ご挨拶・注意事項

2022年04月17日

近づきたいよ〜

あっという間に1週間が過ぎましたよ・・・。

はぁ〜〜楽しいことがあると時間が過ぎるのが早いね〜。

そんなわけで行ってまいりました、初日!!!!!!!

生の二人が並んでるところが久しぶりすぎて・・・(泣)

いろいろ制限はあるものの、だいぶ緩和されてきた今回のライブ。

去年までは1席空きだったのが今回はびっしりでした。

アーティストによってもその基準はまちまちだけど、2人のライブ、今回は規定席数の着席型でした。

特に規制入場はなかったかな。退場時はありましたけれども。

そんな感じでワクワクしながらの会場入り。

この場所に来るとZepp Tokyoがなくなってしまったのが悲しいですね・・・。

しかし駅を降りると観覧車があって、あれがなくなったらもっと悲しくなるんだろうな・・・と。

なくなる前に1回は乗っておこうかしら。

そんなことはさておき、近年はチケットもだけどドリンク代も電子決済出来たりするのでスムーズです。

とはいえ長年の習性、思わず小銭を用意していってしまう・・・。

直前になって、そうだ!ICカードで行けるじゃん・・・って(苦)

まぁいいんですけども。

コロナになってスムーズだなと思うのは、入場列からドリンク交換までの列がそのまま移行する事。

終演後には交換がないので入ってそのまま交換、っていう流れが大体どの会場でも出来ている。

なので入った後に人がランダムに動き回るってことがないので意外と楽かも。

これはグッズ販売がないからってことも大いに関係してるんだろうけど。

グッズはこれからも通販でいいような気がします。

当日グッズ列に並ばなくていいし、何より初日とかだとトイレの混雑具合が全然違う・・・。

これはね、ホントにありがたいです。

ちょっと話がそれましたが、ここにきてやっとライブだって実感が。

今回さくらは本当に後ろから数えた方が・・・ってくらいの席だったので、まったりな感じで参戦です。

もちろん近い方が嬉しいけど、初日はあんまり近すぎないほうがいいかな。

初日にあんまり近いとその後うしろの方になった時に切なさが倍増する気がする(アホ)

比較対象が初日になってしまうからどうしてもね・・・(苦)

そんな感じでかなり後方からの視点なのでいろいろ間違ってることもあるかもですがご了承くださいませ。

ステージは通常通り、下手側に大ちゃんの要塞、上手側がヒロの徘徊スペースになっていました。

去年からの流れなのか、大ちゃんのシンセブースの前面にはaccess30thのロゴのパネルが。

これがあると要塞に入ってる時の大ちゃんの下半身が全く見えないんだよね。

地団駄踏んでるのとか、席が最前に近いとシンセの下からのぞき込むみたいなことが出来ないのでちょっと残念なんですよ・・・。

たま〜〜〜〜〜にシャツの衣装とかでめちゃめちゃボタン開けてる時とかさ、ものすごい前かがみでシンセ弾いてる時あるじゃない?

そういう時にシャツのはだけた部分から中を垣間見ることが出来たりするんですよ〜〜〜(変態)

まぁ大体色気のないインナー着てたりするんだけど・・・。

初日とかだと、その辺の塩梅が解らずに暑い!ってだけでボタン開けたりすることがあるから、ラッキーチラ見せみたいなことがあったりするんだけど・・・。

・・・こういう輩がいるからパネルつけるようになったのかしら???

心の奥底のひそかな楽しみにしてたはずなのにおかしいなぁ・・・どこでバレたんだろうか???

ヒロちゃんのスペースは特に代わり映えなし。

いつも通りの感じでお水台もセットしてありって感じかな。

そしてステージ後方にはゲートのような鉄柱が組んであって、その上に電飾でELECTLIC☆NIGHTのロゴが。

今回お立ち台はなしでした。

割とシンプルなセット。

まぁメインは華やかな2人ですからね。

今回は持ち物が多くてみんな準備が大変ですよね〜〜〜。

スタンバイを終えて待つことしばし、暗転の後・・・

始まった!!!!!!!!!!!!!!

真っ暗なステージに音が流れ、レーザーが・・・

ゲートのように建てられた鉄柱の両サイドの角からレーザーが出る仕組みになってるんだけど、確か赤と青だった気がする。

大ちゃんとヒロの化身みたいに立ち位置そのままで、あぁ2人のライブだ!って感じたから。

後方からだとこういうレーザーとか照明のこまごました仕掛けみたいなものがよく解ってこれはこれでライブの醍醐味だなって気がするのよ。

前の方の席だと自分がその中に入っちゃうのでこういったきれいな景色は実はあんまりよく解ってない。

なので遠いところの席も2階席も、もちろん近いところの席もそれぞれに楽しみ方があって甲乙つけがたい。

まぁその辺は人なので近くて2人をガン見できた方がテンションが上がるのは否めないんですけども・・・(苦)

暗転の中に広がっていくレーザーのラインが青と赤で交差して重なり合い、まるで天井のようにそのスペースを広げていく。

この瞬間がホントにドキドキする!!!!!!!!

そしてしばらくすると2人が・・・

キタ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

シルエットだけでかっこいい!!!!!!!!


そしてこのイントロ!!!!!!

思わず隣のRさんと目を見かわしたよ!!!

Awakeきた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

この曲からか!!!!!!!!!!!!!

まさに何かが始まるような夜明けのようなこの曲!!!!!!!!!

1年ぶりのライブにこの曲を1発目に持ってきてくれた2人の気持ちが・・・。

その気持ちだけでなんか昇天しそうな気分でしたよ。

そんなわけで一旦ここでセトリを




Awake

We’ll

Be Nude

MISTY HEARTBREAK

JEWELRY ANGEL

AGAINST THE RULES

夢を見たいから

Star Tribal

PINK JUNKTION

BREAK THROUGH THE BIG TOWN

TRY AGAIN

新曲

Heart Mining

grand muse

Missing 4 seasons

ELECTLIC☆NIGHT

SOUL DYNAMITE

永遠dive

<アンコール>

Lovin’ you

DRASTIC MERMAID




こんな感じです。

Awakeはそこまですごいアレンジではなかったです。

割と原曲に忠実な感じ。

もちろんそこは大介さんですからいろいろ足したり引いたりはしてますけど、えぇ!こんなに!?って感じではなかったです。

そしておふたりのお衣装。

ヒロはね・・・柄on柄でした(笑)

ホント、これだけ柄を重ねてるのに・・・かっこいい。

細かいところは遠すぎて全然見えなかったけど、とにかく柄だった(笑)

しかしこれだけ遠いのにその細さだけはよく解るってどういうことよ貴水さん!!!

ヒロのシャツスタイルは割と好きなので嬉しいな〜。

ヒロソロの時とかのオーバーサイズのシャツとか大好物です。

そして大ちゃんですよ。

大ちゃんは当たり年とう〜ん・・・って思う年と正直あるんですが(申し訳ない・・・)今年はかわいらしかったね〜〜〜。

まぁここ最近は割と落ち着いていい感じだけど、なんせ昔のよく解らん時のイメージが強すぎる(苦)

こちらも細かいところはちょっと不明だけど、全体的にモノトーンな感じで白っぽいイメージ。

白いハットにあれはどうなってるんだ??って思ったんだけど、丈の長いパーカーみたいなものなんだけど、後ろ側が白とグレーかな?縦のストライプの入った別布になってたんだよね。

どこがどうくっついてんだろうか?って思った。

マントみたいな感じなんだけど前身ごろとくっついてるのでそこまでマント感はないかな。

だけど前と後ろで丈の長さが違う。

これが腿くらいの長さでその下に膝上のパンツをはいてた。

これがなんかすっごいギラギラした銀色ので、張りのある生地のように見えた。

その下は黒のタイツにハイカットのスニーカーみたいに見えたけど・・・。

上の丈の長いパーカーは前面になんかイラストなのか?ウサギっぽい形のシルエットが見えたけど、あれは何だったんだろうか??

なんせ野鳥をしないのでよく解らん。

でも全体的にホワッとした感じで可愛いが倍増していた。

そうなのよ、やっぱりさ、大ちゃんはこのくらいのシルエットが可愛いなって思うんだよね。

2人並んだ時の収まり感も含めてさ〜〜〜

詳しい部分はもっと近い席が来た時にちゃんと見れたらいいな〜。

近い席、来るかなぁ・・・。

初日はさ、どうしても今までのヒロ不足を満たしたいがためにヒロばっかり見てしまうですよ。

なので大ちゃんがいろいろ可愛いことやってても見逃してることがたくさんある・・・。

これが何回か行くと余裕が出てきてちゃんと大ちゃんも見れるようになるんだけど(アホ)

そんなわけでこの日もほぼほぼヒロしか見てない(笑)

1曲目はとにかくこの世にちゃんと存在してた〜〜元気だった〜〜〜っていう確認作業に心が行ってしまい、初日は特に今年も始まった〜みたいな嬉しさもあって、割と気づいたら終わってることが多い(アホ)

この日も例にもれず・・・(苦)

しかしここのね、Awakeから次のWe’llに行くところ、大ちゃんがピアノでつなげてくれるんだけど、それがとっても美しかったのよ!!!!!!!

ほんのちょっとなんだけどね。

ピアノの後に短い導入があってヒロの伸びやかな声が・・・。

これですよ!!!!!これなんですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

なんなの、もう!!!

こんなに互いのことを解りあってる人達、サイコー過ぎません!?


リハやってるんだから当然と言えば当然なんだけど、ヒロのどんな音が来ても迷いなく真っ直ぐ歌いだす姿勢とか、大ちゃんのヒロの声を一番熟知した音の絞り方と言い・・・神ーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

しかし、この曲つら・・・

歌いたいです・・・(泣)

この曲を聴くとアンフィで録音した時のことを思い出すね〜〜〜。

会場全員が素敵なバラードだと信じて疑ってなかったのに、大ちゃんが激しい曲になる予定って言った瞬間のあのどよめき(笑)

ヒロってこんな感じで曲貰って歌詞書いてんのか・・・って思ったわ。

そしてここで一旦ご挨拶。

いつも通り冒頭のあいさつをヒロがすると、大ちゃんが早速syncドゥンドゥンをプヒプヒさせて

「おぉ!早速出た、早速出た。」

ってヒロも和やかに。

会場も呼応するようにプヒプヒさせました。

「こんばんわ〜!

なんか、すごい、久しぶりな気がしながら、僕ら30周年、嬉しくも。ツアーも初日なのでちょっと緊張感もありつつ、そんな中、本日はお日柄もよく・・・。」


「ホントだ!」

お日柄もよく???

結婚式なのか???


いや、別にそれでも全然かまわないんだが。

大ちゃんって意図してるのかしてないのか、たまにこういうホイホイな発言するよね。

ありがたいんですけどね〜。

ヒロもさ、聞いてるようで聞いてないから、完全スルーで同意したりするからさ(笑)

それとも2人にとってそういう意味合いってことなんですかね〜〜〜。

納得〜そういうことにしておきましょう!

ステージからヒロが

「元気だった?」

って聞くと、会場がみんなドゥンドゥンでプヒプヒお答えするんだけど、それを見て2人ともニコニコしながら

「いい感じいい感じ♪」

ってご満悦。

そして大ちゃんからちょっと真面目なご挨拶もありつつ・・・

「access30周年イヤーにELECTLIC☆NIGHTが出来て、今夜はですね、なんだろ?懐かしいサウンドというかね、まぁ30年もね、やってるといろいろと時代の流れはありますが、懐かしい音から最新の音まで、この空間の中で体感して楽しんでってください。」

って片側に比重がかかったペコリをしてました。

解るかな?大ちゃん、よくやるでしょ?あのかわいらしいお辞儀。あれです。

そしてヒロの掛け声のあと大ちゃんがショルキーを受け取って始まった次の曲。

まさに30年前のこの曲!!!Be Nude

一番最初に書きあがった曲ですね〜〜〜。

こういうところが心憎いね〜〜〜。

ショルキーで前に出てきた大ちゃんとヒロが愛コンタクトしたりとにかく距離はなるべくとってるけどあの甘い空気は健在です!!!

コロナマックスの時のような絶対に半径何メートルは近づいちゃダメ!みたいな縛り付けられた硬さは感じられなかったな〜。

2人の間でもちょっと緩和が許されたのかな?

とにかく今回のツアー、愛コンタクトと指差しが多いのよ〜〜。

そしてこの曲も例にもれず。

大ちゃんのソロパートを優しく見守るヒロの視線がね〜〜。

ホントに嬉しさと愛おしさと・・・みたいな感じなのよ。

それが爆発したのか、ヒロから背中をくっつけに行ったりして、あ!これはOKになったのね!!ってこっちまで嬉しくなったわ。

とはいえ、寄り添うに近いくっつき方でまだ前のようにがっつりってわけにはいかないのねって思ったけど。

それでもこうしてお互いの熱を伝えあえる2人を見ると感無量です(泣)

だってねぇ〜〜、今までヒロが淋しそうな顔してたからさ。

大ちゃんはそういうの業務用で滲ませないようにしてたけど、ヒロってそういうの出ちゃう人じゃない?

そして一緒に盛り上がりたい人だからさ。

最初の頃はMCの時も無意識に近寄っちゃて大ちゃんにディスタンス!って言われてたしね。

そういうことを考えるとよかったね〜〜って思うわけですよ。

そしてこちらもそういう2人が見れると幸せになるわけですよ。

この辺が他の同年代のユニットとは一線を画すところなんだろうけど(苦)

そんな思い出曲のBe Nudeのあとはあのかっこいいミスティ!!!

このアレンジいいよね〜〜〜。

リミックスCDとか出してほしいわ。

しかしBメロで・・・

大ちゃん・・・

いや、知ってたけど、知ってたけどさ(笑)

リズムを取るのにドゥンドゥンを取り出した大ちゃんがさ、超ドSなんですよ。

頭をすっごい強さでぶっ叩いて、ドゥンドゥンが歪んでました(爆笑)


可愛い♪とか言いながら平気でこういうことするこの人のこういうところ好きです(笑)

そして続くはジュエリー。

間奏のところでレーザーみたいな音、入るところがあるじゃない?

あれ、2人で指を左から右へやってて、なんかすごい嬉しくなった。

打合せしてたわけじゃなさそうだし、思わず動きがシンクしちゃったみたいな感じで。

そしてこのジュエリーの後がすごかったのよ!!!

なんかね、ちょっと言葉では言えない。

ジュエリーのアウトロを引き継いでゴリゴリの音でジャンジャン音を鳴らしてる間にヒロが上手にはけて行ったのね。

あぁ、DAソロなのねって思ったのよ。

そういう激しい音の入り方だったから。

破滅的な音というか、よくソロの入りでああいう音だすじゃないですか。

で、それがさ、なんかドラムのスティックみたいなのを1本取り出して、パッドみたいなものを叩いて音を出してるのね。

パッドを叩くとジャンって音が鳴るの。

それを連打してジャンジャンジャンって感じに。

で、たまに空中を叩くみたいな、なんだろう、空振りしてる感じじゃないのにって思ってたら、どうやらそれで音色が変わったりしてるのよ。

あれは一体何なんだろう。

新しい機材が投入されていることは解ったけどどういう仕組みなのかが全く解らない。

確認できたのは

・ドラムのように音を鳴らすことが出来る(多分もともとサンプリングしてある音が出るんだろうけど)

・空中で音色を変える指示を出すことが出来る(テルミンみたいな感じ?)

全く知識のない自分にはそのぐらいしか解らなかった。

空中で振ることで音色を選んでパッドを叩いて実際にその音を出すって感じなのかな???

詳しい説明プリーズ!!!!

しかしこれがかなり激しくバンバン叩くからさ、かなり絵面としてはシュールです(笑)

大ちゃんはホントに新しいものをどんどん取り入れていくよね。

本人的にはおもちゃ感覚なのかもしれないけど、その感覚が常人とは違うからやっぱり突き詰めてる人は違うな〜って思うわ。

そしてソロなんだな〜って思ってったところでいきなり聞き覚えのあるメロディラインが!!

アゲルー!!!!!!!!!!!!!!

その音とともにヒロが上手からピンクのジュリセンを手に登場!!

これだって30年前の曲なんだよね〜〜〜マジで信じられん・・・。

そしてこの時のNo!の言い方が!!!!!!!!!!!!!!!

めっちゃエロかった・・・。

これです!!!ヒロの真骨頂!!!!!!!!!!!!!

思わず溢れて零れ落ちてしまうエロさ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


意図してるのは意図してるのでエロいんだけど、思わずのエロさって破壊力がさ〜〜〜。

いい感じに歳も重ねてきて攻撃するだけのエロさじゃなくなったのが、こういう曲にはホントにうまく出てるというか・・・。

引いた瞬間に滲み出るエロさみたいなものがあるんだよね〜〜〜。

そしてもちろんこの曲を歌うヒロは仕草もエロいわけですよ。

持ってるジュリセンで股間を仰いでみたり・・・

なんですか?アツくなっちゃいました???

もうね、ニヤニヤしちゃいましたよ。

変態ですが、何か???

さらに嬉しいことにルクアの時にやるあの膝グラインドもやってくれて、最近ルクア聞けてないから、これを見れたことがマジで嬉しかったしテンション上がったわ〜〜〜。

これさ、座り方がエロい時あるよね。

片足ずつついて行って座る時と、スライドするように座る時と、片手をついてゆっくり座る時と。

片手をついてゆっくり座る時が割とエロさ度合いが高いんだけど、この日はこの曲でこれをやってくれたっていう気持ちだけでぶっ飛びました(アホ)

神様どうもありがとう!!!!!!!!!!!!!(感涙)

そんなアゲルーから一気にファンタジーな夢見に。

このふり幅よ!!!!!!!!!

この曲でヒロがシャツの肩を結構ペロンってはだけさせてくれて、これって下、何着てました??

タンクトップ??

Tシャツ??

さくらの席からは中が確認できず、でも肌が見えたような気がしてすっごい目を凝らしてみたんだけど・・・。

妄想ですか??変人の妄想ですか???

そんな夢見の後、一旦ちょっとだけ空白があったんだけど、その時に会場がみんな声を出せない代わりにドゥンドゥンぷひぷひさせてて、ちょっと笑った。

シュール過ぎない???(笑)

そして再び始まった大ちゃんのバシバシ。

例のパッドをスティックでバシバシ叩いて、何の曲??って思ってたらまさかのスタートライバル!!!!!!!!!!

好き〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

っていうか、久しぶりじゃない?この曲。

これもアルバムより前にライブで聴いて、こんなこと言ってたよね?とかさんざん話してた記憶が。

回を重ねるたびに解る歌詞が増えて行って、早く盤で欲しいね〜なんて言ってたことを思い出したわ。

初聴きからすごい好きで、accessはもっとバラードを評価されるべき!!の1曲です。

しかしこの日のスタートライバルは前でヒロがアツくしっとりと歌い上げてるうしろで大ちゃんがバシバシ叩きまくってて、なんかめちゃめちゃシュールだった・・・。

解ってる、解ってるけどさ、なんかね、すっごいムキになって叩いてる感じでさ(笑)

今まで目を閉じたりしてシンセを弾く大ちゃんの絵面が宇宙に漂う感じで気に入ってたからさ、バシバシ叩きまくるのに慣れないんです(苦)

まぁ、これも回数重ねたら当たり前になるんだろうけど。

ギター弾き始めた時も違和感だったもんね。

それが今じゃ馴染んでるんだから、きっとそうなりますよ。

音としては叩くドラムの音が分厚さを出してて壮大さが増してるんだけど・・・。

って言うかホントヒロってすごいよなぁ・・・。

こういうことされても全然負けない。

もちろん大ちゃんの音の組み立て方がうまいのかもしれないけど、普通これだけドンドンやられたら歌いづらくないのかな?

いや、そのくらいドンドン入ってたのよ。

もしかしたら歌に被らないところだけだったのかも知れないけど、初聴きの印象としてはすごい入れてるなって感じだった。

これはもうちょっとちゃんと聴きたいところ。

これだからライブは何回か行きたいってなるんだよね〜〜。

特にエレナイは毎回毎回生でアレンジ違うし、歌い方も違うしね。

もう忘れがちだけど、これその場で組み立ててるんだもんね。

あまりにもトラブルとかなさ過ぎて普通にスルーしてるけど、どえらい事なんですよね。

この状況を知らない人にエレナイの映像見せても全く信じてもらえないくらいスムーズすぎる・・・。

恐ろしい2人だわ。




そんなわけで一旦切ります。

今日中に終わらないね、これ(笑)

ここまでですでに数時間(アホ)

読むのは一瞬なのに・・・(泣)







sakurajun9tion at 18:53|PermalinkComments(0)

2012年12月31日

はじめに

このブログは非公式のものです。

こちらに記載のあることに関して嫌悪を抱かれましたら速やかに記憶を消去してください。

 

初めてお越しの方は必ずこちらをお読みください。

続きを読む

sakurajun9tion at 23:59|PermalinkComments(0)

2012年11月22日

お詫び

突然ですが、諸事情ありまして現在お休みさせていただいております。

ご迷惑をお掛けしております。

こちらのブログを愛してくださった方には大変申し訳ありません。

お問い合わせなどいただいてもなかなかお答え出来ないかもしれません。

生暖かい目で見守ってくださるとありがたいです。

いろいろとありがとうございました。

またお目にかかれるその時まで・・・。



sakurajun9tion at 22:28|PermalinkComments(32)

2007年01月18日

心機一転

始めまして、そして、またよろしくです。


引っ越してきました!!!!!!!!!!


ちょっといろいろあったもので、考え方を変えて、今までのしがらみを捨てて1からやり直そうと思ったわけです。


って、ブログ引っ越したくらいじゃどうにもならんのだけども(笑)



そんなわけで始めましての人のためにチョビット自己紹介?



名前:さくら
性別:一応おんな
職業:先行き不安な派遣社員



もっと詳しく生態を知りたい方はこちら:http://yaplog.jp/sakurajunktion/


っていうか、ここのブログってどうなんですかね〜〜〜。
よく解らないけどここにしちゃったんだよ(爆笑)
まだ使い方が良く解んないよ(遠い目)

sakurajun9tion at 15:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
QRコード
QRコード
記事検索
Archives