2024年01月21日

初体験♪

寒くて冬眠したいさくらです〜〜こんにちわ〜〜〜

1月ってなんかやる気が出ないんですよね〜〜

って、さくらの場合はいつもなんですけど(苦)

すっごい久し振りに日曜日をダラダラ過ごしております。

これ、2月に入ったらなくなるんだろうな〜・・・

年明けからいろんなことに忙殺されまくってて、仕事がね・・・(苦)

ちょっと問題勃発でその対応に追われたりして、脳みそが限界を超えています(泣)

だからさ〜〜〜、私、機械に疎いのよ!!!

書かれていることが全く理解できないのよ!!!

そんな状態で緊急対応をしなくてはならず、身も心も疲弊しまくっております・・・。

誰か〜〜代わって・・・。



まぁそんな事言ってても仕方がないので、自分の時間は自分の時間でちゃんと楽しまなくては!!と言うことでそこそこいろいろやっております。

そんな中で一番の気分転換は髪色を変えた事ですかね〜〜。

と言うか、変えざるを得なかったから・・・って言う理由の方がデカいんだけど・・・。

実はさくら、11月の末にめちゃめちゃ髪色変えたのですよ。

ブリーチして色入れて・・・って。

なのでしばらく金髪?金髪ではないんだけど、にしてたのね。

いろんな方からフランス人形みたいな髪色って言われてたんだけど、まさにあんな感じ。

ミルクティーベージュなる色にしていたのよ。

凄く可愛い色だなぁ〜って思って、してみたんだけど、色って2週間くらいで抜けちゃうのね・・・。

そんなことも知らなくて、美容師さんに言われて初めて、そうなの!?って感じだったんだけど、このところ全然変わり映えしないヘアスタイルに飽き飽きしてたこともあって、いいじゃない!やっちゃいましょうよ!!って後先考えずにやったんですよ。

まぁ結果的に結構楽しめたし、あの色はあの色で好きな感じだったんだよね。

以外と周りにも好評だったし。

なんだけど、3月に発表会があるんですよ。

その時には突飛な色はNGなんですよ。

群舞なのでね、悪目立ちしないようにってこともあって、髪色とかも言われるし、まぁピアスとかネイルとかも指定が入るんですよ。

アクセサリーは基本禁止だしね。

なので11月末に染める時にもリハが始まる1月末か2月頭には普通の色味に戻さなきゃいけないって言うのもあって、それならちょっとやってみてもいいんじゃない?って気持ちになったって言うのもあるんだけど。

そして昨日、楽しかった色素の薄い髪色にさよならして、黒っぽくしてきました。

ただ、黒にするのはなんかもったいなかったんで、せっかくブリーチしてるからね。

今だから楽しめる髪色にしたいなって言うのもあって、暗くはしたんだけど、ここからきっと落ちていくだろうことを見越して・・・って感じの色味にしたのです。

これがまた新鮮でね。

そう言えばさくら、黒っぽい髪色、してなかったなぁ〜って。

最近は割と茶色に寄せた髪色だったし、色を入れてたからだんだん茶色っぽくなっちゃってたって言うのもあって、こんな真っ黒なのは本当に久し振りなんですよ。

ミルクティーベージュにした時も自分の髪色に慣れなくて、鏡を見た時に驚いてたけど、今も逆の意味で驚いてます(笑)

じわじわ落ちていく過程も楽しめたらいいなぁ〜と思ってます。

発表会終わったらまた薄い色にしてもいいなぁ〜。

まぁメンテ大変なんですけどね(苦)



そしてもうひとつ!!!

さくら、初めて応援上映なるものに行ってきました!!!!!

年末にチラッとお話していたゲ謎!!

12月末にも応援上映やってたんだけど、予定があっていけなかったんだよね。

それが今回またやるってことで、しかも割と近場でやるってことでドキドキしながら行ってきました!

ペンラOKってことでaccessのハーマイの時のお星さまで行ってきたよ!

いや、さすがに今回のあの2人が入ってるやつとか、無理でしょ(笑)

前回の王冠か?って思ってたんだけど、持って行くの大変だしって探したらあった。

まぁそりゃそうだ、買ってるんだから。

棒のやつにしようかと思ったんだけど、電池切れてたし(笑)

そんなわけで簡単に電池の入れ替えられるもので行ってきました。

実際問題、どうしたらいいんだ?って思って一応キャラクターの色味だけは予習して行った。

後はまぁ周りに合わせて・・・って感じで。

どのくらいみんな声出すのかしら?って思ってたし、実際さくら自身が割と映画とか黙って見たい方なので果たしてそういうスタイルが楽しめるのかは謎だったんだけど、結果としてこれはこれ、それはそれって感じかな〜って言う感想。

映画をじっくり見たいならお勧めしないし、少なくとも初見でアレはきついかもね。

余程興味のない話か真面目にストーリーを追わなくても解る話ならいいかもだけど。

新宿のバルト9とかは販売開始5分くらいで満席になってたから、おそらくそういうところに行ったらもっと猛者がいっぱいいて様子は違ったかもだけど、田舎の穏やか〜な映画館で見た感じの感想をあげておくね。

今後応援上映とか行ってみようかな〜って思ってる方の参考になれば。

今回さくらは様子が解らなかったので割と後方の席での参加にしたんだけど、両隣の方も初めてなんですって言う方で、左隣はお友達同士で来てたけど、右隣の人は1人で参加でした。

左隣の人は多分温度感としてはさくらとあんまり変わらない感じだったのかな?

取りあえずペンラを持ってきたって感じ。

右隣の方はすごく楽しみにしてたんです!って言ってウチワとペンラを2本持ってきてた。

1本はペンラにビニテを貼ってちゃんちゃんこ模様にしてた。

おそらく会場下手側の一番後ろかな?に猛者の方、前方にもペンラ先導者がいて、上手中ほどにも合いの手隊がいた。

上映が始まった時はこの辺りの方々が割と先導してくれた感じかな?

ペンラとかもどのタイミングでどうしたらいいのか解らなかったけど、始まる前の映画泥棒の時に前方のペンラ先導者が赤に変えて振ってくれたりして、あ、振っていいんだ!って感じにみんなもペンラを付けて・・・みたいな感じだった。

多分だけど、応援上映が初めての人も結構いた感じ。

いつの映画と違って、暗くなってもみんなお喋りしてて、さくらも両隣の人と何となくご挨拶したりして・・・。

で、本編が始まる時にあの配給会社のロゴが出るところで

「東映ありがとう!!」

って叫んだ方がいて、みんなそこから声出しスタート。

同時に拍手が起こって、こういう感じなんだ〜って思った。

で、映画が始まって1人目のキャラクターが出た時に、キャラの名前をみんな呼んだりして、ペンラもペンラ先導者に導かれるように、あの色か!って感じにカチカチやったりして。

もう何度も見てる方が多いからなのか、声援を送ったりして、中には絶妙に面白いツッコミとかしてる方がいて、場内が笑いで溢れたり。

後方の猛者の方が結構絶妙なツッコミをしてくださっていて、それに笑いが起きたりして、そこからみんな思い思いのツッコミを入れるようになったりしてました。

中ほどにいた合いの手隊の方がこれまた歌舞伎の掛け声のように上手くて(笑)

メインキャラが出て来る直前に名前を叫ぶんだけど、これがホントに待ってました!!って感じなんだよね。

きっとあの方も猛者なんだろうな〜。

お客さんは女性の方が多かったけど、男性ももちろんいて、さくらの斜め後ろかな?は男性だった。

その方がボソボソツッコミ入れてるのも面白かった。

笑い声とかも気にしないでいいし、かっこいい!!とか言えるし、とかくメインキャラが出てきた時の黄色い声援はすごかったよ。

キャラクターの中には色がちゃんと決まってない人もいて、そういう時に、ざわざわと何色?何色?って隣の方とかと(笑)

見るというより一緒に楽しむって言う雰囲気のが近いかな?

ゲ謎ならではなのか解らないけど、普通に見てると見落としてしまうちょっとしか映らないキャラクターとかも猛者の方が教えてくれたりして、そういう楽しみ方もあるんだなぁ〜って。

確かスラダンの時もスタンド席にいろんなキャラクターがいて、複数回見た人が・・・みたいなのを目にしたからそう言う情報を共有してもらえるのは楽しいかもね。

ただ、やっぱり応援上映とはいってもそこはモラルを問われると思うので何でもかんでも叫んでいいかと言うと・・・って感じかな。

おそらくあの歓声の上がり方からして会場内は腐女子が多かったんだろうけど、そういう発言はNGです。

作品に関係ないこと、妄想の域を出ないことはやっぱり好き好きありますし、口にするものではないよねって感じ。

その結果、そういう萌え的シーンが流れた時は言葉と言うよりも「Fu〜〜〜〜〜」ってペンラを振るみたいな感じになってました。

このくらいがやっぱり許容範囲だよねと思う。

あと応援上映と言ってもひっきりなしに声を上げっているかって言うとそうでもないのでその辺はご安心を。

実際さくらはほとんど言葉としては発さなかったし、キャラの名前を呼ぶくらいかな〜って感じ。

この辺は個人個人の楽しみ方に寄るかなって。

あとシリアスなシーンはやっぱりみんな黙って見てる方が多いかなって感じ。

まぁこの辺はライブと変わらないよね。

盛り上がっていい曲の時は盛り上がるけど、バラードでわいわい騒いだりしないもんね。

ステージ上のアーティストに卑猥な言葉を発さないのと同じで、その辺のモラルさえあれば好きに楽しんでいいんじゃないかなって思った。

ただこの辺も個人の温度感があるので、こればっかりはその日座った席の周りの環境にもよるかな〜って言いうのが正直なところ。

何回か見てる映画なら他の人のツッコミを聞きに行こう〜くらいの軽い感じで行くのも面白いかも。

実際さくらはそっちに近かったかな。

みんな良く見てるな〜〜って思うところもあったし、そこツッコむ???って言うのもあった(笑)

ペンラで面白かったのはね、田園風景が映ったシーンで、緑にして左右に稲穂が揺れるみたいに振り始めてて、面白いって思った。

もちろん参加しましたけど(笑)

あと桜が出てくるシーンとか狂骨が暴れるシーンとかもみんなその色にして振ってたり。

そういうのは楽しかったね。

まぁこんなことしてるから映画の内容と言うよりペンラを切り替えるのに忙しくてって言うのが大半(笑)

でも次に来るものが解ってて、ドンピシャのタイミングで色を切り替えられたりするとめっちゃ楽しい!!!

結構瞬発力も試されます(笑)

まぁ応援上映は別物として楽しんで、またもう1回ちゃんと映画を見たいと思ったよ。

終わった後もお隣の方とほんわか、楽しかったですね〜なんて挨拶してすごく和やかな感じでした。

こういうのが応援上映の好さなのかなって思った。

ゲ謎に限らず、応援上映迷ってる方がいたら1度試してみるのはアリかも。

ただし作品は選ぶだろうし、真面目に見たい、自分の中で大切にしたいと思ったものは止めた方がいいかもなぁって言うのが個人的見解。

実は「轟音上映」なるものが都内だと池袋と上野で行われているようで、それに行ってみたいって思ってるんだよね〜♪

こんなにひとつの映画を見に行くなんて思ってなかったけど、見たいんだから仕方ないよね〜♪

今回売り切れだったパンフも買えたし♪

やっぱり映画館で関さんの声が聞けるのがたまらんのです〜〜〜〜♪♪♪

もしまた応援上映の機会があったら今度は猛者が集まるバルト9とかに行ってみたいなぁ〜と。

なんだかんだ言って楽しんでるじゃんね〜〜〜(笑)





sakurajun9tion at 17:18│Comments(0) 映画・舞台 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives