2007年10月17日

監督三様

アジアカップの実況についての生ぬるいエントリの後、再び温かな泥の中へ戻っていった私ですがご安心ください、変わらず慙愧に耐へぬ日々を過ごしております。皆様もご健勝のこととお慶び申し上げます。

アジアカップ本編についてもわざわざクソエントリを用意していたのですが、細部を詰める前に面倒くさくなってそのままほったらかしにしておりました。俺なんかがテレビを分かることぐらい爺さんはとっくに気付いてるだろうしね、などと言ってしまっては俺ごときがサッカーに纏わる駄文を書く意味も無くなるので言いませんけどね。

メディアの批評でも、偏った選手起用や消極的過ぎる交代、ボール回しに終始してしまった攻撃面などが主な検証の対象になったのではないかと思うのですが、たぶん全部わざとなんでしょう。

一部の選手への過度な負担の集中(韓国戦の駒野なんか死ぬんじゃないかと心配になった)、羽生のようなシュートチャンスが羽生以外の選手のところに訪れなかったこと(つまりは羽生のような飛び出しを羽生以外の選手がしていなかったこと。シュートミスについてはあえて触れず)、ドリブルやフリーランなどダイレクトな縦の仕掛けの欠如(シュートを打てと連呼されていたけれど、かなりの場面ではコースを切られ、打てる状況ではなかった。これも縦に仕掛けないことの弊害)など不満を挙げれば尽きませんが、これらも全部わざとなんでしょう。

何のためにそんなことをするのか、いまいち真意を測りかねる部分も無くはないですが、立上げの時期よりは格段に進歩したのも事実。コンフェデに出られないのは痛いですが、期待を込めて見守りたいと思います。


そして、いよいよ北京五輪最終予選の後半三試合を迎える反町監督。驚くほどグダグダな試合内容とは裏腹に、計ったようにクリアすべきハードルだけは越えていくその姿は前代表監督と、その頂点であったアジアカップ中国大会を彷彿とさせます。

実は私、この反町ジャポンがけっこう好きだったりします。
淡々と冷静に、しかし集中とハードワークは切らさない水本。運動量が増したことで、悪い時でも悪いなりのパフォーマンスを出せるようになった梶山(こんな時に骨折かよorz)。ワールドユースでのスーパーサブ的存在から、いまや大黒柱となった水野。そして、なんと言っても家長。自分が見た時はいつもイマイチで、そんなにいいかぁ?とか思ってたけど、すまんかった。同世代の中ではちょっと抜けてる存在だと思う。カタールのDF相手でも簡単に抜くし、キープに入ったら2人がかりでも簡単には取られない。パスもシュートもいいし、何より状況判断がいい。基本的には果敢に仕掛けるタイプだが、状況を見てタメを作ったり突っかけるフリをして逃げたりもできる。素晴らしい。
タレント集団が、ようやくチームとしても育ってきた。最大の難敵サウジがあれよと言う間に沈んでいった運の強さもあるし、エンターテイメントとしてはなかなかの出来だと思います。

チームとして何がしたいのか画面からはさっぱり見えない状態で、監督は内外からプレッシャーを掛けられているようですが、選手の士気は見た目ほど低くはない様子。この苦しい状態の中で集団のモチベーションを維持できる反町氏の手腕、湯浅氏風に云えば”パーソナリティの強さ(人間的魅力、ぐらいの意味でしょうか)”は評価すべきところ。監督の条件なんて、突き詰めていけばここに尽きるのではないでしょうか。指導技術はコーチを外部から呼べば補うこともできますが、監督にパーソナリティがない場合にはどうにもならない。反町氏をクビにするべきだという意見もあるかもしれませんが、私はソリさんで行った方がいいように思います。


そしてようやくセンターラインが固まり、ようやく浮上してきた我らが原東京。これじゃ2005年のリプレイだよと言いつつ、やはり嬉しい。しかし、来年の監督人事がまた難しくなったのも確か。個人的には05年オフと同じように、「遥かなるヒロミ幻想」を断ち切るべくはっきりとダメな結果が出るまで原さんで行った方がいいと考えています。

しかし監督業そのものももちろん難しいでしょうが、監督を選ぶこともしみじみ難しい。ドイツW杯の結果は監督に因るところが大きいですが、アジアカップ中国大会前にジーコをクビにすることはやはりできなかっただろうし、あれだけ劇的な勝利を収めてしまってはなおさらな訳で…。

リザルトだけをチームに要求する訳ではありませんが、一つでも多い勝利を求めるのは、何というか、スポーツ観戦の基本的なマナーだという気がします。当たり前っちゃ当たり前なんですけど、すっかり負け癖のついてしまったクラブを応援しているものですから、それ以外の部分になんとか付加価値を見出そうとする悪い習慣がついてたりするんですよ。

そういう意味では、優勝監督カペッロをスッパリとクビにしたレアルマドリーというのは、あれはあれで凄味のあるクラブなのだなと思わされます。なぜカペッロなんか監督にしたのかはますます解らなくなりましたが。


まぁ、本当に正しいのは誰か、なんてのは「サッカー恐怖新聞」が配達されて来ている人にしか分からないんでしょうけどね。三人三様の算用が、みなみな上手くいきますように。逆に「監督さんよぅ…」と呻く羽目になったりしてね。
お粗末。


sakuralemmon at 10:06│Comments(0)TrackBack(0)clip!サッカー全般 | FC東京

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔