2024年01月04日

座間ザマス!!!!!その2

という訳でアンコールでございます。

今回はまったりトークからではないので、出てきたらすぐにスタンバイですよ。

まずはムンシャイ。

この日は何にもメモを書いてないところを見るとあっさりだったのかしら?

それとも頭コツンしたのはここだったかな?

うん、そうっぽいな。

ラスサビのところで背中合わせのところ、首を傾げるように通常運転の頭コツンだったと思われる。

通常運転の頭コツンってなんだよ、って感じなんだが、あの2人にとっては通常運転なんだから仕方がない。

いわゆるノーマルなやつね。

てか、今冷静になって考えたら、ノーマルってなんだよ・・・ってことなんだけど(苦)

という訳でここからまったりトークです。

「すげぇ、ULTでやんの!!」

って大ちゃんも嬉しそうだった。

みんなの声も聞こえるし、熱気もすごいしって言ってた。

「まだまだ元気で、いけそうだね?」

「もっとくたばるかなと思ってたら、」

なんてことも言っていた。

こういうところの大ちゃんの言い方(笑)

で、この日、確かMCの初めの方で大ちゃんがイヤモニの音を気にしてて、

「ちょっと、僕の方、ヒロの声あげといてもらってもいい?」

ってしまいには袖に言ってて、会場から歓喜の声が上がっていた(笑)

単に会話が出来ないからってことなんだけど、良いよね〜〜〜〜(アホ)

この日は座間ってことで話題はやっぱりこの話題

「なんかマイクを持つとスネ夫のお母さまみたいなね。」

と。

「発祥はそこなの?」

とザマスな会話に。

「サザエでございます、は、アレは違うの?」

と訳の解らんことを言い出し、

「サザエで・・・ごザマでーす、だったらいいんじゃないの?」

って大ちゃんが前回話していた『ひき肉です』のポーズで言い始めると、ヒロはスンとしてそんな大ちゃんをしばらく放置(笑)

「もう終わったのかと思った。」

とブームは終わったでしょ?ってな感じの事を言い、

「ひき肉でーす、だよ。」

ってまた力いっぱいポーズをする大ちゃんに、

「あぁ、そうそうそう。」

とテキトーな返し(笑)

大ちゃん曰く、

「今回のULTはいい具合に、冷静にいられなくなるんだよね。」

「もうハイテンションだらけだからね。」

「もう1分前に何喋ったか解らないもん。」

とこれまたテキトーなことを言い、ヒロに呆れられるという(笑)

こういうところのヒロの冷たい返しが結構大好物♪

まぁ大ちゃんの言いたいこともよく解るし、それだけハイテンション、ハイカロリーな曲だらけなので頭のネジも何本も切れてるって感じなんでしょうけども。

「まだ2本目とは思えないよね。」

「もう1本1本が勝負ですからね!」

と2人も気合十分でございました。

この日の話題は「小春日和」という言葉について。

「小春日和っていう言葉を秋に使うって、初めて知りました。知ってた?」

「へぇ〜知らなかったザマス。」

「知らなかったザマスか?」

ということで小春日和について。

この日大ちゃんは座間に着いて、アクスタで写真を撮ってXにポストしようとした時に、

「秋晴れは、もう過ぎたのかな〜って思ってたら、スタッフの人が、こういう日を『小春日和』って言うんですよって。僕ずっと春の言葉だと思ってて、知ってた?」

って会場に手を挙げさせると、まぁそれなりにいますよね。

するとそれを見たヒロ、

「半分は嘘だねー。」

ウケる。

「みんな物知りなんだね。」

って感心していました。

そんな小春日和の説明に、

「ずいぶん先取りだね、これから冬なのにね。」

「そうね、せっかちだね。」

「ファッションみたいだね。」

「どっかのお兄さんみたいだね。」

とここで木根さんのせっかち話(笑)

駅のホームで電車が止まる前にドアについて一緒に歩いてしまうというやつ。

そんな話を2人でして笑った後は座間について。

「座間は座間駅っていうのがあるのかしら?

座間は何県?」


なんて会場に聞いたりして、

「神奈川、だよね?

神奈川と横浜って一緒の所なのに、違うところみたいな感じがするね。」


「そういうアピールする人が多いからじゃない?」

「だってオシャレじゃん!憧れの街だよね?」

とヒロも言ってましたが・・・横浜もね、みんなが思っているのは本当にあのごくわずかなエリアの事ですよね?

横浜、畑ありますし、山ありますし、田舎ですよ。

そんな感じで再び話題は座間の話に。

「座間水ってあるんでしょ?」

と座間のお水についての話に。

「美味しいよね。いくらするの?」

って聞くと200円くらいという答えが返ってきて、

「高っっ!!」

とビックリしておりました。

座間はね、地下水が豊富なんだよね。井戸水がくみ上げられてたり。

なので蛇口から出て来るお水の大半を地下水が担っているの。

小さい頃、座間の市民プールとかよく連れて行ってもらったなぁ。めっちゃ水が冷たくてさ。

水質が良いので蛍が見れたりします。

と言う感じでひとしきり座間の話をした後は近況報告

「どうですか、最近は。」

「だって最近は、ツアーのために身体を鍛えないと、持たない。大ちゃん、プロテイン、飲んでます?」

ということでここからプロテインの話。

「EAAとかさ、BCAAとかあるじゃん。」

「EAA、飲んでるよ。」

「あ!オレもEAAを飲むことにしたんだけど、」

「EAA、筋トレした後とか、僕もこんな感じですけど、一応健康のためとか、ちょこっと嗜むんですけど。」

と大ちゃんの筋トレ事情も垣間見えたりして。

ヒロ曰く、鍛えてる最中に飲むと疲れないらしく、それを聞いた大ちゃん、やっぱりいろいろ調べてた。

「一番いいのは、ジム行く前にガッと入れて、タンパク質多めの状態で運動するのが良いって僕聞いたことがある。終わった後も良いよね。」

「夜、良いっていうよ。」

「夜ね。」

「寝てる間に。EAAは飲むと筋肉の破壊がされないとかさ。」

と2人でかなりアツいプロテイン談義をしていたんだけど、すまん、全く飲まないし栄養素とか全く解らん人間なので、へ〜〜〜〜って感じだった。

いかんとは思うが、食べたいもの食べて死ぬならそれでよし!と思っている人間なので、生まれてこのかた真面目にダイエットとかに取り組んだことがない・・・(苦)

だってやろうと思ってもすぐやらなくなっちゃうんだもん。

栄養素とかそういうもの全然解んないし、身体が欲するものを食べればいいんじゃない?っていう認識しかない・・・(アホ)

だから際限なく太るんだろうけど(苦)

いいの!太っていることが美徳となる国に行けばいいの!

日本はね、異常よ。栄養足りてない状態なのにそれが美しいとか、おかしくないですか?って、持論(笑)

もちろん健康を害するような太り方はよくないと思うけどさ。

何事も適度にね。

そんなヒロちゃん、

「鍛えだすとさ、止まんなくなんない?

オレ、今日の朝も行ってきた。」


「えぇ!?」

「やめようかなって思ったんだけど、いやいやいやいや!って。」

解らなくもない・・・。

運動って自分に合っててスイッチ入ると止まらなくなるんだよね。

やりすぎか?って思ってもやってしまう。

多分もともとヒロってそういうところのスイッチ、結構簡単にONになる人だからな。

なんて筋トレの話をしてて不意に

「何でこんなaccessのライブで筋トレトークをすることになってるのさ。」

と我に返る(笑)

「ULTだから。」

「ULTだからね、最強だからね。」

と納得し、みんなにもEAAはおすすめだよとヒロが言ったりして、

「EAAってなんだっけな?何の略だったかな・・・。」

と大ちゃんが記憶を辿っていると、

「エロい、access、アイーン(^-^) 

なんだよ、アイーンって。」


って自分で突っ込んでました。

EAAは今日から『エロい、access、アイーン』になりました(笑)

そんな感じでプロテイン話もオチが付き、グッズについて。

この日も会場を見てたくさんグッズ付けてくれてると。

「なんかめちゃめちゃ会場、派手だね。」

と今回のツアーTがかなりカラフルなので必然的に客席が派手になるんだよね〜て話も。

「僕らはこういうのもつけてますよね。」

と限定のご当地キーホルダーも。

この日は金色のやつで、

「いいね、エロいね。」

「エロい、access、アイーン。」

って再びヒロが言ってくると、

「ダメだ、飲むとき思い出しちゃうよ。」

って大ちゃんが撃沈してるとこに、

「ここに筋肉。」

とさらにシモをぶっこんで来るヒロ(笑)

本人はめちゃめちゃ爽やか〜に言ってシレっとしてるんだけど、多分想像した大ちゃんだけが食らってました(笑)

こういうのホント多いよね。

是非ともEAAを飲むときにソコまでセットで思い出してくださいませ。

で、今度は大ちゃんの近況。

先日の大阪ライブへの移動の時の話。

大ちゃんは新幹線の窓側に座っていて、斜め前にサラリーマンの男性が座っていて、その方がかなりリクライニングを倒していたんだそうな。

リクライニングをかなり倒していたため隙間からそのサラリーマンが携帯をいじっているのが見えたんだそうな。

「携帯で一生懸命、検索してるんですけど、女の子をね、検索して、」

と画面をタップして画像を拡大する振りをして見せる大ちゃん。

「女の子?」

「画像検索か、タレントさんを見てるのかは解んないけど、ほら、検索すると顔がいっぱい並んでるじゃん。で、プッと大きくして、小さくして、またプッて大きくして・・・っていうのを僕、ご飯食べながらその隙間から・・・。」

見ていたんだそうな(笑)

「で、僕思ったんだけど、斜めから見て見えないやつ、貼った方がいいね。」

「あ、オレ、貼ってるよ。貼ってる貼ってる。」

「マジで?」

「オレ、すぐ。」

「やらしいね。」

と言うか、大ちゃん、貼らないのか?

まぁそういうの見ないから?女の子じゃないから???

見るのはヒロだけだから???????


何にしても貼った方がいいよ、大ちゃん。

その点、ヒロはそういうところしっかりしてるよね〜〜。

あれだけアナログ人間なのに、そういうところは押さえてる(笑)

「だからね、そういうの貼った方がいいんだねって。だってヤバくない?後ろの人にさ。

まぁ僕はさ、可愛いワンコの写真とかだからさ。

その疲れたサラリーマンの方とか、とっても癒される・・・って言うかさ。」


「まぁまぁそれはね、男性は見ますよ。度を超したやつも見ますよ。」

「え??どぉこ??」

「度を超したやつ。」

「何?どおこしたやつって。」

「だから、女性の、」

ここでやっと大ちゃん気付いた。

「度を超したやつね!」

「エロい、access、アイーン!!(^-^) 」

このやり取りマジで笑ったわ。

レベルを超えたやつねって再度大ちゃんがちゃんと確認して、この話は終わりかな〜って思ったら、

「じゃあじゃあ大変だったね、大ちゃんもね。」

何が??????????(爆笑)

「・・・そうね。」

「たまったもんじゃないよね。」

だから何が?????????????????

この噛み合わなさがめちゃめちゃおかしかった。

結局、見るものには気を付けようって話で、

「accessは電車の中で見せつけて。」

「そうだよ!たくさん宣伝して。」

と言っておりました。

多分脳内がバグってた大ちゃん、再度にヒロに近況を聞こうとして、

「だからEAAの話したんだアイーン!!」

と言われていました(笑)

でも優しいヒロは

「あとはバイクのカスタムがね、今日の朝、来ました。」

と報告してくれました。

それを聞いた大ちゃん、

「あなたは今日、何時に起きたの?ジムも行ったんでしょ?バイクのカスタマイズも受け取ってるんでしょ?」

「いや、受け取ってない。連絡が来ただけ。カウルのペイントが出来ましたって。」

「何色にしたの?」

「黒。オレンジのライン入れてもらって。」

出来上がったらアップするねと言ってくれて、後日カッコいいバイクとヒロの写真がアップされました〜〜〜♪

めっちゃカッコいいよね!!!!!!!

ヒロってホント、こういうのセンスいいよね〜〜〜。

そんなバイク話をしていると大ちゃんが、

「僕はサイドカーをクラウドファンディングで。」

って言い出して、

「オレさ、何度かさ、そのままシレ―ッと終わらせようとするのに、絶対終わらないよね。」

とサイドカーなんか付けたくなさそうなヒロ(笑)

まぁあのかっこいいバイクにサイドカーはねぇ・・・。

「だって言い続けないと夢、叶いませんからね。」

恐るべし大ちゃん理論(爆笑)

そんなヒロは

「サイドカーってさ、曲がる時、こっちに曲がるならまだいいんだけどさ、こっちに曲がる時、アレ?サイドカーってどっちにつけるんだっけ?」

って聞くと会場の男性が左って教えてくれた。

「左だよね。

右に曲がる時、大ちゃんがこっちにいてさ、もし凄い体重かけたら、ア〜〜レ〜〜〜って(飛んでいく振り)

危ないよね。」

真顔で言っておりました。

そんなヒロの心配に、

「動画でも撮って、怒られてね。」

なんてサイドカーの夢を諦めない大ちゃんなのでした。

そんな感じでつらつらと話してそろそろ音も・・・ってことで曲に。

「じゃあ、やっぱりね、今日、座間に来てくれたみんなにもね、」

と導入部分を話していると、

「ちょっとお水飲む。」

って要塞に戻って準備をしようとしていた大ちゃんが。

すると

「じゃあオレも。

一緒、一緒、一緒♪」


って2人仲良くお水をごくごく。

会場からまたしても歓声が上がりますよ。

ホント仲睦まじいというか・・・いちいち可愛いんだよな〜〜〜。

何も言わずに「オレも」って飲めば別にって感じなのに、そんな歌っちゃうくらい浮かれちゃうのがさ〜〜〜。

しかし後から飲み始めたヒロが飲み終わってもまだ飲んでいる大ちゃん。

「大ちゃん、よく飲むねぇ。」

「うん。意外と僕ね、このツアー、飲む隙がない事に気付いて、」

って大ちゃんがさも大変そうに話し始めたんだけど、

「大ちゃん、オレだよ。」

こちらも真顔で(笑)

「すっごい、ダン!!ファァ〜〜〜、

ダン!!飲みたい!!ウ〜〜〜〜〜!!!

ダン!!飲みたいっっ!!!!アァ〜〜〜〜!!イェ〜〜〜〜〜!!!!」

確かにヒロこそ飲む暇がない(爆笑)

「今度っから、マラソン大会みたいにそこに紙コップ置いてもらおう。給水のお姉さんに居てもらって、」

「スポンジとかでジャーって。ビチョビチョになっちゃう。」

なんて事も言いながら、

「さ!歌うよ!!」

「はい、歌おう!!」

「僕も弾くよ!!」

「OK?OK?」

ということでここから一気にLOVING YOUに

こんなおちゃらけたトークからあの歌うたうんだから、マジで凄いわ。

この日のこの曲は直前のトークのせいもあるかもだけど、あたたかいちょっとポップな感じに聴こえたよ。

こういう2人の空気感がそのまま反映されるのも聴いててステキよね。

そしてそのままラストのルクアへ。

この日のルクアも大ちゃん、ソロがあること忘れてた(笑)

初日の大阪でも1コーラス目が終わってそこにバンドメンバーの紹介があって、ワンフレーズずつソロっぽくなるんだけど、その事をすっかり忘れてる大ちゃん、ついついいつもの感じで上手前に移動してきてしまっていて、しーちゃんとどっかぶりになるのよね。

この日も直前に、ハッ!!って気付いて、やっちゃった!!!って感じに上手の袖ギリギリにちょこちょこって寄って、ごめん!って苦笑してた(笑)

そしてやっぱり大阪ではヒロもどうしようって思ってちょっとタイミングがずれてたんだなってことが判明。

座間では問答無用に大ちゃんが居てもバンドメンバーを紹介したよ(笑)

大ちゃ〜〜〜〜ん・・・って感じだったけど(笑)

バンドメンバーのソロが終わって通常通り2コーラス目に入って上手袖ギリギリからしーちゃんに謝りながらセンターに戻ってきた大ちゃん、その後は思いっきり走り回ってくれました。

大ちゃんは花道にもたくさん来てくれて、ヒロはそんな大ちゃんを見守りながらステージセンターに居たら、その後ろからしーちゃんが近づいてきてヒロにくっついたら、全く気にしてなかったヒロはビックリしてた。

その後は肩を組んで一緒に大ちゃんを見守ってたけど。

ルクアがラストまで終わり、最後揃ってご挨拶の時、大ちゃんがしーちゃんに向かって深々とお辞儀を何度もしてゴメンナサイをしてたのね。

その様子が微笑ましかったです。

ヒロも笑ってたし、しーちゃんは大丈夫だよ〜って感じで、しばちゃんも並びに来て笑って見てた。

「後で怒っていいよ。」

ってヒロに言われて大ちゃんもスイマセン!!って(笑)

こういう雰囲気、やっぱりいいよね。

ご挨拶して、バンドメンバーがはけていくと、2人が歓声をおねだりしてました。

「今日も最強だったね。」

なんてやり取りをして、

「またしばらく会えないね。」

ってヒロが言うと会場からヤダーーって声が上がり、

「いいよ、明日も?

会場費出してくれる?」


出したらやってくれるのか!!!!!!!!!!!!!!

この日、大ちゃんがprimitive heart の事について、みんなの声を入れて作りたくて、でもずっとそれが叶わなくて、前回やっとみんなの声を入れることが出来て、完成版が出来て、今日こうしてリアルにみんなの歌声を聴くことが出来て本当に嬉しかったって言ってくれました。

「人生観、変わったよね。」

「そうだよ。」

「人と人の距離を変えられてしまったのは、凄くおっきかったよね。」

と。

「またこうしてみんなと声を出して歌って踊って楽しめることが、accessにとって最高で、最強の事なんじゃないかと。」

「うん、そうだよ!!」

と力強く言ってくれました。

「皆さん、最強でした。」

「ULTありがとー!!」

大きく手を振って、いつものようにヒロのラスト

「愛してるぜ!!!」

を残してはけていきました。




座間、以上で〜〜〜す!!

やっぱり長いんだな・・・(苦)

sakurajun9tion at 19:36│Comments(0) ヒロ王子・プリンス大ちゃん | ライブ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives