思ったけど可愛いよね(笑)

そんな訳でそのままCM

 

 

そしてCM明けですよ〜〜〜。

メールを紹介。

「こんなにカッコいい40代のアーティストは他にはいないんじゃないかと思いました。」

2人とも失笑(笑)

「日本のどこを探したらこんなにカッコいい事をしている40代がいますか?accessだけですよ。」

「あははは。なるほど。」

「もっと世の中の人にaccessの存在を知って欲しいと思ったライブでした。今の時代はアラフォー、アラフィフです。若い子は可愛くてかっこよくって当たり前なんです。アハハハハ。それを、こんなにステキなかっこいいアラフォーがやっているというところが、サイコーにポイントなんです。是非世の中の人にもっとaccessが知れ渡ってくれますように、そんな事を切に感じたツアーでした(笑)」

「あはは。なるほどね。」

「アハハハハハ。」

「年齢は関係ないですからね。僕らいつでも20代の子と戦いますからね!!」

「そーですよ。」

「アハハハハハハ。」

「でもおっかしいよね、この投稿をくれた方はさ、こんなステキなカッコいいアラフォーがやっているというところがサイコーにポイントだって言うところが、僕はポイント高くて、面白い。」

「なるほど。でもまたそれが何か、こう、40代のみんなに刺激になったら嬉しいですよね。」

「そうだよね。ま、40代だけとは言わず、まぁ、幅広く見てもらえたらいいなと思いますけどね。

ヒロもいろいろハプニングとかもあったけどね。」

「そ、ハプニングね。」

「ね。」

「やっぱ革パン、てかパンツが結構最近細いパンツ、履く事が多くて、北海道だっけ?北海道か、仙台か。」

「なんか挙動不審だったとこがあったよね、急にね。」

「そうそう。股がね、後半ちょっと破れちゃったんだけど、」

「あら。」

「そこまでは良かったんだけど、ちょっと破けたんだけど、その日に限ってね、ピンクのパンツ履いてたんだよね、オレ。」

「アハハハハ。」

「だから、シマッタ!!!とか思って。」

「それで、どした?どした?」

「アレはね、ちょっとアンコール前に、ちょっと黒いガムテープをピーって切って、ㇷ゚って貼ったんだけど、出てってすぐにそれがピラピラピラピラって(笑)」

「またピンクのが見えちゃう。」

「もうしょうがないから取って、あの、足を閉じて歌ってました、ずっと、その日は。」

「妙〜〜に姿勢いいな〜〜みたいな。なんか伝わってくんだよ。あれ?ヒロ、なんかおかしいぞ〜って。」

「妙にね。」

「あのステージから急にいなくなっちゃったのもあったよね。」

「その日ばっかりは内股なヒロって感じで。」

「あぁ。内股でね。」

「やりましたけれどもね。ま、最後の方だけだから。えぇ。」

「ピンクの見れた方は、じゃあラッキーでしたね。」

「あははは。」

「そう言うの履くんですかぁ!」

「まぁね。大ちゃんどうですか?あの〜。」

「僕はまぁ、そんなにとんでもないことはないね。シャツの上にシャツ着てたりとか、衣装。」

「シャツオンシャツね。」

「後はまぁ、今回、三つ編みしたりとかね。」

「あ、そうだ。」

「そんな遊び心も。」

「髪、伸びたもんね、大ちゃんね。」

「そ、思いっきり。気付いたらもう、三つ編み用に腰ぐらいまでのばそっかなって。」

「おっとぉ。」

「え〜冗談です。」

「おっと。あははは。」

ウケル!!!

パンツ事件もすごいな〜〜。

そんな感じだったのね。

破れたのは知ってたけど、詳細が解らなくって、どうしたんだろうって思ってたんだけど、まさかピンクのパンツとか!!!!!!!!!(笑)

でも可愛い!!!!!!!!!

ヒロ、可愛いよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

見たかったわ〜〜〜。

もう変態認定受けてもいいから覗き込んでみたかったわ〜〜(アホ)

つか、これからライブの度に想像してしまうじゃないか!!!!!

あの下は・・・って。

確かお正月の時もそんな事言ってたよね。

金のラインが入ってるとかなんとか。

あの男のパンツコレクションって・・・。

まぁ、ファンからもらったものをほぼ使い捨てらしいので・・・。

つか、どんだけパンツ送られてるだよ(笑)

アラフォーを強調する大ちゃんにも笑ったけどね。

それにしても髪伸びたとか、そう言う普通の会話が激しく萌えるわ〜〜。

何気ない会話の中の親密度を感じるとそれだけでうは〜〜ってなるんですよね。

そんなナチュラルイチャこらを見せつけたまま、ヒロリクエストのディケイド。

曲中でネオエイジ通信のお知らせと、たくさんのアクセスを。

今日はヒロがやってくれたけど、例によって自分で似てないと笑っちゃってるし。

これはすぐ解ったよね。

だってセリフ言っちゃってるし。

そんな訳でそのままCM。

 

 

 

 

CM明け〜。

とうとうラストブロックですね・・・。

まずは曲から。エンドレスサマー。

この曲も日替わりでやってくれて、聞く事が出来ましたが、ヒロの歌い方が情感がこもってて、なんかいつもよりこの曲好きになったわ。

この原曲ではどちらかと言うとさらっと、それこそ夏の終わりに吹いた秋風のように切な爽やか系なんだけど、ライブで聴いたのはもっとこう、思い出を噛み締めるというか・・・。

まぁ、その辺はライブレポで詳しく・・・。

そして曲終わり、とうとうラストトークですよ。

淋しいな〜〜〜・・・まさにエンドレスサマーだわ・・・。

ここでたくさんのアクセスの答え合わせと感想川柳を少し。

そして大ちゃんのお知らせを。

「そして何よりもね、みなさんに今日、覚えておいてほしいのは、来週の土曜日、5/17に何があるかという事です。」

「はい、そうですよ。チケット発売ですよ、みなさん。」

「そうです。」

「もうこの春ツアーでまず、来てくれた全員は必ず来るという事ですし、後はニコ生見てくれた人たちもね、なんかもう、実際来たいって言ってる人も結構いるみたいなんで、見てくれてる人も全員来てくれるらしいんで、大変な事になっちゃう、この夏は。」

「あははは。ぜひぜひ、チケットね。」

「ね。みんな。待ってるよ。」

「チェックしてくださいね。」

「カモンカモン。」

Sな販促(笑)

そして本当に本当にラスト。

「来週は、ヒロこと、貴水博之と共にお届けします。」

「あ、そうなんだ!!楽しみですね〜。あの方が。」

「ね、あの方が来る。」

「あの方が。炸裂トークを。」

「そうですよ。」

言ったな。

炸裂トーク言ったな!!!!!!!!

来週はもっと暴露してイチャこらしてくださるって事でいいですかね。

Sツアーの打ちあげなんですから、こっちもSになりまっせ〜〜(ニヤリ)

 

何にしても2人が揃うと1時間があっという間だわ。

やっぱり川柳とかいらないから、こういう風に普通にトークしてくれてる方がありがたいわ。

久し振りにガッツリ2人の世界を堪能できた気がする♪

 

 

そんな訳でさらっとネオレポでした〜〜〜。

こんなので解ったかしら???

 

 

 



sakurajun9tion at 17:18│Comments(2) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | レポ・新着情報

この記事へのコメント

1. Posted by ゆう☆   2014年05月12日 00:01
さくらさん、こんばんはー☆

二人のネオ、面白かったですね!
時間があっと言う間に過ぎて行きました。。
そしてそして、最後の川柳でステッカーをもらうことができました!!!
ソウルの川柳です☆
たまたまどこかで感想は川柳で。って言うのを見た気がして、
深く考えずに初めてソウルを生で聞いた感動を送ったんですが、
ヒロに読んでもらえて凄く幸せでした☆

次もツアーの裏話しなどなど色々と聞けるといいですね!
二人のあの楽しそうな空気感が本当に大好きです☆
2. Posted by さくら→ゆう☆さま   2014年05月12日 16:12
おめでとう!!!!!!!!!!!!
ステッカー!!!!!!!!!!!!

すごいですよ。
ヒロのサインも入っているし、やりましたね!!!
そしてヒロに読んでもらえるなんて・・・。
そっちもいいな〜〜〜。
むしろそっちがいいな〜〜〜(笑)

私もソウルで昇天したくちなんで、ものすごく気持ち解ります!!
ソウルいいですよね〜〜♪♪♪
歌ももちろんいいんですけど、ヒロが男っぽいのがまたツボなんですよ〜〜〜。
やっぱりドMなのかな、アタシ・・・(苦)

来週ももっといろんな裏話が聴けると良いですよね。
もう何でもしゃべっちゃえばいいのにね〜〜♪♪♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
Archives
livedoor 天気