2021年10月04日

やっちゃっても可愛い! その2

と言う訳で続きです。

休憩明け、まずはLet’s get awayから。

ラフなシャツに着替えたヒロちゃんがドライブしながら出てきてくれます。

♪もうそんな時間で腕時計を見る振りをしてくれるのが可愛い!!

軽やかなステップでクルクル回ってくれたり、おしゃれです。

そして

「皆さん準備はいいですか!!マラカスタイムリターン!!ミステイク!!」

と始まったミステイク。

楽しすぎる!!!!!!!!!!!

ここはマイクスタンドで歌ってくれるので正面で可愛いヒロちゃんが拝めました。

確か・・・

「解ってますよね?解ってますよね?愛してるんですよ。ホントに。」

なんて事を間奏の間に言ってくれていたような・・・。

今回ミステイクの間奏のセリフがあんまりなくて、ちょっと寂しい。

「こないだのアレはさ、アレはだって、オレが悪いんですね、ハイ。」

なんてのもあったと思う。

ラストまで可愛いヒロちゃん劇場を繰り広げて、ここでは自分でちゃんとマラカスが消せました(笑)

そして下手前に移動しての、ピアノ。

だけど名古屋、会場が狭いから東京や大阪みたいな青のスポットが下りてきてなくて、すっごい慎重に弾き出したんだけど、ちょっと弾いたところで

「違う。」

ミスタッチしちゃったのね。すぐに頭から弾きなおしたんだけど、会場からは微笑ましい笑いが。

「じゃあ、ちょっと待ってね。

巻き戻していい?」


って言って、お水台まで戻って汗ふいて、マラカス持って、センターに出て来てミステイクのラストのポーズまで戻したの。

そこからまた何もなかったかのようにマラカス置いて、汗ふいて、ピアノの方へ歩いて来て、イスに座り直してから・・・

「スイマセン、明かりつけてもらっていいですかね?」

って(笑)

あまりの暗転振りに鍵盤見えてなかったぽいね。

そしてしっとりと弾きだし、歌い出して・・・サビまで来たところで・・・

♪涙を流さぬように いつの日も、そう願ってる〜

の後の伴奏が・・・

「やっちゃったね。

今日ね、さっきミステイク終わりのところでさ、なんか今日やっちゃいそうな気がしたんだよ。


あの・・・挽回できないね。ちょっと待って。」


って言ってここからしばしヒロちゃんの自主練タイムが。

コレめっちゃ貴重だった!!!!!!!

いつもこんな感じで練習してるんだって感じで。

ポロポロ、ポロポロ、って弾いて、やっぱりさっきのところで躓いて、

「ん??」

とかって言ったりして。

何回か黙々と自主練をして、

「今、何考えてるか、解る?

最初っからやった方がいいのかな、って。」


って事で最初から仕切り直し!

めっちゃ贅沢〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

仕切り直した後もちょっとミスタッチしたんだけど、そこはすぐにリカバリーして弾き続けました。

仕切り直した後の方が熱が入った歌い方だったような気がするよ。

そしてさっきミスしたところは綺麗にクリアして、歌い終わった後、苦笑いのVサインでした。

その後はバンドで。

I&Iの後はガラッと変わってCritical Calling

ここからは1曲ごとに表情が変わっていくのが良いよね。

まずはガツンと食らわしてくれてからのEveryday

「みんな心の中で一緒に歌ってください!!」

とヒロ自身も会場を見渡しながら歌ってくれます。

本当に今の気持ちにぴったりな1曲だなと思う。

一人じゃないんだよね〜。

そういう思いが本当に嬉しいね。

そしてそこから本編ラストはカッコよく駆け抜けてくれるWish in the dark

ヒロの激しさを存分に見せてくれるんですよね!

このジェットコースターみたいなのがやっぱりヒロソロなんだよね。

ラストはカッコいいシャウトで締めてくださいました。

「サンキュー!名古屋!!」

颯爽とはけていく姿までもアツいものをまとってるようなそんな感じで本編は終了です。

ここからアンコール待ち。

この日はね、すごかったの。

アンコールの拍手がどんどん速くなって、あまりの速さにそこから1拍おきになったんだけど、それがまた速くなって・・・みたいな。

なんか楽しくなってきちゃいましたよ。

こんなにも待ちきれない思いがヒロにも伝わってくれてたらいいなって思って。

そしてやっとラストのアンコール。

まずはギターでのOne Loveから。

これがさ、やっぱりドセンの威力ってすごいね。

私に歌ってくれてますよね???(アホ)

スタンドマイクだし、そこから動かないし、視線は前に向けてくれるから完全に勘違いモード発動(笑)

いいの!!これがライブの醍醐味なの!!

バラードで勘違いするのは個人の自由です!!

とにかくこの日のOne Loveは勘違いの相乗効果もあってしんみりと染みたね〜〜〜。

そしてMCでさっそく・・・

「あの、ね・・・I&Iね・・・(苦)アレね・・・。

でも2回目弾いたので伝わっていただけました?」


と本人も苦笑い。

「こう見えても負けず嫌いなんで、すっごい悔しいんですよね!」

って言ってくれちゃうところがステキだわ〜。

「ちょっとね、反省点があって、もうやめようと思ったんだけれど、」

とここで裏事情が。

「途中、はけまして、いつもバナナ食べるんですよね。エネルギーを補充しようと思って。でも、栄養ドリンクが置いてあったんです。今日は、ちょっとこれを飲んで、ちょっとグッと、もう1発、もう既にマカを飲んでるのに、あの〜〜ちょっと飲んで頑張ろうかなと思ったら、結構、力が漲って来ちゃって、Mistake終わるころに、なんか妙な力が湧いて来て、この力、大丈夫か?って思って、終わりました、汗拭きました、座りました、出だし、いつもならこの幅でいいんですよ。」

って弾き始めの指の広さを見せてくれるヒロ。

「いつもより多めに広がりました。」

って指の幅を広げてみせるヒロ。

「栄養ドリンクダメ!!!本番中に飲んじゃ!!」

って猛省しているヒロでした(笑)

そんな裏事情があったのね〜〜〜。

確かにいつもしてるルーチンから外れるとアレ??って事あるよね。

その時は良かれと思ってるんだけど、なんか馴染んだ感触と違う・・・みたいな。

すっごいよく解る。

私もダンスの舞台の時とかって、劇場入ったら終わるまでほとんど何も食べなかったりするんだよね。

もちろんエネルギー切れちゃうとダメなのでヤバい時にはちょっと入れるんだけど、胃の中が重いのがどうもダメで・・・。

昔は心配だったからいろいろ持って行ってて、全部そのまま持ち帰って来てたんだけど、最近はそれが解ったからほとんど何も持って行かなかったり。

でもそういう時に限ってエネルギーが切れてなんか欲しくなったりしてね(笑)

なかなか上手くいかないものです。

私もバナナにしようかな〜〜。

ゴミ問題とかもあるのでゼリー飲料とかにどうしてもなっちゃうんだけど。

話が逸れましたね、スミマセン・・・。

そんな力が漲りまくっているらしいヒロ、この後も間違えちゃったことをごめんねって謝ってました。

むしろ、貴重なのでありがたや〜〜〜って感じですけれども。

そしてここでバンドメンバーの紹介。

まずはシーちゃんから

「みんな大人しいね。」

「出た!!サディスティック武仁。」

しかしここでヒロから暴露が。

「そんなシーちゃんがリハ中は一番大人しいからね。アハハハ。」

「なんかさぁ・・・。」

「だって喋っちゃいけないんだから。」

「そうだよね、そう言われてたよね。なんかちょっと、もうちょっとはしゃいだ方がいいのかな〜なんて思うんだけど。」

「ダメなんだよ。」

「ダメなのね。」

「うん。みんなはね。」

「みんなはね。」

って状況を理解してるのかしてないのか(笑)

まぁステージから客席を見てて歓声が上がらないのってやっぱり淋しいんだろうな・・・。

「だからシーちゃん自身、久し振りのライブだったんで、僕最初に言っといたんです。みんな席は1個空いてるし、みんな座ってるけど驚かないでねって。

そこでメンタルまず強くしてねって。」


メンタル(笑)

これには笑った。

「でも、ひとつ判明した。ヒロのライブのお客さんってさ、みんなの事なんだけど、美人さん多いじゃない?なんか美人さん、増えてるような気がするんだけど。」

「アラ?どうした?どうした?何かを狙ってるのか?アハハハハ。」

・・・スミマセン。これからは気配を消して生息します・・・。

シーちゃん、とんでもない事ぶっこんできたな・・・。

この発言に肩身が狭くなりました(泣)

せめて人間として認識してもらえるくらいは保って行かなければ・・・。

しかしその後ヒロからも、

「そうだよ!それは昔からホントに言われてんだよ。イベンターさんの間とかでも、あ、貴水さんのファンの方は可愛い方が多いですよね。って。ダメですよ、手、出しちゃ。」

って立ちはだかる振りをしてくれるヒロなんだけど、マジで肩身狭くなるわ〜〜・・・。

せめて身だしなみと振る舞いには気を付けよう・・・。

そしてシーちゃんがさらに、

「自分もさ、これ(マスク)したらちょっと色男っぽく見えない?」

って言うと

「それ、ある意味失礼だよね。」

ってもりおさんが(笑)

「何で?」

「マスクしてると可愛く見えるみたいな。」

「違う。シーちゃんがでしょ?シーちゃんが、まず自分がそうしたらカッコよく見えるかもって言ったんでしょ?」

「3人とも噛み合ってないね、話が。」

「違う、今シーちゃんをヘルプしたんだよ、オレは。」

「ごめんごめん、解ってる。」

このわちゃわちゃ加減(笑)

ここにあと2人いたら・・・。

きっと響さんはニヤニヤしながら傍観してるだろうし、しばちゃんはもりおさんの意見に頷いてそう。

やっぱり4人が揃ったのを早く見たいね。

そしてもりおさんを紹介し、

「終わっちゃうね。」

「ホントだよ、あっと言う間だよ!!もりおくんが頑張って頑張って頑張って頑張って作り上げてくれたのが、また回数少なく終わっちゃいますけれども。」

「ホント、いい感じになってきたら終わっちゃうって言うね。」

「そうなんだよね。」

ってホントにヒロもしょんぼりしてた。

「ツアーって、ホント、10本くらいやるとね、後半スゲェいい感じになってくるんだけど、残念です。」

ってもっとやりたい気持ちを口にしてくれたヒロに、

「って言うか、ヒロのピアノ、すごいよね。

ひとつ言いたかったんだけど、譜面見ないでよく弾けるね。」

「あ、譜面が読めないんです。アハハハハ。」

「でもすごくない?」

「いや、読めないことはないけど。」

ってヒロがあっけらかんと笑っていると、

「例えばね、間違えたら譜面見れば、あ、ここからかって思い出せるじゃない。完全に白くなっちゃったらどうすんの?」

「あのね・・・絶対に負けるもんか!って自分に呪文を唱えるの。アハハハハ。」

この精神性・・・すごすぎる・・・。

ホント、そうだよね、忘れちゃったらどうにもならないじゃんね。

まぁ私も譜面読めない人なので譜面を置いてあっても・・・って感じなんだけど、でも確かに思い出すきっかけにはなるじゃない?

それがヒロは全く置いてないって事は自力でどうにかしなきゃいけないわけでしょ?

記憶の中に欠片も見つけられなくなったら終わりじゃないですか。

そういう時に負けるもんかで思い出せるって言うヒロの精神力というか根性と言うか・・・ホントこの人凄すぎる。

しかしヒロの考えはさらにすごくて

「だってみんな楽しみにしてくれてるじゃない。それが一番ちょっとね、悔しくなっちゃうんだよね。」

って。

それで思い出せるって言うのが執念だわ・・・。

「すごい。形で覚えてるって事だよね。」

「ま、一応譜面でも覚えてはいるんだけど、でも形だよね。だから最初・・・広めに言っちゃいましたよね、今日ね。」

「いや、すっごい緊張する。こっちが。」

「アハハハハハハ。」

確かにヒロの後ろでじっと見てるもりおさんの方が弾けるだけに緊張するだろうね。

なんて話をしてると袖から巻きの指示が入ったらしくまとめに。

「今日、いっぱい特別な事あったでしょ?だってI&I、1回半と・・・1/2くらい行ってたでしょ?

今日のTwitter怖いよ、見るのが。面白く書いてね。なんかこう・・・ふにゃってなるようなね。ハッシュタグ、そんなヒロも好きみたいなね。」


ってこの発言からこの日の#そんなヒロも好きが始まったのです。

と言う訳でもうちょっと行くぜ!!って事でワイルドタマシイへ。

後ろにも気を配ってくれて盛り上げてくれて、めっちゃ楽しい!!!

そしてラストのYahho!では

「心の中で一緒に歌いましょう!!」

って言ってくれて、ヒロもマラカス持ってシャンシャンしてくれたり、お立ち台からたくさんジャンプしてくれたり、

「オーライ、みんな準備はいいかい!!カモン!モリオタカシ!!」

ってピアニカのもりおさんが前に来てくれたりして、めっちゃ楽しい!

ヒロのジャンプがね、可愛くてね。

片足だけを後ろにピョンって跳ね上げてジャンプしてくれるんだけど、可愛いよ〜〜〜〜!!!!!!!

ラストもHey!!ってやり始めてハッと気づいたのか、

「心で、心で、心で!!」

って笑ってたり。

とにかく楽しいライブでした。

先にバンドメンバーがはけて行き、

ラストにもうひとつ暴露。

「コレ、見てくれた方は解ると思うんですけど、このスニーカーね、去年の配信ライブの時に、履いたスニーカーで、その時にみんなに思いを届けたいのと同時に、次にライブをやる時はアンコールで絶対コレ履こうと思って、履いてきたんですよ。実現した!良かった。」

やっぱり!!

見た事あるな〜〜って思ってたんだよね。

「そして僕、一時期、ファンの皆さんに靴下が欲しいですって言ったら、ものすっごい、めちゃめちゃ事務所に届いて、これファンの方から貰った靴下です。」

嬉しいね。

自分の送った靴下だったら感激しちゃうよね。

ヒロはさ、ホントにファンから送ってもらったものを使ってくれているのを見せてるから多分みんな送っちゃうんだよね。

まぁ全部を使い切るのとかは難しいだろうし、中にはスタッフさんに・・・なんて事もあるんだろうけど、それでもこうして使ってるところを見せてもらえるとどこかでヒロがきっと使ってくれてるんだって思えて嬉しいよね。

そういうところを隠さず伝えてくれるのがヒロの良い所だよね。

そしてこの日もラストにいろんな考えはあると思うけど、こういう時でも自分はみんなと一緒に生きているという実感と共に、勇気や元気、希望なんかを分かち合える瞬間を大切にしていきたいって言ってくれました。

もちろん簡単な事じゃないことは解った上でこう言ってくれるのは本当に嬉しいよね。

そしてラストにも

「くれぐれもツイッターは優しめに。」

ってこそっと言ってくれて、生声でI&Iを歌ってくれました。

いろいろいつもの注意事項(笑)を言った後、

「愛してまーす!!」

と手を振ってはけて行きました。

名古屋も終わっちゃったよ〜〜〜〜。

後1公演。

ホントにさっきのもりおさんじゃないけど、淋しいね。

やっぱりヒロソロは楽しいんだよ。

次は是非フルメンバーで!










sakurajun9tion at 15:50│Comments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives