2019年10月14日

奇跡のパレード

みなさん、無事お過ごしでしょうか?

初日から一夜明けました、さくらです。

本当に今回の初日は波乱含みで、参加出来なかった方、必死の思いで参加された方がたくさんいらっしゃると思います。

まだまだ被害にあわれてそれどころじゃないよって方もいらっしゃるのではないかと・・・。

開催が危ぶまれた今回の台風。

公式の判断にいろいろ言う人がいるのも知ってますが、開催してくれて良かった!!!!!!

昨日、初日の幕を開けられて本当に良かった!!!!!!!!!!!!!!


もうね、その一言に尽きます。

私は何があっても行く気でいたし、もし川が氾濫とかして身動きが取れないとなったら自己判断で諦めてたかもしれないけど、でもそれは公式には関係のない事だと思ってる。

今回本当に悲しい思いをしたのはそういうところ。

いろいろと文句を言っている人を見かけてしまった事ははっきり言ってムカついた。

本人は善意のつもりなのかも知れないけど、危険な事は十分解った上で公式が下した決断なんだから。

口が悪いけど、そう言う事言ってるなら来るなって思ったし。

今回の会場、相模川の氾濫によってはかなり危険な地域ではあったんだよね。

私も相模川の氾濫地域には近いのでずっと動向を見守っていました。

台風のピークを迎える12日にゲネを行う予定なのは解ってたから、早めに切り上げて恐らく近場のホテルに泊まってるんだろうなとは思ってた。

ただ泊まったホテルだってもしかしたら・・・って事はあり得る訳で、むしろそっちの方を心配しておりました。

それなら自宅に帰った方が安心なんじゃ・・・とか。

結果、城山ダムの放流が早まったりなんて事もあったけど、厚木界隈は被害もなく一安心だったんですけれども。

それよりもノーマークの多摩川がいきなり浸水してて、世田谷ね、大ちゃん家・・・って思ったよ。

台風がどんどんと速度を上げてくれたおかげで、13日は朝から晴天。

公式が最終決断を下した朝の段階でもまだ鉄道各社は止まっているところが多かったけど、復旧の見込みは立ち始めて・・・。

小田急の復旧には時間がかかったけど、何とか厚木までの道は回復し無事開催。

本当に良かった。

先行物販なし、開場時間を30分遅らせるという緊急処置でしたがそれでも蓋を開けたらほぼ満席状態!!

もっと空席が目立つかと思ったけど、本当にものすごい人数が厚木の地に。

これには本当に良かったと思った。

開場から開演まで1時間の間の物販ではもちろん全員が買えるわけではなかったし、一部のグッズはまだ搬入されてなくて、引換券を貰って終演後に現品引き換えなんて異例の処置も取られたけれど、スタッフの頑張りが本当に伺える素晴らしい物販だった。

速かったのよ、結構。

正直、もうちょっとかかるかと思った。

人を増員したのか、手際が良い人を集めたのか、列の進みが速くて、1人でも多くの人にって言うスタッフの気合を感じました。

そして会場に入ってステージに立てられたシンセブースを見た途端、いよいよ始まるんだって気持ちに。

ずっとヒロソロにどっぷり浸っていたので、全然accessに切り替わってなかったんだけど、何ならヒロソロばっかり聴いてたんだけど(笑)ステージを見た瞬間、やっぱり違う空気に包まれるよね。

今回は本当にありがたい事に前の方で、しかもちゃんと段差があって視界もそれなりに確保されていたので、悔いが残らないようにしっかり目に焼き付けなければ!!と思いました。

ステージは上手側にシーちゃんのギターとその後ろにドラムセットが、下手側に台に乗ったシンセブースが置かれておりました。

後ろにはパイプがセンターだけ空けて正面向きセンター部分とサイドに分かれて立ててあり、そこにはお城とかに良くついてる三角の旗がかけられておりました。

赤と青があったかな。

空いたセンター部分には網がかかったパネルが設置されており、そこに映像が映る仕組み。

そのパネルは舞台中ほどの上空にも設置されていました。

私の席からは斜めだったのできれいには見えなかったけど、正面のある程度後方の席の人は上に吊るされたパネルと下のパネルが一枚の絵に見える瞬間があったんではないかと。

この網のパネルなんだけど、表面に映像を投影するために反射フィルムのようなものがついていたらしく、客席のティンクルの光が暗転の時に反射してきれいでした。

そして今までと違ったのが照明。

舞台の調度中ほどになるのかな、大ちゃんのシンセブースの前のラインに照明が列になって設置されていました。

舞台のまえっつらにも同じように等間隔で並べられた照明。

これと並行に置かれてたんだけど、これが下から光を回してくれるって言うか、上手く言えないんだけど、全方位にライティング出来るやつで、しかもひとつの円形のライトの中に光源がお花のように配置されてていくつも出るやつなのね。

その当たる角度によって真っ直ぐなラインに見えたり、壁に花柄を映し出したり、ミラーボールのような効果を生んでたのです。

そのライトが舞台中ほどにも一直線に上手から下手に置かれていて、普段だったらヒロが大ちゃんのシンセブースの横とかも自由に回遊できるだけど、その場所にもひとつライトが置かれていて、もちろん後ろに行けない事はないんだけど気を付けないといけない感じ。

なので必然的に今回のヒロちゃんは横移動が多くなります。

調度ねこのライトの上に吊るされたスクリーンがあるって感じ。

なのでシーちゃんの立ち位置もこのライトより後ろ。

しばちゃんのドラムセットはそれよりさらに後ろって感じですね。

で、舞台正面奥側に立てられたスクリーンの前には大きくないけど高みがあって、多分横幅の長さにしたら2,3メートルくらいなのかな?

2人が立ってポーズを決められるくらいの幅はありました。

そのサイドは階段状になっていたものと思われる。

そして上手側にはしばちゃんのドラムセットがあったから、もしかしたら上手側は階段がなかったのか、それとも段数が少なかったのか・・・この辺は見えなかったので謎です。

少なくとも下手側は階段がありました。暗転の時、ヒロちゃんがはけて行ったから。

ステージはこんな感じですかね。

説明が下手で申し訳ない・・・。

とにかく慌ただしかった初日。

席について一息つく暇もなく始まりました。

定刻通り。

ふっと暗転になる場内に一気に期待が高まります!!!

なんだかお城への登城のようなSEが流れ、正面のモニターに映像が!!

舞台にも飾られていた三角の旗がまるで自分がその中を歩いているかのようにどんどんと流れていく。

まさにパレード!!って思ってたら、今度は上のモニターに!!!!!

キャァァァァァ〜〜〜〜〜〜大ちゃん!!!!!!!!!!

赤い衿の立った王族マントを思わせるお衣裳で凛々しいお顔が!!!!!!!!!!!!


う・・・美しい!!!!!!!!!!!!!!

この時はもちろんバストアップくらいまでしか映像には現れなくて、でももう立った衿の破壊力に・・・。

久し振りだよ〜〜〜大ちゃん!!!!!!!!!

そしてやっぱりこういう映像はめちゃめちゃ美しい!!!!!!!!!!!!!!

ちょっとクールな眼差しでお澄まししている大ちゃんが映ったかと思ったら・・・

ギャァァァァァァァァァァァァァァァァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

反則、反則、反則ぅぅぅぅぅ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


バサリとマントをなびかせた向こうから現れたのは・・・

ヒロぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

カッコいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

カッコよすぎる〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


そんな上のスクリーンに興奮しているとジャーーンっと舞台センターに照明が灯り高みに2人が!!!!!!!!!!

カッコいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

久し振りに見る、この安定感のある佇まい!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2人とも王族のように美しい!!!!!!!!!!!!!!!!!

大ちゃんは赤、ヒロは青を取り入れた衣装で、統一感があってステキ!!!!!!!!!!!!


ベースはどちらもシルバーだったのかな?

少なくともヒロはシルバーだった。

ヒロは全体的にシルバーの分量が多かった。

両肩に黒い羽根がついたロングジャケットで、ベースはシルバー。

左腕に巻かれたブルーの腕章、右肩には細めのロープが、白だったかな・・・?黒ではなかった。シルバーだったのかな・・・?確か3本くらいついてたかも。

羽根がついているので衿はなし、羽根が襟みたいになってた。

脇下部分からラインで青に切り替えられていて、それがロングコートをなびかすたびにキラキラと見えてカッコいい!!!!

インナーはよく解らないプリントがされてたTシャツぽい生地のものと、センターで重ねるタイプのペプラムみたいなのがついてた。

もちろんどちらもシルバー。

でも布の材質の違いがあったのでこっちはキラキラしないもの。どちらかというとグレーに見えた。

パンツもシルバーと言うよりはグレーな感じ。

両サイドに膝上くらいまでファスナーみたいなのがついてたような気が・・・黒いの。

ふくらはぎくらいの丈の黒のブーツで、パンツをインしていました。

とにかくカッコよすぎて、脳ミソパーンになりました(アホ)

で、大ちゃんは・・・申し訳ない・・・本当に申し訳ない・・・断片的にしか覚えてない。

確か大ちゃんは吸血鬼みたいに襟が立ったコートを着てて、ここの衿の部分が赤かったの。

ベースはシルバーだったと思うんだけど・・・インナーに赤のベストを着てて、これがいわゆる音楽家の肖像画とかで見るような貴族のやつ。金のボタンがいっぱい付いてるみたいな。

で、その下は白のブラウス。襟元から白が覗いていた。

裾はスカート上になったもので、まぁいつものああいう感じですよ。

大ちゃんも黒のブーツだったと思うんだけど、ヒロより丈は長くてひざ下くらいまであった。

で、短パン履いてて、水玉の黒のタイツだった。透け感あり。

その絶対領域は覚えてる。

パンツ、黒だったのかな???あんまりタイツと切り替わってるところの色味が違和感なかったから、多分そうなんだと思う。

で、この後大ちゃんはどんどん1枚ずつ脱いでいくんだけど・・・あ!!思い出した!!!!

上のコートは長かった。

で、その下のベストは短め丈だった。そしてベストじゃなかった。ジャケットだった。

言い方はアレだけど、TOKIOの時に沢田研二が着てたやつみたいだった、スマン・・・。

で、その下がフリフリの白シャツ。

裾はずっとついてたから、腰からくっつけてたんだね。

軽めの生地で一部光を反射してたような・・・ラメみたいなのが入ってたのかな?

ホントに申し訳ない・・・どんだけ大ちゃん見てないんだよ・・・って言うね(苦)

そんな2人が舞台センターに現れたのですよ。

神々しい!!!!!!!!!!!!

何だろうね、2人揃うとやっぱりヒロがナイトに見える!!!!!!!!!!!!

ソロの時ももちろんカッコいいんだけど、親しみやすい兄ちゃんな感じがなくなる。

しっかりと地に足着いた立派な騎士に見えるのは何故なんだ???

大ちゃんだって別になよなよしてるわけじゃないのに、どっちかって言うと勝気な感じでの登場なのに、背中を預けてる感が。

後ろは気にしなくてもいいよねみたいなさ、なんていうの?

とにかくこの2人が揃うとやっぱり最強なんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

会場からも割れんばかりの歓声が響く中、刻み始めたのはあのリズム!!!

WRAだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

この曲からか〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


高みから降りてきて歌い出すヒロ、少し遅れて降りてきて、スタッフからショルキーを受け取る大ちゃん。

あぁ〜〜〜今年も始まった!!!!!!!!!!!!!!!!!

カッコいい〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



と、取りあえずここでひとまず本日のセトリを・・・。


Winter Ring Affair

CATCH THE RAINBOW

Crack Boy

瞳ノ翼

SENSUAL GLIDE

TRY AGAIN (S Version)

DECADE"XXX

TEAR'S LIBERATION

MOONSHINE DANCE

grandmuse

Shadow over the world

  AXSチャンネル

GLAMLOID〜ghost night〜

Heart Mining

Vertical Innocence

OZONE, IN THE NATIVE

永遠dive

Grateful Circle


<アンコール>

Life Goes On

S-MILE GENERATION



でした。

ライブ時間は約2時間半でしたよ。



短いですが一旦切ります。

妄想しまくっててくださ〜〜〜い♪




sakurajun9tion at 12:48│Comments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
livedoor 天気