11月6日に第6回目となる法人実践報告会を行いました。


この報告会の目的は、普段私たち専門職が、自らが提供するサービスについて提供するだけではなく、それをきちんと根拠をもって伝える事が出来る、いわば『言行一致』が出来る職員を育成する目的で6年程前より開催をしています。


これまでは症例発表が主なテーマでしたが、今回のメインテーマは自分が所属する事業所の『自慢』をテーマとして、5事業所から発表を行いました。


私自身、これまで6回開催されてきた報告会全てに参加をしていますが、プレゼンテーションのスキルやスライドの作成が、初めの頃と比べて格段に技術が向上していると感じました。(これも自慢(笑))



2018-11-06 17.54.18


また、今回は法人の統括施設長も発表をさせていただきました。


当法人の統括施設長は宮城県認知症グループホーム協議会の会長を務めておりますが、10月に行われた協議会の実践報告会で『自分が利用したいホームを目指して』をテーマに発表をさせていただきました。



2018-11-06 19.12.53



他人は利用できるけど、自分がもしサービスを利用することになった場合、自分は利用したくない…


そんなサービスはそれを利用される方々に大変失礼になってしまいます。


昨今の介護業界はネガティブなイメージがついてしまいがちですが、この仕事に従事する私たちがこの仕事の魅力を自ら配信していくはとても重要だと思います。


これからも私たちは日々研鑽し、地域に選ばれる事業所を目指していきたいと考えます。