2007年12月01日

第6回ハロプロ楽曲大賞2007 投票

■今年ももう後一ヶ月ですね。
そして
ハロプロ第6回ハロプロ楽曲大賞2007



の季節です。
今年はリリース数がかなり減ったので選びやすかったです。そしてせつなかったです。
それでは今年の僕の投票です。

まず楽曲部門

○Berryz工房「胸さわぎスカーレット」5pts
胸さわぎスカーレット/Berryz工房(06)

ダントツでした。去年(2006年)の12月6日発売ですからホント1年中これを聴いてた気がします。Berryz工房はホント楽曲に恵まれててシングル群は文句なしにすごくよかったんです。
ただ
1st 超ベリーズ/Berryz工房(04)

第2成長記/Berryz工房(05)

夏夏ミニベリーズ/Berryz工房(06)

という悪魔のような名盤に比べると
4th 愛のなんちゃら指数(初回生産限定盤)(DVD付)/Berryz工房(07)
がちょっと弱かったのがちょっと残念でした。

○Pabo「恋のヘキサゴン」2pts
恋のヘキサゴン(初回限定盤)(DVD付)/Pabo(07)

ハロプロで今年、1番テレビに出ていたのは間違いなく里田まいちゃんだったと思います。
呪われたように一人一人いなくなってオリジナルメンバーのいない1人ユニットになってしまったカントリー娘。の逆襲ではないでしょうか。
あとスザンヌの歌声が何気に好きです。

○℃-ute「JUMP」2pts
桜チラリ(C/W JUMP)/℃-ute(07)

℃-uteも楽曲に恵まれてますね。今年のハロプロC/W大賞はこの曲ですね。
つんく♂、久しぶりの恋愛を全く絡めない曲ですね。
「ご近所のおじいちゃん達にいろんなことを教わりたい」って詞もつんく♂らしくて好きです。

○℃-ute「ディスコ クイーン [中島早貴・萩原舞]」0.5pts
○℃-ute「夏DOKI リップスティック [矢島舞美]」0.5pts

今年のアルバム大賞は間違いなく
2mini ~生きるという力~ (初回限定盤)(DVD付)/℃-ute(07)

でした。
なかでもこの2曲は出来が良かったですね。
「ディスコ クイーン」は普通にクラブで流れてても踊れます。
「夏DOKI リップスティック」は懐かしのソロアイドルっぽくてかなり好きです。ホントはこんな曲をあややにまた歌って欲しいんだけどなー。

続いてPV部門

○Berryz工房「告白の噴水広場」2pts

夏服制服、通学路、待ち合わせ。それだけで僕はまいってしまうんだ。
dance.shot ver.がカラオケシーンのカラオケビデオに使われているといった遊びも好きです。
7人ではしゃぎながら走ってる画が可愛すぎるのです。
曲のせつなさもちゃんと表現(演技)できていてBerryz工房の成長を感じさせていただきました。

○℃-ute「都会っ子 純情」2pts

これもロケものですね。夕日の港でのダンスが格好よく撮れてますね。
横並びで歩きながら歌うシーンも好きです。
セットやCGよりロケの方が僕は好きですね。

○音楽ガッタス「鳴り始めた恋のBELL」2pts

これはセットものですが動きがあってすごく格好いいですね。黒でまとめられていて全然見飽きないですね。この格好よさは一世風靡の格好よさに似ていると思いました。

今年の推しメン

○加護ちゃん
ですね。ほんと今年ほど一人のアイドルのことを切に心配したことはなかったと思います。
復帰まじかとフライデーに出てまたタバコを撮られてハロプロを解雇され・・・。
今年のハロプロはここから雪崩のようにごっちんハロプロ卒業まで転がっていったような1年でした。
僕が勝手に好きになっただけ。だから裏切られたなんて云わないよ。加護ちゃんには幸せな人生を歩んで欲しいと心から願ってます。それが普通の女の子としての生活でも全然いいんだ。
でも矛盾してるけどどこかで期待してるんだ。また歌う加護ちゃんが帰ってくることを。

今日のヘッドフォンミュージック:南風が吹いて/UNIVERSAL JETSET

sakuramakoto at 00:22│Comments(0)TrackBack(0)アイドル | 音楽

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔