2006年10月16日

20061015 サンフレッチェ広島○5-2●FC東京

名古屋でもらった勝点3を広島に置いてきた敗戦。
来年も仲良く一緒にJ1でやろう、ということなのか…。

前半、よいリズムの時には全体がコンパクトで、DFがハーフラインまで押し上げルーズボールを拾ってまた前線に供給し、平山のポストと両サイド、そして今日は”起きていた”梶山が不安定な広島の3バックを揺さぶり続けた。
9分にジャーンが久々のゴール!GK下田のミスといえばミスだがきっちり決めたぞ!よかったな!でも、ゆりかごダンスできたんだから、もう落ち着いてディフェンスに専念してくれよ。
そして!梶山のかいしんのいちげき!ルーズボールをピタッとコントロールし、右に向かって短いドリブルでコースを作りつつ左手でDFを押さえ込み、そのまま完璧なコースでミドルを左ネットに突き刺す!アンタ、本当にすごいよ。起きてるときは・・・。

それが、21分に佐藤寿人にオフサイドのように見えるアンラッキーなゴールを許してから、徐々に広島にペースを握られる。それでもいま一つピリッとしない広島のおかげで前半は1−2で終了。この時点では何とか逃げ切れるかな、と思っていたのだが…。

後半開始からペースを取り戻すためか、平山out ルーカスin。しかし、これが裏目に出た。
いつも思うのだが、平山に前線からボールを追わせることにどのくらいディフェンス的な意味があるのだろうか。平山のチェイシングなんて、はっきり言って屁の突っ張りだ。もちろん対面のDFがフィードしようとする時にコースを切るぐらいは”人として”当然のことだが、アマやルーカスのようなチェイシングなんてさせても無意味だ。そりゃ”来日時”よりはコンディションが上がり、徐々に動けるようにはなってきたが、もともと走力がある方ではないし、その長所は身長とキープ力を生かしたポストプレーなのだから、センターで張らせてあまりポジションを動かさないことはある程度必要なことだ。つまり平山は動けないけど、あまり動かれても周りが困るのだ。前半、明らかに平山は効いていた。

森崎(浩)
「平山のところでマークがルーズになっていた。だから、彼をフリーで前を向かせてしまい、そのために2列目の飛び出しを許してしまった」

倉又監督
「平山も守りに追われるようになったので、ルーカスを入れて前からの守備を要求した。
”Q:平山の交代は、コンディションの問題か?” それはある。最後はミスも多くなった」

動けなくても守れなくても、電柱は立っているだけで起点になりうるし、相手にとっては邪魔なのだ。電柱を失い、東京の猟犬たちは小便をかけるターゲットを見失ってしまう。しかしポイントがないのに闇雲に走り回るため、徐々にチームのバランスやポジショニングがずれ、みんな頑張っているのに点の入る気配ゼロ→そのうち疲れてカウンターで沈没、という”敗北の方程式”にはまり込んでいく。梶山のシュートが入っていたら、途中から入ったイ・ハンジェが確変してなければ、戸田がオフサイドじゃなければ、ジャーンのPKを取ってくれればetc、すべて結果論だ。ありえない負けであるが、「勝ちに不思議の勝ちあれど、負けに不思議の負けは無し」。ノムさんの言うとおりである。

動かない平山を下げて動きすぎるルーカスを入れることで全体が間延びしてしまったこと、せっかくカウンター主体のチームを相手にリードしていたのに自分たちから仕掛けたことで、サイドを中心に相手においしいスペースを与えてしまったこと。これらは倉さんのミスだと思った。しかし、監督、選手の試合後のコメントを読むと、そう単純なものではないらしい。というか、もっと深刻だ。倉さんのミスだけならまだその方がいい。

攻守のキーマンである二人のコメントを見ると、

茂庭
「中盤と前線、ボランチとDFのコミュニケーションがもっと取れれば、プレスに行かないなら行かないでベッタリ引いて我慢する時間帯を作れて、もっと東京らしい粘り強い守備ができたと思う。全体的にゾーンが伸びてしまい、個人個人で守備をし始めて、簡単に崩されてしまった。」
石川
「今日は、引き過ぎてしまった。勝っていたのに相手にあわせてしまって、やられた感じ。(中略)僕らが勝っていたので、もっと守備も攻撃も主導権を握ってやればよかった。(中略) 僕や戸田さんは、頑張るところが違っていたような気がする。守備で頑張っていた。なぜ勝っているのに、守備で頑張らなければいけないのかな、と思う。もっと前で頑張ってもいい。僕らの持ち味は、前でやることなんで。」

バラバラである。
攻めるのか、守るのか、勝ちにいくのか、引き分けでいいのか、持たせるのか、プレスに行くのか、行くなら前線からか、低めの位置からか。これらの指針がはっきりしないのだ。もちろん、ピッチ上でこれらを実際に判断し実行していくのは選手たちだが(だからここ最近はフミさんを先発させているのだろうが)、そのベースとなる監督の方針が試合毎に揺らいでいては、前と後ろの選手の考えがズレるのは当然だろう。

6連敗中のほとんどのゲームと同じく、カウンターのチームにこちらから仕掛けて墓穴を掘った試合だが、リードしていたのはこちらである分、東京の”サッカーの下手さ”が際立った試合。この先、チーム状態がもっと悪化するかもしれない、そんな予感もする試合だった。
杞憂に終わればいいけど…。

最後にレフリングについて。
不満は、ある。特にスタジアムで見ていた人たちにとっては発狂ものの判定の連続だったろう。真横からのリプレイがないため断言はできないが、寿人の1点目はオフサイドだと思うし、ジャーンがエリア内で倒されたプレイも本来はPKだろう。しかし戸田のオフサイドは残念ながら正当な判定だと思うし(とはいえ、点差と試合展開を勘案すればあれは見逃してほしいものだが)、全体を通してみれば”東京に不親切な判定”ぐらいだろうか。レフリーのせいで負けたとは、恥ずかしくて言えない。寿人を途中交替に追い込んだジャーンのカニ挟みは見逃してもらってるし。

ん?ということは見逃しの多いレフリングだったということか。見逃してるなりの一貫性があったからゲームは崩壊しなかったのだろう。Georgeにも見習ってほしい、「逆らう奴は皆殺し」な世界のOKADAのナイスジャッジでした。イエー。


sakuralemmon at 02:46│Comments(2)TrackBack(0)clip!FC東京 | 備忘録

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by SOCIO13385   2006年10月16日 12:42
5 でもジャスティスは浦和の対千葉戦@埼玉でシトン砲のシュミレーション見逃してPK与えてますが…。
2. Posted by 櫻檸檬   2006年10月17日 21:05
おお、SOCIO13385さん。
何を隠そう、あなたのコメントが栄えある第壱号の(まともな)コメントですよ。ありがとうございます。

レフリングってデリケートな問題で、そのワシントンのコケは見てないんですが、逆にそれを見逃したことが正義の中に残っていて、今回ジャーンのPKを取らなかった遠因になっているかもしれない。回りくどいけど、要は所詮人が見ているもので、当然間違いもあり、その間違いさえも一つの要素としてサッカーという競技が成立していると思うのです。
確かに、東京が負けた試合のレフリーは全員銃殺、ではなく反省していただきたいと思うものですが、レフリーという生き物は時としてFUNNYな判定をするものだし、そのおかしな判定を周囲に認めさせる「人間力」があるのが優秀なレフリーというものなのではないか、とたった今考えました。
もちろん、岡田氏の"認めさせ方"は私も好みではありませんが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔