ヒロ王子・プリンス大ちゃん

2020年11月26日

お誕生日おめでとう!!!

めでたい!!!!!!!!!!!!!

こんなご時世ですが、今年も無事、この日を迎える事が出来ました!!!!!!!

本当にありがたい事だよね〜〜〜

2人が仲良くこうして続けてくれている事が何よりのプレゼントですよ。

2人のステキな音楽に出逢わせてくれてありがとう!!!!!!!!!

今年はこんな状況下でなかなか2人にも会えなかったし、2人も思うように活動が出来なかったんだろうなって思うけど、そういう会いたくても会えない状況で改めて2人の存在の大きさに気付かされた気がします。

どれだけ2人の笑顔に救われてたか・・・。

あのノーテンキなMCにどれだけ癒されていたか・・・。

秋冬ツアーが始まって、本当にものすごく久し振りに生の2人を見ることが出来た時に、本当にありがたい事だなって思ったよ。

やっぱりサイコーだね!!!!!!!!!!!!!!!

配信ライブは配信ライブでいい事もたくさんあるけど、やっぱり生のあの空気感がないのは切ないね。

禁断症状が出ます(笑)

もちろん声をあげる事も出来ないし、いろいろな制約がある中でのライブだけど、そこに2人がいてくれて、会場の空気を感じてくれて、リアルタイムで何となく意思疎通が取れるって言うのが良いんだよね〜〜〜。

今は拍手でしか伝えられないけど、いつかまた今までのように歓声を届けたいと思うよ。

そして2人が何の制約もなくステージの上で自由にふるまえるようになる事を!!!

ホント、これに尽きる。

接近エリアを禁じられてるのってあの2人にとってはやっぱり致命的ですよね。

ハイタッチすら出来ない・・・。

演出とかで何とか回避してるけど、本当は2人だってその時の思いを体現したいんだろうなって。

やっぱりどこかでブレーキをかけてる感じなのが仕方がないんだけど、見てて切ない。

早く本当の意味で思い切ったライブが出来る事を願ってます。



そして、いよいよ発行日になりました!!!

ウェ〜〜〜〜イ!!!!!

もうお手元に届いている方もいらっしゃると思いますが、楽しんでいただけていたら嬉しいです。

こんなかたちで少しでもお祝い出来たらなと・・・。

本当にものすごく久し振りで、ほぼはじめてに近い状態で作ったので、いろいろ不具合が出たり、出来上がりを見てこうすれば良かったって思うところもありましたが、何とか形にすることが出来ました。

何事もやってみないと解らないことだらけですね。

再録本の方はまた機会があれば続きを出せたらなと思っています。

だってまだ2年分しか出してない・・・。

今回この本を作るにあたって過去の原稿などもいろいろ見返したり、HPなんかも再度見返したりしたんですが、いろいろやってたなぁ〜〜〜(笑)

メルマガとかも出してたし、書き上がってるのかな?って言う作品が出て来たり、ずっと放置している長編のネタが出て来たり・・・。

いろいろ埋もれているものを発掘するいい機会になりました。

どこかで日の目を見せてあげたいなと思ったりもしています。

長編のネタなんてかれこれ10年近く?放置してるよ(笑)

自分の中ではラストが決まっているので書けばいいんだろうけど、そこに辿り着くまでのあと1,2ネタが足りない・・・。

そんな感じでこんな時期だからこうして時間が取れた事なんかも出来て、まぁ自粛中なりに充実した1年になったのかな?とは思います。

通販の申し込みは今月中までなので気になった方は是非。

こちらから

その後の予定は本当に未定なんです。

再録の続きを出せたらなと思っているのでその時にはまたやるかも知れないですが、そもそもその続きの目処が立ってない(笑)

コミケとかにも参加する予定もないので本当に未知です。

でも今回通販をしてみて、本当にいろんなところにお住いの方がいらっしゃるんだな〜と改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

北から南まで、えぇ〜〜!!ってところにお住いの方もいらっしゃったり、行ってみたいと思ってるところにお住まいの方がいらっしゃったりで、羨ましい・・・と思いながら住所を書かせていただきました(笑)

よろしければ感想などもこっそり送っていただけると嬉しいです。



とにかくいろんな事がめでたい日です!!

今日はケーキでも買ってお祝いしよう♪






sakurajun9tion at 00:00|PermalinkComments(2)

2020年10月11日

座ってられないお座りライブ!(入退場などについて)

はぁ〜〜〜〜まだまだ昨日のことが信じられない、夢じゃなかったのか!?と記憶が混濁しております。さくらです。

とうとう昨日やっと、やっとですよ!!!!10か月ぶりの生access!!!!!!!!!!(感涙)

いろいろ制限はあったものの、それでもやっぱり生で、ステージに存在している2人にこれは夢ではなかろうかと・・・。

あまりにも久し振り過ぎて思考回路がついて行かない・・・。



そんな訳で春のエレナイの延期や配信ライブなどなかなか直接お目にかかれなかった2人。

もしかして現実世界に存在してないんじゃないの!?くらいの脳内麻痺を起こしておりましたが、ちゃんと存在してましたよ!!!!!!

まだ見てない方もいらっしゃると思うので、取りあえずどんな状況だったのかというのをここで先に・・・。

ネタバレはその後にしますね。

まずはどんな感じでライブが行われたのか、留意点などなど先にお伝えしますね。

公式からアナウンスがあった通り、席順によって入場時間が違うのですが、結構スムーズでした。

まずはチケットの半券裏部分にちゃんと名前と連絡先を書いていくこと!

もちろん忘れた!!という方のために、入場列に従って歩いて行くと途中に机とボールペンが置いてありました。

ここで書いてない方は一旦離脱し、名前を書いてねって感じ。

列は会場の入り口(まだまだここから検温、もぎりまではしばらくあります)に係りの方が立っていて、ある程度区切って、密にならないようにはしていた様子。

この係りの人の先にさっき言っていた書き忘れた人用の机がありました。

そんな訳でそこで記載している人たちとも混雑を起こさないためって事もあるのかも。

調度私の前で切られて、人数制限&記載している人待ちな感じでもあったのでその辺は結構気を使ってくださっているようです。

そして会場入り口から20Mくらいかな?Uターンするように列が進んでやっと大ホールの入口って感じでした。

これは昨日の厚木のホールがそう言う事が出来る作りだったからって言う事もあるかも知れないけど。

そこでまず検温。

その後に自分でちぎったチケットの半券の裏書きを確認されて、そのまま指定のかごの中にチケット半券を入れます。

その次に係りの人にアルコールをかけられ、S席特典はその次。

なのでアルコールの手のまま特典を受け取るみたいな(笑)

S席特典はDVDでした。

でもケースではなく不織布の入れ物なので、持ち運びに不安がある方はケースを持って行くといいかも。

入った人はそのまま自席で待機って感じでした。

もちろんトイレとかは普通に行けますし、ちょっとした飲食はいつも通りロビーで行うことが出来ますが、ロビーでたまってお喋りなんてことはあんまり推奨されていない様子。

あと、客席内でも集まってって事はみんな自粛しておりました。

というのも1列目の前にいつもプラカードを持っている係りの人がいるじゃないですか。

そこに注意書きで歓声やおしゃべりはお控えくださいって出てたりして、そういう意味でも入場後もいつもに比べたら静かな感じでした。

ノリはどちらかというとお芝居とかコンサートに近いかな。

席には座れない席に座れませんシートがかけてあって、一目瞭然。

そこの座席に荷物を置くのもNGです。

本当に自分のスペースのみって感じになりますね。

自席の足元に荷物を置くのは大丈夫そうですが、昨日は雨が降ってたのでみんなそれも結構躊躇いましたよね。

気になる?トイレ事情ですが、時間差で入場するからなのか、いつものような長蛇の列って感じではなくて、比較的スムーズに流れてたかな。

あと、やっぱり大きいのは物販が通販だった事。

これがないだけでロビーがごった返す事もないし、トイレで着替える人もいないし、本当にトイレに行きたい人だけになったのが結果として列を短くしてたのかも知れないですが。

物販だけはこれからも通販でお願いしたい・・・。

で、ライブですが、完全着席。

歓声もNGです。

なので拍手で意思表示してくださいって感じでした。

大ちゃんが眼力で訴えてって言ってたけど(笑)

公式からもアナウンスが合った通り、光物は好きなものを持ってきて盛り上げてくださいって言う事だったので、今回のグッズのリングライト、過去のペンライト、バングル、ルミカなどなど、結構皆さん持ってきておりました。

ペンライトとかあぁ〜〜〜懐かしいね、それ!みたいなのもあって、これはこれで楽しい感じでした。

いつもはその年のペンライトが多いからね。

とにかく声を出せないので拍手かペンライトを振るくらいしか意思表示が出来ないのです。

でもこれはこれできちんと歌がきけたり、不快な声援とかが発生しないのでいいのかも・・・と思ったり。

MCとかはやっぱり淋しいけどね。

着席のライブという事でアコースティックな感じなのかな?と思っている方もいるかも知れませんが、大丈夫です、しっかりライブです!

僕達セトリを間違えましたとお2人から言われたぐらいライブです(笑)

なので座っているのがもどかしくなる場面も多々ありました。

ライブは2部構成。

というか、間に15分間の換気タイムが取られます。

なのでトイレも行けます(笑)

休憩込みで全体で約2時間40分?45分?くらいの長さです。

コレもMCの長さによりけりにはなると思いますが・・・。

思い出すあの一宮のみんながヒヤヒヤしたMCの長さ(爆笑)

今後そうなる事がないとは言い切れないので、取りあえずスタンダードな長さはこのくらいを見ておいてもらえれば大丈夫かと・・・。

ただし、退場も列ごとに規制がかかるので、完全に会場から出る時間はもう少し見ておいた方がいいかも。

退場は後ろの列から順々に・・・って感じでした。

でも完全に全員が出るのに3時間くらいを目安にしてもらえれば大丈夫かな。

出た時間をちゃんと見てなかったので申し訳ないです・・・。

ライブ終了後はそんなに待つことなく、後ろの列から声がかかりました。

2,3分くらいだったかな?一番最初に出る人のアナウンスが入ったのが。

終了後に荷物をまとめてお待ちくださいアナウンスが入って、外の扉を開けて・・・みたいな作業をした後にすぐに退場になったんじゃないかな?って言うくらいのタイミングでした。

何列から何列まで退場してくださいみたいな感じなので、昨日の会場で2階席も含め4,5ブロックくらいに分けて誘導してたのかな?

そんな状態だったので出口もそんなに混むことなく、スムーズに出られました。

むしろ出た後の方が混んでた(笑)

みんなが同じ方へ歩くので歩道の幅で規制がかかるみたいな感じ。

こんな感じで会場内はかなりキチンとしてくださっていて、スタッフの皆さんの対応も気を使ってくださっているなぁ・・・と思いました。

トイレとかもスタッフの方が見に来てくださって空いているところを案内してくださったり、一ヶ所に集中しないようにしてくださっているんだなぁと。

たまたま小ホールなどでも催し物がなかったからなのか、途中の休憩の時は小ホール側のトイレも解放してくださったり、少しでも・・・って感じでありがたかったです。

これはその会場の作りや動線なんかも関わってくる事なので、一概に全部の会場でこうなるとは言い難いですが、今回のライブを開催するにあたって会場側もちゃんと対応してくださっているのが見えたのでそういうところは安心でした。

後は今回の参加者から感染者が出ない事を祈るばかり・・・。

あ、服装ですが、これはその方の感じ方にもよるので何とも言えませんが、ツアーTシャツでいる方もいましたし、半袖でも問題ないのかなってくらいの空調でした。

座りで、1席おきなのでもちろんいつものように汗だくにはなりませんが、エアコンもそこまで聞かせてない感じでしたので着こんでいく必要もとくにはないかと。

これも会場によりけりになっちゃうのかな。

お芝居を見に行くよりかはちょっとだけ薄着でいいのかな?ってくらいでした。

半袖でと思ってる方は羽織ものを1枚持って行けば寒くても大丈夫かと。

まぁ席に座っていても手はいつも通り動かしますしね。



このくらいで大体のネタバレしない状況での全体像は解っていただけると嬉しいのですが・・・。

なにぶん初めての形態のライブなのでみんなどういう状況なんだろうか?って不安な事もあると思うので、今回はこういう形で取りあえずネタバレしないものをひとつ書かせていただきました。

次からはネタバレしますのでネタバレNGの方は取りあえずここまでで・・・。

というか、私がいつ書けるんだろうか???って感じなので、ネタバレもくそもない感じですが(笑)

取り急ぎ、こういう状況だったよって言うのを少しでもお伝えできればと思います。


とにかく、ちゃんとaccessだったし、2人が目の前にいるって言うのはやっぱり特別な事なんだと改めて。

何よりヒロちゃんが伸びやかに歌っている姿を見られたことが何よりもうれしかったよ!!!!!

あぁ〜〜〜昨日からこの繰り返し(アホ)

取りあえずもうそれだけで良かったね!ってなってしまっています。

好きすぎて辛い・・・(笑)



そんな訳でこれから参加されるみなさんも是非楽しんでくださいませ!!


※書き忘れていたので追記〜〜〜

1列目の方はスタッフさんがフェイスシールドを配っていました。

着用してくださいという事でしたが、マスク着用のままフェイスシールドも付けてねって事みたいでした。

抜けの席だけど配られたのは1列目だけ。

2列目以降は特に何もありませんでした。

飛沫圏外って事なんでしょうかね?

むしろ浴びてもいいんだけど(ニヤリ)

とは言え、本来の1列目は全席シートが被せてあって使用しないので、2列目が最前列です。

フェイスシールドが配られたのはこの2列目の人だけでした。

開演5分前のアナウンスの後だったかな?配られてたの。

実質1列目になる方はそう言ったこともあるので髪型とかちょっと気に掛けた方がいいかも。

フェイスシールドのベルトが来るところで結んでた方は付けずらそうでした。

なんかバタバタしてたから。

まぁそんな席が来たら飛び上がっちゃいますけども。


思い出したので追記でした〜〜








sakurajun9tion at 18:04|PermalinkComments(0)

2020年10月04日

別荘からお届け その2

スミマセン。続きです。






ride on love.が終わった後はイントロだけで空気が変わるビリーバーに、まさか配信でも!と思ったバーニングマイソウル。

しかも字幕付きで、まさにカラオケ状態なんですけども!!!!!

めっちゃ楽しかったわ、コレ。

そして立て続けに目を覚ませ。

お決まりの陽気なナンバーが。

この目を覚ませ、歌い終わった後、バンドが演奏してる間にヒロは水を持って画面からフレームアウト。

アレ??どこ行った???って思ってると、いつもより長めのアウトロで目を覚ませが終了。

そして画面が切り替わり・・・



えぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




鍵盤の上に置かれた長い指、イントロなしで始まるI&Iにフレームが引かれて行くと、ヒロ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

まさかのピアノ演奏でのI&I

しかも上手い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


語るように自分のテンポで歌われるI&Iは胸を突かれるものがあって、思わず息を止めて見入ってしまった。

これがヒロの世界なんだねって。

グランドピアノの前に座って歌うヒロの姿が本当に本当に美しくて、今でも目を閉じればあの姿が・・・。

すごい昔のaccessの映像でもたどたどしくピアノを弾く姿を見た事はあるけど、弾き語りは・・・。

しかも本当によどみなくって感じで、危うさも何もないんだよね。

この人は本当にものすごい努力家で自分に厳しい人なんだって事をこういう瞬間に改めて気付かされるよね。

1コーラス歌い終わるともと居たステージの映像に切り替わりバンドメンバーが演奏をスタート。

さっきまでいたステージがいつの間にかお祝いの風船でいっぱい!

可愛らしいステージになってます。

しばらくするとヒロが登場し、

「みんなも一緒に歌って!」

と2コーラス目がスタート。

もう胸がいっぱい過ぎて・・・。

ニコニコ笑顔で歌うヒロはさっきとは打って変わった雰囲気で、こういうところもまた魅力のひとつなんだよね。

本当にこの人には笑顔が一番似合います!

I&Iはヒロそのものって感じでこの曲を聴くとヒロの核の部分に触れられたような気がします。

そんなI&Iを伸びやかに歌ってくれた後、ちょっと照れながらも満面の笑みでMCです。

「いや〜〜〜みなさんどうでしたか?

わたくし、生まれて初めてライブでピアノを弾かさせてもらいました!」

とペコリとご挨拶。

すっごい昔にショルキーを弾いたのはカウントされてないのね。

まぁ、アレは大ちゃんも弾いてたし、ショルキーだし、きちんとした伴奏と言うのとは違うもんね。

「いつも応援してくれているみんなに、何かちょっと形にして感謝の気持ちを表現出来るかなと思いまして・・・。」

とこのピアノを弾くという決意に至った心情も話してくださり、

「実はね、さっきのリハーサルまで間違えまくってまくってましたからね、ずっと。」

って暴露するヒロの後ろで加藤さんが頷いておりました。

「これね、何回やっても間違えちゃうところは間違えちゃいますからね。それがさっきの一発本番で、みんなの気持ちが繋がって成功しましたよ!!」

と自分の頑張りじゃなく、みんなのおかげと言ってしまえるヒロが・・・。

本当に本番に強い男だよね。

それだけの努力と集中力があるって事で、それはUTAGEとかでも見てたら解るけど。

そんなちょっとホッとしたヒロのところにいきなりワタワタとケーキが運び込まれ、

「なにが始まるのかと思いましたよ。」

と出て来たケーキを見て笑うヒロ。

25周年の記念と今回のロゴが入った大きなケーキを見て、

「飛沫が・・・。」

ってその脇にあるキャンドル式の電池式なのかな?のロウソクを手に

「ここが管理上、火を使っちゃいけないところなので、これでね。」

とゆらゆら揺れる簡易ロウソクを見せてくれました。

そして、

「僕一人が吹くのも何なんで、一緒に吹きません?」

とせーので一斉にお祝いのロウソクを吹き消す事に。

画面のこちら側で一緒にお祝いさせていただきました!

「じゃあ、コレも下げてもらって。飛沫飛んでないから大丈夫だよね?後でみんなで食べられるよね?」

なんて気に掛けながらケーキを下げてもらっていました。

こういうところがヒロの優しい所だよね。

そして今日の場所を見ながら、

「普段なかなか形にして来れなかったんですけど、今日は僕の別荘と言う体でね、お送りしてますけど、僕も普段、本を読んで・・・。」

と後ろの本棚の中にある分厚い本を見て、

「全く解んない本ばっかりですね。」

って笑ってる中から、

「アレ?なんですかね?コレ。」

と手に取った本はご指名本。

「これは15年前、調度今頃ですかね?この本で僕も一皮むけて・・・。」

と中をパラパラ。

「悪そうな(笑)

これは真面目そうな、こんな髪の毛短くしちゃってたんですね。」

と過去の自分の写真を見ながら微笑ましい笑顔。

そしてラストまでパラパラやったところで、

「アレ?なんですか?これは。何か挟まってますね。」

と取り出したのは赤い封筒。

「コレ、実はですね、もうひとつファンの皆さんに気持ちを伝えられたらいいなって思って、手紙、書きました。

会報とかではHIRO's LETTERとか書いてますけど、こういう手紙は、初めて書くんじゃないですかね?恥ずかしい・・・。」


と言いながら手紙を読んでくださいました。

「今日も変わらず、貴方の貴水博之です。

去年の今頃はアツい眼差しを交わしながら、来年はもっと面白い事が出来るはずと思っていました。そんな中での突然のコロナウィルス。新たなライフスタイルに変わって行く中、考えるのは自分の活動について。

笑いも涙もいろいろ経験しながら、そのエネルギーは人生のエネルギーに。

突然当たり前のことが当たり前じゃなくなるという状況。ライブをしてみんなに会えて、一緒に盛り上がれる事。僕は当たり前だと思っていた。

これからはもっと1分1秒を大切にしたい。前を向いて歩いて行きたい。明けない夜はないはずだから。

またみんなで盛り上がれるようになった暁には、貴方の貴水博之からの濃厚な愛の攻撃が待っています。覚悟しておいてください。

どうか今日も君が元気で過ごしていますように。」


正確じゃないけど、こんな感じの事を話してくださいました。

ヒロの真摯な思いが伝わって来て、この自粛期間中、ずっと笑顔を見せてくれていたヒロだけど、本当はいろいろ思い悩んだり、どうする事も出来ない状況に歯がゆい思いをしてたんだなと改めて思いました。

「僕も読みながら胸が締め付けられる瞬間もあったり・・・

いつもみたいにそのままお話すると、言いたい事がちゃんと言えないような気がしたのでこうしてお手紙にしました。」


なんてことも言っておりました。

そしていつもの優しく強い眼差しで

「もっともっと盛り上がって行きたいんで、頑張って行きます!

手洗い、うがい、マスク、忘れずに。ルールは守って頑張って行きましょう!」

と一緒に頑張ろうエールまでくださって、本当にこの人の優しさって・・・って思いました。

そんな訳でここからもうひと盛り上がりしましょう!と始まったラスト3曲。

まずはWish in the dark

一気にトップギアに入れてきますよ〜〜〜〜!!!

そしてここ最近では定番になったエブリディ、Yahoo!と続きます。

この2曲は本当にハッピーな気持ちでラストに繋がって行くよね。

前の定番だったアップテンポの体力勝負曲も楽しいけど、この流れは優しくみんなが笑顔で終われる感じでウェーイ!ってなるんだよね。

Yahoo!のラストでは手動銀テープをヒロがカメラに向かってやってくれて、カメラマンさんが必死に銀テを避けてる姿がアングル変わった別のカメラで映ってたり(笑)

そうやってちょっとでもみんなが楽しんでくれるような事をしてくれるヒロはじめスタッフの皆さんの気持ちが詰まったとっても素敵な配信ライブでした。

ラストは結構あっけなくブツッと画面が切り替わって終わったけど(笑)

これからも年1回でも良いのでこういう配信ライブもやって欲しいなと思った。

何より全身がちゃんと見えるのと、みんなが最前なのでヒロの視線がダイレクト過ぎてヒャーヒャーなります(アホ)

そして自宅で見てるのでどんなに声を出しても誰にも迷惑にはならないし、いや、近所迷惑にはなってるかもしれないけど(苦)

ご飯食べながら、お酒飲みながらの参戦も可能。

まぁ、釘付けになってなかなか食べられなかったりするんですけれども・・・(アホ)

一番いいのはやっぱりいろんな事情があってなかなかライブに行けない人でもこうして楽しんでもらえること。

乳飲み子を抱えてても参戦出来るって言うのはありがたいよね〜。

まぁ、100%集中出来るかって言ったら難しいかも知れないけど、でも0よりは全然いいと思うんだよね。

なかなか自分の時間が取れなくて、好きな事も出来ない中でこういうのってすごく気分転換になるし、勇気づけられると思うの。

セトリもいつもとはちょっと違うものをやってくれたり、どちらかというとジャズセッションみたいなものが多いので新たな一面を見せてくれる曲もたくさんあって、こういうくくりでやってもらえたらめちゃめちゃ楽しめる!!

大変かもしれないけど、今後も続けてもらえたら嬉しいな〜〜〜。

何にしても今年のヒロソロはこの1回のライブにぎゅっと思いを詰め込んでくれたのが解るあたたかなライブでした。


本当はもっと詳細にお伝えできたら良かったんですが、何となくニュアンスだけでも・・・。


25周年、本当におめでとう!!ヒロ!!

これからもついて行くよ!!








sakurajun9tion at 14:24|PermalinkComments(0)

2020年09月22日

別荘からお届け

みなさん、お元気ですか?

あっと言う間に9月も終盤で、今年の夏はどこへ???って感じですが。

それもこれも今年に入ってから1本も生のライブがないからだ〜〜〜〜(泣)

仕方がない事とは言え、こんなに長い間ライブに行ってないのは何年振り?

本当だったら今頃・・・って思うと切ない限りです。

ヒロソロもね、いろいろ考えてくれて、1日2公演で、ってしてくれたり、手を打ってくれていたんですが、結局全公演中止になっちゃったし・・・。

そしてその代わりと言っては何ですが、ヒロちゃんの別荘(笑)にお呼ばれして開催された配信ライブ。

みんなが最前で、みんながヒロちゃんの視線に撃ち抜かれたステキなお時間でした。

配信なので普段距離的、家庭の事情などで行けなかった方も参加しやすかったのでは?と思い、こういうの、年1回くらいはあってもいいなって思ったり。

生のライブはやっぱりその場の空気とか、特別感はあるんだけど、席とかによっては全く見えなかったり・・・なんて悲しい事もあるじゃないですか。

そう言う事を考えたら配信ライブはちゃんと見える!!!!!!!!!!!!

確かに向こうの都合のいいように切替されてるので、実はこの後ろを向いてる瞬間をガン見したいんだ!っていう個人的要望は叶えられませんが、それでも細部までちゃんと見えるのはありがたい。

靴とか、後ろの方だと全然見えなかったり、下手したらバストアップくらいしか見えない時もある事を考えたら本当にありがたいです。

そんな訳で9月13日に開催されたヒロソロ初の配信ライブ。

既に視聴期間も終了してしまっているので、本当に軽くだけレポです。



まずはセトリを・・・


One Love

JUSTICE

SILENT MOON

Unforgettable

Keep it

Get SUN

サン!サン!サマー!

サイコウガール

Mistake

ride on love.

Believer

Burning My Soul

目を覚ませ

I&I

Wish in the dark

Everyday

Yahho!




こんな感じ。

今回はキーボードとギターの2人だけ。確かこの方々、以前もアコースティックの時に来てくださった方だったと思うんだけど・・・過去レポ見ればわかるはず(笑)

そんな訳で下手側にキーボードの加藤けいこさん、上手側にギターの大西ゆうすけさんという構成でした。

場所は渋谷にあるお店屋さんだったね。

なのでそこまでスペースが広い訳ではないので、ヒロちゃんも半分くらいは座って・・・って感じでした。

アコースティックな感じ。

でもコレ、結構好きなのでこういうのを配信では続けてくれたらうれしい!!!

そして1曲目がOne Loveって言うのも泣かせるじゃないですか!!!!

だっていきなり

♪やっと出会えたよで始まるんですよ!?

狙ってるでしょ!!!狙ってるでしょ!!!!!!!!!!!!!


・・・まんまと思惑にはまってる女がここに一人(アホ)

でも本当にこういう心境だったんだろうなって思うわ。

ギターを弾きながら弾くヒロちゃんが本当に本当に(泣)

きっと本当に歌いたくてたまらなかったんだなって感じの歌声と、久し振りに歌う姿にあぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜

もう心がいっぱいです(感涙)

この曲が終わったところでヒロが、

「やっと会えたね!やっと会えたね!!」

って画面に向かって手を振ってくれたりして、ヒロも本当に嬉しそう。

そしてそこからジャスティス、サイレントムーンと続き、ここはちょっと立ちあがって猛烈にカメラにアピールしながら歌ってくれましたが、本当になんていい男なんだ。

その視線、ズルい。

そして再びギターを手にしてのアンフォゲッタブル。

この曲好き〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!

実は8月以降発表会の開催に向けて動き出していたので本当にヒロソロもaccessもだけど、他の曲を聴いてなかったんですよ。

だから久し振りに聴くヒロソロ。

でも身体が覚えてる!!!!!(笑)

配信ライブはどんなにヒロと一緒に歌っても周りに迷惑が掛からないのもいいよね〜〜〜。

アンフォゲッタブルは本当に夏の終わりって感じで、好きだわ〜〜〜。

そしてここで最初のMCに。

コロナの影響でこんな形で配信に、という事で

「いつも以上に傍に感じて。」

って画面に近寄ってくるヒロちゃんが(笑)

めっちゃ近い!!!!!!!!!!!!!!

そうやって笑ってるヒロも可愛いです。

そしてさっそく

「本当にファンのみんなが見てくれてるのか心配なので、コメント見ていいですか?さっそく。」

って配信画像を。

たくさん来るコメントを必死で目で追いながらも

「誰かちょっと面白いこと言ってくれる?何か。」

って(笑)

しかしそんな事言ったもんだからますます増えるコメントに

「すごい!コメントが速すぎて読めないね。ただこれと言って面白いコメントがない。」

ってバッサリ(笑)

そんな中拾った「ネクタイカッコイイ」って言うコメントに実は今回の衣装は別のライブで着ようと思って用意してたらしいことを。

「すごい気に入ってて、着ちゃいました。一足早く。今の僕の気分。」

って待ちきれずに着てしまったことを暴露。

そこから衣装の事にもちょっと触れてくれて、

「このパンツもね、面白いでしょ?変だって言わないでくださいよ、オシャレなんだから。」

ってファンに釘さし。

この日のパンツはベースは黒なんだけど、股間部分に向かってV字にデザインが入ったもので、調度下着に当たるだろう部分だけが柄が入っているものだったのね。

しかもその柄が股間部分の方が赤で膨張色の為、なんか・・・って最初から思ってたんだよね(アホ)

上のシャツが長いのでチラチラと覗くくらいなんだけど、その覗く感じがまた・・・。

どうやら最近は柄物がお好きなようで、この日のシャツも白ベースだけど柄が入ってて、絵描きさん泣かせのシャツでした。

でもこういうの似合っちゃうんだよね〜〜〜この人。

そんな感じで一通りコメントも見てみんなが画面の向こうで見ている事を確認したヒロ、

「オレ、頑張る!!ホントは居ないんじゃないかなって思ってたからね。それはないか(笑)」

なんてことも言ってました。

確かに現場は撮影スタッフと自分のとこのスタッフだけだろうから盛り上がりも何もないだろうしね。

そんな訳で次の曲にって、言ったところでスタッフにマイクスタンドをお願いしますって言ったり、後ろに下げてあったイスを自分で持ってきたりと、

「自分でやってかなきゃいけないんだよね、配信ライブは。」

と自らセッティングも。

ここからは何曲かアコースティックをと言ってメンバーを軽く紹介して次の曲へ。



そしてここで嬉しい悲鳴!!!!!!!!!

始まったのはめちゃめちゃカッコいいキーペ!!!!!!!!!!

まさかヒロソロでキーペが聴けるとは!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

この曲好きなのになかなかやってもらえなくて、聴きたいな〜〜〜って思ってたんだよね!!!!!!

しかもめちゃめちゃカッコいいの!!!!!!!!

こういうアプローチでもいい曲だよね!!

そして久し振りにこの曲もやっちゃいますかと始まったのがGet Sun

やっぱりこの曲、盛り上がるよね〜〜〜〜。

ヒロっぽくってすごく好き。

アコースティックならではな感じで、ちょっと跳ねる感じがステキ!

ヒロもめちゃめちゃ楽しそうだし、それを見てるこっちもめちゃめちゃ楽しい!!

そんな2曲を披露してくれてまたちょっとおしゃべり。

「いや〜〜〜〜楽しいね!画面の向こうのみんなも楽しんでくれてると信じてますけどね。」

と笑いながら。

そしてキーペを選曲してくれた理由も。

「僕のファンでいてくれてるって事はaccessのファンでもいてくれてるって思うので、いつもaccessではやらないようなアレンジでね。多分大丈夫だよね?良いって書いてくれてるよね?」

ってスタッフに確認するとすかさず本部長がiPadを

「また見せてくれるの?だって不安じゃん!不安じゃん!!」

って子首傾げながら言うヒロがめっちゃ可愛い!

そしてiPadを受け取りコメントを目で追うヒロが、

「ネクタイの事はもう置いといていいからね。」

って言いながらみんなが送ってくるキーペが良かったってコメントに嬉しそうに顔を緩ませてました。

Get Sunについてもどうだった?って聞いてみたところますます増えるコメントに

「速すぎるね、コメントね。こんなみんな速いの??」

ってビックリしてましたが、いやいや、それは圧倒的に人数の差だよ・・・って思った(笑)

1人1人は1行しか送らなくても100人が同時に送ればすごい量になるじゃないですか。

こういうところにもヒロって、1対1なんだなってちょっと思った。

ちゃんと一人一人と向き合いたいって気持ちを持ってくれてるから全部のコメントを1人が書いてるような錯覚に陥ってるんじゃなかろうか?と。

そういうところもヒロらしくて好きなんだけど。

そんなヒロが今年はコロナのせいで・・・と話し始めた次の曲。

「今年の夏も、2020年だって夏はあるわけだけど、今年の夏、全部味わおうじゃない?って事で、そうしたらもうこの曲しかないじゃない?って事でね、タカミヒロユキお兄さんが歌いまーす!ファミリーのみんなも楽しんでね!!」

とまさかのサンサンサマー!!!!!

ちゃんとあの可愛い振りもやってくれて、歌のお兄さんぶりは健在でした。

「これでもう大丈夫ね?夏、味わったね??」

ってこんな陽気な夏の感じ方をさせてくれました。

ここでメンバー紹介を改めて。

まずはキーボートの加藤さんに振ったら可愛らしい声でこんばんわ〜と返してくれて、すかさず突っ込むヒロ。

「そんな可愛い声だして〜。」

こんなやり取りにも仲の良さがうかがえます。

何か一言コメントってお願いして話してもらったんだけど、

「返事ないと不安でしょ?」

って配信ならではの空気も共有しつつ。

それでも加藤さん、

こんな状況で、こんな風なことになるなんて思ってもみなかった。でもこちらもすごく楽しんでるのでみなさんも楽しんでくださいみたいな事を言ってくださいました。

まさにセッションのようなやり取りのライブなので、アーティスト同士も楽しんでくれているのがやっぱり嬉しかった。

そして次はギターの大西さん。

「毎度。」

って軽く挨拶すると、

「ちょっとギター上手過ぎるんですよ。指が何本あるんだってね。」

ってさっそくヒロがその腕前を絶賛すると、

「なに言うてますのん、兄さん。兄さんの歌には敵いませんよ〜〜。」

ってめちゃめちゃ関西!!!!(笑)

この人も楽しい人ででもコメントを振ってもあんまり喋ってくれなくて、

「ちょっと照れ屋さんで〜〜〜す。」

ってヒロに言われてた。

そしてここからツアーについてのお話。

「ツアータイトル、去年の段階で次のツアータイトルはこれに決めてあって、戦いをね、逃げるんじゃなく向かって行かないとなと思って。」

と25周年という節目に当たって、これからも前へ進んでいく決意を込めたツアータイトルに決めたという事を話してくれました。

ところがこういう事態になって、ツアーそのものが中止になって・・・なんて事もあったけど、

「コロナがあってもなんか合ってるな、妙にって、同じタイトルのまま。」

いろんな意味を込めて立ち向かって行こうという事でこのタイトルをそのまま生かしたようです。

「それに伴ってグッズもね。ロゴがね、いろいろ意味がありまして、よく見るとハートなんですよ。そのハートの1個1個の中に25周年の1個1個の意味を込めてられていて。」

とロゴを制作する時の思いなんかも語ってくれました。

そしてグッズについては、

「リアル ライフ グッズ。

グッズって記念品として終わっちゃうというか、そう言うのも全然いいんですよ、いいんですけど、普段の生活で使ってもらえるものをってアツく語らせていただいて、スタッフの皆さん???ってなりましたが(苦笑)」


なんてことも言ってました。

常々自分のブランドを作りたいって言う思いがあったという事で、それをグッズで・・・って最近は思っているというような事も話くれました。

そんなアツい思いのこもったグッズ、

「これから皆さんに紹介したいのが、キッチンミトン!!」

とまさかのグッズに驚き!

「ほら、最近、オレ、自炊するじゃないですか。結構必要なんですよね。でも可愛いのがなかなかなくて・・・。」

と自分の実用性を第一に考えたヒロらしいグッズのラインナップでした(笑)

他のグッズのサンプルが続々と上がってくる中、

「キッチンミトンだけ、あの厚さとか大きさとか、万人に合うのがなかなかね。3回くらい、作りなおしてくれたんですよね?そしてついに完成しました!!是非、みなさんも使ってください。僕も使います!」

とどちらかというと、ヒロのオーダー品を増産した感じで、これはこれで楽しいグッズだなと思いました。

近々販売時期に関してはお知らせくださるそうです。

存分に販促してくださったあとは、

「本当はツアーでやるはずだったのを1日でぎゅっと凝縮してお届けしますんで。」

とアコースティックコーナー再開です。

ここからは最近のライブでは定番のサイコウガール!

この曲もいいよね。

ちょっとおしゃれな感じで、好きな曲です。

そしてまさかこんな形で今年も聴けるとは思わなかったミステイク!!!

ヒロちゃん劇場は健在でした!!!

どうしちゃったんでしょう?の前とか合いの手入れたりするのを後ろの加藤さんが笑ってたり、間奏部分のセリフも聴けました!

イスに座ったままで足でリズム取りながら歌うヒロちゃんがめちゃめちゃ可愛い!!!!!

ラストも

「大好きなんだからちょっとは許してよねぇぇ〜〜〜〜。」

とか言ってて、やっぱりこの曲はヒロちゃんだな〜〜〜って思います(笑)

こんな事ばっかり言ってるといつか後ろから刺されるぞ(笑)

ミステイクの後もちょっとおしゃべり。

「本格的にソロ活動を始めてから25年になります。」

ってイスから立ち上がってお辞儀してくれて、何だか感慨深いです。

ファンのみんなのおかげなんて言ってて、

「またコメント見たくなっちゃった。」

ってファンを身近に感じたくなっちゃったヒロちゃん。

こういうところがファンとしても愛されてるなぁ〜って感じる瞬間だったりするんだよね。

そしてまた、

「なんか面白いこと言ってくれる?」

って溢れるおめでとうコメントの中で

「ネクタイはいいから。」

ってお決まりのネタに笑うヒロちゃん。

しかし、

「ちょっとごめん、コメントが速すぎて読めないわ。

パーマ??パーマかけていいの??」

って目についた言葉に反応するヒロ。

「なんか今日、パーマの話題多いな。懐かしい曲歌ったからか。」

なんて言ってましたが、デビューの頃をみんなが振り返ったからですよ。

その後も髪の毛ネタが多く、

「ロン毛?ロン毛ダメなんでしょ?

パーマ???解ったよ、もう!!」


って苦笑いのヒロちゃん。

「いろいろ紆余曲折あって、僕も振り返ると反省すべき事もあって、これ、配信ライブで言っていいのかな?僕打ち上げの度にお酒・・・。」

って話出すと恐らくスタッフからダメって言われたらしく、

「やめた方がいいね。うん。お酒を辞めましたっていうね。」

と勝手に終止符を打ってました(笑)

ヒロはヒロなりに分岐点を迎えていて、

「50歳を超えましたからね、歌い続けて行くにはこの先今の生活を続けるか、生活を改善して行かないといけないというね。一応人の前に立つために身体をきちんとして行かないといけないとか、前よりもより多くそう言う事をやらなくちゃいけなくなっちゃったんだけど、でもそう言う事をやっていると、逆にこれから会うファンのみんなにもっといい貴水博之を見せられるんじゃないかって言うワクワク感にも繋がっているんで、これからもよろしくお願いします。」

と常に前向きでそれでいてプロとして厳しい視点を持っているんだなって言う話もちょっとしてくれました。

普段ここまで話してはくれない気がするのでヒロの口からこういう言葉がきけたのは解ってたけど、改めてこの人を好きになって良かったなって思いました。

この前向きに頑張る姿勢は見習わなきゃね。

そして次の曲についても。

これはいつもいつもライブでも話してくれるride onに対する思いを今日も語ってくれました。

そして静かに始まったride on love.

この日も大切に大切に歌ってくださいました。

「どうもありがとう。アコースティックコーナーでした。」

と軽くお辞儀をして立ち上がったここからはいつものライブモードに。






一旦切ります〜〜〜〜〜。スミマセン。







sakurajun9tion at 17:14|PermalinkComments(1)

2020年09月01日

こんな時だから

まさかこんな切ない思いでこの日を迎える事になろうとは・・・

本当ならニコニコ笑顔のヒロちゃんとお祝いしてるはずだったのになぁ・・・

1年前に奇跡的に9月1日取れました!!!!(^-^)って話してた時はこんな事になるとは思ってなかったですよ。

来年は2Daysとかやっちゃう!?

ホントにみんな来るの!?

なんて笑いながら話してたのにね。

世の中本当に何が起こるか解りません。


でも、ヒロちゃん25周年おめでとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

今こそ本当にI&Iの気持ちですよ。

どこにいても・・・です。

笑顔で涙を流さないでいてくれることをずっとずっと願ってます。



いろんな事が自粛ムードで思うように活動が出来なかったり、楽しい事がなく淡々と日々が過ぎていく毎日で段々とこれにも慣れてきてしまっている気もするけど、それは単に心がマヒして行っているのかなって気がしたりしてます。

もちろん自粛する事も気を付ける事も大切なことだけど、それに縛られすぎるのも良くないなって思ったり・・・

本当にいろいろ考えさせられる毎日です。

そして明日はどうなっているのか、もしかしたら自分が・・・なんて事もあるかも知れなくて、本当に何が起こるか解らない。

出来ることは出来るうちに、こんなに自分の時間を使える事はないかも知れないし、それならば、という事で・・・


本出します


まだまだ私の頭の中でおぼろげな企画でしかないんですが、再録本を出そうかと思っています。

ページ数、発売日などもろもろ何も決まってません(笑)

主にはHPにアップしているものになると思いますが、お友達のところに寄稿させていただいたものもいくつかあるので、そちらも入れられたらと思っています。

が、そこまで行くかな???

というのも実は今年でエバラス発売から調度10年なんです。

なので、ここからは皆さんにご相談なんですが、エバラス再販したらどのくらい欲しい方いらっしゃるのかしら???

印刷しても大丈夫なくらいいらっしゃるようであれば考えようかと・・・。

HPでも読める物だしそんなに需要はないかなって再録にしても再販にしてもずっと思ってきたんですが、こういう状況の時だからこそやってもいいのかなって。

ここで新作を・・・と言えないことは申し訳ないんですが(苦)

取りあえずどのくらい要望があるのか知りたいのでエバラスの再販欲しいよって方はこちらで拍手?なのかな?していただけると嬉しいです。



あぁ〜〜〜あ、言っちゃった(笑)

こうやって首を絞めて行くんだよね〜〜〜〜知ってる。

でもせっかくの25周年だし、ってヒロちゃんには絶対知られちゃなんねぇ〜事ですが(笑)

こういうお祝いの仕方もアリかな?とかね。

みなさんにちょっとでもお祭り気分を味わっていただけたら嬉しいです。


今年は新しい事を始める年と決めたもののもうひとつが実はこれでした。

自分の存在なんてちっぽけなクズみたいなものですが、少しでも誰かを笑顔に出来たらいいなと思ってます。

こんな時だからなおさらね。

前向きに進んでいくヒロちゃんに背中を押してもらうような気持ちで私もやれることをやれたらなと思います。

今日は心穏やかに、ヒロちゃんのことを考えて過ごしたいと思います。

・・・きっと月初だから無理だと思うけど(泣)









sakurajun9tion at 00:00|PermalinkComments(0)

2020年08月30日

夏が終わりそう???

またまたお久しぶりです。さくらです。

本日はホントにいろいろと忙しい1日でございましたよ。

まずはヒロソロ!!!!!!!!!!!!!!!

チケット発売とグッズの販売開始でパソコンにスマホにと張り付いて、その間に整体行って、布の裁断してみたいな(笑)

いやいや、整体は合間に行くものではないんですが・・・(苦)

ヒロソログッズはね〜〜〜なんですか、あのネーミングの可愛さわ!!!!!!!!!!!!!!!!!

どんな顔して企画会議であのタイトルを発言したのか、もう目に浮かぶようですわ。

ホント可愛すぎるオッサンだわ〜〜〜〜。

普段は申し訳ないくらいグッズに貢献しないわたくしですが、今回はあのネーミングに財布の紐が緩みまくりました。

多分どこにも着ていけないだろうに、買っちまいましたよ、あの上下!!!!!!!!

それがさ〜〜〜〜ツアーTもまともに買わない人なので、サイズが全く解らず・・・(アホ)

これってどんな感じなのよ〜〜〜って手持ちの服のサイズを測りまくって、ようやっとサイズを決めたりして、今までにないくらい真剣に物販と向き合いました(笑)

結構散財しましたよ〜〜〜〜。

でも全通遠征する事を考えたら・・・という謎の説得力を持つ言葉についつい・・・。

ヒロソログッズはあんまりライブのグッズって感じが薄いので、普通に使えるのが嬉しいのです。

マスクとか、ホントこれ、解らないよね!ってくらいオフィスでも使えるあのセンス!!!!!!!!!!

さすがです、博之さん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(感涙)

あの着るっきゃないロンTとゆらゆら気持ちいいハーフパンツ、ちゃんと着れるかな〜・・・。

実はね、Tシャツとか苦手なんですよ。

どう着ていいのか・・・って感じで、持ってるのはレッスン着しかないんだけど、今年初めてTシャツを買ってみたの。

アレ???これ、前も言ったかな???

本当は楽な格好というか、Tシャツとかオシャレに着こなせるようになりたいなぁ・・・ってずっと思ってるんだけど。

ダメージジーンズとかもおしゃれじゃなくて、ただ単に破けちゃったの???って言う感じになっちゃうんだよね。

かなりボロボロでもオシャレに着こなしてる人見ると、いいなぁ・・・って思う。

アレって何なの???

センス???

スタイル???

雰囲気???

どうしたらいいのか知ってる人いたら教えてください。


そんな感じで自分的には結構冒険してグッズも買ってみました!

そして整体に行ってゴリゴリやられて・・・今日も悲鳴をあげてまいりました(笑)

明日から毎週リハが入るのでメンテナンスはちゃんとしなきゃなんですけど、ちょっと股関節をやってしまいまして・・・(苦)

これが思いの外深刻な状況らしいんですが、それが証拠にその痛みが足の親指に体重かけられないって時もあるんだけど、踊る時ってほぼつま先立ちなんですよね〜〜〜(笑)

趣味なのに、何をやってんだ???って心の底から思う瞬間です(爆笑)

でもやっぱり踊れるうちに踊りたい。

自分を追いつめて踊れるタイミングってそうあるわけでもないし、今回は無観客とは言え、やっぱり舞台に上がるってそういうタイミングだとは思うんだよね。

なので出るって決めた以上、やる事はやって後悔だけはしたくないなって。

だって立ちたいと思っても諦めた人がたくさんいる中で、私は1人だから家族の反対とかそういうものもなく、自分の心ひとつで決められたわけだし、仕事もね、9月いっぱいまで自由出勤も延長になったし、気を付けようと思えばどうとでもなるからね。

そう言う事はある種しあわせなことなんだろうなって思う。

ヒロちゃんだって楽しみにしてただろうライブを中止にしないといけないような状況の中でライブ空間ってやっぱりそこでしか味わえない空気があるよね。

そしてそんなヒロちゃんの配信ライブも今日から発売開始になって、私もリアタイに間に合うかどうか微妙なところなんですが、さっそく申込み!!

その日もリハなんですよ〜〜〜。

だから絶望的って思ってたらまさかの20時開始!!!!!!!!!!!!!

頑張ったらちょっとの遅刻で間に合うかも!!!!!!!!!!(感涙)

19時半までリハなんですよ〜〜〜〜。

そこから汗だくでもダッシュで帰ってきたらどんなに遅くても30分の遅刻で間に合うかも!!!

もちろん翌日は有給取りますけど何か???

朝からレッスンまでエンドレスで見て焼き付けるわよ〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!

気付いたら8月ももう終わりなんて、ホントに実感がないんだけど、そんな夏休みのプレゼントなのかしら?2人が揃って地上波に!!!!!!!!!!!!!!

告知もなくて、出るかどうかも解らないまま広がるザワザワ感に・・・


出た〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!


有吉の壁に2人揃ってご出演。

モノマネのご本人登場で、本当に2分ちょっとの出演だったけど、久し振りに2人揃ってアーティストとしてパフォーマンスする姿に・・・。

有吉さんの番組ではアーティストの顔をなかなかお見せする事がなくて、でも面白おかしくいじっていただいた事は大変感謝してるんですが、やっぱり本業も見て欲しいわと思っていたので、今回は念願かなってちゃんとアーティスト!!!!!!

有吉さんもカッコいいって連呼してくれて、ありがたや〜〜〜〜〜って気持ちでいっぱいでした。

そして何よりもモノマネにaccessをチョイスしてくださったチョコプラさんにも感謝です。

大ちゃんも何だかちんまりして可愛さましましだし!!!!!!!!!!!!

仲良しっぷりを地上波で存分に発揮してくれた通常営業にやっぱり2人が早く接近エリアでいつも通りの距離感を見せてくれる日が待ち遠しい・・・。

秋冬ツアーはどんな感じになるのかな。

トーク多めのアコースティックでもいいですけどね。

なかなかやる機会の少ない曲とかやって欲しいし。

聴きたい曲はたくさんあるのでなんでも嬉しいんですけど。

取りあえず行きたい公演は無事行ける事が決まったので、あとは自己管理を頑張るのみです!!!!!!

そんな私はまだまだマスク作りにはまってまして、今日もまた11枚も裁断しました(アホ)

新しいバージョンのマスクも作ったりしようかなって、この前試作品を作ってみたりしてたんです。

まだまだ暑いので涼しい麻のマスクをどうしても多めに作ってるけど、これから秋冬に向けて綿も使って行けそうなので、そうなると柄ものも作って行けるかな〜〜って。

ひとつ作ってみたい布があって、本当に1点ものなんだけど、自分がつける勇気はないかも・・・。

大柄の絵柄が点在する布で、それを見た時に左右で柄が違うやつを作ったら絵画みたいでいいかも!って思ったんだけど、アレは観賞用かな・・・。

欲しい人がいたら是非って感じなんだけど。

綿生地なので、もうちょっとしたら作ってみようと思ってます。

取りあえずは今裁断した11枚とマスクケースも裁断したまま6枚くらい置いてあるのでそれをどうにかしないとね。

そして新しい布もまた2つ買ってしまったので・・・(アホ)

もうね、何でこんなに作ってるの???って感じよ。

この前もレッスン行ったら先生に毎回違うマスクしてるって言われた(笑)

取りあえず新しい地の布を買ったら、試しに自分の分で1枚は作ってみるからどうしても増えてしまう。

まぁこれだけマスクをしなきゃいけない状況なんで、折角ならその日の洋服に合わせてマスクもお着替え出来たら楽しいじゃないですか。

自分用でも10枚くらいはあるので今日はどれにしようかな〜〜〜って感じです。

手縫いなのでたくさんは作れないけど、それでもお友達とかが使ってくださっているのを見るとやっぱり嬉しい。

それがまた次の新しいマスクを作ろうって気持ちになるんだよね。

こういうの作ったらどうかな?とか、これで作ったら可愛いかも!とか、コレ、あの人に似合いそうとか、そういうのが作る活力になってます。

いつもは自分の好きな布しか買わないんだけど、この前初めて端切れのパック売りを買ってみたの。

そしたらいつもは自分が買わないような布とかも入ってて、どう使っていいのか、どう合わせていいのか解らなくって、お友達に相談したら、なるほどな〜〜〜って言う合わせ方を提案してもらったりして、また新しい作品が生まれたりしてます。

そういうのもまた楽しいね。


まだまだ毎日暑くて死にそうだけど、体調には気をつけて、みんなが笑顔でいられますように!!






続きを読む

sakurajun9tion at 00:53|PermalinkComments(0)

2020年04月13日

10000日

デビュー日から10000日。

本当に長い年月が経ったんだなと改めて。


こんばんは、さくらです。ご無沙汰しております。

本日2020年4月12日は本当だったら横浜2日目、きっとライブ中にみんなでこの日をお祝いしていたはずなんでしょうけど、昨今のこのご時世で・・・。

切ないね。

それでも朝からヒロちゃんがツイッターで、夜には大ちゃんがインスタライブでこの日をお祝いしてくれました。

繋がってるねって思う。

本当は一番2人が悔しい思いをしているはずで、どうにもならない状況にじっと耐えているのはおんなじ。

それでもファンのためにいろいろ発信してくれるのが本当に嬉しいです。

ほんのちょっとしかお返しが出来ない、好きでいる事しか出来ない。

悔しいけど・・・。

だから次に会える時にはお互いに笑顔で、たくさん盛り上がってこの気持ちをいっぱい伝えたいと思います。

大ちゃんのインスタライブではとってもきれいな音色でヴァージンを弾いてくれて、苗場のバーラウンジのピアノ演奏を思い出したよ。

大ちゃんが弾いたらあんな感じなのかも知れないね。

きっと今頃は2人とも自宅で、次の為の準備をしてるのかも知れない。

24日に配信も決まったし、こういう時に止まらないのがあの2人だからね。

私達も止まっているわけにはいかないのです。



のっけから記念日モードですみません。

みなさん、いかがお過ごしですか?

緊急事態宣言が出て、ほぼ出禁なさくらです。

とは言え、うちの会社は3月末から既にリモート勤務になっていて、ずっと自宅で仕事してます。

早々に会社からモニターを送ってもらったのでデイトレーダーみたいな生活をしています(笑)

まぁ、ちょっと首を負傷してしまい、調度良かったと言えば調度良かったのですが・・・(苦)

友達のお子と遊んでて、お子を抱えたまま顔面から倒れたはずみで首がちょっとずれました(爆笑)

痛みがあんまりなくて、というより身体を支えていたオデコから鼻にかけての方が痛くて、首の方は衝撃が響いたんだなって思っただけで、その前からずっと肩こりがあったのでそのせいだと思ってたんですよ。

そしたらアレ???首、曲げられなくない???ってストレッチしてた時に気付き・・・

困った時の整体の先生のところに行ったら、首、ずれてるねって(笑)

そりゃあおかしい訳だわ。

そんな訳で出勤せずに自宅療養しながら仕事出来て、きちんと治療も受けられてのこの状況で良かったとちょっと思ったり。

とは言え、この状況で大変な思いをしている方もたくさんいる訳で、手放しで良かったとは言えないんですけれども・・・。

整体の先生もこの状況で来院する方が減っていると。

そのおかげで私が希望する時間に治療を受けられていたりもするんだけど、経営的にこの状況が続くと・・・とも言っていたし。

自粛とは言っても営業しなくてはいけないところに勤務している方は正直出勤したくないって思ってると思うし、時間給で働いている人は働けないと収入がなくなるわけだし、そう考えたら平和にリモート勤務している自分は恵まれてるなって思うんだけれど。

だから出来るだけお家で外出も控えて・・・って思ってますが、家にいるとトイレにしか歩かない・・・(苦)

レッスンもお休みになっちゃったし、本当に身体を動かしてないので不安です。

発表会も延期の延期が決まってしまい、延期予定は9月との事。

どうやらヒロソロと被ってそうな感じなんだけど、日にちがはっきりしてないのでチケットを取るかどうか悩ましい所・・・。

そして一番の問題は飛行機の問題。

出来るだけ安い時に取りたいんだけど、取って行かれなかったら・・・それを思うと。

お願いだから早く予定を発表してくれ・・・。

とは思っても、9月のどのタイミングで発表会が入ったとしてもその前は毎週日曜にリハが入るはずで、そのリハに1回も出ないまま本番なのかと思うと、それもどうなの???みたいな。

これだけ踊らない時間があって、振りとか忘れちゃいそうなのに、リハ出ないで本番とか・・・。

それに9月に変更になった事で出られない人も出て来るはずだし、そうなると配置が微妙に変わりそうな・・・。

それによっては振りが変わる可能性もあるわけで、立ち位置などなども不安なんですが、ヒロソロに行けないのは・・・

あぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜悩ましい!!!!!!!!!!!!!!!

どうかFCチケット申し込み時期に間に決まってくれますように。

って、多分無理だろうな・・・。

せめて福岡に被らない事を願います!!!!!!!!!!



こんな感じで私は通常運転です。

みんな気持ちが欝々としてしまうかもしれないんですが、自分のメンテナンスは自分でしてあげないとなので、楽しい事を考えて少しでも気持ちを明るく出来たらいいなと思います。

私はこの出禁の間にPCのバッグを作ろうと思って、リモートになってすぐに布を購入してきました。

クッション性のある布がなかなかの曲者で、ミシンがない手縫いでは時間がかかっております。

お休みの日だけしかやらなかったりするのでかれこれ2週間くらい格闘しております。

あと1,2日くらいかかるかな?

でも自分が欲しい形に出来て楽しいよ!

中にPC周りのモノがちゃんと全部入るようにポケット付けたりして、これで持ち運びするのも楽になるといいな。

そして実は1本お話を書いたんですが、そのうちこっちにもあげますね。


そんな訳で私は元気です。

皆さんも元気に過ごしていますように・・・。






sakurajun9tion at 01:06|PermalinkComments(0)

2019年11月25日

今日は回っちゃうよ! その3

頑張って続きです・・・。




そんなお尻トークからいきなり何事もなかったかのように、

「急にね〜寒くなりましたけれども。」

って始めたもんだから会場から笑いが起こると、

「何〜?なんか変?」

「急に天気の話になったから。」

「何〜ダメなの?今の。」

「いいんだよいいんだよ〜なんでもいらっしゃ〜い。」

何でも拾ってくれる優しいダンナはそんな事では動じません。

「だってこれ以上お尻の話ひっぱっても良くないでしょ?」

「いいよ。」

「だって絶対後で怒られるもん。」

って大ちゃんがブスくれてると、

「あぁ!!」

ってヒロがいきなり大ちゃんのところへ歩いて行って、

「なんか可愛いね、この、これね。」

って足元にかがんで大ちゃんのパンツの膝の部分をちょっと引っ張ってみたりなんかして。

「ねぇ、大ちゃんしかいないよ、似合う人。」

「そぉ?どんだけ―って感じ?」

って照れくさそうに言って、場の空気がなんか違う・・・ってなった大ちゃんを救うかのように

「まぼろし〜〜〜〜。」

ってヒロが被せてくれた。

ホントに何でも拾ってくれるダンナだわ。

それに気を取り直して話し出そうとする大ちゃん。

「だから、」

「なんだオレ達は!」

ってヒロもこの変な空間におかしくなってた(笑)

そしてこうなってくると最近何してた話になって行くわけです。

「どう?最近の僕ら。」

って考えているヒロを見ながら言うと、

「僕、実はアレなんだよね。去年・・・今年だ!大ちゃんに誕生日プレゼントにポット貰って、なんかね、自分のキッチンのところに、なんかね、いつも見慣れない筒が置いてあったのね。オレいつもそんなに、対してまぁいいやって思ったんだけど、今日の朝、なんだろうって思ってみたら、手摘み茶って書いてあって、大ちゃんがくれたんだね。

大ちゃんがくれたお茶っ葉、賞味期限、2019年の11月、ギリギリ間に合いました!」

「あぁ〜〜〜良かった〜〜。」

「今日、飲みましたよ、朝。」

「大丈夫だった?」

「大丈夫でしたよ。ありがとうございました、ホントに。」

ヒロちゃん・・・大ちゃんに貰ったの忘れてたんだね・・・。

もう日常の風景の中に馴染みすぎるくらいに馴染んでいたという事でよろしいでしょうか???

でもそういうのあるよね。貰ったんだけど、そのままになってしまったりして、忘れちゃって、アレ?これなんだっけ??みたいなの。

まぁ賞味期限が多少切れたところで大したことはないので頑張って飲んでいただければ・・・。

そんな大ちゃんは寒くなるとケトルでお茶を飲みたくなるという事で、ルイボスティを飲んでいるらしい。

「夜のスタジオで、ちゃんとケトルで沸騰させて。お上品じゃない?ちょっと。」

ってニコニコしてたら、

「大ちゃん、オレがあげたロウソクは使ってるの?」

ってヒロが聞いたら、いきなり大ちゃんが自分の身体にロウを垂らすような仕草をして、

「熱い!みたいな?」

って言い出したから・・・ヒロのSM劇場が始まって・・・

「そんなふうにして欲しいのかっっ!!

ホントスイマセン!!」


ってやる側とやられる側を演じた後、

「フォロー出来ないだろうっっ!!!」

大ちゃんをお叱りになっておりました(笑)

こういうの好きだわ〜〜〜〜。

その後2人してゲラゲラ笑ってたけど、今度してあげたらよろしいのでは???と思ってしまったのは秘密(アホ)

そんな大ちゃん、お風呂のロウソクの事は言わなかったけど、一緒に貰ったルームフレグランスの方はスタジオに置いてるって。

「お互いアレだね、癒しが、いい感じですよね、なんか。」

「そ、そうね。」

って大ちゃんが何となく頷くと、

「激しいのがいいのか?」

激しくしてやれ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

強く心の中で叫んだけど、そこはすかさず大ちゃんが矛先を客席に向けてしまった・・・。

「みなさんはどうですか〜〜?癒しか激しいのか、どっちが良いか決めましょう。みなさ〜〜〜ん。」

この様子をヒロが横からアハハハって笑いながら見てたんだけど、これって必死に大ちゃんが客席に話題を振ってるのを見て・・・って事にしか感じられず、脳みそ腐ってるな〜〜て思った次第でございます。

だってあんまりにも大ちゃんが客席に呼びかけるのに必死なんだもん。

そんな訳で何故か客席アンケートに。

まぁ癒されたい人の方が若干多かったですけれども、激しくされたい方ももちろんいる訳で、

「あら〜〜激しくされたい方、テンション高いですね〜〜〜。」

って言いながらヒロに

「だって。」

って結果を。

だってじゃねぇよ!って思ったけど(笑)

「癒す方、担当するよ。激しいの、ヒロ。」

って何故か担当分けを始める大ちゃんに

「いいよいいよいいよ。どっちが激しいか勝負だ!!」

とか言っちゃうヒロ。

そのセリフ、隣の人に言ってあげてくださいな。

そしてさすがのテンションの男も、

「大ちゃん、よく解んない!!この流れ!!」

「正直ね、解んない。」

って大ちゃんも。

マジでグダグダ過ぎるトーク、楽しすぎる。

何でもシンクしちゃうとか言い出すし。

すると大ちゃんが突然、

「最近僕ね!!」

「なんか見つけた。」

「僕ね、はまってんの。ヤバいの。ベーダ。ダースベーダが怖いの。チョー怖いの。」

この発言にヒロはじめ客席もみんな???ってなってて、大ちゃんだけが思い出して笑ってた。

するとヒロがこの間に耐えられなくなったのか、

「ごめんなさいね、お尻。」

って急にさっきの大ちゃんの真似して言い出した。

で、お尻向けてた側からお尻の位置をずらしても舞浜は円形なので結局誰かにお尻を向ける事になり、またその後ろの人に、

「ごめんなさいね、ごめんなさいね。」

って(笑)

そんなヒロには全く頓着せず話し始めた大ちゃん。

どうやらVRのゲームでスターウォーズをやってるらしい。

ヒロもその話を聞いて、

「あぁ、言ってたね。」

とやっと状況を理解。

VRのゴーグルをつけてるからライトセイバーなんかもリアルらしくって、フォースも使えるらしい。

目の前の岩とかがフォースの力で破壊できたりするらしく、

「チョー気持ちよくって!!」

と興奮気味の大ちゃん。

でストーリーをドンドン展開していくと、ダースベーダと対決するところがあるらしいんだけど、扉を開けたら目の前にいきなり現れるらしいのです。

「グワッと開いたら目の前に、デーンデデデーンデデデデデデー、ダースベーダが現れて、ゴーグルだからさ、完全にその世界に入り込んじゃってる訳。ベーダが出てきたら、どのくらいだろ?身長。ヒロよりもおっきかった。2メートルくらい、あるのが、目の前、ここまで来て、こえぇぇぇ!!!!!!ベーダ!!みたいになって、ホント、ヤバいよ、アレ。」

って興奮して話す大ちゃんに、

「シューシューシュー。」

ってダースベーダのように近付いてきたヒロが大ちゃんの耳元でウィスパーに

「ストレスが溜まってんだね。」

えぇ!?って顔する大ちゃんに

「いいんだよ!持ち上げちゃえ!岩を!!」

「え?ちょっと待って、ちょっと待って??なんでストレスが???僕、ストレス発散でゲームやってんだよ?」

「いや、だから、溜まってるから、発散でね。」

そのストレス、ヒロが解消してあげなよ〜〜〜〜〜〜。

そんなストレス発散をしている大ちゃん、映画の中の世界って思ってたけど、

「ゴーグル、VRをしてると目の前にいて、マジ怖いって言うのが僕の流行りです。」

って事らしい。

「やり来て、やり来て〜〜〜スタジオ。面白いよ〜。」

って客席に言うとそれを聞いたヒロ、

「今日、何回目の嘘ついてるの?」

って言って笑っておりました。

「VRいろんなの出てるんだね〜〜〜。」

なんて感心してるヒロに

「アレ?なんかヒロ、スタジオ来た時やったよね?プレイステーションのVR。ね?」

やってましたね。

イスの上で小さくなってましたね(笑)

確か深海の世界のだったっけ???

またダースベーダもやらせてもらったらいいよ。

「僕はアレだね、最近の流行りはね、たこ焼き。」

この発言に大ちゃんがすっごい野太い声で、

「えぇ!?」

って反応してた(笑)

確かに意外なワードですよね。

が、ヒロ曰く、

「僕、最近、食の事気にしてるじゃないですか〜。」

「そっからたこ焼き、意外だね。」

「夜ね、なんか悪い事したくなっちゃう、自分に。」

解る!!!!!!!!!!!!!!

この時間にこんなもの食べたらって言う背徳感ですね。

「成城石井さんの入口を入ったところに必ずたこ焼きが並んでるんですよ。

で、僕が行く時間、必ず10%オフなの。399円。いいね、安いね!」


「それはどういう状態なの?もう焼いてあるの。」

「家に持って帰ってレンジであっためればいいだけなんだけど。僕はもう、ストレス発散、そのたこ焼きだけです。」

えぇ〜〜〜????

「そのえぇ〜〜?って言うのは何ですか??たこ焼きダメ?」

ダメって言うか、それだけで発散出来るって、ヒロってホントストレスない生活してんだな〜〜って・・・。

「じゃあ聞くよ、みなさんのストレス発散って何?」

って大ちゃんが聞くと、ライブ―って声が上がり、

「ほぼみなさんね、優しくライブって言ってくれた方が、ありがとう。」

とご満悦の大ちゃんなのでした。

「昨日の夜はたこ焼き、売り切れてたんだよ。食べれなかった。だからちょっとストレス溜まってます。」

可愛いストレスや。

たこ焼きくらいいくらでも買うてやる!!!!!!!

た〜んとお食べ♪

そんな食べ物の会話をしたからなのか、急に大ちゃんが思い出した。

そしてここからがカオスになって行くんだけど・・・

「なんか、寒くなったからさ、最近きのこ類を買ってみる事にして、」

「大ちゃん、きのこ、好きだよね。」

って言うと手を頭のところで三角にしてきのこポーズをとる大ちゃんがあざと可愛いの!!

「好きじゃないけど、なんか・・・。」

って話してる大ちゃんの横でヒロがまたキノコをネタにカキーンのようにいろいろしておりまして・・・

「ちょっとアナタ、大丈夫?そのうち後でスタッフに怒られるよ。いい加減にしろって。」

「イイじゃんイイじゃん。だってオレ達の日なんだよ、今日は。」

「そう。ここでマイクを持ったら怖いものなし。」

「そうだ!」

「怖いのはダースベーダだけ。」

って訳の解らない事を言い出したりして、とにかく2人して自由(笑)

この自由が楽しいんだから、どうかスタッフの皆様、2人を怒らないであげてくださいませ。

で、話は戻ってきのこ。

「それは何?力をつけるためにキノコを食べるの?」

「冬で免疫とかが、風邪ひかないようにとか。」

「確かに。確かに。」

「僕もまた、常識がないから、いろいろ買って、こないだ、ほうれん草と、エリンギ?全部買ってきたのを茹でて、」

「・・・うん。

エリンギってアレでしょ?ちゃんと根っこは切って。」


「なんだけど、僕、ホントに何にも知らないからそのまんま、買ってきたまんま入れて、」

「大ちゃん洗わないと!農薬がだってついてる。」

「それはね、袋に書いてあった。洗わなくていいって。」

「洗わなくていいの?」

「ただ、それをスタッフに言ってね、写真見せたらさ、コレ、アナタ、切らないでやってるの!?って。」

「そうだよ。切らなきゃダメだよ。」

「僕それ知らなくって。」

って大ちゃんが白状したのに

「切らなきゃダメだよぉ〜〜〜。」

って欽ちゃんの真似をするヒロが(笑)

「なんか随分歯ごたえの良いおっきなパスタだな〜〜って。」

「ホントだよ。」

「薄切りにするんだってね、エリンギってね。それを4日前くらいに知った。」

「あぁ〜そう。

なめことかいいじゃん。」


切らなくていい事を考慮してヒロが提案してくれたこのなめこが更なる爆弾発言を・・・

「なめこもやった。なめことね、ほうれん草、一緒に茹でた。」

えぇぇぇ〜〜〜〜〜〜〜????????

会場からはもはや悲鳴にも近い声が。

「ねぇ、何がいけないの!?ねぇ〜〜〜。」

「ほうれん草はさ、ほうれん草だけじゃないの?ほうれん草は普通にお浸しって言うか、湯がいて、鰹節かけて、何回かに分けて食べようって思うんだけど、絶対全部食べちゃう(笑)」

1人暮らしあるあるだね〜〜〜〜(笑)

「僕ね、だから、その、段階が入るの、ダメみたい。」

「大ちゃん、じゃあ、今、料理をしてるんだ!」

「沸騰したお湯に、ほうれん草、なめこ、沸騰終わる、」

「なめこも入れるの?」

「なめこでもなんでもいいんだけど、買ってきたものはそのまま入れる、沸騰2,3分で終わる、オリーブオイル、塩こしょう。で終わりだから。」

えぇ〜〜〜〜〜〜????

それは何かの実験ですか???

私も料理できない人だから人の事は言えないけど、さすがにそれは・・・。

これにはヒロも

「え?アナタ、何してんの?」

「ご飯。」

「え?なめこを??なめこ、味噌汁じゃないんだ。なめこ、出しちゃうんだ。」

「出さない出さない。食べる食べる。

え?違うのぉ〜〜〜〜???」


「なめこを茹でたら出しちゃうの?」

「いやいや、皿に。

なめことほうれん草を・・・

え?僕、バカァ???」


凄まじい展開になってまいりました。

大ちゃんの男料理過ぎる男料理に会場からは悲鳴が上がるし、ヒロの理解の及ばない状況にますます広がるカオス。

「なめこは大体、味噌汁とか、ホラ、汁物に入れて・・・食するんでございますよ?

それを、茹でたのを出しますよね?」


「なめことほうれん草、茹でたのを水切って、オリーブオイルと塩コショウ。」

この状況がどうしても理解出来ないヒロは必死に大ちゃんに一般的な食べ方をレクチャーしようとするんだけど、

「スッゲー美味いからやってみ!あ、浅倉さん言ってたの、マジ美味いじゃんってなるから。めんどくさくないし。」

もうこの辺になってくると大ちゃんも泣き笑いみたいになっちゃってて、とにかく食生活の違いとでも申しましょうか、料理に対する姿勢とでも言いましょうか、こんなに噛みあわないのね〜〜〜(笑)

「なんか見たレシピだったの?それは。」

「ううん。」

ドキッパリ言う大ちゃんに、

「それは多分、何か間違えてると思う。」

こちらもドキッパリ(笑)

「段取りが2個になるのがダメなんですよ。」

「オリーブオイルが合うの?大体。」

「うん。美味しいよ。」

「オリーブオイル???ほうれん草になめこにオリーブオイル???」

「と、塩コショウ。」

「はぁ〜〜ん・・・。まぁ、オリーブオイルと塩コショウはサラダにかけたら美味しいもんね。サラダ感覚なんだ!」

「そ!ほうれん草とかブロッコリーとかなめことか、エリンギとか、あと、この前はマイタケもやった。アレはさすがにおっきかったから手で切った。」

何とか自分の中で折り合いをつけようとするヒロちゃんが、必死にまともに思える着地点を探すんだけど、そもそも大ちゃんにはその感覚が備わっていないので(苦)

「普通にサラダにすればよかったのに。レタスとかさ、あの〜。」

「めんどくさいじゃん。」

「レタス、そのままじゃん。」

もうどうしたって平行線しか辿れなさそうな2人に客席から鍋は〜〜?というなんでも放り込めばOKメニューの提案が。

「鍋ね。そのままでいいからね。」

「だから・・・ちょっと待って、僕は茹でてるよ。IHのお鍋で。それじゃダメなんですか?なんか文句がありますか?」

ってカオスな展開になりそうなところで、

「あぁ〜〜〜もぉ〜〜〜〜疲れてきたぁ〜〜〜〜!!!!」

ヒロちゃんの考えるの放棄宣告が(笑)

「もういい加減にしろって感じだよね。」

とここで会話終了の糸口を掴んだ大ちゃんも乗っかって、

「でも、自炊、大事なことだよ!」

と最後にはやっぱり褒めてくれるヒロちゃん。

「だって信じられる?僕、そんな事一切しない人だったんだよ?」

「そうだよ!!」

「夜中に平気でドライブスルーしてる。」

「そうだよ、偉い偉い偉い!!なんでも始める事が大事。」

こういうところがヒロのステキなところだよね。

さっきまでさんざん否定してたのに(笑)

でも考えてみれば包丁使った事ない大ちゃんが自分でお鍋でお湯沸かして自分のご飯作ってるって言うのはスゴイ事だよね。

ダンナに感化されたとはいえ、そこのハードルは高かっただろうに。

だが、あの会場にいた誰もが思っただろう・・・

お前が作ってやれよ!!

そうすればすべて丸く収まるのに!!!!!


大ちゃんの健康管理も出来て、こちらとしてもあたたかく見守る環境が出来て、みんなが幸せになると思うんだけどなぁ〜〜〜

ねぇ、貴水さん、そこに気付いてくれないかな〜〜〜〜。

料理工程、調味料の問題じゃないんだよ!!!!!

「なんか、舞浜のこのステキなステージでこんな僕は恥をかくとは思わなかったよ。」

「恥じゃない。素晴らしいよ。」

「ここからいろいろ出世???ステップアップして行けばいいんだよね。」

「そう!!

ただ、なめこは味噌汁にしときな。ね?次。なめこは味噌汁のが美味しいんだよ。」


ってやっぱりなめこ味噌汁は譲れないヒロちゃんに

「・・・やっぱオリーブオイルと塩コショウ。」

「そっか〜〜〜〜!オリーブオイルか。

オレ、帰ったらきっとやってみるんだろうな。」


そう言って笑うヒロちゃんはやっぱり優しい人なのです。

大ちゃんが言ってるの、試してみようって、相手のフィールドも体験してみようとしてくれちゃうところがね。

そんな大ちゃんは料理を科学だと。

「ある意味ね。」

とこれにはヒロも賛成。

「お家でご飯作ってる皆さん、尊敬するもん。どのくらいの温度でアミノ酸となんかがぶつかってね、ぶつかってって言わないか。」

・・・すごい解釈ですね、大介さん。

「・・・そうやって作る人もいるんだねぇ。」

ヒロもこれには全く同意できない様子で、まぁ、そんな感じで考えてるから大ちゃんの料理は実験なんだろうなと。

結局、おうちでご飯を作ってる人はすごい、神ですって事で大ちゃんは納得したんだけど・・・

「さぁ、大ちゃん、そろそろうま〜く着地しないと・・・。」

ってヒロが促すと、いきなりジャンプしてトンって着地した。

それを見たヒロ、

「自由だなっっ!!」

もうこれは完全に無理だと察したのか、ヒロがまとめの方向へ舵を切りました。






スマン!!

ここまででまた今度!!

終わらね〜〜〜〜〜〜〜


sakurajun9tion at 00:16|PermalinkComments(0)

2019年11月24日

今日は回っちゃうよ! その2

そんな訳で続きです!!

アクチャンの間に奈落が落ちて行ったから、次はせり上がりで来るね〜〜って話してたのでその事には驚かなかったんだけど、イントロがアレ????

グラムロイドじゃない・・・。

確かにハロウィン過ぎたらこの曲は変わるかもなとは思ってたんだけど、記憶の中のどの曲にも当てはまらない・・・

まぁ、大ちゃんの神アレンジでそもそも解らない曲もたくさんあるけど・・・

えぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

新曲来た!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


そりゃ、知らないわけだわ!!!!

だけど春ツアーで聞いたあのメロディが確かに。

完全に記憶ファイルの中の検索から外れてたから解らなかった。

そしてめちゃめちゃカッコいい!!!!!!!!!!!!!!

春ツアーの時のヒロ語で聴いた時もカッコいいと思ってたし、何ならこのままヒロ語のままでもいいかな〜〜ってくらいアレはアレで好きだったんだけど、意味不明のヒロ語、好きなんだよ!!!!!!!

こうして歌詞がつくとやっぱり鮮明になるね。

ノリが良くて、キャッチ―な感じでコレ、ライブの定番にして欲しい!!!!!!

盛り上がるよね!!!!!!!!!!!!

リズムが拳をあげる感じにちゃんとなってて、それも楽しいし、ヒロの言葉遊びもいい!!!!!!

上のスクリーンに歌詞が出るんだけど、そっちも気になるし、ご本人達も見たいし、とにかく目が足りない!!!!!!!!!

これは早く手元に欲しい!!!!!!!!!!!!!!!!

今すぐ聴きたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


曲調としてはそんなに速くもないし、ミドルテンポなんだけど、跳ねる感じで、そこにヒロの歌詞が遊び心満載って感じ。

令和になる瞬間に大ちゃんが音にした何かが始まる感じがヒロの詩によって前向きな明るいものになってた。

これがaccessなんだよね〜〜〜〜。

スーパーポジティブな感じ。

後のMCでヒロがちょびっとポロリしそうになってたけど、恐らく何らかの形で手元に届くことが決まってるっぽい感じがした。

早く!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そしてそんな新曲が終わった後は舞浜でこれを見たい!!って思ってたハートマイニング!!!!!!

待ってました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

暗転の中、ヒロと背中合わせになるように客席に向かって立てられる大ちゃんのスタンドマイク。

回転ステージでのハートマイニングが始まります。

曲が始まって歩いてきた2人が立ち位置に着くとステージが動き出しました。

大ちゃんは片膝ついたしゃがんだポーズから。

ヒロはそんな大ちゃんに背中を向けて立った姿勢で。

静かに踊り出すヒロと、静止を続ける大ちゃん。

そして大ちゃんが立ちあがり回転するステージの中であの手を掴んでバシッていうのが行われ・・・。

これは結構回転速度と立ち位置と計算しなきゃいけないので大変なんだろうなと。

でもこれは直線で見た方がキレイに見えるかも。

回転してるので位置が被っちゃったりしてちょっともったいなかったかなって。

手を払うのもやっぱり地面が動いてない方が安定して出来るしね。

でも美しかったし、回転してくれてたお蔭で振りが解ったところもあった。

なんだけど・・・他の曲の記憶でどんどん埋もれていく・・・。

どう考えても頭のところのカウントがおかしいんだよね・・・。

もしかして長さが違うのかな???

次回にまた考察。

そしてそこからのバーチカル。

ここではヒロがとにかく美しくって!!!!!

ステージは止まってたかな。

大ちゃんはシンセブースにいた様な・・・

そしてこの曲の2コーラス目のサビのところでヒロの後ろポケットだかベルトだかに差し込んであったマイクの送信機?って言うのが落ちちゃってね。

最初ヒロの右足のところに紐みたいなものが落ちて来たから何かな?って思ったのね。

そしたらヒロ、歌いながら足を広げたまま腰を下ろしていって、右足付近のぶら下がったモノを必死で手で探しててね。

最初、遠かったから衣装の紐かなんかが切れて垂れ下がったのかと思ったのね。

それが足に絡まっててそれを外そうとしてるのかな?って。

ところがなかなかそれが見つからなくて、どんどん腰を下ろしていって、結局地面についたそれを手で握り込んで初めて、あぁ、送信機ね!って解った。

でもその姿がね、めちゃめちゃエロくてね〜〜〜〜。

歌詞とあいまってまるで崩れ落ちるような感じでね、拾い上げる指先までが美しいんですよ!!!!!!!!!!!

こういうとこの所作が本当に美しい。

まるで何かの演出かのようでしたよ。

そんなバーチカルの後はオズワン。

ここでヒロが上着を脱いで、放り投げたんだけど、それもカッコいい!!!!!!!

そして身軽になったヒロはめっちゃジャンプ!!!!!!!!!

オズワンあがるよね〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

そしてこの曲の♪その胸の中〜〜のところで大ちゃんの胸元をペロリって痴漢してイタズラ顔で去って行きました。

もう!!!何なんですか!!!

だけどこの日は大ちゃんがいつもだったらガッツリ開けてる胸元が全然開いてなくて、ヒロちゃん、手を入れる事が出来なくて、それでペロリってしていったんだと思うんだけど・・・。

何で開けてないんだよ!大介!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(号泣)

その後も腰を揺らしてくれたり、飛びまくってくれたり、とにかくオズワンはヒロの中の何かがオープンになるらしい。

サイコーです!!!!!!!!!!!!(感涙)

そして続くdiveで銀テが舞い落ちる中、気付いたら大ちゃんが胸元を開けていた。

何で?ヒロに開けろよ〜〜って言われたから?

言われたら開けちゃうなんて、もうこの乙女!!!!!!!!!!(アホ)

今度は開けて待ってる♪って事ですかね?

ゴチソーサマデス!!!!!!!!

もちろん大ちゃんが胸元を開ける時はかなり男らしくグイグイブチブチって感じに開けるので、どうやら首元のリボンを引きちぎるみたいにして落として行ったみたいなのね。

diveの途中でそのリボンを自ら蹴ってどかそうとしたりしてたらしく、そういうところも全く頓着しない大ちゃんなんだけど、diveが終わった後、ヒロがそれをそっと拾って自分のお水飲みスペースに救出してました。

良く出来たダンナです。

こういうところも優しいよね。

そして最後のグレートフルサークル。

ヒロちゃんのアイドルステップが可愛い!!!!!!!!!!!!!

とにかくあたたかい光に満ちた空間でした。

そして最後は2人は客席に手を振るように円形ステージに出て来て、バンドメンバーを先に見送って、

「サンキュー!!」

ってヒロが言うとそのまま奈落に!!!!

これには会場からどよめきが。

こんな退場の仕方は舞浜ならではですよ!!!!!

どんどん下がって行く中で、手を振りながら大ちゃんがジャンプしだしたらヒロもジャンプして手がピョコピョコ見えてました。

可愛い!!!!!!!!!!


そんな感じで本編終了です。




で・・・アンコールです。

ここからが長いんですよ。

どのくらいしゃべったんだろう??

20分は喋ってたと思う。

もしかしたら30分くらい?もっと?

とにかくこの日はめちゃめちゃ喋った。

しかも取り止めもない本当に普段の2人のしょうもない話を披露してくれて、めっちゃ楽しかった!!!!!

こういうグダグダなの、サイコーです!!!!!!!!!!

そんな訳でこっちも気合入れて頑張ります!!!!!

舞台が明転すると駆け込んできたヒロと大ちゃん。

ツアーTはヒロが青、大ちゃんが白です。

ひとしきり客席に手を振ったあと、ヒロが下手側、大ちゃんが上手側でMCスタートです。

「どうもありがとー舞浜〜〜〜〜!!!!!!」

と挨拶を始めたヒロ。

そのハイトーンのテンションのまま

「大ちゃん、どぉ〜〜〜〜〜〜???」

って聞いたんだけど、

「なんつった??」

「大ちゃんはどぉ〜〜〜???

アリーナー〜〜〜〜〜〜!!!!」


ってヒロソロでおなじみのアレをやってくれました(笑)

そんなヒロを呆れながら見てる大ちゃん。

「名前の後がさ、もう高すぎてさ、アァァ〜〜〜〜〜???って。」

ってハイトーンを出そうとしてました。

そこから大ちゃんがありがとうの挨拶を引き取って始めたところで、ヒロがステージの床に落ちていたピックを拾い上げ・・・

「これは大ちゃんのなのか、シーちゃんのなのか・・・。」

「それ、僕の。」

って大ちゃん。

また変なとこに飛ばしたか、飛ばなかったんですね、ピック(笑)

すると客席から欲しいって声が上がり、

「じゃあ、あげようか?」

って客席の方まで歩いて行って、1,2列目の人の方へ手を出したんだけど、これは誰にあげるか悩みますよね〜〜て思ってたら

「じゃあ、男子に。ね?いい?いい?」

って周りの女子に確認を取って、もめないように男子に渡しておりました。

そんな様子を見てた大ちゃん、

「いいなぁ〜〜〜〜!!僕も欲しいなぁ〜〜〜〜!!!!!!」

心の声ダダ漏れですから!!!!!!!!(爆笑)

ヒロが優しくしてくれるのは自分だけがいいのね、ハイハイ。

そんなピックを受け取った男子に

「おめでとうございます。」

なんて2人して言ったりして、和やかにMCスタートです。

舞浜は周年の時にやったりしてたのがここ最近は毎年なんて話から、

「ここ、回ってる気がしない?なんか・・・。」

「ある。」

ってまだ回ってる感覚がするらしいお2人。

「今度逆しようよ!みんながここ乗って、僕らがこっちでやるから。面白いよ。」

「いや、面白くないと思う。」

バッサリ!!!

こういうヒロちゃん、大好きです!!!!

「舞浜は夢の国だから、こういうのも回ってしまうって言うね。」

って大ちゃんが言い出すと、

「そっか、大ちゃんは落ち着かないだろうね。」

「いやいや、落ち着いてるよ。

でもここ来る時、ソアリン、今日はどのくらい待ち時間なんだろうって。見たら200分とか出てました。」

「えぇ〜〜〜〜〜!?」

既にその待ち時間の長さにヒロの中では消去されたこの話題、

「ソアリン行った?」

大ちゃんが客席に聞くと、行った〜〜〜って声があちこちから上がり、

「っざけんなよ、ねぇ〜〜〜。」

「なぁに?ソアリンって。」

ってヒロが。

「ソアリンってね、説明して良いのかしら、あの〜〜〜。」

としばらく考えた大ちゃん、大本から説明したくなったらしいんだけど、

「それはやめた方がいいね〜。」

とヒロの気の短さに考慮した(笑)

「あの〜〜〜空を旅するアトラクション。一言で言うと。」

「あ、なるほどね。」

「すごいんだけど、」

「イッツ・ア・スモールワールドみたいな感じ?

ちょっと違うの?

アレ、なんかあれだよね?」


「お船に乗って、」

「模型みたいなアレだよね?

違うんだ!?」


「まぁまぁヒロから見たらそんな感じかもしれない。」

「街をね、街を。」

「世界中のお人形がね、こうやってパタパタしてるの。」

って大ちゃんが手をペンギンみたいにパタパタしたの可愛かった!!!!

で、そんなヒロのために大ちゃんが簡潔に説明。

「こういう大きなブランコみたいなのに乗って、空を旅するって言う。僕もまだ乗ってない。楽しかった?」

って会場に聞くと会場から楽しかった〜〜〜て声が上がり、

「何で誘わない。

明日行く人いんじゃない?」


って会場に聞くとまたしても手があがり、

「誘って〜〜。

ヒロも行く?一緒に。」


「う・・・う、うん・・・。」

明らかに誘わないでな雰囲気のヒロ(爆笑)

そんなヒロに笑いながら、

「舞浜と言えば、accessもスペシャルな感じで、はっちゃけてしまう訳なんですが、」

「なんかさ、僕らも不思議な力が出ない?舞浜アンフィシアターって。」

ってヒロが言うと突然大ちゃんが

「ウフッ!」

ってミッキー声で。

それを受けてヒロも

「アハ!」

「なんだろうね。このスペシャル感はね。」

「アラジン面白かったよね!」

っていきなりヒロが言い出して、会場がざわつくと、

「映画映画。突然スイマセン。」

「大丈夫。ヒロが一生懸命ディズニー話で一番知ってるのはきっとアラジンなんだって事だよね。」

って言われると今度は

「ライオンキングね!逆にアニメからCGになってね。」

「なんかさ、面白いね。今一生懸命舞浜だからってディズニーの話をしてくれるヒロが、すごい楽しい!」

そう言われたヒロ、手を後ろに組んでリズムに乗って片足を前にクロスで出すステップをすると、

「ミッキー先生バカにすんなぁ!」

「違う違う違う、お姉さんいるじゃん。こういうの。」

ってステップをしてくれた。

「そういうイメージありますよね。」

「大ちゃん、ユニバーサルスタジオは好きじゃないの?」

「ううん。」

「だって同じ・・・アレでしょ?」

「ハリウッドのは昔。でも大阪のは行った事ないの。」

「あ、そうなんだ。」

「誘ってぇ〜。誘って誘われて。」

「う、ううん、まぁ、・・・ねぇ。」

誘ってやらんのかい!!!!!!!!!!!!!!!!!

結構大ちゃん、ヒロの事誘うんだけど、ヒロ、全然誘われてくれないよね。

なんで???

大ちゃんとデートしたらいいじゃないの。

まぁ、多分見たいものもやりたい事も全く正反対な気がするんだよね〜〜(苦)

ヒロ、並ぶの嫌いだし、体験型のが好きだけど、大ちゃん並ぶの全然平気そうだし、ショーとか好きそうだしね。

ヒロもショーは好きなんだと思うんだけど、並んで場所取りしてまで見たいってタイプじゃなさそうなんだよね。

この時間にあれもこれも出来るじゃん!!みたいな感じになっちゃうのかな。

わざわざ人が混んでるところに行かなくてもいいじゃんみたいな。

この2人にどこのデートをおススメしたらいいものやら・・・。

そんな感じで色よい返事をもらえなかった大ちゃんがヒロもディズニーネタがなくなったと思うからと早々に話題チェンジしようとすると、

「ミスターインテ・・・アハハハハ。」

「インクレディブル。」

「インクレディブル。」

「アレも面白い。」

「モンスターズインクはホントに好きだった。可愛かったすごく。」

「あの女の子?」

「いや、怪獣が。」

ヒロと大ちゃんの温度差(爆笑)

私もどちらかというとヒロ派なので、全然ディズニーとか詳しくないし、見ないし行かないしなんだよね。

なのですごい気持ちわかる。

行ったら楽しいし、キャラクターが解ればもっと楽しいんだろうなって事は解るんだけどね。

「来年の4月に今度新しいエリアが出来て、美女と野獣のお城とかが東京ディズニーランドに出来るんですって。」

「あららら。」

「行こうね〜!」

って客席に向かって言うと微妙な反応が。

「絶対一緒に行かないだろーって言うのやめて。今、すっごいそういう空気。お前行こうねって言っても絶対一緒に行かないだろって。

行こうねーーー!!」


「ねぇ〜ホントだよ。」

とまたヒロがテキトーな相槌を打っておりました(笑)

そんなヒロちゃん、

「美女と野獣は、それは美女は誰がやって、野獣は誰がやるの?」

このヒロの質問に目を丸くした大ちゃん。

「そうじゃないの??」

「エリアが出来るの。」

「じゃあ、そのご本人達はいらっしゃらないの。」

「いや・・・そういうショーもある。アトラクションがあるの。」

「あぁ・・・。」

いまいちに腑に落ちてなさそうなヒロちゃんが更なる爆弾発言を

「あの物語は野獣と上手く行くの?最後。」

えぇぇぇ??????

客席のどよめきに、

「それはネタバレになっちゃうから言えないよ。」

「あー、そうですか。」

「もうみなさんご存じの結末ですよね。」

これは後できっと聞くんだろうな〜〜〜。

楽屋でのやり取りを見てみたいわ。

そんなヒロちゃんに限界を感じた大ちゃん、今度こそ話題をチェンジです。

「今日はちょっとまた、新しいシンクビートを耳にしたんじゃないかと思います。」

「頑張って作ってましたからね。」

「この曲は今年の春ツアーで、確か歌詞がなくて、ラララで披露した曲で。」

「そそそ。」

そうですよね〜〜。

時代が変わる瞬間を音にしたいって言って大ちゃんが作ってくれた曲で、その時は歌詞もなくて、ヒロが本当に気持ちの赴くままにヒロ語で歌ってくれたんだよね〜〜。

歌詞をつける事も出来たけど、みんなとのフィーリングを感じたいって言うような事言ってたような気が・・・。

「それが令和元年の終わりにはこうやって生まれ変わりまして。」

という事でした。

「タイトルも『sync parade』というタイトルになりまして。」

「まさに、まさしく。」

「意外と上がるよね。」

「今日初めて歌ったけど、結構ハイテンションで、なんでみんな一緒に歌ってくれないんだろうって、それは知らないからだ!!」

「(笑)僕、それ系のネタ、好きなんだよね。誰かから聞いた。なんかバンドかなんかやってて、『次の曲、新曲やるぜ!みんな一緒に歌ってくれよ!!』って言ったら、シーンみたいになっちゃって、知らねぇよ・・・みたいな。ねぇ。

でもさぁ、みんなノッてたじゃん。ノッてたっていったらもう言葉古いかも知れないけど、いい具合にシンクしてたじゃん。」


「そうだ。シンクビートはもうすごいですから。すぐみんなね、ペペペペって。」

「ペペペペ。」

「だからもう少ししたら、みなさんの・・・余計な事言うのやめましょうね。ハイ。

みなさんまだね、今はライブでワッと聴ける。」


えぇぇぇ〜〜〜〜〜〜〜。

ヒロちゃん最後までポロリしちゃいなよ〜〜〜〜ってブーイングが起こると、

「スイマセン!私が決めれないんです!!アハハハハ。」

これには大ちゃんも笑ってました。

そんな新曲も可愛がってくれると嬉しいですって新曲に関するお話が一段落すると、

「何で今日、ヒロ、こっちにいるんだろう。いつもさぁ、喋ってる時って、大体こっちにいない?」

「ホント?」

「こっち側が多くない?」

「ホント???」

って言いながら立ち位置を逆にしました。

ウンウン、いつもこっちだもんね。

いつもと一緒が落ち着くんだね。

って思ってたら、移動してきた大ちゃん、ヒロの方を向いたら客席にお尻を向ける事に気付いて、

「ごめんなさい、お尻。なんか・・・。」

ってお客さんに謝ってると、

「お尻?どうした?」

「いやいや、こちらの方に・・・」

「イタズラして欲しいのか?」

ギャァァァァァァァァ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!

解放的過ぎますぜ、ダンナ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


アハハハって笑ってるヒロに棒立ちになったままだった大ちゃんが

「バカぁ?」

「あぁそうさ、バカさバカさ。」

「イタ、イタ・・・(笑)イタズラして欲しいのかって。」

「だって、お尻、ごめんなさいねって。」

「だってこういう風になってこっちの皆さんにこう(お尻を向ける事)なっちゃったから。」

「お尻を向けちゃったからって事ね。」

「そう。そうなの。」

それを聞いたヒロ、クルッと後ろを振り返ると、

「ごめんなさいね、お尻。」

って自分のお尻に手を添えて謝ってました。

それを見た大ちゃん

「こっから先は有料ですから、みなさんね。」

ってどうやらヒロのお尻は大ちゃんの管轄下にあるようです(笑)





MCの途中なんだけど切ります・・・。

長すぎるだろ・・・。

まだあのこともあの事もあのことも書いてない!!!!!

ここからのヒロのお尻攻撃をお楽しみに(笑)





sakurajun9tion at 20:15|PermalinkComments(0)

今日は回っちゃうよ!

そんな訳で行ってまいりました、舞浜〜〜〜〜!!!

前回の中野も書いておりませんが、こちらを先にスミマセン。

だって言いたい事がいっぱいあるんですもの!!

毎回毎回、どうしたって下のフロアには下ろしてもらえない舞浜・・・(泣)

でもここは段差があるので後方でもちゃんと見えるのが嬉しいですね〜〜〜。

今回は本当にはじっこのブロックだったので横サイドからのお2人でした。

そして今回のセットの都合上、大ちゃんのセットが前に出て来ることはなく・・・ライトが並んでたんだわ・・・って始まってから思った。

舞浜は回転するステージがどこでどういうふうに活躍するのかが楽しみな会場でもあるんですが、今回は言うほど使ってなかったかな???

前半は回ってなかったし。

そして舞浜の楽しいところはなんと言ってもヒロちゃんが暴れられるスペースが格段に広いという事!!!!!!

これ重要!!!!!!!!!!!!!

思いっきり飛んだり跳ねたり、クルクル回ったり、円形ステージ部分はほとんどヒロちゃんの独壇場でした。

あぁ〜〜〜〜〜カッコいい!!!!!!!!!!!!!!

そしてやっぱり1着目の衣装、好きすぎる〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


長い裾をね、ヒロちゃんがヒラヒラさせながら練り歩くのが本当に好きすぎて。

その裾を持ったままクルクル回ってくれたりして、何であんなにも裾さばきが美しいのでしょうか!!!!!!!!!!!!

それが顕著に表れたのが2曲目のキャッチ!!

1曲目のWRAの時はカッコよくクールに少し裾をひらめかせただけだったんだけど、キャッチに入って動きが軽やかになった分だけ存分にヒラヒラしてくれて、1人でヒャァァァ〜〜〜〜〜ってなってました。

そしてね、サビ前のあの大ちゃんの手振り、めっちゃ楽しい!!!!!!!!!!!!!

また大ちゃんのアレンジが変わってたような気がするのよね。

まぁ同じ事をしないのが当たり前になってきてしまっているのであんまり珍しい事ではないんだけど、パレード感が増してたような気がするのよ。

それはキャッチに限った事じゃないんだけど、やっぱりこのホールに似合う様にところどころ音のバランスを変えたりしてるっぽかった。

そしてキャッチのあの♪切り裂いての前のところ、ヒロちゃんが!!!!!!!!

マイクをポンって投げて持ち手を変えるやつやってくれて、めっちゃかっこよかったのよ!!!!!!!!!!!!!!!

あぁ〜〜〜〜好きだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


そしてここで軽くご挨拶。

会場を見て、

「すっごいみんなキラキラしてるね。」

なんてご満悦だった大ちゃん、

「すっかり季節も、もう秋から冬の足跡が・・・

???

大ちゃんもあれ?って思ったらしく、

「足跡じゃねーか。」

って言いながら反芻。

ヒロも大ちゃん???って顔で覗き込んでて、やっと間違いに気付いたらしい大ちゃん

「冬の足跡じゃないね、冬の足音が来てる。」

って照れ笑いしながら言っておりました。

そんな可愛らしいところからのクラックボーイ。

なんか今日はヒロが外人だった(笑)

「Oh!Year!」

って低音で必ず言ってて、どうした!?って思った。

クラックボーイも大ちゃんのアレンジがなんか電子音をいっぱい使ってピコピコいってた気がした。

いつもと違うって思ったんだよね。

そして今日もディグってくれた!!!!!!!!!!!!

前回の中野から、ラストサビのところでディグる腰つきで腰を回すようになったヒロちゃん。

今まで頑なに避けてるようにやってくれなかったんだけど、やっぱりアナタの腰はディグりたかったんですよね〜〜〜。

私達もそれを期待しておりましたとも!!!!!!!!!!!!!

中野の時は縦振りだったような気がするんだけど、今回は回してました。

そしてそこからの翼。

大ちゃんのマイクが円形ステージの方へ立てられて、いよいよ大ちゃんも前に。

ツインボーカル、いいですよね〜〜〜。

そしてここからいきなり始まるイントロドン(笑)

やっぱりこのアレンジカッコいいよ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

センシャル!

そしてこの曲でもヒロちゃんは円形ステージを裾をヒラヒラとひらめかせて踊り歩いてくれるのです。

好きじゃ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!

舞浜はさ、足元まで見えるからさ、それが嬉しいよね。

大ちゃんはギターに持ち変えてダダダってダッシュしてきます。

本当にギリギリの際まで走って行ってくれるのが上から見てても可愛らしい。

大ちゃんの走り方って足を後ろに蹴り上げる走り方なんだよね。

それが可愛らしく見えるんだけど。

出て来たかと思ったらダダダってシンセブースに戻ってギュンギュン弾いてくれたり、忙しい。

そしてこの曲で、大ちゃん、何を思ったのか、ギターを両手を交互にクロスするようにジャカジャカ弾き下ろしてた。

まるでお腹のところを叩くみたいな勢いで、どうした!?って思ったわ。

ヒラヒラと風の中を滑らかに浮遊するようなヒロと、一直線に切り裂いていく大ちゃんって感じでステキでしたよ。

こういうの見ると大ちゃんの方が男らしいんだけどね〜〜〜。

ヒロは本当に動きが美しいから。

そこからのトライアゲインは何だか着地って感じがしたわ。

そしてまさかの!!!!!!

フェアリー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

一気にクリスマス来た〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!

そして間奏のところではめっちゃエレクトリックパレードを弾きまくる大ちゃん!!!!!!!!!


ヒロもそれをニコニコ顔で見てて、大ちゃんの舞浜熱が(笑)

そういうのも見れて本当にほんわかとあたたかい気持ちになったフェアリー。

ラストはジングルベルのメロディも入れてくれました。

確かこの曲の時だったかな?

なんか大ちゃんが途中でうさ耳みたいな振りしたの。

それを見てヒロもちょっぴりやってたような・・・妄想だったらスマン。

めっちゃ可愛い!!って思ったんだよね。

そしてそこからはDECADEに戻ります。

ここで初めて円形ステージが回りました!!

ゆっくり流れるステージに乗って端から端まで見渡しながら歌ってくれるヒロとか、ニコニコ笑顔を振りまいて動いてるステージを走って来てくれる大ちゃんとか、まさに金色の夢でしたよ!!

ステージが回ったらやっぱりやりますよね。

まって〜〜〜〜〜(笑)

もちろん本日も。

内側にヒロが乗ってて、外側に大ちゃんが乗ってたのかな?

で、肩組んでたところから移動したんだったか、腕を伝って、手が離れるギリギリのところまで手を握ってて、その後も行かないで〜〜って感じに手を伸ばすお別れ劇場を繰り広げてくれて、本当に微笑ましかった。

こういうの、2人も楽しんでる感があって見ててお約束でも嬉しいし、眼福ってなるよね。

大抵こういう時、大ちゃんの方が必死に手を伸ばしてるんだよね。

それがまた可愛いって言うか、萌えるって言うか。

オタ心を煽ってくれますよ!!!もう!!!!!!!!!

そしてそこからさらに光の中へって事でティアーズ。

さらにムンシャイと続きます。

ムンシャイでもステージは回転。

間奏ではシーちゃんも円形ステージに登場したりして、最近はシーちゃんもかなり前に出てきてくれるようになったよね。

ヒロソロの影響もあるのかな???

シーちゃんの見せ場の時に後ろに下がったヒロ、再び前に出て来るのに回転ステージを走って来たんだけど、その走り方が、めっちゃ可愛い!!!!!!!!

回ってるのを気を付けながらだからなんだけど、足元がおぼつかないって言うか、川で小さな飛び石に飛び乗って移動してくるみたいな可愛さなのよ!!!!!!!!!

あぁ〜〜〜〜〜〜〜可愛い!!!!!!!!!!!!!!!!


そしてその後のムンライプレイでは別々の回転ステージの上で仰け反るようにムンライプレイして、そのまま離れていくのとか、めっちゃ可愛かった!!!!!!!!!!

これは回転ステージならではですよね。

2人は止まってるんだけどどんどん動いて行っちゃうからもたれかかる角度が変わって来て、まだまだって粘って仰け反ってるのが可愛いの。

アレ?同じのに乗ってたかな???

記憶が定かじゃない・・・。

でもめっちゃ仰け反ってて、2人してニコニコしてたのが可愛らしすぎましたよ!!!

そんなムンライからグランミューズ。

舞浜、ホントにキレイな会場だよね。

みんなのティンクルが見えてその中にスポットの光を浴びる2人がいて、光のラインがまばゆいばかりに照らす周りをいろんな色の小さな光が灯ってるの。

これは舞浜じゃないとみられない景色だよね。

いつもは2人がステージの上から見ている景色がほんのちょっとだけ体感できる。

ホントキレイです。

そしてそこからのシャドウ。

ダメだ・・・角度が・・・大ちゃんがろうそくになった(笑)

調度ね、さくらの席からはろうそくの映像と大ちゃんがどっかぶりで、高さも何もかもがドンピシャな感じだったのよ。

大ちゃん、燃えました・・・。

このばかりは隣のRさんも仕方がないからヒロを見たよ・・・って言ってた。

後半のスクリーンの後ろに入るところも全然クリアに見えてましたからね(笑)

まぁ、私はありがたかったけど。

なので曲終わりで下手にはけていくのもバッチリ見えてました(笑)

で、この日の大ちゃんのソロがね!!

始まり方めっちゃ好き!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

やっぱり大ちゃんの美しいピアノの旋律って好きなのよ。

なんて言うんだろうね、切なくて美しくて、でもすごく強くて激しいの。

そういうのがいいんだよね。

この冒頭部分は毎回結構違うので、違うよね???楽しみにしてます。

なのでこの日の入りは私的にはすごく好み!

そんなDAソロが終わって・・・お楽しみのアクチャン!!

この日、ミラクルが起こった。

実は始まる前に今日は何をやってくれるだろうねって話をしてて、ボルダリングとかやりそう、ホントはサーフィンが見たいけどね〜なんて話をしてたら・・・

「やっぱり大ちゃん、ここに来たからには、こう行かないと。」

「大丈夫ですか?」

って移動した後立ってる場所が、なんとサーフィンの前!!!!!!!!!!

マジか!?

マジでやるのか!?


Rさんが御髪が危険だからって言ってないだろうって話に落ち着いたんだけど、やってくれるなら嬉しい!!!!!

ヒロの水着!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ボディスーツになることは解ってても、身体のライン!!!!!!!!!!!!!!!!!


会場内の邪な熱気が一気に上がったその瞬間、

「と思いきやですね、」

「やっぱね。」

「ここなんですよ。」

と指さされたのはその隣に設置されているボルダリング。

なんだよ〜〜〜〜〜〜とガッカリする気分もありながら、やっぱりこれ来た!!!って変なテンション上がった。

「僕もね、ホントにむかーし1回やったんだけど、チョー面白かった。」

「え?あるの?」

「1回やった!面白かった。」

「オレ、やった事ない。」

という訳でボルダリングに挑戦です。

いざ壁を目の前にした二人、

「コレ、出来んの?」

「下、クッションしかないから怪我しないように。」

「命綱、ないもんね。」

「ただ登るのは楽しいと思う。」

「まぁまぁ高いよ、コレ。」

「ホントは次のステージセット、これにしたいくらい。」

「客席に向かって背中を向けながら歌うわけですね?」

「ていうか、客席の皆さんもこれに捕まりながら」

「あ〜〜なるほどなるほどね。みんな命がけで見る。」

「そう!」

というようなとんでもない会話がされておりましたが、いよいよ挑戦という事でインストラクターの方の説明を。

このスポルでは1級から9級までの設定があるらしく、9級から7級までは手の色の石だけ指定の色を掴んで足は自由、6級以上は手も足も指定の色しか使っちゃいけないという事らしいです。

この説明を聞いたヒロ、

「そういうのがあるの!?へぇ〜〜〜〜!!」

って驚いておりました。

経験者の大ちゃんはこの辺は知っていたらしく、まだまだ冷静。

「大ちゃん、どう見てもコレ難しいでしょ。何アレ。」

って指定された色を見てルートを見つけられないヒロは早々に無理でしょな発言。

で、まずはヒロのチャレンジ。

9級の指定は青色です。

壁の前に立ったヒロ、

「まずは、こう・・・。」

と掴みやすい青の石を

「あ、どう行ってもいいんだ、コレ。」

って壁を掴みながらルートを探しているヒロに、

「いいですね〜〜〜衣装が溶け込んでるね。」

ってのんきな発言。

その間もヒロは登って行き、目的地へ到着。

「あ、意外と引っ掛けられるんだ、足ね。」

って降りてきながらちょっと楽しくなってきたご様子。

そして次は大ちゃんのチャレンジ。

やっぱり経験者、この辺はまだ余裕があるらしく、

「こちらから持ってください。こちら足をかけてくださーい。」

とかって解説するゆとりを。

あっと言う間に上まで辿り着いた大ちゃん

「両手で持って3秒・・・・・・ハイ、出来ました。」

とするする降りてまいりました。

さすがに9級は足も自由に使えるし、余裕があります。

2人ともコインをゲットして次のステージへ。

今度は6級だったのかな?画面の上に級数が出てたんだけど、見えなかった・・・。

さっきとは違って足も指定した色を使わなきゃいけないやつです。

まずはヒロのチャレンジ。

始まってすぐに、

「あ!ちょっと難しいでーす!!ちょっと難しいでーす

って泣きが入るヒロ。

それを下から見てる大ちゃんは気楽に

「いーね、いーね。」

って(笑)

壁にしがみつきながら奮闘するヒロ

「あ、これダメか、触っちゃいけないやつ。・・・えぇ!?」

って次の石が見つからない、見つかっても届かない様子で必死になってます。

「すっごいセクシーなんだけどね。」

って下にいる大ちゃんが。

確かに(笑)

必死にしがみつくあまり、お尻がプリッと盛り上がった状態でいわゆるへっぴり腰の状態ですよね、それで不安定な足場を必死に堪えて腰が捻られたりしてるもんだから、なんとも艶めかしい。

が・・・笑える。

また衣装がね、ルイージだから(笑)

薄い布万歳ですよ!!!!!!!!(アホ)

「ちょっ!!待って!!」

って必死なヒロを下からゲラゲラ笑って見てる大ちゃん。

「コレ、ジワジワ来る。」

って言いながらセクシーなヒロを堪能しておりました。

ようやく上まで到達したヒロ、

「1,2,3!」

ってさっき大ちゃんが言った通り3秒止まって降りてきました。

やれば出来る子です!

そしてお次は大ちゃん。

今度はヒロが下から。

優しいヒロは大ちゃんが登るのを見て下から次の石を教えてあげたりしてました。

「あぁ・・・そうそうそう・・・あぁ・・・で、もう左上左上左上。」

「足はぁ?コレ良いやつ?」

「そう。」

なんてヒロのサポートもあってスムーズに到着。

降りてくる時にも

「気をつけてよ。」

なんて優しい言葉をかけてくれちゃうの、さすがです!!!!!!!!!!!!!!!

そしてさらに次のステージへ。

今度は5級だったのかな???

難易度上がってます。

壁を目の前にして、

「えぇ〜〜〜!?今以上に難しくなった。あの上に行かなきゃいけないんでしょ?」

と指定された色を目で追いながら思わずぼやくヒロ。

「持つところも持ちにくくなるんですよね?」

「そうなんです。」

とさすが経験者の大ちゃん、そういう情報も忘れてない。

「さっきまでね、指がかけられてたところもね、掛けられなくなる。」

「何コレ!!」

最初のところに手をかけた途端にその持ちにくさに驚愕するヒロ。

「え!?何コレ!!無理じゃん!!」

「でしょ?ちょっと楽しいけど。」

って困惑するヒロに言って見せる大ちゃん。

そんな大ちゃんに見守られ登り始めたヒロ、いくつか登ったところでその後が続かない。

「そっから後がもう行けなくなるの。」

「えぇぇぇぇぇ??????」

足が届かない先にある指定された色になんとか足を着こうとして必死に足を伸ばすヒロなんだけど、全然届かず。

その様子を下から大ちゃんが笑ってみてます。

「無茶しない方がいいよ、無茶しない方が。見てる分には楽しいよ。」

って酷い事を言ってる間にもヒロは何とかしようと届かない先に足を伸ばして届かず落下。

「無理だ!!何コレ!?」

って言う間に今度は大ちゃんのチャレンジ。

最初のヒロと同じように進もうとして、

「見たでしょ!?大ちゃん、見たいでしょ!今の!

絶対怪我するパターンだよ、それ。」


って言われて別のルートに。

そしたら今度は自分の腰のあたりにある石に足をかけようとして、それが上過ぎて届かない&届いても小さすぎて引っ掛けられない。

それを何度も繰り返して、さすがにヒロも笑ってました。

この大ちゃんがまためちゃめちゃたどたどしいんだよね〜〜〜。

「大ちゃん、面白い絵になってる、面白い絵に(笑)」

って最初は笑ってるだけだったのに、その後たまらなくなったのか手を叩いて笑い出して、

「面白い絵に、アハハハハ。」

って爆笑してる間にムキになった大ちゃんがその石に引っ掛けてさらに上の石を掴もうとして・・・

「ダァーーーだから言ったじゃん(笑)」

って落ちて来る大ちゃんに

「ダメだよ、ダメだよ大ちゃん。無理だよ。

いや〜難しい。」


って泣き笑いしながら失敗して落ちてきた大ちゃんがぶつけた膝をすかさずなでなでしてあげてました!!

52のおっさんの膝を痛いの痛いの飛んでけ〜〜ばりにさするヒロちゃん。

そのさまがあまりにも自然すぎて違和感なさ過ぎて素晴らしかったです!!!!!(感涙)

撫でられてるほうも全く気にもとめてない様子がやられ慣れていて素晴らしかったです!!!!!!(号泣)

ほんとにこの2人は!!!!!!!!!!!!!!!!!

萌えをありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


そんな感じで本日のアクセスチャンネルは終了。

まさか本当にボルダリングが来るとは。




そんな感じで一旦切ります〜〜〜〜。





sakurajun9tion at 16:21|PermalinkComments(0)
QRコード
QRコード
記事検索
Archives