素敵なレンジャーが更新されました。

いつもお芝居が終わると、役柄を引きずらずすっきりお別れして、
作品を監督やスタッフのものとするのがたっちょんの常。
幸男もそうなのね。

さよならを言うのが惜しいくらいに素敵なドラマだったなぁ。
まだ見終わってないけど。
めっちゃ言われたろうなぁ。
わたくしのような世界の狭い一般人でさえ何人ものモンクリファンに出会ったもの。

たっちょんの好きなクラゲが海をたゆたうように、
今は少しの疲労感と大きな充実感を味わいながら、ふわふわ浮いてる感覚なのかな。
行き先が波まかせなのが、たっちょんが海月を愛するところなのかもしれません。

幸男がどんなラストを迎えたかはこの後わかりますが、
なにか先に希望が持てるような終わりであったらいいなぁ。

たっちょんがよいお仕事を終え充実したレンジャーを更新してくれることが、
なによりの喜びです。