2006年10月09日

20061007 名古屋グランパスエイト●1-2○FC東京!

そうだよ、これが見たかったんだ、やればできるじゃねえか。
10分ぐらいからから涙腺が緩み始め、35分ぐらいにポタッときた。
不覚にも、ちょっと泣いてしまった。
勝ったことにではなく、東京のサッカーが見られたことに。

もちろん、勝ったからといって課題が消えたわけではない。あいかわらず山積みである。引いて守ったことや、選手交代のまずさ、終了間際の露骨な時間稼ぎに疑問を感じた人もいるかもしれない。でも、やっぱり、あれは東京のサッカーだった。自分の義務を果たし、仲間を信じ、懸命に走る東京のサッカーだ。

見てないけど、どうせ3流スポーツ紙は”平山効果で連敗脱出!”なんて書きたてているんだろう。もちろんそんなものはない。東京が連敗したのはチーム内の「良い循環」が崩れたからで、これはとても一人の選手の力で改善するものではない。しかし、平山が先発することで副次的にもたらされたものがバランスを改善した可能性はある。

つまり、

献身的に動くルーカスが出場できず、運動量の少ない平山がセンターにいるため、トップの無闇なボールチェイスがなくなった。

センターサークルちょい相手側ぐらいまでチェイスの開始位置を下げ、深追いもしなくなったため、中盤のポジショニングが安定し、厚みを増した。

中盤に数的優位が生じ、クロスやミドルのキッカーにプレッシャーが掛けられるようになった。また、サイドバックやボランチがスクランブル的なカバーリングに忙殺されることも少なくなった。

相手FWにいいボールが入りにくくなったことや、次のプレーやコースの選択肢が減ったことでセンターバックが最終局面を読みやすくなり、中央で人中心に守れるようになった。

ゴール前が安定することで中盤が下がりすぎる必要がなくなり、相手ボールをカットした後、より高い位置、より多い人数で仕掛けられるようになった。

こんな感じか。要はコンパクトなサッカーが出来るようになったということなのだが、もちろんプレスの位置を深くし、ディフェンスの意識を高めたのは監督だろう。苦肉の策という面はある。しかし、一番重要なのは攻守が一体となってお互いに補い合う「良い循環」を取り戻すことで、そのためにはまずディフェンスに重心を置いてチームの意思を統一していくことだ。それが改善していたのがこの試合の一番の収穫なのだ。それは平山や茂庭、ジャーンといった特定の選手だけがもたらしたものでは決して無い。もちろんまだ完璧とは言えないが、2004〜05年の好調時のような、人が湧くがごとき魂のカバーリングさえ戻ってくれば、点なんかそのうち入り出す。豊富な運動量と、的確な状況判断と、強い意志でフリーの3人目、4人目を作ること、そこでの攻守の違いはディテールの差異に過ぎない。あとは藤山のスライディングや戸田のシュートに一喜一憂するだけだ(笑)。

できれば無失点に抑えたかったが、それは贅沢だと分かっている。全体を通じての出来は、正直名古屋の方が上だった。失点のシーンそのものはオフサイドだったと思うが、それ以外の決定機を名古屋が決め切れなかったのだ、1失点ぐらいは仕方ないだろう(オフサイドになった前半の大森のクロス→中村のボレーは素晴らしかった)。

それでも、勝ちは勝ちだ。こういう試合をドローで終わるか勝利で終わるかの差は大きい。バカ営業のチョンボの尻拭いに忙殺され、3連休を潰されても、仕事中に思い出してニヤニヤし、明日もがんばろうかな、と思える、そういう試合だった。
それに、周囲にたかる有象無象どもなんか関係なく、新しく加わった仲間の、初めてのゴールは素直に嬉しかった。

平山、ようこそ東京へ。もう看板は蹴るなよ(笑)。


sakuralemmon at 01:43│Comments(0)TrackBack(0)clip!FC東京 | サッカー全般

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔