さくら耳は❤愛され猫のしるし

どうぶつ基金・出張手術

                                                      

このブログはどうぶつ基金出張手術をご紹介させていただいています。 TNRは、1か所のコロニーの猫に集中的に不妊手術を施すことによって効果があります。どうぶつ基金では、TNRのエキスパート獣医が出張して不妊去勢手術を無料で実施しています。

さくらねこの島事後調査報告(最新データ)

1、猫によるクロウサギ死体の報告ゼロ生息域東京ドーム210個分拡大 徳之島

最新データより

どうぶつ基金が主催している「徳之島ごとさくらねこTNR」が始まった2014年、環境省徳之島自然保護官事務所の調べでは、イヌまたはネコにより捕食されたと思われるアマミノクロウサギの死体は9羽報告されています。「徳之島ごとさくらねこTNR」開始(2014.11)以降、2015年は1羽に激減、2016年はゼロに、2017年9月15日現在もゼロが継続されています。また、2015年、新規に5つのエリアで、アマミノクロウサギが確認されましたが2016年にはさらに新規エリアが5つ広がりました。
(2014から
16%拡大


アマミノクロウサギ 徳之島分布メッシュ 資料提供:環境省徳之島自然保護官事務所
無題14

200-2014年 62キロ平米

2015年  67キロ平米 (2014から8%拡大)

2016年 72キロ平米 (2014から16%拡大 東京ドーム約210個分拡大)

 

グラフ
2017年9月1日現在までの数字 資料提供:環境省徳之島自然保護官事務所

 

猫によるアマミノクロウサギの捕食による死体発見数がピークなった2014年(死体発見9羽)

徳之島ごとさくらねこTNRプロジェクトはスタートしました。そして、約12,136頭のTNRを行いました。H28年度 徳之島3町は(総額31538000円)の対策費を確保し600匹以上の捕獲・施術を行いました。また環境省徳之島自然保護官事務所は2016年3月までに捕獲(計108匹)を行いました。(奄美新聞2016.05.25

事業開始時に推定された徳之島に生息する猫の数

推定約3000頭 猫の推定生息数は徳之島3町による地方創生加速化交付金申請書より抜粋)

不妊手術を行った猫の数

徳之島ごとさくらねこTNR 2136頭  H26.11.15-H28.1.27 516頭   飼い主不明猫1620

地方創生加速化交付金     941頭   (H28.4.1-H29.3.31 飼い猫 73頭 飼い主不明猫 868)

環境省           108頭   (H28.3.31まで     クロウサギ生息域の猫)

合計               3185頭

徳之島では以下の通り3町の2017年度予算でTNRが継続されている。

1、事業内容

世界自然遺産登録へ向けて喫緊の課題である、ネコによるアマミノクロウサギ等希少

動物の捕食を防止する取り組み。

2、予算

各町負担金より 6,300千円

3、不妊手術(TNR)の予定数

300

4、事業主体

徳之島三町ネコ対策協議会

5、2017年度当初からこれまでに行った猫の不妊手術の頭数

飼い猫         2

飼い主不明猫     19頭  7月現在

 


その結果、猫によるアマミノクロウサギの捕食被害の増加を止めることができただけでなく、9羽もあった被害がゼロになったこと、生息域が10キロ平米(東京ドーム210個分)も拡大したことは、大きな成果と言えます。

希少動物の保護にTNRは役に立たないという説もあるなかで、今回のプロジェクトが成果を出したことによって、TNRで成果が出なかったと結論づけようとしているケースは、TNRが悪かったのではなく、TNRの実施方法に問題がなかったのか再検討する必要があると考えられます。今回の成功の一番の要因は不妊手術のスピードです。推定3000頭の猫95%の手術が、どうぶつ基金、、地元行政、環境省の3者で2年ほどの間に行いました。仮に、徳之島を1年間200頭のペースでTNRを実施していたとしたら、2,136頭実施するのに、10年以上かかってしまいます。それでは、猫の繁殖やアマミノクロウサギの減少ペースにTNRが追い付かず、問題は永久に解決しなかったでしょう。

無題15


記の3点の一つでも欠けてしまえば、TNRは成功しません。
逆に言えば、この3点さえ守ればTNRの成功率は大いに高まると言えます。

今回の徳之島ごとさくらねこTNRプロジェクトが成功したことによって、希少動物の保護も、殺処分ではなく、徹底したTNRと、希少種と生息を共にする猫の保護を実施することによって、
殺さずに解決できるという徳之島モデルを確立できました。

2、他の「さくらねこの島」でも猫問題解決率100%でした。

どうぶつ基金では201412月から201612月までの2年、(※島に生息するほぼすべての猫(95%~100%)に不妊手術)をおこないました。今回、事後調査を行った結果、下記の通りとなりました。

捨て猫がゼロであることから猫数は減少していくものと思われます。また人と猫の関係は手術後すべての島で良くなっており、猫問題は解決し成功しています。

 

「島ごとさくらねこTNR」を行った島

事後調査(20179月実施)結果

さくらねこの島事後調査

竹島 4頭の未手術猫は、事業後新たに発見された猫(近日中に手術予定)

男木島1頭の未手術猫は、飼い主の手術拒否によるもの

志々島の猫の増加4頭は、事業後新たに発見された猫(地元で手術済み)

さくらねこの島事後調査2
さくらねこの島事後調査3

台風18号接近に伴い「やるで大阪さくらねこTNR」中止を決定いたします。

 緊急連絡 シェア拡散希望 非常に強い勢力を持った台風18号の接近に伴い、9/17(日)9/18(月)に予定している「やるで大阪さくらねこTNR」の開催について中止決定をお知らせします。すでに予約をされた皆様につきましては誠に申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。  





リンク





カテゴリ別アーカイブ
記事検索