2008年03月09日

20080308 FC東京 1−1 ヴィッセル神戸

ムービング・フットボール。
とタイトルが付くと、なんとなく分かったような気もするけど、フットボールなんて別にそんなに難しいものじゃない。相手より多く得点するため、相手より多く失点しないために、10人のフィールドプレイヤーを効率的に配置し、それぞれが状況に応じて素早く集合離散し、守備においても攻撃においても数的な優位を維持する。その瞬間相手が最も少ない場所に一番強い圧力を掛けて突破し、その瞬間相手の圧力が最も強い場所に一番人数を掛けて守る。そして「その状況」がブレイクしたら、次の場面を的確に予想して素早く散り、相手より早く「最適な状況」を構築する。そして、これを90分間繰り返す。

簡単でしょ、理屈は? 実際にやるのが最高に難しいだけで。
世界中のほとんどのチームが理想とする(アーセナルも、オランダ代表も、城副東京も、もちろん去年の原東京も)、それだけではほとんど意味を成さない黄金のお題目だ。なにが難しいって、「最適な状況」というのが一瞬ごとに変化し、まったく同じ状況というのが存在しないこと。相手のウィークポイントは相手によって変わるし、自分たちのウィークポイントに対する攻め方も相手によって様々だ。「東京のサッカー」を構築する事は大切だが、今のところホワイトボードの上にしか存在しないそれを貫こうとする事は、難しい。まずは地道に練習を重ね、コミュニケーションを深め、フィールド上で会話するための「言葉」を作るところから始めなくてはならないし、「東京のサッカー」はそのレベルまで後退しているという認識が必要だ。


・前半はまずまずのサッカー。得点となったセットプレーなど、見たかったプレーをいくつか見せてくれた。
・しかし神戸がグダグダだったことは小さくない。逆に後半は東京がグダグダで神戸はまずまずのサッカー。
・ここ数年染み付いてしまった「相手なりのサッカー」が抜けきらないようだ。
・4-2-3-1の1トップなら、平山より祐介や赤嶺に分があるのでは?
・後半FWを入れる時は当然平山を下げると思ったのだが、石川やエメルソンを下げてしまう。
・結果、中盤のキープ力と機動性が著しく低下してしまった。
・エメルソンはコンディションを考慮してのものだろうが、それにしてもカボレを入れるなら平山を残す理由は思い付けない。
・FW多くして、球動かず。後半は中盤を厚くした神戸に試合を握られてしまう。
・神戸の同点ゴールは、古賀の左足にあれだけ機会を与えればそりゃそうなるわ、という感じ。
・ゴール裏からだと塩田のチョンボっぽく見えたかもしれないけど、神戸側で見てたのでどのボールもかなりヤラしいボールに見えた。キーパー目線だとなおさら取りにくいボールだと思う。
・これだけは負けないという技術と、その見せ方、使い方。目立った代表歴もなく、あの左足だけで生き残ってきた古賀誠史という選手は、我らが小峯隆幸と同じく、「プロのライセンス」を持つ男だと思う。

・エメルソンは思ったより動く選手でうれしかった。技術も素晴らしいし、いい買い物だったかも。
・カボレは思ったより速くて驚いた。ゴール前での怖さもあるし、いい買い物だったかも。
・羽生は思ったより上手くてなによりだ。アジアカップではボロクソに言われてたけど、運動量だけでなく密集でも落ち着いてボールをさばけるところは代表選手っぽくてステキ。
・長友はヤングメンらしくはつらつとプレーしていて良かった。こういう選手がいるせいか、徳永や茂庭が生き返った気がする。


せっかく「いい時間帯」に先制したのに追い付かれてドローという結果に、期待感と消化不良感、既視感、そしてまあこんなものかもな、という整理しにくい感情が残った。

もちろん前半のいくつかのプレーには希望を感じさせるものがあったし、新戦力の上々のパフォーマンスを見れば「今年はいけるんじゃないか?」という期待は、僕だってしてしまう。
しかし、残念ながら去年同様今年も、微妙に降格ラインを意識しつつ一桁の順位とカップタイトルを目指すシーズンとなるように思う。あるいは一昨年のような、長いトンネルを経験することにもなるかもしれない。10周年(という言い方には違和感を覚えるが)という節目のシーズンは、クラブも選手も我々も、一つのチームとなるための「臍の力」を試される年になりそうだ。

僕が思うに、チームを構築するということは、チーム内にサッカーの共通言語を作り上げることだ。共通言語なしに10人が走り回るよりは、DF4人は決められた位置から動くな、と規制した方がチームとしての動きはスムーズになる。そうやって失点を減らし強力なFWがしっかり決めてくれれば手っ取り早く勝てるようになる。しかし、そういうサッカーは昔やっていたし、そこから一段上に行こう、より強く、より魅力的なサッカーをしようと変わり始めてから今の東京の苦難は始まった。そして、そういう困難に正面から向き合い、実直に、少しづつ乗り越えて行こうとするのが僕の好きなFC東京というクラブなのだ。その原点に戻り、また登っていくためにコスタリカの英雄や、W杯を経験した代表の中心選手や、生え抜きのファンタジスタや、レフティモンスターを放出したのだと僕は理解している。

とにかく、また春がきましたね。


sakuralemmon at 09:53│Comments(0)TrackBack(0)clip!FC東京 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔