2018年8月10日(金)
市民会館おおみやで行われた[さいたま市いじめ防止シンポジウム]に出席しました。
上大久保中20180810いじめシンポジウム1

会場の後ろの方は、さいたま市の小、中、高生とその保護者、先生や大学生でいっぱいでした。

司会進行は、さいたま市立浦和南高校の生徒さん。
開会宣言は、さいたま市立ひまわり特別支援学校の生徒会長さんの力強い言葉でした。
上大久保中20180810いじめシンポジウム2上大久保中20180810いじめシンポジウム3

さいたま市副市長の挨拶に続き、さいたま市教育長の細田 眞由美さんによる朗読がありました。

松谷みよ子さん著の絵本、『私のいもうと』
この本は、1987年に出版されたもので、
いじめで妹さんを失くされた女性から松谷さんに送られた手紙を元に書かれたそうです。
いじめは人の人生をめちゃくちゃにしてしまう、卑劣な行為であるという事が痛いほど伝わる内容です。
皆さんも是非一度お読みください。

さいたま市議会議長、新道 信夫さんの挨拶に続き、さいたま市立大宮北高校ダンス部の皆さんによる、さいたま市の歌『ゆめのまち』にのせた軽快で楽しいダンスの発表がありました。

さいたま市は、チームさいたま市として各団体が連携していじめ防止に取り組んでいるとのことで、その具体的な取り組みを代表校の生徒さんたちが発表してくれました。

泰平中学校の『全国いじめ防止サミット』参加報告。
慈恩寺小学校の『心のISS』活動報告。
春野小、中学校合同での『全員参加型でいじめのない環境作り』への取り組み報告。
どの学校の生徒さんたちも、大きな会場でたくさんの人の前で、立派に発表されていて感心しきりでした。
そして、各学校の取り組みや活動はどれも参考になるものばかりでした。
上大久保中20180810いじめシンポジウム4上大久保中20180810いじめシンポジウム5
上大久保中20180810いじめシンポジウム7上大久保中20180810いじめシンポジウム8
上大久保中20180810いじめシンポジウム9上大久保中20180810いじめシンポジウム10
上大久保中20180810いじめシンポジウム11

最後は、子ども会議議長団によるフリーディスカッションが行われ、30年度の会議テーマ『SNSによるいじめ撲滅』のついて話し合われました。
このような活動が各学校で行えれ、子どもたち自身が意識を持って活動していることを知る事が出来て、大変良い経験になりました。
私はいじめを無くすという事は、大変な労力と覚悟を必要とする行動だと思います。しかし、それは小さな芽のうちに刈り取る事で、大事を避ける事ができる。
いじめてしまう子にも、いじめられてしまう子にも、見て見ぬ振りをしてしまう子にも、満遍なく目を向けてあげられるように、家庭、学校、地域が連携できるチームさいたま市の活動に協力していきたいと思いました。

取材:上大久保中PTA