無事に、楽しく、素晴らしい千秋楽を迎えたと記事にも載ってて。
梅芸関ジュコン完走。お疲れさまでした。
くらすますvol.24、温かく、心にしみる美しい文章だなと読みながら感心しました。

エイトの中でも一歩遅れてグループに参加し、
それまでに光が当たらない時期を過ごしたこともある彼ならではの、
彼だからこその目線で演出ができたのかな。
前にいる人だけでなく、力がありながら隠れがちな人たちをも、
うまく活かせていた内容と漏れ聞きました。
関西ジュニアたちにこれからも経験を積んでいこうと思ってもらえるような機会だったら、彼も本望でしょう。

熱心な取り組みは聞こえてきてましたよ。収録以外はほぼ梅芸貼り付き状態だったようで。
やると決めたことへの情熱の強さを感じられて誇らしい。裏方仕事をきちんとやるのは素敵。やっぱりこの人の誠実さは信用できる。
今後の松竹座のクリスマス公演、年明けの大阪城ホール公演も、横山くんと共にたっちょんも演出するとのことで。
年末年始はグループも忙しいから今回ほどには顔を出さないにしても、気を配るのでしょうね。

My dreams。やすくんの作である名曲、プレゼントされる関ジュうらやましい。
これもANNで話していた、やすくんとたっちょんの共同作業のひとつなのかな。

本当におつかれさま。


くらすますはもうちょっと読ませてくれると思っていいのかな?