2014年10月12日

新たな歴史がまた1ページ・・・

既に1週間が過ぎてしまったのね・・・あっという間だったわ・・・。

という事で行ってまいりました銀英コンサート!!!

台風の影響もあってかなり天候には恵まれませんでしたが、そんな事はあっという間に吹き飛ばしてくれる素晴らしいコンサートだったよ!!!!!

って言うのもクラシック、フルオケなんてそうそう聴く機会がないもんね。

そりゃあチケット取って聴きに行けばいいんだろうけど、ごひいきのところがいれば話は別だけどなかなかね。

とは言えクラシック、好きなんですよ、実は。

全然詳しくないんですけど(笑)

多分ピアノとかやってたらちょっとは違ったのかも知れないけど、そう言うものやってなかったし、どちらかと言うと無知に等しいんですけど、タイトル知ってるとか作曲者について詳しい知識があるとか、そういうものは曲を聴くのにあんまり関係なんだろうなって思うのよね。

もちろん知ってればそれはそれで違った聴き方が出来るのかも知れないけど、ただ単純に好き!!って言うのがいいんじゃないのかしら?って思うのよ。

小さい頃からあんまり歌謡曲を聞かせてもらえなくてですね、どちらかと言うとクラシックの方が多く聴いてたのかも知れないな〜と。

市民フィルとかがたまにやってくれる地域のコンサートとかを聴きに行ってたり、たまたま友達が演奏者だったりとかで、クラシックに振れる機会が多かったって言うのもあるんだけど、久し振りのこういう雰囲気にめちゃめちゃワクワクしましたよ。

そしてオーチャードホール、きれいだね〜〜。

それだけでテンションが上がるわ(笑)

と言う訳で、今回の席は割と後ろの方だったんで、舞台は遠かったんですけど、まぁ、音を楽しむならこの辺の位置でも・・・ってホントはもうちょっと前の方が音も集まってくるんだろうけど・・・。

と言う訳で待つことしばし、チューニングが行われ、舞台に楽団員が勢ぞろいして司会の三上君が登場して始まりました。

三上君、帝国軍の制服だった。

自分もいろいろな役をやらせていただいて、今日こうやって司会をさせてもらう事が嬉しいと。

でも芝居とは違う雰囲気に若干緊張してますと言ってました。

三上君、髪の毛伸びてた(笑)

しかし久し振りに見る帝国軍の制服に、あぁ〜こんなクラシックにもはまっちゃうくらいカッコいい!!って思ったわ。

最初この話を聞いた時、燕尾でも着るのかな?ってドキドキしたんだけど、やっぱり衣装なんですね・・・。

ここで本日の流れを説明し、第一部のラヴェルのボレロの演奏が始まりました〜。

 

と言う訳でここにプログラムを載せておくね。

今回のプログラム、紙でぺらりだったから、きちんとそのまま転記します。保存の為にもね。

 

Program

作曲・音楽監督:三枝成彰

指揮:大井剛史

演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

 

第一部  ラヴェルのボレロ

第二部  組曲 銀河英雄伝説 /作曲・編曲 三枝成彰

     

 機ゞ箍歪觜颪離董璽 <英雄><進撃><ヴェスターランドの苦悩><英雄・再>

      /主な使用公演 「第一章 銀河帝国篇」

 供\錣離瀬鵐后 稘椶蠅良顱

      /主な使用公演 「外伝ミッターマイヤー・ロイエンタール篇」

 掘.▲鵐優蹇璽爾離董璽沺

      /主な使用公演 「第一章 銀河帝国篇」、「初陣 もうひとつの敵」他

 検ー請のテーマ

      /主な使用公演 「外伝オーベルシュタイン篇」

 后〇犲圓侶寡

      /主な使用公演 「第一章 銀河帝国篇」

 此―蘓悗離董璽沺 秡位襦筺秉仗悄

      /主な使用公演 「初陣 もうひとつの敵」

 察ー由惑星同盟のテーマ

      /主な使用公演 「第二章 自由惑星同盟篇」

 次々餡箸箸蓮 禺由惑星同盟国家><内乱>

      /主な使用公演 「第二章 自由惑星同盟篇」、「第三章 内乱」他

 宗‥狙發ら歴史へ <未来へ〜Searching for the light><勝利、そして苦悩><それぞれの道>

      /主な使用公演 「第二章 自由惑星同盟篇」、「第四章 後篇 激突」他

 

  〜休憩〜

 

第三部

 カルテット

 カンランセキのテーマ

 The Last

 Eternal Sky

  One Love

  旅立ちの序曲

 Searching for the light

 

 

 

と言う訳で始まったボレロ。

これはアニメの映画版第一作の『我が征くは星の大海』の中で使われたんだよね。

もちろんこの曲としても有名だし、絶対みんな耳にした事のある曲だと思うわ。

この日のステージ後方にはスクリーンがあって、そこに曲が始まったと同時にアニメの映像が!!!!!

ラインハルト様〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

まだラインハルトの横に健在のキルヒアイスとか、もうねとにかくこの映像にまずはテンションが上がった。

やっぱりかっこいいのよ!!!!!!!!!!!

もちろん声は出てないから口パクなんだけど、なんて言ってるのかが大体想像出来ちゃう自分が・・・(苦)

そして脳内には堀川さんと広中さんの声が〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!

やっぱりこの声です!!!!!!!!!!!!!!

この2人の他にこの人達を存在させられる人なんていないのよ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!

あの堀川さんのちょっと高慢ちきな感じの声と言い、広中さんのほんわかと優しい声と言い!!!!

もうこの2人のバランスは最高なんです!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

映像にはロイとミッターとかも映ってて、オベは映ってなかったけど。

ってまだオベが加わる前の話だから当然ですけども。

ちょっぴりオベも見たかった・・・と思う。

まぁ、それは個人的に見ますからいいですけれども。

ロイはやっぱりかっこいいな〜〜〜。

ホントに今考えたら豪華な声優陣だったよね。

とは言えもう再現できないんだけど・・・。

オベもヤンもいないからね・・・(泣)

コーネフもケッセルリンクもいないじゃないか!!!!!!!!!

何という事だ・・・。

まぁ、そんな事は置いといて・・・今日は音楽ですよ。

同じテーマを延々と繰り返していくこの曲は、独特の高揚感があってカッコいいのよね。

次々とテーマがいろんな楽器にパスされていって、ラストに向かってクレッシェンドして行くって言う構成なんだけど、不思議と飽きないのよね。

楽器によってやっぱり表情が変わって行くって言うのもあるのかも知れないし、単純なテーマだからこそどんどんとのせられていくって言うのもあるのかもね。

この曲、実は私もダンスの公演でショートバージョンで踊った事があるけど、その時は嫌いだったわ〜〜(笑)

曲として聴いてた時は好きな曲だったんだけど、踊るとなると話は別だわって感じ。

そんなに派手な曲じゃないし、次々と盛り上がりが来るわけでもテンポが変わるわけでもなく同じように繰り返されていくのをどうやってラストに繋げるかって言うのがかなり難しい。

ラストはご存じの通りいきなりいろんなものが鳴りだすでしょ?

あそこのテンションにその前から持って行かないといけないって言うのがね。

速いテンポなら踊ってるうちにどんどんこっちも盛り上がって行けるんだけど、そこまで速くもないし、どちらかと言うと押さえて行かないといけない曲だったりするから。

踊る事を考えると忌まわしい曲です(笑)

バレエでもこの曲踊るの大変って言われてるみたいだけど、それも解るわ〜って思う。

でも1回見てみたいな〜〜生で。

ボレロはかなり中盤までヴァイオリンがずっとピッツィカートで演奏されるんだよね。

それを見てるのも面白い。

やっと弓で鳴らし始めるといよいよ・・・って思う(笑)

まぁ、そこからもしばらくはあるんだけど。

最初の静かな部分でのフルートの音が好きでね。

オケがガンガンなってると割と埋もれちゃうじゃない?フルートって。

それこそ高い音で飛びぬけてる時は解るけど、そうじゃない時はあんまり目立たない。

でもまろやかな音で好きなんだよね、フルート。

後は管楽器がね、やっぱりこの曲はいろいろと見れて面白い。

トランペットとかトロンボーンとか。

見てるだけでなんかいいよね。

実はこの日の前日、地元のお祭りにアメリカ海軍のブラスバンドの方6名で40分くらいかな?演奏をしてくれたんだけど、その時もトランペット、トロンボーン、ホルン、チューバの編成でやっぱりかっこいいな〜〜って思ったんだよね。

管楽器は何かカッコいいよね(笑)

弦楽器は優美な感じ。

まぁ、そんな事は置いといて、ボレロのラスト部分、いきなり今まで待機してたパーカッションの人達がザッと立ち上がったのが面白かった。

いや、解ってるんですけど、いよいよ来るんですね!!って感じで視覚的にもワクワクしました。

ホントラストのあの盛り上がりはスゴイよね。

今まで淡々と続いてきたものが一気に爆発する感じ。

そして一気に終わるじゃない。

アレがやっぱりボレロってカッコいいな〜〜って思うのよね。

時間としては15分ちょっとくらいあったのかな?

でも全然そんな長さを感じさせないこの曲の凄さ。

これを裏でヒロも聴いてるんだろうな〜なんて思ったり。

そんな1部が終了すると三上君が出てきて、またおしゃべり。

「私自身も、同盟、帝国、フェザーンと三国制覇しまして。」

と笑いを取る事も忘れない(笑)

そこでちょっと銀英について話したりしてました。

アニメの銀英は最初からすべてのBGMをクラシックを使ってる事が特徴だったとか、原作の壮大さ、群像劇として描かれたストーリー展開なんかがクラシックに合ってたという話もね。

1曲目にやってくれたボレロは1つの戦闘シーンで丸々使用してるんだけど、それも普通のアニメで考えたら考えられない事だよね。

つか、クラシックをこんな大々的に使ってるアニメなんてなかったし、それがこんなにはまるアニメもなかったもんね。

ホント、そう言う意味でも銀英は自分的ツボだったわけですよ。

そんな説明をチョットした後、次は舞台版の方へ。

第二部ですよ。

ここでは舞台版サントラを改めて三枝さんが組曲としてアレンジしてくれたんだって。

全部で9曲の組曲。

演奏時間40分の大作ですよ。

そしてここで今回指揮をしてくださっている大井さんの経歴も紹介。

結構いろんな経歴をお持ちの方で、固い感じなのかな〜なんて思ってたら・・・

ちょ〜フランクなオジサマだった(笑)

三上君が大井さんを呼び込んでちょっとインタビューが行われましたよ。

今回1回限りのコンサートで・・・と言う質問に、

「いや、1回限りと言わず、何回も何回も全国ツアーとかしたいんですけど。」

なんて話し始めたらめちゃめちゃ面白いオジサマで、何かちょっとイメージが変わったわ(笑)

そんな大井さんが作曲者三枝さんの事について、

「三枝さんはオペラとかも作曲なさっているクラシックの作曲家でありながら、ガンダムとかの音楽も手掛けてらっしゃる方なんですね。

三枝さんの曲はものすごくカッコいいんですけど、無茶苦茶難しいんですよ。シティ・フィルだから演奏出来るっていう感じで。あと管楽器もめちゃめちゃスタミナが要求される曲で、とにかく大変なんですけど、無茶苦茶カッコいいって言うのが僕の第一印象です。」

みたいな事をおっしゃっていて、とにかくかっこいいって思ってるのがめちゃめちゃ伝わってきたよ。

後は指揮をしてる時に映像は見たりするのかって質問があったりね。

いつもはそんなところに映像なんて出ないわけだし、こういう場合は映像に影響されるのか?って質問もあったよ。

これに対してはオペラとか他には能とかと合わせてやった事もあるので、映像があればやっぱり見るって。

そうした事で音楽が変わるかどうかは解らないけど、やっぱり影響は受けるもんなんだとか。

「もしそこに、某魔法使いSさんとか、小公女Sさんとかが出てたらもっとこう・・・違った感じになるのかも知れないんですけど、今日は非常に引き締まったものをインスパイアされて、それが良い感じにオーケストラに伝わってるといいなと思いますけどね。」

何てこともおっしゃっていました。

あとは、クラシックの曲を演奏するのと、違うジャンルのものを演奏する時とでは心掛けている事があるのかとか、気持ちを切り替えてるのか?って質問も。

そう言った事は特にないそうで、いつでもフラットな状態で曲と対するらしいです。

ここで後半の話を大井さんが

「今日も後半で3名の素晴らしい歌手の方と一緒に演奏するんですけれども、」

キタ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

大井さんはあんまり歌い手のいる演奏をする機会がないらしく、たまにあるオペラとかでは同じ畑だからなのか、テンポも柔軟にいろいろやりあいながらやって行くみたいなのね。

その頭があったからポップスの歌い手は割とカウント通りにきっちりやらなきゃダメかと思ってたらしいのね。

で、いざリハーサルをやってみたらそうではない事が解ってビックリしたんだとか。

「一緒に(テンポも)動いてくれるというか・・・やっぱり一流の人達は違うなと。」

一流!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

もうね、その一言だけでどれだけ鼻が高かったか!!!!!!!!!!!

そんな話をした後で、じゃあ組曲へってなったんだけど、何故かここに不思議な間が。

ミカシュンの台本には多分このまま大井さんが指揮台に立って演奏が始まる様な流れになってたんだろうけど、大井さんが一旦はけちゃったんだよね。

で、なかなか出て来ない。

それに困ったミカシュン、

「僕の台本にはここまでしか書いてないんですけど。」

何て言いながら時間つぶしの雑談を(笑)

「僕の舞台の話でもしましょうかね。」

って事で始まったフリートーク。

ミカシュンの銀英初演は踊る双璧篇から。

自分のやった役を思い出せないミカシュンに笑いが起きたり、

「この前の春の舞台でついにケッセルリンクと言う、三国制覇をなしえ、華々しく舞台で散るという・・・。」

なんて事も言っておりました(笑)

そんな感じで用意が出来てようやく第二部の開始になりました〜。

ここから舞台の思い出が・・・。

チューニングが終わって、再び大井さんが登場し、始まりました。

あぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

蘇る!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

青山劇場で始まったあの歴史が!!!!!!!!!!

そして頭の中には松坂ラインハルトが!!!!!!!!!!

劇場の外の柱に貼られたビジュアルを公演日以外にも見に行ったっけ。

今となっては懐かしい、あの黒子のコロス軍団。

まだだぶだぶのヒロオベの衣装(笑)

微動だにせず、低音でしゃべるヒロに度胆を抜かれたっけ。

長谷川さんの皇帝、そしてめちゃめちゃはまり役のゼークト。

1曲目の銀河帝国のテーマにはそんな懐かしさが。

門閥貴族とまだまだ1将兵でしかなかったラインハルト。

なんだろう、あのずっとどこかに薄暗い雰囲気の停滞した第一章。

あの時の空気感がまざまざと浮かび上がってくるのですよ。

銀英の舞台だ!!!って心躍らせたあの時の気持ちがね。

いろいろ大人の事情があって、両手離しで喜べはしなかったけど、それでも今となってはあの時のラインハルトが松坂君で良かったのかなって思える。

間宮君で見たい気持ちもあるけど、燻ってる感というか、そう言うのが松坂君で良かったのかな〜とかね。

まぁ、外伝初陣で若々しいラインハルトを見せてくれた間宮君だからきっとあの頃の下町のラインハルトも学生のラインハルトも上手くやってくれるんだろうけど。

そして続く戦いのダンス。

これは踊る双璧篇で使われてた曲らしく、見に行ってないのであんまり印象が・・・スマンです。

でも確かニコで見た時に…記憶が・・・。

そして次ですよ!!!!

アンネローゼのテーマ。

これはね、もう聞いた瞬間にいろんなシーンがよぎるわよ!!!!!!!!!

第一章からずっと使われてきたこの曲。

アンネローゼが出て来ると必ずですものね(笑)

それくらい定着したこの曲なんだけど、いろんなシーンがあったはずなのに、何故かさくらの頭の中ではキルヒを失った後のあの突き放すシーンが頭をグルグルと。

もちろんこの瞬間に既にラインハルトは間宮君にチェンジ(笑)

アレですよ。

黒い喪服に身を包んだアンネローゼが舞台後方からラインハルトに向かって語り掛けるシーンですよ。

疲れたら戻っていらっしゃいと言うあのシーン。

さくらの頭の中で回り続けたのは、

「でも、あなたはまだ疲れてはいけません。」

ってセリフ。

もうね、あのシーン、ヤバいよね。

ラインハルト号泣だし。

今でも思い出すと泣きそうだわ。

あの弱弱しい

「姉上・・・。」

って呟きとか・・・。

ハァァァァァァァァ〜〜〜〜〜〜マミー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

やっぱりもう一回見たいよ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これ書き終わったらきっとDVD見るわ(笑)

つかさ、いろいろあってみたくないものもあってさ、見てないんだよね、本編。

DVD来てるのに・・・。

だってムカつく事もあるんだもん!!!!!!!!

でも名シーンだってたくさんあるのよぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜〜(号泣)

特にマミンハルトはヤバいくらいいいですよ!!!!!!!!!!!

絶対見るぞ〜〜〜。

そんなアンネローゼのテーマの後は、疾走のテーマ。

これはオベ篇で使ってた曲。

聞いた時はいまいちピンと来てなくて、あれ?どこで???って思ってたんだけど、帰って来てからオベ篇見返したら、あった!!!!!!!

そうそう!!!

いろんなところで使ってるじゃないの!!!!

情報握りつぶすシーンとか(笑)

オベ篇はやっぱり秀逸ですよ。

シリーズの中で一番まとまってた気がするし、話として散漫じゃなかった。

外伝初陣も良かったけどね〜〜。

そして次は死者の群舞。

これはどこで・・・?って思ったけど第一章で使ってたそうな。

シーンが思い出せないわ。

これもあとで確認しなくちゃね。

多分聞いたら、これだ〜〜ってなるんだろうけどさ。

思ってるのが、あの松坂ラインハルトがソファに座っててヴェスターランドで殺した人達に襲われるところ???

でももっと違う曲が流れてたような気がするんだけどね・・・。

もう記憶の彼方だわ・・・(苦)

そして次は初陣のテーマ。

これは聴いた事あります!!!!

外伝初陣で使ってたんだけど、回想シーンで使ってた曲じゃないっけ?

アンネローゼがらみの。

初陣もDVD買わねば!!

あれこそ取っておかなければ!!!!!!!

あの帝国の姿こそ本物の帝国なのに〜〜〜。

あぁ〜〜素晴らしい、あのバランス。

優しいキルヒ〜〜〜〜!!!!!!!!!!

そしてシニカルなロイに、正義感漂う大人なミッターだったよ!!!!!!!

双璧の信頼感も暑苦しくなくて良いし、大人だし!!!!!!!!!

やっぱりこのキャストにオベヒロに、中山ヒルダを加えて帝国は盤石になるのだ!!!!!!!!

ミカシュンミュラーもね。

この辺までキャストが固まってれば後は芝居のちゃんとできる人が来てくれれば・・・。

もちろんイメージとかもあるからさ、誰でもって訳にはいかないけど。

過去に出て来たそれ以外のキャストは影が薄すぎるし、キャラも薄すぎるし・・・(苦)

頑張ってはくれてたと思うんだけどね・・・。

是非是非吟味して欲しいところです。

そしてこの後から同盟軍の曲が続きますよ。

まずは自由惑星同盟のテーマ。

これは懐かしい曲だった。

あのドライアイスの船で脱出したくだりをやってるところの曲じゃなかったっけ???

第二章のオープニングの方ね。

白い布が舞台中央からブワッとつらされて・・・ってところ。

そして馴染みのあの同盟軍の面々が集まってくるところの曲だった。

その他にも同盟のラストシーンではこの曲が割と使われてたような気が・・・。

ヤンが喋ってるのが聞こえるわ〜〜(笑)

あのラストのラストでラインハルトとヤンが前後に並ぶシーンとかね(笑)

あの終わりはカッコいいよね〜〜〜。

そして次は国家とは。

これの前半部分はあんまり印象がなかったんだよね。

聴いた事はもちろんあるんだけど、パッとシーンが浮かんでこないというか・・・。

いろいろ同盟がらみで使われたみたいなんだけど、あれかな?ヨブトリューニヒトの式典の時とかかな?

後半部分は戦闘シーンで結構使ってた気がする。

特にピンチになってる時とか、一斉攻撃をかける時とか?

これも確か後半のところはいつも舞台のラストでヤンが滔々と語るところで流れたよね?

戦うとは、命とは、正義とはみたいな?

やっぱりいい曲多いな〜〜。

そしてとうとうラスト、伝説から歴史へ。

ここは一転して、すぐに解った。

アルテミスの首飾りだ!!!!!!!!!!

爆破された時に流れた曲だよね。

後ろのスクリーンにもアルテミスの首飾りが映し出されてたし。

そうそう全然触れてなかったけど、この第二部では後ろのスクリーンに劇中でも使われた映像が流れてたんだけど、やっぱり艦隊はアニメの方が美しいね。

ブリュンヒルトとか、バルバロッサとか・・・。

色がくすんでしまってて、特にブリュンヒルトはあの美しい真っ白な流線型はやっぱりアニメの方がラインハルトっぽいよね。

アンネローゼのテーマでは薔薇が一枚ずつ剥がれて行くあの映像でしたよ。

この伝説から歴史へでは、組曲の最後としてもふさわしく、いろいろな思いを噛み締めましたよ。

サーチンも組み込まれてて、夜明けのような編成になっておりました。

40分がホントにあっという間だった。

いろんな思い出が曲と共に蘇って来て、あぁ〜〜これだけの歴史を見てきたんだな〜と。

そして頭の中で自然に松坂ラインハルトから間宮ラインハルトに変わってた(笑)

思い出深いシーンがたくさんあって、やっぱりもう一回ちゃんとした形で見たい!!って思える作品だなって思ったわ。

これだけステキなサントラがあって、壮大な原作があって、それぞれにはまった役者さんたちもいたわけで、ホントに大人の事情でそれを活かしきれなかったのはもったいないとしか言いようがないわ・・・。

つか、このサントラ、CDにして欲しいよ。

勿体ない、ホントにもったいない!!!!

普通に銀英のサントラって言うんじゃなくて、曲として勿体ない。

そのくらいステキな曲で、ステキな演奏でした。

やっぱりオケはいいね〜〜〜〜。

そんな訳でここで一旦休憩です。

 

こっちも一旦切ります〜〜。

って、あとちょっとなんだけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 



sakurajun9tion at 15:50│Comments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | Hiro's 舞台

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
Archives
livedoor 天気