2015年09月27日

どこにいってもイチャこら・・・

忙しい本日。

衝撃が走った本日。

駆け足でいろんなところをチェックして、もうね、こっちも大変ですよ。

と言う訳で取りあえず、まずはネオから。




有吉から移動してANNをチラ見して、ネオにやってまいりましたよ。

今日も始まって早々から契りまくる貴水さんが登場(笑)

「♪私はネオエイジと契りますよ〜〜〜。」

いや、出来ればご本人と・・・(自粛)

そんな訳で本日もテンションの高いヒロ。

「ありますよね?今日。ありますよね?」

と気になるコーナーを確認したりして。

思わず大ちゃんもボーっとしちゃう。

いや、そのカッコよさに惚れ惚れしてただけなのか???

「いや、もう結構、ヒロ任せでもう、ほっとけばなんか喋っててくれるって。酷いよね(笑)」

「大ちゃん、ネオエイジだから。」

「そうね。」

浅倉大介のっ!ネオエイジサーキット!」

「バカにしてる?」


こんなやり取りから本日1通目のメールを紹介。

秋ツアーは仮装したくなるイベントと被ってるけど、ルールはありますか?と。

お互いに見てみたい仮装は何かと。

「すっごいおっきい仮装してきちゃったらね。」

「他の人に迷惑にならないような範囲で、例えばホラ、高さとかさ、後ろの人が見えなくなっちゃうとかそう言う常識の範囲内での仮装とかを楽しんでくれたら。」

「ね。折角だからね。」


「急に大人な発言でね。」

と言う訳で、高さ制限あり、まぁそりゃあそうだけど、そんな仮装ならOKだそうです。

つか、いるんだろうな〜仮装してくる人。

日本はいつからこんな事になったんだ・・・。

そしてお互い見てみたいものと言ったのに、

「僕何やろうかな、貴水博之やろうかな。」

「いいね〜〜。じゃ、オレ、大ちゃんやろうかな。」

「仮装?誰も気づかなくてね。」

「アハハハ。

そこまで気が付かなかったらスゴイよね。」


「そう!そのくらいやるの。」


いや、気付きますよ、絶対に。

「じゃあオープニングからやってみますか?」

「やる?逆さまに?気持ちイイだろうな、歌うの。」

つか、その時点で気付いてない人にもばれます(笑)

と言う訳でツアーの告知も。

もちろんシングルの告知も。

「もう出てますから。」

「え?何なに?もう出てますじゃなくて、出来てますでしょ?」

「出来てますから(笑)」


と2人でイチャこらしながら本日の1曲目、IZAUSUME!



と言う訳で曲明け。

今度はマメ〜〜〜な知識のコーナーです。

「ヒロの大好きなコーナーはもうちょっと後ね。もうちょっと待っててね。」

「なぁ〜んだったぁ〜〜。」

「ね〜〜〜いい子だからね〜〜〜。」

何だこのイチャこら・・・。

もう、今日、どこに行ってもイチャこらばっかりじゃないか!!!!!!!!!!

そしてメールを紹介しようとして、

「聞いてね、ちゃんとね。ヒロちゃん、聞いて。」

この人達、もうアラフィフのオッサン2人のはずでは・・・。

まめな知識は鍵穴の滑りが悪くなったら鉛筆の鉛がいいんだという話。

潤滑剤のスプレーは油分があるから中で埃がくっついちゃうらしくいけないんだとか。

コレ、大ちゃんは経験済みらしく、鍵屋さんに怒られたんだそう。

それを聞いたヒロ、

「間違っても、お手持ちのローションなんか使っちゃいけないんですね。」

「(苦笑)そんなの鍵穴に入れる人いるかな。」

ハイ、それは別の穴に使ってください(アホ)

つかヒロ、お手持ちなんですね。

へ〜〜〜〜〜ホ〜〜〜〜〜〜フ〜〜〜〜〜ン(ニヤリ)


大事です!!!!!!!!!!(アホ)

という事でCM。



CM明け。

「さぁ!と言う訳でですね、ヒロ。」

「え?え?さぁ!って事は?さぁ!って事は??」

「さぁ!!って卓球のあいちゃんだよ。」

とかアホな事を言いつつ・・・

「来ましたよ〜〜〜。」

「待ってました、大ちゃん!!僕、この数カ月、落ち着きませんでしたからね。」

「ホント。」

「やっぱ、人生の中で何か足りないな〜何か足りないな〜って思ってましたから。えぇ。」

と言う訳でヒロ待望の川柳のコーナー。

「これね、特に大々的にこれで書いてこいって言ったわけじゃないのに、やっぱヒロが喜んでくれるってこんなに皆さん。」

「自然と、おのずと、この世界に。」

と言う訳でここからは川柳をガンガン紹介していきます。

特にトークをするわけじゃないので、ここは飛ばしますよ。

そんな中でも2人が面白かったものだけ、いくつか。

「運命的 死ぬまで一緒 大ちゃんと。

これはこないだライブでそんな話を。」

「そうですね、ソロライブで、はい、言わせていただきました。」

「そのまんま、ですね。」

「大ちゃんが嫌と言わない限り、あの〜死ぬまで続き、」

「いやっ!あはははははは♪」


「ピキピキピキピキって。」

何だこのイチャこら。

もうね、イチャこらが過ぎるよ(笑)

この大ちゃんの「いやっ」の言い方がさ、ホント、女子力高いのどっちだよ!!って感じに可愛くて、こんな事言われたらほっとけないでしょ。

「ツアーももう1週間後に始まりますからね〜。また、みんなで一緒に。」

「ね。そうですよ。死んだ後も続くわけですからね。」

「ツアーが???」

「いや、大ちゃん、大ちゃんがそう言ったじゃない。」

「僕が?」

「ね?」

「あ!」

「死んでも続くんでしょ?」

「そうそう!死んでも続く。accessは。」

「ね〜。」

「どこまでも。」


こういうちょっとぼけた感じが良いんですかね?

こういうのがたまらなくくすぐられるんですかね?

全く小悪魔過ぎる・・・。

そんな本日、満場一致で手が上がった川柳がコレ

「どうしても 川柳じゃないと だめでつか?」

これには2人とも爆笑。

そして判定をすると

「すげぇ!1,2,3,4,5,6、7ぴょう!!7ぴょ〜〜〜〜。」

「7ぴょうでつ!」

と変なテンションになってまいりました。

2人ともめちゃめちゃ笑ってて楽しそうでした。

そんな2人を見てるのがこっちも楽しいけどね。

その後もメールを紹介するんだけど、大ちゃんが

「酸素が薄くなってきた。」

って呟くくらい、どうやらブースの中は大興奮らしいですよ。

他にもヒロの美白の効果が表れてきてるって川柳が来たりして、

「(昔と)比べるとね、だいぶ白いですからね。

だけど、事実を言うと、大ちゃんのが白いですからね。」

「アハハハハ。」

「それは大ちゃん、もともと白いから。オレはもともと真っ黒だったから。」


やっと普通くらいになってきたんじゃ?って言ってましたけど、確かに大ちゃん、白いもんね〜〜。

そこまで行くのは至難の業だと思うよ、ヒロ。

どんどん壊れて初めて行く2人はもう何が起こっても笑えるって感じになって来て、例の如くヒロが力技でどうにかしようとし始めると、

「にゅぅぅぅぅぅ〜〜〜〜せんっっ!!」

「(笑)」

「なんでも言い方かって言うね。」


「大事だよ。言い方大事だよ。」

結局2人とも力技(笑)

そんなこんなでヒロの大好きな川柳のコーナーも終了。

ここで1曲、今度はWe'll

つか、久し振りにaccessの曲、聞いてるわ。

ヒロソロ前からずっとヒロソロで、いまだにヒロソロセトリをエンドレスしてるので、何かaccess曲、新鮮だわ(笑)

そろそろ脳ミソチェンジしておかないと、あのイントロドン!に対応出来なくなりそうだ・・・。





スマン、ここで一旦切ります〜〜〜。

続きはまた今度・・・。

あまりの事に私が酸欠(アホ)






sakurajun9tion at 02:28│Comments(2) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | レポ・新着情報

この記事へのコメント

1. Posted by たかママ   2015年09月27日 06:13
こんにちはですー。

録画したけど怖くて見られない〜

ベルカちゃんがだいちゃんになついてないとか嘘でしょ?な前日からの煽りCM・・。

つーかなんであのメンツと一緒に出てるんだ・・・

まあ本人たちが楽しいなら・・

でもヒロも大ちゃんも美しいわー

2. Posted by さくら→たかママさま   2015年09月27日 14:09
全然爆笑でしたよ。

ベルカちゃんも、アレで女優です(笑)ちゃんと心得てる!!
さすが浅倉家のワンコって感じですよ。
そして何気にヒロにはなついてるのが見れて嬉しいわ♪
おしゃまな浅倉家の娘さんは物おじしない子でしたね〜〜。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
Archives
livedoor 天気