さくら耳は❤愛され猫のしるし

どうぶつ基金・出張手術

                                                      

このブログはどうぶつ基金出張手術をご紹介させていただいています。 TNRは、1か所のコロニーの猫に集中的に不妊手術を施すことによって効果があります。どうぶつ基金では、TNRのエキスパート獣医が出張して不妊去勢手術を無料で実施しています。

第4回やるで!大阪さくらねこTNRプロジェクト2017

大阪さくらねこTNRは殺処分ゼロをめざす「公益財団法人どうぶつ基金」と「大阪ねこの会」の協働事業です。私たちは殺処分数ワーストワンの大阪を殺処分ゼロにしたいと本気で取り組んでいます。
2016年度の「やるで大阪さくらねこTNR事業」では1891頭の無料不妊手術を行いました。
その結果、大幅に殺処分数は減少しました。今年度は2000頭を予定しています。


今月は7月16日(日)~17日(月)の2日間でオス88匹、メス(堕胎も含む)109匹、耳カットのみ5匹、計202匹のTNRを実施しました。

1

主 催:公益財団法人どうぶつ基金
共 催:大阪ねこの会
日 程:2017年7月16日~17(手術日)
会 場:やお駐輪3階(八尾市北本町)
獣医師:山口獣医師・足立獣医師
ボランティア参加:池田獣医師・西獣医師・大塚獣医師
診療:不妊施術(オス・メス)、3種混合ワクチン、
ノミ、ダニ・回虫の駆除(レボリューション)、負傷治療など
診療以外:耳崎のV字カット(さくら耳)、爪切り、耳掃除、ブラッシングなど
TNR数:202頭

TNR内訳
グラフ


2
これだけたくさんの猫の一斉TNRができるのは、
いつもご協力頂いているボランティアの皆さんのお陰です。

3
タグを付けてもらい、待機中の猫たち。
ボランティアの皆さんが1つずつ付けていきます。

4
無事に手術が終わった猫ちゃんたち。この後、ボランティアさん達が
会場まで引き取りに来てくれます。

5
山口獣医師(奥)と大塚獣医師(手前)の手術中の様子。

6
左より、池田獣医師、足立獣医師、山口獣医師、西獣医師、大塚獣医師。
先生方、本当にお疲れ様でした!

大阪ねこの会代表の荒井りか様より
今回もまだ妊娠している猫さんがいました。

最近は季節に関係なく繁殖する傾向になっています。

継続したTNRが必要だと回を重ねるごとに感じます。


次回のお知らせ
9月17日(日)、18日(月・祝)
申請期間:8月10日から15日
大阪ねこの会の会員様以外に一般の方も申し込み可能です。(ワクチン・レボリューション込)
実施方法や詳細はこちらをご覧ください

奈良県多頭飼育崩壊現場 出張手術実施報告

の殺処分ゼロを目指して日々地域において活動している公益財団法人どうぶつ基金。
奈良県五條市で多頭飼育崩壊現場の猫の無料出張手術を職員、ボランティアと協働で実施致しました。


1ぶ2017_07_15_9999_30

主 催:公益財団法人どうぶつ基金
申請者:五条市役所あんしん福祉部介護福祉課
日 程:2017年7月15日(土)
会 場:奈良県五条市立吉野在宅福祉センター
執刀医:山口獣医師・足立獣医師
手術数:19頭
ボランティア:荒井・辻西
診療:不妊手術(オス・メス)、3種混合ワクチン、補液
ノミ、ダニ・回虫の駆除(レボリューション)、負傷治療など
診療以外:耳先のV字カット(さくら耳)、爪切り、耳掃除、ブラッシングなど


手術頭数

オスメス耳カットのみ
7月15日136019


無題6


2ぶ2017_07_15_9999_6
今回の会場は廃園になった幼稚園の教室です。

3ぶ2017_07_15_9999_36
捕獲した猫を運ぶ、土井橋本市議会議員。議員自ら率先して
無駄なく動かれていたのが非常に印象的でした。
4ぶ2017_07_15_9999_72
協力頂いたボランティア様。本当に暑い中、お疲れ様でした。

5ぶ2017_07_15_9999_43
手術待ちの間に生まれた子猫ちゃんたち。現在地元ボランティアさん達に
よって保護されており、順調に育っています。2か月過ぎたら里親探しをします。

6ぶ2017_07_15_9999_100
無駄のない動きで素早く正確に手術をこなす足立獣医師。

7ぶ2017_07_15_9999_101
動物看護師ではなく、今回は看護師の方にもご協力頂きました。

8ぶ2017_07_15_9999_109
事務局長の児玉です。
今回の多頭飼育崩壊の現場は、行政・ボランティア様の迅速なご対応・ご協力によって無事全頭無料不妊手術を実施する事が出来ました。多頭飼育崩壊解決のゴールは、全頭に対し不妊手術を実施しこれ以上の繁殖を防ぐ事が最優先事項で、今回も無事成功に終わったと思います。本当にありがとうございました。

日本では1年間で約6万7000頭以上の猫が殺処分されています。地獄のスパイラルをストップするため一番最初にすべきことは不妊手術をしてあげることです。
どうぶつ基金では命を最優先に、1頭でも多くの罪なき命を守るため、全国95カ所(7月18日現在)の協力病院と、離島などへの出張で無料不妊手術を行っています。
しかし、過剰繁殖し続ける猫の数に資金と活動が追い付かず、必要な支援が届きにくくなっている状態です。殺処分がゼロになり、人と犬や猫が笑顔で共生出来る日までどうぶつ基金の活動に是非皆様方のお力をお貸しください。

公益財団法人どうぶつ基金
事務局長 児玉明文


ご寄付のご案内  クリック
どうぶつ基金は公益財団法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります
皆様のご支援は、どうぶつ基金が最も必要性が高いと判断するさくらねこTNR活動などに充当させていただきます。
さくらねこShopオープン 
どうぶつ基金公式さくらねこShopの商品が充実してきました。
さくらねこTシャツや、さくらねこファイル、ポストカードなど、寄付つきグッズが豊富にそろっています。
さくらねこShop オンラインストア  ←クリックでShopに移動します。
さくらねこShop  Amazonストア  ←クリックでShopに移動します。
リンク





カテゴリ別アーカイブ
記事検索