さくら耳は❤愛され猫のしるし

どうぶつ基金・出張手術

                                                      

このブログはどうぶつ基金出張手術をご紹介させていただいています。 TNRは、1か所のコロニーの猫に集中的に不妊手術を施すことによって効果があります。どうぶつ基金では、TNRのエキスパート獣医が出張して不妊去勢手術を無料で実施しています。

三重県さくらねこTNRプロジェクト実施報告

の殺処分ゼロを目指して日々地域において活動している公益財団法人どうぶつ基金。今回は無料出張手術を三重県、地域住民、ボランティア、関係市町職員と共に共同で実施致しました。 


6月15日(木)、16日(金)に三重県が運営する三重県動物愛護センター(あすまいる)にて2日間で約200頭の無料不妊手術が行われました。
このような形で行政のセンターで連携し協働するのは日本初の事業となります。 



ぶ2017_06_15_9999_15
主 催:公益財団法人どうぶつ基金、三重県
申請者:三重県動物愛護推進センター「あすまいる」
日 程:2017年6月15日(木)~ 2017年6月16日(金)
会 場:三重県津市森町2438-2 三重県動物愛護推進センター「あすまいる」
執刀医:山口武雄獣医師 ・足立獣医師
ボランティア参加:辻獣医師(三重県伊賀獣医師会支部長)、坂本獣医師(静岡県)
D.P.C.(ダイゴペットクリニック)青島獣医師、青山獣医師、倉地獣医師

手術数:193頭

AHT:近澤
トリミング:倉地


TNR数
無題


ぶ2017_06_15_9999_8
山口獣医師からのご挨拶。
(左より足立獣医師、山口獣医師、どうぶつ基金佐上理事長)

22
手術前のミーティング風景。

32
手術の順番待ちをする猫達。1頭づつタグを付けていきます。

119
手術する前に猫たちのお腹周りの毛をカットしていきます。

44
青山獣医師(ダイゴペットクリニック)

173
辻獣医師(三重県獣医師会伊賀支部長)

46
NHK津放送局による取材。

今回の試みはどうぶつ基金と同じ想いで日々活動されていた三重県行政担当者様、ボランティアの皆様の力が一つになり、日本初の事業として実施にまで至ったと感じております。実施前から担当者様の熱い想いや本気度がこちらにも伝わり、当日の会場においては初めてながらも、職員の皆様が協力しながら迅速に且つ的確にそれぞれの担当作業を一生懸命されていた事が非常に印象に残っています。
どうぶつ基金としましても、今般三重県との共同事業の成功がモデルケースとなって拡散する事を期待し、他の自治体様とも協働出来るように引き続き邁進する所存です。

日本では1年間で約6万7000頭以上の猫が殺処分されています。地獄のスパイラルをストップするため一番最初にすべきことは不妊手術をしてあげることです。
どうぶつ基金では命を最優先に、1頭でも多くの罪なき命を守るため、全国約94カ所の協力病院と、離島などへの出張手術で無料不妊手術を行っています。
しかし、過剰繁殖し続ける猫の数に資金と活動が追い付かず、必要な支援が届きにくくなっている状態です。殺処分がゼロになり、人と犬や猫が笑顔で共生出来る日までどうぶつ基金の活動に是非皆様方のお力をお貸しください。

公益財団法人どうぶつ基金
事務局長 児玉明文



ご寄付のご案内 
どうぶつ基金は公益財団法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります
皆様のご支援は、どうぶつ基金が最も必要性が高いと判断するさくらねこTNR活動などに充当させていただきます。
さくらねこShopオープン 
どうぶつ基金公式さくらねこShopの商品が充実してきました。
さくらねこTシャツや、さくらねこファイル、ポストカードなど、寄付つきグッズが豊富にそろっています。
さくらねこShop オンラインストア  ←クリックでShopに移動します。
さくらねこShop  Amazonストア  ←クリックでShopに移動します。

三重県と連携した無料不妊手術実施のお知らせ

NEWS RELEASE date 2017 6.12

 


三重県内の飼い主のいない猫すべてに無料不妊手術を実施します。

【二日間で約200頭の手術を行うハイペースな日本初の事業です。】

三重県とのT N Rプロジェクトのお知らせ

三重県行政が運営する動物愛護センターにおいて、どうぶつ基金との日本初共同事業。

                                    

公益財団法人どうぶつ基金は三重県と連携して飼い主のいない猫の無料不妊手術等を行います

 猫の殺処分数の減少や地域における飼い主のいない猫の問題の解決に向け、

「さくらねこTNR」(TNR先行型地域猫活動)に取り組んでいる当団体と三重県は、

平成26年度から飼い主のいない猫の無料不妊手術等を行っています。

このたび、平成29年5月に三重県が開所した三重県動物愛護推進センター(あすまいる)

において、当団体地域住民、ボランティア(獣医師を含む)、関係市町職員等と連携して、

県内の複数の地域に定着している飼い主のいない猫に不妊手術等を実施します。

 

1 日時      平成2915日(木)、16日(金)9時から17時まで

2 場所      三重県動物愛護推進センターあすまいる)津市森町24382

                                 (電話:0592531238

3 実施予定数  三重県内の飼い主のいない猫195匹(予定)

4 内容     飼い主のいない猫に以下の処置を行います。不妊・去勢手術、さくら耳カット、三種混合ワクチン接種、ノミ・ダニ・回虫の駆除(レボリューション)、目薬、補液等 ※獣医療費は全て当団体が負担し無料で行います。

5 主催者  公益財団法人どうぶつ基金、三重県

6 その他 (1)「さくらねこ」とは不妊手術済みのしるしに、耳先をさくらの花びらの形にカットしたねこのことです。 この耳のことを、さくら耳といいます。

(2)「TNR先行型地域猫活動」とは猫問題のある地域で、まず先行して「さくらねこTNR」(Trap/捕獲し、Neuter/不妊手術を行い、さくら耳カットをして、Return/元の場所に戻す)を行うことで、さかり声・糞尿臭が激減しさらに  繁殖を防ぎ、猫問題を根本から解決する方法です。基金ではこれまでに約43,552匹(全国、累計、201769日現在)のさくらねこTNR無料不妊手術を行っています。

 

 ■取材・本件内容についてのお問い合わせ先

・公益財団法人どうぶつ基金(兵庫県)TEL. 0797-57-1215 

MAILcontact@doubutukikin.or.jp   

・三重県健康福祉部 食品安全課 生活衛生・動物愛護班  TEL.059-224-2359

 

 

リンク





カテゴリ別アーカイブ
記事検索