2012年11月22日

第1回アイドル楽曲大賞2012・サクラマコトの投票

■1年なんてあっという間で今年も楽曲大賞の季節です。
2010年・2011年には「ハロプロ楽曲大賞」内の一部門の「アイドル楽曲部門」としてやっていたのが今年から「第1回アイドル楽曲大賞2012」として別イベントになったということで早速投票です。
main1


まずは楽曲部門
○JK21「天使と悪魔」3pt
JK21やねん(初回限定盤)(DVD付)JK21やねん(初回限定盤)(DVD付)
アーティスト:JK21
販売元:テイチクエンタテインメント
(2011-12-14)
販売元:Amazon.co.jp
収録
ちゃんと王道アイドルソングでありながら変化球としての攻めの構造も持ち合わせてる奇跡の曲だと思います。
だんだん早くなっていく展開が最高すぎます。
漫才の定番設定の天使と悪魔という詞の設定のセレクトで関西感を感じたり。
漫才みたいに女の子の表と裏を描きながらちゃんとかわいいに着地しているんだよね。
アイドルソングとして完璧だと思います。


○アイドリング!!!「バッキューン! 」2pt
MAMORE!!!(初回限定盤A:握手券orプレゼント応募券付)MAMORE!!!(初回限定盤A:握手券orプレゼント応募券付)
アーティスト:アイドリング!!!
販売元:ポニーキャニオン
(2012-01-18)
販売元:Amazon.co.jp
収録
格好いいアイドリング!!!より僕はこの曲みたいなファニーさを持った曲こそアイドリング!!!らしい曲だと思うんですよね。
ゆりっぺ、すぅちゃん、ひぃちゃんのトリオの曲なんだけどそれぞれの個性が出せてるボーカルディレクションもすばらしいです。
こういうファニーで20人でめまぐるしくボーカルが入れ替わる派手な構成の曲をシングルA面に持ってきて欲しいのです。


○Lucky Color's「Lovely」2pt
o0279028312006545211
収録
現場に何度も行って成長の過程を見てるからほかのアイドルより情はもちろんありますが、それを抜きにしても「Lovely」は楽曲的によくできてますよ。
かわいいor萌え路線で行くロコドルが多い中でスタイリッシュで格好いい路線、SPEED→Folder5→K-POPという流れに入るような本格派でボーカルもほつれ少なめという。スキルが必要ななかなか難しい路線ですがラッキーカラーズの5人、ものにしてます。
AKB全盛の今、ももクロのような変化球でもなく東京女子流やFairiesのようなパフォーマンスで勝負していて、それがローカルアイドルでというすごさね。
それこそ、PerfumeやNegiccoのような音楽好きから広がっていくタイプのアイドルだと思うんですよね。


○ベイビーレイズ「S.O.K.」2pt
ベイビーレイズ 初回盤B (CD+DVD)ベイビーレイズ 初回盤B (CD+DVD)
アーティスト:ベイビーレイズ
販売元:ポニーキャニオン
(2012-09-26)
販売元:Amazon.co.jp
収録
ロック×アイドルを売りにしてるグループは他にもたくさんいますがかわいいと格好いいのバランスがちょうどよく釣合っているのはBABY METALとベイビーレイズの2組が抜きん出てる気がします。
BABY METALよりベイビーレイズを上にしたのは狙った感じ(パロディー感)が薄いからです。
「S.O.K.」はインストで聴いても全然聴けるくらい格好いいです。

○9nine「イーアル! キョンシー feat. 好好! キョンシーガール」1pt
イーアル!キョンシー feat.好好!キョンシーガール/Brave(初回生産限定盤B)(キョンシー盤)(DVD付)イーアル!キョンシー feat.好好!キョンシーガール/Brave(初回生産限定盤B)(キョンシー盤)(DVD付)
アーティスト:9nine
販売元:SME
(2012-11-14)
販売元:Amazon.co.jp
収録
楽曲大賞という観点で云えばこの曲ははずせないですよね。
アイドル戦国時代、アイドル乱立によって○○(音楽ジャンル)×アイドルが出揃った感のある今、果敢にファンコットというジャンルに取り組んだだけでも評価に値します。
アイドルが歌う企画ものドラマ主題歌としてほんとによくできてます。
キョンシードラマの主題歌で普通の恋の歌とかじゃ興醒めじゃないですか。
やっぱりキョンシーって単語やキョンシーの特徴や必殺技名が入っていないとね。
アニメソングタイアップ物もこうあって欲しいんだけどね。

続いてアルバム部門
○タルトタタン『テトラッド』2pt
テトラッド(生産限定盤)テトラッド(生産限定盤)
アーティスト:タルトタタン
販売元:EMISSION ENTERTAINMENT
(2012-06-06)
販売元:Amazon.co.jp

相対性理論を脱退した真部脩一と西浦謙助によるユニット、アゼル&バイジャンのプロデュースなんですよね。
相対性理論もももクロモも大好きなんですがZ女戦争もやくしまるえつこソロとかのティカ・αものにはあんまりピンときてなかったんです。(山Pの「愛、テキサス」は例外)
タルトタタンはまさに「これだ!」という感じですね。
相対性理論のテイストを前面に出しながらやくしまるえつこのある意味作為過剰な感じが薄くて自然なボーカルで聴きやすい。
すっとんきょうでその辺にいそうな女の子ボーカルでのシュールな歌詞の方がシュールさが際立ちますよね。
アイドルソング云々も越えてガールポップとしてよく出来てます。
当たり前ですがPerfumeみたいにアルバム1枚を一人(一組)のアーティストに任せるというのは作品として断然まとまっている。
まさに楽曲大賞アルバム部門にふさわしいアルバムだと思います。

○JK21『JK21やねん』2pt
JK21やねん(初回限定盤)(DVD付)JK21やねん(初回限定盤)(DVD付)
アーティスト:JK21
販売元:テイチクエンタテインメント
(2011-12-14)
販売元:Amazon.co.jp

このアルバムを聴いた時、ほんとに驚いた。
あの驚きは何に似てるかといえばM-1グランプリ2005でブラックマヨネーズの漫才を始めて見た時に似ていた。
「大阪にはこんなすごいのが埋もれてたのかー」って。
ベタなキャラ、設定、構成なのに勢いだけで圧倒されてしまう感じ。
僕、完全にベタより突飛なものが好きなのにベタもうまくやればこんなに面白くなるんだという驚きですね。
『JK21やねん』聴いてないなんてどうかしてるぜっ!

○SPEED『4 COLORS』2pt
4 COLORS  (ALBUM+DVD)4 COLORS (ALBUM+DVD)
アーティスト:SPEED
販売元:SONIC GROOVE
(2012-11-14)
販売元:Amazon.co.jp

12歳〜15歳でデビューした娘たちが28歳〜31歳になっても同じ4人でアルバムを出しているというのがまず胸熱ですよね。
Bennie KのYUKIが大半の曲を書いていて思いっきりEDMで楽曲としては申し分ないし、伊秩さんの「あー、SPEEDだなー」って曲もやっぱり落ち着く。
島袋、今井ツートップに絡む、ロボットみたいに無機質なおたかさんのコーラス、HITOE’S 57 MOVEのラップと4人の声のバランスも間違いない。
アイドルとしてのキラキラ感がちゃんと残ってるのも高ポイント。
安室ちゃんみたいに再ブレイクしてAKBに抜かれた売り上げ記録を抜き返すぐらいの展開を期待しちゃいます。
Perfumeもまだ5年は大丈夫だと思わせてくれる存在ですよね。

そして最後が問題の推し箱部門
「いわゆるMVP(今年特に活躍したグループ)ではなく、オールタイム推し箱です。」ってかなり悩む!
Lucky Color's?ももクロ?Perfume?う〜ん、やっぱりアイドリング!!!でお願いします。

ということでこんな感じになりました。
投票は28日までなので私も投票してみようかなって方は急げ!
ima2012


で、次は第11回ハロプロ楽曲大賞2012の投票だ!
hpma2012

また悩む!

■投票したし外食行くんだ!

今日のヘッドフォンミュージック:アイ☆スクリーム/Hey!Say!JUMP

sakuramakoto at 20:49│Comments(0)TrackBack(0)音楽 | アイドル

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔