さくら耳は❤愛され猫のしるし

(公財)どうぶつ基金・出張手術

公益財団法人どうぶつ基金の公式ブログです。                                                    

公益財団法人どうぶつ基金は、内閣府から承認された非営利活動法人です。当法人は、動物の適正な飼育法の指導・動物愛護思想の普及等を行い、環境衛生の向上と思いやりのある地域社会の建設に寄与することを目的としています

沖縄県さくらねこTNRプロジェクト実施報告

うるま市環境課には近年猫による被害の相談や苦情が多く寄せられており、そのほとんどは屋外飼育や捨て猫から繁殖した所有者不明猫によるものと思われ、ゴミあさりや糞尿被害が問題となっている。
これら猫の繁殖に起因する問題解決と目指すとともに猫の適正飼養の啓発を図るため、公益財団法人どうぶつ基金による「さくらねこ無料不妊手術事業」制度を活用し、TNRによる不妊去勢手術事業を実施する。また、市内では既にボランティア団体による独自のTNR活動が行われているものの、費用等が大きな負担となっていることから、今回の事業をボランティア団体と共に実施することにより、今後の協力体制を構築し、市民協働による問題解決に繋げることを目的とする。 (申請書より)


ハイ、さくらねこのポーズ
主 催:公益財団法人どうぶつ基金
申請者:沖縄県うるま市、北谷町
日 程:2017年10月30日(月)~ 2017年11月3日(金)
会 場:沖縄県うるま市石川石崎1丁目1 うるま市役所石川庁舎
獣医師:山口獣医師・足立獣医師・平野獣医師
ボランティア獣医師:
齋藤獣医師
沖縄県動物愛護管理センター:獣医師4名
診療:不妊手術(オス・メス)、3種混合ワクチン、補液、
ノミ、ダニ・回虫の駆除(レボリューション)、負傷治療など
診療以外:耳先のV字カット(さくら耳)、爪切り、耳掃除、ブラッシングなど
手術数:327頭

手術頭数

 オスメス耳カットのみ
10月30日812020
10月31日50482100
11月01日4351296
11月02日49611111
1501725327

無題

無題1
猫を捕獲している佐上理事長。

手術待ちの猫
手術まちの猫たち。

手術前の準備中
手術前の準備をしています。

安定剤注射
手術前に鎮静剤・麻酔を打ちます。

沖縄県動物愛護センター獣医師
沖縄県動物愛護管理センター獣医師のみなさん。
獣医師、左から山口、齋藤、平野、足立
左から山口獣医師、齋藤獣医師、平野獣医師、足立獣医師が手術をしています。

さくらねこがいっぱい
たくさんのさくらねこ達。

<掲載記事>
琉球新聞
琉球新報

沖縄タイムス
9

猫の殺処分ゼロを達成するために、一番最初にすべきことは不妊手術をしてあげることです。
どうぶつ基金では命を最優先に、1頭でも多くの罪なき命を守るため、全国約100件の協力病院でさくらねこ無料不妊手術事業を実施、また、離島などへの出張手術で無料不妊手術を行っています。
しかし、過剰繁殖し続ける猫の数に資金と活動が追い付かず、必要な支援が届きにくくなっている状態です。殺処分がゼロになり、人と犬や猫が笑顔で共生出来る日までどうぶつ基金の活動に是非皆様方のお力をお貸しください。 

ご寄付のご案内  ← クリック

沖縄さくらねこT N Rプロジェクトのお知らせ

NEWS RELEASE date 2017 9.29

 *会場が与那城庁舎から石川庁舎に変更になりました10/29


伊計島、浜比嘉島、平安座島、宮城島、津堅島 猫350頭に

無料不妊手術を実施します。


沖縄さくらねこT N Rプロジェクトのお知らせ

沖縄のうるま市の5つの島は猫の多い島で有名だが、増えすぎて糞尿や鳴き声で島民は困惑、市に苦情が寄せられています。また、北谷町では、今年4月に砂辺馬場公園付近で花に吹き矢が刺さった猫が発見されるという事件も起きており、県は虐待事案として注意を呼び掛けています。問題は増えすぎた猫。解決するためにはノラ猫の不妊手術によって猫を減らすしかないと、行政、ボランティア、どうぶつ基金が協働して無料不妊手術を行う事が決定しました。


主  催 :公益財団法人どうぶつ基金(兵庫県芦屋市)

申  請  者 :沖縄県うるま市、北谷町 ・

期  間 平成29年10月28日~11月3日(手術日は10/30~11/3)

手術会場 :うるま市与那城中央1 うるま市役所与那城庁舎
       石川庁舎沖縄県うるま市石川石崎1-1

計  画 :猫の殺処分ゼロをめざすどうぶつ基金による無料出張手術を行政、島民と協働で実施します。島々に住む猫を捕獲し全頭一斉に不妊手術をして繁殖を防ぎ、糞尿や鳴き声などの問題を解決することで、島の環境を改善し、猫と人の平和な共存を目指します。

実施頭数:推定350

協  力:沖縄動物愛護管理センター・琉球わんにゃんゆいまーる

 

 取材・内容についてのお問い合わせ先

・(公財)どうぶつ基金(兵庫県)さがみ(理事長) TEL. 0797-57-1215

 

 MAILcontact@doubutukikin.or.jp 「どうぶつ基金」で検索

 

続きを読む

三重県さくらねこTNRプロジェクト実施報告第3回目

の殺処分ゼロを目指して日々地域において活動している公益財団法人どうぶつ基金。
今回も前回同様に三重県、地域住民、ボランティア、関係市町職員と共に協働で第3回目となる
無料出張手術を実施致しました。


10日(火)、11日(水)に三重県が運営する三重県動物愛護センター(あすまいる)にて3日間で約100頭の無料不妊手術が行われました。このような形で行政のセンターで協働するのは日本初の事業となり、今回で第3回目になります。 


IMG_1100

主 催:公益財団法人どうぶつ基金、三重県
申請者:三重県動物愛護推進センター「あすまいる」
日 程:2017年10月10日(月)~ 2017年10月11日(水)
会 場:三重県動物愛護推進センター「あすまいる」
獣医師:山口獣医師・足立獣医師
ボランティア獣医師:辻獣医師(三重県伊賀獣医師会支部長)

診療:不妊手術(オス・メス)、3種混合ワクチン、補液、
ノミ、ダニ・回虫の駆除(レボリューション)、負傷治療など
診療以外:耳先のV字カット(さくら耳)、爪切り、耳掃除、ブラッシングなど
手術数:115頭

手術頭数
無題

IMG_1185
















IMG_1212
手術まちの猫たちにタグをつけていきます。

IMG_1140
手術前に鎮静剤・麻酔を打ちます

IMG_1201
足立獣医師

IMG_4136
山口獣医師

三重県行政との本取組みは今回で3回目になりますが、1回目に引き続きどうぶつ基金と同じ想いで日々活動されていた三重県行政担当者様、ボランティアの皆様の力が相乗効果を生み、初回実施より更に上手く引き出されていたと思います。あすまいるの所長始め、皆様が率先して自ら考えながら行動していたのが印象に残っています。
どうぶつ基金としましても、今般三重県との共同事業の成功がモデルケースとなって拡散する事を期待し、他の自治体様とも協働出来るように引き続き邁進する所存です。

日本では1年間で約6万7000頭以上の猫が殺処分されています。地獄のスパイラルをストップするため一番最初にすべきことは不妊手術をしてあげることです。
どうぶつ基金では命を最優先に、1頭でも多くの罪なき命を守るため、全国約94カ所の協力病院と、離島などへの出張手術で無料不妊手術を行っています。
しかし、過剰繁殖し続ける猫の数に資金と活動が追い付かず、必要な支援が届きにくくなっている状態です。殺処分がゼロになり、人と犬や猫が笑顔で共生出来る日までどうぶつ基金の活動に是非皆様方のお力をお貸しください。

公益財団法人どうぶつ基金
事務局長 児玉明文

三重県さくらねこ一斉TNR事業報告

三重県さくらねこ一斉TNR事業協働地域からの報告紹介


ご寄付のご案内  ← クリック

どうぶつ基金は公益財団法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります
皆様のご支援は、どうぶつ基金が最も必要性が高いと判断するさくらねこTNR活動などに充当させていただきます。
さくらねこShopオープン 
どうぶつ基金公式さくらねこShopの商品が充実してきました。
さくらねこTシャツや、さくらねこファイル、ポストカードなど、寄付つきグッズが豊富にそろっています。
さくらねこShop オンラインストア  ←クリックでShopに移動します。
リンク





カテゴリ別アーカイブ
記事検索