∞BABA日記

   大倉くんを中心に∞をひっそりと応援する婆の日々。

☆コメントにネタバレが含まれる場合がありますのでご覧になる際はご注意ください。
★雑誌★
6/23「Ray」
6/26「ザテレビジョンZoom!!」
6/27 「with」「BEST STAGE」
7/5「音楽と人」
☆大倉くん出演予定TV&ラジオ☆(レギュラー除く)
6/23 ZIP!(日テレ系)
6/25 JAPAN COUNTDOWN(テレ東系)
   関ジャニ∞ プレミアムジャム(JFN系 13:00〜)
6/27 魁!ミュージック(フジテレビ・仙台放送・岩手めんこいテレビ 25:30〜)
6/28 テレ東音楽祭2017
6/29 SONGS(NHK)
7/1  THE MUSIC DAY(日テレ系)・COUNT DOWN TV(TBS系)
7/8  COUNT DOWN TV(TBS系)

ZIP!充実。

関ジャニ∞がバンド活動にもこだわる理由。
ZIPが長くやってくれまして!

まるちゃんのボディペイントに4時間かかったくだりを拡げるみなさんw
たっちょんが「大阪行ける」とボソッと言ったのを、
ちゃんと流れ止めて拾ってくれるよこちょに感謝\(^o^)/お兄ちゃん\(^o^)/

Never Say Neverほんとかっこいいわー!好き。バンドだと思うのですけどね。
ドラムかっこいいい!
そして!
あのエイターテイメントライブでの突発的セッションを長めに放送してくれたの最高です\(^o^)/
ドラムいっぱい!
スネアの文字のとこまで!嬉しいっ。
バンドについて話し合う?という問いに「音で話し合ってるんで」(低音で)とたっちょんが渋めにキメた後( ̄∇ ̄)に、
「普通にしゃべってますよ」とあっさり言うすばるさんwww最高っすwww

「バンドに力を入れたきっかけ」って、でも『きっかけ』は関ジャムではないわなぁ。
たっちょんにしてみればもう十数年がんばってるわけで。
どこの時点を言うのよ??そりゃ「いつでしたっけあれ?」にもなるわよ。
これ質問が悪いな。
とにかく。111組のアーティストとのコラボで、スキルアップしないと追いつけないことが大きかったという、
このアルバムが成立する上での大事な点を、たっちょんがきっちりご紹介できて。よろしかったですよ。

おひげがなくてつるっとしてるたっちょんを久々に見られて!
なんか「たっちょん」になってたw
ライブに向けてもう切り替えて充実しているのでありましょう。

こちらも今日の彼のビジュアル見て、切り替えられたような気がしています。

きっとしあわせ。

久しぶりにレンジャー読んで泣きそうだ。

舞台がたっちょんにとって大変に良い経験になったと、
多分彼が舞台をやる前に考えていた以上に素晴らしい経験と、今は感じているのだろうと思いました。
みんなにも誇りと感謝の気持ち、というところ、誇りと言ってもらえて本当に嬉しいです。
幸い私の見に行った時に、マナーを守れない方などいらっしゃらなかったし、
それどころか皆息をつめて、
全ての瞬間を見逃さないようにしていたのを感じ、
幕が下りた後は口々に感想を述べあう姿を見て、たっちょんファンの深い愛情を感じて、
よい観客を迎えたとたっちょんにも誇らしく思ってほしい。
それを感じてくれていて嬉しいです。

きっとしあわせだったのよね。
ヴァレンティンが言うんだから間違いない。
最良のひとときが過ごせたのだから。短くも濃密な時間。


切り替えてるぞ本人は!!
こっちはちょっとまだ引きずっててぽわーっとしてるというのに!!
さすがだ!(笑)


ライブ、その前にアルバム露出いっぱい。全力で楽しみます!

亮ちゃんがおしりを⁉

TV誌、
ザテレビジョンのクロニクルページの!裏ナレ刑事のたっちょんが!かっこいいい!
だいぶ前の収録なんでしょうね。おひげなしの写真を久しぶりに見たせいか。新鮮。
やすくんと一緒のはメガネ&ネクタイありで、亮ちゃんと一緒のはメガネもネクタイもなし。
えーこれ早く見たいなぁ。
クロニクルの短いコーナーは放送いつかわかんないんですけどね。
柘植しゃん推しのわたくしは、やすくんとのときのが特に!好きでございます。
しかしだ。
できる子錦戸さんが。ズボンのおしりを破いたですって⁈
おしりを破く回数はジャニ一(今これ打ったらジャニーにしか見えないけどジャニいち、ね)と言ってよい大倉氏ではなく!
絶対これ見てひゃっひゃ笑ったであろう(^o^)自分のことは棚に上げてw

関ジャムの方はDO NA Iリハで黒いブラウスを着ているのですが
(似合うと言わなければw)
そうか。あのユニオンジャック的衣装の下なのね。
DO NA Iは解禁されたところだけでは読めないわ〜
なんかかっこいいのに突然ラップが入ったり( ̄▽ ̄;)でもちゃんと踊ってるみたいだし。
わからん。「ノスタルジア」より優先でグループ曲になったんだから期待したいところだけど。
たっちょんがかっこよく映ってますように。

舞台が終わっても連日なにやらお仕事忙しいみたいですが!
次に彼のナマな映像を見られるのいつかな〜アルバム発売露出でどこかないかな〜。

つるっとしたたっちょんを早く見たいです\(^o^)/


たっちょん出演予定をボードにまとめました。随時更新してまいります。

臨時休業。



なんだか腑抜けのようになっちゃってるので(笑)
今日はブログお休みいたします〜。

素敵なこと。

もうご存じの方も多いかもですが、
蜘蛛女のキスの演出の鈴木裕美さんが、演出に関してTwitter上で質問にいろいろと答えてくださっています。
興味深いお話があります。ご覧になっては。

「蜘蛛女のキス」公演を振り返って。

大倉くん、初のストレートプレイである「蜘蛛女のキス」おつかれさまでした。

彼は、舞台の度に何かアクシデントが起きるのでちょっと心配してて。
本当に、何事もなく無事に終われてよかったです。


原作の文庫本が紀伊国屋書店新宿店で異例の売り上げを見せたり、
公演前からファンがチラシ配布に連日長い列を作ったり、当日券の激戦を経験したり。
大倉くんがお芝居をするということの反響に、いろいろ驚きました。
8年ぶりの、見に行ける、彼がメインのソロワーク。
始まってみるとその内容の良さに心惹かれて、幕が下りるとまた見たくなって仕方ない。
このお芝居自体が「短いけれど幸せな夢」のようで。

いっけいさんがモリーナを演じてくださったことが、この公演が魅力的になった大きな要因であることは間違いない。
かわいらしくて上品で献身的で、ヴァレンティンを思っていて。
寝ているヴァレンティンの、目の上のほくろに触ろうとする手が忘れられない。
お芝居の最後に毅然として胸を張って、監房を出ていく姿が凛としている。
あの時にもう彼女はヴァレンティンと仲間の秘密を守るべく死を覚悟していたのかと思うと。哀しくて美しいひと。
いっけいさんのしぐさも言葉も素敵。なぜあんなに愛らしく動けるのか。素晴らしい役者さんの力を見ました。
ヴァレンティンと夜を過ごした次の朝の、かわいらしい二人のコーヒータイムが長く長く続けばよかったのに。
あのときだけ監房が、朝の光あふれる美しい部屋に見えるんですよね。
監房を出ることが決まり、お母さんを思いながらも、自分が幸せをつかむのはいつなの、と苦しむ姿がつらい。
そばにヴァレンティンがいるのにもう時間はない。
できうることなら、外の世界でモリーナに幸せになってほしかった。

ヴァレンティンの声、表情、しぐさ全て、魅力的で目が離せなくて、大倉くんが持つ力を最大限に使ってて、今もあの目を思い出してどきどきします。かっこいいとかありきたりの言葉で表現できない。
モリーナのことを呆れたように見たり、怒る姿に驚いたり、優しく見つめたり閉じ込められている孤独に涙したり。
目の演技、目の表情が豊かで見飽きない。美しいだけじゃなくて引っ張り込まれるような目なんですよ。
声も彼の魅力だけれど、舞台の上でその色気が増して、特に2幕で優しくモリーナに発せられる声がたまらない。
モリーナが世話をしてくれた後の「ありがとう…本気だよ?」という少年のような声とか、
体を拭いてもらったあとの「もう背中がかゆくないからだよ」という幸せそうな声だとか、
一緒に過ごした後、モリーナが恥ずかしそうに気持ちを話そうとするときの「言ってごらん」とか、
「君がいなくなると、さみしくなるよモリニータ」という切ない声も。
モリニータ呼びの時はことさら声音が優しい。愛情があふれている感じ。
最後のシーンで自分がどうなったかをモリーナに聞く時の「…それとも警察に追いつかれてしまった?」から、「いいえ、いいえ!」とモリーナがそれを否定するところまで感情がぐわっときます。
短いけれど幸せな夢を語り合った後の、扉を閉める大きな音と闇で、引き戻される現実。
脚本も素晴らしい。
原作で登場する数々の映画の中から「黒豹女」の映画一つに絞ったのはわかりやすくて良いなと思いました。
矛盾もなく原作のエピソードもきちんと拾い、最後に二人で語り合うところの明るさとバッと闇で断ち切るようなラストと。断ち切ったのに観客に二人を思わせ続ける力。すごいな。

この作品の魅力を語ると最初のセリフからいちいち検証したくなるくらいどれも素敵で。
劇場に入った時に流れているアルゼンチンのタンゴ音楽からして心に再現したくなる。
ボレロの「手紙」が。「あなたに この手紙を書くわ」ってずっと頭に流れています。
いい作品だったなぁ。


はー。まだグローブ座にいるみたい。
最初のセリフ、「目の色は!」という響き渡るヴァレンティンの声が耳にありますもの。


大倉くんのお仕事の歴史に大きな跡を残した作品でした。大好きなお芝居になった。


ヴァレンティンの中の人も返してもらったし。
次に大倉くんに会うまでもう一か月を切りました。
次は踊って歌って笑ってよく食べる彼に、札幌で会うのを楽しみにしています。

蜘蛛女のキス・千穐楽レポ。(追記あり)

2回目のカーテンコールからスタオベで、
3回目では両手を頭の上に挙げてのガッツポーズで帰っていき、
4回目のカーテンコールで演出の鈴木さんも舞台上手袖に出ていらして、
ご挨拶。

まずいっけいさんが、
「本日をもって、ヴァレンティンの中の人を皆様にお返しいたします」とおっしゃって。笑いと万雷の拍手。
次にたっちょんが、
今のはいっけいさんが一言言わせてほしいとおっしゃったので何かと思ってたこと、
無事千穐楽を迎えることができました、と言い、
ゆみさんもいっけいさんも僕が演劇を嫌いにならないように気遣ってくださったこと、
キライになるどころか大好きになったのでまた大倉忠義ではなく違う人間として皆様の前に立つことができるのを楽しみにしています、ありがとうございました。と挨拶がありました。
最後はお辞儀で去っていきました。
これ、たっちょんが言ったことの6割くらいかな。ごめんなさい。
だって涙が出ちゃって。

素晴らしい熱演でした。今までで一番だった。私の見た中でも。
セリフの抑揚がはっきりして。笑わせるところ激しい怒り、メリハリがはっきりした良いお芝居に進化していました。
マルタに手紙を書くところの明るい希望の表情からの涙がとめどなく。
最後のシーンの引き入れる力の強いこと。
素晴らしくて、もう世界からいまだに帰ってきてないような感じ。

アドリブも入って、モリーナは『私、いつだって主役よ!』のあとでヴァレンティンに笑われて怒るところで滑ってしまって「滑っちゃったわ!」って可愛かったり。
ヴァレンティン、バターの蓋するときにまた指にバターつけちゃって舐めてましたが、
今日はコンデンスミルク舐めるのも失敗して(なぜスプーンを逆さにしたw)、
でろっとこぼして指についちゃったので、それも舐めてた。結構しっかりw
そのあとしきりにタオルでふいてる結構気にするヴァレンティン。
基本舐めとるヴァレンティン\(^o^)/

あ。背中の傷、ガチの赤いあざが左下パンツのゴム上にあったぞ。痛そう。

ロビーに出たら大勢のお客さんがみんなアンケート書いてるんですよ。すごい数。
みんなたっちょんにこの感動を伝えたい、読んでほしいと思ってる。
こんなに熱をもって愛されている大倉忠義くんは、幸せものです。

外は涙雨。
ヴァレンティンとの別れが悲しい。

でも、またお芝居をやると言ってくれたので。
希望をもって、ヴァレンティンとモリーナを
見送ることができました。
image


思い出し追記。
今日はからだ拭いてもらって暗転して次のシーン、シャツ着てなくて裸で寝ててwびっくりさ。
もうかゆくないから気持ちよくてそのまま寝ちゃった?(///ω///)♪
裸の寝起きヴァレンティンが色っぽかったでござる。そのあと着ながらお芝居してました。






さよならヴァレンティン。

image

このディスプレイを見るのも今日が最後。
ヴァレンティンを見送ります。

後ほど、千穐楽の様子をレポいたします。


次の北山くんのポスターと並んでた。
image



あ。新宿駅でこれも見ましたよ。

image

やめときなさいって><;

明日でヴァレンティンがいなくなっちゃうんですね。
はー。
お芝居の役柄以上のものをヴァレンティンには感じておりまして。
源太以来だわこの感覚。



クロニクル感想ですが、ま、さらっと。



続きを読む

ちゃらんてぃん。

少年倶楽部プレミアム・Mステとエイト充なプレミアムフライデー(月末じゃないけど!)
楽しかったあああああああ\(^o^)/

まず少プレですよ。
申し訳ないけどたっちょんがらみのことしか書きませんけど、
ちょっとでもTVで、「蜘蛛女のキス」のヴァレンティンを味わえて!うれし!!
あれたぶん直近のじゃなくフォトコールの時のだと思うの。違うかな。
ヴァレンティンの髪型とか演技の部分とか。若干変化してる気がするあの後。もっと怒るとこ激しいような。
そうすると12日昼夜のカメラって何??って疑問もあるんだけど!!
とにかく。懊悩するヴァレンティンやかわいいモリーナがうちのレコに収まって嬉しくて。
取材のところもあんなに長く流れなかったんで、たっちょんが応対かわいいの知らなかったよ〜。
はー充実。
あと!「夢への帰り道」が想像以上に良い曲だった。あれは来ますね。心に。
少プレは音も画も素晴らしい。NHKありがとう。早くライブで見たい。
罪と夏のたっちょんのちゅ!に撃沈したので(はぁはぁ)しばらく心を静めて。

そしたらミニステで!!ちゃらい左耳のクロスのピアス見て動悸MAXですよ\(^o^)/
何のために心整えた/(^o^)\
髪伸びて(髭は整えてるのでもう全然気にならない)痩せてるのですが!
ビジュアル最強期(髭あるけど)たっちょんきたああああ\(^o^)/かわいいかわいい×∞。

「今」の爽やかさいいですね!
音聞くよりMV見るより、今のエイトが歌ってくれるのが一番いい。
楽しそうだもん。
映るなり「宮迫です!」を軽く取り入れるたっちょんにこら!と思いつつ!
あれね。ビジュアルいいとさぁ。何やっても幸せになるわね!
久しぶりの長髪だし、笑顔で歌い踊るたっちょんが好きなので!今日のMステ楽しかった!
舞台終えてきたのにね。大変よね。

まるちゃんのフリのタイミング間違いにツッコんでるたっちょん見て、
メンバーとのお仕事のこの時間が、彼のストレス解消なんだろうなと思いました。
今日の萌え萌えポイントは「今」MV直後のすばくらですね!
なんてかわいいんでしょう!!
ぽよんとしてる左の亮ちゃん含めO型かわいいああかわいい。

今日のブログかわいいしか言ってない。

充実\(^o^)/

おしゃしん!

レンジャーに。

お、

おしゃしんきたああああああああああ\(^o^)/

ほんとに関ジャニズムのブランケットだw
ちゃんとグッズ持ち込んで寝てるのか。マイ毛布なのか。
自撮りでもぴーすしちゃうところが、姿はヴァレンティンだろうに大倉くんだ。
衣装メイクのまんま寝てるなんて。
そんなのに遭遇したらもうなんだかいろいろ萌えるであろう。
綺麗な楽屋でくちびるくんのブランケットにくるまった、幸せそうなヴァレンティン。
おめでとう><。よかったね><。
なんといっても自分でギャップ萌えって言っちゃうから。
自分でかわいいって言っちゃうから!
中身アイドル!

大きめでまるっこい爪が見られて一気に幸せになりました。

あと3日。
しっかり寝て、頑張って。

QLAP!。

さて。
どうもたっちょんのレンジャーは遅刻のようなので、今日の雑誌の感想など先に。
SONGSは真ん中分けなのが残念だったので、
(女性セブンもちらっとは見たけどね(;´・ω・))QLAP!を買いました。
お話のラストの方まで写ってるんだけど、フォトコールって全編一通りやるのかしら。
たっちょんの足がね。写真にもありますが。
お芝居見たお友達と話してて、ずいぶん足が細くなってるような気がしまして。
ひざ下とか。
さすがに部分痩せするには難しい箇所ですが、
ずっと監房に閉じ込められてるのだから、肉付きよいとか筋肉あるのは違和感ありますもんね。
背中とかも肉落ちてるのに、お腹のあたりは柔らかそうなの( ̄∇ ̄)
さすがたっちょんクオリティです。

12日に昼夜と2回カメラが入ったようですが、NHKのかな〜。どうなのかな〜。
少年倶楽部プレミアムで取り上げてくださるようですが、NHKなので心配してないけど、
うまくたっちょんの熱演が伝わるような編集でありますように、と願っています。

あとね!
ザテレビジョン昨日買って、クロニクルの福山ディレクターのお話を嬉しく読みました。

セットの工夫で距離感を大事にして、エイトの良さを引き出してくださったり。とにかくメンバーへの信頼があるんですよ。
「大倉さんがあんなに例え上手だという発見」という言葉も。絶妙ですもん。そこの引き出しいっぱいある!
ちょっと目線が斜めなのがいいのかもw
「秋以降新企画がドカっとできるように」という福山さんの言葉から、
秋以降の放送地域拡大を祈ってます。ぜひぜひっ。

玄人好きのする関ジャム、お昼にバラエティ三昧のクロニクル、
そして、ホームでの自由が活きるジャニ勉。
レギュラー番組のバランスが今、すごくいい!

トロピカルハウス??

トロピカルハウス的なテイストとは何かね???

インフィニティの「ジャム」オフィシャル・ライナーノーツが更新されています。
提供曲が解禁された今、知りたいのはユニット曲の傾向。
で、「ノスタルジア」のとこ読んだのですが。

トロピカルハウス…( ̄∇ ̄)?

動画を見るとなんだか、たっちょんが大好きでMステで仲良くなった(←違う)
ジャスティンビバ男くんが出てきたりするんだけど、ああいうやつ〜?
わからーん\(^o^)/
でも歌うまい4人が歌ったらかっこいい気がする。なので期待する!
あと、やすくんの「JAM LADY」がいろいろ賑やかそうでたのしみ〜。
亮ちゃんのはおしゃれだしすばるくんのはゴリゴリに演奏するヤツっぽいし、
この2曲はバンド曲決定か。バンドコーナーが充実してるわぁ。厳選されるでしょうな。


メンバーが作る曲の方が実は彼ららしいって結論になりそうな気がちょっとしてるけど(;´・ω・)


早く聞きたいわぁ!
25日13時から、TOKYOFMほか37局ネットの特別番組『関ジャニ∞ プレミアムジャム』も決まったのですね。ORICON NEWS

全員出るのかな?
内容がアルバムのみならず、METROCKやプレミアムフライデーのことまでお話ありそうで。

すごい露出〜。まとめなきゃ!

大倉くんらしい回答。

大物きたー!

亮ちゃんドラマ主題歌にさださん来ましたか。
てっきりジャムのシークレットの「大物」がさださんかなと思ってて違ったんで、
(もちろんジャムの制作陣どなたも大物だが)
さすがにさださんは無理か(ノ∀`)と思ってたらシングルに来るとは。
亮ちゃんの言うところの「関ジャニ∞としては、初めての曲調で新鮮な響き」から、
どんな曲??といろいろ想像。
演歌(ってほどガチではないと思うが)歌謡曲ロック王道ポップスもろもろ、
大概のジャンルと曲調歌ってきたように思うのだがまだあったか!
もうボサノバくらいしか思いつかないぜ( ̄∇ ̄)
アルバムが6月末だし7月末〜8月くらいの発売かな。札幌で生お披露目って感じ?
どうなるどうなる〜。

さて。レンジャースペシャル企画のたっちょんの回答が出ましたね。
真摯に長文で回答してるということに、わたくし感動しておりますよ。
バンドの時もやはり大山田の音がベースになっているのだな。
たっちょんらしいなと思ったのは歌で下ハモ多いけどどう合わせる?という問いに
「ハモリという認識じゃなくて自分の主メロだと思って歌ってます」っていうところですね。
ラジオでは面白くスネ気味に喋ってましたがw彼の歌に対する矜持を感じました。
あくまでも7人で歌ってるんですから。
歌割がわけわかんない事多いけど。

たっちょんも「独学だからこそ独特」と回答で言ってますが、
独学のドラムで「しっかりリズムをキープしているのに独特な手数でビートを叩いていて、ストレンジなタイプ」と、「音楽と人」でも評されるほどになった努力の人ですからね。
エイトの音楽を表現する上で何かできないことがあったら、
それが必要な時点でマスターしていくのでしょうし。
回答の中から垣間見える、たっちょんの自信がいいなぁと思いつつ読んでいました。

今年はほんとにエイトごとが充実。
秋からもペースが落ちずにいろいろあってほしい!と思っています。

ペコジャニと関ジャム。

こちらでは「ペコジャニ」の放送があったのですが、
えーと。典型的食バラエティって感じでした。前回同様。
おいしそうにカツサンドを食べられたたっちょんに、良かったね!と思って。
なんといっても節制中だし。
あとは、食べられない時点での苦悩するところが萌えました。額に手を当てつつ。

ただなぁ。
いかんせんヨコヒナと、その番組のゲストって感じ。関ジャニ∞の番組ってのじゃないのよね。
みんなできる子だからさ、
途中の「食べられなくて苦しい」アピを一生懸命するんだけど、
二回目だし、見ててお疲れ様です〜って思っちゃうんですよね。
そう思わせちゃいけないんじゃないだろうか。
TBSにはドラマではすごくお世話になってるんだけど、
バラエティではあんまり相性良くないのかな(´・ω・`)

というわけでペコジャニの感想は「やっぱりクロニクルのスタッフさんは優秀」。
各メンバー、一人ひとりの使い方わかってる。引き出し方もうまい。

関ジャムでは佐橋さんのお話の回し方が上手で感心しました。
丸投げでMCお願いしてもいいんじゃないかというくらい。任せることも必要なのかも。
HISASHIさんのことはわたくしのようなものでも知っていますが、
MIYABI(訂正。MIYAVIさんですね(;´・ω・))さんという方はすごいな。
毎回とんでもなく才能のある人が出てきて感心してぽかーんと見入ってしまいます。

次週はセッションにたっちょんがいるんですね。忙しいのー。

プロフィール
最新コメント
カウンター
pataにメール
Archives
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ